タグ「アルスラーン戦記」が付けられているもの

ゾット族、その名を聞いてぞっとするナルサス。 エトワールが来たんだって!アルフリード、メルレインを無視。次期族長なのにフラフラと!兄でもあり男でもあるメルレインを差し置いてなんで族長なんだろう。親父の指名だから。それで納得する、ゾット族の後継者選びは平和だな...
>> 続きを読む
アルフリード様の旦那様の戦だ!ただでさえアルフリードから言い寄られているのに、配下のゾット族の力まで借りたナルサス。もう外堀内堀も埋められた大阪城状態。これで結婚しないとか言ったら殺されそう。 今回のアルスラーン戦記はお宝捜索。今までに無くノリが軽い感じがす...
>> 続きを読む
敵陣に乗り込み、愛する姫を助けだす!将に主人公という感じです。そしてザンデは忠臣。アルスラーンにはこういう色っぽい話が無いですからね。どっちかというとホ…いや何でもありません。今後エトワールとの仲が進展すると良いのですが。 良かった、見逃したん...
>> 続きを読む
いや~助かった、してこちらは?パルス国王太子、アルスラーン殿下。水戸の…御老公様!?という空耳が聞こえる。 決して女の子だと思ったら男だった、という驚きじゃありません。 船長のグラーゼは助けた恩もあって私財を投げ打つ覚悟で協力を申し出てくれた。...
>> 続きを読む
南方の街ギラン。初期メンバー+αになったアルスラーン一行が目指すのは港町。しかし山賊が襲いかかる。どっかで見たようなペイントしてますね。 命が惜しければ…って言ってる相手が悪いよ。 案の定、アルフリードと同じゾット族だった。アルフリー...
>> 続きを読む
復讐鬼かと思ったら。ヒルメスにも人間味あふれるエピソードが出てきた。宝剣ルクナバードを横からかっさらった聖堂騎士団を追いかけて野盗に襲われる一団に遭遇。それどころでない、とほっといても良かったけど気まぐれで助けちゃう。そこに居たのはゾット族のメルレイン、そし...
>> 続きを読む
アンドラゴラスがギスカール連れて逃亡。そのまんま首都に留まるのかと思ったら逃げた。まあルシタニア兵で一杯ですから落ち着かないという事なんでしょうね。当然追っ手がかかりますが、ギスカールぶん投げて逃げ切った。いい歳なのに王様無双し過ぎです。そしてこれはアルスラー...
>> 続きを読む
全8話ってなんじゃそりゃ。1クールの放送枠を2分割。8話をアルスラーン戦記、4話を七つの大罪に割り当てる様です。8話で何が出来るのやら…増して4話ってOVAみたい。 空き巣狙い?ルシタニアとの戦いで手薄なペシャワール城塞にトゥラーンが侵攻。そも...
>> 続きを読む
エトワールデレるの早すぎ。一応?ヒロインポジションだからあまり狂信者丸出しにして悪印象付けたくなかったのかも。あとは虜囚の身だから大人しくするしか無かったというのもありますが。  異教徒で敬愛するバルカシオン伯爵の仇。激昂してアルスラーンに斬りかかっ...
>> 続きを読む
よくも謀ったな!!件のボンボン=アルスラーンと知ったエトワール激怒。名乗ってなかっただけですし、おいそれと名乗る訳にも行かないでしょう。躊躇うこと無く剣を向けてきましたね。危機一髪のアルスラーンをエラムが身を挺して庇う!エラム腹を切られて流血。ラインハルトの...
>> 続きを読む
モチーフはペルシャ。ペルシャと言えば…。・魔法の妖精ペルシャ・ペルシャ絨毯などが有名ですが、イランの古名です。日本でいう大和とか扶桑みたいなものですね。 個人的にこのペルシャという響きが大好き。実にロマンが溢れる名前です。何故イランに改...
>> 続きを読む
ザラーヴァント頑張ってる。ピンチをジャスワントに助けられたりしてますが、二人の関係も改善されそう。それ以上にトゥースは強いですね。彼を助命したのは間違いなく良かった。  勇敢なるルシタニアの戦士達よ!!お前パルス人だろうと思ったけど、みんな知らないん...
>> 続きを読む
私達駆け落ち中なんです!!エラムとアルフリードの夫婦漫才が楽しい。意外とこの二人がくっついて、ナルサスがぼっちになる展開もあるのかな。今はどちらも「私の」ナルサスと言って譲らないけど。アルフリードはともかくエラムが言うと危険な気がする。 チョンボしたのに第一陣...
>> 続きを読む
ザラーヴァント和を乱しまくってるな。またもジャスワントにイチャモン。ダリューンの後詰めという役割が気に入らないそうで。ナルサスに言えよ。って会わせないから八つ当たりしているのか。  シンドゥラ人が楽士風情がと言いますが、アルスラーンの危機に馳せ参じる...
>> 続きを読む
しかもとっても美人さん。最初に出た時は少年そのもの。次は兵士姿だったんでやはりよく分からなかった。今回は侍女として潜入したため実に女性らしい姿です。体はガキっぽいが、上玉。作中でも美人だと認識されている模様です。ウインリィ…いや何でもありません...
>> 続きを読む
話はパルスに戻ります。新たに加わったジャスワントがすっかり馴染んでいる様に見える。エラムとかギーヴは批判的に見えたんですがね。まあエラムは基本的に新参なら誰でも厳しい気がしますが。  ルシタニア内紛。ギスカールと確執の末出て行ったボダンと聖堂騎士団。...
>> 続きを読む
ガーデーヴィを許してやってくれないか。カリカーラ二世一生のお願い。 でもそれ国が乱れる元じゃないの。生かしておいたら兄とその手下が黙っている筈ありませんね。程なく国王は崩御して盛大に葬儀。直後に大宴会という流れにビックリ、喪中じゃないのかと。 シンドゥラでは処...
>> 続きを読む
珍しくアルスラーンが激怒。珍しくダリューンが苦戦。そして珍しくダリューンが小技で勝利というお話でした。  安い挑発には乗らない。王位継承を賭けたシンドゥラの神前決闘。その代理人にダリューンを貸して欲しいとラジェンドラ。随分無視のいい話なのになんか偉そ...
>> 続きを読む
戦象部隊を連れたガーデーヴィ軍15万。対するパルス軍は1万、ラジェンドラ軍5万。 挟み撃ちが意味を成さない。どちらにも倍以上の軍勢当てられますからね。案の定倍の2万でパルス軍を包囲するガーデーヴィ軍。こうなると逆に戦力分断されちゃった様なもの。 その...
>> 続きを読む
信用できん。アルスラーン・ラジェンドラ連合軍がシンドゥラで快進撃。調子の良いラジェンドラに対しダリューンは懐疑的。というか誰も信用していない。当たり前ですね。一昨日喧嘩売ってきた奴を昨日無理やり仲間にした、今日からマブダチなんてあり得ません。  挟撃...
>> 続きを読む
2  

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net