宇宙兄弟 第33話 『月のウサギ』 日々人の第一声は「オホォ」かと思ったら違った。

| コメント(0) | トラックバック(5)

第一声はラストまでおあずけ。
前回のあらすじがやたら長いことと言い、勿体ぶった演出が好きなスタッフですね。
クイーンの着陸シーンは成功するだろと思ってても手に汗握る。
BGMが良いので嫌が上でも盛り上がります。
増して操縦しているのが日々人ですからね。

無事着陸してナレーションが流れる。
1969年、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが月面に立って以来…。
あれから日本人が月に立つまで55年かかった計算になりますね。

格好良い階段の降り方。
ジャッキー・チェンよろしく手すりに乗って滑り降りたらどうだろう。
そう思っていたら日々人階段使わない。
一気にジャンプして月面に着地。
確かに吾妻の言うとおり軽やかだった。

吾妻さんはお前の月面着地を楽しみにしている、らしい。
六太がビデオメールで日々人の懸念を晴らした効果もあったかも。
足も軽い、肩も軽い、胸も軽い。
もう何も怖くない状態の日々人はそのままホップ、ステップ、ジャンプ。
確かにプレッシャーとは無縁の男ですね。 

イェ~~~!!
日々人の第一声これでした。
日本人なのに日本語じゃないうえ何か子供っぽい。
きっと日本に帰ったらイェ~~~の兄ちゃんって呼ばれるんだろうなあ、と頭が痛くなる六太。
下手すりゃ今年の流行語大賞に選ばれるかもしれない。

月のウサギは南波日々人だった。
日本のワイドショーにしては気の利いたこと言ってますね。
何かアメリカンジョークっぽい。
というところで次回です。 

次回は宇宙兄弟 第34話 『月夜の晩にパグとハグ』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

新しい記事: キングダム 第25話 『任命』 尾平と尾到に彼女が居るだと...!?

古い記事: 聖闘士星矢Ω 第33話 『小宇宙の真髄!セブンセンシズ』 今回のパラドクスはやたら胸がでかかった。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(5)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2588

ぬる~くまったりと - 宇宙兄弟 日テレ(11/18)#33 (2012年11月19日 13:48)

第33話 月のウサギ 公式サイトから順調に月へと向かう日々人たち。 六太はその様子を管制室の外で見ながら、一人考えていた。 『自分は日々人の月面着陸を、ど...

真実悪路 - 宇宙兄弟33話「月のウサギ」の感想 (2012年11月19日 17:25)

新潟は漢字で書いてあげてください。 薔薇と憂鬱に並べて新潟を置くムッタの悪意もどうかと思いますがね。 というところでついにロケットが月に着陸して、...

ゲーム漬け - 宇宙兄弟 第33話 月のウサギ (2012年11月20日 02:36)

兄とは常に弟の先を行かねばならないと考える六太。 ですが、弟・日々人が栄光の宇宙飛行士になった頃、六太は悲劇の無職に。 そんな中、思い出した幼い頃の約...

あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー - アニメ「宇宙兄弟 #33 月のウサギ」 幸せへのたくさんの入口 (2012年11月23日 10:32)

チャンスの女神には前髪しかない… つまり、チャンスだと思った瞬間には消えてなくなってしまう。 だから敏感に察知してチャンスを逃がさないように日...

ぺろぺろキャンディー - ◎宇宙兄弟#33『月のウサギ』 (2013年4月11日 20:22)

;ヒビトが宇宙飛行士になったころ兄は無職に;宇宙へ行きたい。最終試験合格発表を待つ中、ヒビトは宇宙へ;ヒビトの月面着陸をどんな顔してみるのだろう》宮...

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net