タグ「宇宙よりも遠い場所」が付けられているもの

内陸探検から戻ってきた!淡々と仕事をこなしていくキマリ達。最初は若くて可愛いマスコットだったと思います。宣伝のためやむを得ず連れてきた感じの。今や慣れたもの、立派な隊員に見えます。ただここの生活に慣れると社会復帰できなくなる、なんて釘も指されちゃう。&nbs...
>> 続きを読む
最大の関心事。それは貴子の遺体が見つかるか。見つかったら見つかったで何か違うアニメになっちゃいそう。南極チャレンジ最大の目的である内陸調査。それはイコール貴子遭難の地でもある。そもそも選ばれるのかと思ったら女子高生たち全員選ばれた。 かなり危険度高いと思った...
>> 続きを読む
日向の友達?前回のラストで出てきましたね。南極へ言った女子高生との中継。キマリの母と妹は分かるけれど、日向に対する高校の陸上部って何だと。日向は高校行っていないのに。社交的な性格で生活にも困っている感じじゃないのに進学しなかった日向。 何かあったん...
>> 続きを読む
はるばる~来たぜ南極!!船で岸につけるんじゃなくて、ヘリで行くんですね。 南極行きもも凄いですが、高校生でヘリに乗れるのが羨ましい。ペンギン饅頭号とはここでお別れです。12月は南極にとって夏、下手すりゃ北海道より温かいかもです。そしてやって来ました昭和基地。...
>> 続きを読む
むしろ吟の子供じゃないかってくらいそっくりさん。貴子の意図もあったみたいですが。  好きなんです!報瀬に告白してきたのはかなえに「手ぇ出すなよー」って言われた男。そして狭い世界で色恋沙汰はご法度と自分でも言っていた男・財前。自分のポリシーも法も破っ...
>> 続きを読む
左下:「給食のおばさん」鮫島弓子。 温かい地面を満喫するのも最後。ここからは船上の人、向かうは極寒の地。しかし4人のやる気は十二分、覚えなきゃならないことも沢山あるけれどどんどこい、と意気込んでいた事でしょう。ところが意外な敵が待ち受けていました。 ダメインタ...
>> 続きを読む
吟さんもメディアは苦手か。親子でもないのに報瀬と被って見える不思議。そう思ったら笑わせているのかなえと…小淵沢貴子!?つまりこれは過去のシーン。しかしよく伸びるほっぺだ。今はかなえしか居ないのが物悲しい。 その報瀬、相変わらずカメラの前に立つと...
>> 続きを読む
日本脱出。そしてフリーマントルへ行くのかと思ったらシンガポールに降り立った。どうやら中継がはいるみたいですね。しかし結月も含めて女子高生4人旅というのにビックリ。現地集合とはいえ大人と一緒に行くと思ってました。加えて結月はタレントなので母であるマネージャーが...
>> 続きを読む
一気に飛んだ。キャンプ体験からいよいよ出発直前へと話が飛びました。 学校でも大々的に発表されます。たどたどしいキマリと勝ち誇ったような報瀬。 七神屋ペンギン饅頭号。2代目「しらせ」から何でそんな名前になった。多分ネーミングライツとかで名称を売った、...
>> 続きを読む
報瀬:「南極」ってバカにしていた奴らにざまーみろ!って言いたい。日向:高校行って大学受験失敗した奴らにざまーみろ!って言いたい。かなえ:南極行きを無理だ無謀だと言った連中にうっせバーカ!マイナスエネルギー持ちが南極向きなのか、気温マイナスだし。 南極行きが正...
>> 続きを読む
スポンサーの娘、所謂お嬢さんかと思ったら違ったんですね。口癖は「軽く死ねますね」。確かに南極行ったら軽く死ねるけれど。そして今回も報瀬の暴走&ポンコツっぷりが炸裂していました。  今スグ事務所に電話して!件の民間調査隊にタレントで女優の女子高生・白...
>> 続きを読む
正直第1話は微妙でした。しかし第2話で3人目の南極ガール・三宅日向が登場。ここからキマリ達が実に活き活きしてきましたね。  フリーマントルはオーストラリアの西の都市。ここから南極に向かうんだそうです。 でもそこからが大変なんじゃないの。南...
>> 続きを読む
北海道より寒いところなんて自分には論外。そんな訳で私には一生縁がないであろう南極。その「世界一寒い場所」を目指す女子高生たちのお話です。 高校生になったらあれもしたい、これもしたい。いろんな夢を持っていたキマリこと玉木マリ。しかし気がつけば高校2年生になって...
>> 続きを読む
1

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net