タグ「十二大戦」が付けられているもの

牛ちょっと思い出している。虎に戦場で出会った少女の面影を見ているそうで。 しかし戦士と少女を比べるのは失礼と振り払った。まあ多少は救いがあった。  そして牛は兎について考える。死んでまで優勝を目指すのは何故なのか。そもそもあの状態で優勝っ...
>> 続きを読む
無意味な回想でもなけりゃ相手を舐め腐って瞬殺でもありませんでしたね。 サブタイトルがもうアカン。虎死ぬの確定じゃないかと。そしてまた回想始まった。いよいよ牛との因縁が分かるのかと期待が高まります。酔っ払ってさまよい歩く虎。目の前にはスナイパーと兵士の待ち伏せ...
>> 続きを読む
辰巳弟VS牛虎。これを文字通り高みの見物している竜。猿ゾンビが加わりそう、そう思ったら何か投げた。その後兎がやってきて、身構える猿。操られているのに対決?そう思ったら猿を土台に兎が大ジャンプ! 猿が辰巳兄に投げたのは辰巳弟の首だった。次に兎がやって来て辰巳兄...
>> 続きを読む
熱いので上着を脱いで完全にラムちゃん。なお本人は牛に激おこの模様。 弾劾裁判?こんなのあるんですね。極悪非道な振る舞いで干支十二家の国際的信用を落としたのが原因らしいです。みんな極悪非道じゃん。要するに組織の意図に反して派手にやり過ぎたという事みたいです。一...
>> 続きを読む
大丈夫かと思っていたら。あれで馬終了だったんですね。戦意喪失して引きこもって酸欠。嘗てバトル物でこれ以上締まらない負け方があったでしょうか。  逆に死んだと思った猿まだ生きていた。まあ直後に死んで、死んだまま動き出すんですが。格闘最強レベルの猿が手...
>> 続きを読む
戦意喪失して引きこもりてwww教育的指導食らいそうなヘタレっぷり。 もしかしてイヤイヤ参加させられた口なんだろうか。招待状拒否出来ないみたいですし、代わってくれる人も居なかったか。  あタイガー遊んであげる。虎に気配を察知された羊。露出多...
>> 続きを読む
いやちょっと違うか。世界各国の代表が12人じゃ少なすぎる。 実際の勝ち負けは誰に掛けるかという賭博で決めるみたいですね。じゃあ今の世界では戦争が無いんだろうか。そんな訳ありませんね。何度も行われてきた一方で出場戦士が活躍する場=紛争があったんですか...
>> 続きを読む
ひっかく=虎かと思った。或いは手を組んだ鼠に裏切られるのか。 意外な終わり方でしたね。  物質を砂に変えて粉砕。床を割ったのはこの技か、砂粒(さりゅう)の名前の通りですね。猿を師匠に中国っぽい所で修行していた猿。殺戮の無益さをこの世から無...
>> 続きを読む
語り部は死ぬ。というかサブタイトルで分かっちゃうのが何とも。天然ドジっ子に見えた鳥、でも前回予告の悪そうな顔。腹黒だったのか? …腹黒でしたね。犬の能力を知った上でドーピングして貰えるように誘導。「鵜の目鷹の目」で調べたから、なるほど。&nbs...
>> 続きを読む
あと自分語りを終えた奴も負ける。前回あっけなく敗北したイノシシですが、いっぱい出番ありましたね。但しゾンビとしてなので台詞が「ウー」しかありません。まあ首が無くて台詞も無い巳よりはマシかな。床下崩壊でみんな散り散りになってしまいました。殆ど外に出て行ったみた...
>> 続きを読む
リアルなえとたま?十二支Fate?原作は「物語シリーズ」の西尾維新だそうです。バトルロイヤルやって生き残ったら何でも願いが叶うという話みたいです。 最初に登場したイノシシこと伊能淑子視点で話が始まりました。妖艶な美女、でも両手にはマシンガン。 旧ソ...
>> 続きを読む
1

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net