iphone5:一年弱使ったiphone5が壊れた!

| コメント(0) | トラックバック(0)

携帯を7年間使ったvodaphoneからiphone5に変更して一年。
遂にというかまさかと言うか、我が愛機が壊れました。 

第0章:iphone5購入後のトラブル一覧。
壊れるまでに小さなトラブルもいくつかありましたので、書いておきます。

・タッチパネルが効かない、画面がフリーズ
…ホームボタンまたはリセットボタンを押せば解決。
・Safariが突然落ちる
…再度Safari起動で一応問題なし。
・電池残量表示がおかしくなった
…使用しても充電しても表示が変わらないまま。
電源OFF&電源ONすると現在の残量に変わりますが、今度はその表示のまま。
・バスパワー充電が出来なくなった
…最後まで修復せず。
コンセントに差し込んでの充電は出来ますが、PCのUSB接続時に同時充電することが不可能になりました。

第1章:壊れるまでの経緯~電池切れ。
前述のとおり電源OFFにしないと現在の電池残量が分からないので「満充電」表示でも全く安心できない状況。
通常業務なら満充電で帰るまでiphoneの電池が持つことは経験則で分かっていました。
しかし仕事が長引いてしまい、電池切れ。
家に帰って早速充電と相成りました。

…起動しません、電源ON時にリンゴマークが出ますが、この表示のままです。
ホームボタンを押したり、リセットボタンを押したり、両者同時長押ししても変化なし。
コンセントに繋いで両方押すと「充電してください」表示が出るのが唯一の変化でした。
こりゃどうにもならんと修理を決意しました。

第2章:まさかのiphone5紛失?
休日が二日後だったので、一日iphoneが使えない状況を体験。
電話に出られない、メールが打てない、ネットが見られない。
思った以上にiphoneに依存していたんだなあ、というのを痛感しました。

ともかくも一日やり過ごして修理屋さんへ行きます。
因みにiphone5を購入したショップでは修理してくれません。
別に存在する公認のメンテナンスショップへ行くことになります。
どうもAppleとの契約上そうなっているらしいのですが「買ったら後はシラネ」という扱いを受けている気がしないでもない。
とりあえず一番近い渋谷のメンテナンスショップへ行くことにしたのですが…何と電車にiphone5を置き忘れるというドジを踏んでしまった。

修理に行ったのに修理品を失くすというとんでもないマヌケっぷりです。
実は電車の中で寝てしまい、終点の渋谷駅に着いてようやく起床。
ヤバイ、降りなきゃ!
と急いで降りたらiphone5無かった。
動きもせんのにiphone5を出していたのは、ケースに定期を入れていたからです。
つまり定期も無くしてしまった。

しかし不幸中の幸いというか、渋谷が終点だったのが良かった。
スグに駅員にかけあったところ、問い合わせの結果自分のiphone5「らしい」物が届いているとのこと。
これ終点じゃなかったらいつ見つかるか分からなかった。
そして忘れ物をちゃんと見つけて管理してくれていた東京メトロに感謝。
これで無駄足も無駄金も使わなくて済みました。

第3章:小綺麗で若い人、特に女性が多い修理屋さん。
汚い作業場にバリバリの技術者、オッサンが居るのかと思ったらまずオフィスが綺麗でビックリしました。
そしてスタッフも若い人が中心でリーダーは女性の様です。
ただ逆に心配になってくるんですね、若すぎてホントに直せるのかと。
彼らは単なる受付かと思ったら、実際に修理するスタッフでもあったので。

待っている間に話を横で聞いてましたが、ここはiphoneに限らずipodやipadも修理する。
そんでもって幅広い知識を持っているのはやはりリーダー格の女性のみ。
他のスタッフは接客でわからない事があるとリーダーを呼び、接客が終わってはリーダーから教えを受けてメモを取っている。
う~ん、正直大丈夫なのか不安になって来た。

そしていよいよ自分の番になりましたが…そもそも起動しないので症状を確認しようもありません。
iphoneによくあるトラブルは「ガラス割れ」「水ポチャ」らしいですが自分の壊れたiphone5はどっちでもない。
うんともすんとも言わない私のiphone5、無論充電器を変えても何も起こりません。
結局「奥行ってバラします」とスタッフは中座してしまった。

それほど待たされることもなくスタッフが戻り、結果は「原因不明」で交換するというものでした。

第4章:保険さまさま、そしてヒヤリとさせられた一言。
iphone5を購入するにあたり保険を勧められました。
Appleの保険と、Softbankの保険の二種類、片方だけでも両方入っても可。
Softbankの方に入ってたので助かりました。
修理は一律二万円ぐらいかかるらしいのですが、お陰で0円、無料交換出来たので。
iphoneは電話に非ずパソコンである、そしてパソコンは破損する可能性も高い。
こう思って必ずどちらか、出来れば両方の保険に入っていたほうが良さそうです。
因みに自分が入っていた保険は一年間有効のもの。
一年過ぎた後だったら二万円コースでした。

こうして新しいiphone5を手に入れたのですが、スタッフから「バックアップは取っていますでしょうか」と言われた。
「パソコンに繋いでitune起動すると自動バックアップ、あれやってますよ」
「あれは単なる同期で、バックアップではありません」
「え!?」

まさかのiphone5初期化。
バックアップはボタンを押して手動でやるものとか、クラウド設定しておけばサーバにバックアップが可能とか言ってますが耳に入らない。
俺のiphone5…バカになっちゃったの?
画像とかネットのお気に入りとかはまだ良いです。
電話帳とIDパスワード設定最初からやり直し!?
タダで交換出来て嬉しかったのにいきなりどん底です。

ところが家に帰ってPCにパソコン繋ぐと…バックアップを反映しますか?という天の声(表示)が。
こうして無事バックアップデータを入れた所、ちゃんと電話帳も画像も戻ってる。
店員焦らせんなよ。
やはり商品知識は微妙だった模様。
メール設定だけ戻っていませんでしたが、大半のデータは元通りなのでホッとしました。

第5章:もっと頑丈なケース買おう。
そんな訳で壊れた原因は不明ながら、iphone5の二号機をゲット。
今度は前以上に大事にしよう。
突然壊れて修理代二万とか怖すぎるので。
とりあえず前より頑丈そうなケースは無いかと探すことになりそうです。

http://matome.naver.jp/odai/2133816641765542801

ここらへんとか参考にしてみます。

Powered by amaprop.net

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3271

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net