タグ「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」が付けられているもの

マシュー臨時指揮官就任。そしてイクタは火線を超えてきた敵と相対。ジャンが居ましたね。調子に乗って撃たれそうになったこともあり、実戦は苦手かと思ったら自分で前線に出てきました。あれ油断しただけでそこそこ強いんでしょうか。イクタは数で負けている上にジャンの動きを...
>> 続きを読む
普通に見ればお似合い&入り込む余地の無さそうな2人。これでイクタ女好きって不思議。  何故いの一番に逃げてきた?まあ撤退戦だから指揮官が帰ってくるのは悪くない。部下に何も言わずにトンズラしたわけじゃないし。問題はこの戦い全ての経緯でしょうね。恐らく...
>> 続きを読む
それが軍隊。命令があれば嫌な任務も危険な戦いもこなさなきゃならない。頭では分かっているけど目の前で戦友が死んで行ったらそんなの吹っ飛んじゃう。スーヤの抗議は一般人から見れば至極まっとうなもの。でも軍隊が感情で動いたら大変です。というか感情で動いた結果が前回の...
>> 続きを読む
しかもとっても良い関係。シナークと交流あったみたいな事言ってたけど、ナナと一緒に遊ぶ仲だった。おまけに夜這い(真似事)まで。尚、この時のイクタは色気付いておらず夜這いの意味が分からない。そんな嫁候補が今や敵と味方。 そんなナナが大ピンチ。勝利に酔った帝国軍が...
>> 続きを読む
どう見ても主人公が悪役サイド。シナーク族の見ている前で村を焼き討ち。嫌な役を押し付けられているイクタだけどこれでもまだまし。中将の「皆殺し」という命令を、サザルーフ中尉改め大尉がやんわりとかわした結果なんだとか。まあそんなこと当のシナーク族に通じるわけもない...
>> 続きを読む
結構イイ年だったの?イクタが目をつけるくらいだから年増いや年上だったのかもしれない。でも見た目カンナは10代に見える。もうちょっと大人っぽいキャラクターデザインの方が良かったかも。  大苦戦だが撤退はしない。元々反乱を起こさせるつもりで弾圧していた...
>> 続きを読む
やっと精霊が話に絡んできた。これまでただの便利道具みたいだったけど、精霊を奪われたことが戦端を開くことになった。主人と精霊を引き離すことはアルデラ教の教義にも反する。なのにそこまでやっちゃうサフィーダ中将の真意は何か。 辺境の司令官で終わりたくなかったのかな...
>> 続きを読む
格の違い…分かっていても諦められるか!向上心ある凡人は好感持てますね。イクタとヤトリは別格、トルウェイは優秀。たまたま彼らにくっついていた為タナボタ的に手柄を得た感のあるマシュー。でもそれは本人も自覚していると。  北域出張。新兵の恒...
>> 続きを読む
落ち込んでいるかと思ったら。ヤトリ意外と冷静でしたね、全然トラウマとかなさそう。むしろ極意に近づいたと思っている模様。ともかくお手柄、更に出世しそうだな。そう思ったら今回はヤトリとイクタの過去回想回でした。 バダ・サンクレイ大将…冴えない。これ...
>> 続きを読む
サリハスラグを模擬戦で破ってイクタが認められる。そんな話になるのかと思ったらその後凄かったですね。前半も面白かったけど、ヤトリ無双で全部吹っ飛んだ。  敵の戦場に来て、敵の策に乗る。ヤトリじゃなくても転がしやすい相手でしょうね、レミオン長兄サリハス...
>> 続きを読む
シャミーユ殿下までもが士官学校に?だから船に乗ってたのか。それとも後で決めたのかどっちなんだろう。・騎士に叙勲されて士官学校入り。・皇女殿下の覚えがめでたい。イクタ達色んな人の嫉妬買ってるんでしょうね。 因みに女子の軍服がスカート。いや制服なら分かるんですが...
>> 続きを読む
アルデラミン=この世界の主神。そしてイクタの出自も明らかになりましたね。加えてびっくりしたのがシャミーユ姫。気位が高いけど純粋…かと思ったら中々狡猾。  頼む、撃たないでくれ~!皇女を助けるためビビリ気味の亡命者を装うイクタ。また亡命...
>> 続きを読む
その火を飛び越して来い?とは言いません。タイトルが長い上に造語が多い。一昔前のロボットアニメみたいですね。あとアルデミランじゃなくてアルデラミンなので注意です。実際見てみると一昔前の技術レベルの軍記物といった感じでした。 名家の令嬢と孤児の少年。この2人が幼...
>> 続きを読む
1

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net