Mobable Type 5 MTタグをエントリー(ブログ本文)に埋め込む【mteval】

| コメント(0) | トラックバック(0)

同じアニメに同じアフィリエイトを埋め込むなら、テンプレートを作って埋め込んだほうが楽です。 
具体的にはテンプレートモジュールを作ってMTタグで呼び出す方法です。
しかしエントリー(ブログ本文)にMTタグを埋め込んでも認識しません。

MT4.2では「EvalTemplate」プラグインを使うとそれが可能となります。
小粋空間:エントリーの中でMTタグを使う

MT5では標準でグローバルもディファイア「mteval」が実装されています。
mteval

よってこちらを使用します。

1.呼び出す側のMTテンプレートを改造する。

デザイン>テンプレート>アーカイブテンプレート>ブログ記事

この中でエントリーを呼び出すMTタグ、

<$mt:EntryBody$>
<$mt:EntryMore$>

こちらを

<$mt:EntryBody mteval="1"$>
<$mt:EntryMore mteval="1"$>

このように修正します。
これでエントリー内でのMTタグが有効になります。
但し条件があり、エントリーのフォーマットが「なし」 でなければ有効とはならず、「リッチテキスト」では無効となります。

2.mtevalを有効にする為のブログ作成手順。

テキスト打ちでブログを書くには「リッチテキスト」の方がずっと楽です。そこで、

まず「フォーマット:リッチテキスト」 でブログ本文を作成。

完成したら(通常ここで公開)「フォーマット:なし」に変換。 

MTタグを埋め込み、公開する。(「フォーマット:なし」のまま)

というひと手間を加える必要があります。
あとで修正する場合も、

まず「フォーマット:なし」を「フォーマット:リッチテキスト」に戻す。

ブログ本文を修正。

修正が終わったらまた「フォーマット:なし」に変換。

MTタグを貼りなおすして公開。

ブログ本文はフォーマットを変更しても影響が無いのですが、MTタグは表示が変わってしまいます
よってフォーマット変更の度に書き直す必要があります。
少し面倒ではありますが、これによるメリットは大きいです。 

1.アフィリエイトの膨大なソースを書かなくて良い。
2.同じアフィリエイトを貼り、後に修正する場合一個一個直さなくてもテンプレート修正で一気に反映する。

のちのち楽になってくる仕組みです。

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/960

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net