運営系の最近のブログ記事

TVでも見たいが、コメント付きでも見たい。
そんな訳で二次会的にニコニコ動画を見ることがよくあります。
自分と同じ感想持った人居るだろうか。
或いは自分が思いもしなかったツッコミがあるかもしれない。
尚、ネタバレする人は悪意があろうと無かろうと速攻NGです。
コメントでネタバレして喜ぶ人が居るんですかね、或いは叩かれたいというドMかもしれませんが。

読み込んでいるはずなのに見られない。
ところが読み込みが遅かったり、シークバー見ると読み込んでいるのに止まったりする事があります。
前者はまあ仕方ない、混み合っている時間もありますから。
後者は許せません、何故読み込んでいるのに見られないのか。
どうも「シークバー詐欺」という話があるみたいです。
読み込んでないのにさも読み終わったかのように表示。
蕎麦屋の出前が遅いので電話すると「いま出ました!(出ていない)」という奴でしょうか。 

対処法は色々あるようで。
ブラウザを再読み込みするとか、ブラウザの履歴を消すとか、ブラウザを再起動するとか、PCを再起動するとか。
これはこれで面倒なんですよね。
そしてあまり効果を実感出来た試しがない。
でもある時思いつきました。

結論:ニコニコ動画を読み込んでいる間、YouTubeを見てりゃいい。
個人的な意見ですが、
ニコニコ動画は日本向けで、アニメに強いイメージが有ります。
YouTubeは世界向けで、実写が多いイメージが有ります。
傾向が違うのですが、両方で好きなコンテンツが見つかればしめたもの。
まずニコニコ動画で見たい動画にアクセス。
読み込みが遅かったりシークバーが宛にならなそうなら一旦停止。
そしてYouTubeを見る。
YouTubeは読み込みが早いので大抵ストレス無く見られます。
調子に乗って見ていたら、ニコニコ動画の事忘れちゃうこともしばしば。

同じPCの同じ通信環境の同じブラウザで。
YouTubeの方が明らかに読み込みが早いです、少なくとも自分は。
一番腹が立つのはアレです。
YouTubeが冒頭や長い動画の途中に広告を流すようになりました。
遅れてニコニコ動画も冒頭に広告流すようになりましたね。
この広告のロード中に止まる。
たった5秒が「ザ・ワールド」並の5秒みたいに長くなる。

広告貼ったり超会議やったりする前に動画の視聴環境を改善して欲しい。
なんて言うだけ無駄なんでしょうかね。
どうもユーザー目線より会社目線が強そうに見えるので。 

ニコニコ動画の売りは流れるコメント機能です。
単にコメントを残す機能なら他の動画にもあった。
しかし画面上にコメントが流れる機能はニコニコ動画がはじめて。
違うにしても大々的にやったのは最初で間違いないでしょう。
これにより、
別の場所にいる別の時間帯に動画を見た人が同じシーンで感想を共有できる。
所謂「非同期通信」が出来ることが凄く魅力的でした。

しかし別の動画サイトでも流れるコメント機能は模倣されるようになった。
誰から新しい事を始めると、いずれパクられるという宿命です。
そうなったら次のアドバンテージを作るなり見つけるなりしないと生き残れない。
果たしてニコニコ動画にそれが出来るでしょうか。

403err01.jpg

あれ、サイトが出ない。
このサイトを更新していたらある時こんな画像が出ました。 
また通信エラーか。
そう思って再度読み込みますが回復しない。
更にどのページも全部403表示。
***************************************************************
403 Error
現在、このページへのアクセスは禁止されています。
サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。
***************************************************************
このように表示され、あらゆるアクセスが不可能となっています。
オラのサイトどうなったの!?
1時間前まで普通に更新出来ていただけに戸惑いました。 

FTPでアクセス拒否。
WEB上でダメならとFTPでサーバに入りました。
直下にちゃんとフォルダはある…しかし入れない!
これは一体どうしたことか。
もしかしてサイト乗っ取られたのか。
ひょっとしてファイル全部消された!?
焦りました、最近バックアップ取ってなかったから。

サーバ業者のサイトへGO!
緊急メンテナンスとか障害でも発生しているんだろうか。
しかしそれらしい事は…なくもない。

403err02.jpg

独自ドメインの正確性がどうのこうのとあります。
ひょっとしてこれに引っ掛かっちゃったのか。
今度はドメイン業者を調べていますが、管理者権限で停止とか別にされてない。
つまり正確性は問題がなかった。

こりゃもう質問するしか無い。
サーバ業者のメールフォームから、
「突然自分のサイトが見られなくなりました、FTPでも入れません、至急調査をお願いします」
という旨のメールを送信。
「質問を受け付けました」という自動返信メールが着てるはずと確認したら…。

メールが2通来てました。
1通は上記受け付けましたメールです。
いま1通は「お客様サイトへのDoS(DDoS)攻撃につきまして」とある。
原因分かってたのか!でも知らせてくれなかったと。
なんだかなー。

403err03.jpg
※画像を一部加工しています。

Dos(DDos)攻撃!?
要するにF5アタックとか食らっちゃっていると。
このサイト狙われるほど有名だったのかと驚きました。
まあたまたまだと思いますが。
ひょっとして先ごろ翻訳ツール付けたから海外の愉快犯でも来たのか。
ともかくメールによると1時間ほどで収まるらしい。
つまり1時間したら見られるようになる、と思ったんですね。

403err04.jpg

数時間後…見れない。
何だよ全然回復しないじゃないか。
もう1回フォームから質問メールしようかと思いました。
その前にメールを見直すと…。

403err04b.jpg

自分で設定直すのか!
という訳でFTPでパーミッション変更したらサイト見れました。
またDos/DDos攻撃食らったらパーミッション変えるとありますが、あれ以来音沙汰はありません。
更新は出来ないし、振り回されるし散々でしたね。

この記事を作成した後、各サイト様にお伺いします。
去る8月に独自ドメインを取得致しました。
以来2ヶ月程運用して問題なしとの判断に及びました。
ここで各サイト様に当方のサイトのリンク及びRSSの変更のお願いを致します。

●新URL
http://koisananime.com/

●新RSS(Atom)
http://koisananime.com/atom.xml

●新RSS(2.0)
http://koisananime.com/index.xml

になります。

お手数ですが変更をお願いします。
公開の後各サイト様にこの件をお願いに伺います。
メールまたは記事のコメント欄でご連絡させていただきます。 

【追記2017.11.12】
相互リンク頂いている全てのサイト様への訪問が終了しました。
お手すきの時で構いませんので、リンク&RSSの変更をお願いします。
ただ全てのメールorコメントにお願い出来た訳ではありませんでした。

1.メールorコメント欄が無い、見つからない。
2.サイトが見つからない。
3.コメントしようとしたらエラーになった。

等の理由でメッセージを残せなかったサイトもありました。
こちらについてはご了承下さい。

google-translate3.jpg

このサイトの欠点=日本語サイトであること。
仮に日本人全てが見てくれたとして1億2000万人。
外国人で日本語分かる人もいるでしょうが、+α程度でしょう。
もし英語で書いたら最大30億人くらい見てくれるんじゃないか。
誰しも考えたと思います。

問題1:英語が出来ない。
やはりこれが一番デカイ。
簡単な単語とかなら多少分かりますが、翻訳出来るレベルかといえば無理です。

問題2:ファイル管理をどうする?
英語のページと日本語のページを別々に作るのか。
或いはDBを駆使して別々のレコードに入れるのか。
何れにしても大変そうです。
単純にページ数が倍になりますよね。 

勉強と技術の壁に阻まれていたのですが、答えは意外な所に落ちていました。

切っ掛けはパクリサイト。
たまにネットで自分の記事を丸パクリしているサイトを見つけます。
またかよと思いつつ見てみると、何と多言語翻訳出来るようになっている。
記事をパクられるのは困り者。
しかし「自分のサイトより高性能」なのはもっと納得が行かない!!
という訳で調べた結果行き着いたのが「Google Translate」です。

Google Translate(Google翻訳)

英語だけじゃなくていろんな言語に翻訳出来る。
サイト情報を入れて翻訳したい言語を選択。
出て来たソースをサイトに貼り付ければ出来上がりです。

google-translate4.jpg

リストボックスの配置がやっつけもいい所ですが、まず使ってみて後で調整することにします。
細かいことは分かりませんが、やはり日本語の固有名詞は厳しいですね。
例)いぬやしき→Dog Palm Ki
例)犬屋敷→Dog house
例)獅子神→the lion God
あくまで機械翻訳なので、大筋が分かればマシといった感じです。 

google-translate5.jpg

心配1:そもそもリストボックスの日本語が読めるのか。
自分で見る限り、リストボックスの表示が常に日本語です。
外国の人が見てもこれでは「Google翻訳」を付けた意味がありません。
国旗アイコンとかあれば良かったんですがね。
IPアドレス等で国を判別、勝手に最適化されていると信じるしかありません。 

心配2:スパムが大量に来ないか。
皮算用ですが、アクセスが増えれば変なアクセスも増える。
スパムトラックバックにスパムコメントが大量に来るんじゃないか。
日本語サイトだから読めない=守られている部分ありますよね。
実際別のサイトを作って放置していたことがあります。
記事一つ一つに1000個くらい英語のスパムコメントが付いて削除に難儀しています。
これはスパムが増えたら考える事にします。

心配3:そんなに増えないんじゃないか。
普段からブラウザの翻訳機能を活用する人が多ければあまり意味がありませんね。
これも今から心配してもしょうがありません。 

その他:アラビア語を忘れた…。
これから追加する事にします。 

Flashを使ったページでいちいち警告が。
出るようになりました。

vista-abnd1.jpg

うっとおしいったらありません。
一見Flashを使っていない様なページでも出て来て、
あ、このページってFlash使ってたんだ。
なんて再確認する羽目になったり。
まあ[今回は実行する]を押せば良いんですが、そのワンクッションが煩わしい。 

Windows Vista、Google Chrome、Flash
この組合わせで使ってきましたがもう限界か。

Yahoo!知恵袋>Adobe Flash Player のバージョンが古いため…

1.Windows Vistaサポート終了。
2017年4月11日(日本時間だと4月12日)をもって終了しました。
つまりアップデートされなくなりました。
最終バージョン:Windows Vista™ Home Basic SP2

2.Google Chromeのアップデートが受信されなくなる。
Windows Vistaサポート終了に伴い、Google Chromeのアップデート終了。
最終バージョン:49.0.2623.112 m 

3.Flash最新版へのアップデート=[プラグインを更新する]が不可能。
Google Chromeのバージョン49より上げられないため。
最終バージョン:22.0.0.209 

そもそも当のFlashがHTML5に駆逐されつつあります。
アドビ自らFlashに白旗宣言…。HTML5への移行を推奨
3本柱の2本までがオワコン。 
という訳で別PCに切り替えつつ、可能であればOS更新した方が良さそうです。 

とりあえず「windows7 Upgrade Home 日本語」あたりで検索です。

追伸:直りました。
10/18頃にエラーが出るようになり、10/27には出なくなっていた。
直った原因は現在不明です。 

当サイトにトラックバックを送ってくださる方。
すみません、即反映されなくて。
スパムトラックバックに認定され、これを手動で解除している為です。
以前は問題なく通っていたんですが、いつからかこうなりました。 

mt5-tbspam1.jpg
※プラバシー保護のため、画像を一部加工しています(以後全てそうです)。

こちら相互リンクもしている某サイトさんから送ってもらっているのですが、引っかかっちゃっています。
つまり正常なトラックバックとスパムの区別がついてない状態です。

引っかかっているのはプラグイン「Spamlookup」
上記トラックバックスパムから「編集>スパムの詳細」を見るとこの様になっています。

mt5-tbspam2.jpg

原因になっているプラグインがSpamLookup - Lookups。
2箇所のチェックに引っ掛かり、それぞれ-1のスコアが付き、
最終レーティング(多分平均値):-1
これでスパムトラックバック認定されている模様です。

Spamlookupのどこで引っかかったのか不明。
設定も見ても怪しいところが見つからない。
そこで視点を変えることにしました。
注目したのは「最終レーティング(多分平均値):-1」ここと「設定>コミュニケーション>スパム設定>スパム判断基準」です。

mt5-tbspam3.jpg

後者が「0」になっていますね。
最終レーティング<スパム判断基準
このためスパムトラックバック認定されてしまったと。

だったら判断基準を下げればいい。
ここを-1にすれば引っかかることなくすんなり通るハズ。
セキュリティレベルを下げるようでちょっと引っかかりますが、とりあえずやって様子見。
今のところ上手く行っています。 

twitter_error1.jpg

●他の操作はできるのにつぶやけない。
最後のツイートが9/29なので、9/30日から出た症状です。
「このリクエストはコンピュータによる自動的なものと判断されました。Twitterユーザーをスパムその他の迷惑行為から保護するために、このリクエストを保留しています。しばらくしてからもう一度お試しください。」 
こんなメッセージが上からペロッと出てツイートできない。
いろいろ調べると以下の事が分かってきました。

・ツイートは出来ないが、現状他の操作は出来る。
・ブラウザを変えても同じメッセージが出てツイートできない。
・PCだと上記メッセージだが携帯だと、
「ツイートの送信に失敗しました
申し訳ありませんがツイートを送信できませんでした。下書きに保存してあとで再送信しますか?」

という別のエラーメッセージに変わり、やはりツイートできない。

twitter_error2.jpg

●対策1:パスワード変更→失敗!
めざすブログ>Twitterで「このリクエストはコンピュータによる自動的なものと判断されました」と出た時の対処法
こちらではパスワードを変更するとツイートできるようになったとあります。
さっそくパスワードを変更しましたが、症状は変わらず。
数時間置いても改善しないのでこの方法はダメみたいです。 

●対策2:運営にメール→失敗!
Twitterで最近スパム認定された人>このリクエストはコンピュータによる自動的なものと判断されました
こちらでは運営の「アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする。」から問い合わせをすると解除されたとあります。
申請できない。
当方のアカウントは凍結もロックもされていないので対象外だった模様です。
フォームにカーソルを合わせると「×」という吹き出しが出て書き込めない。
この手もダメみたいです。 

●対策2b:運営に別の項目からメール→失敗!
上記の応用として「ツイートとタイムライン」の項目からメールしてみました。
ツイートとタイムライン>問題を報告する>・ツイートを送信する、のラジオボタンにチェック。
フォームに不具合を書き込み送信。
…数日経過しましたが、全く返信が来ません。 
この手もダメみたいです。

引き続き他に方法がないか当たっていますが「電話番号の時」といい、結構トラブルが出ますね。
Twitterの代替になる手段があれば良いのですが、今のところ無いのが困り者です。

●対策2c:スパム報告からメール→受付メッセージ来ただけ、失敗!
更に応用として「ヘルプセンター>チケットを作成>違反報告(スパムを報告)」 に自分のサイトのURL乗っけて送信してみました。
直後に受付メールが来て「これはいけるかも」と思ったのですがそれっきり。
こっそり直ってるかと思ったら相変わらずエラーが出てダメでした。

twitter_error5.jpg

●その他:フォローも出来なかった!!
「他の操作は出来るのに」と書きましたが、出来なくなっていました。
こっちからフォローするのは無論のこと、フォローしてもらった人へのフォロー返しすら出来ない。
もうこのアカウント諦めようかと迷っています。
試しに新しいアカウント作ろうと同じメルアド入れたらエラー。
1メルアド1アカウントルールが鬱陶しい。 

●対策1再び:再度パスワード変更→失敗!
めざすブログ>Twitterで「このリクエストはコンピュータによる自動的なものと判断されました」と出た時の対処法
以前参考にしたサイトを前よりも熟読し、とにかく手順通りにやっていきます。
パスワードリセットのメール来ました。
パスワード変更のメールも来ました。
でもツイートは出来ない。
リンク付きも、ハッシュ付きも、単なる「テスト」という単語もツイートできない。
そこかしこにある「パスワード変更したらスグ直りました!」という話は私のTwitterには通用しません。

●対策2再び:運営にメール、とにかくメール!
以前メールしてから1週間経っています。
当然何の連絡もなくツイートも出来ません。
ダメ元ですが再びメールすることにしました。
ツイートとタイムライン
フォローとフォロワー 
この両方に送信、さてどうなるやら。

twitter_error6.jpg

●最終手段:アカウント取り直し!
凍結とか停止されてないけど何も出来ないという中途半端な状態。
もー何をやってダメだったので、アカウントを再度取得することにしました。
取得に当たり新しいメールアドレスが必要なので二度手間です。
あと電話番号は使い回しでOKでした。 

●お願い:Follow Me!!
相互リンクをしていただいているサイトは全て訪問し、新アカウントから再度フォロー致しました。
でもサイトからツイッターに辿りつけなかった分もあります。
もし当方の新アカウントからフォローが無かった場合はお手数ですがフォロー願います。

※プライバシー保護等のため、一部画像を加工しています。
※PCとiPhoneの画面が混在しています。 

なんじゃこりゃ!
先日突然Twitterが使えなくなりました。
そしてこんな画面が。

twitterphone1.jpg

以前から度々の「携帯番号クレクレ」という要求を突っぱねてました。
遂に強制的に要求されるようになった様で。

個人情報寄越せとか。
嫌で嫌で仕方ありません。
しかも「携帯番号を入力すれば色んな人と繋がる、便利♪」 なんて謳ってる訳です。
いらんわそんなもん。
それが嫌で友人からの「line入れろよ~」という頼みも突っぱねているのです。 
知らないうちに自分の電話帳漁られる様な気がしてどうにもやる気にならない。
でも渡さないとTwitter使えない。
悩んだ末に「考えうる万全の対策をする」と決めて入力することにしましたが…。

SMS(ショートメール)来ねーぞ!!
「コードを送信」してもSMSが来ません。
これじゃ携帯番号タダ取りされただけじゃないか。
もしかして妙な詐欺に引っかかったのか。
ともかく携帯番号持って行かれたままだと悔しいので、ネットで検索。
comm:認証番号(SMS)が届かなくて新規登録できないときは(海外SMSの拒否設定を要確認!)
こちらにヒントを発見しました。 

i11.jpg

ポイント1:海外メール拒否設定をしていると来ない。
このSMS、どうやら海外から送信されている様です。
当然拒否設定にしてました。
海外に知り合い居ないしスパムも受けとりたくない。
これを解除するには携帯電話会社のサイトに行って設定変更する必要があります。
私の場合ソフトバンクなので「My Softbank」へ行って、
海外からの電話番号メール:受け取る
こちらに設定します。
尚、メールを受け取ったら即「受け取らない」に戻すので、このページは閉じないようにしておきます。

i07.jpg

ポイント2:入力する携帯番号は「090」じゃなくて「90」から。
さらに携帯番号はアタマの「0」を抜いて入力する必要があります。
これ地味に分からない人多いんじゃないか。
自分はたまたまショートメール送ってきた友人の番号見て気が付きましたが。
コード送信→ようやくショートメール来ました。
認証コードを入力して晴れてTwitter再開です、しかしここで終わりではありません。

i16.jpg

i18.jpg

ポイント3:海外メールを再び拒否にして、Twitterの設定も確認する。
一時的に開放したドアは閉めなきゃなりません。
再びMy Softbankで、
海外からの電話番号メール:受け取らない
に戻します。
更にTwitterの
セキュリティとプライバシーの設定
画面を見ると、

twitterphone3.jpg

どうやらデフォルトで、
□電話番号の照合と通知を許可する
にはチェックが入っていない模様。
現状できる対策はここまで、何か分かったらまた書きます。

前にも書きましたが。
またランクインした記事を見てビックリ。

blogmura_rank.jpg

なんでこの記事なんだろう。
今期レビューを書いているアニメで恐らく一番注目度が低そうなのに。
高そうな「咲-Saki- 全国編」「ガンダムビルドファイターズ」とか載りそうなんですがそういう訳でもない謎ランキング。

ニッチ需要記事書いている人が少ないけど需要は思ったよりあるのでアクセスが集中って感じもしない。
該当しそうなのはお色気枠の「マケン姫っ!通」でしょうし。
相変わらずどんな基準で選ばれているのか分かりませんね。 

blogmura_rank2.jpg

追記、この記事もランキング入りしました。
前の記事もそうだったのですが引き続いてのランキング入り。
しかも1位って…。
もしかして「にほんブログ村」って書いてあると入るの?
そんな気がしたのですが、真偽は不明です。 

関連記事
にほんブログ村の「注目記事」ランキングが謎。

adsense_addadsense.jpg

あれ、出ない…。
少し前に「アドセンスの表示数を増やそう」と思った事がありました。
・概要10個ごとにアドセンスを挟んでみる。
・記事の真ん中あたりにもアドセンス。

そしたら表示されなかった。
或いは既存のアドセンスが消えてしまった。

調べた所、アドセンスが表示できるのは一画面に三個までみたいです。

数には限りがある。
そのためクリックしてもらうには質が大事。
どのサイズのアドセンスをどの位置に貼るか。
重要なのはそこみたいですね。 

adsense_addsite2.jpg

サイト管理で別サイトを追加。
別サイトでもAdsenseが使えるようにしようとしました。
しかしURLを入力した所エラーとなって上記のメッセージが出ました。

http://productforums.google.com/forum/#!topic/adsense-ja/3hcYaiTF_dA

こちらを参考に、最後の「/(スラッシュ)」を削ってもエラー。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14105225634

こちらによるとAdsense使用にあたりサイト登録は不要らしい。
という事でそのまんま貼り付けることにしました。 

プロバイダにメール。
一応対策が終わったのでフォームよりプロバイダに連絡しました。 

先日頂いたメール、

>>お客様のご利用の
>>
>>■アカウント: riksblog.fool.jp
>>
>>にて、大量の書き込みスパムが発生し、サーバーに負荷をかけておりました。
>>
>>このため、これ以上スパムが発生しないように上記ファイルのパーミッションを「000」へ変更いたしております。

の件です。
こちらに対し、コメントを削除、セキュリティを重くしました。
ご確認の上パーミッションの変更、コメント可能状態への戻しをお願い致します。

こちらへの返信が来ました。
6/22 16時にメールして返信が6/23 6時ごろ。
ロリポップ早いですね。

OK、でも変更は自分でやってね。
メールの内容は以下のとおりですが、かいつまむとこんなところか。

本件におきまして、早々にご対応いただきありがとうございました。

パーミッションの変更は、ロリポップ!FTPなどのFTPツールを使用して、
お客様の方で変更が可能です。

ロリポップ!FTPでの、パーミッションの変更方法は以下のとおりです。

全然早い対応じゃなかったんですが、定型句か。
あと勝手にFTPソフト使って変更できたんじゃないかという気がしないでもない。
流石にそれは無いか。

notcomment2_2.jpg

パーミッションいくつだっけ。
該当ファイルのパーミッションは今「000」になってます。
これを変更しなきゃならんのですが…パーミッション忘れた。
この数値はサーバによっても異なるので注意が必要です。 

とりあえず「777」 に変更してコメントテスト…エラーになった、これは間違いか。
当てずっぽうでやっても埓が開かない気がするので検索して調べました。 

ファイルの解凍、アップロード、cgi属性変更

ここにファイルのアップが完了したら、cgiファイルの属性を755に変更します。とありました。
ああ、755か。
変更して再びコメント投稿テスト…出来た!

notcomment2_5.jpg

しばらく様子見。
私の「対策」がどれだけ効果があるのかはプロバイダでも様子見。
またスパムコメントが殺到すれば再び制限かけられる場合もあると。
でもとりあえずはコメントが再び出来るようになりました。

似たような事例は他のサイトでもあるみたいです。
ファイル名を変えるなどして回避する人も居る様で。

スパムコメントの対策に関して
mt-comments.cgiへの攻撃対策

自分は正攻法で解除しましたが、時間がない場合にはこれらが参考になるかもしれません。

コメントが出来ないブログって…。
ある日プロバイダから以下のようなメールが来ました。

お客様のご利用の

■アカウント: riksblog.fool.jp

にて、大量の書き込みスパムが発生し、サーバーに負荷をかけておりました。

このため、これ以上スパムが発生しないように
上記ファイルのパーミッションを「000」へ変更いたしております。

不要なデータ(コメントスパム)の削除、および
コメント認証をつけていただくなどのご対策を行なっていただき、
お問合せフォームよりお知らせください。

これにより当ブログは一切コメントを受け付けないサイトになってしまった。
まるで炎上対策としてコメントを受け付けない、有名人のブログみたいですね…って困るよ! 

スパムコメントそんな多いの!?
以前より英文とか中文(中国語の文章)の長文コメントがちょくちょく書き込まれていました。
スパムの世界でも英米語と中国語が主流みたいです。
英文対策としてプラグインを導入したりしていたのですが、それでも足りなかったと。
お陰でサーバ側よりコメント不可にされてしまった。

スパムに集中攻撃される程有名になったのか?
そして正直これ以上どうしろと。

という思いもあったのですが、真っ当にコメントしてくれるユーザーにとっては楽しみが半減してしまう。
そんな訳で他に出来る事を考えることにしました。

コメントに認証とかは付けたくない。
Movable Typeには「設定>コミュニケーション」でコメントの投稿形式を設定出来ます。
当ブログはこのへんがかなり緩い。
無記名でメルアド付けなくても即時公開。
でもこれを厳しくはしたくない。

真っ当なユーザーによる自由な投稿を邪魔したくはないからです。
また公開を保留して管理人がいちいちチェックするのは面倒なのでイヤ、というのもあった。
別に有名人とか法人のサイトじゃありませんからね。
よってメルアドを要求したり、YahooやGoogleのIDを必須にしたり、保留→公開という方式にするという案は最初からありませんでした。

中文対策と評価の重みで対応。
現在「全角文字が何文字か入っている」事を必須にしています。
これ英文対策なんですが、中国語など漢字使ってる文章には無力ですね。

そこで「ひらがなが何文字か入っている」を追加する事にしました。
両者を組み合わせれば、ほぼ日本語のコメントしか受け付けない筈。

ツール>プラグイン
これでプラグインの設定を弄ってみる事にしました。

●Not Japanese Lookup 1.10
ひらがなを「0」文字以上含む→ひらがなを「2」文字以上含む

●TypePad AntiSpam 1.0
スコアの重みづけ-1(緩い)→5

あとはこれを使ってみようと思っています。
【Movale Type】ベイズ理論を利用したスパムフィルタプラグインを作ってみた。【人柱用】

そしてプロバイダ側に「対策済み」とメール。
あとはコメント機能が回復する事を祈るのみです。

現在コメントできない状態です。
先日プロバイダよりメールが来ました。
このブログに大量のスパムコメントが書き込まれたらしく、サーバに負荷がかかっているとのこと。その為管理者権限でコメント出来なくなってしまいました。

以前から英語で長文の宣伝コメントはいくらかありました。
最近では中国語も多いですね。
どうもこれらがシャレにならない数になって来た模様です。

書き込む。
cantcoment-1.jpg

エラー
cantcoment-2.jpg

対策しないと解除して貰えないみたいで。
不要なデータ(コメントスパム)の削除、
およびコメント認証をつけていただくなどのご対策を行なっていただき、
お問合せフォームよりお知らせください。

このようにメールが結ばれていました。

正直認証は付けたくない。
ネットとは一定のルールのもと可能な限り自由であるべし。
というのがこのサイトの基本ポリシーだからです。
匿名でコメントする人が居てもいいじゃないかと。

しかし何らかのリアクションを取って報告しないとコメントできない状況は続く。
コメント関連で何らかの対策が必要です。
いつもコメントしてくださる方にはご迷惑をおかけしますが、もう少しお待ちください。 

こちら
Mobable Type 5 スパム扱いしてしまうトラックバックが最近多い~調査編。
の続きになります。

保留されるトラックバックの多さに困り果て、前回対策を試みましたが。
あんまり効果無かったので次の手です。
プラグインのSpamlookup-Link2.11を初期状態(デフォルト)に戻すことにしました。

現在の設定。

spamlookup01.jpg

初期化して戻した設定。

spamlookup02.jpg

これで戻るのか、正直この機能がトラックバック保留に関係しているのかも疑問ですが。
ダメだったら次の手です。 

切っ掛けは。
送信したトラックバックが反映されないという、
「妖精帝國 臣民コンソーシアム」管理人のt_dragon_2000さんからのご指摘。
t_dragon_2000さんありがとうございます、またお手数をかけて申し訳ありません。 

基本的なこのブログの仕様。
送信したトラックバックはページ更新すれば即反映します。
繰り返しになりますが言及リンクの制約はありません。
一方でプラグインから「問題有り」と判定されたトラックバックは公開を保留されます。
このプラグインの判定基準が何か以前より厳しくなっている気がする。

何か操作をしたという記憶が無いので、
スパムを蓄積している内にスパム判定されるトラックバックが自動で拡大
された可能性がある。
自分の送ったトラックバックが反映されない。
こちらかなり迷惑をかける事になるため、調査を開始しました。

trackback03.jpg

現状。
どのプラグインのどの条件が引っかかっているか分からない状態です。
英語のトラックバックやコメントを弾くプラグイン「Not Japanese Lookup」のせいかと思ってましたが、思いっきり日本語のトラックバックを保留しています。なのでデフォルトで入っている「Spamlookup」が怪しい。

試しに「ソードアート・オンライン 第7話 『心の温度』 今日のキリトは超イケメンモードだった。」を公開した後時間を置いて見てみました。
上記記事に対するトラックバックのうち、
・正常に公開されたトラックバックが4つ。
・スパムとして公開を保留されたトラックバックが8つ(うち1つは別の記事へのトラックバック)。

無論全部問題ないトラックバックです。

調べて機能的にこれじゃないかと思ったのが、
Spamlookup-Link 2.11
プラグイン「Spamlookup」の一つで、リンクの数が多い=スパムと判定する機能みたいです。

リンク数が多い=トラックバック数が多いサイト、ということなのか。
そこでトラックバックを貰った各サイトのトラックバック数を調べましたがその数はバラバラ。
・正常に公開された4サイトのトラックバック数
・・・最高8、最低2
・スパムとして公開を保留された8サイトのトラックバック数
・・・最高31、最低0

スパム扱いされたサイトには、トラックバックを受け付けない楽天ブログを含んでいるので、この仮説はナシです。
そもそもこの設定が関係あるのかが不明なので、まったく意味が無い所を見ている可能性がある。

trackback02.jpg

スパム判定するリンク数のチェックを全部外した。
これで他のプラグインの干渉がない限り、全てのトラックバックが反映される筈です。
とにかく変化が無いと効いているのかどうかすら分からないので、これで様子見します。 

追記
その後のトラックバック数を調査すると、
・正常に公開・・・6件
・スパムとして保留・・・8件

多少良くなったような気もするけど、劇的な改善とはならない様子。
何より皆無になると思ったのにまだ保留されている方が多い。
あまり芳しくない結果でした。

trackback04.jpg

思い切ってチェックを復活し、
公開を保留する基準
スパムにする基準
ともにリンク数を100個以上にしてみました。

これでダメならホワイトリストにサイトのURLなりドメインなりを追加していくしか無いのか。
或いはこの項目が全く意味なしと踏んで、別のアプローチを考える必要がありそうです。 

これ、アニメブログにとっては致命傷でしょ。
ANAZONが7/12に追加したお知らせがもう凄い。 

【2012/7/12: 紹介料率変更のお知らせ】2012年8月1日より一部商品カテゴリにおいてアソシエイト紹介料率を改訂いたします。対象となるカテゴリおよび紹介料率は下記の通りです:
・CD/DVD/TVゲーム: 固定2%(1商品1個の売上につき紹介料上限1,000円)
・服&ファッション小物:固定8%(紹介料上限なし)

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

丁寧な物言いですが、内容見ると極悪そのもの

上昇ボーナスあり3.5%→固定2%って。
アマゾンでは売れた品数に応じて最低3.5%→最高8%まで紹介料率が上昇するシステムがあります。
3.5%という数値自体は決して高くありませんが、この上昇ボーナスが魅力なんです。
それ無くした上に2%て。
完全にCD/DVD/TVゲームのアフィリエイターを切り捨てにかかってるみたいですね。

CD/DVD/TVゲームの囲い込みは十分成功した、もう用済み。
って事なんでしょう。
一方で服の方を優遇しているのは、AMAZONでの服の売り上げが弱いからでしょう。
仮に服も売れるようになったらこれも2%固定して終了。
なんという殿様商売、これがアメリカ方式か。

元々AMAZONは本を売るのがメインでした。
シェアを取って以来出版社にきつい条件を突きつけたことでも知られています。
「こんなの論外だ!」アマゾンの契約書に激怒する出版社員 国内130社に電子書籍化を迫る 
遅々として進まない日本の出版社による電子書籍化を差し引いでもかなり自分有利、無茶な内容です。
それが出来るのも巨人だからこそですね。 

Google Adsenseを復活させるか…。
正直AMAZONで稼ぐのはかなり厳しいと思ってます。
これまでも細々やってきましたが、更に削られるんじゃどうしようもありません。 

嘗て当サイトはアダルト規制に引っかかりGoogle Adsenseを停止されてしまいました。
当初はヤバそうな画像を削除したりと対策をやっていたのですが、途中で放置状態になっています。
ブログの更新とAMAZONアソシエイトに注力していたからです。

因みにGoogle Adsenseの規制はアメリカ基準なので、アニメキャラのパンチラすらアウトの可能性があります。
一節には水着フィギュアのアフィリエイト画像も危険なんだそうです。
いっそテキストブログに徹すれば良いのでしょうが、今更ですね。
ともかく放置していた規制対策を再開するなり、他のアフィリエイトに移行するなりした方が良さそうです。

昨日の夜当たりから。
Google Chromeでとあるホームページを見ようとすると、

chrome_cookie01.jpg

Bad Request
Your browser sent a request that this server could not understand.
Size of a request header field exceeds server limit.

こんな表示が出てホームページが見られなくなった。
しかもライブドアブログばかり。
てっきりライブドアブログのサーバメンテorサーバトラブルかと思ったのですが…。

chrome_cookie02.jpg

Firefoxだと普通に見られる。
どうやら自分のマシンのブラウザに問題がある様です。

参考記事
はてなダイアリーにchromeブラウザでログインしようとしたら、「Bad Request」がでたときの対応方法 
こちらが参考になりました。

原因はCookie。
まずChromeの設定画面に行きます。
ツール>設定>詳細設定を表示>プライバシー>コンテンツの設定>Cookie>すべてのCookieとサイトデータ…
ここの検索でblog.livedoor.jpを入力すると、

chrome_cookie03.jpg

このように出ました。因みにクリックすると、

chrome_cookie04.jpg

更に詳細が出ます。
どちらでも良いので「すべて削除」ボタンを押してライブドアブログのページをリロード。

chrome_cookie05.jpg

ちゃんと出ました。
はてなブログが見られなければはてなブログのCookieを削除。
ライブドアブログが見られなければライブドアブログのCookieを削除すれば大丈夫、という話です。

 

anime_rank0.jpg

一位になりました。
のっけから自慢ですが勘弁して下さい。
LUPIN the Third 峰不二子という女 第9話 『湯けむり慕情』 
この記事が日本ブログ村の注目記事ランキング、

・ジャンル:アニメ 

anime_rank1.jpg

・ジャンル:アニメ感想

review_rank1.jpg

この2つで1位になった。
因みに「アニメ」は「アニメ感想」よりも上位のカテゴリです。

嬉しいかと言われれば無論嬉しい。
注目してもらえなきゃ無いも同じというのがホームページです。
ただ同時に疑問が沸くんです。 
他にもっと注目される記事があるんじゃなかろうか、何故これが一位なんだ。
にほんブログ村の注目記事ランキングはアクセス解析と殆ど連動していないからです。

何でFate/Zeroや這いよれ!ニャル子さんじゃないんだろう。
アクセス を見る限り、今期アニメで注目度が高いのはこの2つです。
しかしこれらの記事を書いたからといって注目記事になるとは限らない。
それどころか予想もしなかった記事が注目記事にピックアップされる例が多いです。
この様ににほんブログ村の注目記事ランキングは基準がサッパリ分かりません。 

似たような意見や不満は他の人も感じている様で。
実はこのランキング、評価基準が非公開です。
グーグル検索のアルゴリズムと一緒で我々には全く伺い知ることが出来ない。
にほんブログ村サポート>注目記事ランキングについて
にほんブログ村 > メンバー要望掲示板 > 人気記事ランキング。 納得できませんが
一体何をやっているのか、その真意が気になります。

anime_rank3.jpg

追伸:この記事がランク入り。
正直にほんブログ村に取ってあまり嬉しくないネタかと思ったんですが、ランク入りしていてビックリ。 

関連記事
楽天blogが4/19をもってトラックバック(TB)受信機能を廃止
トラックバック(TB):言及リンクの話

5/1を持ってトラックバックの機能が無くなったみたいです。
最近アメブロにトラックバック出来ない、というかURLが見つからないことが多発していました。
中には今までやりとりしていた人も居ただけにこれは変だなと思っていたわけです。
そして今日思い切って検索してみたら、
ネットビジネス研Q室:人気ブログの研究Vol.604.アメブロのトラックバックはどこに消えた?
・アメーバブログ>スタッフブログマイページリニューアルのお知らせ
ありました、思いっきり廃止です。
楽天blogと違いトラックバック機能そのものを無くしたみたいですね。 

楽天blogよりはマシだけど…。
何しろ楽天blogはトラックバックの受信機能を止めて送信機能はそのままとしました。
つまり自分からは送るけど、送られてくるのはシャットアウト。
信じられない自分勝手仕様です。
楽天は「自分がされて嫌なことは人にもするな」と親から教わらなかったのか。 

因みに楽天がトラックバック受信機能を廃止した理由は、
スパムが多すぎてサーバに負担がかかるから。
というものでしたが、自分たちがスパムを送るのは良いのかと言いたくなります。

関連記事
ウィキペディア>トラックバック 

アニメブログのトラックバックはちと特殊。
トラックバックに関するネチケットの一つに、
言及リンクを貼らずにトラックバックを送信するのは失礼。
というのがあります。

言及リンクというのは要するにブログに貼るリンク
トラックバックを送るに際して「こちらと関連する記事です」という証明代わりに、本文に送り先のリンクを書いておく。
この基本スタンスを持っていると思われるのが以下のブログです。
・FC2ブログ・・・初期設定で、言及リンクの無いトラックバックは受け付けない様になっている(変更可能)。
・はてなぶろぐ・・・こちらも言及リンクがないとトラックバックを受け付けない(変更可能かは不明)。

となっています。
しかしアニメブログに関してはこれに拘らなくていいのでは、と思うのです。

ネタかぶり前提のブログがアニメ感想ブログ。
通常ブログで記事を書く時にネタが被ることは殆どありません。
そういうブログで言及リンクが無いと、盗作を疑われかねない。
一方でアニメの感想ブログ…に限りませんが、TVや映画の感想を書くブログは、
作品タイトルから話数まで被る記事が他と比べて圧倒的に多い。
同じ題材で沢山の人がブログを書く訳です。

他のブログと違い、記事あたりのトラックバック数も桁違いに多くなります。
この状況だと言及リンクをまともに貼るのが困難。
ブログの末尾に色んなURLがズラズラ並んでいる。
何とも珍妙な現象が発生します。
それだけにアニメ感想ブログには言及リンクの必要性を感じないんです。

トラックバックの将来性。
今回の変更で今まで交流していたいくつかのアニメ感想サイトとはやり取りができなくなりました。 
そして別の可能性も考えています。
もしかしたら、トラックバックは廃止傾向になるのかも、と言う事です。
それはRSSがあるから。
こっちに機能を代用させ、トラックバックはなくなっていくのではという懸念があります。

ウソか本当か分かりませんが、楽天がトラックバックを受信のみにした理由がスパム。
個人的にはトラックバックよりコメントのほうがずっとスパムが多いですが、これが本当なら段々止めるブログが増えるかもしれません。

人気記事ランキングを見てビックリ。

accessup_upotte5c01.jpg

2位にブッチギリの三倍差を付けて突然1位になった記事があった。
▼記事▼:『うぽって!!』は海外の評判が高いアニメ(キリッ。
しかも最新のじゃなくて三週間ぐらい前の記事。
これにはビックリしましたね。

元々細々と閲覧が続いていた。
ARC WEBの設定は過去一週間のアクセスです。
それに三週間前の記事が載ること自体珍しいんです。
しかしこの記事は二週間経っても三週間経っても一定の順位をキープする不思議なもの。
実はとある掲示板にこのURLが貼られていたんです。
そこからチラホラと訪問する人が居たのは知っていました。

大手サイトに取り上げられて爆発。
現在のこのサイトの実力的には、2位の390という数字が妥当な水準です。
売れ筋のアニメの感想が一週間ギリギリ頑張って500行くか行かないかが最高レベル。
つまり実力以外の何かが働いている訳です。

それは隣の逆アクセスランキングを見れば一目瞭然。
日本視覚文化研究会
こちらのサイトで取り上げてもらったからです。
・一日のアクセス数が6万近くある
・累計アクセス数は7千万以上。

言うまでもなくこのサイトとは桁違い。
そこから大量に訪問者が来たという話でした。

accessup_upotte5c02.jpg

前にもありました。
以前「ハイスクールD×D」か「マケン姫っ!」の記事だったかが大手サイトに取り上げられてアクセス激増。
初の1000超えを経験しました。
とはいってもあくまでまぐれ、願わくば訪問した人が他のレビューに興味を持ってくれればという所です。

でも「うぽって」の記事でここまでの増加というのが嬉しいですね。
今期では「Fate/Zero」や「這いよれ!ニャル子」さんなどが人気のアニメ。 
本来なら人気記事ランキングにもあまり登場しない程閲覧数はそこそこ。
それが色んな人に見てもらえたんですから、喜ばしい限りです。

関連記事
SRC速度測定

自分のホームページの表示が遅くないか。
そう言われると気にならない人は居ないと思います。
自分自身光回線で見ているので、ADSLの人がどう見ているのかという状況を見落としがち。
増して光回線でも遅いと感じるときはある。
そんな時にHTMLタグのSRC属性、主に<img src="">で表示される画像等が表示されるのにどれだけ時間がかかるのか。
これを測定するツールがあります。
それが「SRC速度測定」です。 

srcchecker01.jpg
こんな感じで結果が出ます。

意外や意外。
使い方は自分のホームページURLを入力して「測定」ボタンを押すだけ。
読み込みが終わって出てきた上位のファイルを見てみると、

FC2アクセスランキングが重い。
AMAZONのウィジェットが重い。

言われると確かに心当たりがあります。
FC2アクセスランキングやウィジェットの読み込みで詰まったり、ちゃんと出なかったりしたことが何度もある。 

あとはコメントアウトしているSRC属性も拾ってる。
実際読み込む時にコメントアウト部分も読み込んでいるのかな。 
だとしたら容量の無駄ですね。

AMAZONのウィジェットも今は使っていません。
コメントアウト部分は当然未使用。
なのでこちらを削除しました。
…リロードしてみるとなんか読み込みが早くなった感じがする。
気のせいかもしれませんが。 

運も良かったんでしょうが。
ようやく4ケタに達するページが現れました。
過去一週間の集計なので次の瞬間また3ケタに戻ってしまいましたが。 

access1000comp01.jpg

にほんブログ村の「アニメ感想ランキング」ベスト20位入り。
INポイント(当サイトからにほんブログ村へ移動)・・・20ポイント
OUTポイント(にほんブログ村から当サイトに移動)・・・310ポイント
INとOUTの差が激しいです。
この理由は明白で、こちらからのにほんブログ村へのリンクバナーを貼ってる場所が悪いから。

20120321rank19in01.jpg

やはりこういう数値が目に見えるとやる気が出ますね。
更に多くの人に見てもらうには・・・と試行錯誤する毎日です。

全然使いこなせてない。
ブログと並行してTwitterを使っているわけですが、まるで活用できていません。
ホントに「つぶやく」ぐらいしか出来なかった。
なのでダイレクトメッセージが来ても対応できませんでした。
今までメッセージや返信くれたのに連絡が来なかった方々すいませんでした。
先日ようやっと覚えました。

twitterdm01.jpg

こんな便利な機能もあったの!?
それは「@つながり」機能です。
通常Twitterをつぶやくとどんどん流れて行って過去を辿るのが面倒です。
このつながりを使うと自分のTweetに対し他の人がどの時点でどんな反応返したのか分かるようになってる。
知らなかった。
今まで過去のTweetを必死にスクロールしまくって見つけていたのは何だったんだ・・・。

twitterdm02.jpg

もうちょっとTwitterについても勉強したほうが良さそうですね。

pickupreview01.jpg

商品の最下部に「レビューを見る」というリンクを追加しました。
尚、リンクが付いていない商品もあります。 

pickupreview02.jpg

クリックすると該当するアニメレビューの一覧にジャンプします。

pickupreview03.jpg

こちら機能的には「▼記事▼:放送終了アニメ一覧(放送継続中のアニメ含む)」と一緒です。
直接AMAZONへ行くも良し、その前に内容を確認するも良しという訳です。 

マケン姫っ!関係の記事が急上昇。

zb01.jpg

昨年10-12月に放映していたアニメの記事が軒並みアクセスアップしてます。
現在BD/DVDが続々発売中ですし、コミックス関連がたて続けに発売されたりと放送後も勢いがあります。
でもそこまで盛り上がる理由になるのか。

逆アクセスランキングに「zenbackキーワーズ」発見。

zb02.jpg

zenbackキーワーズ
どうやらzenbackで特定のキーワードのランキングをやっているらしい。

クリックするとこのページがヒットしました。
「マケン姫 フルカラー」の関連記事
何かこのサイトのの記事ばかり並んです。
成る程、これでアクセスが増えたんですね。 

Google Adsense:サイトの変更を 3 営業日以内に行ってください(2012.02.23)
Google Adsense:Google的にアウトなページってこれ?(2012.02.24)
Google Adsense:あれから3営業日経過(2012.02.29)
上記の記事の続報です。 

何という時間差攻撃。
先日大丈夫だったという記事を書いたら後日こんなメール来ました。

タイトル:サイトへの AdSense 広告配信が停止されています
本文:

このメッセージは送信専用のメール アドレスから送信されております。このアドレスにご返信いただいても弊社でメールを受信することはできません。恐れ入りますが、このメールには返信しないようお願いいたします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- お客様 お客様のアカウントを確認しましたところ、Google のプログラム ポリシー(https://www.google.com/support/adsense/bin/answer.py?answer=48182&stc=aspe-1pp-ja)に準拠しない方法で Google 広告が表示されています。 -------------------------------------------------- ページ例: http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/07/-02-39.html この URL は一例にすぎず、このウェブサイトの他のページやお客様のネットワークの他のサイトにも同じ違反がある場合がありますのでご注意ください。 見つかった違反: アダルト/性的補助およびフェチ: Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense のお客様がアダルトまたは成人向けコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可しておりません。これには、性的な補助や器具、フェチなど、性的な意図のあるコンテンツや一般向けに分類されないコンテンツも含まれます。このポリシーの詳細については、ヘルプセンターの次の URL をご覧ください。 https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=105957 取られた措置: お客様のサイトへの広告配信を停止いたしました。 アカウント ステータス: 有効 お客様の AdSense アカウントは引き続き有効ですが、Google チームはいつでもお客様のアカウントを無効にする権限を有します。そのため、プログラム ポリシーをご理解の上、ポリシーに基づきお客様のネットワークを監視いただくことをおすすめいたします。 発行 ID 番号 9905062 -------------------------------------------------- 何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 Google AdSense チーム ---------------- このメールの詳細については、ヘルプセンターの次の URL をご覧ください。 https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=1342779&stc=aspe-ai4-ja

adsense_stop01.jpg

※全てのページで広告が表示されなくなりました。

もう分からん。
引っかかったページの当時の姿はこちらです。
http://www40.atpages.jp/imgfolder/2012-1/adsense_xxx_page.jpg
直ってない別のURLを教えてくれる訳じゃないので怪しい箇所が分かりません。

自分で疑わしいと思う所を直して解除申請するしか無いみたいですね。
つまり当てずっぽう。
画像全部削除すれば確実でしょうが、それは無理。
曖昧な基準と不親切なメールによって完全に手玉に取られている印象です

始めたばかりでそれほど成果も出てないのでもういいやという気分にもなります。
でもこのままだと何か負けた気がする。
そんな訳で自分なりに修正しつつ解除申請してみます。 

FC2アクセスランキングのデメリット。
FC2アクセスランキング
こちらをしばらく使ってみましたが、不都合も出てきました。
何と言っても期間集計が無い。
ひたすらアクセスを足していくだけなので、古い記事ほど上に行く傾向があります。
最近の人気記事を表示できない。
その為「一週間ごとに手動リセット」をやっていました。

・・・これ見栄え悪いです、いきなりヒトケタになる。
一気にアクセスが減ったかの様な印象を与えかねません。 

ARC WEBのアクセスランキング。
ARC WEB
FC2と同じくらいネット上で活用されているランキングツールです。
集計期間が過去一週間で設定可能。
これは使えそう、と思い設置することにしました。
FC2とどっちが良いかは分からないので、とりあえず両方で運用することとしました。

一長一短。
使ってみて思ったのはどちらにもメリットとデメリットがあることです。

FC2アクセスランキング
メリット:URLのタイトル変換機能が強力、デザイン(個人的に)
デメリット:期間集計が出来ない、除外URL機能が弱く検索サイトの上位表示が多い

ARC WEBアクセスランキング
メリット:期間集計が可能。
デメリット:URLのタイトル変換機能が貧弱で逆アクセスはほぼ手作業。タイトル表示に文字数制限が掛けられない。

そんな訳で現在も併用中です。
尚、機能を熟知している訳ではありませんのでデフォルト設定しか知らない場合があります。

その他。
両者のカウント見てみると数値にかなりの差がある様です。
サンプルとして「ハイスクールD×D 第09話 『修行、はじめました!』」で比較すると・・・

accesslanking01.jpg

FC2:160件
ARC WEB:472件

アクセス数が三倍ぐらい違います。
ARCの方がのべ計算なのか、或いは新規と認める集計のスパンが短いのか。
仕組みに違いがある模様です。 

Google Adsense:サイトの変更を 3 営業日以内に行ってください(2012.02.23)
Google Adsense:Google的にアウトなページってこれ?(2012.02.24)
上記の記事の続報です。 

既に3営業日以上経過しましたが。
Google Adsenseが消されることはありませんでした。
結局どう対応したかというと、
魔乳秘剣帖・・・全話の画像削除。
ヨスガノソラ・・・もろだし&下着画像のみ削除。
マケン姫っ!・・・もろだし画像がないので、何もしない。
ハイスクールD×D・・・もろだし画像があるけど、何もしない。

アニメのタイトル毎にリアクション変えてみました。
魔乳秘剣帖以外はこちらの過剰反応だったのかもしれません。

でも消えたページは戻ってない。
期限前からGoogle Adsenseが消されていたページがあります。
魔乳秘剣帖の01.03.04.08話です。
こちら今もって元に戻っておりません。
本当に3営業日経過後チェックしているのか分からん。
Google Adsenseが剥奪されなかったこともあり、メール送って後は放置されたんじゃないかという気がしないでもない。つまり単なるブラフ、脅しだったのではないか。

不安を煽って営業?
そう考えた根拠がこちらです。
3営業日経過後、Googleからまたもメールが送られてきました。
再チェックの結果が出たのか!?
そう思って開いたら全然違う内容。

タイトル:AdSense プログラムポリシー オンラインセミナーのご案内
本文:

日頃より Google AdSense をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

さて、このたび AdSense プログラムポリシーに特化した、オンラインセミナーを開催いたしますので、
ご案内申し上げます。

- 成人向けコンテンツの基準がわからない
- 自分のコンテンツは成人向けになるのか判断できない
- 広告掲載位置で気をつける点を知りたい
- ユーザーのクリックを誘導していると判断されるケースは?
- 違反通知を受けた場合はどうすればよいのか?
- 報酬提供サイトと判断されるケースは?

上記のような疑問や質問について、具体的な例を交えてわかり易くご説明いたします。
----------------------------------------------------------------------------
プログラム:

【 1 】 AdSense プログラムポリシーの位置付け
【 2 】 違反の具体例
【 3 】 違反の知らせを受けた場合の対応

開催日時:
2012 年 3 月 8 日 (木) 19:00 - 19:30 (30 分)

お申し込み:
こちらのリンク から必要事項を記入の上、お申し込みください。

*お申し込み締め切り: 3 月 2 日 (金) 18:00
*お申し込みには、AdSense アカウントに登録しているメールアドレスとサイト運営者IDが必要です。
*お申し込み多数の場合、先着順で申し込みを締め切る場合がございますので、お早めにお申し込みください。
*お申し込み締め切り後、ご登録をいただいた方にのみ googleemeasupport@connectsolutions.com から当日の参加方法のご案内をお送りいたします。

オンラインセミナーとは:
ウェブを通じて行うセミナーです。インターネットに接続されたパソコンがあればご自宅やオフィスのデスクなど、全国どこからでもご参加可能です。決まった日時にログインしていただき、スライドと音声にてセミナーを行います。

皆様のご参加お待ちしております。

狙い撃ち過ぎる内容だろう。
見つかった違反: アダルト/性的補助およびフェチ
そんな自分に対し「成人向けコンテンツの基準」を教えてくれるセミナー。
合ってるというか、合いすぎ。
このセミナーへ申し込みさせる為に警告文送って不安にさせたんじゃないのか。 

元々Googleはターゲット広告といってユーザの傾向に合わせた広告を表示するようにしています。
でも警告して直後にこの案内。
明らかに警告は前フリ、セミナー募集の為の茶番だったんじゃないのか。
そんな気がしてなりません。

大変な目に遭うかもしれない、というお話。
ブログを書いていて一番恐ろしいこと。
それは苦労して書き上げた原稿が無くなっちゃうこと。
昔はパソコンがフリーズしてそれまでの作業がパァ、なんて珍しく有りませんでした。

先日ブログを書いていた時のことです。
原稿を書き上げ、確認のために「プレビュー」しました。
誤字もなく大丈夫かな、そう思って作成画面に戻った所さっきまでのテキストが消えた。
書きだす前のひな形に戻ってしまっています。

Movable Typeには自動バックアップ機能があります。
更に更新状態をリビジョンで管理する機能もあり、更に保存せずにウィンドウを閉じようとすると警告機能まで付いている。
三重の安全装置に守られているわけです。
その上Google Chromeは一度閉じてしまったウィンドウを直近であれば復活させられる。

しかし今回バックアップは機能せず、リビジョンを見ても一番新しいのは書きだす前の状態のもの。
ウィンドウを間違ったかと過去のウィンドウを確認しても該当するページはなかった。
こうしてさっき書き上げた完全に消えてしまいました。

同じ原稿を二度書くって疲れます。
時間も失うし、精神的なダメージがデカイです。
プレビュー前に下書き保存。
皆さんも気をつけて下さい。

因みにプレビューから戻った時に先祖返りしていた理由は今だ不明。
今後は起こらない事を祈りたいです。 

 

Google Adsense:サイトの変更を 3 営業日以内に行ってください(2012.02.23)
これの続きです。

とりあえず例として挙げられた「魔乳秘剣帖」の画像がダメそう。
そう思ってとりあえず全話の画像を削除しました。
この過程で気づいたのがGoogle Adsenseが表示されていないページがあるという事です。

魔乳秘剣帖第1話のレビュー:アドセンス表示されていない。

manyu01.jpg

魔乳秘剣帖第2話のレビュー:アドセンス表示されている。
※問題あり、の例として挙げられたのはこのページです。

manyu02.jpg

魔乳秘剣帖第3話のレビュー:アドセンス表示されていない。

manyu03.jpg

やはり良く分からない。
リロードしても1話と3話のページには表示されませんでした。
意図的に表示を切られていると見て間違いなさそう。
消えているページ=グーグル的にアウトと見て良いのかもしれない。
しかしここで疑問が生じます。

問題がある例として挙げられたのは2話の筈なんですが、そこが表示されているのは何故。
他のページもアウトなのかも知れませんが、一番表示しちゃいけないページは出ている。
何とも奇妙な話です。

その後全話調査しましたが、
アドセンス消えてる:01.03.04.08話
アドセンス出てる:02.05.06.07.09.10.11.12話

この様になっていました。
因みに他に危なそうな「ハイスクールD×D」「ヨスガノソラ」「マケン姫っ!」などは全話アドセンス表示されています。

念のためです。
どういった基準で良いのかダメなのかを決めているのが分からない。
更にダメだとしても全部表示できなくしているかどうかも不明。
ダメなページがどこかという具体例も1ページしかメールに書いてない。
そんな訳で推測するしか無いのですが、当初予定通り削除を続行します。 

警告!?
先日Amazonアソシエイトに加え、Google Adsenseを導入したのですが、本日メッセージが来ました。

タイトル:サイトの変更を 3 営業日以内に行ってください
本文:

このメッセージは送信専用のメール アドレスから送信されております。このアドレスにご返信いただいても弊社でメールを受信することはできません。恐れ入りますが、このメールには返信しないようお願いいたします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- お客様 お客様のアカウントを確認しましたところ、Google のプログラム ポリシー(https://www.google.com/support/adsense/bin/answer.py?answer=48182&stc=aspe-1pp-ja)に準拠しない方法で Google 広告が表示されています。 -------------------------------------------------- ページ例: http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/07/-02-39.html この URL は一例にすぎず、このウェブサイトの他のページやお客様のネットワークの他のサイトにも同じ違反がある場合がありますのでご注意ください。 見つかった違反: アダルト/性的補助およびフェチ: Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense のお客様がアダルトまたは成人向けコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可しておりません。これには、性的な補助や器具、フェチなど、性的な意図のあるコンテンツや一般向けに分類されないコンテンツも含まれます。このポリシーの詳細については、ヘルプセンターの次の URL をご覧ください。 https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=105957 対処法: 72 時間以内に必要な修正をすべて行ってください。 上記の時間内に違反が修正された場合、広告配信に影響が及ぶことはありません。修正が行われない場合や、審査中に他のポリシー違反が見つかった場合は、サイトへの広告配信が停止されます。 アカウント ステータス: 有効 お客様の AdSense アカウントは引き続き有効です。ただし、今後問題が判明した場合、アカウント全体を無効にさせていただくことがありますので、お客様の残りのネットワークもご覧いただき、他のすべてのページが Google のポリシーに準拠しているかどうか確認することをおすすめします。 発行 ID 番号 **** -------------------------------------------------- 何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 Google AdSense チーム ---------------- このメールの詳細については、ヘルプセンターの次の URL をご覧ください。 https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=1342779&stc=aspe-ai4-ja 

※ID番号は伏せてあります。

見つかった違反: アダルト/性的補助およびフェチ
例として挙げられたページを見ると「魔乳秘剣帖」でした。
おっぱいが拙かったのか?
そう思って確認すると、このページにはモロ出し画像が無い。
じゃあ「性的補助およびフェチ」の範疇に引っかかったのか。
恍惚とした楓の表情がアウト、という事かもしれない。
あとはここが一番問題のあるページというわけでは無いのかな。
とりあえず対処が必要な模様です。

一旦画像リンクを全部切る。
問題なさそうな画像は復活させる。
それ以外は思案中です。 

尚、メールにあるページはあくまで「一例」であり、他のサイトも引っかかっている可能性があります。
そんな訳で怪しそうなサイト、主にお色気アニメの対処が必要でしょうか。
今期で言えばハイスクールD×Dもヤバそうです。 

とりあえず、
・魔乳秘剣帖
・ヨスガノソラ
・マケン姫っ!
・ハイスクールD×D

これらの画像を一旦カットします。
楽しみにしている方には申し訳ありませんが、ご容赦ください。

以前やった、
Google Analytics:このサイトに至る最多「検索ワード」は?
Google Analytics:このサイトに至る最多「検索ワード」は?その2
こちらの続き且つ合計バージョンになります。

2011年1月1日~12月31日までの検索ワードを見てみると、

keyword2011.jpg

#01:ヨスガノソラ
以前の調査でも強かったこのキーワードが堂々第一位。
どうやらこのサイトに求めるのはお色気、という人が多いみたいです。

#02:この操作を実行するアクセス許可が必要です
PCトラブル関連のこのワードも相変わらず強いですね。
因みに#11にも「アクセス許可が必要です」が入っています。
更に#47に「この操作を実行するにはアクセス許可が必要です」があり、全部合計すれば「ヨスガノソラ」を越えそうです。 

#03:フリージング、#07:魔乳秘剣帖、#08:まよチキ
分かっています、お色気枠ですね。

#04:イカ娘
世間でも人気のあるアニメがやっと出てきました。
と言うか非お色気アニメがようやくランクイン。

#05:こいさんの放送中アニメの感想
多少はこのサイトも知名度が上がって来たという事でしょうか。
#16にも「こいさん アニメ」が入ってますね。
因みにこのページは1コンテンツのトップページです。
全体のトップページである「こいさんのアニメーションレビュー(感想)」は#100にすら入っていません。 

#06:夢喰いメリー
これは意外、ひょっとしてマイナー枠でしょうか。
要するに他でレビューやっているサイトが無くて当サイトにアクセスが集中した気がします。
サイトの独自性を出せているという事でしょうか。 

#09:ピングドラム
謎の多いアニメでしたから、色んなサイトを回っている人が多い気がします。

#10:まどかマギカ
昨年一番人気があったであろうアニメがかろうじてベスト10入り。
因みに#25にも「魔法少女まどか☆マギカ」が入っていますので合計するともっと上でしょうか。
イメージ的にはこれがキーワード一位かと思っていましたが、当サイトに求められるニーズとは違った模様です。 

以後は選り抜きで気になるワードを挙げていきます。
画像では#25までしかありませんが、もっと先まで見ています。

#21:戦国カグラ
前にも出たこの間違いワード。
閃乱カグラなのか戦国乙女なのかどっちだ。
多分閃乱カグラなんでしょうが、間違えて認知されているんでしょうね。

#22:へうげもの
昨年最も力を入れてレビューを書いたのは間違いなくこのアニメです。
#24に「へうげもの アニメ 感想」、#27に「へうげもの 感想」、 そして#49には「へうげもの 具志堅」という珍妙なワードまで見られます。

#27:ライオネル・ホーク
一見何のことだか分かりませんが「TIGER&BUNNY」に登場したキャラクター。
▼記事▼:『TIGER & BUNNY』第14話の補足~楽屋ドロ役はラーメンズの片桐仁~ほか。
この記事が見たくて来た人が居るんだと思いますが、結構多かったですね。 

昨年は「ヨスガノソラ」と「アクセス許可」に感謝と言うことですね。
今年はどうなるか楽しみです。 

ブログに画像をアップロード。
テキストブログも良いですが、画像があると見やすい。
特にお色気アニメだと画像の効果は絶大です。
当ブログの人気ページがソレ系ばかりなのが証拠ですね。
Movable Typeで画像をアップする際に「画像の挿入」ボタンを使用。
画像を自分のパソコンからサーバ上にアップロードする訳です。

この時注意することがあります。
画像ファイル名は英数半角で!!
日本語のファイル名は止めましょう。

item03.jpg

日本語のファイル名は楽だなぁ~~~。
ファイル名を日本語にするとサーバ処理でエラーが出る可能性がある。
これはPCを多少知っている人なら常識、むろん私も知っています。
でも私、日本語ファイル名で画像アップしてました。
試しにやってみたらエラーが出なかったんです。
言うまでもありませんが、ファイル名が日本語のほうが整理しやすい。
こりゃいいやと調子に乗って日本語名でアップロードしまくってました。

基本からしっかりわかるMovable Type 5 (Web Designing BOOKS)

item02.jpg

画像ファイル名が日本語だと、バックアップが出来ない。
Movable Typeにはデータバックアップ機能があります。
万が一サーバがぶっ壊れてもこのデータさえアレば復旧できる。
またサーバを引っ越す際には当然データが必要になります。
しかしこのブログのバックアップがまるで出来ない。

通信状況によってエラーになることはままあります。
しかし一回も成功しないのはさすがにおかしい。
ただ幸いサーバにトラブルもなくバックアップが必要なことも無かった。
ずっと放置していたわけですが、ある日気づきました。
バックアップがimageの所で止まってる。
画像に問題があるとしたらこの件しかありませんね。

item01.jpg

FTPで見るとやっぱり。
画像ファイルが文字化け起こしていますね。
文字化けしたファイルは名称変更や削除が一切出来ません。
受け付けるのはMTの「アイテムの管理」での削除のみ。 

バックアップを可能にするには日本語ファイルを削除するしか無い。
削除すると当然画像ファイルは失われる。

結果として、日本語ファイル名の画像をを全部英語名差し替えすることとなりました。
当然ブログのリンクも張り替える必要があります。
ツールを使って自動でできる作業ではありません。
面倒ですが手動でやるしかありません。
一体画像はどれだけあるのだろう、果たしていつになったら終わるのだろう。
かなり時間がかかりそうです。

画像ファイルは英数半角で!
今一度言います。
もし日本語の画像ファイルをアップしていたら、バックアップが取れません。
自分と同じ事をやっている人がいたら、すぐ英語名に直しましょう。

基本からしっかりわかる Movable Type 5カスタマイズブック (Web Designing BOOKS)

WEB運営上の注意

| コメント(0) | トラックバック(0)

こちらに書いてある内容が、色々共感できたので。
サイト運営メモ 

強制的に音楽を鳴らすサイト
確かにPCで音楽を聞いている時に鳴ると、非常に煩わしく思いますね。
増してどこかで聞いたような音楽(=著作権侵害)だとこれは・・・と思ってしまいます。 

無断転載・無断リンク禁止
丸パクリしてさも自分のサイトみたくしているのは論外ですが、あまり細かいマイルール作るのはどうかと。
個人的に「言及リンク」は不要と思っています。 

自分語り・プライベートの話をしない
まず著名人でもない人間のプロフィールなんて誰が知りたいんだ、というのがありますね。
加えて面白半分にプライベート語って、特定なんてされた日には生活に支障が出そうです。

犯罪自慢
論外。
でもやっちゃう人が絶えないんです。
会員制のサイトだとか、閲覧制限が付いているとかは問題じゃありません。
記録が残るものだというのが全く分かってないですね。

ホームページの内容は世界中に公開している。
チラシの裏とは違うんだ、という意識が必要だと思いますね。

FC2アクセスランキングを見てビックリ。
随分前に書いた記事が急に1位になった。

accessup01.jpg

▼記事▼:『マケン姫っ!』第9話と原作の比較。

これがある日一気に「人気記事」トップに躍り出ました。
またリンク元ランキングにも、

かーずSP

いきなり出てきたサイトが2位(1位は検索なので実質トップ)になっている。
どうやら大手サイトによる引用があったみたいですね。

載った理由は何なのかというとスクール水着絡みの記事だったから。
確かにプール回でしたが、何が受けるのか分からないですね。

FC2ブログではじめるこだわりブログ 第3版 (FC2ブログ公式ガイド) (FC2 BLOG公式ガイド)

少ないスペースにどれだけアフィリエイトを貼るか。
アフィリエイトをやっている人間なら、誰もが頭を悩ませる問題だと思います。
・テキストよりは画像がいい。
・でも画像だとあまり沢山貼れない。
・何より毎回手作業で更新するのは骨が折れる。

数と容量の関係に四苦八苦する訳です。 

以前はAMAZON提供のウィジェットを使っていました。
10個ぐらいの画像が輪っか状に表示されており、FLASHでぐるぐる回るやつです。
ジャンルだけ決めておけば内容は常に最新になるので、更新の手間いらず。

最初は物珍しいのかアクセスが何個かありますが、そのうち飽きてクリックされなくなる。
動かして楽しいのは1度だけ。
結局1クリックで見たい商品に飛べるリンクのほうが楽なんです。
またFLASHは挙動が重いうえ、エラーで表示されない場合がある。
そこで目を付けたのが「AMAZONランキングツール」です。

AMAZONランキングツール

afi_ranktool01.jpg

AMAZONランキングツールのメリットとデメリット。
【メリット】
自分のアソシエイトIDやジャンルを入力すると、ベストセラー商品を画像入りで縦に表示してくれます。
サイドバーにはうってつけの機能です。
項目を選択することで順位や価格表示の有無を決めることも出来ます。
FLASHで作ったウィジェットより軽く、またグルグル回して選ぶ面倒もありません。
慣れるとFLASHで作ったウィジェットより細かいジャンル分けが可能です。 

【デメリット】
一方でFLASHで作ったウィジェットよりスペースを取ります。
更にJavaScriptで動いている関係上、FLASH程ではないにしろ読み込みがあります。
これもFLASHと同じですが、通信の関係かたまに読み込みエラーが起こります。
アフィリエイトを全部このツールで作った場合、最悪何も表示されないという事態があります。
現状、手作りしたアフィリエイトと併用するのがベストだと思っています。

デメリットに気が引ける人も居るかも知れませんが、私は現在使っています。
とりあえず現状のアフィリエイトにプラスする感じで使ってみてはどうでしょうか。

ぜったいデキます! アマゾンマーケットプレイス&アソシエイト・プログラム (パソコン楽ラク入門)

AMAZONアソシエイト:一ヶ月に31個以上物が売れた!!(2011.10.26)
こちらの続きです。

afi_31_5000.jpg

遂に「売上」で31個達成。
先月売上で31個を超えました。
こちらを達成するとその時点で紹介料率が3.5%→4.0%にハネ上がり、全ての売上が最計算されます。
売上がいきなり500円ぐらい増えた。
これはちょっと感動します。 

実際は2011年10月の売上、つまり前の記事の少し後で初めて31個を超えたのですが、画像が用意できませんでした。
因みに翌月2011年11月の売上は27個であと一歩及んでいません。

残念ですが、まだ売上は不安定な模様です。
プロは三年通用したら本物の実力。
なんて言葉もあります。
アフィリエイトは三ヶ月続いたらそれが実力と言って良いと思います。
特に12月や1月はは年末年始需要がありますので、過信は禁物です。
そんな訳で引き続き精進に励みます。 

売上は当月だけの注文分だけじゃない。
例え「注文」があっても発送されないと「売上」には繋がりません。
ここで見落としがちなのが商品の発売日です。
AMAZONで売っているのはすでに発売中の商品ばかりではありません。
まだ売ってない商品の予約を受け付けている場合があります。

つまり発売が一ヶ月先なら発送も実際の売上になるのも一ヶ月先。 
アニメのBD/DVDなら三ヶ月先もザラ。
これは後々の楽しみ、ボーナスと考えておくしかなさそうですね。 

次は・・・101個!?
31個4%を達成すると、当然次が気になります。
4.5%になるには何個売れれば良いのか・・・101個。
つまりあと70個、いきなりノルマ倍以上。
・・・目が霞んできました。

とりあえず70個を目標に頑張ろう。
これだって今までを考えると相当高い目標設定です。
何せ1日1個が1日2個以上ペースですから。

単月で5,000円も達成。
こちらも嬉しかったです。
AMAZONアソシエイトで現金での振込を希望する場合、5,000円まで留保つまり払われない。
単月の売上が5,000円を超えてはじめて毎月振込みがある状態になる訳です。
当然ながら、紹介料率がアップして4%になった事が大きいですね。 

amazonアソシエイト初心者スレ22冊目【5千円未満】

またネットではアフィリエイト月5,000円未満は初心者という認識がある様です。
ようやっと中級者への入り口に片手が届いたというところでしょうか。
こちらも三ヶ月続かないと実力とは言えないでしょうね。

はじめてのアフィリエイトで稼ぐ (BASIC MASTER SERIES) [単行本]

ただし注文ですが。
御存知の通りAMAZONアソシエイトの紹介料率は最初3.5%です。
品数が一定数以上/月に売れると紹介料率が上がっていくシステムになっています。
最初の壁が31個/月。
1日1個売れるペースというわけです。

一つの目安として。
でも紹介料率が上がる基準は注文じゃなくて売上。
この時点では紹介料率は上がりません。
でも嬉しい。
1日1個以上物が売れるアフィリエイトになったんだという喜びです。
しかしアフィリエイトは水もの。
何もしないとまたすぐ売れなくなるので油断はできませんが。

紹介料率を上げるには。
・とにかく数を売ること。
・そして基準は個数。
極端な話、1円のものを31個売っても紹介料率は上がる訳です。
但し1円だと紹介料はほぼゼロですが。

つまり高いものと安いものが平行して売れるサイトが一番バランスが良いのかもしれません。
高いものがガンガン売れるのが最強。
流石にそんなおいしい話はあまりありませんので。 

ぜったいデキます! アマゾンマーケットプレイス&アソシエイト・プログラム (パソコン楽ラク入門)

苦節半年。
4月に初めて物が売れ、10月でようやっと5,000円を超えました。
AMAZONギフトでの支払い・・・累計1,500円以上
現金での支払い・・・累計5,000円以上(※但し振込手数料で300円引かれます

なので注文があっても売上が上がってもこの金額を超えるまではあくまで数字上の話。
それがようやく現実のものになりました。

入金までの流れ。

afi_shiharai01.jpg

計上されるのは月の1日~末日までの期間の売上であり、注文ではありません。
更に実際に確定するのは1ヶ月後。
入金されるのに更に1ヶ月。
画面を見ても分かるように10月1日~末日迄の売上が12/2に反映、12/29に入金されています。
つまり売上が発生(10/31)してから実際に入金(12/29)するまで2ヶ月かかってる。
昨日今日お金が入るものじゃない、というのは覚えておく必要がありそうです。 

郵便局への入金。

afi_shiharai02b.jpg
※EDI情報は加工してあります。

アカウントサービスにある通り、12/29に郵便局に入金がありました。
AMAZONアソシエイト・振込先をゆうちょ銀行に変更する
以前こちらで支払先を郵便局にする設定を紹介しました。
コメントで「本当に郵便局へ入金出来るのか、AMAZONで受け付けてないと聞いた」という話がありました。
当時入金されるほど売れて無かった。
今回ようやく紹介出来た次第です。

正直恥ずかしかった。
売上を晒すのには当然抵抗がありました。
こいつこの程度しか稼いでいないのか。
自分以上に稼いでいる人から見れば失笑モノかもしれない。

でも本当に入金されるのか、郵便局への支払い設定が出来るのか。
これに答えるには実際にキャプチャを貼るのが一番手っ取り早いです。
それに安くでも稼いだことは紛れも無い事実。
そう思って敢えて公開することにしました。
これからアフィリエイトを始める方の参考になれば幸いです。 

きっかけ1
相互リンクをお願いして回っていた時言われたことがあります。
URLが長いですね
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/

確かに長いしシステムのフォルダ名丸出し、というかMovable Typeで構築したの丸わかり。
しかし当時は独自ドメインを取得する知識も無ければメリットも分からなかった。
金もかかると聞いていたので個人のブログでそこまでしなくてもとそのままにしていました。

きっかけ2
・大手アフィブログ「明日もやられやく」管理人が入院 閉鎖秒読みか? 
http://2chnull.info/r/news/1323012193/1-1001
しかしある日の2chでこんなレスが。

***************************************************************************************
109:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/05(月) 01:31:56.61 ID:2mrA2EqP0
MovableTypeでアフィブログ作ってる奴って何で働かないの? 
確かにアフィで月10万くらいは稼げるんだろうけど、MTでこのレベルの 
サイト作れるなら月収40万くらいで雇ってくれるだろw

145:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/12/05(月) 02:26:56.13 ID:kan8NR500
しかしこんなもので大金が稼げるアフィリエイトの仕組みってなんだろうな

151:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/05(月) 02:41:27.30 ID:2mrA2EqP0
>>145 
独自ドメイン取って、Movable Typeで構築したら最強のSEO対策だからな。 
そこらのアメブロとかの数十倍は閲覧者が来る。 
しかし相当勉強しないと無理。
***************************************************************************************

Movable Typeやってるけど独自ドメイン加えるとそんな凄いの?
気になって調べたわけです。

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本

きっかけ3
・ 独自ドメイン取得について
http://omega.boo.jp/af/domain.html
・独自ドメインの利点と有用性
http://server.1force.biz/domain/domain-riten.shtml 

無料ホームページの特性として、同一ドメインに沢山のユーザーがぶら下がってる。
Googleなどの検索エンジンの特性として、検索結果は同一ドメインの場合1ページに2つまで。
同じドメイン内に人気サイトがあった場合、自分のサイトは検索結果に表示されなくなる。
これは聞き逃せない。
という訳で独自ドメイン取得してみることにしました。

独自ドメイン取得~サイトに適用までの流れ。
当サイトは「ロリポップ」のレンタルサーバを使用しています。
またドメインは「お名前.com」で取得・管理することにしました。
その前提で流れを書いていきます。

始める前に、借りてるサーバーが独自ドメイン使用可能かをご確認ください。
独自ドメイン使用可能=レンタルサーバー会社が発行するものだけ、という可能性もあります。
自分で持っているドメインを充てられるという点が重要。
じゃないと「せっかく取ったのに使えなかった」という事になりかねませんので。

お名前.com
http://www.onamae.com/
ドメイン検索しながら会員登録が同時に出来ます。
ここで独自ドメイン「koisanblog.com」を取得。ドメインによって値段が違うのですが「.com」の使用料は年間920円でした。

ロリポップ
マニュアル>ドメイン>独自ドメイン利用時の作業内容
http://lolipop.jp/manual/domain/domain-01/
こちらでネームサーバーを調べます。

プライマリネームサーバー uns01.lolipop.jp
プライマリネームサーバーIP 202.222.19.125
セカンダリネームサーバー uns02.lolipop.jp
セカンダリネームサーバーIP 202.222.19.126

必要なのはドメインの方でIPは今回使いません。

お名前.com(要ログイン)
サーバnavi>ドメイン設定>ネームサーバーの変更>ドメイン名チェックボックスにチェック&他のネームサーバを利用ラジオボタンにチェック
・プライマリネームサーバー
・セカンダリネームサーバー
を入力します。
更に技術担当者情報の登録が必要です。

ロリポップ(要ログイン)
独自ドメイン設定で、独自ドメイン名称とそれを割り当てたい現在のURLを設定します。

独自ドメイン:http://koisanblog.com/
割り当てURL:http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/

要するにこれがイコールになるわけです。
これで作業は終了、あとはネームサーバーが反映され、独自ドメインでサイトが表示されるのを待ちましょう。

思ったよりも早かった。
ネームサーバーの反映まで24~72時間とありますが、今回は登録完了後1時間もかからず反映。
あとはこのドメインで来客数が増えるのかを見て行くことにします。

基本からしっかりわかるMovable Type 5 (Web Designing BOOKS)

注文レポートがおかしい。
AMZONアソシエイトの注文レポートを見てください。
最初の画面では売れた商品しか表示されません。
しかしこちらのボタンを押すことでクリックのみで注文のない商品の一覧が出ます。

afibug01.jpg

afibug02.jpg

商品名じゃなくて在庫切れ+商品番号?みたいな表示になってる。
売れた商品はちゃんと名前が出ているのに、売れてない商品だけこの表示。
いちいちクリックしないと何の商品かわからず大変不便。 

afibug03.jpg

リンク作成もおかしい。
次にこちら。アフィリエイトをやる時にリンクバナーを作成する画面です。
こちらテキストのみつまりテキストリンクを作成しようとすると表示されたのはリンクに表示されるテキスト
今までは勝手に商品名が入ってあとコピーするだけだったのに。
自分で商品名を入れるか、コピー&ペーストする手間が増えました。 

注文レポートは意味が分からずレポートになっていないので早く直して欲しいです。
商品リンクは一個作る文には小さな手間ですが、大量に作る時には凄く手間が増えます。
やはりこっちも早急に改善を願いたいです。

ぜったいデキます! アマゾンマーケットプレイス&アソシエイト・プログラム (パソコン楽ラク入門)

参考・関連リンク
Amazonアソシエイト注文レポートのクリックのみで注文の無い商品が在庫切れと表示されるバグ
Amazonアソシエイトの「クリックのみで注文のない商品」が「(このタイトルは在庫切れです) 」となるエラー
amazonアソシエイト初心者スレ20冊目【5千円未満】 レス253あたり

【追記】12月19日に復旧。
・(このタイトルは在庫切れです)
・リンクに表示されるテキスト
どちらも復旧しました。
これで一々クリックしたりタイトルコピペする必要が無くなりましたね。 

zenbackを導入してみる。

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近良く見るプラグイン。
こちら「zenback」というシックス・アパート社製のアプリだそうで。
http://sixapart.jp/zenback/

とにかく全部入ってる。
TwitterやMIXI、Facebookなどが一緒くたになっており、一個一個設置する手間がありません。
おまけにサイト内およびサイト外の関連サイトまで拾ってきてくれる。
これも便利ですね。

でもうざい。
検索したところzenback うざいと候補が出てきてビックリ。
このzenbackはページスクロールしている途中にプログラムが起動するというかなり不快なシステムになっています。
zenbackの下にあるページを見ようとしても、直前で読み込みが始まり立ち往生する訳です。
実際私もトラックバックやコメントを打とうとしてzenbackに引っかかることが何度もありました。 

ネットでもこのzenbackを「ホームページ閲覧の邪魔」と思っている人も多い。
zenbackをブロックしたりフィルタリングして表示させないプログラムもあるとか。 

置くなら最後尾。 
使い所を間違えると、ホームページ閲覧の邪魔にしかならないこのシステム。
しかし色んなパーツが一緒になっているメリットも捨てがたい。
そんな訳で自分が置くならページの最後尾と決めてました。
これならそれほどうざくないかなと思います。

facebookデザインブック 早乙女拓人

Google Analyticsでも人気ページや逆アクセスは見ることができます。
しかし目に見える形にしたほうが良いかと思い、FC2アクセスランキングの人気ページランキングと逆アクセス(リンクIN)ランキングを設置しましました。

fc2accesslank01.jpg

最初にやること。
まずFC2のID/PASSが必要。以前作ったFC2ブログのID/PASSがあったのでこれを流用することにしました。
集計の対象がFC2ブログじゃないサイトでも大丈夫です
無い場合は新規登録で作成します。

解析用タグをヘッダに貼り付ける。
どの集計をするにも解析用タグをヘッダ(<head>~</head>)に置く必要があります。
管理・設定>解析用タグ取得・同一IP除外の貼りつけ用タグを全ページにコピー&ペースト。
MTなのでデザイン>テンプレート>バナーヘッダーに置いて再構築です。

FC2ランキングで出来ること。
参考:FC2アクセスランキングとは。
1.リンク元(IN)・・・どのページから当サイトに来てるかの集計、逆アクセスランキング。
2.人気ページ・・・どのページのアクセス数が高いかの集計。
3.移動先(OUT)・・・当サイトからどのリンク先へ行ったかの集計。
このうち1と2を貼り付けることにします。

サイズ以外のデザインは初期設定。
まず「ちゃんと表示されるのか」が重要なのでサイズ(横幅)以外は初期設定のままです。
テキストや背景の色は後で直すことにします。
リンク元(IN)>ブログパーツ設置・設定>貼りつけ用タグ。
人気ページ>ブログパーツ設置・設定>貼りつけ用タグ。
この二つの貼りつけ用タグ(JavaScriptソース)をサイトの置きたい場所にコピー&ペーストします。

あとは集計が出るまで放置。
最初はタイトルしか出ないので本当に表示されるのか不安です。
しかし時間が経たないと集計出来無いので仕方ありません。
どれくらいの時間で集計が出るのかは現状不明ですが、感覚的に数時間といったところでしょう。

fc2accesslank02.jpg

出たけど、表示がURLだ・・・。
これでどのページか分かる人がいたら天才。
つまり何の目安にもなりません。そこで表示方法のカスタマイズを行います。

参考:ランキング集計結果にサイト名を表示させる。
リンク元(IN)>URL置換設定>URL→ページタイトル置換設定。
人気ページ>URL置換設定>URL→ページタイトル置換設定。
ここのラジオボタンを「タイトル置き換えを行う」にセットして設定変更ボタンを押します。
これでURL表示じゃなくてページのタイトル(HTMLのタグ<title>~</title>に書いてある日本語)になります。

fc2accesslank03.jpg

出た、けどよくわからない。
サイト名表示になりましたが、いかんせん幅が足りません。
サイドメニューに置くには無理があった。
他の置き場所を考えます。 

自分のサイトは除外したい。
リンク元(IN)が自分のサイトの別のページでは表示する意味がありません。
また人気ページで全体トップ、コンテンツトップも不要。
そこで当サイトのURLは全部除外。
リンク元(IN)>URL置換設定>URL除外設定。
人気ページ>URL置換設定>URL除外設定。
ここで省きたいページのURLを入力します。

リンク元(IN)ではワイルドカードを使って、トップページ+「*」一個でOK。
人気ページはこれをやると何も出なくなります。
全体トップ&コンテンツトップのURLを個別に登録し設定変更ボタンです。
これで機能的には満足するものに成ったと思います。

あとはデザインですが、これはおいおいやっていくことにします。
リンク元(IN)は別のアニメ感想サイトの管理人にとって、
人気ページは当サイトを見に来たユーザーにとっての指標となるでしょうね。 

fc2accesslank04.jpg

本文部分に移植。
して、件数も20まで拡大しました。
格段に見やすくなったけど、位置についてはもう少し考えようと思います。 

Google Analytics:このサイトに至る最多「検索ワード」は?

この続きです。
久々にGoogle Analyticsの検索ワードを見てみました。

kensaku2.jpg

ヨスガノソラとこの操作を~が相変わらず強い。
 一位と二位が逆転しましたが、どっちもかなり古い記事です。
それでここに辿り着くんだから相当ですね。
以下100位まで見て見ましたが、気になるものをピックアップしていきます。

#01:ヨスガノソラ・・・今だにこれが一位とは。

#02:この操作を実行するアクセス許可が必要です・・・これも根強いワードですね。

#04:フリージング・・・これも根強い。

#08:戦国カグラ・・・閃乱カグラの間違い?

#10:こいさん アニメ 稲尾和久・・・なんでこんなワードが。多分このページに書いた事だと思うんですが。

#25:あとたった4000枚・・・伝説の勇者の伝説関連のこのページですね。

#37:へうげもの 具志堅・・・へうげものの感想を見に来る人は多いですね。

#52:乳・・・このワードでこのサイトに辿りつけるのか。アダルトサイトが上位に出まくりだと思うのですが。

#100:ゾンビ少年・・・このワードの意味はまるで分かりません。

当サイトに求められているニーズ。
お色気枠とへうげもの。
そんな感じがします。
ちょっと前まではTIGER&BUNNYも多かった。
タイバニは人気の割にブログ書いている人が少ないんです。(トラックバック数から推定)

この傾向を見ても訪問者の男率が高そうです。
ちはやふるで女性ユーザーも来てくれると良いのですが。

コメントやトラックバックの返信が遅れる場合があります。
当ブログではメールにInfoseekメールを使用しています。
コメントやトラックバックを受け取ると、連絡が来る仕組みです。

しかし先日Infoseekメールがリニューアルしました。
本日10:00にサーバメンテナンス終了とのことでしたが、トラブルが発生しています。

トップ画面(新Infoeekメールと旧Infoseekメール両方のボタンが存在)

infoseekerror01.jpg

新Infoseekメールのトップ画面(現在エラーで入れません)

infoseekerror02.jpg

旧Infoseekメール宛に来た分は既に対応致しました。
しかし明らかにそれ以外のコメントやあトラックバックがあります。
どうやら切り替えた新Infoseekメール宛に来た分みたいです。
こちらへの対応が遅れる事をご容赦ください。
今後とも当ブログとのお付き合いをよろしくお願いします。

こいさんのアニメーションレビュー(感想)管理人:こいさん

参考:
http://webdirector.livedoor.biz/archives/52358054.html
http://japan.cnet.com/news/commentary/35005184/ 

ブログの文末によく見る「Tweet」ボタンを当ブログにも埋め込んでみることにしました。
http://twitter.com/goodies/tweetbutton

tweet_tool01.jpg

こちらのサイトでスクリプトをコピー。
デザイン>テンプレート>ブログ記事
このフッター部分に埋め込むことにしました。

tweet_tool02.jpg

終わったら「変更を保存」>「サイトを再構築」で完了です。
このように表示されます。

tweet_tool03.jpg

「ツイートする」を押すとポップアップウインドウが起動します。

tweet_tool04.jpg

試しにつぶやいてみましたがすぐには反映されませんでした。
時間がかかるのか、自分のアカウントが弾かれているのかは不明です。 

tweet_tool05.jpg

tweet_tool06.jpg

他にもこんなボタンが。
Twitterの「つぶやく」ボタン以外にも、
Google+、facebookの「いいね!」、はてなブックマークの追加ボタン、MIXIの「チェック」ボタンなどがあります。
適時追加していく予定です。 

アクセス数:ブログランキングに参加してみる
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2011/06/post-38.html
こちらの続きになります。 

経過報告 2011/07/04

ブログランキングに登録し、やった事は、
・従来どおりリンクしたサイトを参考にTB送信
・ブログ村のトラコミュ(似たような嗜好のブロガーの集まり、今回はアニメの作品別)に参加し、トラコミュ本体と参加ブログにTB送信。
・「アニメブログ」バナーを「こいさんの放送中のアニメの感想」の右カラムに貼り付けてIN数を稼ぐ。
その結果、 

ranking-2.jpg

1日毎の訪問者数は以下の通り。

ranking-2b.jpg

2011/06/15 ブログランキング登録。当日の訪問者数747人。

2011/06/17 訪問者数が1日あたり+100程度増加。以後6月末まで同じペース。
※金曜日は前日の木曜日深夜に放送されるアニメが多いため、アクセス数が増加する傾向があります。 

2011/07/03 訪問者数が1日あたり+500と一気に増加。

 

7月に激増した意味が現在不明。

・半月前の仕込みがようやく身を結んだ。
・新アニメが始まってアクセスが集中した。
・どこかでこのブログが晒されている。

今だ確定には至っておりません。
更に様子を見る必要がありそうです。 

7月1日~3日にアクセスの多かったページを調べてみることにしました。

7月1日(金)のアクセスTOP10ページ

01.▼記事▼:『よんでますよ、アザゼルさん。』BD/DVDの売れ行き好調
02.こいさんの放送中アニメの感想
03.へうげもの 第13話 『スキヤキ』
04.GOSICK─ゴシック─ 第23話 『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』
05.あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話(終) 『あの夏に咲く花』
06.アスタロッテのおもちゃ! 第12話(終) 『空越しのアスタリスク』
07.星空へ架かる橋 第12話(終) 『夜空にかかる星の橋』
08.TIGER & BUNNY 第13話 『Confidence is a plant of slow growth.(信頼という木は大きくなるのが遅い木である)』
09.タグ「よんでますよ、アザゼルさん。」が付けられているもの
10.タグ「フリージング」が付けられているもの

7月2日(土)のアクセスTOP10ページ

01.こいさんの放送中アニメの感想
02.GOSICK─ゴシック─ 第24話(終)『死神の肩越しに永遠をみる』
03.よんでますよ、アザゼルさん。 第13話 『べーやん』
04.電波女と青春男 第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』&12話『秒速0.00000000198センチメートル』
05.▼記事▼:『よんでますよ、アザゼルさん。』BD/DVDの売れ行き好調
06.へうげもの 第13話 『スキヤキ』
07.GOSICK─ゴシック─ 第23話 『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』
08.TIGER & BUNNY 第13話 『Confidence is a plant of slow growth.(信頼という木は大きくなるのが遅い木である)』
09.タグ「よんでますよ、アザゼルさん。」が付けられているも
10.タグ「TIGER 」が付けられているもの(※検索結果に無し)

7月3日(日)のアクセスTOP10ページ

01.▼記事▼:『TIGER & BUNNY』第14話の補足~楽屋ドロ役はラーメンズの片桐仁~ほか。
02.TIGER & BUNNY 第14話 『Love is blind.(恋は盲目)』
03.こいさんの放送中アニメの感想
04.GOSICK─ゴシック─ 第24話(終)『死神の肩越しに永遠をみる』
05.花咲くいろは 第14話 『これが私の生きる道』
06.よんでますよ、アザゼルさん。 第13話 『べーやん』
07.異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』
08.セイクリッドセブン 第01話 『イシの目覚め』
09.▼記事▼:『よんでますよ、アザゼルさん。』BD/DVDの売れ行き好調
10.電波女と青春男 第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』&12話『秒速0.00000000198センチメートル』

ピンクで塗られているのは新規ランクインしたページです。

当ブログのアクセス傾向ほか

・「よんでますよ、アザゼルさん。」「へうげもの」「TIGER & BUNNY」など、他であまりやっていない感想の需要が高い。
・ 「TIGER 」で検索して何も出ない現象が見られる。実際やってみると出たのでGoogle Analyticsのバグとも考えられる。
・アニメの感想自体ではない「▼記事▼:」にもそれなりの需要がある。
・7月3日(日)のアクセスに、深夜まわって月曜日にアップした筈の「花咲くいろは」「異国迷路のクロワーゼ」が入っている。

というのが分かりました。人のやらないことをやる「隙間産業」的な存在感があるみたいです。

2.5日目
アニメともPCとも全く関係ありませんが、今禁煙して3日目です。
正確には2日と半日、60時間以上タバコを吸っていない。

喫煙を始めて以来、ここまでニコチンを摂取しなかったことはありません。
今年の大幅値上げ以降「高くなるから」と強いタバコにシフトした位なんです。
そんな自分が禁煙しようと思ったのは、別に本を読んだわけでも怖い肺ガンの話を聞いたからではありません。 

吸いたくも無い時、吸う必要も無い時に吸い過ぎだと思ったからです。
中毒性があるとは言え、もうちょっとコントロール出来ないのか。
そんな訳で禁煙スタートです。 

タバコをある程度吸っていると、生活上何でもタバコを吸う理由にしている。
それが禁煙してみてよく分かりました。
因みに禁煙にあたり、道具等も一切使っておりません。 

暑い→タバコが吸いたい
寒い→タバコが吸いたい
眠い→タバコが吸いたい
朝起きた→タバコが吸いたい
飯を食った→タバコが吸いたい
手が空いた→タバコが吸いたい
仕事や趣味で行き詰った→タバコが吸いたい 
仕事や趣味が一段落→タバコが吸いたい
酒やコーヒーを飲んだ→タバコが吸いたい
トイレに行く→タバコが吸いたい
タバコを吸ってない→タバコが吸いたい

とにかく否定、全否定。
自分への甘い誘惑をひたすら頭の中で却下です。
こんなに吸ってないんだから一本ぐらいいいじゃないか。
そんな言葉が頭の中を駆け巡ります。
ダメです。タバコは一本だけで売ってません。
一箱買えば間違いなく20本吸います。
思い切って一本だけ吸って捨ててしまってはどうか。
あり得ません、勿体無いと全部吸うのは目に見えています。 

ここまでガマンしたのは何だったのか。
ここで吸えばまた毎日何十本も吸う事になるぞ。 
せめて一週間は耐えて見せろ。
とにかくタバコを吸いたくなる理由を否定しまくり、
タバコを吸わない理由を肯定しまくる。

それでも頭からニコチンが抜けなければとにかく歩き回る。
座ってじっとしているとダメなので、頭からニコチンが抜けるまで運動です。
軽く体操とかでも良いでしょう。
・・・ハタから見たら挙動不審にしか見えないでしょうね。 
ニコチンとの戦いは続きます。 

4日目
遂に丸4日、100時間弱の禁煙を達成出来ました。 
・・・聞いた話によると、三日で全身のニコチンが抜けるそうです。
3日でニコチンは抜ける。そして・・・
つまりニコチン中毒が無くなるのか。
違います、これまで以上にタバコが吸いたくなるんです。

タバコを吸うと、人間の体は「ニコチンがある状態が普通」と看做します。
擬似的に栄養素みたいな扱いをするわけです。
禁煙をするとこのニセの栄養素「ニコチン」が足りなくなります。
それでも体に残っているうちは弱い「吸いたい信号」を脳に送りつつ、体のニコチンを消費する。

しかし完全にニコチンが抜けると大変です。
ニコチンの残量がゼロ。強力な「吸いたい信号」を送り始めます。
まさに今そんな状態。 
さっきコンビニに行ってタバコ買いそうになりました。
欲しくなくなるまでコンビニをウロウロ歩き回り、何とか買わずに帰って来ました。 
今回は踏みとどまることが出来ました。

5日目
遂に禁煙時間も3ケタ、120時間を越えました。
暑くて暑くてタバコ吸いたくなりますね。
とにかく手持ち無沙汰→喫煙欲というパターンです。
タバコが生活にいかに食い込んでいたかが分かります。
10年以上続けた習慣ですからね・・・。
これだけ言っても最終的に禁煙するかはまだ考えていないのですが。
とりあえず1週間止めて見よう、あと2日です。

ついに一週間終了。
日にちにして7日間、時間にして168時間の禁煙が終了。
そしてタバコ(マルボロ)を買ってきて吸ってみた。
・・・味がしない。
あれ、ニコチン強いタバコだし、匂いももっとキツいと思ってた。
何せ一週間ぶりですからさぞや強烈なパンチがあるだろうと。
なのに1mgの様なスカスカ感じしかしなかった。
但し足はフラつく。
ニコチン耐性が減っているのは何となく分かりました。
のちのち違ってくるかもしれませんが、あまり吸わないでもいられそう。
それが1週間禁煙して、1本タバコ吸った感想でした。 

にほんブログ村のコミュニティに参加。
やってみると色んな情報が入っていてなかなか便利。

お気に入りメンバー
好きなブログのユーザーを登録できる。
よくトラックバック(TB)を飛ばす相手を囲っておくのに便利。
見るとにほんブログ村参加以前から知っているブロガーが結構居て、まずこれらの人を登録しました。
※尚、登録したこ事が相手に知られることはありません。 

参加トラコミュ(トラックバックコミュニティ)
特定のテーマのブログが参加しているので、同じアニメのレビューを見るのに便利。 
トラックバックを送信する歳に大いに使えます。

人気ランキング
にほんブログ村から自分のブログにジャンプした件数(OUT)
自分のブログからにほんブログ村にジャンプした件数(IN)
こちらを併せてジャンル別にランキングを作っている。
やっぱりこういうので順位が上がると嬉しいですね。 

IN件数を増やすには、自身のブログに「にほんブログ村へのリンク」を貼る必要があります。
OUT件数はにほんブログ村に登録した時点から自動的にカウントされます。 

ここまでやって気付いたのが、
更新情報が全く更新されていない。
どうやら最初に登録した時点の更新情報から全く新しくなっていない模様。

ping_01.jpg

PING送信を設定しないとダメみたい。
マイページ>PING送信・代理送信にある、「専用Ping送信先URL」これを自分のブログに登録しないと更新されない仕組みらしいです。
しかしMovable Type 5でどうやれば良いのか分からずに放置してました。

流石に新着情報がスルーされると困るので「Movable Type PING送信」などで検索してやり方を調べました。
MovableTypeのping送信先設定
Movable Type 5に更新PINGを追加する 

まずにほんブログ村の、
マイページ>PING送信・代理送信にある、「専用Ping送信先URL」
これをコピーします。

ping_02.jpg 

次にMovable Type 5の管理画面を開き、
WEBorブログ>設定>Webサービス、ここの更新通知というのがPING送信部分です。

ping_03.jpg

せっかくなので□google.comと□weblog.comにもチェックを入れた上で、その他にさっきコピーしたURLを入れました。あとは「変更を保存&サイトを再構築」で反映と言う仕組みです。
そんなわけで登録を終え、しばらく放置すると、

ping_04.jpg

ちゃんと反映されて様になりました。

分からなかったこと。
Web「こいさんのアニメーションレビュー(感想)」だけに登録すれば良いのか、
その下にぶら下がっている各ブログごとに登録しないと反映されないかの違いが分からなかった。

・こいさんのアニメーションレビュー(感想)
・こいさんの放送中アニメの感想
・こいさんの過去アニメの感想
 

とりあえずこの3つだけ登録しています。この「こいさんのブログ作成記」は登録していません。
アニメの感想ばかり更新されていたら、ブログ毎の登録が必要だと分かる仕組みです。
そしてWebを登録する意味は無いのかもしれません。 

アクセスランキングに参加してみる

こちらの続きになります。
私自身が実感している事ですが、
技術者は宣伝が下手。
ブログを作ってもそれを上手く広められずにアクセスに伸び悩む・・・。
現在そんな感じです。
多少伸びてはいるんですが、知名度はあまりあがっていない気がする。 

ブログ村・アニメ感想 人気ランキング

こちらに新規登録することにしました。

バナー貼ってクリックされないとダメなのね

ranking-1.jpg

アクセス解析ツールみたいにスクリプトを貼って置けばと言うものではありません。
ちゃんとボタンを貼って、これをクリックして貰う事でランキングが発生する。
来ただけでなく、共感したうえクリックという手間を掛けてもらう必要がある。

中々ハードル高そうです。 

登録終了:2011/06/15
バナー貼付:未定 

【基本構成】
こいさんのアニメーションレビュー(感想)[略称] アニメーションレビュー
→総合トップページです。ここから全てのコンテンツへリンクします。

 

こいさんの放送中アニメの感想 [略称]放送中アニメの感想
→現在放送中のアニメのレビュー、最も更新頻度が高い主力コンテンツです。
→速報性の高いニュースなどもこのページから発信しています。
こいさんの過去アニメの感想[略称]過去アニメの感想
→放送終了したアニメのレビュー、BD/DVDのレポートを含みます。
こいさんのライトノベルの感想[略称]ライトノベルの感想
→ライトノベル及び漫画のレビュー。
→最近はライトノベル原作のアニメ化が多く、両方のコンテンツに跨る事もしばしば。
こいさんのブログ作成記
→他とはちょっと毛色が違う、PC関連技術のコンテンツ。
→このブログに関連するMovable TypeやAmazonアソシエイトなどの技術情報を載せています。

【レビューの傾向】
・個人のブログなので、主観の入った感想となります。
・作画はあまり重視せず、脚本・台詞と掛け合い・テンポを重視する傾向があります。
・ジャンルにあまり拘りはありませんが、ボーイズラブ・極端なロリ・必要以上のグロ系は苦手です。
・日中夕方やっているアニメよりも、深夜アニメを好む傾向があります。
・ガンマニアでもありますので、ガンアクションを見る目はかなり厳しいと思います。
・設定が売りのアニメ、勢いが売りのアニメ、どちらも好きですが中途半端なのはあまり好みません。
・気に入ったアニメの感想を書いている訳ですが、出来が悪ければ結構ストレートに「悪い」と書きます。
・自身の過去の経験から、基本的に一度書き始めたアニメは最後までレビューを書き切る方針です。
※昔よく見ていたレビューサイトの管理人は、つまらなくなると視聴停止してレビューを止めてしまいました。
・WEBとは一定のルールを守った上で、可能な限りフリーであるべしと考えています。

フォローした人の中で、Amazonアフィリエイトを貼っている人を見つけました。
どうやってやるのか興味があったので試したのですが・・・。
まずはこれを見てください。

Twetterにアソシエイトを貼る前

tweetassociate01.jpg

Twetterにアソシエイトを貼った後

tweetassociate02.jpg

たった1日でクリック数が激増したことにビックリ。
TwitterにAmazonアソシエイトを貼ることの重要性を認めざるを得ません。

今回はこちらのやり方についてご紹介します。 

やり方は簡単です
Twitterにログインにしている状態で、Amazonアソシエイトにログインします。
紹介したい商品を見つけたら、上のバナーから「シェア」を選択。

tweetassociate03.jpg

すると商品のURLがショートカットされて打ち込まれたTweet画面に移行します。
そのままでも良いですが、多少文章を自分なりに整形して「ツイート」ボタンを押す。

tweetassociate04.jpg

すると自分のTwitterにアソシエイトが盛り込まれたつぶやきが載るという仕組みです。
普通につぶやくのにひと手間加える程度で出来ます。

tweetassociate05.jpg

ブログより効果あるのでは?
Twitterの力を甘く見ていました。
もしかしてブログよりTwitterの方が宣伝効果高いのかも・・・。
だとしたらブログを一生懸命書いているのは何だったんだ。
嬉しい反面、ちょっとションボリの事実でした。 

参考サイト:
URL短縮「bit.ly」の利用、ツイッター(twitter)活用術

元々Twitterを始めたのは、ブログの更新通知をする為でした。
でも最近は単なる感想しか書いていません。
何故ならブログのURLが長くて煩わしいから。
Twitterの文字制限は140字、長いURLは邪魔なんです。

bit.lyを利用する
Twitter用のURL短縮サービスです。
こちらのサイトにジャンプして
「Sign In」をクリック、必要事項(ID、メルアド、パスワード)を登録
すれば直ぐ使えます。

短縮前URL:http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/06/-10-19.html
短縮後URL:http://bit.ly/iACVka

これだけ短くなります、当然リンク先は同じです。

twttershortcut01.jpg

・登録後、ボックスに短縮したいURLを入れる。
・ボタン「Shorten」を押す
・短縮URLに早変わり 

こんな時に便利
他にも「戦国乙女」関連の下記のURL。

ウィキペディアのURL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/CR%E6%88%A6%E5%9B%BD%E4%B9%99%E5%A5%B3
http://bit.ly/mh4rkZ

Amazon(Blu-ray)のURL:
http://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E4%B9%99%E5%A5%B3%EF%BD%9E%E6%A1%83%E8%89%B2%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%EF%BD%9E%E4%B8%80-Blu-ray-%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E8%8B%B1%E6%A8%B9/dp/B004RDWH5W/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1307540982&sr=8-1
http://amzn.to/iFd5KX

どれも長くなりがちで、Tweetするには厳しいものが多いですね。
そんな場合に重宝します。 

本家Twitterでも同様のサービスを予定
していますが、もうちょっと先みたいです。

Twitter、つぶやいたURLを自動で短縮する機能を実装
Twitterが独自のURL短縮サービスを発表、 全URL変換 【増田(maskin)真樹】

とりあえず「bit.ly」を駆使して、少ない文字数を有効活用しましょう。

同じアニメのレビューばかり見たいのに、何処にあるのか分からない
普通はブログの初期機能「アーカイブ」や「検索」で探すのですが、使い勝手が良くない。
そんな自身の経験から、「過去記事」がアニメのタイトルで比較的探しやすいように作っています。

当ブログを作成するに当たり、改造にかなり力を入れた部分です。
・・・主に自分用ですが。 

 

1.サイドバーのメニューから探す
今期放送中のアニメに関しては、右側サイドバーに「作品別(XXXX年Y期)」という項目があります。

bloguse01.jpg

ここのタイトルをクリックすると、そのアニメの記事が見出し形式で一覧表示されます。

bloguse02.jpg

これで「戦国乙女」の記事だけを集中的に見られるという寸法です。

 

2.記事の「タグ」で探す
全てのアニメ関連記事には作成時「タグ」でタイトルを入れています。

bloguse03.jpg

こちらが記事の末尾に書かれています。
これをクリックすると、同じアニメの記事が見出し形式で一覧表示されます。 

bloguse04.jpg

これで「星空へ架かる橋」の記事を集中的に見られます。

 

3.タグ一覧から探す
1.で紹介したサイドバーには今期、つまり今放送中のアニメしかありません。

bloguse05.jpg

過去のアニメは「タグ一覧」で一まとめになっており、こちらから検索が可能です。 

bloguse06.jpg

このように新しいものから順番に、時期で区切ってあります。
こちらで前期以前の作品についての検索が可能となります。 

これら全てを駆使しても見つからない場合、初めて「検索」の出番になる訳です。

参考サイト:
http://twitter.com/about/resources/widgets/widget_profile
http://www.blog-aide.com/1390-twitter-blogparts/

長らく放置していた「ブログとTwitter連動」の件です。
こちらで結構簡単に作れるみたいですね。

tweet_blog01.jpg

表示数やサイズ、文字&背景の色を決めます。
サイズはサイドバーギリギリの幅に変更し、表示数や色はデフォルト(初期設定)のままでとりあえず作ってみます。
決ったら「完了&コード取得」ボタンです。 

tweet_blog02.jpg

出たソースをコピーして、新規作成したウィジェットに貼り付けました。

tweet_blog03.jpg

ちゃんと表示されていますね。
色は少し考えてからブログに合う様に変えて行こうと思います。
あとブログID「mtt5130」をクリックするとポップアップみたいのが出るのが不満。
ここはやはり通常のウインドウで開きたい。
ちょっとソースが難しそうなので保留です。 

ネットを巡回していてこんな記事を見つけました。

●クソつまらないアニメ感想ブログの特徴
http://d.hatena.ne.jp/ariasblog/20070313/p1#20070313fn1

当サイトは「アニメ感想ブログ」ですが、
このサイトは「アニメ感想ブログの感想」という訳ですね。
こちらの記事が書かれた時点では当ブログはまだ存在しません。

でも納得するところや耳が痛いところもあってなかなか興味深いです。

アニメ感想ブログを見た人の意見ですから。
アニメにあれこれ言ってる「ツッコミ役」が逆に突っ込まれている。
こちらも負けずに「アニメ感想ブログの感想の感想」を書いていこうと思います。

画像に関して
昔やっていたけど今はやらないように気をつけている部分が多いですね。
但し「いい顔」画像を使うのはある意味当然。
百聞は一見にしかずと言いますが、変な画像貼るのはスペースと容量の無駄です。 

テキストに関して
昔はテキストより画像の比率が多かった。
これは自分に文章力が無いからで、それがコンプレックスでした。
今でも文章力上がったのかと言われると自信ないですが。 

2ch語は多少使いますが、大量には使えません。
使いすぎると2chユーザー御用達サイトみたくなってしまいそうなのと、年齢的に気恥ずかしいからです。
AA(アスキーアート)もたまに使いますが、やはり恥ずかしいので大量には使えません。

でもテキストで画像に勝つのは大変だと思います。
「文章が長い、文章が見づらい」 
これだけで戻るボタン押してしまいそうになりますから。 

コメントやトラックバック(TB)に関して
感想なので、好きなキャラ持ち上げたり嫌いなキャラクターを悪く言うことはあるでしょう。
自分ではキャラより作品に対しての良し悪しを言う事が多いと思っています。

また自分と意見の違う人のコメントやTBを排斥、というのはあまりありませんね。
自分と違う考えの人が居るから面白いんです。 
そりゃ同意してくれれば嬉しいですが、ただ「同意です」だけでは物足りない。
むしろ「反対の意見です、理由は~」してくれた方が嬉しい。

トラックバック3ケタなんて夢のようです。
まずその領域に達してみたい。

ランキングやAmazonアソシエイトに関して
このブログ、ランキングにあまり目を向けてません。
少しは考えたほうがいいのかな・・・。
人の目に触れる機会を増やすのは重要だと思いますし。

アソシエイトは結構貼っていますね。
貼り方には結構気を使っているつもりです。
貼りすぎると重くなるし、タテ並びだとブログのスクロールが長くなってしまう。
更には「沢山貼っても効果あるのかな?」今だよく分かりません。 

何故気になったのか
サイトの作りが段々ルーチン化され、作業自体は大分楽になりました。
一方でページビューの伸びや新鮮さが鈍っている様な感じがするんです。
技術の問題なのか、表現の問題なのか。
何かこの閉塞感を打ち破るものは無いかと考えています。
そんな折にこのサイト見つけたので紹介してみました。

関連:同じく「クソつまらないアニメ感想ブログの特徴」を読んだ人の感想
●徒然日記
http://ruce.blog5.fc2.com/blog-entry-1361.html
●つれづれならない日々Ver1.1
http://d.hatena.ne.jp/wing-auguster/20070315/p3

それはある日訪れた
アフィリエイトを初めて数ヶ月。クリックこそあるものの実際に注文→売上に繋がった事は無かった。
一つでも売れれば何故売れたのか、どうしたら売れるようになるのかと考える事も出来ます。
何も売れないんじゃ傾向も対策もあったもんじゃない。
暗闇で手探り状態な訳です。
半年やって売れなかったら止めようかな、そう思っていた矢先、

first_sell-01.jpg

なんか売れた。
急いで何が売れたのかをチェックすると、

first_sell.jpg

貼ってるバナーと違う
当サイトはアニメのBD/DVDやライトノベルのバナーが大半。
クリックしてAMAZONに入ったものの、その後全然違う商品を買ったみたいです。

アフィリエイトバナーを踏んで入ると、新たに別のアフィリエイトバナーを踏むまではその人物のIDが有効。
これがAMAZONのルールみたいです。
単にAMAZONに行きたかっただけじゃないのか。
これを自分の功績と呼んでいいのかちょっと複雑でした。

それを差し引いても「売れた!」という事実が嬉しかったんですが。 

このブログにもいずれアクセスカウンターを付けたいと思っています。
どこにレイアウトするか
どんなカウンタを使うか
設置方法

これらを決めあぐねており、今だアクセスカウンター設置に至っておりません。

代わりにGoogle Analyticsを活用
しているのですが、結果が出るまでタイムラグがあります。
こちらをご覧下さい。

5/23 AM2:00

analyze_day01.jpg

この頃になると前日5/22のアクセス数が出るようになります。 
5/21 791件
5/22 424件

アクセス数が減ったなあと思いますが、違います。
前日のアクセス数が集計しきれていないんです。 

5/23 PM4:00

analyze_day02.jpg

この時間帯になると、
5/22  721件
カウンタの増加が止まりました。 

翌日の夕方ごろに確定
すると見て間違い無さそうです。 

参考:
●ブログ比較・FC2ブログ
http://www.xn--qckyd1c515z7rgriifs8c.jp/blog05.html

前から時々出ていましたが、ここ最近のFC2ブログは、

fc2_error.jpg

「現在アクセスが集中しています」
これがやたら多いですね。

TB返信するとき困るんです
TB送信済み・未送信の判定を、リンクの既読・未読で判断しています。

fc2_error02.jpg

しかしこれが出ると、
「既読だけどTB未送信」
状態になってしまい、あとで送信しようと思っても分からなくなる。
何とも困り者です。 

アニメブログを作って最初にぶつかったのがこの問題。
FC2ブログのTB初期設定は言及リンク必須。
お陰でTB送信してもはじかれちゃう例が多数発生。

genkyuulink01.jpg
※URLは一部ぼかしてあります。

アニメブログに合わない
一部のサイトでこんな沢山URL貼っているのを見たことが無いでしょうか。
これが言及リンク対策を施したサイトです。

言及リンクによるTB規制とは、
本文中に相手サイトのリンクを貼らないと、そのサイトにTBが送信できない。
という機能です。

通常のブログで頻繁にTBをやり取りするのはまれです。
しかしアニメブログだと大量にTBを送信することが多いです。
その為本文に自然と組み込める筈も無く、URLをズラズラと羅列する羽目になる。
正直見栄えが悪い。
コーディングに失敗して意味不明の文字数字が露出したみたい。

縦に並んだアフィリエイト(横がスカスカ)同様、個人的には絶対やりたくない表示です。

言及リンクの本質
TBの相互扶助を明確にする為の機能だと思います。
人気サイトに一方的にTBを送信して自分のサイトの宣伝に利用。
こういった一方だけに都合の良い便乗を阻止する為のストッパー。

でもFC2の様に、最初からこれが効いてるのは問題があります。
人気サイトならブログの機能や設定にもある程度熟知しているでしょう。
いっぽうでブログ始めたばかりの人はこういった現象に疎いし、対処方法も分からない。
TB欲しいけどあまり増えない、何故だろう。
ブロックされているのが分からずに悩んでいる人も多いのでは無いでしょうか。 

そもそも意味不明なTBが増えて困るのは、機能に詳しいだろう人気サイトの運営者です。
こういう人が「変なTBを排除したい」と言及リンクをどうするか考えるんじゃないでしょうか。
なのにデフォルトでこんな機能効かせているのは矛盾してますね。

FC2には是非ともデフォルト解除してもらいたいものです。
じゃないと「このTBって何だろう」という領域にすらたどり着けないユーザーが居ると思います。 

個人的見解
ですが、WEBとは、
一定のルールを守った上で、可能な限りフリー。
であるのが望ましいと思っています。
著作権の侵害や盗作、根拠の無い誹謗中傷は勿論許されません。

しかし簡単に交流できるのがメリットのWEBでその利点を放棄するのは勿体無い。
一見さんお断りとか連絡無しでリンク不可とか。
よって当サイトも基本的にリンクフリー、TBフリーです。 

いまのところ遮断しているのは英語サイトのコメントのみです。
読めませんし、スパムがあまりにも多すぎますので。
あとは掲載された上で当サイトと関係ある・なしの判断としています。 

当サイトの基本方針
・当サイトでは「言及リンク必須設定」はいたしません、基本フリーです。 
・言及リンク必須というサイトにはTB送信は出来ません。
・言及リンク知らないんだろうなというFC2ユーザーにはたまに解除依頼のコメントをします。
 

以上よろしくお付き合いください。

関連:FC2ブログのデフォルト設定「言及リンク必須」を解除する方法。
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2010/12/fc22.html 

アフィリエイトを貼る上で気をつけているのが、
アフィリエイトで無駄なスペースを極力作らないことです。
メインカラムにアフィリエイトを縦にズラズラ並べると右側がガラ空きになります。
右カラムにアフィリエイトをあまり沢山貼ると、メインカラムがやはり空く。

スペースをあまり使わずに沢山のアフィリエイトを貼るにはどうしたらいいのか。
その方策の一つとして考えられるのが「くるくるウィジェット」です。

FLASHで作成された、限られたスペースで商品が回転するオブジェクトです。
これだと一定以上のスペースは使わずにより多くの商品が紹介可能。

実際にサンプルを貼っておきます(ちゃんと動きます)。


くるくるウィジェットの作り方

AMAZONアソシエイト>>ウィジェット>>くるくるウィジェット(TM)>>あなたのWebサイトに追加

ここからジャンルを選びます。
今回は「アニメのDVD」と「ライトノベル」のくるくるウィジェット(TM)を作成します。

DVD>>アニメ>>次の手順>>回転方向とサイズ>>保存
本>>文庫総合>>ライトノベル>>次の手順>>回転方向とサイズ>>保存

最初に戻ってやり直せばウィジェットは複数作成できます。
戻らないと上書きしていくので注意してください。
また、一度作ったウィジェットは編集できませんのでご注意ください。

当サイトではアクセス状況を調べるのに、「Google Analytics」を使っています。
普通はアクセス数とか見てるわけです。

そういえば、このサイトってどんなキーワードで検索してくるんだろう。
なんとなく気になりました。

今だと「あの花」かな、あと最近「僕は友達が少ない」とか記事多いしそっちかも・・・

トラフィック>>参照サイト
この項目を見ると・・・

keiword01.jpg

???「この操作を実行するアクセス許可が必要です」 ???

何じゃこりゃ
まあ、たまげました。
試しにこのキーワードで検索してみます。

keiword02.jpg

第3位だった。

このサイトを見に来るのはアニメファンよりもPCトラブルに見舞われた人だった?
みんなの目的はこのページです。

●Windows 「この操作を実行するアクセス許可が必要です」を解除する
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2011/01/windows.html

意外な人が来てくれて嬉しい反面、狙いが思いっきり外れているので複雑です。
しかもよく見ると「直帰率95%」とあります。 

そりゃパソコン直したくて来たのであって、アニメレビュー見に来たわけじゃないですから。 
仮に他のページを見た人がいても「なんじゃこりゃ」となる訳です。
多分技術系サイトだと思ったんだろうなあ。
・・・でもテンプレート見れば分かるか。 

AMAZONアソシエイトの参考になりそうなサイトを備忘録代わりに記述。

アマゾンアソシエイト初心者@wiki
http://www40.atwiki.jp/associates/pages/1.html

(Amazonアソシエイト)本の画像から直接リンクさせる方法
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3696668.html

Amazonアソシエイトの紹介料率システム変更にともなう戦略の変化
http://www.kotono8.com/2007/01/28amazon.html

何が売れるか、効果的な表示方法など考えることはまだありそうです。

アフィリエイトを始めて数ヶ月。
当初は全く売れなかったのですが、チラホラと買ってくれる人が現れました。
現在合計数百円。
AMZONアソシエイトは売り上げが5,000円になるまで留保され、支払われません。 
先は長いですね。
その為銀行口座を登録していませんでした。
でも将来5,000円になった時を見据え、登録することにしました。

AMAZONアソシエイト
アカウントサービス>>支払い方法の変更
のページで銀行口座を登録・変更できます。

bank01.jpg

ゆうちょ銀行が無い
支払先をゆうちょ銀行にしようと思ったのですが、選択肢にありません。
あと店番号(3ケタ)と口座番号(7ケタ)って、ゆうちょ銀行の表記(5ケタ-(1ケタ)-7ケタ)と合わない。

ゆうちょ銀行は支払先に出来ないのか?
ネットで調べると「出来る」との話なので、詳しく調査してみることにしました。 

ポイントは、
1.ゆうちょ銀行はリストボックスの「その他」 
2.店番号と口座番号はゆうちょ銀行のサイトで銀行用の番号に変換して適用

です。 

1.ゆうちょ銀行はリストボックスの「その他」
リストボックス(ドロップダウンメニュー)には、「ゆうちょ銀行」がありません。
有名なのに存在しない=取り扱ってないように見えます。
大丈夫です。一番下の「その他」を選択します。

bank02.jpg

これでOKです。

2.店番号と口座番号はゆうちょ銀行のサイトで銀行用の番号に変換して適用
ゆうちょ銀行と他の銀行では口座番号の表示方法が違う。
特に店番号(3ケタ)に何番を入れたらよいのか分からない。

ゆうちょ銀行のホームページと併用して入力します。
まずゆうちょ銀行の、

bank02b.jpg

振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内
https://wwws.jp-bank.japanpost.jp/cgi-bin/kouza.cgi

ホーム>>
個人のお客さま>>
便利につかう>>
送金する・決済する・受け取る>>相手の口座に入金する>>
振込(他の金融機関口座への送金)>>
振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内

を使います。

bank03.jpg

ゆうちょ銀行の口座番号を入力し、「入力内容の確認」ボタン。
中央の番号(1ケタ)が無い場合は省略でOKです。 

bank04.jpg

※番号は画像を修正して隠しています

すると番号の確認画面が現れます。
ここで自分の番号じゃないと、他人の口座番号に変換される可能性があるのでキッチリ確認しましょう。 
合っていれば「OK」ボタンを押します。

bank05.jpg
※番号は画像を修正して隠しています

すると変換された番号が表示されます。
ここで重要なのが金融機関コード、店番、口座番号です。

ここでAMAZONアソシエイトの画面に戻ります。

bank06.jpg
※口座名義人の欄は画像を修正しています

AMAZONアソシエイトの「支払先の変更」画面で、

銀行番号(4けた、半角数字)=金融機関コード
店番号(3けた、半角数字)=店番号
口座番号(7けた、半角数字 ※口座番号が7けた未満の~)=口座番号

に対応させ入力。
最後に「Submit」ボタンで確定させます。

これでゆうちょ銀行への登録が完了です。
ゆうちょ銀行への振込みを希望される方はお試しください。 

 

 

コメントも歓迎します。
こういうやり取りあってこそのブログです。
一応ガイドラインは以下の通りです。 

【基本】 
・コメントに際し、名前を入れなきゃ、メルアドを入れなきゃという必須事項はありません。
どなたでも自由にコメントが可能です。
・アニメに関する書き込みであれば基本OKです。
・内容も同意だけではなく、異論・反論も可です。
・放送分より先の、原作ネタバレ等はご遠慮ください。
・アニメで放送した話が原作と内容が異なり、「原作ではこうだった」的な話は可です。
・最終的な掲載・削除の権限は当方が有するものと考えます。 

 【コメントの仕様】
・プラグインを導入し、英語のコメントを弾く様にしています。
当方英語が理解できないこと、また英語のスパムがあまりに多かった為です。

【質問等】
何か分からないことがありましたら、このページのコメント欄にてご質問ください。

以上です。 

リンクのガイドライン

| コメント(0) | トラックバック(0)

こちらのリンクを貼って頂くのはフリーです、特に制限はありません。
相互リンクをご希望の場合はコメント蘭にてお申し込みください。
サイトを訪問させていただいた上で問題が無ければ掲載させていただきます。

【基本】
・当サイトと同種のサイトであること(アニメ・マンガ・ラノベ関連)
・アダルトサイトや違法サイトで無いこと
・現在稼動中で、定期的に更新があるサイト

であれば基本OKです。
ブログの内容が当方の主張と逆などは一切問いません。
当方で網羅していないアニメが主体でも全然OK。
むしろそういった部分の補完としてのリンクだと思っています。 

【その他】
・何か分からないことがありましたら、このページのコメント欄にてご質問ください。 
・先日の楽天Blogの仕様変更について、ブログ移転を考え居ている方も居るか思われます。
こういった方からのリンクのお申し込みには是非協力したいと思っています。

TBは大歓迎ですが、一応ガイドラインを定めさせていただきます。
併せて当方のブログの仕様に付いてもご紹介いたします。
内容は一般常識程度、通常であれば見なくても守れているレベルですのでご安心ください。 

【基本】
言及リンクは定めておりませんので、基本どなたでもTB可能です。
・TBを頂いた場合、これも基本的にTBをお返しします。
・記事の内容が当サイトと異なっている(逆の評価)などは一切問題ありません。 
・サーバやブログの相性でTBが送信エラーとなった場合はご容赦ください。
(当方へのTBがエラーになった場合も放置で構いません。) 
・最終的な掲載・削除の権限は当方が有するものと考えます。 

【その他】
「言及リンク必須」のサイトからのTBはお返し出来ません。 
・アフィリエイトは大丈夫ですが、純粋なショッピング(物販)サイトはご遠慮ください。
・趣旨の違うサイトからのTBは基本お返しできません。
・本文の無いミラーブログやTwitterレベルの一言感想など、TBやり取りの体裁だけを整えたと思しきサイトからのTBはお返しできない場合があります。
・特に18禁サイト・違法アップロード動画紹介サイトへのTBはお返しできません。 

【ブログの仕様】
・当ブログはロリポップサーバを使用し、サーバ提供のMovableType 5(ロリポップ版)を一部カスタマイズして運営しています。
・繰り返しになりますが、言及リンクなどの規制は一切ありません。 

【質問等】
何か分からないことがありましたら、このページのコメント欄にてご質問ください。

以上です。 

ブログを作成しトラックバックを送信していたら、一部のブログに違和感を感じました。
楽天blogのTBがなんか変わった。
「4/19以降、TBはこちらに送信願います」
こんなメッセージとともに、TBのURLを手書きで載せている。
気になって調べたところ、

●楽天blog StaffBlog
http://plaza.rakuten.co.jp/hirobastaff/diary/201104120000

「トラックバックの受付機能のみを廃止することにいたしました。」
何それ。

スパムが多いからって理由ですが、それは楽天がスパムに敗北宣言したって事でしょうか?
しかも送信は出来るが受信はしない。
人の家に遊びに行くけど自分の家は出入り禁止。
楽天blogに有利な、随分と都合の良い話ですね。 

他に気になること
元々楽天blogはFC2ブログと相性が悪いらしく、FC2ブログからのTBは文字化けしていました。

●トラックバック(TB)の文字化け
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2010/12/tb.html

このバグに対処出来なくてTB廃止したんじゃないのか。
だとしたら技術者の面目丸つぶれです。 

一番の被害者は楽天blogの利用者
TB送信のみ可能で受信は不可能=楽天blogだけ被リンク数を稼げる仕様。
これは他のブログから嫌われる。
「楽天blogの人とは相互TB出来ないので付き合わない」 
そんな事になりかねません。

楽天blog利用者もその事は分かっているらしく、ミラーブログを作成してそちらにTBを誘導。
「4/19以降、TBはこちらに送信願います」
これはその為に設置した物だったんです。
楽天blogユーザーの涙ぐましい努力には頭が下がります。
スタッフのこの苦労を分かってあげて、TB廃止よりスパム対策を充実させて欲しいですね。

じゃないとミラーブログに完全移行、楽天blogから脱退する人が続出しかねません。
ところがいやらしいことに楽天blogにはバックアップ機能が無い。
その為移籍したくても出来ない人もいるみたいです。

●19日に楽天blogのTB廃止! 他ブログへの引越し方法とは?
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0418&f=column_0418_016.shtml

一応こちらでフリーのバックアップツールを紹介しています。
試したわけではありませんが、困っている方はお試しを。

ライブドアブログで受信したTBのうち、「本文の概要」がほぼ全部文字化けしているみたいです。

livedoor-1.jpg

送信元のブログの種類に関係なく化けているみたいです。
しかも漢字「申鐃緒」ばかりが羅列して文字化けにしても文章の体裁が整っていません。 
以前はこんなの見たことが無かったので、最近発生したバグと思われます。

TBの文字化けと言うと楽天ブログにあるのは知っています。
楽天ブログにFC2ブログからTB送信すると何故か化ける。
今回のはそれよりも大規模だと思いますね。

今回は珍しく自己主張チックな話です。

キャプチャ系ブログ
本ブログのメインコンテンツ「こいさんの放送中アニメの感想」はアニメ感想系ブログの中で、
「キャプチャ系ブログ」に分類されるそうです。
ジャンル分けしているサイトを見るまで気づきませんでした。

なんでキャプチャブログにしたのか
これは簡単、テキストだけで勝負する自身が無かったからです。
定期的にブログ書く習慣もありませんでしたし、毎回魅力的な文章を書く自信も無い。
だったらキャプチャ画像貼った方が手っ取り早いという考えです。

初期のブログ
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2010/09/2-01.html
画像をベタベタ貼って、2.3行の感想。
ツイッターで連続投稿しているのとあまり変わらない気がする。
無意味に大量の画像を貼り過ぎると著作権の免責として唱える「批評の為の引用」という範囲を逸脱してしまいます。
これは何としても避けたかった。
早めに文章力を上げて行きたい、量が書けるようになりたいと思いました。 

現在のブログ
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/02/gosick-06.html
画像は依然多めですが、文章が増えました。
テキストの文字修飾にあまりパターンは作っていません。
・あまりカラフルだと見づらい
・文字は小さ過ぎると読みづらいし、大きくても逆に全文読むのが面倒くさくなる。

基本テキストはデフォルト、修飾はスタイルシート(CSS)で行うようにしています。

将来のブログ
テキストオンリーか、3枚程度のキャプチャ画像にしたいです。
キャプチャ画像ばかりだと、どうしても感想というよりあらすじ紹介になってしまう、
画像に引っ張られる感じがするからです。

見た感想を要点をまとめて伝え、読んだ人がそのアニメを見たくなる。
キャプチャで名場面貼り過ぎると「ここで見たからもう見なくていいや」となってしまいますしね。
これは現在でも気をつけている部分です。
遭えていい画像を使い過ぎないよう、故意に減らしています。

ハリウッド映画にありがちなこと
予告編が凄く面白かったので見に行ったら、予告でやっていた部分以外はつまらなかった。
CMの方が面白かった事ってありますよね。
映画の場合は入場料払ってもらうまでが勝負なんで、そんな「騙し」に近いやり方でも通じます。 

でもこのサイトでアニメを紹介したら、それ以上に楽しんでもらいたいです。
その為にはあまり「出し過ぎない」ことに気をつけた方が良いと思ってます。 

テキストブログにしたい理由その1
なんといっても更新が早いことです。
むろん早く書ける文章力が前提ですが
皆さんが最初にチェックするアニメ感想ブログは何処でしょう?
恐らくテキストブログだと思います。

録画→圧縮→キャプチャという手間がある以上、キャプチャブログはテキストブログに早さ・鮮度で勝てない。
それがテキストブログを嗜好する理由です。 

テキストブログにしたい理由その2
製作の都合です。
ブログサイトは保存するときに読み込みがあります。
1つ作るだけならあまり苦になりませんが、数をこなしていくとこれが結構煩わしい。
セーブ時間がうっとおしくなってきます。

これがテキストブログだと早いんです。
逆に画像入りのブログだと遅くなる、そしてエラーの発生率も高くなります。
トラックバックを送信するときもテキストオンリーの方が早い気がします。 

何れはテキストブログに移行
そんな訳で、早さが売りのテキストブログへの移行を目指しています。
おおまかですが、今年の4月あたりから始める予定です。
それまでテキストで「魅せる」方法の研究を進めていくつもりです。

●アフィリエイトをやってみる
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2010/12/post-8.html
こちらの続きです。あれから色々と試行錯誤して、現状こんな感じになっています。

今使っているのは殆どAmazonだけ。

AMAZONアソシエイト(アフィリエイト)
A8.net
Link Share

元々上記3つを使っていたのですが、現在はAmazonを自分で整形したアフィリエイト中心になっています。
理由は以下のとおりです。

Amazonにほぼ統一した訳

・A8.netとLink Shareの商品が少ない。
多種多様な商品を扱い、自前で商売をしているAmazonと違い、これらはアフィリエイト会社を仲介して特定の商品を販売する「会社」と契約を結ぶ為、宣伝したい商品が必ずしもあるとは限りません。

・同じく、新商品の登録が遅い
契約した会社のサイトにはある商品が、アフィリエイトの商品検索で出てこないときがあります。
特に新商品は発売後しばらくしないと登録されないみたいです。
これだと人気のある商品を予約して買うことは不可能です。

・Amazonのアフィリエイトを整形できるようになった。
元々A8やリンクシェアを使っていたのは、大きい画像のアフィリエイトバナーを貼りたかったからです。
しかし、

●AMAZONアフィリエイトを加工する
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2011/01/amazon.html

●AMAZONアフィリエイトを加工する2
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2011/01/amazon2.html

このようにカスタマイズができるようになりました。
A8やリンクシェア以上に使い勝手が良くなったので、あまり意味が無くなりました。

・一箇所のアフィリエイトだけを活用したほうが楽
さすがに三社も使っているとブログ更新の手間がかかりすぎました。
またどこにどの会社のバナーを割り振ろうかという余計な事まで考えなければなりません。
毎回ログインするのも億劫になってきました。 

AMAZONでの試行錯誤

サイズ云々以前から、アフィリエイとの試行錯誤はありました。どこに貼るのかという問題です。
確かにアフィリエイトも見てほしいけど、これ見よがしに沢山貼ったり、本文より目立つような真似は避けたい。
そこで色々やっていました。

・CSSの回り込み(float要素)を使って横に並べる
まず最初にやったのがこれです。Amazonアフィリエイトのデフォルトソースを貼ると、ひたすら縦に並び右側が真っ白け
これだけは何としても避けたかったからです。

・サイドバーに貼ってみる
やってみたのですがウィジェットの構造上、貼る商品は全ページ共通になってしまう。 
多種多彩な商品をページごとに入れ替えたい場合には向きません。
お茶とかお菓子など当たり障りの無いもの限定になりました。

またサイドバーはある程度スペースが空くものですが、 さすがに多すぎるのは見栄えが悪いので、4個ぐらいが限界でした。

・記事の上に貼って見る
ファーストビューで目に入るので、見られる回数が増えるのはありがたい。
但し大変に見栄えが悪い。何せ記事を見ようと思ったらまず商品紹介される訳で、これにイラッとくる人も居そうです。
最近はあまり使っていません。

・キャプチャした画像の横に貼る
これは我ながら良いと思ったんです。
空いたスペースの有効活用で、必要以上に目立ちすぎない。
キャプチャ画像のキャラクターに合わせた商品を貼れば需要に合った紹介も出来る。

・・・しかし作るのが面倒くさい。一個一個手作りで貼っていかなければなりません。
記事を一個完成させる時間が格段に増えました。
さすがにコストパフォーマンスが悪すぎて、これも最近やっていません。

・下に貼る
元々使っていた方法ですが、上記のAmazonアフィリエイトのカスタマイズを駆使して見栄えを良くしました
記事を最後まで読んでくれないと辿り着けないのですが、本来アフィリエイトはそういうものと考えています。
「読んで、興味を持って、買ってもらう」
として、今使っているのはこの方法です。

Googleアドセンス

最近はこれに興味を持っています。使えるか使えないか、まずは試してみようと思います。

今回はMovable TypeではなくWindowのOSにまつわる話です。

VISTAで以前XPで使っていたHDDのファイルを操作しようすると、
「この操作を実行するアクセス許可が必要です」
と出て簡単にファイル名を変更したり、ファイルを移動しづらいという現象が発生。
ファイル名一括置換などが出来なくて難儀してました。

ネットで調べた所、
該当ドライブ>>右クリックでプロパティ>>[タブ]セキュリティ>>
編集>>現在のユーザー名を選択>>アクセス許可を「フル コントロール」にする。

security.jpg

これで「アクセス許可云々~」が出たり、、変更がブロックされる事がなくなりました。

●参考サイト
この記事を作成するに当たり、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

教えてgoo! 「ファイルを移動しようとすると「この操作を実行するアクセス許可が必要です」と表示され移動できない」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3764223.html

神のみぞ知るセカイ 第10話『あたしの中の・・・・・・』
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2010/12/-10-8.html#comments

ここに英語のコメントがたくさん付くようになりました。
試しにExccte翻訳で直訳してみました。

リンクを辿ってみるとポーランド?の動画サイトみたいです。
しかし何故このブログ、それもこの記事ばかりに投稿されるのか不明です。
単なるスパムだと思うのですが、他に意味が分かる方がおりましたらご教示願います。 

 

Filmy Online | 2010年12月10日 09:48 | 返信

Write more, thats all I have to say. Literally, it seems as though you relied on the video to make your point. You clearly know what youre talking about, why throw away your intelligence on just posting videos to your weblog when you could be giving us something enlightening to read?

Exccte翻訳による直訳)

私が言わなければならないすべてを以上、thatsに書いてください。 文字通り、まるであなたがあなたのポイントを指摘するためにビデオを当てにするかのように見えます。 あなたが明確に話をyoureすることを知っている、あなたが読むために何か啓蒙的なものを私たちに与えることができたとき、ただあなたのウェブログにビデオを投稿するとき、なぜあなたの知性を無駄にしますか?

 

まったく意味が分かりませんね。

きっかけは

・アニメ公式サイト リンク集ブログ アニスク
http://ameblo.jp/animelink/

・記憶のかけら*Next
http://kiokuno2.blog31.fc2.com/

この両サイトとリンクさせてもらった事です。
どちらも逆アクセスランキングをやっていました。
逆アクセスと言うのは、どのサイトから該当サイトにアクセスがあったか、その回数を競うランキングです。

つまり「こいさんの~」からリンクを押して、「アニスク」さんや「記憶のかけら*Next」さんへジャンプをすると1回とカウントされる訳です。
面白そうなので参加してみる事にしました。

逆アクセスが多ければ多いほど、リンク元である「こいさんの~」も閲覧されているという事ですね。
Google Analyticsというアクセス解析ソフトを使っているのですが、これも一つの指標。
しかも他のサイトと比べて自分のサイトはどうか、という相対的な評価が見られるのが興味深いです。 

それよりも早くアクセスカウンターを付けたいんです。
Movable Type 5(MT5)で作成した以上、プラグインでやりたいというこだわりがあってまだ考慮中です。

AMAZONアソシエイト(アフィリエイト)はその品数から汎用性が高いものの、バナーがあまり好きではありません。
何故ならAMAZON独特のバナーは画像が小さいから。 
他のアフィリエイトでは一枚絵のリンクバナーが多く、これと同じくしたい。
その悪戦苦闘ぶりの記録です。 

AMAZON本来のバナーから加工していく様子をご覧ください。

●画像付きデフォルト

とにかく絵が小さいのが気に入らなかった。あとそっけなさ過ぎ

●テキストのみデフォルト

文章で使うぐらいで、あまり使っていなかったが、後述の方法で復活

夢喰いメリー 1 [Blu-ray]

●画像付きデフォルトを、文字・背景色変更&枠線消し

少し見栄えがするが、やはり絵が小さい。

●テキストのみ+商品ページの画像を流用して組み合わせ

テキストだけのリンクを応用して作成

夢喰いメリー 1 [Blu-ray]

ここまでアフィリエイトを加工できるようになりました。
しかし画像の横に余白があるのを解消できずしばらくそのまま使っていました。 

●PE2HOというブログ

ここでAMAZONアフィリエイトの画像表示の仕組みについて解説していました。 

Amazonの画像加工(基礎編1) URLのどこを変えたらいいの?
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-164.html

画像のソースを見ると、

http://ec2.images-amazon.com/images/I/51rufH1ZZ8L._SL500_AA300_.jpg

とあります。この、「_SL500_」「_AA300_」というのが画像サイズや余白を規定する数値です。

●この数値を外してみる

http://ec2.images-amazon.com/images/I/51rufH1ZZ8L.jpg

夢喰いメリー 1 [Blu-ray]

余白が無くなり、代わりに大きくなりました。これが本来の大きさ(横353PX、縦500PX)みたいです。
さすがにこのままだと大きすぎるので、小さく表示してみます。 

●余白を外した画像を小さくする
この場合外した「_SL500_」「_AA300_」の代わりに「_SX000_」を入れます。
「_SX数値_」で、余白無しで横幅を任意の幅に固定できます。「_SX200_」なら横幅が200PXになります。

http://ec2.images-amazon.com/images/I/51rufH1ZZ8L._SX200_.jpg

夢喰いメリー 1 [Blu-ray]

●画像付きデフォルトのアフィリエイトバナーと同じ大きさ(横幅120PX)にしてみる

http://ec2.images-amazon.com/images/I/51rufH1ZZ8L._SX120_.jpg

夢喰いメリー 1 [Blu-ray]


同じ幅でも全く印象が違うと思います。
横幅200PXと120PXあたりをケースバイケースで活用して行こうと思います。 

Google Analyticsに登録

| コメント(0) | トラックバック(0)

アクセスカウンターとは別に、サイト解析もしたいのでGoogle Analyticsに登録する事にしました。
既に別のサイト(アニメとは関係ないページです)を登録しているので、2つ目になります。

でもそこには壁が。
解析用スクリプトを埋め込まなきゃならない。

何が壁なのかと言うと、このサイトはMovable Type 5(MT5)で作成したもの。
テンプレートの構造を読んだ上でどこにスクリプトを埋め込むかを決めなければなりません。

 

●その1:テンプレート「メインページ」に埋め込んでみる

最初にやったのが、
デザイン>テンプレート>インデックステンプレート:メインページ
ここに埋め込みました。

大失敗。
この「メインページ」というテンプレートは文字通りトップページにしか反映されない。
日々更新した記事をGoogle Analyticsは解析の対象にしてくれない訳です。

 

●その2:テンプレート「HTMLヘッダー」に埋め込んでみる

ヘッダ部分にスクリプトを埋め込むのには抵抗があったのですが、やってみました。 
デザイン>テンプレート>テンプレートモジュール:HTMLヘッダー
こっちに埋め込み、メインページの方は消しました。

成功。
記事にも解析用スクリプトが反映し、全部のページが解析対象となりました。よかった。

 

●さて、どうなるかな

HTMLヘッダーに埋め込む前のアクセス数は以下の通り。

2011/01/12
ユーザーサマリー:8
セッション:11
ページビュー数:26

【※】数値間違っていたので修正しました。
これって5ページ(サイトトップ+コンテンツトップ×4)での結果です。
解析対象が何百ページにも増えるわけで、ちょっと期待ですね。

●結果発表

1/13にタグの埋め込み場所を変更した所、以下の様になりました。

2011/01/13
ユーザーサマリー:173
セッション:192
ページビュー数:468

2011/01/14
ユーザーサマリー:261
セッション:284
ページビュー数:513

やっぱり今まで全然拾えてなかったんですね。

 

 

 

 

盗作の話が出たので

| コメント(0) | トラックバック(0)

このサイトを作る時のスタンスを書いておこうと思います。
アニメの感想を書くに当たっては、やはり盗作にならないよう気をつけなければなりません。
そこで、
自分が感想を書くまで他の人の感想・レビューを見ない様、極力情報封鎖してます。 

・他のレビュアーの感想・批評サイト
・2ちゃんねるなどの掲示板の書き込み
・コメント付き動画サイトのコメント

などほぼあらゆる情報です。
書くに当たって開くページは基本的に公式サイトとウィキぺディアだけ。
但しウィキペディアはアニメで放送していない範囲のネタバレも多いので、固有名詞や専門用語を正確に知る程度に留めています。

特に自分の様な文才のない人間がそういうサイトを見てしまうと、

・共感できる文章
・上手な言い回し

などがガッツリ頭の中に残ってしまい、思わず書いてしまいそうになる。
それが怖いからです。 

 

●その所為で失敗したこともあります

このサイトを正式稼動させる前の話です。
Amazonでとあるライトノベルのレビューを投稿しました。
この時もこのサイトを作成する方針同様、情報封鎖をして他の人のレビュー等を一切見ないで書いたものです。

わりと面白かった、と好意的評価をしました。
しかしそれは盗作騒動で後に絶版になったライトノベルだった。

お陰で自分のレビューは「参考にならなかった」が鬼の様に付きまくりました。 
自分には盗作が見抜けなかった+情報を一切入れなかったことでマヌケな結末を迎えた訳です。

プロの批評家なら、職業生命がパーになるミスでした。
つくづく素人で良かったと思いました。 

恥ずかしいのでこのブログにそのレビューは載せていません。
分かる人が調べれば直ぐ分かってしまうんでしょうが。 

●記事を無断転載されたから直リンされてる画像をうんこにして対抗してやった

http://arukugamu.blog70.fc2.com/blog-entry-2742.html 
http://togetter.com/li/88570

パクリ記事(ニセモノサイト)
http://ameblo.jp/sfida2010/entry-10761992486.html

パクラレ記事(本物サイト)
http://www.webcreatorbox.com/webinfo/new-year-resolutions-web/

あらら・・・なんでこんな有名そうなところからパクってくるかなぁ。
見てる人多いブログからパクッたらそりゃ直ぐバレますよ。

そもそもなんでネットで書いた中傷やパクった記事ががバレないと思えるのか全く不思議です。
同じインターネットと言う土俵に上っているうえ、世界中の人が見ているのに。
チラシの裏や、大学ノートに書いたことよりもおおっぴらになっている事に気付かないのでしょうか。

普通に「ここに良い記事載ってます」とリンク貼ればいいのに、自分の手柄が欲しいんですかね。

 

●そして対抗措置がクール過ぎます。

パクリサイトでは画像を直リン(直接リンク:相手サイトの画像URLをそのまま埋め込んで無断借用)していたんです。
これに目をつけた本物サイトの管理人、パクられた画像を全部別の画像に差し替えちゃった。

本物サイト

mudantensai02.jpg

ニセモノサイト

mudantensai01.jpg

まずテキストが一字一句全く同じですね。これでパクリじゃないとは言い逃れ出来ません。
ニセモノのテキストは文字修飾がショボくてクオリティが低くなっています。
そして画像が文字通りうんこ。さかんに無断転載を宣伝する画像に刺し変わっているのが分かります。 

自らパクった事実を世界中に宣伝するサイトになっちゃった。

 

●更に飛ばしているパクリサイトの管理人

このパクリサイトを運営している人物は、のちこんな記事を載せています。

私が考えるすごいブロガーとは
http://ameblo.jp/sfida2010/entry-10766045202.html 

こちらは出自を載せた引用と、それを基にした考察記事なのでこれ自体は問題ありません。
問題は、考察の部分です。

ただ記事を転載・紹介している記事を凄いとは思わない。
自分の知識・自分の言葉で書いている人が好き。(以上抜粋)

丸パクリ記事書いている人とは思えないですね。

 

●この人いつ気付くんだろう

もう数日経つんですが、パクリサイトの管理人は記事を消した様子も無ければブログの更新も続いています。
うんこ画像に差し替えられているのやネットで晒し者になっているのにいつ気がつくんでしょう。
・・・と思ったら知ってた。

http://twitter.com/#!/partnerzu/status/25062132110331904
開き直ってますね。
一箇所引用元を書いたってダメなんです。
パクったところは全部それぞれの引用元を明記しないと。
それにリンク貼るだけならまだしも、文章と画像全部載せるほどの転載ならサイト管理人に許可を取らなきゃなりません。

クレーム来てないから大丈夫とか、この人の頭が大丈夫かと思ってしまいます。 
とにかく盗作と引用の区別がついていない人みたいです。 

 

<追記>

久々にページ開いてみたら、パクリサイトのブログが消滅していました。
或いはブロックされているのかな。
Twitterはまだやっているみたいです。

●Movable Type 5でTBを送信する方法

ブログの管理画面で、

trackback_multisend01.jpg

これです。毎回一個ずつURLを入れては[公開]ボタンやってたんですが、読み込みがあるので凄く時間がかかりました。
そんな時、このページを発見。 

 

●複数のトラックバックを同時に送信する方法

http://www.movabletype.jp/documentation/mt5/blogs/category.html

ここの『トラックバック送信』という項目にこうあります。
「このカテゴリの工ン卜リーを新規に投稿するときに、トラックバックを自動送信する送信先のURLを指定します。複数の送信先を登録する場合は、改行します。
「複数の送信先を登録する場合は、改行します。」
「改行します。」

一度に複数送れたの!?
トラックバックURL貼り付け→改行→トラックバックURL貼り付け→改行→以後繰り返し
知りませんでした。お陰でトラックバック送信がだいぶ楽になりました。 

 

●あまり一度に沢山送り過ぎない

ただし落とし穴があります。あまりに大量のトラックバックURLを一度に送信すると、

500error.jpg

500エラーの発生率が高くなります。
これはうまく送信できずにタイムアウトを起こした場合に出るエラーです。
送信URLが増えれば当然通信の不具合率も増すのでエラーをおこし易くなります。
一度に送るトラックバックURLは5個ぐらいが適当な様です。 

FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い・その2「解決編」
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2010/12/fc22.html

こんな事をやったりして、トラックバックを送信&返信してもらう努力をしてきました。
ふと思ったのが、「自分の記事にトラックバックはどのくらい付くのだろう?」という事です。
そこで実験してみました。

人気アニメの記事を最速で作成、数日間トラックバックを送信しまくる。

今期のアニメで人気・話題性が一番高いのは、
・とある魔術の禁書目録II
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない

この二つです。
内容には賛否両論あるものの、巷に溢れるアニメの感想の数、当方の記事へのトラックバックともに群を抜いて高いです。

みんなアイアンマンやスパロボも見てくれ!!

という私の心の声は聞かなかったことにして下さい。
二つのうち『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(以後、俺妹)』を番組終了後最速で作成しました。
といっても二時間ぐらいかかってるんですが。

そして数日、とにかく『俺妹』の感想記事をネットで探しまくり、トラックバックを送信し続けます。
その結果。 

trackback_limit01.jpg

トラックバック(54)

いや、付きましたね。これが当ブログにおける、
人気作品記事を、最速でアップして、ひたすらトラックバック送信した結果です。

半分、いや3分の1でもアイアンマンに付かないかな・・・
といっても感想記事自体少なくてトラックバック飛ばし様が無いんですがね。

 

せっかく返信を頂きながら、混乱させてしまうことがあります。 それは当方のハンドルネーム『こいさん』への呼びかけについて。

通常『ハンドルネーム+さん付け』で呼びかける場合が多いと思います。 しかし『こいさん』はハンドルネームに敬称が付いている。 返信貰ってから「しまった、面倒くさいハンドルネーム付けちゃった!」と思いました。

そんな訳でさん付けは省略してください。既にあるので。
× こいさんさん
○ こいさん

しょーもないお願いですが、宜しくお願いします。

より使いやすいブログにするべく、テンプレートを改造しているのですが
ウィジェットって何ぞ?
ここで手が止まりました。

 

▼ウィジェットとは

サイドバー専用のテンプレートです。

widget01.jpg

具体的にはこれですね。赤いタイトルバーから次の赤いタイトルバーまでが一つのウィジェット、という訳です。

管理画面を見ると、
デザイン>ウィジェット、でウィジェット設定画面に行けます。

 

▼ウィジェット画面について

ウィジェットには、ウィジェットセットウィジェットテンプレートの二種類の項目があります。

・ウィジェットセット

widget03.jpg

ウィジェットはテンプレートごとにユニット化されており、そのセッティング状態が見れます。
カラム(2列+3列×2)別に、それぞれの自由なウィジェットをセット出来る仕組みです。
カラム別で分かれているのはサイドバーの数に応じてセットするウィジェットを変えるためです。

・ウィジェットテンプレート

ウィジェット自体のソースを閲覧できます。

widget05.jpg

 

コピーしたり、自作のウィジェットを新しく作ることも可能です。
自作したウィジェットは新たに登録され、ウィジェットセットで使うことが出来ます。

このページを見てようやくウィジェットとテンプレートの違いを得心しました。
けっきょくドラッグ&ドロップ機能付けたテンプレートの一種、部品だろうと。

・その他

ウィジェットのソースを見ると、
複数のウィジェットを一まとめにしているウィジェットがあります。

widget06.jpg

この「ホームページウィジェットグループ」はウィジェット「最近のコメント」「最近のブログ記事」を表示するようになっています。

これでウィジェット自体の紹介は終了です。次回はカスタマイズについてお話します。

 

 

 

【使い勝手を良くする】その1 グローバルメニュー(全体メニュー)追加
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/tweet/2010/12/post-10.html 

こちらの続きです。

 

Movable Type 5(MT5)がブログであることを思い知らされるのがトップページ。

<初期設定のトップページ>

indexpage_before.jpg

最新のブログ10件を全文で掲載。

メニューも無いが、索引も無い。

見たい記事が11件目だったらこのページ全部読んでも見つかりません。

アーカイブや検索を駆使しないと見れません。

 

そしてページ全体が長い。スクロールバーがあんなにスキ間空いてます。

ページが長い上、ソースに無駄が多いもんだから表示に時間が掛かる。

いつまでもロード中でなかなか本文が掲載されないブログがありますが、その原因が恐らくこれです。

 

まず記事のタイトルを見て当たりを付けたいのに、とにかく目的の記事を探すのが面倒だと言うことです。

ブログにはサイドメニューに最近の記事リンクがあるし、アーカイブや検索を使えば・・・

そんな面倒なの嫌だ。

という訳でタイトルだけでリンクをつけた最新記事一覧を作成。

管理画面の、デザイン>>テンプレート

indexpage_templete.jpg

該当するCSSとテンプレートを改造しました。

・CSS・・・一覧のレイアウトを追加

・メインページ・・・ここに一覧を表示するようにする。

・メインページのコピー・・・直す前のバックアップ。

・メインページ・全件表示・・・一覧を全件表示させる為に追加

 

更にメインページに表示するブログの記事数を減らします。

設定>>投稿>公開の規定値

indexpage_submit.jpg

「公開される記事数」の所が初期設定では「10」とあるのを「3」に変更し保存・再構築。

<新しいトップページ>

indexpage_after1.jpg

・新着記事をタイトルリンクで10件表示

・次に記事本文を最新の3件だけ表示

するように改造しました。

 

加えて「全件表示する」ページを追加作成。

<追加ページ、全件表示>

indexpage_after2.jpg

 

今まで書いた記事が全部一覧で見れます。

更に色で未読・既読が分かるので、探すのも楽ですね。

 

Movable Type 5(MT5)はブログを作成するソフトです。

ブログが通常のホームページと違うのは、

menu01_01.jpg

全体メニューが無いこと。

一応全体トップページである

「こいさんのアニメーションレビュー(感想)」

にはサイドメニューに

menu01_02.jpg

「ブログ」という項目があります。

ところがこれをクリックして「こいさんのブログ作成記」に飛んだとします。

飛んだ先には「ブログ」という項目が無い。

つまり一方通行。

行けたのに戻れないってどう言う事だ。

マウスでクリックして辿れない、戻れないというのはどうにも使い勝手が悪いです。

 

日々更新される最新情報を閲覧するのがブログのいい所なのかもしれませんが、

見たい記事が直ぐに見れないというのはどうにもストレスがたまります。

一応ブログにも「アーカイブ」という過去の記事を辿る仕組みはありますが、

少なくともホームページのメニューの様な使い勝手とは違います。

 

そこでテンプレートを改造、サイドメニューのトップに

全体ページ及びブログのトップページのメニューを足しました。

menu01_03.jpg

これでどのページからでも全体トップ、各ブログのトップへ移動できますね。

作った当時ウィジェット(サイドメニューのテンプレート)がよく分からなかったので、他とは見栄えが違っています。

いずれウィジェットで作り直して統一を図る予定です。

 

このブログのタイトルは元々、

「こいさんのつぶやき」

でした。しかしこのタイトルだけ見ても内容が全く分かりませんね。

取り留めの無いことを喋ってるだけ、Twitterでやりゃいい内容が書いてある。

とか思われそうです。

そこでブログのタイトルを

「こいさんのブログ作成記」

に変更します。

 

この変更に伴い、

テンプレートで「こいさんのつぶやき」と書いてあるところも直さなきゃなりません、面倒くさい・・・。

トラックバック(TB)の流れはある程度分かりました。
他にも問題はあります。

このブログ、開設して数ヶ月全くコメントが付きませんでした。
理由は簡単、

signin1.jpg

コメント欄が無い。
厳密に言うと無いんじゃなくて

「コメントするにはサインインしてください」
とあります。この「サインイン」をクリックすると、

signin2.jpg

出た。Movable Typeのデフォルト(初期設定)でコメント部分はこうなっているんです。
サインインとか訳分からん、誰がコメントくれるんじゃ!!

これを何とかしないと一生コメントなんて付かないでしょう。

設定>>コミュニケーション
ここの「コメント設定」に着目します。

signin3.jpg

□コメントポリシーを設定し、コメントを受け付ける
ここにチェックが入っているのがまず大前提。コメント受け付けなくなりますので。
その上で詳細を設定すべく「登録/認証の設定」をクリック。

signin4.jpg

デフォルト(初期設定)ではこうなっています。

signin5.jpg

□認証なしユーザーまたは匿名ユーザーからコメントを受け付ける
まずこれにチェック。
すると下層にまたチェック項目が出ます。

□名前とメールアドレスを要求する
両者を入力しないとコメント出来なくする設定です。

名前ぐらいは必須にしたいのですが、
メールアドレスを必須にすると入れた人にスパムが行きそうです。
どちらか一つは選択不可能なので、チェックはしませんでした。

そしてそれ以外のチェックは全部外しました。

signin6.jpg

これでコメント欄が最初から表示されるようになりました。
尚、この設定は保存して再構成してもすぐ反映されない場合がありました。
再構成後に少し時間を置いてください。

既にやってますが、アフィリエイトの話です。
当サイトでは現在、以下の3アフィリエイトを使用しています。

まだ駆け出しですが、それぞれの印象は以下の通りです。
新しいことが分かったら追加していきます。

************************************************************************************************************************************
************************************************************************************************************************************
【メリット】
何と言っても知名度が高く、クリックして飛んだ時に信用されやすい。
またAMAZONのアカウントを持っている人は多いので、クリックから購入までがスムーズに行える気がします。
加えて商品を人気順に並べるなど出来るので、売れそうな商品を並べたい場合に便利
バナーの幅が一定なので、横に並べやすい

【デメリット】
リンクバナーの構造上、写真がかなり小さくなるので見栄えがしません。

************************************************************************************************************************************
************************************************************************************************************************************
【メリット】
審査が無く、即開始可能と言う手軽さが受けている様です。

【デメリット】
A8.netを仲介に、自分の売りたい商品を扱っている企業と契約が必要なこと。
バナー作成はURLや画像、テキストを手で入力する必要があり他より面倒
バナーの横幅が統一されていないので、横並びでレイアウトが崩れる場合がある

************************************************************************************************************************************
************************************************************************************************************************************
【メリット】
1円から払い出し、という換金性の高さが売りです。
バナー製作も一覧で出してボタン一つで作成可能です。

【デメリット】
Link Shareを仲介に、自分の売りたい商品を扱っている企業と契約が必要なこと。
開始に当たって審査があります。ある程度作りこんだサイトでないとハネられる場合があるそうです。
(目安としては開始3ヶ月以上で内容が充実しているもの)
バナーの横幅が統一されていないので、横並びでレイアウトが崩れる場合がある
(大きな元画像を縮小表示した時は、幅が収まっているにも関わらず崩れた)

************************************************************************************************************************************

現状、クリックはあれども購入はまだありませんね。
買ってもらうにはどんな努力が必要なのか、もう少し調べる必要がありそうです。

TB送信エラーがso-netブログでも発生しました。
今回の理由は簡単に分かりました。

sonet_tb-1.jpg

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

これは分かり易い。
FC2ブログと同様、「言及リンク」によるTB送信エラーです。

他のso-netブログと比較していないので確実ではありませんが、
これは製作者が意図的に設定したものと思われます。

FC2ブログも「言及リンク」設定の時はこの様に表示される様にして欲しいですね。
TB送信に成功し、先方のサイトに自分のTBが付いたかを確認しようとすると、

????????Τ? ????ιάо????? ¤?????? ???????ï¿λ ??¤????? ????μ??Ф? οιά??www ??Х??ä?Τ?礦?ξ????Τ ???¤? ??Ф????ä??äάΤ ??θ?????? ??äĺΤ???????ä?ά?? ???????????Τ?? ?????Τ??..

思いっきり文字化け。
経験則から、文字化けが起こる組み合わせは以下の通りです。

・FC2ブログから楽天ブログにTBを送信した場合。
楽天ブログ
BiglobeブログからにTBを送信した場合。

私のブログから送ったTBも文字化けしたことがありますが、どのサイトか忘れてしまいました。
このサイトとも相性の悪いサーバやブログがあるみたいです。

それともブログの相性ではなくて、文字コード絡みでしょうか。
でも普通はブログユーザーが文字コードを改造したりしないですよね。

FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い
FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い・その2「解決編」
FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い・その3「補足編」
FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い・その4「補足編2」
一連の続きです。

こちらのトラックバック送信は弾かれてしまう。
向こうからのトラックバックは来ない。

現状、付き合う手段の無いFC2ブログユーザーと初めて交流をするにはどうするか。
そこでコメントに依頼文を載せる事にしました。

興味の無い人にとってはありがた迷惑かもしれません。
最近変なことやってる奴が居る、とネットで晒し者になるかもしれない。
下手すりゃチェーンメールと勘違いされるかも。

でもとりあえずやってみます。例文は下記の通りです。
これをまだ付き合いの無いブログへコメントしてみます。

*************************************************************************************************************************************

題名:相互トラックバック(TB)希望です

「こいさん」と申します。アニメ感想ブログを作成しております。

宜しければ、相互TBをご許可頂けませんでしょうか。 
現状ですとTBを送信してもエラーになってしまいます。 

FC2ブログの設定「言及リンク」による送信エラーの解除方法

FC2ブログのユーザーとTBを貼る機会でエラーが頻発した為、
上記の対処法を調べました。宜しければご活用ください。

上記設定と関係が無い、単にブログの相性問題でしたらこのままで構いません。 
また、承認制などあまりTBを希望されない場合は無視なさって結構です。
尚、相互TBになったからと言って必ず「貼れ」と強制する意思はありません。
何卒ご検討ください。 

*************************************************************************************************************************************

果たして友達は増えるでしょうか、それとも嫌われるでしょうか。

・追記

上記文章を送った所、「禁止ワードが含まれています」としてコメントできない場合がありました。
どれが拙い言葉なのか分からない・・・。
依頼コメントを載せた方から返信が来ました。今のところ好意的に対応頂いている様で、感謝です。
依頼コメントを載せたページをブックマーク、覚えておかなければならないのに気が付きました。
2つぐらい忘れてしまった・・・
上記忘れたページのひとつを発見。確認した所向こうが送信したTBも反映されないとのこと。
言及リンクとは別の、ブログ相性問題がある模様です。
現状、16件コメント送信で、経過は、
・返信が来てTB可能になった・・・4件
・返信が来たが別エラー・・・1件
・返信待ち・・・10件
・送信先を忘れた・・・1件
加えて、以下の様なミスもやらかしました。
・同じ人に二回(別のページだった為)コメントしてしまった。
あまり数をやるのは控えたほうが良いかもしれません。
いきなりミスると初対面の印象が悪くなりますので。
あるFC2ブログユーザーにメール後、TBがコピー出来ていない事が判明。
試しにIEでコピーしてTB送信した所、成功。
ブラウザによる不具合の様です。

FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い
FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い・その2「解決編」
FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い・その3「補足編」

の続報です。
これも「言及リンク」関連のエラーです。

・症状
先にあるFC2ブログユーザーにトラックバック送信した所エラー。
ここまでは以前説明した「言及リンク」エラーと症状は一緒です。

逆にこのユーザーからトラックバックを貰います。
その後再度こちらからトラックバック送信すると成功。

「一見さんお断りエラー」或いは「相手の一方通行エラー」とでも言うのでしょうか。

そこで相手の方にコメントで「言及リンク」設定の変更を依頼してみました。
図々しいとは思いましたが、トラックバックを貰っていますので返さないのも気が引けます。

快く応じてくださったので、新しくブログを書いて試しに送信した所、成功。
他にも先に相手から送信を貰ったのに返信するとエラーなどがあった気がします。

FC2ブログの「言及リンク」エラーにはバリエーションがある様です。

FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い
FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い・その2「解決編」

の続きです。
とあるFC2ブログユーザーのトラックバックに失敗しました。
同じユーザーの別に記事には成功しています。

つまり「言及リンク」とは別のエラーです。

コメントでトラックバック失敗した旨を先方にお詫びしておきました。
そして先方から頂いた返信がこうです。

基準は不明ながら、貰ったトラックバックがたまに保留トラックバックに分類されてしまう。

その後先方が保留を公開にして、私の送信したトラックバックは反映されました。

つまりトラックバックは送信されていた。
ただし反映しなかった。

という事らしいです。
同様のトラブルがある方はご参考ください。

FC2ブログにトラックバック送信エラーが多い
この続きです。

必ず送れないなら、サーバやブログの相性が悪いという可能性もありますが、
FC2ブログでもトラックバックが送れるブログと送れないブログがあります。

つまり、FC2ブログの設定によって成否が分かれている。
そう思って調査してみました。
活用していない自前のFC2ブログがあったのを思い出し、設定画面を見てみました。

▼問題の設定画面はここ

FC2ブログの管理画面で
ブログ(タブ)>環境設定の変更>ブログの設定>トラックバックの設定

fc2_2.jpg

ここでトラックバックの設定を見ることが出来ます。

fc2_3.jpg

「言及リンク」ここです。
デフォルト(初期状態)で「本文中に言及リンクの無いトラックバックを【受け付けない】
となっています。

言葉通りなら、こちらでリンクを貼っていないトラックバックを全部弾いてます。

▼実際に試してみました

【受け付けない】状態で、このサイトから実際に自分のFC2ブログへトラックバックを送信してみると、エラーになりました。

言及リンクの設定を【受け付ける】に変更し再度トラックバックを送信・・・おお、成功した!!

fc2_4.jpg

FC2ブログを使っていて、自分のトラックバックが増えなくて困っている方はお試しください。


まだまだブログを始めたばかり、
Movable Typeの操作は覚えました。
ブログ作成の手順もわかりました。
でも肝心なのは運営。

トラックバックを貼ったり、アフィリエイトを貼ったりしてとにかく交流。
ここら辺のノウハウはやってみないと身につかないみたいです。

それでもある程度の流れは分かってきたので箇条書きにしてみます。

1.アニメを見る。
2.一度見たあとで、ポイントなる画像を多めにキャプチャ
3.感想を書く
4.感想とキャプチャ画像を組み合わせる
5.アフィリエイトを貼る
6.公開する
7.トラックバックを貼る

以上が作業手順です。
詳細を述べると、

1.アニメを見る。
まず見ないとどうしようもありませんね。

2.一度見たあとで、ポイントなる画像を多めにキャプチャ
一度見て、印象に残ったシーンをバンバンキャプチャ。やってみると分かりますが、意外と覚えていないものです。

3.感想を書く
文章力が無いので一番苦労する所です。
単なるストーリーダイジェストにならないように、感想を入れるようにと思うのですが中々上手くいきません。

4.感想とキャプチャ画像を組み合わせる
キャプチャ画像からテキストと合致する物を入れていきます。
長くなると見づらいので、画像は厳選します。

5.アフィリエイトを貼る
アフィリエイトは殆ど同じパターンです。大抵、
Blu-ray1~3巻+オープニングのCD+エンディングのCD
にしています。
一セット(5個分)作って同じアニメには同じアフィリエイトを貼っていきます。
この5個というのは当ブログで一列に並ぶ最大幅です。

6.公開する
いよいよ公開。公開後に一度見て文章がおかしくないか確認します。
公開してもトラックバックを貼らないと余り人は来ないだろうと思っているので多少の誤字はきにしません。

7.トラックバックを貼る
トラックバックを貼るに当たっては、作品ごとに「基準点」を決めています。
同じアニメを題材とした、書くのが早くて、トラックバックのたくさん付いている他のホームページを見つけます。
アニメのタイトルと話数を入れて検索すれば出てきます。
そこのトラックバックを片っ端から貼っていくのです。
未読リンクと既読リンクで色が変わるものが活用し易いですね。

これがベストとは思えませんが、現状こんな感じです。

これだけはやり遂げようと決めていることがあります。

一度感想を書いたら、アニメ終了まで書き続ける

まだブログを書く前に、あるアニメ感想サイトを良く見ていたんです。
ところがそこの運営者はつまらないと途中で視聴も感想も止めてしまう。

つまらないものを見続けるのはキツイだろうけど、途中まで見てブツ切りにされたこっちの空しさも相当です。

だから書き始めたら、最後まで書こうと決めているんです。
何人が見てくれるか分かりませんが、自分と同じ気持ちを味あわせたくないので。

お陰で今大変な目に遭ってますが。
一日一本とか厳選すれば良かった。三本、四本ある日がキツいです。
こちらからトラックバックを送信していると、
送信エラー
が出る場合があります。

何故かFC2ブログで多発。

FC2って同じFC2じゃないとトラックバック受け付けないのか?
そう思ってFC2ブログの人には送信を控えておりました。

あれ、向こうから来た。トラックバックできる人も居る。
デフォルトでFC2ブログ同士しかトラックバックしない、という機能でもあるんでしょうか。
この機能知らないとずっとエラーのまま「?」となってそう。

そういえばあのブログ、2chからのリンクは全部ブロックしてた気がします。
外様に厳しいサーバ屋さんなのかもしれません。

FC2ブログ使っててトラックバック増えないな、と思ったら設定を見直す必要がありそうです。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net