タグ「ログ・ホライズン」が付けられているもの

デミクァス魂の叫び。シロエ、早くしろーーーっ!!!何故なら嫁のウパシも眠ったから。ホント最初と印象変わりましたね、この人。ライバルがツンデレ気味の味方に…ってのはままあるけど、極悪非道な小物。だったのがそうなる例は少ない。  本気モー...
>> 続きを読む
直継&マリエール共闘。地味に珍しい、当然良い雰囲気…かと思ったらてとら乱入して大変なことに。一方でマリエールが落下した時の直継。こんなマジな顔初めて見た。 レイドということでニューヒロイン続々登場。というか前から出ていた連中にスポットが当たった...
>> 続きを読む
レイネシアとデュオ活動を目論むてとら。自分が引き立て役になるとは思っていない模様。あとてとら、アカツキのゆるキャラみたいなまんじゅう顔が印象的。  お金がない!月に向けた通信設備を作るのに、アキバの予算三年分が必要。しかもこれで作っても運用出来るか...
>> 続きを読む
おしい、もうちょっと!ナズナ見えそうで見えません。  シロエ争奪戦が激化?成長したミノリと自信を持ったというか最近持ち過ぎなアカツキだけでも大変なのにてとら参入。お前の定位置は直継じゃなかったのか。もしかして嫁=マリエールのガードが固くてターゲット...
>> 続きを読む
ちゃんと聞いている人なんて…居た。戦闘中に歌を歌っても聞いている余裕無いだろう。そう思っていたら近くに居た子供が聞いてくれていた様で。歌いながら復興作業に従事する大地人。五十鈴の努力は無駄じゃなかった。あの歌はHOPE(希望)だ。将に希望の歌に...
>> 続きを読む
踊れアンデッド!レベル68と一見大したこと無い様に見えますが、大地人なのでこのレベルは脅威。何せ大地人は一度死んだら生き返らない、それでここまで強くなったわけですから。そして実に好戦的かつ悪辣。死なない冒険者をアンデッド呼ばわり。どうせ死なないからってロンダ...
>> 続きを読む
覚醒した五十鈴がオリジナル曲を奏でて戦いを終わらせる。所謂マクロス展開を想像していたら、想像以上にブラックな方向へ。ワイバーンが大挙しても住民は冷静。不気味だけど頼りにされてるオデュッセイア騎士団。ヒャッハー!!まるでモヒカン軍団かヤク中の如く敵に向かってい...
>> 続きを読む
パパはミュージシャン。五十鈴の親は音楽家かな?そう思っていたらロックミュージシャンでしたね。 メジャーデビュー→スタジオミュージシャンへ。まあ典型的な一発屋だった様で。売れるのも難しいが、売れ続けるのはもっと難しい。実例を目の当たりにしていれば、五...
>> 続きを読む
流石NHKというべきか。ガードが固いです。鎖骨から下は決して見せません。まあミノリ、セララ、五十鈴はそんなにお色気無さそう。でも今回はロエ2が居る!…背中しか見せないなんてあんまりです。横乳ぐらいサービスして欲しかった。  吸血鬼って...
>> 続きを読む
馬が逃げた、飯がマズイ!トウヤ達若手チームの遠征はトラブル続出。どんどん進め!と勢いづくも馬が逃亡。文字通り馬車馬の様にこき使うから…。実は6時間経過すると居なくなるという設定。 またセララが自身を持って出した料理は微妙。にゃん太さんと一緒なら...
>> 続きを読む
五十鈴は音楽家の娘。見た目普通の女の子っぽいけど実はお嬢様なんだろうか。リュートの腕を買われて酒場でライブ。昔からやってただけ、才能は無い。何かシンジくんみたいな事言ってますね。 その五十鈴と一緒に演奏したトウヤは全くの素人。こっちの方が地味に凄いのかもしれ...
>> 続きを読む
音頭取りと無茶ぶり…ある意味トップに向いてる。今回はシロエではなくカナミメインの話。これまで噂に登っていた「放蕩者の茶会」リーダーです。茶会の元メンバーというのがログ・ホライズンでは重要なポジションに居ますね。その一人KRが中国サーバーへ渡った...
>> 続きを読む
エルダー・テイル公式行事だったの。冒険者独自の風習扱いされるかと思ったら公認行事だったバレンタインデー。アカツキとミノリ当然知っていると思ったら、直継に言われるまで気付きませんでしたね。気づかないほうが良かったのかも。途端に二人が黒いオーラ背負って戦闘モード...
>> 続きを読む
金借りたのとは違う菫星(きんじょう)。同じ供贄一族、同じ菫星という名前、そして同じ顔。でも前の菫星とは別人みたいですね。ラスボス相手にシロエ一人…終わった。と思ったら戦いは無い様で。シロエが交渉を開始…契約書燃やした!?燃やしたの...
>> 続きを読む
小物キャラだと思っていたのに。第一期の無法者にしてやられ役。普通ならシロエ達にやっつけられて退場の役回り。その後シルバーソードにも負けちゃってギルドは解散。本人だけがシルバーソードにぶら下がり、生き恥を晒している状態。そんな彼が魅せてくれました。 因みに攫っ...
>> 続きを読む
俺達はゲームに見捨てられた。全力を尽くしたにも関わらず完膚なきまでに敗北。レイドメンバーにすっかり厭戦気分が漂っています。ここで何か言わないとギルドマスターの沽券に関わる。或いはギルド解散の危機。そしてウイリアムの口から出たのはリアルでいかに自分が情けないか...
>> 続きを読む
ダメージ上げろ!!レイドボス・七なる庭園のルセアート戦。こちら手を変え品を変えの攻撃を繰り出してくる。でもこれは想定の範囲内。戦闘中にも分析を欠かさず、攻撃のタイミングはカウントを取って対応。序盤は何とか戦えていた。  別に油断も隙も見せていなかっ...
>> 続きを読む
口伝「影遁(シャドウ・ラーク)」。追跡者の移動スキル「影潜み(ハイド・シャドウ)」を戦闘中に発動。傍目には忍者の分身の術に見えますね。あれほど口伝を渇望しながら、実際に会得した時に考えていたのは、速く、もっと速く!殺人鬼と戦うために必死だった時。 そして新し...
>> 続きを読む
前回から引っかかってた。聞きなれない言葉なんで調べました。元々はトレーディングカードゲーム(TCG)から来た言葉の様です。ゲームのルールやプレイには関係しない、カードの雰囲気や世界観をあらわす文章。要するに「いわく」みたいです。直訳すると「味付け文」ですがそ...
>> 続きを読む
最近出番の多いリーゼですが、最初見た時は面食らった。「境界線上のホライゾン」 から出張してきたキャラなのかと。何せホライズンとホライゾンですし。 死~後~の~世界~。これまでも何度か描写されていた、夜の海に立ち上る光という幻想的な風景。そこに至る過程で元の世...
>> 続きを読む
2  

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net