タグ「宇宙戦艦ヤマト2199」が付けられているもの

BGMまで一緒。今際の際の沖田館長が言う。地球か…何もかも懐かしい…。腕から力が抜け、写真が落ちたことで臨終だと分かるシーン。病身を押して、苦難の末に無事目的を果たした男は故郷を一目見て絶命。何度見ても泣けるシーンです。 旧作だと...
>> 続きを読む
あの人には私が必要なの!置き去りにされ、脱出途中で遭難していた所をヤマトに保護されたミーゼラ。しかし彼女はあくまでデスラーを盲信、雪の彼女を見る目が「駄目だこいつ…」という感じですね。 かくしてそれは現実のものとなった。 うっかりデス...
>> 続きを読む
コスモリバースシステムは渡せません。ここへ来ての引き渡し拒否。理由は波動砲です。波動エンジンを兵器転用した影響がここまで響くとは予想外ですね。スターシャは地球人が第二のガミラス化するのを懸念している模様。でもあの武器ナシでどうやってイスカンダル、それもガミラ...
>> 続きを読む
ぶーたれたユリーシャ可愛い。沖田艦長が何かユリーシャの言いなりに見えたのは気のせいか。やはり病が篤いせいで判断力が低下しているのかもしれない。  それ以上にどうしちゃったの、と言いたくなるのがデスラー総統。まあ自分だけ総統府から逃げたのは決戦場に向...
>> 続きを読む
知ってたら来たかしら?来なかったかしら?何故イスカンダルとガミラスが二連星だと黙ってたのか、という山本の問に対する答え。半ば確信犯っぽいユリーシャ。まあ他に手段が無いんだから来たでしょうが、議論になって出足は遅れそう。 以後行動を共にするようになった三人娘の...
>> 続きを読む
偵察に出ようとしたらおかしな事になった。雪を攫われて激しく動揺する古代。それをおもんばかっての偵察任務指令みたいですね。いざ偵察機に乗り込むと、傍らにはユリーシャが。ダメだよ勝手に乗っちゃ、降りて!なんて言ってる間に今度は伊東と藪が出てきた。これはどういう状...
>> 続きを読む
将に鬼のような攻撃。艦載機に拠るドッグファイトですが、こちら陽動。引き離された所で第二波が単艦丸裸となったヤマトに襲いかかると。空母主体のドメル艦隊だけに戦闘機は多いですしね。 更に復員した爺さん兵士、こいつ爆撃機乗りだったのか。超大型ドリルミサイルでヤマト...
>> 続きを読む
何故コスモリバースを持って来なかったか聞かないの?え!?自分で言っちゃうの。旧作ヤマト最大の疑問。波動エンジンよりコスモクリーナーの設計図くれよ。という話が出てしまった。 これまでも度々語られていたんですが、試練なんでしょうね。地球人が助けるに足る連中か否か...
>> 続きを読む
星名の不安。岬百合亜にユリーシャが乗り移ってることが明らかとなり、幹部として追加。気になる女の子が別人になっちゃった星名は複雑ですね。 このまま彼女はユリーシャのままなのか。岬百合亜は戻ってくるのかと心配なんでしょう。 一方で新たな恋の予感。バラン...
>> 続きを読む
新見の回想、真田の告白。古代守とユリーシャの真実が語られる回でしたね。学生時代の真田と新見、古代守は仲が良かった。 ただ最初は互いの上下関係がよく分からなかった。・真田と古代守はタメ口。・新見と古代守もタメ口。・新見は真田に対して敬語、また「先生」とも呼んで...
>> 続きを読む
イスカンダル行くのやめます。新見と伊東がなんと島を取り込み、反乱を決行。・地球型惑星・ヴィーメラ4への立ち寄り。・沖田館長の昏倒。・古代が調査で不在。これを好機と捉えて遂にやってしまった。しかも古代じゃなくて島が艦長代理に。彼らの目的はヤマト計画以前に立案さ...
>> 続きを読む
新見薫と伊東真也。以前伊東がセクハラめいたモーションを掛け、新見が軽くあしらっていた。なのに今回は仲良さそうに話している。ネタはなんと森雪。 伊東は彼女の記録が改ざんされていると主張。やはり彼女はユリーシャなのか?となると岬百合亜に取り付いているユリーシャら...
>> 続きを読む
エンディングでゴスロリ&傘をさしている娘なので傘子。シュルツの娘ヒルデの様な民間人かと思ったら、軍人でしたね。名前はミレーネル・リンケ、純粋なガミラス人ではないにも関わらず要職にあるミーゼラ・セレステラと同じ種族。そして今回彼女たちがヤマトの相手です。 彼女...
>> 続きを読む
或いはサー・カウラー。ネットでは艦長フラーケン役の声優:中田譲治が「超新星フラッシュマン」で演じていたサー・カウラーにも似ているとも言われています。因みに船はUボート風でクルーもドイツの潜水艦乗りっぽい。そんでもって副長がやたら好戦的。 しかし亜空間から魚雷...
>> 続きを読む
だってエロいんだもの。久々に古代との逢瀬を楽しむ森雪。その戦闘機跨ぐ仕草がやたら色っぽい。スーツの書き込みも今回特に気合入っているという感じです。こんなのが横にガサゴソやっていて平静で居られる古代はどこの賢者なんだ。 メルダの「戦争は地球から仕掛けた」という...
>> 続きを読む
メルダのお色気シーンまであった!検査という名目で見ることが出来た佐渡先生は役得でした。しかしガミラスの下着は布地が少ないですね。あとガミラス女性にも巨乳の女性が居るのか気になります。 艦内でトレーニングに励む雪というのも新鮮。現在の宇宙飛行士は運動必須になっ...
>> 続きを読む
メルダ・ディッツ少尉。ワープに失敗?して亜空間を彷徨う結果になったヤマト。やはりワープにはリスクが付き物でしたか。あたりには色んな宇宙船がただよいさながら船の墓場。古代が「宇宙のサルガッソー」と言ってますが懐かしいですね。かつて持て囃されたサルガッソー海とか...
>> 続きを読む
確かに女神というより魔女っぽいですけど。どうやらアナライザーは森雪がお気に入りの模様。捕獲したガミラスのアンドロイド(通称:ガミロイド)の解析はまだ続いていました。しかしこちら、ガミラスのコンピュータが無いとデータが抜けない。そこで古典的な方法「説得して喋っ...
>> 続きを読む
ガハハハハ、総統も相当冗談がお好きなようで。たった一度の失言で死のボッシュート。ガミラスに下品な男は不要だ。総統は冗談は好きだがオヤジギャグは嫌いな模様。要注意ですね。 余興と言ったからてっきりシュルツの処刑シーンでもやるのかとビクビクでした。そしたら新兵器...
>> 続きを読む
将に対照的な二人。キリッとした美人だけど胸は控えめな山本玲。可愛い系でスーツからも分かる巨乳っぷりが眩しい原田真琴。どっちも魅力的ですね。  何度も言いますが旧作での女性クルーは森雪だけ。恋の花も咲きようが無かった。お祭りとくれば普段秘めた思いをぶ...
>> 続きを読む
2  

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net