Windows Vista:見捨てられるOS

| コメント(0) | トラックバック(0)

Flashを使ったページでいちいち警告が。
出るようになりました。

vista-abnd1.jpg

うっとおしいったらありません。
一見Flashを使っていない様なページでも出て来て、
あ、このページってFlash使ってたんだ。
なんて再確認する羽目になったり。
まあ[今回は実行する]を押せば良いんですが、そのワンクッションが煩わしい。 

Windows Vista、Google Chrome、Flash
この組合わせで使ってきましたがもう限界か。

Yahoo!知恵袋>Adobe Flash Player のバージョンが古いため…

1.Windows Vistaサポート終了。
2017年4月11日(日本時間だと4月12日)をもって終了しました。
つまりアップデートされなくなりました。
最終バージョン:Windows Vista™ Home Basic SP2

2.Google Chromeのアップデートが受信されなくなる。
Windows Vistaサポート終了に伴い、Google Chromeのアップデート終了。
最終バージョン:49.0.2623.112 m 

3.Flash最新版へのアップデート=[プラグインを更新する]が不可能。
Google Chromeのバージョン49より上げられないため。
最終バージョン:22.0.0.209 

そもそも当のFlashがHTML5に駆逐されつつあります。
アドビ自らFlashに白旗宣言…。HTML5への移行を推奨
3本柱の2本までがオワコン。 
という訳で別PCに切り替えつつ、可能であればOS更新した方が良さそうです。 

とりあえず「windows7 Upgrade Home 日本語」あたりで検索です。

追伸:直りました。
10/18頃にエラーが出るようになり、10/27には出なくなっていた。
直った原因は現在不明です。 

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5380

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net