タグ「ハイスコアガール」が付けられているもの

スパIIXの待ちガイルは正攻法!1戦目を落としたハルオは待って待って待ちまくる。ジャンプが来ればサマーソルトorリフトアッパーで迎撃。まるで巨人を迎える壁のようなイメージ。対する晶はニッコリ笑っている。まさか崩せるのか。そう思ったらハルオそのまま勝ちましたね...
>> 続きを読む
ハルオを見つめる晶。寝ろと言っても聞く気配がない。ハルオだけ寝ようとすると手刀とか出して寝させない。まあ晶は何か言って欲しいんでしょうね。ぶっちゃけ告白待ちにしか見えない。もうハルオ告白してしまえ!晶の口が開いて遂にちゃんとした台詞が出るのかと期待。噛んだ。...
>> 続きを読む
むふーとか笑い声とか。電車の中で見える動物の数を当てっこするハルオと晶。負けたハルオを晶がくすぐり倒す、なんとも微笑ましい。しかしその笑顔の下には悲壮な決意があるわけで。 遡ること1996年4月、萌美先生からの家庭教師終了宣言。前回姉の真が号泣していた件、晶...
>> 続きを読む
ハルオ対戦ゲーム不調。どうも格ゲーの腕が落ちた様で、原付きにうつつ抜かしたからか。違いました、原因はやっぱり原付き見せにに行った時の晶のアンニュイな表情。いや流石に聞けよ、何かあったのかって。大野って無口過ぎるキャラなんですが、授業の音読とか歌のテストとかど...
>> 続きを読む
大野さんとの大勝負。慎重にゲーム選びをする小春。するとそこに豪鬼の声が。恋の灼熱波動拳で燃やし尽くせ!豪鬼から「恋」なんてセリフを聞くとは。そんな訳で小春が選んだのはスパIIX。小春がハルオをずっと想って来たのは良く分かります。でもそれを言うなら晶の方が遥か...
>> 続きを読む
これは修羅場の予感…あれ?ハルオに抱きつく小春、そしてそれを見つめる晶。しかも晶はハルオを探し回った挙げ句のこの光景、血を見ずには収まらない。正直怖くて見るのを躊躇ってました。 涙を流して走り去る小春を掴む晶。そして三人で仲良く?電車で帰宅。挙...
>> 続きを読む
その落差が半端ない。 ミイラ取りがミイラになる。晶の姉・真がハルオを力づくで連れ戻しに来た。せっかく萌美がゲーセン通いを容認したのに肝心のハルオが溝ノ口に居ないんじゃ話になりませんからね。ところが渋谷勢とバッタリ。カラオケで大暴れなど紆余曲折の結果、渋谷系に...
>> 続きを読む
バーチャ2に関しては最後に話します。興味のある方はこちらをご覧ください。 宮尾、雄叫び上げて逃亡。この空気に耐えられなかったか。そして騒動好きに見えた大野姉こと真も沈黙。でも小春が妹・晶の恋のライバルだと察知した。この子たちまだ高校一年生でしょ!自身は三角関係...
>> 続きを読む
13~15話は以前発売されたOVAのもの。なので本当の第2期はこの16話からですね。矢口ハルオと日高小春のゲーセン対決の後どうなった。 1991年!?何か小学校時代に戻ってる。どうやら1話より更に前みたいですね。だいぶ後に出てきた大野姉こと大野真がのっけから出...
>> 続きを読む
※この記事はOVA発売時に書いたものを移動させたものです。 ハルオがときメモ!?女心を勉強せえと大野姉から貰ったんですが…。日高、大野姉そしてハルオママの前で公開プレイとか恥ずかしすぎる。しかし藤崎詩織の声が懐かしい。その詩織一直線なハルオに日...
>> 続きを読む
※この記事はOVA発売時に書いたものを移動させたものです。 ハルオの挑戦状。真剣にゲーム(=遊び)に打ち込むってのが何ともシュール。そして気は熟した!とばかりに日高に挑戦状を叩きつけると。文字の大きさから勢いが段々萎んでいく感じがしないでもない。ところで日高と...
>> 続きを読む
※この記事はOVA発売時に書いたものを移動させたものです。 告白された→日高か。一瞬で見抜いた宮尾の眼力が凄いのか、はたまた周囲からはバレバレだったのか。好きな子が居るって言えばいい。宮尾にそう言われて真剣に悩むハルオ。高校生になっても思春期来てなか...
>> 続きを読む
大野は可愛い、日高も可愛い。前半見ると「やっぱ大野だよな!日高に入る余地ないし」となるし、後半を見ると「日高が健気過ぎる…何とかならんのか」となる。ダブルヒロインと言うのは大体どっちかに人気が偏るんですが、このアニメはどっちも魅力的。 ...
>> 続きを読む
日高が攻める!嘗ての引っ込み思案な女の子はどこへ行ったのやら。恋は女を変えますね。自分から大野に声を掛け、対戦を申し込んだ。ちょっと待ったーーー!!とばかりに宮尾が飛び込む。ハルオのために敢えて渦中の栗を拾う、なんていい男なんだ。大野に虚しいアピールしている...
>> 続きを読む
髪が伸びた、ゲームの腕も上がった!性格もドSに!?結局ハルオは上蘭高校に落ちてしまった。補欠合格なんてご都合主義は無かった模様です。結果ハルオ、大野、日高と行く高校がバラバラってのが妙に現実的。日高はハルオを追っかけるのかと思ったら、親の意向で女子校に進学し...
>> 続きを読む
あと爺やのアシストが素晴らしい。バーチャファイター、特に2は本当に衝撃でした。それまでゲーセン行かなかった人まで来るようになりました…私もです。そしてプレイステーションにセガサターンのシェア争い。本当に据え置きゲーム機の全盛期だったと思います。...
>> 続きを読む
修学旅行?京都見物?なにそれ。 ハルオはここでもゲーム脳。自由時間を利用して、大阪のゲーム大会に向かいます。日高付いてきそうだけれど一度はぐれたから流石に自重するか。自重しないハルオが向かったゲーム大会に、日高は居ないが大野が居た。こっちもやっぱりゲーム脳。...
>> 続きを読む
なお宮尾は「間違える」と聞き違えた模様。 そして当のハルオは自分に向けられた恋心に気付かない模様。スーファミ版ファイナルファイトを入手しハルオにアプローチする日高。ヤリに行く!(性的な意味じゃなくて)と言ってくるのを目論んでいる。貸してくれ。目論見...
>> 続きを読む
運転手のじーさん危険過ぎる。 また同じクラス。ハルオ達は中学3年生に進級し、また同じクラスになったことを喜ぶ日高。街中で偶然会えば当然のように付いて行く。「何で付いてくるんだよ」 ハルオの贅沢モンが。 スパIIXの対戦台で連勝記録を伸ばすハルオは楽...
>> 続きを読む
でも報われない。何しろハルオの頭はゲームで一杯。クリスマスにピンポイントでプレゼント交換するも、あげた手袋はゲームで酷使されボロボロ。期待してなかったとはいえ日高の店にゲームやりに来たハルオに、「私に用があるの?」と聞くと「日高に用は無いな」とバッサリ。バレ...
>> 続きを読む
2  

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net