タグ「中二病でも恋がしたい!」が付けられているもの

遂に不可視境界線が出現!!…という妄想のはず。勇太のイメージがあまりにも真に迫っているので本当か嘘か正直分かりません。そもそも妄想でバトルはともかく情景を共有するって難しそう。それだけに「実は勇太は本当に能力者なんじゃないの」と思えてしまう。 ...
>> 続きを読む
眼帯を外した六花。モリサマーの話し方教室で学んで言葉遣いも直しつつある。自分からクラスメートに話しかけ、友達にもなった。これで安心と十花も旅立った。全てが丸く収まりつつある感じです。 しかし収まりがつかないのが凸守。マスターと慕う六花が突然中二病を卒業してし...
>> 続きを読む
くっつくまでは順調。ついに恋人となった勇太と六花。告白がぎこちないのは互いに慣れてないから仕方ない。しかし勇太、告白を中二っぽくする必要は無いだろう。六花の態度は至って普通なのに。 その上先に六花から告白されてカッコ悪さ倍増です。でも六花は勇太の告白を喜んで...
>> 続きを読む
彼女は「とらドラ!」の川嶋亜美だったのか。世話焼き体質なのは凸守の面倒を見ていたことからも分かります。今回はそれが遺憾なく発揮されていましたね。小鳥遊さん、あなたは冨樫くんに恋してるのよ。そして指南役を買って出ると。 勇太と六花だけじゃなく、くみんと一色も組...
>> 続きを読む
警告:今回は不満の多い感想です、熱心なファンの方は閲覧しない事をオススメします。 中二病との恋はキツい。今回見て思ったのは、中二病じゃないと中二病の相手するのは大変だって事です。父の死、そして母の失踪。そんな真面目な話をしている中で六花は、不可視境界線が&he...
>> 続きを読む
凸守がゲロ守になってしまった。予告で水着とかありましたんで、皆でお出かけする話なのは分かってました。でもどんな名目だろう、ひょっとして「極東魔術昼寝結社の夏」の合宿か。そうなると軽音部の一色が参加しているのが変ですが。と思ったら小鳥遊姉のご招待。 あれだけ変...
>> 続きを読む
六花は古いドイツの銃が好きなのか!?第5話で苦手な数学の勉強から逃避するために引き出しから取り出したのはワルサーPPK/Sのステンレスモデル。 元々魔術と銃って真逆の存在に思えますが、最近多いですね。・弾丸に魔法をかける。・魔術師に対抗するため、現...
>> 続きを読む
六花が持っているトイガン「モーゼル・ミリタリー」。今回は例によってガンマニア御用達のお話です。  ポール・モーゼル?日本ではモーゼルの開発者としてこの名前が定着しています。これが変。英語読み:ポール・マウザー。独語読み:パウル・モーゼル。姓が独語、...
>> 続きを読む
中二病でも恋がしたい! (7) [Blu-ray] あれ、1クール=全6巻じゃないの?本編と並行して「中二病でも恋がしたい! Lite」という5分ほどの短編Webアニメが公式サイト及びYouTubeで配信されています。期間限定配信のため、一定時期が過ぎると見...
>> 続きを読む
本性を一色に見られたよ。男子じゃ「勇太以外は知らない=二人だけの秘密」なのかと思ってた。今回アッサリと一色にもバレてしまいましたね。当然口止め。でもこの様子だといつかクラスにもバレてしまいそう。凸守が襲撃する都度、モリサマーのメッキが剥がれていく気がする。し...
>> 続きを読む
中二病が絶対に認めないこと。それは「バカ」であること。自称隠された力を持ったスーパーエリートである彼らはバカ扱いされるのを極端に嫌います。妙な「設定」を作ったり小難しい言い回しをして気取った所で、でもあいつバカなんだよな。これで台無しになっちゃうから。 だか...
>> 続きを読む
やはり森夏はモリサマーだった!富樫くんの同好会に入れて!今度の日曜日、遊びに行って良いかな?非公式人気投票第一位、文字通りクラス一の美少女にこんな事言われたら舞い上がるに決まってる。 でも勇太は慎重だった。中二病だった頃に恋愛でも痛々しい勘違いした過去があっ...
>> 続きを読む
アメリカン・グラフィティ!!憧れの女性・丹生谷森夏のチアガール姿(仮入部)。一方で六花は「極東魔術結社」なる珍妙な自作部を旗揚げしようとする。この変な部活を作っちゃおう!という流れは「涼宮ハルヒの憂鬱」あたりから続くライトノベルの潮流ですね。アメリカのスクー...
>> 続きを読む
知人が一人も居ないのに。委員長になれる勇太スゲェ。普通こういうのって過去にやったことがあり、それを知ってる人の推薦で決まるんですがね。だから丹生谷がやるのは納得。しかししょっぱなから大チャンス到来です。理科室で実験の準備なぞしてますが、裕太の頭は彼女のことで...
>> 続きを読む
京アニで中二病…。最初これ聞いた時、見る気が全く起きなかった。最近の京アニこと京都アニメーションの作品は「日常」「氷菓」と個人的にはハズし気味。更に中二病といういかにも「流行りものに飛びつきました」という感じ。嫌な予感しかしなかったですね。それ...
>> 続きを読む
1

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net