▼記事▼:『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章先行配信(冒頭10分)がかなり良かった。

| コメント(0) | トラックバック(2)

宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]


バンダイチャンネルとひかりTVで配信中。
公式サイト>配信
バンダイチャンネル>宇宙戦艦ヤマト2199
ひかりTV>宇宙戦艦ヤマト2199

リメイクなんて・・・。
って聖闘士星矢の時も同じ事言ってましたね。
そんな訳で実写「宇宙戦艦ヤマト」、アニメ「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」もスルー。
この「宇宙戦艦ヤマト2199」も当初ノーマークでした。

ところが冒頭10分を先行配信というガンダムUC商法に釣られて見た所、
これ、良いかもしんない。
そう思ってしまいました。 

絵と現在では変に見える所を中心に直す。
まず声優は全とっ変えしていますが、38年前の作品なので異論はありません。
主演の富山敬はじめ鬼籍に入っている、或いは年齢で流石に若者役は厳しい人も居るでしょう。
そして戦闘中の軍事描写に今風の解釈が入っているのが好感。

軍人特有の言い回しが旧軍風→自衛隊風になっています。
また地球防衛軍は国連所属の宇宙軍という扱いになっている。
今の目から見ておかしいところを直している訳です。

一方でおかしいと思っても直していない部分もあります。
・登場人物が日本人ばかり。
・作戦名も日本風。
・艦船も日本名ばかり。
・相変わらず森雪は金髪。

どう考えてもおかしいと思うのですが、キャラクターを弄るのは危険です。
日系アメリカ人のボブ古代とかにされるのも困ります。
ここは敢えてそのままにして正解でしょう。

OPはささきいさおによる「宇宙戦艦ヤマト」の新録バージョン。
やはり主題歌を代えないのは良いですね。
また劇中でのヤマト主砲発射音、ガミラス軍の主砲発射音および駆動音に旧作と同じ物を使用。
一方で弾着や爆発音など今聞くとコミカルに聞こえるものは現代風になっています。
個人的にこの取捨選択はアリです。

しかし何よりリメイクや続編で大事なのは脚本です。
絵は綺麗になったけど、話はつまらなくなった。
なんてことは無かった。
冒頭の冥王星沖海戦の迫力は将に圧巻でした。

全てが繋がっている。
・冥王星沖海戦。
・サーシャの太陽系への脱出。
・古代進の火星駐屯とサーシャの回収。

旧作では個別のイベントだったものが、一連の作戦だったという解釈を取っています。

つまりサーシャが太陽系に到着するのを援護するために戦ったのが冥王星沖海戦。
古代進はサーシャ回収のために火星に駐屯させられていた。

次に問題の冥王星沖海戦。
地球防衛軍の主砲はガミラスに跳ね返されて全く通じません。
そして虐殺とも言うべき一方的な戦闘で撃ち落とされていく地球軍の艦船。
何とも悲壮感漂う絶望的な戦闘。

そして撤退の折、殿軍を申し出る古代守三佐の駆逐艦ゆきかぜ。
乗組員も分かっており、全員で軍歌を口ずさみながら敵軍のまっただ中を駆けていく。
この演出には涙ちょちょ切れそうになった。
あれじゃ続きが見たくなるのも仕方ありません。

公開&販売方式もガンダムUC風。
まず4/7(土)より第一章(第1話、第2話)を劇場にて先行上映。
劇場ではBDも先行販売されます。
次に5/25(金)に一般販売用BDが発売開始。
更に6/30(土)に第二章(第3~5話)がやはり劇場で先行上映。
そして2013年からテレビ放送が開始されます。

長いスパンでやっていくことになりそうです。
4/7までもうすぐ、かなり期待しています。 

最後に1つだけ。
声優が変っているのは納得しているのですが、
デスラー総統は伊武雅刀にやってもらいたい。
まだ分かっていないのですが、個人的な希望です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

新しい記事: ▼記事▼:『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』アニメ化決定。

古い記事: ▼記事▼:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第二期アニメ化。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1912

アニメとゲームと情報局! - 『宇宙戦艦ヤマト2199』 第一章冒頭10分間の映像を無料配信! コレはファンは身震いだわぁ (2012年4月 2日 12:31)

「宇宙戦艦ヤマト2199」  冒頭10分間の映像がバンダイチャンネルで配信開始!   ひかりTVでは公開済みですが、これで皆見れますヨ~ ...

くまっこの部屋 - 映画 「宇宙戦艦ヤマト2199」感想 (多少ネタバレあり) (2012年4月 8日 22:17)

冒頭の艦隊戦はやっぱり泣けました。ヤマトが抜錨するところでまた泣けてきました。小

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net