タグ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が付けられているもの

元々八つ当たりみたいなもの。以前は殺人マシンだったから、今は弟を失った怒りの捌け口にされていただけですからね。 ラストバトルはサクッと終了。ヴァイオレットの手加減に対し最後まで戦いを止めなかったテロリストたち。狂ったように笑う准将が某鬼作さんにそっくり。最後...
>> 続きを読む
これは…暴走特急。和平交渉に特別列車で向かう特使が居ると。ここに反対派が襲撃をかけてくる。彼らにとって計算外だったのは非番のコック…もといドールが乗っていたから。スティーブン・セガール主演「暴走特急」を髣髴とさせる出だしです。特使...
>> 続きを読む
泣かせる展開でお色気混ぜるのはちょっと。  今度の出張先は戦場!ある意味ヴァイオレットにうってつけ。実はホッジンズは断ろうとしたのですが、ヴァイオレット勝手に行っちゃった。問題はかつての敵に遭遇したりしないかってことです。恨まれて襲撃されそう。 戦争...
>> 続きを読む
立ち直ったのか?少佐の件が出てこないけれど完全復帰でしょうか、ヴァイオレット。今回の依頼はとある母子家庭の母から。それなりに裕福な様で生活には困っていない模様。但し母は病気がち、先は長く無さそう。親戚なのか知人なのか分かりませんが、家がどうのという話をしてま...
>> 続きを読む
冒頭の戦闘シーン。少佐とヴァイオレットに何があったのかが分かる所です。ここで頭を抱えました、戦闘シーン酷過ぎて。 まず少佐が撃たれた時スグ反撃しろと。少佐が2発目食らってようやく反撃するも外した。次当てたけれどもう一人の兵士に逃げられた。少佐を担い...
>> 続きを読む
最初ロボットかと思っていたヴァイオレット。実は両腕義手の人間と知ってちょっと拍子抜け。感情希薄だけれど人の子なんじゃないか。そう思っていたら少佐と出会った頃のヴァイオレットは野獣そのもの。言葉を喋らず、攻撃的で警戒心バリバリ。この話もっと早くやっても良かった...
>> 続きを読む
サブタイトルはミスではありません、こういう題みたいです。分かりきった話を何故引っ張るのか、その疑問がようやく解けましたね。 ヴァイオレットの指名も増えた。公開恋文の効果絶大ですね。後輩がドンドン売れているけれど、エリカやアイリス大丈夫か。今回は劇作家オスカー...
>> 続きを読む
リオン君チョロ過ぎる。しかし残念!ヴァイオレットはある意味売約済みだ。あと全然見えないけれど14歳だから手出し無用。そんな訳でのっけから失恋が確定しました。…そもそも前回ラストでの大佐の件はどうなったのか。華麗にスルーして次の話になりましたね。...
>> 続きを読む
孤児なので正確な歳は不明だがそのくらい。てっきり18歳位だと思ってました。日本じゃ中学2年生だったのか。じゃあ戦争していた頃は殆ど小学生。つまり「幼女戦記」だったと。 時は流れた。この数ヶ月、ヴァイオレットは沢山の依頼をこなしてきたんだとか。 今回...
>> 続きを読む
一番反りが合わなそうなこの2人。それだけに興味津々でした。  アイリスに初指名。出張案件で場所は彼女の故郷であるカザリ。ライデンでもまだ無名な彼女に遠い故郷からの指名。間違いなく身内か親の口利きだと思いました。 浮かれたアイリスは階段から...
>> 続きを読む
お前の球質は軽い!嘗て「巨人の星」で伴宙太が飛雄馬に言い放った衝撃の事実。これと同様ヴァイオレットの欠点がハッキリ露呈&成長した回でした。ホッジンズの勧めで自動手記人形養成学校にやって来たヴァイオレット。厳しいとアイリスが言った通り、教官は某ロッテンマイヤー...
>> 続きを読む
元は戦災孤児?ギルベルト少佐が兄から渡されたのがヴァイオレット。北東戦役で拾った、つまり戦災孤児の様です。しかし娘を「武器として使え」って無理無いか。 自動書記人形見習い。リーダーっぽいカトレアはともかく、アイリスは強気に反発、エリカは弱気に反発している模様...
>> 続きを読む
それが問題だ。無感情な性格。見た目少女なのに戦争に行っていた。自動書記人形という職業の字面。一見ロボットなのかと思ってしまいます。でも腕は不自由な義手。という事は人間なんでしょうね。 絵は綺麗、いや超綺麗です。京都アニメーション(京アニ)制作、原作はKAエス...
>> 続きを読む
1

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net