どろろ 第16話 『しらぬいの巻』どろろがイタチに捕まってピンチ!と思ったら更なる危機が!!

| コメント(0) | トラックバック(2)

drr-16-013b.jpg

drr-16-014b.jpg

イタチはどこか憎めない。
裏切った原因はどろろの親父にもあると思うんで。
その最たるものが隠し財産です。
もしかしたらどろろパパは皆のために使う為に一部を隠したのかもしれない。
でも詳細を語らずに死んでいったので、
社長が会社の資金を私的にちょろまかしていた。
様にしか見えない、そりゃイタチは面白くない。
今回その隠し財産のカギとしてどろろが捕まってしまう。
百鬼丸と別れちゃった後だけにタイミング悪かったですね。

片腕の少年。
アタリを付けた場所には船で行く必要がある。
ところが近くの漁村は廃墟、どうやら野盗に襲われたフシがあると。
ここに1人残っていたのが櫂を担いだ少年。
それ以上に異様なのが片腕を根本から失っていること。
戦国の世だから手足を失った人間は珍しくもない。
しかし傷跡が何か違うような。
どろろは何かを感じ取ったのか、関わるなと行ってますね。
しかしお宝を目の前にして引く手はないとイタチは船を借りることにすると。

drr-16-050.jpg

drr-16-053b.jpg

サメ動力、そして…。
雇われたのに漕がないと言い出す少年。
もしかしてセルフサービス(自分で漕げ)ですか?
そう思ったら船が動き出した。
何と船を引いていたのは2頭の巨大なサメ。
巨体に似合わず早いですが、何か嫌な予感がしますね。

実はこの少年の腕は夜盗に切られたのじゃなく自らサメに与えたという物。
いくら仲良くてもそれは…。
そう思ったら船がどんどん目的地からずれていく。
食っていいぞ。
この少年、船を貸すふりしてサメの餌にしちゃうとんでも野郎だった。
実は村が全滅したのも全員このサメに食わせたから。
どろろの予想通り、とんだサイコ野郎でしたね。
イルカに乗った少年というのは聞いたことありますが、サメに乗った少年は予想外でした。

流石リーダーの娘。
1隻の乗組員は瞬く間に食われますが、ここで小休止。
どろろ達はサメの晩御飯に取って置かれます。
櫂の無い船で会場に放置され、サメの監視付き。
将にまな板の上の鯉ですね。
すっかり意気消沈するイタチ達を何とどろろが鼓舞。
何かどろろ盗賊団みたくなってきましたね。
しかもどろろは自ら囮役を買って出る。
合図したら縄を引いてくれ、ってイタチが約束守るのか不安で仕方ない。
どろろの奮起にアテられて、見事1匹のサメを仕留めたイタチ達。
でも平和になるとどろろが人質に戻るのは変わらない、そこは盗賊らしいというか。

drr-16-063.jpg

drr-16-082b.jpg

イタチ知らなかったのか。
仕留めたサメを野ざらしにしてサメ少年をおびき寄せるイタチ。
後は捉えてタコ殴りです。
どろろは止めろって言ってますが、むしろ甘い。
部下半分を食い殺されたら殺意しか湧きませんて。
それでもどろろにほだされて開放しちゃうイタチもやっぱ甘い気がする。

その後は話が最初に戻ります。
どろろの体にお宝の秘密があるはずと、どろろひん剥かれてしまう。
そういう事だったのか…。
イタチ、どろろが女だって知らなかったんですね。
娘が襲われないようにどろろパパが男として育てたんでしょうか。
この時焚き火の火で背中に入れ墨が浮かび、秘密もばれちゃうと。

お前が言うな。
サメ少年はサメの死骸を見て、
ひでえことしやがって!と嘆きます。
お前何言ってんの?先に酷いことしたのお前じゃん。
この手の奴には何を言っても無駄なんでしょうが。
生き残ったサメも呼応して…何か嫌な予感がしますね。
やはりこいつは生かしておくべきじゃなかったのかも。

drr-16-091.jpg

新しい記事: 八十亀ちゃんかんさつにっき 第4話 『撮れてにゃあ』三重→伊勢→伊勢海老。

古い記事: なんでここに先生が!? 第4話 『4時限目』ほぼ婚前旅行?

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/6010

Wisp-Blog - 志の狭間――「どろろ」16話感想 (2019年10月 6日 21:41)

 失うことが証。

ぬるーくまったりと 3rd - どろろ BS11(4/29)#16 (2019年10月 7日 02:25)

第十六話 しらぬいの巻 イタチが母の墓を暴いて背中の地図を写してきた。どろろの背中には何もない。 それでも何かの手がかりがあるはずだと縛って連れ...

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net