BRAVE10 第07話 『剣と扇』

| コメント(4) | トラックバック(5)

brave-7-1094.jpg

家康が小物過ぎる。
良い良いと気前よく剣舞を許したのに、刀が飛んで来ても一歩も動けない。
更に腰が抜けて「ヒィィ」と情けない声を上げる。
いくら何でもそりゃねーよ。
そりゃ戦場でウンコ漏らしたりもしてますが、武田が尋常じゃない位恐ろしかったからでしょう。
天下泰平後の将軍ならまだしも、戦場を駆け回っていた家康がこんなビビリというのは物凄い違和感があります。 

更に言えば、真田幸村がまるで大名のごとく扱われているのも変ですね。
武田滅亡後の真田ってそこまでメジャーだったかなと。

トラップ小僧登場。
それはともかく家康の招きで京へと向かう幸村一行。
お供は六郎、才蔵、伊佐那海だけ。
水戸のご老公よりお供が少ない。
護衛と言うより明らかに自分で自分の身を守らなきゃならないレベルですね。
そもそも幸村以上に狙われる伊佐那海を連れているのが何とも。
道を教えてくれた少年の指示で向かった道は罠だらけでした。
追手も居る様でさっそく狙われたのか。

実はこれさっきの少年の仕業でした。
自作の罠に追い込んで、仕える主を見極めていたんだとか。
因みに追手と思ったのは留守が不満でこっそり付いてきた三好清海入道と由利鎌之介。

悪びれない少年の態度に幸村は感心して仕官を認めてしまいます。
この人反抗的な奴ばかり取り立てますね。
いつか寝首を掻かれそうで心配です。

この少年は以前から道行く人をトラップ街道に誘い込んでいた訳です。
そして全部かわせたのは幸村一行が初めて。
つまり何人もブッ殺して・・・いや考えないでおきましょう。 

brave-7-795b.jpg

茶髪の石田三成にロンゲの直江兼続。
それぞれ声優が緑川光に三木眞一郎。
狙い過ぎ、やはりBL要素は入っている模様です。
茶会では刃傷御法度の触れが出ており、護衛しづらい状況です。
刀がダメでも槍とか棒ならOKでしょうか。 

しかし遅れてやって来た伊達政宗が事も無げに刀を抜く。
剣舞を披露すると言って逃れ、当然ながら幸村を指名します。
因みにやたら長い政宗の刀ですが、これ直刀で全く反りがありませんね。
あまり切れ味は良くないかもしれません。

BRAVE10 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) [コミック]

殺る気満々。
丸腰のために扇で相対することになった幸村。
政宗は明らかに殺しにかかってますが、のらりくらりとかわし続ける。
刀を弾き飛ばして笑いを取った幸村の度量恐るべしです。

しかしこれが家康をかすめたことで言いがかりを付けられる。
明らかに刀を取られた政宗の落ち度ですが、どっちが悪いかは決められているんでしょう。
要は難癖を付けてきたと。

三十六計逃げるに如かず。
家康からの召還要請を無視して全力で逃走。
聞かなかったことにしてすっとぼける作戦ですね。
当然追手が差し向けられますが、鎌之介と清海入道がこれを阻む。
勝手に付いてきた訳ですが、ちゃんと役に立っています。

それにしても勇士の実力がケタ違いです。
普通に刀振り回している武士とじゃ勝負になりませんね。
家康側ももうちょっとエスパー戦士揃えないと幸村に負けそうです。

こうして京を飛び出した幸村。
伊佐那海といると退屈しないのぉ。
今回の件って伊佐那海関係なくね?と思った所で次回です。

brave-7-508.jpg

誰か突っ込めよ!
トラップ小僧の名前が望月六郎で海野六郎と被る。
代わりに幸村が付けた名前が「べんまる」でした。
便丸=ウンコ丸って可哀想じゃないか。
そう思ったら「弁丸」で字が違う、しかもこれ幸村の幼名。

ちゃんとした由来があるにしてもやっぱり音が悪いですね。
誰も指摘しなかったのですが、見てる方は物凄く気になりました。

因みに声を担当しているのは橘田いずみ。
ミルキィホームズのコーデリアと全然声質が違う。
なかなか演技の達者な人なんですね。 

BRAVE10 第1巻 [Blu-ray]

次回は
BRAVE10 第08話 『勇士誕生』
です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter#BRAVE10

新しい記事: 輪廻のラグランジェ 第07話 『曇り のち 鴨川』

古い記事: モーレツ宇宙海賊 第07話 『平穏ままならず』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(5)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1727

白昼夢を見ていた様な… - BRAVE10(アニメ感想/♯7) (2012年2月20日 17:50)

其之七:剣と扇 今話も面白かった〜? ん?面白かったかな? よく思い返してみると、この作品ってストーリーはこれといって特別面白いというワケでは...

つれづれ - BRAVE10 第7話 「剣と扇」 (2012年2月20日 20:22)

 幸村の行動は計算づくなのでしょうか。

日々“是”精進! ver.A - 「BRAVE10」第7話 (2012年2月21日 06:13)

弁丸と、名付ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/2...

Specium Blog - BRAVE10 第7話 2/21 あらすじと感想 #BRAVE10 (2012年2月21日 20:15)

 京のお茶会。  家康公の招待で、京で行われるお茶会に出席することになった幸村一行。お供は、六郎くん、才蔵くん、伊佐那海ちゃんである。とりあえずw。...

アニメとゲームな日常 - BRAVE10 第7話 感想 金掛け過ぎだろぉおおおお!? (2012年3月 5日 20:49)

シュウ「おや、お揃いですね皆さん」 不動GEN「ふむ、邪神より解放されしものか」 劉鳳「まったく…隊長はなぜこんな所に俺を(汗)」 コンラード「...

コメント(4)

幸村達はすぐに逃げましたけど逃げてしまったらそれこそ益々言い逃れできなくなる気がします。家康が小物みたいになっていたのが残念ですね。

使者など来なかった。
何か追いかけてきたけど怪しいから無視した。
などと言ってシラを切り通すのかも知れません。
まあ対決すると思いますが。

何ウソ書いてんの?
お茶会の件は家康憎しの光成が幸村フォローして
笑いにもってったでしょ?

背景気にするんだったらもうちょっと個人の事にも目を向けないと
ただのアホが知ったかしてディスってるだけじゃん

それに真田10勇士がメインのアニメだからよく書かれて然るべき

気に入らないんだったら観なくていいと思う

一体何に難癖つけてるのか分かりませんね。
私が首を傾げたのは家康が刀飛んできたぐらいで腰を抜かすビビリって所です。
別に幸村サイドが良く書かれるのは構いません。


特定のキャラに思い入れがあるのかも知れませんが、それを押し付けられても困ります。
実像と違おうが自分の好きなキャラを悪く言うな、無視すんな!
そんな文句はチラシの裏で済ませましょう。


私の文章はもとよりあなたのコメントもずっと残ります。
他人が見たらどう思うか、内容に人格を疑われるものは無いのか。
書き込む前に立ち止まって考える癖を付けたほうが良いでしょうね。

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net