タグ「蟲師」が付けられているもの

「蟲師 続章」BD第6巻に追加収録されたTV未放送・劇場公開作品です。 山いっぱいの鈴の音。そして麓に住む葦朗に待望の妹が誕生。さながらお祝いのように聞こえたのかもしれない。それはむしろ呪いだった。生まれた時に全身を植物に覆われた少女・カヤ。時とともにそれは...
>> 続きを読む
この~木何の木気になる木~。出稼ぎ大工として充実した日々を送る幹太。奥さんは村に居て欲しい様だけど、仕事に燃えているらしく耳に入らない。 目下気になるのは夢に出てくるスギの巨木。そして茶屋で出会ったギンコを知っていた!…が話がおかしい。思い出話...
>> 続きを読む
生物を骨まで分解、何て便利な蟲。この骸草(むくろそう)を利用した山葬が行われているある村。但し村人は原理を知らない。山に遺体を置いたら一週間は入山禁止。この禁を破ったものが居る、村で奇妙な「いぼ」が生える病気が流行したから。 名医ならぬ名蟲師・ギンコが「蟲の...
>> 続きを読む
最初は、だと…。5年前に雷に打たれてから通算4回。つまり四度死線をくぐった少年・レキ。無論偶然ではなく、蟲の仕業です。招雷子(しょうらいし)という雷を食う虫が少年に取り付いた。食料を得るために少年に落雷させてお食事。 対策はへその緒を煎じた薬を...
>> 続きを読む
姉ちゃんかと思ったら母ちゃんだった。ギンコめちゃくちゃ怪しまれている。子供にからむおっさん見たら普通警戒するよね。今までの村人がフレンドリー過ぎたんだ。…と思ったらどうもこの母「変わった」息子を持つが故に避けられている様で。それで警戒心が特別高...
>> 続きを読む
何か居るような…狐狗狸さんかな? いつも夜、誰も居ないのに食事はいつの間にかある。 何とも不思議な空間で暮らす少女・イズミ。・蟲師 続章 特別編 『棘の道(おどろのみち)』で出てきた薬袋家の儀式みたい。 でも居心地は良い様な...
>> 続きを読む
わらじのゲン。喧嘩っ早い子供…まあ何処にでも居るかな、と思ったら蟲の見える坊主だった。こりゃ何処にでも居ない。空を漂う雲みたいのを天女に例えています。因みに自分には空飛ぶクリオネに見えました。荒れている原因は母親が居ないことと、その原因が自分だ...
>> 続きを読む
昔っぽい話なのに不思議。今回出てくる虫は[舟少]かいろぎ。遠く離れた相手と通じ合える。ネットもビックリの擬似ニュータイプとも呼べる蟲です。まあ気心の知れた同士とか、ある程度素質がないとダメらしいんですが。電話も無い(多分)蟲師の世界では画期的な通信手段ですね...
>> 続きを読む
いつもの蟲師と違う。OPが無い。 のっけからギャグ展開。何か今回は違う予感がします。 山で老婆を拾ったギンコ。姥捨て山に捨てられたんじゃあるまいな。ホントに迷子、ちゃんと里に出られて一安心。安心したら夫婦でボケだだのボケてないだのと言い合いが始まった。ギンコ...
>> 続きを読む
こっちは8回も同じ話やらないけどね!雨に降られたギンコが一晩宿を借りた相手・カオル。豊かじゃないが、平凡で幸せそうな家族。特に蟲がらみのトラブルがある訳でなし…と思ってました。 娘も成長し嫁に行き、年老いた夫婦水入らず…と思ったら...
>> 続きを読む
こんな渋カッコイイ声も出せるんだ。ばいきんまん以外の役もテンション高めのキャラが多くて今回の様な声質を聞いたことがなかった。「銀河英雄伝説」のルイ・マシュンゴが近いですが…やはりここまで渋くはなかった。是非この声でおじさまキャラをどんどんやって...
>> 続きを読む
蟲師 続章の特別編です。一時間スペシャル=蟲語り×2回分。製作遅れで放送できなかった2話なんでしょうね。 そしてようやく狩房淡幽が登場。特番で出番がない事を散々ネタにされていましたね。蟲語りやらなきゃ出ていたという矛盾。 そしてお話自体...
>> 続きを読む
そう思ったら分割2クール、全24話と聞いて一安心。このアニメ、後半は内容よりも「放送されるか否か」という意味で心配してました。特番の蟲語を二回も放送する状況から、素人でも製作の遅れが見て取れた。それでも全12話で放送しきれない分は7月にずれ込むんだろうなと思...
>> 続きを読む
人力でした。雪で遭難しかけたギンコは山間の村人に救われる。そこで見たのは一面の棚田、一方で奥には冬山が。春惑い…でしたっけ、冬に春みたいな景色を見せる蟲。或いはギンコが桃源郷と言った通りここだけ常春の空間なのか。 そう思ったらこれ、昼夜働き続け...
>> 続きを読む
今週は蟲師が放送されるのか!?内容よりも放送するのか心配になってくる今日このごろです。最近二週間に一回のペースに感じます。  完全に躾けている。この時代は帆+人力が船足の主流みたいです。蒸気船はまだ発明されていなんでしょうか。風があれば帆を使いスイ...
>> 続きを読む
私はテル、雨を呼ぶ女。名前がテル(照る)なのに雨乞いというのは皮肉なのか。彼女が雨乞いをすると数日の内に雨が降る。当然村人からは感謝され、村の男からは求婚もされている。ひとつところに留まるつもりはない。日本中の日照りで困った人達を救いたいという義務感か。そう...
>> 続きを読む
要するに総集編だけど。いきなりスタッフ勢ぞろい。もしかして談話集かなとも思いました。要するに両方共取り混ぜた特別番組らしいですね。  一期も光酒、二期も光酒スタート。こちら原作とは順番を変えて、敢えてそうしたと。蟲師は独特の世界観があるけど、それを...
>> 続きを読む
儚く綺麗、そして怖さもある桜の木。死体が埋まっているとかよく言われますね。旅の途中で桜の銘木を見に来たギンコですが…ハズレ。老木故か花はなく、代わりにそこにたたずむ娘・佐保と出会う。この世のものとは思えぬ綺麗さ。そして何を言っても反応がない。ど...
>> 続きを読む
泉で髪を解いた時は水浴びでもするのかと思った。今回登場する真澄は蟲師では一風変わったヒロイン?です。所謂恋愛脳。男が来ると見るや仕事ほっぽり出して行ってしまう。落ち込んでいるときは決まって彼氏と上手く言っていない時だそうで。 でも今回は様子が違う。彼女の元気...
>> 続きを読む
光酒の逆。甘い匂いで動物を誘い、触れた動物を死に至らしめる手。 食虫植物ハンド、或いは毒手か。でもその肉は腐っちゃうから売れない。保存が目的の干し肉が腐敗するのですから相当ですね。これが光酒の逆とも言うべき蟲・腐酒の仕業。 普通は人間にも害があるのですが、ま...
>> 続きを読む
2  

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net