タグ「バカとテストと召喚獣にっ!」が付けられているもの

久々にヒロインっぽい瑞希。明久と美波コンビでまず挑戦。お化けの恐怖にギブアップした美波を知り目に今度は瑞希とペアを組む。やはり美波は前座、本命は瑞希という扱いですね。 彼女は自身が足手まとい守られてばかりいるというのを気にしている。仲間というより保護対象とし...
>> 続きを読む
また試験召喚システムのエラーの様で。召喚獣が等身大のモンスター化してしまった。つくづく不具合の多いシステムですが、戦闘中に誤作動が少ないのが何とも不思議。そしてお化け屋敷イベントを開催する学園長。失敗を覆い隠す手段は心得ています。  明久の召喚獣は...
>> 続きを読む
タイトルから予想付きましたが。雄二と翔子の過去話です。坂本雄二はかつて神童と呼ばれていた。プライドも人一倍で周囲の人間を全て見下し、自分が特別な人間だと疑っていなかった。まあそこらへんがガキ故という所です。 当然周囲から反発を買い、友達は居ない。しかし雄二に...
>> 続きを読む
おかしい子がまともなこと言ってる!!という衝撃が走った回でした。 吉井明久は島田美波を全く女性として扱っていない。姫路瑞希を姫のごとく持ち上げる一方で、秀吉よりも女性として見ていない。挙句ハッキリ「好き」と意思表示したにもかかわらず、瑞希の方を気にする有様。...
>> 続きを読む
秀吉の破壊力が凄すぎる。明久と美波が偽装恋人を演じるために見本を示す秀吉。さすが演劇部、演技力がハンパじゃありません。俺もうホモでいいやと思ってしまいそう。ウソの告白に明久が涙するのも分かります。多分「ホントだったら良かったのに・・・」と思ってるんでしょうね...
>> 続きを読む
明久は昔からバカだけど格好良かったのが分かる話。丁度明久達が入学直後の話です。 今回話の中心となるのはずっとドイツ暮らしだった島田美波。彼女は妹を一人にさせまいと気の進まないまま日本に帰国、文月学園に入学したんです。 日本語を読むことも話すことも出...
>> 続きを読む
久保格好良いよ久保。何というか、出てくるタイミングが素晴らしすぎる。全クラス男子に招集をかけたけど、上位クラスが来るかは微妙。それでも防御線を突破した先に鎮座していたのは瑞希と翔子。学年主席と去年学年次席の最強コンビ。しかもダークオーラ纏ってる。 あの根本の...
>> 続きを読む
同性愛好きって訳じゃないんですが。段々秀吉と、あと工藤愛子がヒロインに見えてきました。瑞希と美波が悲しいまでにギャグ要員。翔子は正式な雄二の恋人なので除外します。  録音機材の加工された音声にまで反応するのって酷くないですか。条件反射的に明久を虐待...
>> 続きを読む
やっぱ秀吉可愛いよね。暴力三昧の美波。殺人料理に加え、アキちゃん全世界発信という野望を持つ瑞希。ヒロインじゃなくてヒドイン。そりゃー明久が秀吉を「俺の嫁」と考えるのも最もです。 当初困惑していた秀吉も。今ではまんざらじゃない反応。激しくホモ描写なのに何故か安...
>> 続きを読む
秀吉の一言が拙かった。食事を賭けてダウト勝負にいそしむ明久たち。普段の食事が塩水砂糖水の明久にとっては結構切実。強くもないのに賭博してしまう明久は・・・やはりバカなんでしょうか。ここに賭け事はいけません!な真面目少女、瑞希が帰って来た。 誤魔化すために「負け...
>> 続きを読む
とりかへばや物語。秀吉の様子がおかしい。いつもより色気が無い。それもその筈?秀吉は秀吉じゃなくて姉の優子だったから。 品行方正・成績優秀な生徒として学校の紹介ビデオに出演することになった木下優子。優秀だけなら他に一杯居るけれど、プラス社交的な性格という事で選...
>> 続きを読む
審査員・小畑役:大塚周夫(82歳)。アニメ「美味しんぼ」で海原雄山を演じたことで有名ですね。ほかにもアニメ創世記から様々なキャラを演じた大御所です。 今回はこのおっさんのインパクトが全てだった。明久たち女装男子に食いつく食いつく。しかし好みが、ムッツリーニ<...
>> 続きを読む
絶妙な会話の妙が面白い「バカとテストと召還獣」の第二期が遂に始まりました。本編もさることながら、吉井明久役の下野紘と姫路瑞希役の原田ひとみによるラジオ「バカとテストと召喚獣 文月学園放送部」が滅茶苦茶面白かった。現在も継続放送中です。 特に原田ひとみは「女の子...
>> 続きを読む
1

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net