タグ「偽物語」が付けられているもの

説得開始。貝木の嘘は最初から見ぬかれていた…というより撫子ハナから全然信じていなかった。という事で海ヘビならぬヘビの海に飲み込まれそうになる貝木。正直こんな死に方はしたくありませんね。いきなり失敗したかと思ったのですが、ここからが貝木の真骨頂。...
>> 続きを読む
気弱とか、大人しいとか、人見知りとか…という印象は受けない。羽川からもたらされた千石撫子の印象はこれまでの撫子感を覆すもの。でも阿良々木が好きというのもポーズって話は前々からありましたね。羽川曰く千石撫子は誰も好きじゃない。何というか感情が空っ...
>> 続きを読む
中の人繋がりで「ヌーディストビーチ」が頭をよぎる。同期に放送している「キルラキル」で三木眞一郎が演じる美木杉愛九郎がちらついてきます。 戦場ヶ原は貝木泥舟を試したのかな。滞在しているホテルに差し込まれた一通の封筒。名前もなにもなく便箋には「手を引け」と一言だ...
>> 続きを読む
80年代風OP。これ見ると貝木と戦場ヶ原のラブコメみたい。 何か「きまぐれオレンジ☆ロード」思い出しました。  貝木曰く「千石撫子を騙すのはた易い」という言葉にビックリの戦場ヶ原。撫子は所謂おばかさん。勉強が出来ないという意味じゃなくて、...
>> 続きを読む
それ変装?いつもの吸血鬼より吸血鬼らしい出で立ちからサラリーマン風になった貝木。阿良々木の住む街へ舞い戻りまずは情報収集。というのも戦場ヶ原から肝心の千石撫子の情報を殆んど取れなかったから。電話で一度話しただけ、会ったことがない。そういやそうでしたね。 あと...
>> 続きを読む
語り部・貝木泥舟。のっけから恋とは無縁そうな男が出てきた。そんでもって掛かって来た電話の相手が戦場ヶ原。詐欺師の加害者と被害者が電話で話すって凄いシュール。家庭を崩壊させた男に連絡入れる戦場ヶ原も相当なタマですね。 千石撫子対策で藁に縋ったのか。戦場ヶ原がより...
>> 続きを読む
原因は八九寺。あの怪異ともつかぬくらやみが出現した原因は八九寺真宵。400年前に遭遇している事もあり、てっきり忍狙いかと思ったら違った。あれは道を踏み外した怪異を排除するシステム。…やりたい放題に見える怪異にも脅威になる存在が居たんだ。そしてゼ...
>> 続きを読む
しかし修羅場でもある。このアニメにに登場するヒロインは基本阿良々木の事をボロクソ言ってます。でも複数揃うとヒロイン同士でいがみ合いを始め、どっちが好きなの?と張り合う傾向がある気がする。正直そんな質問されても困るだろう。何を言っても角が立つんだから。 忍と八...
>> 続きを読む
嫉妬はするなよ!と言った上で昔語りを始めた忍。彼女が作った一人目の眷属。その相手とはどんな過去が、或いはロマンスがあったのか。色っぽい話なんもねー!!後述しますがあんな状態じゃね。 神様になった吸血鬼。レバー上大ジャンプ、そういえば前に披露してましたね。そう...
>> 続きを読む
ちゅーされた!しかも相手は斧乃木余接という意外すぎる相手。正体不明の怪異?ともつかぬ相手から阿良々木と八九寺を助けてくれたこの式神。式神といえば術者といつも一緒というイメージが有りますが、彼女はフリーダムですね。助けてくれたお礼をと申し出る阿良々木に対しぶち...
>> 続きを読む
どっちも一期ほとんど出番なかったキャラでしたね。特に忍は出てきても喋らない。完全な置物かと思ったのでその後喋りまくったのにビックリした。因みに一期とそれ以降では忍の声優が変わってる。なんて覚えている人居るんだろうか。 そんな訳で三度目の総集編です。熱心なファ...
>> 続きを読む
遂に対面…って電話越しだけど。私の男、まだ生きてる?のっけから挑戦的な言葉を投げつけてくれます。忍といい、阿良々木の周りには煽るのが好きな女性が多いですね。お陰で阿良々木の説得が全く効果ありません。まあ撫子にしてみりゃ聞く気も無かったかもしれま...
>> 続きを読む
リミッター解除のブチギレ状態へ。厄介事を押し付けた教師を罵倒。更にクラスに乗り込んで熱血教師ばりに檄を飛ばしまくる。お前らは最低だ、クズだ!俺はお前らなんか大嫌いだ!でもクラスメートじゃねえか!!何かハートマン軍曹が入っている気がしないでもない。 これまでい...
>> 続きを読む
てっきり怪異に言いくるめられて探しものなり何なりしているのかと思った。ピンポイント過ぎる。現在の状況を正確に言い当てられて元々挙動不審な撫子が更におかしいことになってる。でも阿良々木気づかない…ってこれもフリじゃないのかな。 保護した撫子を泊め...
>> 続きを読む
なでゴーゴン。ただの一発ギャグです。 撫子が白髪紅眼の綾波系美少女になってる。14歳だし無口キャラなんで合ってるっちゃー合ってる…と思いきや髪が白蛇になってた。そんでもって阿良々木と戦っている。というか阿良々木が一方的にボロボロにされているイメ...
>> 続きを読む
というより戦場ヶ原総集編っぽい。ナレーションの阿良々木自身が語った通り、時間ないので戦場ヶ原メインで行った感じ。実際化物語は「戦場ヶ原編」という印象が強かったのである意味正しい。時間が経って今の戦場ヶ原に慣れていると何だか新鮮ですね。クラスメート→...
>> 続きを読む
アンジェリーナ・ジョリーばりにセクシーになって登場。成長するとこんなにバインバインだったのね。つくづく元の世界で若い命を散らしたのが惜しまれる。また八九寺を助けた世界で生き残っていたというのが嬉しいですね。事故から助けたのに、その後死んだんじゃ目も当てられま...
>> 続きを読む
冗談ですが。何しろ忍は吸血鬼ですから、産めよ増やせよする必要はありません。世界が滅亡するにしても色々ありますね。・核戦争などで文明が破壊された場合。・病気などで人類が死滅した場合。人っ子一人見当たらない世界に茫然とする暦。何となくウィル・スミス主演「アイ・ア...
>> 続きを読む
本当に帰れるんだろうな。対する忍の答えは歯切れが悪い。なのに阿良々木あまり気にしていない。それどころかこの間違ってきてしまった11年前を堪能しようとする。全く剛気というか、脳天気というか…。  一日二日遊んで帰るか→お前様が...
>> 続きを読む
吸血鬼はタイムトラベルが可能だった!凄いでしょ、褒めて褒めて。と言わんばかりの顔が可愛い。宿題が終わってないので過去に戻ってやり直したい。ノブえも~ん、タイムマシン出してよ~。阿良々木の冗談めかした話に「出来る」と豪語する忍。 かくして二人はちょっとした時間...
>> 続きを読む
2  

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net