曜日(日)の最近のブログ記事

BOX-Iに付属し、8/9にニコニコ動画で先行放送されたTV未放送第14話になります。
一番気になったのがエンディング後のストーリーなのか、それとも途中の挿入話なのかです。
どうやら後者みたいですね。 

gargantia-14-905b.jpg

エイミーは子供の相手上手だね。
廃墟船の怖い話をしていたところに当の廃墟船発見。
調査となるのですが…エイミーの様子がおかしい。
子供脅かしていたのに自分は怖い話が苦手みたいです。
事あるごとにレドに縋り付くんですが…当のレドは幽霊が何かまったく分からない。

銀河同盟では幽霊の定義が存在しない。
知らないだけに怖がり様が無い。
現実主義者の軍人ということで「フルメタル・パニック ふもっふ?」の相楽宗介と同じようなリアクションしてますね。

そんな中で船内を一瞥したリジッドはこの船が嘗てガルガンティアと交流を持っている船の残骸だと気付く。
ベローズは知らないらしいので、彼女はわりと最近合流したクチなんでしょうか。

これは…リジッドの初恋か。
7年前のリジッド(15歳)って今じゃ想像も付かないぐらい胸ペッタンコですね。
一方で同い年の親友とおぼしきストーリアは中々豊満。
リジッド以上に将来性を感じます。

当時から「次期船団長」の呼び声高いリジッドはプライドも高い。
現場作業なんてと軽視した彼女を一喝したのがこの船団に居たリトナー。
口でも理屈でも勝てない上にリジッドを助けてリトナーは負傷。
ああ…これは惚れちゃいそうな展開ですね。

gargantia-14-1011b.jpg

ツンデレはスピードで勝てない。
しかしそれはストーリアも一緒だった。
元々リトナーに好意的だったことに加え、彼女は看護師。
負傷したリトナーを献身的に看護する訳です。
自分のミスで負傷させてしまったのに、何も出来なかったリジッド。
更にお礼とお詫びをしたいのに中々足が向かない。

意を決してリトナーの元へとやって来た時には…すでにリトナーとストーリアがいい雰囲気になっていた。
嫌いなフリして好かれようなんて虫が良すぎる、ツンデレやってたら恋愛じゃ勝てない。
そんな現実を見せつけられた感じがします。

あなた「も」彼を好きなんでしょう?
別れが近づく中で、ストーリアはリトナーから誘いを受けて困惑。
何せ彼女、ガルガンティアで生まれ育ったので他の世界は知らない。
田舎から一歩も出たこと無い人が上京する不安みたいなものでしょうか。

また彼女は身寄りが居ないから身軽、と言ってますがそう簡単に行くのかな。
看護師の技術は貴重だと思うんですが。
来る者拒まず、去る者追わずのガルガンティアでも反対する人は居そう。

そんな彼女に対しリジッドは気持ちを優先させるように諭すと。
淡い初恋は露と消え、友人の恋を応援する役に回った訳ですね。
こうしてリジッドの後押しを受けたストーリアはリトナーと去って行くと。 

gargantia-14-391b.jpg

今のリトナーとストーリアも見たかったな。
話はここで終わりなんですがその後二人がどうしているかのシーンが欲しかった。
もしかしたら今後の追加話で登場する事もあるんでしょうか。
そこに期待したいですね。

リジッドの回想がメインなのでレド達の出番は少なめ。
そんな中で比較的サーヤの出番が多かったのが印象的でした。
メッセンジャー三人娘の中で最も魅力的なバディの持ち主である彼女。
でも本編ではエイミーはもとよりメルティよりも出番が少なめ。
まあ彼女が大活躍すると全編エロシーンみたくなっちゃうから自重したのかな。

因みに彼女、メルティと一緒にピニオンにくっついて廃棄船の調査する事になるのですがぶーたれてます。
ピニオンは髪下ろせば超イケメンになるんですが、男を見る目はあんま無いのかな。
ともかくも今後も出番が多いことを祈ります。 

 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)


yamato2199-26-1234b.jpg

BGMまで一緒。
今際の際の沖田館長が言う。
地球か…何もかも懐かしい…。
腕から力が抜け、写真が落ちたことで臨終だと分かるシーン。
病身を押して、苦難の末に無事目的を果たした男は故郷を一目見て絶命。
何度見ても泣けるシーンです。

旧作だとこの後復活して感動が台無しになるんですがね。
今作ではそういう事は無さそう、理由は後述します。

森雪復活!はならず?
原田結婚の知らせに反応し、奇跡的に意識を取り戻したかに見えた森雪。
しかし古代が駆けつけた時既に遅し。
死の間際、一時的に意識が回復したものの最愛の人には会えず。
森雪を担当する桑島法子は「死に役」が多いことで有名です。
名作ヤマトのヒロインもこのジンクスに勝てなかったのか、と驚きました。

yamato2199-26-803b.jpg

知らぬは夫ばかりなり。
暗い時にこそ明るい話題が必要!
敢えて加藤と原田の結婚披露パーティーを挙行させた古代。
決めた時点で雪は昏睡状態。
式当日は既に故人。

努めて明るく振る舞った古代に対し、加藤「森船務長も大丈夫さ!」と罪なき罪な発言をしてしまいました。
新婦の原田は知っているだけにフォローに必死。
その場では何とか気丈に振る舞いましたが、一歩会場を出ると抜け殻のようになってしまう古代。

弟思いだけど雪>地球でいいのか。
雪の死体に取りすがって涙する弟の姿を見かねたコスモリバースの中枢=古代守が奇跡を起こします。
しかしこのシステム、一度起動すると中枢の意識が消失してしまうものの様です。
一発勝負で二度は起動できない、つまりテストも出来ませんね。
これを起動させてしまった守。
森雪は奇跡の生還を果たしましたが…このあとどうするの。
地球に帰ってもコスモリバースが起動しなかったら滅亡確定です。

yamato2199-26-911b.jpg

沖田館長が引き継いだのか。
悲嘆にくれる技術陣、特に中枢=守だと確信した真田が珍しく感情的。
これがお前の意志なのか!と守に問いかける。
その時コスモリバースが再び息を吹き返すと。
どうやら中枢は先ほど死亡した沖田艦長が成り代わった模様です。
それだけに艦長復活はなさそうですね。

因みに引き継ぎが上手く行かなかったら雪が中枢になった可能性もあったんだろうか。
間違って雪がヤマトに取り込まれなくて良かったですね。

こうして多大な犠牲を払いようやく帰還したヤマト。
赤茶けた火星見たくなっていた地球が青い星に。
ちょっと早すぎる気もしますが、早回しで見せてくれたんでしょうね、という所でおしまいです。

yamato2199-26-1351b.jpg

良リメイク?いや素晴らしいリメイクでした。
何と言ってもスタッフのヤマト愛がひしひしと感じられる作品だった。
原作のテイストはそのままに、おかしいとこは直していく。
その匙加減が絶妙だった。

女性キャラを大幅増員したのはともすれば「軟派化」と言われそうですが、概ね好評だったんじゃないでしょうか。
随所に登場する女性キャラが物語に華を添えていたと思います。
今回は原田は勿論、新見薫や桐生美影など技術部女性陣の登場と活躍が見ものでした。

既存のキャラクターとしては旧作でメインキャラだった古代と島の印象がかなり薄くなりましたね。
当時アニメでは日本人の若者を主人公にという風潮が強く、古代が艦長代理に異例の大抜擢されてました。
これ今考えると無理がある。

代わりに真田が副長から艦長代理になったこともあり、更に技術部のトップという事もあって大幅に出番が増えた印象があります。
真田副長物語。
そんな印象も受ける本作ですが、あくまで群像劇ということだったと思います。
あとはその後のガミラスとかが気になるんですが、そこらへんを作ったりする予定はあるんでしょうか。
個人的にはもうちょっと見たいので、公式サイトの動向に注目していきたいと思います。 

yamato2199-26-194b.jpg

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

hsdd2-12-8b.jpg

禍の団(カオス・ブリゲード)。
テロリストの正体はやはり三大勢力の不満分子の集合体。 
戦争継続を望んだり、戦後非主流派となった連中の寄り合い所帯です。
ギャスパーが本気を出して時間停止解除・敵ゲートを封じた事で形勢逆転。
カテレア達はアザゼルがサクッと片付けて一件落着…にはなりません。

白龍皇ヴァーリが禍の団のスパイだったから。
まあ戦いを臨む彼がそっちに属するのはあるいみ必然。
しかもヴァーリ、先代ルシファーと人間のハーフだった。
魔王にしてドラゴン。
ただの人間だったイッセーとは比べるべくもない毛並みの良さですね。 

親の死よりも仲間の死より、おっぱい半分は尚辛い。
ドラゴンの相手ができるのはドラゴンだけ。
でもイッセーは弱すぎる。
じゃあ強くしようと親を殺そうとしたり、リアスたちを殺害しようとして復讐心を煽るヴァーリ。
戦いを楽しむためなら何でもする。
ホントに戦闘バカなんですね。

でもそんな事で大事な肉親や同胞を殺されちゃ溜まったもんじゃない。
怒り爆発のイッセーですが…ここでアザゼルの分かりやすい説明キタ!
ヴァーリの力でリアス部長のおっぱいが半分になるぞー。
てめえだけは絶対に許さない!
これ以上ないくらい怒りを爆発させるイッセー。

hsdd2-12-931b.jpg

ヴァーリ(誰もそんなこと言ってな)ブーストブーストブーストブースト…。
部長のおっぱいが半分になる。
果ては全員のおっぱいが半分にされる。
アザゼルのテキトーな物言いにイッセーの妄想がエスカレート。
凄まじい勢いでブーストがかかり極大パワーアップしたイッセー。

これはリアス部長のおっぱいの分!これは朱乃さんのおっぱいの分!!
ジャギを倒した時のケンシロウみたくなってますね。
でもヴァーリ、部長たちのおっぱいにまだ何もしてない。
完全なとばっちりです。 

ここまでやってもヴァーリは斃れない。
この後に及んでまだジャガーノート・ドライブという奥の手がある模様です。
どんだけ強いのか、全く底が見えませんね。
しかしここで仲間の呼び出しが入り水入り。
イッセーの力も限界に来ており、結果としてタイミングよく去ってくれたことになります。

よんでませんよ、アザゼル先生&ハーレム坂の第一歩を踏み出したイッセー。
問題は残っていますがトップ同士の和平は無事成立。
ここでイッセーがミカエルに粋なお願いをしていますね。
アーシアとゼノヴィアが神に祈りを捧げるのを認めて欲しい。
さっきまで( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!言ってた男とは思えないです。

そして学園生活に戻ったイッセーたちを待っていたのは、アザゼルのオカルト研究部顧問就任。
魔王の妹のサークルを仕切るのが堕天使のボス。
こんな珍妙な人事が成立するのも和平政策の一環でしょうか。
リアスに取ってみれば自分がボスのコミュニティに堕天使のお目付け役が付けられた訳で面白くない。

更にアザゼルから伝えられた兄サーゼクスの提案に仰天。
オカルト研究部の女性部員は全員イッセーと同居。
まさかの魔王公認でハーレム生活開始。
期せずして目標の第一歩を踏み出すことになったイッセー。

hsdd2-12-1120b.jpg

小猫もイッセーに惚れるのか。
アーシアとリアスは既に同居しています。
ここに朱乃とゼノヴィアと小猫が加わることになる。
流石に普通の一軒家に多すぎやしないか…と思ったら増築するみたいですね。
ここで気になるのはやはり小猫です。

一期からイッセーに惚れているのがリアスとアーシア。
二期でイッセーに惚れてしまった朱乃。
恋愛感情をすっ飛ばして肉体関係を迫るゼノヴィア。
小猫だけがまだ落ちていない。
将に最後の砦だけに、その関係が気になってしょうがないと。
しかしこれは三期に持ち越しなようで、という所でおしまいです。

二期も安定していた。
というかイッセーのおっぱい愛&ハーレム志向がまったくブレませんね。
またイッセー達の家族の出番が多かったのも面白い。
中でも意外な社交力を発揮するイッセーの両親が良い味出してる。
萌えアニメでは存在を抹殺されることが多い両親がしっかり機能してますね。

キャラが増えても既存キャラの扱いがぞんざいにならないのも良いですね。
特に一期でちょい役の男キャラだった匙にここまで出番があるとは思わなかった。
キャラ的にイッセーと被るので出番作りづらいだろうと思ったら上手く両立させていましたね。
彼もドラゴン持ちだけに三期があったら更に活躍が増えそうです。
リアス部長を慕うイッセー同様、彼がソーナ部長と添い遂げることが出来るのかも気になります。 

hsdd2-12-1383b.jpg

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-25-958b.jpg

あの人には私が必要なの!
置き去りにされ、脱出途中で遭難していた所をヤマトに保護されたミーゼラ。
しかし彼女はあくまでデスラーを盲信、雪の彼女を見る目が駄目だこいつ…という感じですね。 
かくしてそれは現実のものとなった。

yamato2199-25-968b.jpg

うっかりデスラー。
ヤマトが欲しい、と拿捕して白兵戦を挑んだまでは格好良かった。
所謂接舷攻撃、アボルダージですね。
しかし何故かこの総統、必要もないのに自らヤマトに切り込んでいく。
これを好機と見て逃げ出したミーゼラ、総統を見つけて喚起。
総統!! 
精神感応波入りの呼びかけにビックリしたデスラーが何とミーゼラを誤射。
まさかのうっかり&ビックリで自分を慕う部下を射殺。

ミーゼラを快く思ってなかった近侍の女性SPが「ざまあみろジレルの魔女め!」と罵ってます。
居合わせた雪が「あんなに貴方を慕っていたのに!」とデスラーを責めます。
どっちも違うんだけど、うっかり撃っちゃったなんて格好悪くて言えない。
大マゼランの総統が完全に小物化した瞬間だったかもしれない。

yamato2199-25-934b.jpg

雪はブリッジに居ろよ。
誘拐されたせいもあってどうにも捕まるor攫われ役に見えてしまう森雪。
案の定、今回も一人でフラフラしていたら総統にバッタリで捕まりましたね。
因みに雪が捕まると古代が雪、雪~~~!!と理性を失ってしまうので大変です。

トドメを刺されそうなミーゼラを庇おうとして一緒に撃たれました。
ミーゼラ死んでる、庇った意味ねぇ。
そんでもって雪も昏倒。
どこ撃たれたの?
外傷が見当たらないんですが、頭を打ったんだろうか。

yamato2199-25-240b.jpg

タラン兄受難。
たまたま第二バレラスに居たからという成り行きもあるでしょうが、あくまでデスラーに付き従うタラン兄ことヴェルテ・タラン。
しかし小物化が著しいデスラーの珍妙な行動に気苦労が絶えませんね。
とりあえず接舷攻撃に参加するのは止めるべきだった。

結局ヤマトを奪えずに戻ってきて、今度は破壊しようとデスラー砲をぶっぱなす。
亜空間でデスラー砲を発射するなど自殺行為。
しかしもはや何がしたいんだか分からないデスラーにタラン兄の忠告は届かないと。
俺何でこの人に付いてきちゃったんだろ…弟と一緒に居りゃ良かった。
なんて後悔しているのかも知れませんね。

yamato2199-25-408b.jpg

死んだけど厚遇のゲール、そして居場所を見つけた藪。
ヤマトまさかの実弾攻撃にボロボロのデスラー艦。
最後っ屁のデスラー砲も発射には至らず自爆の後押しと総統全くいいところがないまま終了。
…ブリッジが離脱している様に見えますね。
今回も無事逃げおおせたのでしょうか。

小物にも関わらずここまで生き残っていたゲール。
その最後も艦隊戦で戦死というキャラに不相応な立派な最後でした。
ミーゼラとは雲泥の差でしたね。

そしてゲールを撃墜したフラーケンの潜宙艦に居たのは…収容所に置き去りにされていた藪。
まあヤマトは藪を死んだものと思っているわけで、わざとじゃありませんが。
新しい働き場所を得て早速活躍してましたね。

流石にデスラーの抵抗もここまでか。
ヤマトは無事地球に帰還できそう、という所で次回です。

yamato2199-25-475b.jpg

こんなこともあろうかと、は出なかった。
雪の不在が長かったので、西条未来がすっかりブリッジ要員に定着していますね。
またガミロイド兵の襲撃に対し真田と新見がアイコンタクト。
でしたら、あれが。

ガミロイド用コンピュータウィルスを流し込んで一気に無力化。
そこは「こんなこともあろうかと」を出して欲しかった。
新見さん活躍できて嬉しそうなんで良かったですが。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第26話(終) 『青い星の記憶』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

hsdd2-11-195b.jpg

戦争ならH出来ない、平和なら子作り放題だ!
神・堕天使・悪魔の三大勢力が和平を結ぶ。
当事者の合意に続き龍の力を持つイッセーとヴァーリに意見を求めるアザゼル。
ヴァーリの見解は「強い奴と戦えればいい」ってコカビエルとあんま変わらない。
でも戦争じゃなくて戦闘がしたいという所が違うようで、一応合意。
次にイッセーに話が振られるのですが難しいことは分からんと。

凄く噛み砕いて説明しよう、とアザゼル。
平和ならリアスとHやりまくりだ!
はい、Hしたいです!!

トップ会談でそのトップの妹との堂々のH宣言をぶちかましてしまう。
堕天使嫌いなのにアザゼルの提案に乗ってしまうイッセー。
むしろアザゼルの言い方が上手過ぎるのか。

因みにリアスも恥ずかしがっていますが、嫌がっていない。
つまりソノ気はアリって事ですよね。
フェニックスの件で言った私の処女を貰って宣言はまだ生きてると。

hsdd2-11-329b.jpg

神って代替効かないの?
先の大戦で神と魔王が消滅。
このままじゃ共倒れになっちゃうというのが和平の理由。
その後サーゼクス達が魔王を引き継いて悪魔勢力を立て直した訳です。
一方で神側はミカエルが代理として業務を遂行する一方…新たな神は立てられない。

不在を隠そうとアーシアやゼノヴィアを追放しても所詮一時しのぎ。
いつか事実はバレるでしょうし、そうなれば信者は激減するでしょう。
おまけに二天龍の一方が堕天使、他方が悪魔についてます。
神側の弱体化が激しい上に回復もままならない。
事実上積んでいると考える連中も多いでしょうね。
それが後述するテロの原因かもしれない。

hsdd2-11-451b.jpg

襲撃者は三大勢力の非主流派連合?
トップが集まっているということはこれを一掃できるチャンスという事で、テロリストがやってくると。
最初に狙われたのはギャスパー。
彼の時間停止能力を暴走させて三大勢力の下位能力者を停止させる。
どうやらギャスパーはかなり知られた能力者みたいですね。
時間停止は希少能力だから…という説明がありました。
でもグレモリー眷属は元来レア能力者揃い。
ブーステッドギアにソードバースにトワイライトヒーリングにネイティブ聖剣使い。
なのでそんな特別にも見えないんですが。

停止を逃れたのは魔王と二点龍そして聖剣使い。
因みにリアスが停止しなかったのは高位の悪魔だからかと思ったら違いました。
イッセー=ドラゴンと触れていたので難を逃れた。
本来なら朱乃や生徒会長同様止まっていたみたいですね。

敵は三大勢力どれかの非主流派かと思いきや、違うみたいですね。
あるものはリアスを悪魔と蔑むので神か堕天使でしょう。
更に顔出しした先代レヴィアタンの子孫=悪魔が居る。
三大勢力の非主流も連合したのかもしれない。
和平を望まず、戦い続けるために手を組む。
他に内紛の一面もあるらしいですが、矛盾も良い所ですね。

hsdd2-11-1205b.jpg

見捨てないからお前も戦え!
リアスとイッセーがギャスパー救出に向かったものの、本人はまたもネガティブモード。
能力暴走させた上に人質と良い所なしなんで仕方ないか。
これに対し、発破をかける一方で奮起を促すイッセー。
決して与えるだけの甘やかしはしないと。
選別代わりに自らの血を与えながらも「自分で何とかしろ」と。
こうしてギャスパーはイッセーの血を口にして…消えた。

どうやら吸血鬼の力を完全制御出来ちゃった様で。
これは血の力なのか龍の力なのかは分かりません。
しかし時間停止が自由自在となり自身はコウモリと化し片っ端から敵の血と精気を吸収しまくる。
ダメヴァンパイアがいきなりアーカード並にパワーアップ。
希少能力者なんて珍しくない、なんて言ってすいませんでした。
潜在能力のキャパシティ違いすぎます。
本気出したら最強、魔王もどうなることやらという話は嘘じゃなさそうですね。
それにしても敵の魔女ってやたら巨乳…というか爆乳揃い。
これは是非ローブの下を拝見したいと思ったらイッセーやってくれました。

hsdd2-11-1074b.jpg

久々のドレスブレイク。
時間を止めて回避不能にした上での服破り。
でもこれ物理ダメージ無いんですよね。
つまり敵は倒せない。
ギャスパー本気の時間停止は無制限に近いようで、事実上これで戦いは終わっていると。
因みに脱がした魔女たちが変なポーズ取ってますが、何故だろう。
深く考えたら負けでしょうね。

ギャスパーの暴走も収まり、いよいよ反撃開始。
俺たちの戦いはこれからだ!
的な止め絵でフィニッシュしたところで次回です。

次回はハイスクールD×D NEW 第12話(終) 『二天龍、激突!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-24-360b.jpg

コスモリバースシステムは渡せません。
ここへ来ての引き渡し拒否。
理由は波動砲です。
波動エンジンを兵器転用した影響がここまで響くとは予想外ですね。
スターシャは地球人が第二のガミラス化するのを懸念している模様。
でもあの武器ナシでどうやってイスカンダル、それもガミラスの隣星に来いと。

地球人にしてみれば多大な犠牲を払ってぬか喜びさせられた訳です。
艦内は将にお通夜状態。
そんな雰囲気をぶち壊してくれたのが原田真琴でした。

浮足立つな!→水着でワッショイ。
ここへ来ての水着回。
でも見ていて楽しいのでこれはアリです。
森雪とユリーシャが居ないのは残念でなりませんが、ガミラス人であるメルダの水着が大変よろしい。

そして第三艦橋から見るメルダや玲は将に人魚。
旧作では不遇だったこの場所が天国スポットになるとは予想外でした。
これならみんな殺到したでしょうね。

yamato2199-24-802b.jpg

コスモリバースの重要物質。
波動エンジンじゃなくてコスモリバースをくれればいいのに。
ヤマトの根幹に係る質問の回答が今回得られました。 

星の思いを宿した物質、星のエレメント。
コスモリバースに必須のこの物質がイスカンダルに来ないと完成しない。
理屈は分かりましたが、具体的にどれを指すんだろう。
ヤマトをコスモリバースに造り替えることから、波動エンジンの事を言ってるのかな。

スターシャが古代進に拘った訳。
会見で艦長代行の真田ではなく最初に古代に話しかけたスターシャ。
コイツも古代に気があるのかな、やっぱ主人公はモテモテだな。
そう思ったら事情があった様です。

墓場に案内された古代進は愕然、そこには古代守の墓があったから。
彼は「メ号作戦」で死んでおらず、ガミラスに捕虜として捕らえられていた。
護送中の事故でガミラスではなくイスカンダルに不時着、スターシャに保護されるという流れです。
しかし結局守は病?で死んでしまったと。
スターシャが古代を気にかけたのは名前を聞いたからですね。

旧作でも生死不明とされた古代守がスターシャに保護されていた。
こちら地球圏で行方不明になった守をどう救出したのかという疑問がありました。
今作では上手い理由付けがなされていますね。

yamato2199-24-1126b.jpg

スターシャが躊躇った訳。
悩んだ末に地球へコスモリバースを引き渡しに来てくれました。
勿体ぶってと思ったのですが、渋ったのには理由があったと。
嘗てのイスカンダルはガミラス同様に侵略しまくり。
その原動力となったのがまさに波動砲。
つまりイスカンダルにとって波動砲は汚点であり禁忌であったと。

波動砲は人を侵略者に変えてしまう力がある。
そう思ったからこそ地球人へのコスモリバース提供を躊躇ったという事ですね。
決してそんな事はしないと波動砲にフタまでしたヤマト。
いよいよ帰還の時です。

ユリーシャとメルダはヤマトに再乗艦せずガミラスへ。
彼の国を立て直すんだそうで、二人とはここでお別れです。
デスラーがすっかり死んだことになっていますが、そんな筈は無いでしょう。
来週での再登場に期待しつつ次回です。

yamato2199-24-1341b.jpg

さよなら守…ってスターシャがお腹さすってる!?
これはもしや、守の子供がお腹に居るという符丁なんでしょうか。
旧作ならともかく、今作では状況が違います。
古代守には新見薫という元カノ(別れたのは死を覚悟したから)が居ました。
スターシャはデスラーとただならぬ関係にあった様です。

でも守とスターシャくっついちゃったの。
デスラーと薫が可哀想になってきました。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第25話 『終わりなき戦い』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

hsdd2-10-511b.jpg

堕天使は嫌いだけど、朱乃さんは好きです!
この直球すぎる告白に…朱乃が文字通り堕ちましたね。
今まのスキンシップはからかい半分、真意はいずこという感のあった朱乃。
コカビエル戦あたりから徐々に本気になっていった様で、今回の件で想いが爆発。
本気でイッセーに惚れてしまった様です。 

グレモリー眷属は何らかのトラウマ持ちが多いですが、朱乃のそれは自身が堕天使と人間のハーフであること。
特にイッセーやアーシアなど堕天使から散々な目に遭わされて来た眷属も多い訳で、それを気にしていたと。
グレモリー眷属への信頼>堕天使への嫌悪。
だった為に事なきを得たという感じです。

タガが外れた朱乃はもう止まらない。
巨乳美女に迫られてイッセーが自重するはずもない。
半脱ぎで膝枕とか幸福過ぎる、下から見る102センチのおっぱいはさぞや壮観だったでしょう。
リアスが来なけりゃこの二人、どこまで行ってたことやら。

hsdd2-10-705b.jpg

朱乃は朱乃でリアスは部長。
リアス部長はかなり前から着てたのかな。
イッセーが朱乃を呼び捨てにしたのを聞いており、かなり気にしている模様。
因みにイッセーはハーレム志向の筈ですが、リアスにイチャイチャを見られると動揺するようになってます。
互いに両想いっぽいのに意識はすれちがっていると。

まあ朱乃は同じ眷属ですが、リアスは主人であるわけです。
人間の身分と違い、悪魔の上下関係には実態があります。
一見立場とか気にしない様に見えるイッセーでもそこらへんは弁えてる。
そしてそれがリアスにとっては不満な様です。

hsdd2-10-265b.jpg

聖剣で龍殺しって大丈夫なの?
聖剣は悪魔にとって天敵というのは前に聞きました。
イッセーはブーステッドギアでのみ、聖剣を受けることが出来た訳です。
今回ミカエルから龍殺しの聖剣・アスカロンを受け取りました。
これって悪魔の部分も龍の部分もアウトなんじゃなかろうか。
でも問題なく融合。
ドラゴンなのにドラゴンスレイヤーになってしまったイッセー。

しかもこれくれたのが本来対立する神の陣営というのが妙ですね。
何故にそんな便宜を図ってくれるのか。
…ドラゴン絡みは三大勢力共通の問題であり、神側も赤い龍とは懇意にしたいとの意志でしょうか。

hsdd2-10-1296b.jpg

イリナ再登場…怒ってますね。
いよいよ最大勢力のトップ会談が始まりました。
神陣営はミカエルと…護衛役?がイリナ。
一応全勢力共に一般兵を引き連れています。
でもイリナってフリードに負けて戦線離脱しただけに、護衛としては不安が残りますね。

因みに彼女、イッセーやゼノヴィアを見てもツンとつれない。
まあゼノヴィアのやけくそで悪魔に鞍替えというのは理由知らなきゃ裏切りにしか見えませんからね。 

交渉では今回の騒動の原因であるコカビエル、こちらが所属する堕天使勢力が不利な筈でした。
でもアザゼルはちゃんと手前で落とし前つけたでしょとサバサバ。
さらにちゃっちゃと条約締結しようと会議の主導権握っている様に見えます。
何とも食えない人物ですね。
ともかくも平和裏に終わるかと思ったら、そうは問屋がおろさないようで。
謎の襲撃者は果たしてどこの勢力か?というところで次回です。 

次回はハイスクールD×D NEW 第11話 『トップ会談、はじまります!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-23-885b.jpg

ぶーたれたユリーシャ可愛い。
沖田艦長が何かユリーシャの言いなりに見えたのは気のせいか。
やはり病が篤いせいで判断力が低下しているのかもしれない。 

それ以上にどうしちゃったの、と言いたくなるのがデスラー総統。
まあ自分だけ総統府から逃げたのは決戦場に向かうため、良しとしましょう。
でもバレラスにアクシズよろしく第二バレラスの一部を落とそうとしたり、ガミラス版波動砲「デスラー砲」を打ち込もうとしたりと自国民の抹殺に邁進。
ヤマトじゃなくてデスラーにガミラスが滅ぼされちゃう。
某総帥や某鉄仮面よろしく人口調整でもしたかったのか。

この二人って恋仲だったの。
波動エンジンを兵器に転用したデスラー砲に猛抗議するスターシャ、ガミラスでは「猊下」って呼ばれてるんですね。
いや地球側も使ってるし。
そう思ったらデスラーその事言いましたね。
口ごもるスターシャ、すがるような声で「アベルト…」と言うのが精一杯。
デスラーとスターシャってただならぬ関係?
そのデスラーが君=スターシャのためって言ってるけど、イスカンダルにも何か問題があるんだろうか。
ともかくデスラーの暴走は続き、それにガミラスもヤマトも振り回される格好になってます。

yamato2199-23-632b.jpg

これが指導者のやることかぁ!
ひとり逃げ出したデスラーに大ショックのミーゼラ。
まさか自分が見捨てられるとは思わなかった模様。

その後のバレラス落としに際してヒス副総統が怒髪天状態。
部下や市民を退避させ、伏しているヒルデを自ら救出するなど大奮闘。
見た目で悪そうな奴だと思ってすいません、真面目に臣民の事考えている中々の人物でした。

yamato2199-23-569b.jpg

ザルツ人は死神に魅入られているのか。
逃げる森雪とノランですが、デスラー砲を捨て置けないと寄り道。
邪魔よ、とスカートを破ってのぞいたおみ足もさることながら、さっきからパンティラインが気になって集中できません。
多分ノランも同じこと考えていたと思う。

暴走させて最後のスイッチを入れる役目は死の役目。
全てを察したノランが裏切りとみせかけて森雪を逃し、その役目を引き受けると。
拉致に際して仲間を全部失い、
連れ出したユリーシャは偽物、
最後はその偽ユリーシャ=森雪に命を捧げてしまう。

ヤマトに出てきたザルツ人は尽く不幸な末路をたどっていますね。
せめてヒルデが幸福な人生を贈ることを願うばかりです。

yamato2199-23-806b.jpg

なんというF91。
放り出された上周囲では戦闘の真っ最中。
おまけに自身の細工で第二バレラスも大爆発。
この状況で生きてるのも不思議、増して救出は絶望的。
宇宙漂流して死ぬしか無いかと思われた雪ですが…古代がピンポイントで雪発見。

こちら「機動戦士ガンダムF91」のラストを彷彿とさせますね。
あの時シーブックとセシリーはニュータイプだった上、F91のバイオセンサーで感覚を増幅して見つけ出しました。
一体古代はどうやって雪を発見したのか…やはり雪センサーを持つユリーシャのお陰かな。

ヤマトの力というよりデスラーの自滅に近い形でガミラスの抵抗を排除。
しかしデスラーは第二バレラス崩壊前にワープしたフシがあります。
これで悠々とイスカンダルに到着とはならなそう、というところで次回です。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第24話 『遙かなる約束の地』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

hsdd2-9-363c.jpg

むしろ「コードギアス」のロロに近いかも。
別に世界全部を止めるわけじゃなくて、視界に入った者の時間を止めてしまう。
ミクロ的な時間停止能力という訳ですね。
つまり止められた方にも分かってしまう。
時間が進んでいるのが分かりますからね。
しかもこれ、自分では制御不能。
それ故に封印されていたみたいです。

そんな吸血鬼ギャスパーですが、見た目可憐な美少女。
やった!金髪ビショップ揃い踏み!!
と喜んだのもつかの間、彼女…いや彼は男だったと。
じゃあ何で女子の制服着てるんだ。 
可愛いから…自分が美少女然とした容姿って自覚はあるのかな。

脱引きこもりのお手伝い。
強大で制御不能な能力を持つが故の封印。
何ともかわいそうな話かと思ったら…これ本人も希望していたみたいです。
それどころか夜限定で学校を動き回って良いという話すら拒否。
どうやら完全な引きこもりの様です。

なので封印を解いても本人が出ようとしない。
これを何とかしようとリアス眷属一同奮闘するんですが…。
最初に体育会系バリバリのゼノヴィアを当てたのは完全に人選間違っていると思う。
更に「体力がつく」と小猫が差し出したのはニンニク。
何故よりにもよって吸血鬼にニンニクを渡す。
好き嫌いとかじゃなくてそれ弱点だから。
もしかしてワザと?

hsdd2-9-601c.jpg

セイクリッド・ギア繋がりであっさり懐柔。
直すどころか症状を悪化させてしまった感がありますが、ここでイッセーが説得に乗り出しました。
同じセイクリッド・ギア持ちでありながら前向きに生きるイッセー。
その根本はエロなんですがね。

時間停止能力なんて最高じゃないか!
無論女生徒にあれやこれや出来るからという理由です。
これが受けた。
女の子みたいな容姿なのに、やっぱり男だということか。
或いはエロ方面とはいえ一本筋が通っているイッセーの人間性いや悪魔性に見せられたのか。
思ったよりも早く説得に成功しましたね。

hsdd2-9-915b.jpg

グレモリー眷属男子会の野望。
それはイッセーの能力増幅をギャスパーに譲渡。
目一杯時間を止めてエッチないたずらをしまくろうというモノ。
木場の出番が無いじゃん、と思ったらイッセーがセクハラしている間の守り役。
…凄く嫌な役回りですね。
それにリアスや朱乃ならわざわざ時間止めなくても触らせてくれそうですが。 

その後で朱乃に連れだされたイッセーは神社へ。
悪魔と神社…宗教違うけど居心地悪そう、と思ったらここは悪魔にも開かれた特別な場所なんだとか。
しかしこの場所、悪魔なのに巫女服着ていることといい朱乃ゆかりの場所なんじゃなかろうか。

やがて現れたのは黄金の翼を持つ優男。
そうです、三大勢力である神側のトップ・大天使ミカエルが降臨しました。
西洋の大天使や悪魔をも受け入れる、日本の神社は鷹揚ですね。
という所で次回です。

hsdd2-9-1261b.jpg

男の娘の乳首はちょっと。
メインがギャスパーだったせいかお色気シーン少なかったですね。
まあ前回前々回と十二分に補充できましたから、今回は我慢しましょう。
そんでもって来週の予告にイリナが!

最初ゼノヴィアよりこっちのがメインと思ったらいつの間にかフェードアウト。
胸こそ出したけど全裸にはならなかった彼女が帰ってくる!
という訳で期待せずにはいられませんね。 

次回はハイスクールD×D NEW 第10話 『色々、三すくみです!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-22-1072b.jpg

知ってたら来たかしら?来なかったかしら?
何故イスカンダルとガミラスが二連星だと黙ってたのか、という山本の問に対する答え。
半ば確信犯っぽいユリーシャ。
まあ他に手段が無いんだから来たでしょうが、議論になって出足は遅れそう。

以後行動を共にするようになった三人娘のやり取りが楽しいですね。
地球人(マーズノイド)、山本玲。
イスカンダル人、ユリーシャ・イスカンダル。
ガミラス人、メルダ・ディッツ。
見た目はユリーシャが一番地球人っぽい。
金髪に紫の瞳を持つ彼女ですが、紫の瞳は白人の中に極小数存在します。
女優エリザベス・テーラーがこの色だったのが有名です。 

天然なユリーシャと違い生真面目タイプだった山本とメルダも大分くだけてきました。
特にマゼラン・パフェに舌鼓を打つメルダの姿は必見。
こんな物が宇宙にあったとは!!
…戦争ばかりでガミラスは娯楽とかスイーツ無さそうですしね。

yamato2199-22-153b.jpg

ディッツはそのまま反乱軍になっちゃうんだ。
彼はゼーリックの総統暗殺&権力掌握の犠牲となって失脚していただけ。
別にデスラーに対する反逆の意志は無かったはず。
いずれ開放されると思った矢先、部下の手助けで収容所を掌握したわけです。
なのにそのまま反乱勢力の盟主になってしまいましたね。

でも敵の敵は味方とはならず、ヤマトとの交渉は平行線。
但しメルダを連絡将校としてヤマトに残した訳で、今後に希望はありそうですね。
ここでようやくガミラスの総統・デスラーの情報を入手。
今まで知らなかったのか…。

雪うっかりさん。
敵がユリーシャと誤解しているのを幸いと誤魔化していた森雪ですが早くもボロが出てしまった。
あの月、大きいのね→それイスカンダル、あんたの星。
そもそもイスカンダル語が出来ない時点でバレないのが不思議です。
もっと事故と記憶喪失を全面に押し出してごまかす必要があったんじゃないでしょうか。
その後ユリーシャの正体を怪しんだミーゼラがやってくる。

彼女の話によると、デスラーはガミラスの内なる革命児でもある様です。
それまではゼーリックの様に純血ガミラス人による支配がメインだったのを、異星人も取り込んだ体制に変えた。
試すだけで何もしないイスカンダルより行動するガミラス=デスラー。
ガミラスの中では珍しくイスカンダル人を軽蔑している模様。

ガミラスがイスカンダルを神聖視するのも謎が多いですね。
外見的には青い肌を持たず、一部の純血派が差別しているザルツ人やテロン=地球人と見た目が変わらない。
なのにイスカンダルだけ崇め奉っているというのが何とも不思議。

yamato2199-22-879b.jpg

悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!!
故人をバックに戦意高揚の演説というと「機動戦士ガンダム」でガルマの遺影を前に大演説をぶったギレン・ザビを思い出しますね。
デスラーが示したのが嘗て分裂したイスカンダルとの再統合。

肌の色が全然違うくらいだから100万年単位で分裂したんじゃないの。
それをもとに戻すってのもかなり無理ないかな。
でもガミラス人に人気の高いイスカンダル人との民族融和は大ウケしているみたいです。
これに利用されるのがイスカンダル第三皇女として拉致されている森雪であると。

この放送はイスカンダルのスターシャも見ており、ユリーシャの協力という話にビックリ。
地球に言った後音信不通になっていた妹がいつの間にかガミラスにいた事になります。
あとスターシャがテレビを見ているという状況が何かシュールですね。 

目的地であり敵地。
沖田館長の病状は悪化の一途を辿っている模様。
艦長の病状を原田真琴がうっかり加藤に漏らしてしまいましたが、食堂で話すのはヤバイだろうと。
あっという間に知れ渡ってしまう、守秘義務もクソもありません。
しかし最終決戦に向けて気合は十分。
全クルーに向けて地球はヤマトの帰りを待っていると演説をぶっています。

一方でガミラスも内情は火の車。
さきの演説で戦意高揚を図ったのもその為でしょうね。
主力艦隊を率いる希望の星「ゲール提督」がやってくるまであと二ヶ月。
それまでヤマトの侵攻を防がねばならない。

yamato2199-22-1234b.jpg

切り札・第二バレラス。
これ移動式の人工天体か何かでしょうか。
ガミラスが恒星間国家を形成し勢力を伸ばす以上、首都機能は移転可能にしていた方が便利です。
理にかなっていると言えるでしょうね。
武装も充実している様で、今回これをヤマト用にぶつけようとする魂胆。

そしていよいよガミラス・イスカンダルが存在するサレザー恒星系に姿を表したヤマト。
一見静かな宇宙から一条の光がやってくる。
果たして決戦の行方は、というところで次回です。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 『たった一人の戦争』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

hsdd2-8-829b.jpg

登場からしておかしかった。
彼女が本編に登場したのはBパート、後半からです。
なのにアイキャッチで先んじて登場、その上乳首晒している。
この娘は一体誰なんだ…その正体が後から分かるという構成になっています。

参観日にコスプレ撮影会。
駒王学園何でもアリだなと思ったら違いました。
彼女こそセラフォルー・レヴィアタン。
生徒会長支取蒼那ことソーナ・シトリーの姉にして四大魔王の一人だったと。

hsdd2-8-871b.jpg

イッセーは彼女を知っている。
正確には彼女のコスプレを知っている。
アニメ「魔法少女ミルキースパイラル7オルタナティブ」の主人公。
魔法少女になる事を渇望する「ミルたん」に教えてもらったから。
一発キャラにしか見えなかったのに、こんな伏線もたらすとは驚きです。

しかし問題はそこじゃなくて、何故魔王が日本のアニメの、それも魔法少女のコスプレをしているのか。
魔法少女に憧れているから。
なるほどそうですか…っておかしいだろ。

魔王って魔法少女の上位存在じゃないんですか。
しかも言ってることがミルたんと尽く被るのが何ともヤバ気。
二人が出会ったらさぞや意気投合しそうですね。

hsdd2-8-902b.jpg

部長と会長の困り顔が可愛い。
並べてみるとソーナ会長の方が姉みたい。
でも胸はセラフォルーの方がずっと大きい。
姉妹でもこんなに違うんだ。
格好もさることながらやたらテンションの高い性格に困惑気味のソーナ会長。

一方リアスの身内は前回やってきたサーゼクスと父であるグレモリー卿。
こちら親子そろっての親バカ、兄バカです。
高校生の娘をビデオ撮影って流石に恥ずかしすぎる。
ウチのリーアたん♪
どうやらリアスの事らしいですが、魔王様の口から聞いてはいけない単語を聞いた気がする。

hsdd2-8-1254b.jpg

イッセーお前は何を言ってるんだ。
羞恥の極み、たまらず退散したリアス。
当然イッセーがフォローに行くわけです。
下に親がいるとはいえ、リアス部長と部屋で二人きり。
…部長もいつか彼氏とか出来るんだろうか。
え?何いってんの。

これまで男にまるで興味なかったリアスがイッセーのこととなると嫉妬を顕にする。
どう見ても惚れてるだろう。
この唐突過ぎる勘違いは違和感バリバリでしたね。
せめて強さとか主従の差に引け目を感じている、とかだったら分かったのですが。

慰めに来たつもりが逆に不安がるイッセーに対するリアスの答えはキス。
何かそのまんまベッドインしても可笑しくない雰囲気ですね。
しかしこの家には嫁候補がもう一人いる。
そうは問屋もといアーシアが卸しません。

hsdd2-8-22b.jpg

大喧嘩を始めたバカなドラゴンが二匹。
他人事みたく言ってるけどそれってドライグ、自分のことだよね。
しかも話を聞くにつれ、この世界のドラゴンってかなり強力…というか最強。
退治する為に三者が休戦&協力した。
最強レベルのモンスターという話はよくありますが、神や悪魔を凌ぐというのにビックリ。

サーゼクスやレヴィアタンがイッセーに注目するのも納得です。
そして敵対する勢力も見逃してはくれないでしょう。
最右翼が同じドラゴン、白龍皇ヴァーリという訳でしょうか。
その影響なのか、サーゼクスがリアスに対し「もう一人の僧侶(ビショップ)」の解禁を指示。
他にもグレモリー眷属居たんだ。
どうやら強力過ぎて手に余るという判断だったらしいのですが、果たしてどんな能力持っているのやら。
というところで次回です。 

hsdd2-8-1094b.jpg

何気に高スペックなイッセーの両親。
アニメに出てくる主人公の両親は基本的にスペック高いです。
外国を飛び回り、大抵家持ち、そして金には不自由していない。
でも姿が見えてこないので具体的な凄さは伝わってこないことが多い。

イッセーの父は魔王やその父親とも気楽に接することが出来る。
正体を知らぬとは言え肩肘張らない付き合いが可能な高いコミュ力の持ち主です。
そしてイッセーの母は料理上手。
急な訪問に手伝いがあったとは言え豪華料理を振舞っている。

あと関係ありませんがイッセーの母って物凄い長髪ですね。
アニメキャラで腰どころか足まである長髪は珍しくありません。
若すぎる母親がそんな髪型しているのもザラ。
でもイッセーの母は顔は歳相応のオバサンなのに超長髪という珍しいタイプです。
ひょっとしてイッセーの父親の趣味なんでしょうか。

次回はハイスクールD×D NEW 第9話 『後輩、できました!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-21-814b.jpg

偵察に出ようとしたらおかしな事になった。
雪を攫われて激しく動揺する古代。
それをおもんばかっての偵察任務指令みたいですね。
いざ偵察機に乗り込むと、傍らにはユリーシャが。
ダメだよ勝手に乗っちゃ、降りて!
なんて言ってる間に今度は伊東と藪が出てきた。
これはどういう状況だ。
古代の頭の中はパニックを起こしそうだったに違いありません。

前回の攻撃で死んだと思っていたら、どっこい生きて潜伏していた様です。
バラエティに富みすぎなメンツですが愉快な珍道中とは行きません。
結局飛行機は不時着。
折しもそこはガミラスの捕虜収容所があり捕まってしまうと。

yamato2199-21-577b.jpg

イスカンダルのコスチュームはヤマト以上。
性的すぎることに定評があるヤマト女性クルーのコスチューム。
しかしそれに輪をかけてヤバいのがユリーシャの着るイスカンダルの服。
全身ピッチリなのは一緒ですが、所々素肌が出てるから。

もしやヤマトの女性クルーの服はこれを参考に作ったのではあるまいか。
ユリーシャが抵抗するシーン、目のやり場に困ります。

服のエロさならガミラスも負けちゃいないぜ!
古代たちが連れて来られた捕虜収容所にはこれまで見た連中が沢山いる。
ディッツにドメルの妻に前回攫われた雪…ってVIP多すぎでしょ!
もうちょっと厳重な警備が必要なんじゃないの。

案の定、ディッツ救出の騒動が発生。
救出に来たのはヤマト乗艦経験もあるディッツの娘メルダなんですが、その後姿に驚愕。
背中からケツの割れ目まで丸見え。
正直こんな兵士がやってきたら戦うどころじゃありませんね。

yamato2199-21-1170b.jpg

伊東と藪の明暗。
図らずもユリーシャと二人で行動することになった伊東。
いつ牙をむくのかと見ている方はハラハラ。
案の定拾った銃をユリーシャに向けて…敵を撃ちました。
まさかの良い人化。
その直後に撃たれた。
結局伊東は最後まで森雪=ユリーシャだと思ったまま死亡。
出来れば二人一緒のシーン見せて「別人だったのか」と真実を教えてあげて欲しかったですね。

一方で捕まった時に「あんたのせいだ!」と伊東に責任を押し付けた藪。
いざ戦いとなってもビビるばかりで何も出来ない。
でも生き残りましたね。
やはり悪党が安易に善行に走っちゃダメなのか。
何とも皮肉な結果です。

yamato2199-21-923b.jpg

衝撃の事実。
出番は短かったですが、収容所の所長はいい味出してました。
森雪を正装させた後捕虜の中にユリーシャを見つけて目を剥く。
何か「∀ガンダム」で入れ違いになったディアナとキエル思い出しました。
このシーンを伊東に見せたかった…。
そして反乱の最中「わしはここだ!」と助けを期待するもやって来たのは捕虜のガトランティス人。
踏んづけられた挙句タコ殴りと因果応報を体現してましたね。

結局森雪は護衛のザルツ人に連れられてまたも古代と離れ離れ。
その上収容所はディッツに掌握されてしまった。
どっちみち敵なんだけど…古代逃げられるのかな。

ユリーシャが示した森雪の行き先は…やはりガミラス。
そのガミラスの傍らにもう一つの星が!
これこそがヤマトの目的地イスカンダル。
両者は双子星だった、というところで次回です。

yamato2199-21-1349b.jpg

これどーすんの。
単にガミラスとイスカンダルの関係にビックリしただけでは済みません。
目的地と敵の本拠地が一緒ってのが大問題。
本星の鼻先にヤマトが現れれば一大事です。
ガミラス人も危急存亡の時と決死の覚悟でヤマトに襲いかかってくるでしょう。
イスカンダルへ行くにはそのガミラスの凄まじい抵抗を排除しなくちゃならない。 

万が一突破できたとしても、それって結果的にガミラスを滅ぼす事にならないか。
こっちはコスモリバースシステムを手に入れたいだけなのに。
何もそんな苛烈な試練を課さなくても…イスカンダルって結構キツい人達なのかもしれませんね。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第22話 『向かうべき星』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

hsdd2-7-421b.jpg

水着には水着の良さがある…と思ってたらとんでもない展開に!
正直おっぱい丸出し上等なので水着回に有り難みが少ないと思ってた。
まあ着衣が全裸よりエロくないとは限らない訳ですが。
そんな訳で今期初の水着回。
当然ポロりもあるよね?
戦闘続きで不足した桃色分をここで一気に回収。
そんな甘いもんじゃなかったですね。

前回の戦闘でイッセーに本気になってしまったらしい朱乃。
ドラゴンの気を吸い出すといういつもの作業なんですが艶が違う。
リアス部長は気づいてましたね。

私と浮気…してみる?
現在のところイッセーは一応フリー。
しかも本人はハーレム宣言をしており、最初から色んな女の子ゲットしようと思ってるわけで。
そんなイッセーに浮気という概念が適用出来るんだろうか。

いつもより力の入った吸気にイッセーの理性が爆発しそう。
挙句跨がって来るんですから堪りません。
とりあえずこの状況になったら行くとこまで行っちゃうよな。
手を出しそうになったイッセーを攻める男は誰も居ないでしょうね。
しかし勘の良いリアス部長が駆けつけて水入り。

hsdd2-7-792b.jpg

望むままを行え→子作りしましょ。
ヒートアップしたリアスと朱乃の「女の戦い」から這々の体で逃げるイッセー。
当事者が逃げ出すなんてちょっと格好悪い気がするけど、降って湧いた修羅場だし二人共強いしで仕方ないか。
ここに遅れてやってきたゼノヴィア。
二人きりだ、調度良い。
私と子供を作らないか。
一難去ってまた一難。

いや本来羨ましい限りなんだけど、そうは見えないのは何故なんだろう。

神の死をしってしまい半ばヤケクソで悪魔に転生したゼノヴィア。
同時に生きる目標が無くなって困っていたと。
そこにリアスが「欲望に従え」とアドバイス。
女の欲望→子作りと短絡したゼノヴィアがイッセーに襲いかかった。

偏った環境で育ったので考え方が極端なのは分かります。
分からないのが子作りの対象がイッセーという事。
聖剣絡み、剣使いでしかも同じグレモリー眷属の騎士。
てっきり木場にシンパシー感じてると思ったんですが、何故にイッセー。
特別な力ならソードバース能力者で聖魔剣使いの彼でも良かろうに。

あまりにも過程をすっ飛ばした展開に「欲望の権化、性欲の塊」と言われたイッセーすらドン引き。
一方のゼノヴィアは自分の行為に羞恥も疑問も感じていないみたいですね。
恥じらいもなく男性経験が無いのでと言うのはちょっと残念。
そこらへんが朱乃さんの時と違って手が出ない理由だろうか。
そして勿論ここにもリアス部長のチェックが入って中座。

ゼノヴィアからしてみれば「リアス部長の指示通りにした」と思ってるのかもしれない。
考えてみればリアス部長、自分の配慮や助言に足元すくわれている事がけっこうある。
アーシアをイッセーと同居させたのに結局自分も来ちゃいましたしね。

hsdd2-7-494b.jpg

今更嫉妬するのは何故なんだろう。
そして一番の疑問がリアス部長の嫉妬。
彼女は今までイッセーの欲望に忠実な行動に鷹揚だった。
アーシアの裸エプロンに対しても対抗はするけど止める素振りは無かった。
今回始めて他の女の子に欲情するイッセーを窘める様になりましたね。

最初は他の女はともかく、朱乃はダメなのかと思ったんです。
関係がリアス部長に近すぎますし、タイプも似ていると。
そしたらゼノヴィアとの接近にも駄目出ししています。
これは弟みたいなもんと思っていたのが本気になっちゃったパターンなんだろうか。
或いはスキンシップのレベルが許容範囲を超えちゃったからなのか。
どっちも本番行ってもおかしくない状態だっただけに。

hsdd2-7-995b.jpg

遅れてきた魔王。
コカビエルの戦いには間に合わなかったけど、遂に魔王サーゼクス登場。
目的はリアス部長の授業参観…って3大勢力の話し合いにきたんじゃないんですか。
一応それも入っているけどどう見てもメインが授業参観っぽいのが気になる。

その魔王、事もあろうにイッセー宅で過ごすことに。
普通の一軒家に宿泊する魔王…いや今時珍しくないか。
六畳一間に二人or三人ぐらしの魔王も居たし。
しかし珍しくリアス部長ばつが悪そうです。
兄の前では歳相応に見えるリアスが萌える。

魔王の凄さの一端を見た。
イッセーと同室で眠る魔王が言う。
君のギフトを、リアスの胸に使ったらどうなるのかな。
すげえ、流石魔王だ!!
その発想は俺にすら無かったと感心してしまうイッセー。

それにしても首脳会談はともかく、授業参観って何か起こるんだろうか。
リアスが嫌がるのは単に身内が来る気恥ずかしさだけ?というところで次回です。 

hsdd2-7-1342b.jpg

ヨーヨーやりんご飴にこんな使い道があったのか!!
新シリーズ突入という事でOP/EDが変わりましたね。
1クールではちょっと珍しい現象です。
そして大変素晴らしい内容となっています。

エンディングのコスチュームがまずヤバイ、そんでもってポーズが更にヤバイ。
しかも知らない女の子が混じってるんですが。
新キャラ登場の予感がしますね。 

次回はハイスクールD×D NEW 第8話 『授業参観、始まります!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-20-900b.jpg

将に鬼のような攻撃。
艦載機に拠るドッグファイトですが、こちら陽動。
引き離された所で第二波が単艦丸裸となったヤマトに襲いかかると。
空母主体のドメル艦隊だけに戦闘機は多いですしね。

更に復員した爺さん兵士、こいつ爆撃機乗りだったのか。
超大型ドリルミサイルでヤマトの波動砲を封じると同時にドリルが前進。
内部に侵入した所で爆発すればヤマト一巻の終わりです。
機関部に直結した大砲の弱点をモロに突かれましたね。
しかもここまでの攻撃が全部前フリというのにビックリです。

yamato2199-20-623b.jpg

本命はヤマトに侵入してのユリーシャ誘拐。
本人は航法室で寝てますから、どう見ても人違いで雪誘拐されちゃうパターンですね。
それを実行するのが二等ガミラス臣民、シュルツと同じザルツ星人です。 
肌が青くないのである意味潜入にはうってつけ。
とは言えそんなに多くないであろうヤマトクルーになりすますのは無理がある。
結局星名に見つかって戦闘になっちゃいましたね。

でもその最中、ブリッジに居なかった雪と遭遇。
向こうから来てくれた、探す手間が省けましたね。
別人なんですが。 

yamato2199-20-176b.jpg

もう止めて!と言いたくなる程攻撃は続く。
ドリルミサイル食らわせても、ユリーシャ(に間違えた雪)を攫ってもドメルの攻撃は緩みません。
更に雷撃艇の攻撃、挙句旗艦が出張っての艦隊戦まで!
…とはいえここまで多重攻撃繰り返すのは、ヤマトが中々堕ちないからというのがあります。
装甲と波動防壁が頑丈過ぎる。

手数はガミラス側の方が多いんですが、ヤマトの耐久力がチート級。
明らかにヤマトのテクノロジーはガミラスを凌駕してる。
結果として圧倒的に優位に見えるドメル艦隊が徐々に消耗していくことになります。
殴っても殴っても斃れないヤマトに対し、遂にドメル自らが引きずり出される羽目になると。 

yamato2199-20-1238b.jpg

そして遂にドメルも…。
現実の戦艦大和は沈みましたが、宇宙戦艦ヤマトはまさに不沈艦。
更に沖田艦長の誘いに乗ったことが運の尽き。
もし波動防壁無かったらとっくに沈めていたでしょうに、ヤマト本当に固すぎですね。

最後の手段と司令部から脱出艇を切り離し、ヤマトに強行接舷。
最初ランバ・ラルよろしく内部に侵入しての白兵戦かと思った。
彼が取った最後の手段は自爆。
早まるな…しかし副官はじめ部下たちの心は決まっていた。

でもこんな捨て身の手段でもヤマトは沈まない。
波動防壁に祟られ続けたドメルがこうして戦死。
将に死闘だったという所で次回です。 

yamato2199-20-576b.jpg

ここ赤木リツコっぽい。
ドリルミサイルに対処するため、営巣入りの新見を一時開放。
内部でミサイルを処理する様は「劇場版新世紀エヴァンゲリオン」マギのクラッキング対策している赤木リツコを彷彿とさせました。 
起爆装置を解除してホッと一息ついた時はドキっとした。
直後に爆発して死んだりしないかと思ったので。 

雪を攫われて古代の怒りが頂点に達していましたね。
スグに艦載機で追ったものの、敵は次元潜水艦で雪が乗ってるだけに攻撃できない。
怒りは別働隊のガミラスにぶつけていた。
そんな彼の前に現れた雪ソックリの女性。
ずっと昏睡状態だったユリーシャ遂に目覚めましたね。

yamato2199-20-1446b.jpg

サブクルーが多かった。
きっかけはやはり星名の負傷→ショックを受けた本体である岬百合亜でしょうか。
似てると言われたけどちょっと顔がキツ目…でも過去の映像だとそうでもなかった。
今回の作画の特徴かな。 

古代に雪に真田とメインクルーが不在なので、ブリッジのメンツがかなり違いましたね。
個人的には前からちょくちょく出ていた雪の交代要員・西条未来とポニーテール娘・桐生美影が気になった。

yamato2199-20-206b.jpg

何より敵も味方も犠牲が凄かった…。
司令部が全滅に近いドメル艦隊は勿論、ヤマトクルーも内部に侵入されたり砲撃食らったりでかなり死んでいます。
特に今回は敵味方共に好感の持てる連中が多いだけに悲壮感が半端ない。

ザルツの特務部隊とか一人残して全滅でしたね。
胸元がセクシーなザルツ女性兵士ベリス・ライチェも死んでしまった。
また二等ガミラス臣民を見下していたけど腕の良い戦闘機乗りだったバーガー。
パイロットが艦上で戦死って無念でしょうね。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第21話 『第十七収容所惑星』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

hsdd2-6-638b.jpg

色々してあげるわよ(エコー)。
これによりイッセーの目には種割れや宇宙ならぬおっぱいが。
そしてこれまで以上にパワーアップ。
コカビエルに何者だ、名を名乗れ!と言わせるほどのインパクトを与えました。

どこまでもお色気が燃料のイッセー、まったくもって横島(GS美神)の生まれ変わりとしか思えない。
因みに「俺についてくればハーレムをやる」と言ったコカビエルの誘いに激しく動揺してましたね。
これはイッセーじゃなくても惹かれる。
男の悲しいサガです。 

hsdd2-6-110b.jpg

コカビエル無双。
イッセーの強化を受けたリアスでもコカビエルは倒せない。
木場、ゼノヴィア、小猫の三人がかりの攻撃も一蹴。
更に木場が繰り出した三刀流でも顔に傷つけるのがやっと。
乳首吸ってもいいと言われて超パワーアップしたイッセーが顔にワンパンチ入れてくれましたが、そこまで。
顔は雑魚っぽいのに無茶苦茶強いですねコカビエル。
でも「悪魔に堕ちるとはな!」なんて堕天使に言われたくない。

物足りないバトルでもそれなりに満足したのかご機嫌。
・朱乃はバラキエルの娘。
・神は先の戦争で既に死んでいる。

という重要なネタバレまでかましてくれました。

hsdd2-6-743b.jpg

どうみてもランスロットです。
物理攻撃に精神攻撃とやりたい放題のコカビエルですが、ここに割って入ったのは我らがイッセー。
もそうですが更にロボ?がやってきた。
エナジーウイングに似た羽と言い「コードギアス」のナイトメアフレーム、ハッキリ言ってランスロットにそっくり。
我が名はアルビオン。
ランスロットの最終形態ってランスロット・アルビオンだったよね。
これは意図的に似せているのだろうか。

そしてこいつがあっという間にコカビエルを倒してしまった。
勝手するコカビエルを抑えるために、アザゼルの使いとしてこのアルビオンがやって来たらしいです。
主人公置き去りで敵のインフレが止まりません。
終わってみれば堕天使が勝手に自分らで始末を付けてしまった。
そして期待のリアスの兄・サーゼクスは結局登場せず仕舞いでした。 

hsdd2-6-1046b.jpg

ゼノヴィア転校して転向。
ともかくも一件落着、イケメン木場もオカルト研究会に戻ってきた。
彼のお尻ぺんぺんシーンが無かったのが残念です。
そして何とゼノヴィアが駒王学園に転入。
それだけじゃなくて悪魔に転生してグレモリー眷属の新たな騎士になってしまった。

神が居ないんじゃしょうがないから。
いくら何でも割り切り早すぎませんか。 
他方イリナはというと、彼女は「神無き教会」にまだ付いて行くとかでゼノヴィアとは袂を分かつてしまう。

これ逆ならまだ分かります。
イリナはイッセーと幼馴染ですし、聖剣の使い手かと思ってたらドーピングされていた。
裏切る、というか教会を見限る要素はこっちの方が多いんじゃないのかな。
因みに悪魔になっても聖剣デュランダル使えるの?
だとしたらグレモリー眷属物凄い戦力アップになりますね、というところで次回です。

hsdd2-6-1423.jpg

Cパートもあります。
終わったと思ったらまだ終わってなかった。
一段落ついて馴染客のおっさんとゲームに興じるイッセー。
ここまで出番作った以上只者じゃないとは思ってましたが、この人物こそ堕天使の頭領・アザゼル。
別の番組ではヘッポコ悪魔だったのに、渋くて強そうでボスなんてえらい出世しましたね。
堕天使連中とは良い思い出のないイッセーですがどうなるのかな、というところで本当に次回です。

バトルメインの回だったので、お色気少なめでしたね。
そんな中でも朱乃や小猫が片乳出して頑張っていました。
一番残念だったのはイリナやゼノヴィアのお色気シーンが無かったこと。
前回イリナがおっぱい晒してくれてましたが、全裸を晒すこともなくあのまま退場とは思わなかった。
そしてゼノヴィアは最後までおっぱい見せてくれなかった。
転校してきたので今後に期待という事でしょうか。 

次回はハイスクールD×D NEW 第7話 『夏です!水着です!ピンチです!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

hsdd2-5-519b.jpg

聖魔剣に聖剣デュランダル。
木場にゼノヴィアと剣コンビのパワーアップ振りが半端ない。
尤もゼノヴィアは本気出したという方が正解なんですが。

この二人が遅れてやってきて「加勢に来たぞ!」といった時には正直、
いやいやお前らの案件だろう、連絡もしないでどこに居たんだよ!?
と突っ込みたくなりましたが、その後の活躍でチャラですね。

何故喘ぐのか。
イッセーの能力増強能力「ブーステッドギア・ギフト」をリアスと朱乃に受け渡し。
途端に喘ぐ二人。
考えてみたらこれまでは木場にしか使ってなかったっけ。
でも木場は喘いだりしなかった。
・女性への受け渡しは性的興奮を伴う。
・イッセーがパワーアップした副作用。

果たしてどっちなんだろう。

また今回の戦いに際し落下する朱乃をナイスキャッチしたイッセー。
いつの間にかイッセーに好意的だった彼女ですが、今回ハッキリと好意を示した様に見えます。
和洋の違いはあれど巨乳のお姉さんキャラ。
リアスとカブる部分が多いため、最大のライバルになりそうですね。 

hsdd2-5-360b.jpg

ヴァルパー哀れ…自業自得だけどな!
イリナが聖剣を使えるようになったのは、ヴァルパーの技術を応用したから。
自身は破門されたのに、技術はちゃっかりと教会に利用されていたと。
勿論自分もフリードに使って聖剣使いに仕立て上げたんですが。

その上何故か因子の結晶をぽいっと木場に渡してしまう。
これが大誤算。
その因子は嘗ての木場の同士から抜き取ったもの。
Zガンダムのカミーユよろしく死者と会話をした木場が限界突破してしまったんですからね。

更に木場の聖魔剣を見るにつけ、神と悪魔の現状にまで考えが至ってしまう。
こんな剣が出来るということは…。
その先は口にすることが出来なかった、ボスであるコカビエルに始末されたから。
どうやら身に余る事実を知ってしまった故に口封じされた模様。
他人を利用していた奴が結果的に利用されまくって死亡。
まさに因果応報というべき最期でしたね。 

hsdd2-5-1156b.jpg

聖剣はエクスカリバーだけじゃないのか。
唐突にゼノヴィアが取り出した「聖剣デュランダル」。
しかもエクスカリバーよりも強いんだとか。
聖剣といえばエクスカリバーというイメージが強いだけにビックリ。
というかエクスカリバーの重要性がここへ来てダダ下がりです。
どうやら7分割された事と、一度壊れたことでエクスカリバーのランクが下がっているみたい。
本来の姿である一本の剣なら強かったのかも。

本物の聖剣を扱えるのは、ゼノヴィアが生まれついての聖剣使いだからだそうで。
イリナやフリードが強化人間で、ゼノヴィアがニュータイプって事でしょうか。 

hsdd2-5-1219b.jpg

ここへ来ての超展開!
上記の件についてフリードの的確過ぎるツッコミ、というかメタ発言が光ります。
そんな設定いらねぇんだよ!
文句言う気持ちは分かりますが、地力の違いは明らかだった様で瞬く間に聖剣がバラバラ。

そして最後に決めたのは木場の聖魔剣だった。
どうやら剣だけじゃなくてフリードも斬られたみたいだけど、死んだのかな。
その後コカビエルが出張ってきた為によく分からない結末でしたね。

コカビエルは時間をやるからイッセーに誰かをパワーアップするように指示。
情けない相手と戦いたくない人なんでしょうか。
ホントに戦うのが好きなんですね。
ここで出るのは無論リアス。
手まで繋いじゃってもう最終決戦に挑む恋人同士みたい、というところで次回です。 

お色気は少ないけど、頑張って入れてました。
特にアイキャッチの副会長と小猫がもうエロすぎ。
というか子猫はもうヤバイでしょ。
個人的にはゼノヴィアが苦戦して色々見せてくれるかと思ったんですが、圧勝でしたね。 

次回はハイスクールD×D NEW 第6話 『行け!オカルト研究部!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-19-626b.jpg

何故コスモリバースを持って来なかったか聞かないの?
え!?自分で言っちゃうの。
旧作ヤマト最大の疑問。
波動エンジンよりコスモクリーナーの設計図くれよ。
という話が出てしまった。

これまでも度々語られていたんですが、試練なんでしょうね。
地球人が助けるに足る連中か否か。
与えるだけのODAに意味は無いと。
ただヴィーメラ4みたくダメだった結果滅亡しちゃう連中も居るわけで。
それが不快で伊東みたいに反乱起こしちゃう輩も居るんですが。 

でも波動エンジンから波動砲創りだすように地球人のヤル気は旺盛。
十分助けるに足るとは思いますが。
むしろ旺盛過ぎてユリーシャが懸念しているぐらいです。
波動エンジンは武器じゃない、と兵器転用した事を窘めていますね。
ゆくゆくは地球人が第二のガミラスとして侵略に乗り出すのでは、と心配なのかも。 

yamato2199-19-350b.jpg

岬百合亜はあなたにぎゅってして欲しい、と言っている。
そういう事バラして良いのか。
怪我から回復した篠原と山本は順調に仲が深まっている様で。
そしてユリーシャが憑依したままの岬百合亜が心配な星名。
俺が好きな子はいま別人格。
この状況どうすりゃ良いんだろう。

しかも本人じゃなくてユリーシャの方から岬百合亜の気持ちを伝えられてるし。
両想いなのは良かったけど、人づてでこういう事言われるのって複雑ですね。
それにしても「ぎゅってして」の破壊力がヤバ過ぎる。
でも今抱きしめるのはユリーシャなのでちょっと拙いですね。

yamato2199-19-198b.jpg

バラン崩壊はガミラスに大ダメージ。
デスラーが復帰しドメルも開放。
でも奥さんはそのまんま、まあ反政府勢力を匿ったのは別の話ですからね。
ゼーリックが大艦隊を集めたバランのゲートが破壊され、大規模ワープが出来なくなった。
結果として主力がここに置き去りになって首都の守りが手薄になったと。
戻ってくるまで三ヶ月。
これまでヤマトに対し圧倒的に優位だったガミラスの台所事情がかなり厳しくなってきましたね。
沖田戦法は本人も想像つかない程の効果を上げたという事になります。

妻が罪人とはいえデスラーの覚えはめでたいドメル。
でも与えられるのは新兵と老兵に旧式艦。
しかしその士気は旺盛です。
旧知のじいさん兵士が昔とった杵柄を見せてやるとニッコリ。
蔑みを受ける二級臣民もガミラス国歌で忠節を示す。
敵にだって心があり、家族もいる、お国のために必死です。
旧作ではデスラーばかり目立っていたガミラスですが、こういうの見ると応援したくなる。
というか死んで欲しくない、と思ってしまいます。

yamato2199-19-909b.jpg

危険地帯だと?突っ切れ!!
最短コースは危険渦巻く七色星団。
当然ながら航海長・島は安全策を取って迂回コースを提言する訳です。
七色星団を突っ切る!
沖田艦長の辞書に後退とか迂回とかまどろっこしい言葉は載っていません。
そしてこの方針はドメルに読まれていましたね。
私の想像通りの人物なら…って同じ穴のムジナって事じゃなかろうか。 

しかもこの危険地帯で決戦方法が艦載機によるドッグファイト。
とことん危ない戦い方が好きな二人です。
撃墜されるより故障して墜落しちゃうんじゃなかろうか。
見ている方は興奮しますがね、というところで次回です。 

yamato2199-19-1273b.jpg

雪は何処?
独房でひたすら反省の新見、そして宇宙人を信じるな!と虚しい叫び声を上げる伊東。
何かもう本能的に宇宙人が怖いんじゃないでしょうか。
そして気になったのがドメルとの決戦時に雪がブリッジに居ないこと。

単に休憩中で寝てるんだろうか。
第一種戦闘配置なのに大丈夫かな。
交代要員である西条未来の活躍が見られたのは嬉しいですが、気になりましたね。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第20話 『七色の陽のもとに』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

yamato2199-18-1426b.jpg

星名の不安。
岬百合亜にユリーシャが乗り移ってることが明らかとなり、幹部として追加。
気になる女の子が別人になっちゃった星名は複雑ですね。 
このまま彼女はユリーシャのままなのか。
岬百合亜は戻ってくるのかと心配なんでしょう。

一方で新たな恋の予感。
バラン偵察の任務を買って出たロン毛・篠原。
3時間で帰って来なかったら置き去り。
ゲートに不具合があれば激突して死亡するかもしれない。
仮に戻ってきてもタイムオーバーで宇宙漂流するハメになるかも。
当然ガミラスに見つかって撃墜、というリスクもありうる。
かなり危険度が高い、というか使い捨て感の強い任務です。 

彼には憧れのパイロットが居たんだそうで、偵察を志願したのもそのため。
間違いなく山本の兄ですよね。
帰ってきたものの無事では済まず、傍らには山本が。 

yamato2199-18-424b.jpg

国家元帥ってゼーリック=ゲーリングか。
相当亡き後?の主導権を握るべくバランにて大規模な観艦式を敢行。
その只中にヤマトがワープアウトしてくる。
篠原の情報で一万隻以上のガミラス艦隊が集結していることは分かっていた。
敢えてそこに飛び込む沖田戦法!
って単なる無茶苦茶じゃないのか。 

怪我の功名かこれも計算のウチなのか、味方が近すぎてうかつに撃てないガミラス艦隊。
距離をとれと指示するゲールに対し、構わんから撃て!と誤射も厭わぬゼーリック。
あれ、ゲールの命令がすごくまともに見えますね。
無能でおべんちゃらだけの人物かと思ったら違うのか。

yamato2199-18-1169b.jpg

貴様は!ってその言葉遣いでまる分かり。
ご機嫌だね、ゼーリック君。
って総統のほうがご機嫌に見えます。
そうです、デスラー総統は生きていた。
そんなバカな、貴様は確かに…!!
これもう暗殺ゲロっちゃってるだろ。
どっちみちセレステラから情報を得ていて全部知ってるみたいですが。

図らずもこの機会に大きく株を上げたのが前述のゲール。
反逆が明白となったゼーリックを即座に射殺。
小物だけど総統への忠誠心は本物だったんですね。
どうしようもない奴なのにどこか憎めません。
そしてこの功績でかなり出世するんじゃなかろうか。

yamato2199-18-1325b.jpg

そしてヤマトは大マゼランへ。
バランに沈んだのは偽装、って冥王星でもこの手使ってましたね。
ガミラスは油断しすぎです。
ヤマトの波動砲は艦隊を大きく外れて…いや最初からバラン本星が狙い。
いいじゃないですか、星の一つや二つ!
という南部の意見は退けられた筈ですが…人口の天体だから良いのかな。

波動砲の反動で逆進、そのままゲートにトンズラするヤマトは凄いけど何かシュール。
でも見事な逃げっぷりは素直に称賛したいです。
こうして攻撃が逃走に直結、更にワープして大マゼランへ。
これが沖田戦法か。
無茶苦茶に見えたけど一石三鳥の方法だったなあ、というところで次回です。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第19話 『彼らは来た』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)


X話なのかアフターストーリーなのか。
劇場版の話が出た時まず思ったのがこれ。
どうやらTV放送中の語られなかった話、いわゆるX話みたいですね。
流石に喜翆荘がああなっただけにその後の話は難しいのかも。

この「花咲くいろは」はTV版が2011年4~9月に渡って放送されました。
石川県の旅館を舞台に突如放り込まれることになった松前緒花の奮闘を描いた作品です。
岸田メルの美麗なキャラクターデザインと作画に定評のあるP.A.ワークスの組み合わせで放送前からかなり話題になっていました。

かいつまんだあらすじ紹介。
東京に母と二人で暮らす女子高生・松前緒花。
忙しい母に代わって家事をこなし、幼馴染の男の子・孝一とは友達以上恋人未満。
それなりに充実していた彼女の生活はある日一変してしまう。
何と母の恋人(父親にあらず)が多額の借金を抱えて夜逃げ。
母も男と一緒に行ってしまい、自分は祖母の実家へ行くように申し渡されてしまう。
折しも孝一からの告白を受けラブコメ真っ盛りだったのにお先真っ暗。

緒花が行くように言われた実家は温泉宿で、母が飛び出して以来絶縁状態。
これだけでも肩身が相当狭そうです。
祖母は緒花を引き受けはするものの、いち従業員として働くように言い渡す。
孫扱いはしないというスタンスです。
なんて可哀想な緒花。
まるで小公女みたいじゃないか。
知らない場所に慣れない仕事、それでも緒花はめげずに頑張ると。

でも健気ってわけじゃない。
序盤はキャラクターの可愛さと、激変する緒花の環境から目が離せなかった。
孫が来たのに歓迎されない状況も気になってしかたがないと。
でも緒花もただの可哀想な少女って訳じゃないのが現代的。

まずこの娘、かなり無神経です。
人の事情を根掘り葉掘り聞きたがり、何事にも首を突っ込むなどかなりずけずけとした性格。
更に早とちりと暴走ぶりが激しく思い込みで行動しては周囲に大迷惑をかける始末。
お前、友だち居ないだろ。
なんて言われた時には「そりゃそう思うよな」って共感してしまいます。

でも緒花が仕事を覚えていき、更に破天荒な行動も良い方向に働くようになっていく。
彼女は成長していくんです。
どうやらここで上手くやっていけそう、と思った時にもう一波乱が起きると。
序盤のつかみとラストの締めが特に素晴らしかったアニメでしたね。

期間限定でBD-BOXが発売中。
BDは全9巻ですが、その後BD-BOXが発売されています。
値段的にもお得なのでオススメです。
しかしこちら2013年5月31日までの期間限定リリース。
既に販売は終了しており、残っているのは店頭在庫のみとなります。
無くなったらおしまい、欲しい人はお早めに。

コミカライズ版も全5巻で完結!
TV放送と同時期にコミカライズが行われ、こちら5巻で完結しています。
作画担当の千田衛人による可愛らしいキャラクターに、アニメを見た人も違和感なく入り込めるかと。
こちらガンガンONLINEの特集コーナーにて第1話が無料で試し読み出来ます。

TV版全26話のレビューを再公開しました。
Google対策で一時公開を差し止めていたレビューを再公開しました。
レビュー:花咲くいろは
今見るとトラックバック数がかなりく多いですね。
当時かなりの注目作だったのが伺えます。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#hanairo)


hsdd2-4-909b.jpg

いろんなマスク方法がある様で。
「ハイスクールD×D NEW」は放送局によって一部内容が異なります。
ぶっちゃけるとおっぱいが見られるかどうか。
AT-Xではおっぱいが解禁されています。
地上波ではこちらマスクされている。

マスク方法はアニメによって統一されている事が多いです。
・規制その1 謎の光(レーザーとも)が走る。
・規制その2 湯気が濃いorお湯の透明度が低い。
・規制その3 ロゴ等で隠す。

これはあからさまにやった方が効果があります。
BD/DVDでは解禁されますよというアピールになるから。
「ハイスクールD×D NEW」では色んなタイプのマスクが存在するみたいです。

規制その1-1
規制その1-2

イリナのシーンで謎の光が発生していましたね。
特にアイキャッチはよく見ないと分からなかった。
ハイスクールD×D NEWのアイキャッチは、
Aパート…キャラAの下着。
Bパート…キャラBの裸。

というパターンが多く、イリナはAパートでした。
下着…じゃなくて戦闘服ですが破けたエロスーツ≒下着扱いかと思ったら地味に乳首見えていたんですね。 

規制その2
ハイスクールD×Dではこの方法は使われていないらしく、確認できませんでした。
今やっているアニメだとFate/kaleid liner プリズマ☆イリヤがかなり濃い湯気を張っていますね。

規制その3-1
規制その3-2

一番多いのがこの「Dロゴ」によるマスクです。 
違和感バリバリで、如何にもBD/DVDでは消えますオーラに溢れています。
これが好きなアニメからBD/DVDで欲しいアニメへのフックになる訳です。

規制3B
これは派生型。
椿姫のおっぱいが無理やり横にしたタイトルロゴで隠されている。
アイキャッチならではの方法ですね。 

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

hsdd2-4-495b.jpg

匙頑張ったのに…お仕置き。
魔力でパワーアップした尻叩きはマジで痛そう。
一方のリアスはイッセーと小猫をハグ。
扱いの差を抗議する匙ですがよそはよそ、ウチはウチとオカンみたいに言って取り合わない。

と思ったらイッセーにも尻叩きが待っていた。
物凄く痛かったらしいですが、小猫にもやったのか。
不公平だしやったよね、そしてそのシーンが無いのが残念です。 

hsdd2-4-632b.jpg

アーシア裸エプロンでお出迎え!リアスも対抗。
こっそり戦っていたことを知らないアーシアですが、疲れた男を癒さんと奮闘。
この私を出し抜くとはやるわね! 
これに対抗心燃やしたリアスまで裸エプロン。
しかも母公認、この母にしてこの子ありか。
そして帰ってきた父が卒倒…する筈がない!
ガン見するに決まってるでしょうね。

横乳もさることながら、やはり尻丸出しというのは凄い。
無論ノーブラなので乳と乳がごっつんこしてたゆんたゆん、何てイベントも起きるわけで。
これ見たら尻の痛みとか吹っ飛んじゃいそう。

hsdd2-4-1008b.jpg

乳丸出しで放置されるイリナ。
フリードを追って行ったメンバーのうち、イリナがあられもない格好でやられていた。
もし変態が通りがかったら大変なことになってましたね。
いや自分が行きたかったなんて言ってませんよ!?
それにしても三人がかりで返り討ちってフリードそんなに強いのか。

しかもこれがオトリ、フリードちゃっかり隠れていたと。
クソ悪魔どもをおびき寄せてやったぜ!
おびき寄せられた悪魔が多すぎてフリード死にそうじゃね? 
そう思ったら戦うためじゃなくて顔合わせだった。
堕天使のボス、コカビエル登場です。
でも予想より遥かに小物っぽい顔ですね。

戦争を!一心不乱の大戦争を!!
要するにコカビエルは神と堕天使、悪魔三つ巴の戦争を望んでいた。
思い切ってエクスカリバーを盗んだのに、神は極秘裏に処理しようと少人数の奪還作戦しかしてこない。
ならば街を丸ごとぶっ壊してやる!
堕天使の退屈しのぎはハタ迷惑過ぎる。
そしてこんな時でも巻き込まれる生徒…が裸になっていく描写を入れてくるのは流石です。 

現実と違い良いモンに描かれることが多い悪魔サイド。
いい所も悪い所もある神。
そしてひたすら悪く描かれる堕天使、やはり中途半端な存在だからかな。
という所で次回です。

hsdd2-4-1049b.jpg

会長いいキャラしてるなあ。
匙が厳しくて厳しいって言ってたけど、普段の会長からは想像つかなかった。
今回のお尻ペンペンで本当なのが分かりましたね。
またフリードの前に回転ジャンプして登場。
筋もバッチリな白いパンツが眩しいです。
結構目立ちたがりなキャラなのかもしれない。 

おっぱいは命より重い。
素晴らしい名言が飛び出した、いやこれは至言です。
リアスと朱乃のおっぱいの素晴らしさについて滔々と語るイッセー。

松田と元浜は気づいているのでしょうか。
イッセーは二人のおっぱいを明らかに見ている、それどころか触っている。
ただ羨ましがっている場合じゃないと思います。

次回はハイスクールD×D NEW 第5話 『決戦、駒王学園!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-17-709b.jpg

新見の回想、真田の告白。
古代守とユリーシャの真実が語られる回でしたね。
学生時代の真田と新見、古代守は仲が良かった。

ただ最初は互いの上下関係がよく分からなかった。
・真田と古代守はタメ口。
・新見と古代守もタメ口。
・新見は真田に対して敬語、また「先生」とも呼んでいる。

調べた所真田と古代守は同期みたいですね、新見は二歳年下。

てっきり古代守と新見が同い年で、上下関係気にしない守が真田にタメ口聞いてるのかと思ったんです。
新見が先輩である古代守にタメ口聞いてたのにビックリ。

真田が好き、でも古代守はもっと好き。
これまでの話で新見は真田に恋愛感情持ってるのかと思っていた。
実は彼女「め号作戦」前まで古代守と付き合っていた事が判明。
恋人だったから歳の差超えてタメ口だったのかな。

でもそうなると真田に対して色目を使っている風なのがちょっと納得行かない。
実直な真田にしてみれば、亡き親友の恋人にどうこうしそうも無い訳で。
まあどっちも好きだったのかもしれませんが。

あと女子の制服脱ぐとスグ下着なんですね。
まああれだけ体の線が出てりゃ無理もないか。
何かお色気ムンムン、峰不二子のライダースーツみたいです。

yamato2199-17-763b.jpg

森雪がイスカンダル人だったとして、問題あるのか。
伊東が森雪を異星人と断じたことはかなり尾を引いているみたいですね。
本人も沈んでますし「森さんが異星人だったなんて…」とショックを受けているクルーも居ると。
ガミラス人だったなら分かる。
地球に味方してくれるイスカンダル人なら別に良いじゃないか。

見た目も地球人とそう変わらない、その上美人。
これで宇宙人なんてむしろプラス要素じゃないかと。
もし森雪がニャラルトホテプ星人だったら考えちゃいますがね。
これが仮の姿で実際グロかったらそりゃ困る。

yamato2199-17-1301b.jpg

イスカンダル迄の航路図?そんなものは無い!
真田衝撃の告白。
じゃあヤマトはどこに向かっているのか。
実は事故で昏睡状態となったユリーシャの記憶から引っ張りだしていることが判明。
まさかの生体ユニット化。
エドウィン・フィッシャー提督もビックリの「生きた航路図」として彼女を利用していることが明らかとなりました。

そしてこれに近づいた岬百合亜にユリーシャが憑依していると。
ここへ来て森雪、ユリーシャ、岬百合亜の関係もハッキリして来ましたね。
・森雪は記憶を亡くした地球人であり「偶然」イスカンダル顔をしていた。
・ユリーシャは昏睡状態のままヤマトに組み込まれており、意識を飛ばすことが出来る。
・岬百合亜は霊媒体質(要するにイタコ)であり、時々ユリーシャに意識を乗っ取られている。

森雪がユリーシャじゃないなら、岬百合亜の憑依は何なんだという謎がやっと解けた。

何故森雪とユリーシャが同じ事故に居合わせたのか。
森雪がユリーシャの物と思しきスターシャのメッセージを持っているのは何故か。
ここらへんの謎がまだ残っていますが。

真田さん死んじゃうの?
ヤマト航海の遅れは35日。
これじゃ地球滅亡の約一ヶ月後に帰ってくることになります。
当然後の祭りです。
島は大丈夫大丈夫言ってましたが、全然大丈夫じゃありません。 

古代がヴィーメラ4で入手したデータから亜空間ゲートを利用することになる。
どうやらワープを凌ぐ超長距離を一気に跳躍できるみたいですね。
誰が作ったかも分からないものに一縷の望みを賭ける…今更そんな事言ってもしょうがないか。

しかし起動に際し中央制御室に中性子が発生することが判明。
真田は一人で中に篭ってしまうと。
何でそんな構造になってるの、これ作った奴はバカなの?
本来はロボットに操作させるもので、人が入ってやるものじゃないのかも。
そうなると手動制御出来るようになってるのが謎ですが。

yamato2199-17-1046b.jpg

死地へ赴く親友に、真実を話せなかった。
なんて後悔から自己犠牲考えている風な真田さん。
異星人のコンピュータに苦もなくアクセスして、当たり前の様に操作しているのも驚愕ですがそれどころじゃない。
因みに森雪もゲート開けようと操作してますね。

古代の叫びも虚しく亜空間ゲート起動、そして真田の死は確定か。
ようやく制御室に入ったものの、死体がない。
流石に中性子食らっても消滅はしないだろうと思ったら、なんと池に飛び込んで真田は無事。
水は中性子を通しにくいんだ。
最初に言え!
真田が死ぬと、今度こそ古代が艦長代理になるかもしれない。
それだけに本当に死ぬんじゃないかと思った、というところで次回です。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第18話 『昏き光を超えて』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

seiya-66-170b.jpg

ケリーとエマの役割は逆かと思った。
鋼鉄聖闘士の中でも斜に構えた感のあるケリー。
顔立ちが「機動戦士ガンダム」のカイ・シデンを彷彿とさせます。
この人がブーたれて、女性鋼鉄聖闘士のエマが諭すのかと思ってた。

実際は逆。
鋼鉄聖闘士でもエマは人一倍使命感が強く、現状にいたく不満。
それをケリー先輩が諭して蒼摩や昴との橋渡しをするという役割でした。

パラサイトの一般兵=4級パラサイトなんだ。
彼らにも勝てない鋼鉄聖闘士は青銅聖闘士が居ないと防戦、というか逃げの一手。
最弱のパラサイトにも勝てないなんて、と不満タラタラのエマ。
それはともかく攻撃しろ。
頭を低くしろって完全に亀になっちゃってる。
攻撃してるのケリーだけじゃないか。

たまたま戻って来た蒼摩と昴に助けられるものの、エマは「何でもっと早く助けに来なかったの!」と抗議。
いや…君たちも戦いに来たんだよね。
青銅聖闘士は鋼鉄聖闘士のお助けマンじゃないんですが。
私達って足手まとい?
いや弱いのはともかく足手まといはエマ、君だけだ。

seiya-66-769b.jpg

どうせ私達は弱いし。
スチールセイントって何のために居るの?
本当に必要?
ただのブロンズの引き立て役? 

エマが遂に言ってはならぬことを言ってしまった。
その通りなんだけど…蒼摩もズバっと言い過ぎです。
元々アテにしてないし、は完全に役立たずって認めちゃってる。

こうなっちゃうとエマにはもはや昴のフォローも耳に入らない。
昴はバカだから分かんないのよ!!
確かに昴はバカだけどね。

この場を収めたのはケリー先輩でした。

ケリーの方が根は深かった。
鋼鉄聖闘士やってるのも食うためと割り切ってるのかと思ったら何と目的は復讐。
実はマルスのせいで妻子を失って…って結婚して子供が居たの!?
今回一番ビックリした、結構良い歳だったのか。

ケリー曰くアテナもパラスもマルスもアプスも皆同じ。
俺達は神々の争いの巻き添え。
ある意味ごもっとも。
敵が攻めてくるのは確かです。
しかし聖闘士ももうちょっと一般人に被害を増やさない戦いが出来ないのかとは常々思うところです。

seiya-66-1119b.jpg

ケリーは鋼鉄の枠超えてると思う。
言いたいことは色々あるがやるべきことはやるケリー先輩。
鋼鉄聖闘士の戦いを見せてやる!と蒼摩の戦いをサポート。
三級パラサイト・ロゲに対し壁ぶっ壊して不意打ち、背後から羽交い締めにします。
この破壊力凄くないか。
続いてエマと昴に鋼鉄聖闘士の合体技「スチール・ハリケーン」を指示。

ロゲ苦しんでいますが、これケリーも巻き込まれていますよね。
先輩大丈夫なの。
そんでもって蒼摩のライオネットボンバーが炸裂。
間一髪で先輩だけ逃げおおせました。
マッハを超える青銅聖闘士の動きに対応出来るケリー先輩、只者ではありません。 

何も殺さなくても。
こうしてめでたしめでたしとなる所にロゲの最後っ屁が炸裂。
蒼摩を庇ったケリー先輩が妻子の元へ旅立ってしまった。

いやいやスチールに少しは明るい未来を見せてやれよ。
やっぱりやられ役でしたってオチは可哀想過ぎる。
ケリー先輩はエマと新しい人生を生きて欲しかった…。
という所で次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第67話 『昴、驚異の小宇宙!エデンの使命!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)


8/21BD第10巻、8/24原作第6巻、8/29ゲームと畳み掛ける様に発売。
物凄い集中してますね。
因みにゲームの限定版は既にAmazonで予約終了しているらしく、現在購入可能なのは通常版のみ。
限定版が欲しい場合はお店で予約or当日GO!しか無い模様。
或いはプレミア覚悟でのオークションとか。 

BD&原作ともに阿知賀編の完結となる節目の巻。
ここからは咲-Saki-本編に繋がるので当然ですね。
そして一番の注目はゲームです。

どんなゲームなの?
公式サイトがありますので、概要を知ることが出来ます。
また阿知賀編に先駆けて、「咲-Saki- Portable」が発売されており、こちらも参考になりそうです。
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable公式サイト

ジャンルは麻雀ゲーム。
当たり前ですね、これで格闘ゲームだったら…って格ゲーでも行けそう。
闘牌イメージで戦闘シーンみたくなるのもしばしばあるので。
団体戦準決勝の原村和VS龍門渕透華とかそんな感じでしたね。 
そして脱衣マージャンでは無い模様。
まあ賭けすらしない健全な麻雀なので、そんな要素は入らないか。

じゃ、じゃあ麻雀で勝つと意中のヒロインとお近づきになれる恋愛要素とか。
それも無さそう。
咲-Saki-では女性キャラ同士のカップリングが多く、自分を男性キャラに見立てたラブコメは入りにくいのかな。

売りはCGとコスプレ。
麻雀に勝つとキャラクターのご褒美CGがある様です。
また私服や水着など、本編では登場しない衣装を楽しめるとか。
水着だらけ対戦という夢の闘牌が楽しめるかも。

新規オープニング!
また本編とは違い、ゲーム専用のOPが用意されている模様。
こちら既に公式サイト及びYoutubeで公開されています。

公式サイト>スペシャル>オープニングムービー
Youtube>『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable』OP
OP映像はゲームの物を流用しているらしく、動きがそれっぽいですね。

今後の展開で気になること。
ゲームの説明はこれくらいにして、今後の「咲-Saki-全国編」の話をば。
こちら2014年春(4月か?)にアニメ放送が決定しています。
Aブロックで決勝に進んだのは阿知賀女子と白糸台。
スピンオフ主人公と本編のライバルが順当に勝ち進んだことになります。
そしてBブロックですが清澄が勝ち進むのはもはや鉄板、というかしないと話が終わっちゃう。
決勝の4校のうち既に3校がほぼ確定している。
つまり謎の敵枠はあと1校分しか無いんです。

漫画の演出として、主人公と対戦するまで相手の能力が分からない方が盛り上がります。
・最強といわれる白糸台だけど、実際どれだけ強いのか。
・ダークホースの阿知賀女子、一体どんな連中なんだ。

そこから少しずつ明らかになるキャラと技。
というのが既にネタバレしちゃっている。
野球のWBCで何度も日本VS韓国戦があり「また韓国か」と思った事を思い出します。
ここからどうやって盛り上げていくのかというのが作者の腕の見せ所でしょうね。

今後の展開で本当に気になること。
もっと気になるのは原作の進行状況。
咲-Saki-が連載されている「少年ガンガン」は隔週の発売で週刊じゃありません。
なので週刊連載に比べその掲載スピードは半分です。
このため原作のストックも中々貯まらない。
人気があるにも関わらず続編を作れなかったのはそこらへんの事情でしょう。

更に咲-Saki-は隔週連載にも関わらず休載が多い。
どうやら原作者の小林立がかなりの遅筆らしいのです。
完結編のBD&原作が8月に発売され、9月から「咲-Saki-全国編」をやってくれれば完璧だった。
そうならなかったのは原作が貯まるのを待つためじゃないでしょうか。

現在コミックスは11巻まで発売されています。
第一作「咲-Saki-」ではこの内7巻ほどを消費、残りは4巻です。
未コミックス化分を入れても1クールにギリギリと言ったところでしょうか。

放送期間は不明ですが、もし2クールやるならこれからアニメ放送前迄に更にストックを重ねる必要があります。
果たして休載せず順当に連載出来るのか。
そもそも阿知賀編の存在自体、なかなか進まない原作の穴埋めという意味合いを強く感じました。
小林立は原作にとどまり、作画を別にすることでスピードアップを図ると。
結果として対戦相手のネタバレをしちゃったという前述の現象が起こってますね。

制約が多い。
よくある遅筆の原因は絵が緻密過ぎて書くのが大変というものです。
AKIRAとかベルセルクは将にこんな感じでした。
あとは大ヒットして原作者が大儲けした結果、怠けてしまったというのがある。
裕福になって「書かなきゃ食えねえ」というハングリー精神が欠如した牙の抜けた虎状態。
冨樫某とか谷川某からはその香りを感じますね。

いっぽう、咲-Saki-の筆が遅い事の原因として「咲-Saki-という漫画自体に制約が多く考えるのが大変」というのがあるんじゃなかろうか。
・登場人物が技術や特殊能力を使います。
・対戦フィールドは麻雀です。

つまり能力の盲点を突きつつ、麻雀の役や点数で勝つという二重の制約がある。
通常のバトル漫画より縛りが多く脚本の負担が多いと思うんです。

牌譜を深く考えなくても…と思ったり。
よく見ると白が5枚書かれてるじゃん!とか。
原作者そこは几帳面らしくしっかりと、しかも一人で考えている模様。
これが遅筆をさ加速させるんじゃないのという気がしないでもない。

後から考えると、面倒くさい漫画書いちゃったなあ。
そんな事を考えているかもしれません。
しかし原作者には何とか完結まで全うして貰いたい。
そう期待するばかりです。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#saki)


hsdd2-3-227b.jpg

二組の闘いの温度差が凄い。
聖剣を憎む木場は真剣そのもの、対するゼノヴィアも容赦しません。
対照的にイッセーの目的は服破り。
服が透ける能力と迷いに迷った末の決断。
いつか見ただけでドレスブレイク出来るその日まで!
どこまでもスケベ心を強調します。
悪魔に堕ちただけじゃなく罪深き変態になっちゃうなんて。
いや元からだから、スケベの方が先です。
まいっちんぐ状態で逃げるイリナは何ともコミカル。

でもこの勝負最初から見えていた感があります。
悪魔にとって聖剣は触れるだけで致命的。
掠っただけで!つまり毒手やビームマグナムみたいなもん。
イッセーはともかく木場は勝てるかと思ったんですが、こちらは冷静さを失っていたと。
スピードキャラなのに大剣を持ちだした隙を突かれましたね。 

hsdd2-3-412b.jpg

匙とばっちり、脱がされたのに協力してくれる小猫ちゃん可愛い。
木場がグレモリー眷属からの離脱を表明。
ここでイッセーがリアスの指示に依らないで独自行動を開始しました。
まず匙を抱き込み…って抱き込めてない。
聖剣に関わるなんて冗談じゃない!
会長におしおきされるのも怖いし…と退散を計る匙でしたが、いつの間にか居た小猫が逃がしません。

彼女も木場を助けたいと思っていたようで、さっき服を破られたイッセーに協力してくれる。
出来た娘さんですね。 
そしてシトリー眷属の匙は完全な巻き添え。

教会の意向は聖剣を敵に奪われるくらいなら破壊もやむなし。
そして木場の望みも聖剣の破壊。
つまり「破壊」という結果で両者は手を結べるというのがイッセーの見解です。
その為にイリナやゼノヴィアに協力し木場にも本懐を遂げさせると。 

hsdd2-3-818b.jpg

クリスチャンなのに托鉢、金無いのか。
重大任務を帯びているのに食費にも困る有様って何なんだろう。
移動や宿泊にも支障がでそう、正直聖剣探すどころじゃないんじゃないのか。
という訳で悪魔からの施しを受けてしまうイリナとゼノヴィア。
さっきまでの重い空気はどこへやら、何かギャグっぽい雰囲気になって来ましたね。
お礼に神の祝福を…って悪魔にそれはヤメテ。

事情を説明すると食事の恩もあるからか、承諾してくれましたね。
断られることを期待していた匙は凄く残念そう。
次に本命である木場の説得ですが、さすがにコチラはピリピリムード。
特にさっき戦ったゼノヴィアとは一触即発の雰囲気です。

イッセーの必死のとりなしと聖剣計画の顛末を聞いたことで木場も軟化。
教会が責任者を追放したという事が大きかったかも。
こうしてイッセー発案の聖剣破壊チームが結成されました。
匙だけ部外者感マンマンですが。
イッセーが木場に「俺達同じ(グレモリー)眷属だろ!!」と言った時、自分は違うと心のなかで突っ込んだに違いありません。
木場との会話中はとにかく匙の顔見てるだけで笑えました。

hsdd2-3-1283b.jpg

今回も全裸会議!
イッセーがこっそり動いている一方で、リアスとシトリーも協力して調査中。
無論話し合いは例のサウナで全裸です。
汗が滴る美少女って素晴らしいですね。
何か話す時は毎回ここ使ってくれないかな。
会長の施設なんでシトリー眷属絡みじゃないと無理でしょうか。

そして…イッセーの馴染客となりつつあるひまわりのおっさん。
ちょくちょく出てくるので重要キャラっぽいんですが、聖剣に関係しているのか。
若い美形キャラまで出てきて雰囲気が怪しくなって来た所で次回です。 

hsdd2-3-1083b.jpg

木場の決意は思い込みじゃない。
聖剣計画の被験者は全員始末され、生き残ったのは木場一人。
実は彼一人を逃がすために他の被験者が必死に抵抗していたんです。
偶然生き残ったとか、木場が勝手に仲間の無念を晴らすと言っている訳じゃなかった。
この話を聞いて巻き添え感の強かった匙が感動しちゃうのも分かる。

瀕死の木場の前に現れた白いメーテル、もといリアス先輩。
赤い髪が月夜に映えて悪魔的な美しさでしたね。
実際悪魔だったんですが。 

次回はハイスクールD×D NEW 第4話 『強敵、現れました!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-16-1252b.jpg

イスカンダル行くのやめます。
新見と伊東がなんと島を取り込み、反乱を決行。
・地球型惑星・ヴィーメラ4への立ち寄り。
・沖田館長の昏倒。
・古代が調査で不在。

これを好機と捉えて遂にやってしまった。
しかも古代じゃなくて島が艦長代理に。
彼らの目的はヤマト計画以前に立案されたイズモ計画。
つまり地球脱出&移住計画の推進。

何故今更破棄された計画を持ち出すのか。
・16万8千光年の旅なんて土台無理。
・ガミラスの攻撃を凌ぐのも厳しい。
・イスカンダル人が信用出来ない。

ここらへんの理由からヤマトよりイズモ、という訳でしょうね。

yamato2199-16-382b.jpg

逃げて…どうするの?
確かにヤマト計画はかなり無茶があるものです。
人類にとって前人未到の旅だけにホントに帰ってこれるのか、そもそも行けるのか。
でも移住出来れば大丈夫な保証も全くありません。

地球側がガミラスの方針をどれだけ理解しているかは分かりません。
また切羽詰まっているという事情もあるでしょう。
ガミラスの目的が地球そのもの(資源とか)であれば、最悪地球を明け渡して逃げるのもアリですがそうは思えない。

ガミラスの目的は地球人類つまりそこに住んでいる人。
仮にヴィーメラ4に移住できたとしても…ガミラスは地球をほっぽって追いかけてくるんじゃないの。
やるならコロニー型宇宙船でも作ってひたすら逃げて逃げて逃げまくらないとダメだと思う。
惑星じゃ逃げられません。

新見さんはやっぱエロいな!
思うにあの女子用制服がもっとも似合う人物ではなかろうか。
でもその思想はブレまくってた。
やはり真田副長の説得に失敗した時点でモチベーションがダダ下がりしてしまったんじゃないでしょうか。
クーデターの中心メンバーなのに迷いすぎでしたね。
そこは反乱を徹底してやる伊東のほうが好感が持てました、最初は。

しかし彼はやらかしてしまった。
例え反乱勢力とはいえ元は同じ船のクルー。
出来れば流血や犠牲は避けたいと思うんです。

yamato2199-16-912b.jpg

雪を「異星人め!」と糾弾したのはまだ分かります。
見ている方も気になって仕方なかったので。
スターシャのメッセージを持ちだした時はいよいよ雪の秘密がと期待も高まりました。 

しかし古代たちを置き去りにしようとしたのは拙かった。
加えて取り込んだはずの島が古代の収容を強行するに至り銃を抜く。
まさかの反乱勢力内ゲバで島殺害か?
更に造反した新見のタックルと復帰した沖田艦長が出てきてジ・エンド。
治安を守る保安部員が治安を乱しちゃったけど、この後どうするんでしょうね。 

yamato2199-16-1303b.jpg

森雪と古代の関係が公に!南部…(´・ω・`)カワイソス。
無事帰投した古代に感極まって抱きつく雪。
驚きながらも雪を抱きしめる古代。
分かってたけどまともに見れない的な山本。
彼女ダイ・ハードばりに大活躍したのに報われませんでしたね。
そして雪の思いを知った南部は唖然、呆然。
親の見合い断ってまで雪を追いかけてきたのに…ちょっと積極性が足りなかったか。 

終わってみればこれすべて古代と雪の肥やしになった気がしないでもない。
という所で次回です。

島が裏切ってなくて良かった。
新見に取り込まれたように見えたのは芝居でした。
古代の親友だけにここで分裂するのはショックでかすぎます。
本気で裏切っていたらここで収めても尾を引きそうだけに安心しました。
彼は保安部にやはり内定のため潜伏していた星名と組んで反乱勢力の動向を探っていたと。

父の件で古代とは意見の相違があったりしただけに、裏切りに説得力ありましたからね。
これは視聴者としても欺かれました。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第17話 『記憶の森から』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

龍峰が守り、光牙が攻撃。
光牙役の声優・緑川光=ガンダムWのヒイロ・ユイ。
そこから防御担当の龍峰=メリクリウスで攻撃担当の光牙=ヴァイエイトの二身一体ぶりと被りました。
その際のタルヴォスのツッコミ青銅聖闘士の盾が最強な訳ないだろう!はごもっとも。
そりゃ黄金聖闘士の盾のほうが強いって思うよね。

しかし龍峰何故戻ってきたんだろう。
光牙がここは俺に任せろと言い、あの昴でさえ自重した。
タルヴォスが全員かかってこいと息巻いたから良いんだろうけど二体一。
ちょっと卑怯臭い気がしないでもない。 

星矢はオトリ役。
本来であれば攻撃のメインを担ったほうが良い気がしますが、星矢が活躍すると光牙の出番が無くなる。
やはりというかサポート役になりましたね。
そんでもって星矢お付きの聖闘士たちは引き立て役…かと思いきや居なくなっている。

代わりに大量の鋼鉄聖闘士が登場してその役を担うと。
鈍重でデカイ奴には鋼鉄聖闘士のほうが有利。
というアイディアは悪くなかったけど、いかんせん攻撃力と防御力に差がありすぎたか。

タルヴォスもはや怪獣。
フルアーマータイプの新クロノテクターで三度登場。
その格好は何か着ぐるみを着た怪獣に見えないこともない。
パラサイトはやられても逃げることが多いので、雑魚でも出番が多い。
敵キャラを一発屋で終わらせないのは割と好きですね。
光牙が最初に戦った相手という事もあり、中々印象深い男です。

戦いこそ全てというとんでもない奴ですが一本筋は通っている。
光牙と龍峰が「矛盾」の話をしている時もちゃんと待ってくれています。
最強の敵と万全の状態で戦いたいという拘りは割と好感が持てますね。

ペガサス・ローリングクラッシュ炸裂!!
流星拳、彗星拳に続き星矢の技3つ目までも披露。
光牙はいつこの技を身につけたんだろう。
敗れたタルヴォスに光牙は言い放つ。
お前は一人、俺には仲間が居た。
格好良いですがそれって二人がかりで袋叩きにしたって事だよね。

まあタルヴァオスが良いって言ったんだから大丈夫か、という所で次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第66話 『鋼鉄奮闘!名もなき勇者たち!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

hsdd2-2-685b.jpg

”牙を突き立てろ!”
例えで使っている「マーダーライセンス牙」の全裸会議の様子はこちらです。
全裸待機ならぬ全裸で会議するリアスと会長たち。
特にソーナ会長と椿姫副会長の裸はポイントが高いですね。
このアニメ主要キャラの脱ぎっぷりは良いんですが、脇役は見せてくれない事も多い。
第一期でフェニックスとのレーティングゲーム中、イッセーが木場との合わせ技で敵を一掃した。
なぜ脱がしてから倒さない。
と悔し涙を流したのは自分だけじゃないはず。 

服の上からだともっとありそうに見えましたが、会長って小猫とどっこいの貧乳だったんですね。
そして副会長は流石のボリューム。
黒髪にメガネという共通点から姉妹にも見えますが違う様です。

話の内容は教会側からのリアスへの交渉要請。
会長を通してリアスに交渉をもちかけるあたり、結構まともな相手なのかな。

潜り込んでくる娘が増えた。
前回はリアス先輩だけでしたが、今度はアーシアまで。
行動的なリアスに触発されてアーシアまでどんどん大胆になっていくようで。
でもその先には進めない。
あちらを立てればこちらが立たず。
寸止めはお色気アニメのお約束なんですが、リアスとアーシアが牽制しあう事でそうなっている模様。
本人も言ってますが生殺しですね。
一応イッセーの頭の中ではリアス先輩がエロ対象で、アーシアは愛でるものと考えているみたいです。

hsdd2-2-963b.jpg

交渉しに来たのか喧嘩売りに来たのかどっちだ。
前日に兵藤家をひょっこり訪ねてきた紫藤イリナとゼノヴィア。
名目上は昔の幼馴染=イリナが会いに来たという事ですが、どう見ても偵察ですよね。

そしていよいよオカルト研究会の部室で交渉が持たれるのですが…高圧的な態度はまあ良いとしても、ゼノヴィアの言動がえらい挑発的。
リアス先輩を「思ったより馬鹿じゃない」とか喧嘩売ってるのか。
交渉の内容は要するに不干渉要求。
奪われたエクスカリバーを堕天使から取り返すにあたり、リアスに手出し無用を頼みに来たと。
彼らにとっては聖剣目的で悪魔と堕天使が手を結ばれては困る訳です。

これを呑むリアス先輩ですが、ただOKするだけというのが疑問。
何か対価を要求したり、条件つけたりとかしなくて良いのかな。
何かよこせ、はともかく街を破壊しまくられたらマズイだろうと。
正直「神のためなら何をやっても許される」とか思ってそうな連中に見えるので、そこらへん釘さして置かないと人とか街とか簡単に犠牲にしそう。

hsdd2-2-1167c.jpg

アーシアにいちゃもん付ける必要全くないよね。
話は終わったのですが、ゼノヴィア今後はアーシアに目をつけた。
曰く、聖女と祭り上げられた娘が堕ちたものだと。
祭り上げたのも貶めたのも教会側。
持って生まれた能力でありアーシアに何の罪もありません。
それでボロクソ言うのって何なの。

更に悪魔になりながら、まだ神への信仰を捨てきれないのではと痛いところを突いてくると。
そりゃ昨日まで信じていたものが嘘でした、と言われても人間(悪魔ですが)簡単に考えは変えられない。
だからって信仰に殉じるなら私に斬られろって余計なお世話もいい所。
やはりこの娘は交渉役として問題がありすぎです。

これを黙って見ていないイッセーは将にヒーロー。
周囲は教会との軋轢を心配しているようですが、煽ったのは向こうです。
増してアーシアに害を及ぼそうとするなら放っては置けません。

割って入ったイッセー、そして丁度やってきた木場が相手をす事になると。
この場での主人公はむしろ木場。
何しろ彼女たちも聖剣使いで聖剣を携えている。
木場の仇敵なんですから。
一見小物っぽい紫藤イリナとゼノヴィアですがその実力や如何に、というところで次回です。

hsdd2-2-1283c.jpg

いよいよ話の核心に入ってきた様で。
冒頭のフリードが持っていた聖剣が盗み出したものでしょうね。
こんな奴が何でエクスカリバー持ってるの、と思ったらそういういきさつ、しかも複数あったと。

元は1本だったエクスカリバーを7本に作り変え、行方不明の1本を除き6本を保管していた。
そのうち3本を墮天使に盗まれた…って半分もかっぱらわれたのか。
物凄くカッコ悪いと思うんですが、ゼノヴィアそんな態度おくびにも出しませんでしたね。
イッセーにはここに突っ込んで欲しかった気がします。

おっさんとメガネ娘とエロスーツ。
前回知り合ったひまわりのおっさん(仮称)、今日はイッセーと夜釣りしてましたね。
そして学校で出番の多い桐生藍華。
見た目に反してパンツはリアス先輩同様黒がお好みのようで。
この二人は今後ストーリーに関わってくるのかな。

そして白いローブを纏った紫藤イリナとゼノヴィア、その下は黒いピッチリした戦闘スーツ。
教会のやり方はともかく、このセンスだけは称賛してもいい。
これがイッセーにドレスブレイクされるのかと思うと期待が高まりますね。 

次回はハイスクールD×D NEW 第3話 『聖剣、破壊します!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-15-671b.jpg

新見薫と伊東真也。
以前伊東がセクハラめいたモーションを掛け、新見が軽くあしらっていた。
なのに今回は仲良さそうに話している。
ネタはなんと森雪。

伊東は彼女の記録が改ざんされていると主張。
やはり彼女はユリーシャなのか?
となると岬百合亜に取り付いているユリーシャらしき存在はどうなる。
是非詳しく教えて欲しかったのですが、伊東詳細を語ってはくれません。
聞こうとした新見にも圧力をかけていますね。

yamato2199-15-223b.jpg

当の雪は相変わらず古代とイチャイチャ。
人目も憚らずじゃれあっている。
よりによってそれを見たのが山本玲。
嫉妬で彼女のイライラも募っている様ですね。
無論古代と雪が知る由も無いんですが、一緒に居た篠原は気づいたっぽい。

一方で島は…何と新見薫の誘惑?を受けていた。
どうやら操舵手である彼を籠絡しようとしているみたいですね。
ちょっと引き気味の島ですが…果たして彼女のお色気攻撃から逃れることは出来るのかな。 

真田さんがお茶目だ。
岬百合亜は波動砲に興味を持ったり真田に専門的な質問をしたりとユリーシャ?がまたも乗り移っている模様。
レベルの高い質問ぶつけられた真田の嬉しそうな顔が笑える。
人間味に乏しいと言われることも有る彼もまた人間か。
一方で岬百合亜自体にはあんまり興味無さそう。
え、髪型変わっていたの?
という時の抜けた顔がまた笑える。

yamato2199-15-919b.jpg

ガミラスは真面目に戦闘準備してました。
ドメルの計略で偽装攻撃(攻撃するぞ、と見せかけたハッタリ)を繰り返し、出撃の緊張でヤマトを疲弊させます。
更にヤマトの目的地を推定して待ち伏せをすると。
最近単艦での襲撃が多かったガミラスですが、今回はドメル司令自ら出陣する大艦隊での戦闘です。

ワープアウトしたら敵がいっぱい。
完全に誘い込まれたヤマトが大ピンチです。
しかし朗報、ここで沖田艦長が復帰。
強行突破だ!!
何か戦艦大和の水上特攻を彷彿とさせるんですが大丈夫か。

第一話では地球の砲撃が尽く跳ね返されていた。
しかしヤマトの主砲はガミラス艦を紙っペラの様に貫通!
やっぱ波動エンジンは凄いぜ!
勢いにのるヤマトは敢えて死中に活ありと敵の旗艦に突っ込んでいく。
そして主砲発射!!…何と跳ね返されてしまった。
どうやら中型艦はスポスポ抜けてもドメルの旗艦には通じない模様。

必死で敵中突破→新たな敵出現で絶望感が半端ない。
満身創痍のヤマトはドメルの旗艦をかすめて中央突破に成功。
あとはひたすら逃げるだけ…と思ったら前方に新たなガミラス艦隊が出現。
ヤマトの出現位置は5箇所予想されていました。
分散配置した残りの艦隊が戻ってきちゃったんですね。

これだけボロボロなのにもう一戦とか無理。
サンドバッグ状態のヤマト、沖田艦長も打つ手なし。
古代は諦めるな!と気丈ですがこの状況、やっぱり南部みたいに泣き言言いたくなりますって。
ところがガミラス撃ち放題なのに次々と帰ってしまった。
勝ってたのに…なんで?
ヤマトのクルーは唖然として言葉もありません。 

yamato2199-15-799b.jpg

デスラー暗殺?
詳細は語られず「帰って来い」一点張りのヒスに無念の臍を噛むドメル。
そりゃ後一歩で勝てたのに突然の帰還命令受ければこうなります。
実は通信では話せない重大事が起こっていたと。
それはデスラー行幸中の爆破事故。

直前に不穏分子が逃亡していたので暗殺の線が濃厚ですね。
普段クールなデスラーも爆破の瞬間はビックリした顔してました。
話してこの先どうなるの?という所で次回です。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第16話 『未来への選択』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

最初はワガママ放題だった昴も戦いを通して成長…。
してませんでした。

光牙達を逃がすために栄斗が敵を足止め。

俺も戦うぜ!と昴参戦。

崖から落とされて栄斗に助けられる。

敵の追撃を受けて昴負傷。

栄斗が命からがら昴を抱えて逃げる。

逃げたきゃ逃げろ!俺は誰の助けも要らない! !

お前は何を言ってるんだ。
足手まといになった挙句、二度も助けてもらった後でこの物言い。
テロップで「栄斗と昴の友情」とか謳っていたので異色コンビ誕生かと期待した訳です。
これ栄斗がひたすら出来た人ってだけですよね。

それでも栄斗の決して昴を見捨てない姿勢や「聖闘士は兄弟同然」という主張。
更に敵が実の兄弟であるにも関わらず手柄を巡って醜く争う様子を見てようやく得心がいった模様。
血を分けた兄弟の心配をせず己の手柄ばかりに拘る奴に負けるか!
というそれさっきまでのお前だろという台詞を吐いてパラサイト撃破。

今日の事を忘れないように。
最後には自分の身勝手を栄斗に侘びて一件落着。
でもまたスコーンと忘れて「俺は戦うぜ!」とか言い出しそう。
どうか今日の失敗を忘れないようにしてもらいたい、という所で次回です。

星矢もGO!
彼が出てくると光牙達の活躍の場が無くなる。
だからてっきり星矢は居残りとばかり思っていましたが、取り巻き連れてパラスベルダに来ましたね。
星矢お付きの聖闘士たちの紹介が無いんですが、敵の強さを引き立たせるためのやられ役でしょうか。
だとしたらちょっと可哀想ですね。 

次回は聖闘士星矢Ω 第65話 『破れ鉄壁の門!天馬の矛と龍の盾!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

hsdd2-1-8b.jpg

抱きまくらが欲しかったので。
イッセーのベッドに潜り込んでくるリアス。
朝起きたら99センチのおっぱいが目の前にあったとします。
とりあえずむしゃぶりつくんじゃないのかな。
ここでどうしようか考えるイッセーはわりと理性的だと思う。

リアスが目を覚まして目の保養もおしまいか、と思いきやここからが本番。
彼女はむしろウエルカム、何でもしてあげると豪語しました。
そんなみなぎる日本語が!!
いやもう色んな意味で朝からみなぎってしまいそうですね。

hsdd2-1-318b.jpg

大体あってる。
学校ではイッセーの悪い噂を松田と元浜が振りまいている。
弱みを握ってリアス先輩や朱乃先輩や小猫ちゃんやアーシアにあれやこれや。
過程は違うけどあながち間違ってない気がする。

そして女性陣では三つ編みメガネ、桐生愛佳がトバしてますね。
アーシアとイッセーを毎晩合体しているカップルにしか見えないと言ってのける。 
野郎どもより表現が露骨。
女性のほうがエロトークがえげつないという話は本当かもしれない。

hsdd2-1-439c.jpg

手から気を吸うだけなのに半裸、しかも透けてる!
ブーステッドギアの暴走を抑えるために朱乃に気を吸ってもらう訳ですが、何故かイッセーは腰にタオル一丁。
そして朱乃は水垢離直後みたいなスケスケ衣装。
どう見てもソープでの一幕にしか見えません。
だってやることは指先からチュパチュパ気を吸うだけなんですよ。
少なくとも服を脱ぐ必要は全くない訳で。

しかもリアスを守るために奮闘したイッセーがかなり気に入っている模様。
知らない間に朱乃先輩にフラグを立てていたイッセー。
実はハーレム王の素質があるのかもしれない。
しかし朱乃先輩の色気は人妻に優るとも劣りませんな。
一応大事な所は隠しているのにおっぱい丸出しのリアス以上にエロスを感じます。

hsdd2-1-935c.jpg

木場がおかしい。
イッセーの家で昔の写真を見た時から心ここにあらず。
戦闘中もボーっとしてしまい、小猫が負傷してしまった。
怠慢をビンタで窘めるリアス。
見ている方は小猫ちゃんのおっぱいが見られたので有難いんですけどね!
どうやら予想以上に深刻な悩みを抱えている模様。

彼が心を乱している原因は聖剣。
悪魔にとっては天敵のような武器だそうで。
だからという訳ではなく、聖剣は扱える人が極端に少ない。
そこで教会は人工的に聖剣使いを生み出す「聖剣計画」なるものを行ったことがあった。
木場佑斗はその生き残り。
彼の過去は謎だったのですが、そんな強化人間みたいな話があったんですね。

hsdd2-1-1253c.jpg

イッセーの幼馴染は敵?そしてフリード再登場。
折しも原因となった写真の男の子…まあイッセーがそう思っているだけで女の子だったんですが、教会関係者っぽくなって来日。
そして木場の前にはアーシア絡みで出てきた外道神父、フリード・セルゼンが再登場。
お約束というかその手に握られていたのは聖剣。
でもエクスカリバーって言ってるけど本物なの?こんな奴が手に入れられるんだろうか。
そう思った所で次回です。

第1話からフルスロットル、期待を裏切らないおっぱい三昧でした。
木場が腑抜けているのと対照的に、イッセーがきっちり戦闘で自分の役割を果たしているのが印象的でしたね。
今も朝5時に起きて特訓しているのは無駄じゃなかったと。
あとイッセーの子供時代の写真がリアス先輩に大ヒット。
小さいイッセー、 小さいイッセー、小さいイッセー…。
なんか違うこと想像しちゃいそうでした。 

次回はハイスクールD×D NEW 第2話 『聖剣、来ました!』です。

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#haremking)

yamato2199-14-167b.jpg

エンディングでゴスロリ&傘をさしている娘なので傘子。
シュルツの娘ヒルデの様な民間人かと思ったら、軍人でしたね。
名前はミレーネル・リンケ、純粋なガミラス人ではないにも関わらず要職にあるミーゼラ・セレステラと同じ種族。
そして今回彼女たちがヤマトの相手です。

彼女たちが繰り出してきたのは精神攻撃でした。
前回の次元潜航艦といい、ガミラスもあの手この手で攻めてきますね。
新兵器の実験台にされている気がしないでもない。 

宇宙で歌が聞こえる。
身内であるガミラス人から「魔女」呼ばわりされている彼女たち。
イメージは美しい歌声で船員を惑わせ船を遭難させてしまうというギリシャ神話の「サイレンの魔女」でしょうか。
別名セイレーン、シレーヌとも呼ばれ、日本のフィクションにもよく使われる名前です。
因みに警報音を意味する「サイレン」の語源でもあります。

次元潜行艦が撒いていたのは送信機で、遠隔地からヤマト乗務員の心を乱してくると。
下準備に駆り出されるのだから副長ゴルがブー垂れるのも無理ありませんね。

yamato2199-14-299.bjpg.jpg

古代と森がイチャイチャしてて南部の精神がヤバイ。
私にも操縦やらせて。
ダーメ。

何か車でデートしている様な雰囲気、しかも会話がまる聞こえ。
まあ興味本位で戦闘機、それも宇宙用の操縦は任せられない…と思ったらヤマトの異変に気づいた雪がいきなり操縦。
冗談じゃなくてホントに操縦できたの!?
彼女も航宙機のライセンス持っていたのか、或いは2199年には飛行機の操縦は自動車並に身近なのか。
T-38のライセンス取得に四苦八苦している宇宙兄弟の六太とはエライ違いですね。

二人が戻ってみるとヤマトは同じ所でグルグル回転するというシュールな絵面。
ここでどうしようか迷った雪、無理やり乗り込もうとする古代。
その後自動操縦でヤマトが発進。
危なかった、あやうく置き去りにされるところでした。
そしてブリッジへ行くと誰もおらずアナライザー沈黙。
第一艦橋に誰もいないというのは明らかな異常事態です。
まさにマリー・セレスト状態ですね。

yamato2199-14-650b.jpg

キーマンは岬百合亜…に乗り移ったユリーシャか。
ヤマトは完全にミレーネルの支配下にあり、自由に動けるのは古代と雪だけ。
その二人も艦内で精神攻撃を受け過去の記憶を掘り返されている。
特に雪は記憶が無い、またユリーシャとの関係もあって要注目。

画面を見る限り、森雪とユリーシャはやはり瓜二つっぽい。
地球どころか宇宙から来た女性が自分そっくり。
果たしてこれにどんな意味があるのか、或いは単なる空似のせいで誤解を振りまいているだけなのか。
後の展開に期待したいところです。

またミレーネルにはお茶目なところが有るようで、様々なコスプレ衣装で視聴者を楽しませてくれます。
でもユリーシャの干渉で幻覚がバレそうになると首をグキっと曲げて怖い顔。
精神攻撃をする人物は自信も精神おかしくなりがちなのかも。

yamato2199-14-825b.jpg

ユリーシャがヤマトを漂っているのは何故なんだろう。
彼女はヤマト発進の一年前に事故にあって死亡したらしい。
つまり今のヤマトとは縁もゆかりもない訳です。
なのにヤマトには時折ユリーシャの影がある。
森雪に憑依でもしているのか…それにしては岬百合亜に取り付くことが多い気がする。

今回ユリーシャ化した百合亜と雪の会話がありましたね。
ユリーシャは自分が死んだことに気づいていない感じ。
そして森雪は相手がユリーシャだと気づいていない。

互いによく分かっていない状態でしたが。

yamato2199-14-1198b.jpg

ミレーネルこれで退場なの!?
古代や雪の意志そしてユリーシャのサポートで見事幻覚を打ち破った訳ですが、相手は精神体。
銃で撃っても効き目なし、ミレーネル余裕です。
でも波動エンジンに閉じ込められて起動干渉食らってアウト。

流石次元を突破するだけあって効果てきめんと言ったところでしょうか。
恐らく相当なダメージ…って精神逝ってた。
ようやく出てきたと思ったらこれで終わりなの。
こっからライバルになると思ったのに残念、というところで次回です。

yamato2199-14-1247b.jpg

大切な人=古代。
南部には可哀想ですが、やたらと縁が出来るのは運命を感じざるを得ない。
まして自分のピンチに飛び込んでくる男ならそりゃ気にならないわけは無いと。
古代は始めて「雪!」って名前で読んでましたね。
そして雪は大切な人に会えたかという問に古代のことをそれとなく挙げていく。

順調に仲が深まっている様で。

そして当初は状況が分からなかったユリーシャですが、最後百合亜に体を返してますね。
次に乗り移ったら雪とちゃんと会話が出来そうです。
その雪ですが、階段降りた時のアングルが良かったですね。
つくづく胸より尻が素晴らしいスーツだと思い知らされました。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第15話 『帰還限界点』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

玄武の死でパライストラ大ピンチ?
司令官を失い意気消沈するパライストラ。
避難民だけじゃなく聖闘士にも不安は広がっているようで。
まあトップがいの一番に戦死しちゃったらそうなるよね。 

そしてこれを見逃すパラサイトじゃありません。
三級パラサイト・ハティ率いるパラサイトの増援がやってくると。
二級が失敗した任務に三級を当てるって舐め過ぎ。
玄武不在のパライストラなんて楽勝と踏んだんでしょうか。

アテナの威圧感が半端ない。
たとえ玄武が居なくとも!と意気上がる光牙ですが、ここで何と星矢が登場。
亡き玄武の代わりに指揮を執ってくれるのか、これは盛り上がる。
と思ったら女神アテナまでやって来た。
敵の最重要ターゲットなのに真ん前に立つなんて無謀な…と思ったらハティ攻撃できない。
アテナの威圧感に押しつぶされて思わず土下座したのには笑った。

どうやら低級パラサイトじゃアテナを倒すことは出来ないみたい。
もうアテナが居るだけでパライストラ大丈夫なんじゃなかろうか。
光牙達と昴、星矢にアテナとメインキャストが勢揃い。
基本的に誰か欠けていた事の多かったこのメンバーが全員揃うと否が応でも盛り上がりますね。 

パラスベルダってまんまかい。
玄武の死でアテナもパラスとの全面戦争を決意したからやって来たと。
これまでは友誼のあったパラスと戦うのに躊躇いが会ったとか。
世界各地で襲撃を受けていたのに迷っていたとか決断が遅すぎる。
ともかくもヤル気になったアテナはパラス探し。
そして判明した居場所はパラスベルダ。

これまで栄斗が必死に探していたのに見つからなかったそうですが、町の名前で怪しいとは思わなかったのだろうか。
防戦一方だったこれまでと違い、逆に襲撃をかけることになった模様です。
やっぱ光牙たちが攻撃班で、星矢はお留守番になっちゃうのかな。
一緒に行ったら光牙達の出番無くなっちゃいそうだし、というところで次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第64話 『進め聖闘士!パラスベルダへの険しい道!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-12-688b.jpg

シロッコネタ満載。
まるで機動戦士Zガンダムの最終回を思わせる名セリフの数々。
ニャル子の活躍も島田敏の存在感には叶いそうもない。
個人的にこの声優にはちょっとした思い入れがあります。

彼が機動戦士Zガンダムでのラスボス、パプテマス・シロッコを演じたのは有名です。
そして2005年に公開された「機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-」を見てビックリ。
声はかすれ、呂律も回っていない…島田敏の声が物凄く劣化していた。
こちら加齢によるものというレベルじゃなかったんです。
あの時のショックったら無かったです。

でも第二作以降はちゃんと戻っていて一安心。
もうあの時の声は出ないのかと思っていただけにホッとしましたね。
その後アニメでの出演も増えてもう大丈夫と思った次第。
ホント一時の劣化ぶりが嘘のようでした。

nyaruko2-12-1053b.jpg

蕃神(ばんしん)ってバンシィかな?でも見た目はドラグナー3。
頭のレドームがまんまですね。
体はメタルギアとかウォーカーマシンっぽいですが。
ニャル子と何の関係があるのかというと、こちら地球圏の神々を守るガードロボット。
つまりニャル子の今やっている仕事を本来やるのがコイツ。
蕃神があればニャル子はお払い箱って寸法です。

完成は500年後って聞いたのにずいぶん早いですね。
実はある人物が完成させたHビルダーによって一晩に完成…ってガンダムAGEネタなのか。
随分最近のパロディを組み込んできましたね。
ともかくもこのままではニャル子の仕事は蕃神に奪われ、地球からおさらば。
真尋と離れたくないニャル子はクー子、ハス太とともに性能テスト(という名の破壊工作)を目論むと。

壊さなくてももう壊れていた。
コイツ壊してもHビルダーがスグ新しいの作ってくれる気がする。
正直無駄じゃないのかな…と思ったらいきなり暴走。
まあこの手のアニメでのお約束ですが、果たして暴走の理由は何か。
地球圏最高の邪神をAIに採用…ってニャル子じゃん。
お陰で勝負そっちのけで真尋を追いかけ回す蕃神。

最初はやはり真尋、宇宙人どころか宇宙ロボットにも好かれるのかなと思った。
ニャル子脳じゃそりゃ真尋で一杯でしょう。
彼女の思考を採用したエンジニアって何考えているのだろう。
設計に欠陥が見つかったことで蕃神の採用はおジャン。
こうなったら後は暴走したこのロボットを倒すだけ、スッキリした状態でニャル子たちはサクッと蕃神を片付けると。

nyaruko2-12-1360b.jpg

ニャル子がまともな料理を覚え、真尋との仲も一歩前進。
というより何があってもこの家に居座るつもりなんだろ、と諦めムード。
まあこれもひとつの受け入れる形ということで。

これまで散々怪しい材料を使い何故ニャル子は学習しないのかと思っていたらちゃんと地球の料理を覚えましたね。
真尋も可愛い女の子による、まともな手料理なら嫌いじゃないと。
わりと綺麗に纏まった所でおしまいです。

ツル子、出番なし…(泣。
オチ要員だった彼女ですが、最終回だけに出てくる暇はなかった模様です。
あとはニャル子の会話に出てきたアト子ってのが気になりますね。
三期があれば出てきてくれるでしょうか。

パロディ三昧がちょっと食傷気味になって来ましたが、何だかんだで楽しめました。
第二期は真尋ママの出番がかなり多かったですね。
そして最終回はとにかくシロッコネタが面白かった。
サンライズからお叱りを受けそうで怖いですが…このまま続けてくれると嬉しいですね。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-13-164b.jpg

機械と機械によるイデオロギーの激突。
空っぽのコクピットを晒しながらストライカーは悪びれる様子もなく告げる。
私は人類支援啓蒙レギュレーションシステム=即ち神である、と。
こうなったのは一応中佐の遺言らしいですね。
ストライカーなりにパイロットの遺志を継いでいる訳で。

これに対しチェインバーが反論。
まず盲信=考えるのを辞めた人は人類ではないと切って捨てる。
究極生物になった結果知能が退化したヒディアーズを人類足り得ないと言ったのと同じですね。
そしてチェインバーは人を支援するシステムであり、神は対象外。
もう心があるんじゃね?というチェインバーのセリフには引きこまれます。

gargantia-13-552b.jpg

どっかで裏切ると思ってました。
チェインバーが銀河同盟やストライカー第一に考えてレドと対立するかと思ったことが何度かあります。
しかしその都度チェインバーはレドに人間らしくあるべしとアドバイスしてくれた感がある。
そして最終決戦では呆けているレドに代わって人類代表みたく意見表明。
もう完全に主人公ですね。

一方のレドも何もしていないという訳ではありません。
チェインバーと神経を直結してまでストライカーを倒そうとする様はまさに主人公そのもの。
このまま行くとレドは本当に死んでしまい、「魔法少女まどか☆マギカ」みたいな自己犠牲エンドになるんじゃないの?
そんな気がして来た時にそれはやって来た。

現世の未練=エイミーは良いんだけど。
限界突破して最終決戦の真っ最中にサーフカイトで割り込んで来て、あろうことか愛の告白。
危ないし、レドの貴重な時間が削られちゃう!
流石に空気読めって思ってしまった。

もっと控えめに、通信でもいいじゃないか。
愛の告白は今後の展開として、レドに生きていて欲しいで十分だろう。
一応観測手としてやって来た訳で、無意味じゃないのは分かります。
でもヒロインなんでとねじ込んで来た様な場違い感が拭えません。
むしろこの状況で攻撃しないストライカー、凄く空気読んでます。

gargantia-13-794b.jpg

くたばれ、ブリキ野郎。
店の梯子はマスドライバー、弾丸は廃船。
ボロ船に爆薬満載した即席っぷりが面白いですね。
しかも衝撃緩和の散水…ってこれスプリンクラーに使ってた奴じゃん!
まさかアレが最終兵器の伏線だったとはビックリです。

これにガルガンティアの防衛艦隊が加わって勝負あり。
といってもストライカーを止めないと勝利はあり得ないんですが、レドは死を躊躇していると。
貴方にパイロットの資格はない。
ここでまさかの強制開放、レドをパイルダーオフするチェインバー。

無論ツンデレであり、レドを守るために無人となったチェインバーはストライカーへ向かうと。
散々ブリキ野郎呼ばわりされたチェインバーがストライカーをブリキ野郎呼ばわり。
こうして両者は相打ち。
まさかのチェインバー自己犠牲エンドでした。 

バギーちゃん、バギーちゃんじゃないか!!
これを見た時はドラえもん のび太の海底鬼岩城を思い出しました。
普段は悪態ばかりついて色んな意味で「人間臭い」感じのした水中バギー。
彼は自分に優しくしてくれたしずかちゃんの為に爆弾積んで鬼岩城へ体当たり。
基本的に犠牲者の出ないドラえもんでの「バギー特攻」はインパクトありましたね。

マシンキャリバーもチェインバーも失われた後、レドはユンボロでのサルベージをやっているみたいです。
もうクジライカを傷つけることもありません。
そして仕事が終わればエイミーが待っている、というところでおしまい。

gargantia-13-1298b.jpg

真の勝ち組はピニオン。
どう見ても死にそうな感じしかしなかったピニオン。
最終決戦で仲間を追い出し(に見せかけて逃した)、一人残ってまさにお膳立ては完了。
でも死ななかった。

ラケージに助けられてきっちり生き残った挙句ベローズとの三角関係に発展してしまう。
しかもマイタまでピニオンが気になるっぽい。
まさか主人公レドより脇役がモテモテになるなんて。 

そしてワリを食った快楽天ちゃんサーヤ。
郵便三人娘で一番魅力的だったにも関わらず、レドとの絡みも活躍らしい活躍もないままでした。
何と勿体無い。
やはり1クールだと全員に見せ場を与えるのは苦しかったか。
彼女が輝いていたのはやはり水着になったシーンでしょうか。
まるで芸能人水泳大会のポロリ要員みたいな扱いに涙。 

でも視聴者に取ってはエイミーやメルティよりも人気があったはず。
つまりサーヤは視聴者の嫁。
って事で納得しておきます。 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-13-906b.jpg

或いはサー・カウラー。
ネットでは艦長フラーケン役の声優:中田譲治が「超新星フラッシュマン」で演じていたサー・カウラーにも似ているとも言われています。
因みに船はUボート風でクルーもドイツの潜水艦乗りっぽい。
そんでもって副長がやたら好戦的。

しかし亜空間から魚雷攻撃とはえげつない。
将に究極のアウトレンジ攻撃ですね。

yamato2199-13-743b.jpg

艦長代理・真田!?
不運には友達が多い様で、この大ピンチに沖田艦長が倒れてしまう。
代わって指揮を執るのは…副長の真田。
旧作で艦長代理といえば古代というイメージが強いのは確かです。
でも今考えると無理ありますよね。
階級や年齢から言っても妥当な人選です。

その古代は意見具申、対潜哨戒機でソナーを投下しての敵艦捜索を提案。
同じく新見も提案、こちらはヤマトから直接ピンガーを打つアイディアです。
結果として新見案が採用され、古代の案は却下されてしまう。
デブリが多い中で艦載機を飛ばすのは危険という判断です。

古代君、ちょっと艦長の様子を見てきてくれたまえ。
徳川の申し出に応じる古代。
これ明らかに独自行動を促していますよね。
真田さんも黙認しているとしか思えない。

案の定自分のアイディアを実現すべくシーガルで出発する古代。
一方でヤマトは新見案どおりにピンガーを打つものの、敵に捕捉されてしまうと。
新見がかなりショックを受けていますね。

yamato2199-13-929b.jpg

そこまで落ち込まなくても。
新見はアイディアを出したに過ぎず、採用したのは艦長代理の真田です。
なのに物凄く落ち込んでいますね。
自分の案に余程自信があったのか。
或いは真田にいい所見せたかったのに果たせなかったからか。

まあ、人死にも出ちゃいましたからね。

でも落ち込む才女って何かソソる。
なんて思うのはゲスの考えでしょうか。
因みに真田と古代守は旧知みたいですが、新見も知っているみたいですね。
古代の言動に守の影を見ているフシがあります。

ピンチになったヤマトですが、古代の独断専行が功を奏します。
異次元に潜っていると言っても、潜望鏡は出す必要が有るようで、これを叩いて一気にトンズラ。
でもこれは一時しのぎ。
根本的な解決方法はやはり撃沈しかありません。
こんなこともあろうかと、そう言って真田さんが何か作ってくれることを期待しましょう。

yamato2199-13-1327b.jpg

新見さんを堪能しました。
森雪よりもスタイルが良いのでスーツ姿はまさに目の毒。
そりゃ藪じゃなくたって緊張するって!
今回特に出番が多くてお腹いっぱいでした。

あと今回古代がまたも出て行ってしまったので、砲雷撃戦は南部が担当。
撃ちー方始めー 。
自衛隊式の言い回しを聞いて「ジパング」を思い出しました。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第14話 『魔女はささやく』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

nyaruko2-11-673b.jpg

ニャル子の想像ですが。
宇宙人ニャルラトホテプと地球人で子供って本当に出来るのか。
出来るなら真尋攻略のハードルが低くなるかもしれません。
あとは寿命ですね。
500年なんてあっという間、と言ってのけるだけあってニャル子は長命っぽい。
地球人は100年生きるのも大変なので。

川に遊びに来たニャル子たち。
何か真尋ママが普通にヒロインっぽい感じですね。
若くて美人過ぎる母だけに肉親という事を忘れてしまいそう。

安全確認しろよ。
ずっと拒絶しているのに、今回も怪しい肉を持ってきたニャル子。
頑なに経口を拒否する真尋と対照的にみんな食ってますが、
真尋が正しいと思う。
ニャル子たちには大丈夫でも、地球人には毒かもしれない。
せめて「地球人が食べても大丈夫」という安全宣言貰わないと食えない。

何度も嫌だと言ってるのに食べさせようとするのは何か意図があるのかな。
体質改善して宇宙の肉に耐性をつけるためならまだ分かりますが。 

更に宇宙の菓子(チョコレート風?)を持ち出してくるニャル子ですが、真尋これも拒否。
美味い美味いと他の連中は食っていますが…ホント大丈夫か。
と思ったら大丈夫じゃありませんでしたね。

nyaruko2-11-1090b.jpg

媚薬入りか。
チョコレート食ったらウイスキーボンボン入りで変な気分になっちゃった。
という話の宇宙版ですね。
最初洋館に変な術でも掛かってるのかと思いましたが、こちら無関係。
ターゲットはほぼ真尋に集中してしまい逃げ惑う真尋。
ルーヒーだけはニャル子相手に頑張ってますね。

貴重な巨乳キャラなのに普段あまりスポットの当たらないルーヒー。
今回は出番も多いうえ水着姿なので大満足です。
挙句ニャル子に縄で縛られている姿がとってもエロいですね。

やはり大人しめのアプローチが効果高い様で。
食べた連中でニャル子だけ大丈夫なのは、本気で真尋が好きだから。
他の連中はあんまり本気じゃないのかな?
なんて考えるのは野暮ってもんでしょうか。

加えてニャル子は自力で真尋と恋人になることを目指していると。
洞窟で薄明かりの中、そんな告白されちゃキュンと来るのも無理ありません。
このまま真尋も流されてしまいそう…ですがそうは問屋が卸さないと。
みんな追いついてきて真尋貞操の危機。
というタイミングで効果が切れるのもお約束か。

nyaruko2-11-1435b.jpg

余市置き去り…。
一人で釣りを続けていたとはいえ、忘れてしまうのは可哀想。
というか荷物の番してたんじゃなかったのか。
取りに来て余市だけスルーしちゃうって酷くないですか。

そして何故か洋館で同人誌執筆していたツル子とバッタリ。
奇しくもそのタイミングで余市の媚薬が発動…って随分遅かったな。
てっきり釣った魚に惚れちゃうのかと思ったら違った。
余市とツル子って結構縁がありますね、もしかしてくっつくのかな?
というところで次回です。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第12話(終) 『さようならニャル子さんW』です。

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-12-425b.jpg

これ初見にはキツイでしょ。
前回拘束衣みたいの着てイスに座っていた連中はやはり生贄とか人減らしみたいな連中だったようで。
見たところ老人が多い…と思ったら若いのも居る。
多分病気持ちか何かでしょうか。
その少年が笛を作っていた少年&ベベルと被ってしまったレド。
こりゃー従えそうもありません。

そもそも熱心な信者ならともかく、入ったばかりの連中がこんな光景見たらドン引き間違いなし。
なのに見せているのはやはりストライカーと中佐の力が圧倒的だからという自信でしょうか。
しかし今回はレドが居て、ラケージが居て、ついでにピニオンも居たと。
やっぱこいつらダメだわ。
目が覚めたピニオン、髪を下ろしたら兄貴にそっくりのイケメンですね。

gargantia-12-736b.jpg

今回メルティは頑張った…そしてエイミーの操縦技術は異常。
傍受を避けるため、直接ガルガンティアに危険を知らせたい。
レドの懇願を受けてメルティが奮闘します。
しかし海図もレーダーもなしで船団を探すとかかなりの無理ゲー。
一応銀河道という道標はありますが、あてが外れれば燃料切れで遭難です。

またアニメなのでわりと短時間で到着したように見えますが、多分一昼夜飛ばしてきたんでしょう。
その昔ニューヨーク=パリ間を飛行機で33時間かけて横断したチャールズ・リンドバーグ。
彼の敵は寒さと睡魔だったそうです。

ガルガンティアを見つけるものの気が抜けたのか意識を失ってしまうメルティ。
これをエイミーがナイスキャッチ。
どう見てもカイトに激突しそう、或いは加速で腕が千切れる。
カイトの扱いに長けたエイミーの神業という事にしておきましょう。

gargantia-12-701b.jpg

激突、チェインバーVSストライカー。
ピニオン謹製のフルアーマーチェインバー。
時節柄ガンダムUCを彷彿とさせますね。
ストライカーはチェインバーの上位機種らしいので素手では心もとない。
これで何とか対抗できるだろうと思ったら…向こうフル装備でしたね。

お宝といっても銀河同盟の武器に比べりゃ子供のオモチャ。
戦力的な不利はいかんともしがたい状況です。
しかしそれでも戦うと。

同盟のロボット二体による戦闘は流石の大迫力ですね。
久々にそれもレベルの高い戦闘シーンに舌鼓です。
機体性能も武装も遥かにストライカーが上みたいですが、ピニオンの援護もあって何とか凌いでいます。

他にも下ではラケージ率いる海賊団が大暴れ。
チェインバーにこそ敵わないものの、彼女のユンボロ「波乗りロブスター」は敵を圧倒。
地球じゃ最強なのかもしれません。 

gargantia-12-1291b.jpg

やはり中佐は死んでいた。
動きを止めて乗り込もうとしたレドですが、コクピットに居たのは土気色の中佐。
モノ言わぬ中佐の喉元から声がする。
やはりというかストライカーが中佐を騙っていた模様です。
しかし腐敗が一気に進んで首がゴロンと落ちる演出は流石に虚淵玄というべきか。

ストライカーの行動が自身によるものか、或いは中佐の遺言なのかはわかりません。
しかし地球には地球の暮らしがあることを優先したレド。
すっからかんのコクピットを晒しつつ闘いを続けるストライカーを止められるか? 
というところで次回です。

ガルガンティアにも秘密兵器が?
鍵を使う時だとか、天の梯子とか言ってましたね。
名前からすると発射台みたいなものでしょうか、所謂マスドライバー。
それだと武器じゃなくてレドを帰すために使うんでしょうか。

あとリジッド達がレドの指示通り撤退しようとしたら戦闘参加を主張し始めたエイミー。
何故幹部の打ち合わせで発言しているのか。
そもそもガルガンティアの戦力じゃ足手まといにしかならないから逃げたほうが良くないか。
彼女の出番を無理やり作った気がしないでもないですね。 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-12-1053b.jpg

だってエロいんだもの。
久々に古代との逢瀬を楽しむ森雪。
その戦闘機跨ぐ仕草がやたら色っぽい。
スーツの書き込みも今回特に気合入っているという感じです。
こんなのが横にガサゴソやっていて平静で居られる古代はどこの賢者なんだ。

メルダの「戦争は地球から仕掛けた」という話はヤマトに大きな波紋を残したようで。
無断で開放、戦闘までした山本玲は懲罰房行きになりましたが、今度は古代と島がブリッジで人目もはばからず口論。
この時の雪と新見の反応が対照的で面白い。
喧嘩にビックリの雪に対し、新見は興味津々といった感じです。

yamato2199-12-192c.jpg

一方で幽霊騒動もまだ続いていた。
先日岬百合亜に何か憑依してましたね。
この影響か彼女は夢をみる。
病室にたたずむ女性は森雪で間違いなさそう。

他にも彼女らしき幽霊を目撃した人物が出てきてまるっきりのホラ話じゃないみたい。
でも佐渡先生は全く取り合わない。
こちら当の森雪にはまったく自覚や影響が無いみたいです。
それともこれから何か出てくるのかな。

考える人々。
騒ぎを起こした罰として掃除に勤しむ古代と島。
二人共互いの言うことも分かっている、けど自分の意見も譲れない。
罰当番なんて小学生かよ、と愚痴る古代ですが気持ちを整理する良い気分転換になったんじゃないでしょうか。
古代が森雪と、島が山本と会話することで冷静になっていく描写も良かった。
最後にはちゃんと仲直りできて、若いけどちゃんと大人なんだなって感じがした所で次回です。 

ヒルデ、メルダに続いてガミラス少女が登場。
クレジット:花束の少女。
なんかマクロス7を思い出させます。

yamato2199-12-357c.jpg

シュルツは評価高かったんだ。
ドメル将軍が「あのシュルツを倒した」って言ってますね。
二級ガミラス臣民でもその優秀さは知られていたと。
次にヤマトが相手するのはまさにそのドメル。

墓参りで先に来ていたのは婦人でしょうか。
どうやら子供を失っている過去があるらしいですね。
その上旦那は仕事仕事で二人の間に距離が…無かった。
遠距離でも絆は固い夫婦なようで羨ましい。
しかしこの先の事を考えると婦人は可哀想な気がする。
綺麗ですが、何か幸薄そうな顔ですしね。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第13話 『異次元の狼』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

ステゴロ上等。
基本的に聖闘士星矢世界のファイターは武器を使いません。
今回の敵パラサイトはその武器を全面に押し出しているのが特徴。
なにせ二つ名の元になっていますからね。
なお、アンドロメダ瞬のネビュラチェーンは武器じゃないのかというツッコミは不可です。 

ガントレット使いのエーギルは例によって自信満々でパライストラを攻めましたが、黄金聖闘士・天秤座の玄武に一蹴。
これを見たタイタンが自らの武器である剣「天地崩滅斬」を貸し与えると。
いやビックリしましたね、パラサイト間で武器の貸し借りができるなんて。
しかも二級が一級の武器を。
対する玄武も天秤座の武装を解禁、大変珍しい剣と剣の対決が実現しました。 

普通に使いこなしている。
天地崩滅斬は一級パラサイトの武器だけあって超強力。
さっきまで一方的だった闘いがあっという間に逆転してしまいましたね。
パラサイトの強さって武器に拠るんじゃなかろうか。
エーギルがこの剣を借りパクしたら容易にパワーアップ出来るんじゃないのかな。

これに対し天秤座のソードの威力や如何に。
と思ったら、玄武バッサリ斬られました。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工。
その上で天秤座のソードはこう使う!と天地崩滅斬をぶっ壊そうとする。
いやそんな事してないで使い手のエーギルを倒したほうが早いでしょう。 

しかも武器破壊に失敗、ちょっぴり傷を付けるに留まると。
いちおうこれで時間停止は解除されましたが…割に合ってない感が半端ありません。

後は頼んだ…ってそりゃ無いよ!
まさかの剣にちょっぴり傷を付けるためだけに玄武死亡。
直後に怒りの小宇宙が充満した光牙がペガサス流星拳でエーギルを一蹴。
いつも瞬間移動で逃げるパラサイトを珍しく仕留めましたね。
しかし青銅聖闘士にこうもあっさりやられる相手を倒さなかった玄武、まるで自殺じゃないかと。

そもそも玄武、若い聖闘士若い聖闘士言ってますが自分だってまだ若いじゃないかと。
少なくともヒドラ市よりは。
何故こうも死に急いだんでしょう。
死ぬ間際に「Ωに目覚めるかも」とタイトルの秘密を語ってくれた事といい、ヒント与えて退場する役を無理やり押し付けられた感が凄い。
まあ玄武が活躍すると光牙の出番が無いとはいえ 、都合良すぎる退場劇でしたね。

次回は聖闘士星矢Ω 第63話 『』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-10-532b.jpg

大人しい方が魅力的な訳で。
おばけは死なない~病気もなんにもないと言われていますが、邪神はウイルスに勝てないのか。
熱が90℃って沸騰寸前、半端じゃありませんね。
これだとおでこで熱を計るイベントとか出来そうもない、真尋が火傷する。
あと通常体温計って40℃ちょいまでしか測定出来なかった気がするんですが、何故分かったんだろう。

そしてこんなタイミングで侵略宇宙人がやってくると。
クー子とニャル子の代わりに志願したハス太が対処するわけですが…思ったより弱い。
こんな奴で良かったなと思ったら、シャンタッ君が人質いや何質だ?に取られてしまった。

nyaruko2-10-781b.jpg

侵略宇宙人としては真っ当だ!?
この宇宙人の目的は地球の資源採掘。
なんてまともな侵略者なんだ!
同人誌あさりとか地球人にラブラブアプローチしに来た訳じゃない。
それだけで感心してしまった。
陸地の無い北極で何を採掘するのかは疑問ですが。

あとビームで山をふっ飛ばしましたが、氷の大地である北極に山…もしかして私の知る北極とは違うのか。
残骸から資源回収してましたし。
でも最終目標はゲームの為だそうで、お前もオタク目的だったのか。
さっきまでの感動返してくれ。

nyaruko2-10-1163b.jpg

サブタイトルはダブルミーニング?
この状況を打開したのは風邪を押して出撃してきたニャル子。
しかし如何せん力が出なくて途中でつっ伏してしまう。
真尋が助け起こす訳ですが…おい90℃なのに触っても大丈夫なのか。
表面温度はもっと低いのか、設定忘れたのかどっちだろう。

手詰まりで結構ヤバイかと思いきや、こいつらの弱点は音楽。
ニャル子の風邪移して勝利かと思ったら、ワクチン接種済みでした。
サブタイトル「ユゴス・アタック!」は「ミンメイ・アタック」と「マーズ・アタック!」の両方から取っていたのか。
頭が破裂するのは後者ですね、というところで次回です。

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第11話 『とあるキャンプの悪霊の家』です。

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-11-192b.jpg

クーゲル中佐と再会出来てレド歓喜。
同じ同盟人それも尊敬する上官に会えたんだから当然でしょうね。
ガルガンティアで大分くだけてきましたが、根っこはやはり兵士だと。
ヒディアーズの秘密を知って落ち込んでいた事もあって嬉しさもひとしおという事かな。

しかし中佐率いる連中の様子は何かおかしい。
まず格好がどこぞの新興宗教みたいですし、言動も気が抜けているかの様。
そして一番気になるのがクーゲル中佐が出てこないこと。
風土病にやられてコクピットから出られないらしいですが…ホントに生きてるのか。

既に死亡して、立体映像にストライカーのコンピュータがアテレコしてるんじゃないの。
そんな疑念がありますね。

gargantia-11-154b.jpg

合流と言う名の吸収合併。
クーゲル船団の船は地球で調達したみたいですが、かなりハイテク。
これどっかから掘り出したのか、たまたま拾われた船団の装備が凄かったのかは不明。
レドが嬉々としてクーゲルの元へ走った上に、向こうにはストライカーも居る。
古代兵器で向かう所敵なしと思っていたフランジ船団でも勝ち目なし。
結局独立したのもつかの間、フランジ達の船団はクーゲル達によって吸収されてしまう。 

また代表者としてピニオンを指定し、迎えに来たのはあの「大海賊」ラケージ。
格好はそのままですがやはり覇気がなくなった様になっていますね。
どうにも洗脳された集団というイメージが拭えません。
中佐は銀河同盟みたいな秩序を地球にももたらしたいと考えているのかな。 

gargantia-11-1333b.jpg

次の「啓蒙活動」の対象は。
やはりというか、ガルガンティアでしたね。
クーゲル中佐は尊敬しているけど、ガルガンティアにも愛着はあるでしょう。
果たして銀河同盟みたいな船団にあれを加えてよいものか。
特に気になるのは弱者の扱いです。

一応力量に応じた待遇という事で弱者にも門戸は開かれている。
しかし「不要な人材は処分」って処置も残ってるんじゃないの。
拘束衣みたいの着せられた一団がありましたよね。

あれ変な修行とかじゃなくてこれから海に投棄されるのを待っているのではないか。
そうなると病弱なエイミーの弟・ベベルが危ない。
そうなったらレドはどうするのか、という所で次回です。

gargantia-11-17b.jpg

エイミーパンツはいてない&ラケージの従属は偽装っぽい。
必要と有らばパンツも見せるアニメ化と思っていたら、今回は不自然なくらい見せませんでしたね。
そして残念なことにサーヤの出番がまるでなし。
まさかメルティより扱いが悪いとは…何とも勿体無い話です。

そしてクーゲル船団で新天地を見つけたかのように振舞っていたラケージ。
どうやらフリだった模様です。
嘗ての敵が協力してくれる展開になるのかも気になりますね。 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-11-372b.jpg

メルダのお色気シーンまであった!
検査という名目で見ることが出来た佐渡先生は役得でした。
しかしガミラスの下着は布地が少ないですね。
あとガミラス女性にも巨乳の女性が居るのか気になります。

艦内でトレーニングに励む雪というのも新鮮。
現在の宇宙飛行士は運動必須になっています。
そうしないと無重力・低重力でどんどん筋力が衰えるから。
ちょうど宇宙兄弟で「帰還直後は立ってるのもやっと、子供に抱きつかれただけで肉離れ」って話が出てましたね。
ただヤマトには人工重力があるのかもしれませんが。

お風呂で雪が言った「あの人」はてっきり古代の事かと思いました。
同じ男が気になっていると見ぬいて宣戦布告したのかと。
そうしたらメルダを指していましたね。

yamato2199-11-803b.jpg

マジで地球側から仕掛けたの!?
メルダの口から発せられた意外な言葉。
戦争を仕掛けたのは地球から。
ヤマトクルーは当然反発しますし、そんな訳ないだろと思ってました。
しかし真実を知る山崎二尉から語られたのはメルダの発言が正しいというもの。

芹沢軍務局長が先制攻撃を主張しこれに異を唱えた沖田艦長を解任。
島の父である先遣隊艦長に攻撃を強行させたというもの。
そして両者は以後戦争状態になったと。

ヤマトの登場人物には「新撰組」から名前を取った人が多いです。
芹沢といえば新撰組の悪評を担ったトラブルメーカー。
結局粛清される人物ですが、ヤマトの芹沢もそんなキャラクターになっているみたいですね。 

島の性格が…。
彼の心情は分かります。
尊敬していたうえにこの戦争で最初の犠牲者となった父が戦端を開いたなんて信じたくはない。
ガミラスに恨み骨髄だけにメルダに対する不信も強いと。

ただ旧作ではどっちかというと古代のほうが血の気が多くて、島は冷静な人物だった。
それが今作では逆になっている為に違和感を感じてしまいます。

yamato2199-11-611c.jpg

古代は自重しろ。
正直ヤマトはメルダの扱いに困っているんだと思います。
彼女は捕虜ではなく使者としてヤマトを訪れ、その後のトラブルで帰れなくなっているだけ。
これ幸いと捕虜にしたり、増して処刑するほどヤマトは落ちぶれていません。
かといって自由な行動を許すとクルーの反発もあるわけで。 

そんな中で古代が尋問を開始するのですが…。
まず距離が近いって。
息遣いが聞こえそう、ちょっと顔前に出せばキス出来そうですね。
戦艦なんで部屋が狭いのかもしれませんが、取り調べる雰囲気じゃありません。

どうやらメルダに一目置いているみたいですが…何かやたら好意的じゃないですか?
島みたくガミラスはみんな敵だ!というのは流石に無茶です。
しかし兄の仇である敵兵の接し方には思えない。
いわば彼女は仲間じゃないですか、は流石に無いだろと。
古代の振る舞いはどう見ても敵の女に籠絡されちゃった人に見えてしまう。

そして山本がカツ化。
パイロットなら銃じゃなくて空戦で決着を付けるべき。
いくらメルダにそう言われたからって無断で彼女を開放した挙句自身もコスモファルコンで勝手に出撃。
人類の存亡を掛けた旅路で私闘を行うなんて。
しかもあっさり後ろを取られた上、エンジントラブルで脱出。
貴重なコスモファルコンを大破させるという結果を引き起こしてしまう。

最後は殺そうとしたメルダに助けられるという体たらく。
これ普通なら銃殺もんだろ。
人員の補充が効かない旅の途中だから6日間の営巣入りで済んだようなもの。
無茶苦茶な行動とお粗末な結果に開いた口が塞がりません。

結局メルダは最後まで正直で良い人だったという話。
対照的に地球人の不可思議な行動が気になった回でもありました。 

yamato2199-11-1341b.jpg

今回の見どころはお色気シーンともう一つ。
ガミラス戦闘機のデザインです。
何かメッサーシュミットMe262に似ているのが個人的に気に入っています。
正直コスモファルコンやコスモゼロより格好良いと思ってしまった。

興味が出たので調べてみたら、
空間格闘戦闘機DWG262ツヴァルケ。
ああ、元ネタがまんまMe262だったんですね。
ツヴァルケは同機のニックネーム「シュヴァルベ(燕)」から来ていると。

yamato2199-11-1272b.jpg

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第12話 『その果てにあるもの』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

achiga-16-535b.jpg

ガチンコ能力バトル。
参加した四人全てが能力者という準決勝大将戦。
最後に発動した隠乃の能力は一体何か。
サイコロの目が関係あるのかと思ってましたが…。
一応関係ありましたが、違いましたね。

まず大星淡の能力に補足が付きました。
ダブリーしてその後カン、当たると跳満確定というこの能力。
角地の前でカンして、曲がりっぱなにアガるという能力だそうです。

そして隠乃の能力自体は他者の能力キャンセルで間違いない。
ただ発動条件が山の深いところの牌であること、という条件がつくと。

曲がりっぱなの牌が深い(つまり遠い)ところにあると…。
隠乃の支配力が上回りアガれなくなる。
角地がどこになるかが賽の目次第という訳ですね。

分かりにくいというか、分かったけどややこしい。
しかもこの能力を隠乃がどうやって身につけたかというと、
野山を走り回っていたら麻雀の特殊能力が身についた。
という摩訶不思議なもの。
野山の山と麻雀の山というだけでそんな事出来ちゃうなんて。

achiga-16-928b.jpg

竜華にはまだ特殊能力があった&能力抜きの姫子は弱い。
全員能力者、と言いましたが竜華の能力は怜から借りたもの。
一応一般人かと思ったらそうでもなかった。
怜の力を使い果たした後、目がグルグルになって自身の能力開放しだしてビックリ。
何かスタンドが二体あるようなチート感。
怜ほど強くはありませんが、周りの配牌がなんとなく読めるという風越女子の福路美穂子っぽい力みたいです。

他方コンビ打ちで倍プッシュの鶴田姫子。
二翻が満貫に、満貫が倍満にという能力は物凄く恐ろしい。
しかし能力抜きにしても強い白水哩と比べ、彼女が上がれなかった場の鶴田姫子は激弱。
このあたりが勝敗を分けたような気がしますね。

この二人の能力はプロでも破れないという話ですが、果たしてプロでも団体戦があるんでしょうか。
白水は鶴田無しでも強いですが、鶴田は白水が居ないと勝てそうにない。
個人戦だとまったく発揮できない能力なんじゃないのかな。

舐めプレイは敗北フラグです。
二着抜けなんて許さない!
そのままでも決勝に上がれるのに余計なプライドを満たそうとする。
咲本編で龍門渕高校の大将・天江衣がやらかした事を大星淡もやってしまいましたね。

トップを取るために出和了りを拒否してツモに拘る。
目論見通りツモってドヤ顔の淡ですが裏ドラ乗ってませんでした。
予選敗退した龍門渕に比べりゃマシですが。

本人はリベンジすると息巻いていますが、隠乃の攻略法が分からなければむしろボロ負けするんじゃないのかな。
考えてみれば白糸台のメンツで活躍したのって宮永照だけじゃないのか。
役満上がった「ハーベストタイム」渋谷尭深は印象深かったですがトータルで負けてます。
照が稼いだ点棒を、他の4人がボロボロ放出した感じです。
正直この内容なら阿知賀女子はともかく、清澄高校に勝てる気がしません。

achiga-16-1260b.jpg

そして咲第二期へ。
やはりライバル校というのは決勝まで能力謎のまま。
圧倒的な力で勝ち進まないとドラマとして見栄えがしない。
準決勝で苦戦しちゃったことで大したことない感が付いちゃったのは残念です。
もしかして真のライバルに阿知賀を押し上げる前フリだったのかな。 

ともかくも阿知賀編はここでおしまい、続きは咲本編での清澄高校準決勝へと繋がります。
Aブロックは阿知賀女子と白糸台高校。
Bブロックも清澄高校はまず確定。
のこりは1枠にどんな学校の何という選手が入ってくるのか。
現在の興味はそこですね。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#saki)

nyaruko2-9-718.jpg

名前も声質も似てたので。
嘗てシーブックやタイラーの声を担当し、今ではナレーションや音響監督で有名な辻谷耕史。
久々にアニメで声聞きました。
パロディアニメだけにF91ネタとか披露してくれるかと思ったらそうでもなかったのが残念。
代わりに何故かマトリックスネタで攻めてきましたね。

nyaruko2-9-59.jpg

デモンベインに0083にウルトラマンにデビルマン。
クトゥグア星人がクトゥグア(デモンベインの銃)持ってる。
異次元に閉じ込めておいたクー音が脱走。
監禁された恨みは凄そうだと戦慄する一同。
そりゃ普通に考えたら復讐鬼になっても可笑しくありませんからね。
様々なパロディが混ざって頭が混乱してきますが、怒ったクー音が怖い事だけは分かりました。

特に不安にかられているのがクー音溺愛の対象であるクー子。
そんな彼女に優しい声をかけてやる真尋。
この二人ホントにお似合いですね。
ニャル子キャラの中では一番まともな恋愛シーンに見えます。

nyaruko2-9-903b.jpg

エージェントなんちゃらスミス。
突如真尋の学校でアナログゲームが大流行。
これこそ復讐の第一段階か?
そんでもって校長室にたどり着いた真尋達を迎えたのが全くの別人。
でも真尋達はクー音が真犯人だと信じて疑わない。
何かゴルゴム並にクー音の仕業にさせられている気がする。

この男は非暴力空間なるフィールドを展開してパワーゲーム封じ。
代わりにアナログゲームでの勝負を提案してくるのは面白かった。
これは真尋が大活躍する展開かもしれない。
そう思ったら戦うのはやはりニャル子だった。

頭脳戦なら真尋の出番、地球人も活躍できそうと思ったのに残念です。
一応ダーツで真尋活躍しましたが、それ以外はニャル子のイカサマが炸裂。
すり替えとかしなくても邪神なら魔法とか超能力で何とでもなるよね。
冒頭のジョーカー連発がまさかの伏線でした。

nyaruko2-9-1240b.jpg

クー音は関係無かったがクー子との仲は深まった。
結局このスミスはクー音とは別口。
そんでもってクー音は復讐とかこれっぽっちも考えてなくて、ただゲームしていただけ。
全ては取り越し苦労だったのですが、真尋にいちゃつくニャル子にクー音がツッコミ入れてきました。
真尋とクー子は婚約者という設定をすっかり忘れてしまっていた一同。
しかしここでクー子が真尋にキスして無理やり押し切る。

傍目にはただのほっぺにチュ、にしか見えませんがクトゥグア星人には特別な意味を持つそうで。
愛の形は歪んでいるものの、真尋とクー子の仲は確実に進行している気がする。
そう思った所で次回です。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第10話 『ユゴス・アタック!』です。

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-10-75b.jpg

俺は霧の海のピニオン!
レドの活躍でクジライカを一掃、ゴロゴロ上がるお宝にすっかり上機嫌のピニオン。
全船団に専有宣言するわ襲ってきた海賊を倒し、降伏した連中を取り込むわとやりたい放題です。 

引き上げたお宝はみんなで活用すべき、というフランジですが今や飛ぶ鳥を落とす勢いのピニオンには通じない。
目先の欲に目が眩んだのかと思ったら、この船団長けっこうまともでしたね。
でもピニオンの暴走を止められないので統率力はイマイチと。
これは良くない予感がしますね。
当のレドがすっかり消沈しているだけに。

レドの苦悩を知るものは無し。
クジライカ=ヒディアーズは肉体を進化させた人類だった!
この事実はレドをけちょんけちょんに打ちのめしている。

・銀河同盟のお題目が嘘だった事
・無抵抗のヒディアーズまで片っ端から殺してしまったこと。
・ガルガンティアの生活で人間らしい感情が育ったこと。

これらが混ざり合って完全に気が抜けている。
そんなレドを持て囃すものは居ても心配するものは居ない。
メルディは遠巻きに見ているだけで、エイミーのように「何があったの?」と聞いてきたりはしないと。
辛い時に話を悩みを打ち明ける相手が居ないのはキツいですね。

gargantia-10-1025b.jpg

弱いからこその人類。
これに待ったを掛けたのはチェインバー。
しかしレドは最初取り合わない。
だってチェインバーは銀河同盟製のAIです。
同盟の意志を最優先させているだけだろと。
ところがチェインバーはこれを否定。

既にリンクは失われており、独自見解だと断った上で「やはりヒディアーズとは共存できない」と言ってのける。
これにはレドも見ている方もビックリ。
チェインバーは自分の意見を言っているんですね。 

人間は弱い、現在でも人間より強い生物はいくらでもいる。
でも人間が万物の霊長たる存在なのは何故か。
知性と文化を持っているから。
銀河同盟の歴史やチェインバーの存在は人類の叡智の結晶、あるべき姿。
翻ってヒディアーズはどうか、と。

gargantia-10-1208b.jpg

究極生物ヒディアーズ。
あらゆる環境に耐える強靭な肉体と長い寿命。
生物としてはまさに最高峰、究極の生物といっていい。
しかし強ければ考える必要はなく、知性や文化は要らない。
ヒディアーズに宇宙船や武器を搭載したロボットは不要なのだから。

たとえ同じ人類発祥でも全く別の方法でトップに立った人類とヒディアーズ。
頂点は常に一つ。
負けた方は滅びるしか無く、争いは必然であると。

更に衝撃の事実、クーゲル中佐は生きていた!?
チェインバーが自分の意見を言ったこととその内容に驚愕するレド。
見ている方もロボットが独自見解を述べたことに唖然。
しかもえらい説得力ありますね。

その上レド達に接近してきた変な宗教団体。
ヒディアーズの死体を掲げているんですが、田舎で殺したカラスを晒しているのに似てますね。
これは一応ヒディアーズを祀っているヒディアーズ教団なんでしょうか。

そしてその中心にあったのは「ストライカー」、チェインバーの上位機種ロボット。
そうです、レドを守って散っていったはずのクーゲル中佐のロボット。
やはり中佐もまた地球に流れ着いていたのか?
怒涛の展開が続く中で次回です。

gargantia-10-484c.jpg

たたずむヒロインたち。
船団が二つにわかれ、レドとエイミーは離れ離れ。
その影響は双方にあるみたいですね。
ヒディアーズの正体を知ったレドだけじゃなくてエイミーの心も沈みがち。
サーヤの励ましも聞こえていないかの様。

ピニオンの暴走を静観するリジッドと、心境を思いやるベローズ。
しかし居なければ話もできない。
女性陣の奮起にも期待したいところです。
女の頑張りは、男をヤル気にさせるものですから。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-10-622b.jpg

メルダ・ディッツ少尉。
ワープに失敗?して亜空間を彷徨う結果になったヤマト。
やはりワープにはリスクが付き物でしたか。
あたりには色んな宇宙船がただよいさながら船の墓場。
古代が「宇宙のサルガッソー」と言ってますが懐かしいですね。
かつて持て囃されたサルガッソー海とかバミューダ・トライアングルも最近めっきり聞かなくなりました。

そんな中にガミラス艦も混ざっており、しかも動力が生きていた。
亜空間での戦闘かと思いきや、以外にも停戦と協力を申し出てビックリ。
敵と一時的にしろ手を結ぶ連中とは思えなかったので。
その使者としてやってきたのがメルダという訳です。

悪い人ではないが、世間知らずっぽい。
ガミラス側の提案はヤマトの波動砲で亜空間をぶち破ること。
ここで地球がガミラスで「テロン」と呼ばれていること、ヤマトや波動砲の事を既に知られていることが明らかになった。
ただ波動砲を発車するとヤマトは航行能力がなくなる。

そこでガミラス艦が引き換えにタグボートとしてヤマトを通常空間まで牽引するという取引です。
ヤマト不利ですね。
亜空間に穴を開けた後置き去りにされればおしまいです。

またこのメルダ、代々軍人の家系らしく頭が硬い。
今回の戦争も地球のだまし討ちによるものと信じ込んでいた。
いやいや違うでしょう。
他惑星を侵略し、次から次へと勢力拡大しているんでしょ?
地球には非占領星の二級市民なんて居ませんよ?

どう考えても好戦的なのはガミラスじゃん。
まあ頭ガチガチじゃなくても自国の不正義なんて信じないでしょうが。

yamato2199-10-1037c.jpg

二級臣民は良い人が多いなあ。
メルダは純血のガミラス人ですが、この敵艦は本来ガミラス二級臣民が中心の船です。
親衛隊のメルダともう一人はオブザーバー(という名の監視役) として乗り込んでいたみたいです。
二級臣民の艦長はかなり出来た人らしく、ヤマトとの約束を守って牽引していく。

親衛隊が良からぬことを企みますが、これを阻止して牽引を再開。
外に出た後は正々堂々と決着を付けようとする。
ガミラス人じゃなくてその配下の二級臣民と戦わなくちゃいけないのは不幸ですね。
シュルツもそうでしたが、好感の持てる相手だけに。

yamato2199-10-1369b.jpg

メルダに突き付けられる現実。
いざ決着を付けようとする両者ですが、おじゃま虫が出現。
功を焦ったゲールでした。
彼は車線上の二級臣民艦を邪魔だと撃墜、次いでヤマトを撃沈しようとする。
二級臣民の立派さに比べ、司令官クラスなのにガミラス人のダメっぷりが半端ありません。

波動砲でエネルギーを使い果たしているヤマトは逃げの一手…に見えましたがこれ沖田艦長の策でした。
上手く亜空間に誘い込みガミラスホイホイ状態。
これはたまらん、と這々の体で逃げたゲール。
ガミラスには勝利か死しかない。
いくら彼がおべんちゃら使っても流石にボッシュートでしょうね。

そして帰る船を失い呆然とするメルダ。
加えてガミラスの醜態を目の当たりにしたショックもあるのかな。
意味を失った使者だけに捕虜になるのか、というところで次回です。

yamato2199-10-341c.jpg

岬百合亜の見た幻覚は何か。
何かこれもスターシャっぽかったですね。
霊感少女ってのは本当みたいです。
ヤマト艦内にも女性は増えましたが、今度はガミラス女性まで乗り込んできた。
どんどん華やかになっていて見ている方は楽しいです。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第11話 『いつか見た世界』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

あれ、パライストラってこんな立地だったっけ。
スチールセイントの生き残りを引き連れてパライストラを目指す光牙たち。
そして久々にやって来たパライストラは…湖に浮かんでいた。
こんな場所にあったけ、すっかり忘れていました。
或いはマルス戦の天変地異で地形が変わったのか。

聖闘士の一大拠点というより難民キャンプと化していたパライストラ。
光牙達と一緒に来た蛮と那智、パライストラに居た激と市、4人の旧青銅聖闘士(二軍)が集結しましたね。
邪武だけ居ないのがなんとも寂しい。
ここを仕切っているのは黄金聖闘士・天秤座の玄武でした。 

聖衣に頼った闘いじゃ駄目だ!
前回光牙が聖衣を過信してダガー食らったことも含め、聖衣が傷だらけ。
玄武の激が飛ぶ訳なんですが、光牙たちってマルス戦より弱くなってませんか。
みんな尽くセブンセンシズに覚醒、小宇宙の極限に達していた筈。
なのに無かったことみたく弱体化。

パラサイトにあまり強さを感じない、というかマーシアンと大差ない気がするだけに不思議です。
あれって追い詰められた一時的なものだったんでしょうか。

パラサイトって人なのか神族なのか。
今回登場した二級パラサイト・エーギルの台詞。
本来人間に備わった微弱なサイコキネシスを増幅する。
お前ら人間だったの?

なんか人間をバカにしている描写が多かっただけに、神がかった別の人種かと思っていた。

しかし聖闘士の大戦力が集結、黄金聖闘士まで居るのにパラサイトの大将は二級。
流石に聖闘士舐め過ぎじゃないのかな。
それとも二級パラサイトは黄金聖闘士に匹敵すると思ってたのか。

玄武に手も足も出ないパラサイト。
エーギルの不甲斐なさに「私に恥をかかせおって…」とタイタン。 
いや聖闘士の強さを見誤ったのはアンタでは。
流石に一級パラサイトの出番かな、と思いきや自分の剣だけ送った。

パラサイトって他のパラサイトの武器が使えるの?
それも二級が一級の武器を。
ともかくもエーギルのテンションが上った所で次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第62話 『玄武の死闘!聖剣対天秤の剣!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-8-5.jpg

サイクロン掃除機役:若本規夫にまた出番が来るとは思わなかった。
もしかしてこのままレギュラー化するんだろうか。

シャンタッ君役:新井里美に「みー」以外の台詞が!
シャンタッ君は「みーみー」としか言わないので、声優としては物足りないんじゃなかろうか。
或いは「こんな楽な仕事は無い」と嬉しいのかな。
しかし今回は普通の台詞が…と思ったらどっかで聞いたことのあるナレーション。
まんま「オオカミさんと七人の仲間たち」ですね。
ようやくまともな台詞が喋れると思ったらセルフパロでした。 

nyaruko2-8-482.jpg

なんか天地無用に似てる。
マスコットキャラが人化して主人公にゴロにゃん。
「天地無用!」でも魎皇鬼が似たような事やってましたね。
そんな訳でシャンタッ君美少女に変身です。
でも言葉は喋れない。
アニメじゃよくある話ですが「言ってることは分かるのに話せない」って何か不思議ですね。

主人が世話になっている真尋にご奉仕したいという心がけは立派。
でも主人=ニャル子の機嫌を損ねそうなちょっと危険な行為という気がします。

nyaruko2-8-630.jpg

問答無用、天地無用!
やはりというかシャンタッ君のご奉仕願望はニャル子のそれとバッティング。
天地無用に似てるなと思ったらニャル子遂に言ってしまった。

お使いだけは自分の力でやり遂げると逃げ出したのですが…案の定迷子になってしまいましたね。
知らない場所でひとりぼっち、不安にかられるシャンタッ君。
美少女は仮の姿、正体は怪獣なんですがね。
真尋の機転で無事再会して抱擁。
…ニャル子が見たら怒りそう。

nyaruko2-8-1332.jpg

押してもダメなら引いて…なかった。
シャンタッ君に負けじとご奉仕に燃えるニャル子。
もちろん夜のご奉仕。
毎度のことながらムードもへったくれもありません。

しかし今回は意外と素直に引き下がるニャル子。
何か物足りなさを感じる真尋。
ニャル子も恋の駆け引きを使ってくる様になったのか。
お休みのキッス、お休みのベーゼ、お休みの夜明けのコーヒー。
全然引いてなかった、そんでもって真尋はドンびき、という所で次回です。

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第9話 『ハイスクール・オブ・ザ・ヒート』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-9-606b.jpg

ヒディアーズは全滅だ!
ピニオンとともに海中の遺跡探索に乗り出したレドとチェインバー。
並み居るヒディアーズを物ともせずになぎ倒す。
どうやら地球のヒディアーズは宇宙のそれより弱い模様。
でも戦闘力がチェインバーの1/120って十分強いんじゃないの。
何しろ数が半端じゃありません。

この辺りは魚も住まずヒディアーズだけが生息しているとか。
エサも食べずにこんなに増えるってどうなってるの。
もしかして光虫だけであんなに大きくなったのかな。

ピニオンと兄貴。
海にはでっかいお宝が眠っている!
単なる妄想かと思われたピニオンの法螺話ですが、ちゃんと根拠がありましたね。
嘗て兄と一緒に海中を探索したピニオンは旧世界の巨大な施設を発見。
しかしヒディアーズの群れに襲われ、兄は帰らぬ人になったと。
単なる金儲けじゃなく、これは兄の仇討ちでもあった訳です。

奥の院に鎮座していた巨大なヒディアーズ。
卵を抱えてさながら女王蜂かエイリアン・クイーンみたい。
これを倒せばヒディアーズもおしまいと意気上がるレド。
彼にしては珍しく高揚している様に見えますね。

gargantia-9-1221b.jpg

記録ディスク発見。
巨大ヒディアーズに加え、既に産み落とされていた卵まで片っ端から葬ったレド。
文字通りの殲滅、チェインバーの面目躍如ですね。
所が施設の内部で記録ディスクを発見したことから状況が一変します。

内容は氷河期が近づいた時のもの。
人類は対策に追われるわけです。
解決策として二通りの方法がもたらされます。

一つはコンチネンタルユニオンが提唱する宇宙船による地球脱出。
今ひとつはイヴォルバーが提案した人類を人工的に進化させ、寒冷化した地球および宇宙に適応させるというもの。
そうです、ヒディアーズはイヴォルヴァー側の人類。
両者は激しく争ったため、そのままの人類とヒディアーズ化した人類の二つに分かれてしまったんですね。

そのイザコザが現在まで続いていると。
俺が今日さんざん殺してまわったのは人間だった。
激しいショックを受けるレド。
銀河同盟の「ヒディアーズは下等生物」というプロパガンダは嘘っぱちだったと。 

チェインバーはあくまで銀河同盟のコンピュータ。
なのでこの情報をガセネタと切って捨てる。
無論レドに納得できるはずもありません。
レドが今居るのはイヴォルバーの本拠地である研究施設。
だから沢山住んでいましたし、これを守るために激しく抵抗したわけです。

人工進化により人類より遥かに強力で長寿命。
イヴォルブ(進化)の名に恥じぬ結果を出していた訳ですね。
ともかく人間だと知ったレドはもう戦えない。
唯一生き残ったとおぼしき可愛らしいヒディアーズが近づいてくる。
問答無用で殲滅しようとするチェインバー。
やめろ!というレドの声も届かず握りつぶしてしまう。

あれ、記録映像にあった被験者マツモトの娘だったんじゃないでしょうか。
遺伝子改造により長命になっただけに十分あり得ます。
これまでの価値観がひっくり返されてしまったレドはどうするのか、というところで次回です。

gargantia-9-1267c.jpg

やっぱ人類絡みだったか。
最初はこれ人類の作った生物兵器かと思ったんです。
それが暴走して人を襲うようになったとか。
まさかの別人類でしたね。

今まで口ぐらいしか出してなかったのに、今回顔らしきものがある。
また幼生体ヒディアーズが何か胎児っぽい。
いやーな予感させる演出が随所になされていましたね。 

レドの船団に女の子はメルティだけかと思ったら他にも居て安心しました。
ピニオンの部下であるマイタ、あと名前はわかりませんがメルティの友達。
そしてレドとエイミーが再会する展開はあるのかが気になります。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-9-214.jpg

確かに女神というより魔女っぽいですけど。
どうやらアナライザーは森雪がお気に入りの模様。
捕獲したガミラスのアンドロイド(通称:ガミロイド)の解析はまだ続いていました。
しかしこちら、ガミラスのコンピュータが無いとデータが抜けない。
そこで古典的な方法説得して喋ってもらう事にしたと。
機械には機械をとこの仕事に当てたのがAU-09アナライザー。

嬉々として作業に従事する様を見た古代は「機械の話し相手ができて嬉しいんだろ」と表現。
しかし敵の機械だけに、油断はできませんよね。
ヤマト側としてはガミロイドから情報を得たい。
同じくガミロイドがヤマトの情報を盗み出す可能性もある訳です。
機能を残したまま、ぶっちゃけ手をつけっぱなしにしたのは拙かったと思います。

ロボットに心は宿るのか。
こちら古典SFから脈々と語られてきたテーマです。
自我に目覚めた結果、人類を滅ぼそうとする機械も多いですが。
ガミロイドは手の端子からヤマトのコンピュータにアクセス。
でも情報を盗み取るどころか別な事に興味を持った模様。
女神に会いたい…。
というのが前述の森雪か新見さんか、という話。

自力で足をくっつけて宛もなく女神を探し求めるガミロイド。
当然ヤマトからは脱走とみなされ追われると。
これまで無駄飯ぐらいだった保安部にようやく活躍の場がやって来ました。

yamato2199-9-950b.jpg

伊東(´・ω・) カワイソス。
ガミロイドを追い詰めた伊東達保安部員。
しかし破壊前提の行動に待ったをかけたのは真田とアナライザー、と何故か岬百合亜。
彼女はあのロボットには心がある、捕虜として扱うべきと主張。
いやいやあれ機械でしょ、と伊東。

博愛精神は結構ですが、現実的な見方としては伊東のほうが正しいように思えます。
美少女が「助けてあげて!」って言うと正論に聞こえるのは錯覚でしょう。
同じく保安部員で岬と仲の良い相原は板挟み
そして技術の鬼みたいな真田さんまで岬の主張に乗っかってしまう。
私には、君に心があるのかも分からない。

職務に精励していたら、真田副長に人格を否定されるような事を言われる。
伊東は俺何か悪いことした!?状態でしょう。
悪人顔で新見に下手なアプローチしたからと言って、仕事まで悪し様に言われるのは何とも可哀想。

自爆コード作動せず。
ガミロイドには孤立状態が続くと自爆する様プログラムされている。
いやそれ真っ先に外さなきゃダメだよね。
下手すりゃ再起動直後に自爆される可能性があるんですから。
結局アナライザーがガミロイドのプログラムへ侵入。
内部から機能停止しで何とか事なきを得ました。

敵とは言え同じ機械の友達を自ら倒さねばならなかったアナライザー。
何か思う所があるんだろうか。
もし寂しいと思うなら、機械にも心が宿るのかもしれませんね。

yamato2199-9-1020b.jpg

岬百合亜はオカルト好き?
自身を「霊感が強い」と言ったり機械にも心があると主張したりしています。
オカルトが好きなのか、夢見る少女っぽい所があるのか。

またガミロイドが端末にアクセスした時に一瞬出た「女神」のイメージはスターシャっぽい。
ガミロイドが森雪を女神と勘違いするのかと思ったら接点なかったですね。

そして劇中劇の「観測員9号の心」に出てきたヒロイン。
なんか高橋留美子っぽい絵柄でしたね。
「めぞん一刻」の音無響子さんを若くした感じでした。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第10話 『大宇宙の墓場』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

前回はおかしくて泣けましたが今回は本当に泣けます。 

強さのみを求め、仲間を作らず、鋼鉄聖衣の扱いもぞんざい。
昴は鋼鉄聖闘士養成所でもかなりの問題児だった模様です。
パラサイトに襲撃された養成所を訪れた光牙と昴。
施設は破壊されていたものの、関係者は事前に逃げていて無事。
この鋼鉄聖闘士を指導しているのが先代子獅子(ライオネット)座の蛮と狼座(ウルフ)の那智でした。

ここは蒼摩と栄斗も同行して欲しかった。
新旧ライオネット&ウルフが相まみえるシーンが見れたんですが。
昴の台詞「蛮ティーチャー」に何か違和感を感じたのですが、
俺がグレートティーチャーだ!
って自分で言ってる、GTOならぬGTBなのか。
旧作では台詞が無いのをネタにされていた蛮先生ですが、結構お茶目な性格なんですね。

守護星座の導きがあってもおかしくない。
そもそも昴はどんな経緯で鋼鉄聖闘士になったのか。
実はコレが謎だらけみたいです。
過去の記憶がなく、フラッと養成所に現れ、人一倍強さを求めて修行。
ある日「神殺し」光牙の話を聞くや飛び出していったとか。
かなりやりたい放題ですね。
しかしその戦闘力と小宇宙の強さは蛮先生も認めていると。

こんな性格だけに友達なんて居ないと思いきや、一人だけ居てビックリ。
同じ鋼鉄聖闘士のエルナです。
まあ仲が良いというよりエルナが一方的に昴を慕っているという感じ。
まったく過ぎた友人ですね。

ハティちょっと頑張った。
光牙達を泳がせて、鋼鉄聖闘士のキャンプを襲撃したハティ。
ダガーじゃ威力弱いよな。
なんて前に書きましたが、やはり光牙の聖衣には傷ひとつ…付いた!
どうやら同じ場所にダガーを打ち込んで一点突破を図った模様。

他方昴は先の闘いで鋼鉄聖衣が壊れているため、生身で戦闘に参加します。
しかしハティのパンチを喰らい悶絶。
聖衣の有り難みがイヤというほど分かりましたね。
でも殺されれば次に生かす機会はありません。

ここに割って入ったのが友人エルナ。
身を挺して昴を助けるものの、自身はハティの攻撃を受けてしまう。
昴くん…僕の鋼鉄聖衣を使って!
友の死と形見の聖衣を纏った昴はこれまでにない小宇宙を爆発させると。
ハティが未だかつて無い強大な小宇宙と言ってますが、神殺しの光牙より強いのかな。

こうしてハティを撃退した昴。
昴がパラサイト倒したのって初めてじゃなかろうか。
やはり鋼鉄聖闘士に収まる器じゃなさそうです。
友情と聖衣の大切さを学び一回りも二回りも成長、というところで次回です。

昴が本物の聖闘士になるとして…聖衣はアレ?
すばる、英名プレアデス。
こちらおうし座を構成する星ですよね。
もしかしておうし座の黄金聖闘士になるんでしょうか。
流石に光牙を差し置いて、それも現在ハービンジャーが居るのに黄金聖闘士になるのはバランスが悪そう。
やはり空きがある青銅聖闘士あたりが妥当でしょうか。

あと今回で青銅聖闘士の二軍キャラが全員登場したことになりますね。
まったくフェニックス一輝は何処で何をしているのやら。
そしてほぼ全員が何からかの形で聖闘士に関わっているのに、ユニコーン邪武は何で牧場主なのか。
やはり沙織が手の届かない存在で、しかも星矢と仲良しなので居づらいのかな。 

次回は聖闘士星矢Ω 第61話 『迫る大軍勢!パライストラ防衛戦!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-7-1147b.jpg

まさかのおねショタ。
何という意外な組み合わせ。
ハス太の言葉に水着姿でやって来たルーヒー。
完全に女の顔。
よもやお子様が好みだったとはビックリです。
全キャラで最もスタイルが良いと思われるルーヒーですが、真尋は眼中に無かったのか。 

そして真尋ママはやはり若い。
白のビキニ、しかもアンダーはかなりのローレグ。
一番水着姿が映える二人が主人公とフラグ立たないというのが何ともはや。 

nyaruko2-7-372c.jpg

ママレードボーイとは懐かしい。
こちらルーヒー役:國府田マリ子の主演作。
そしてライバルが真尋ママ:久川綾でしたね。
水でも被って反省しなさい!!
セーラームーンはメジャー過ぎて流石に回避すると思ったらこっちもきっちりやってしまった。 

あと今回はガンダムネタがかなり多かったですね。
サブタイトルからして機動戦士ガンダム第28話「大西洋、血に染めて」のパロディっぽい。
ニャル子とクー子がニュータイプ空間作ったのを始め、セリフでは「新機動戦記ガンダムW」の改変がそこかしこに。 

ラストのニャル子カミーユネタはちょっと笑えない。
当時あんな悲劇的なラストは衝撃でした。
精神崩壊って単に死ぬよりキツイ内容だっただけに。 

nyaruko2-7-959c.jpg

邪神ゴー。
真尋に手を出したのが原因か、タコ焼きの恨みか。
恐らく両方でしょう。
プールで喧嘩を始めてしまったニャル子とクー子。
熱でプールが温泉になってしまったみたいですが、クー子の熱量なら水蒸気爆発とか起こっちゃうんじゃないのかな。

最初無人島に漂着したっぽいシーンでは邪神の力で空間移動でもしたのか思った。
まさかプールで雰囲気作っていたとは。
無人島のお話というと青い珊瑚礁を思い出します。
ヒロインを演じたブルック・シールズは「世界最高の美女」と言われていました。 

結局二人の喧嘩はママがフォークで納めてしまった。
やはりフォーク使いとしては彼女のほうがまだ上、真尋も修行が足りませんね。
というところで次回です。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第8話 『小さな恋のうた。』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-8-513b.jpg

地球と銀河同盟の位置関係が判明。
救難信号が届くまで6500年って、6500光年て考えていいのかな。 
そして万能に思えるチェインバーも超光速航法(ワープ)機能は搭載されていない。 
事実上、帰還の方法がなく、
このまま一生地球で暮らしていくしか無い。
というのはレドに取っては大ショック、

分裂騒動が巻き起こっているガルガンティア船団ですが、何とフェアロック船団長が倒れて…そのまま急逝。
てっきり回復して分裂が収まる流れかと思ったのでビックリ。
今際の際にフェアロックがガルガンティアを託したのは何とリジッドだった。

若すぎる女の船団長。
アニメじゃ美少女艦長とか珍しくもありませんが、冷静に考えると不安。
この人に自分たちの生き死にが掛かっている…と考えるとリジッドはどうにも役者不足なんです。
まず性格がキツイ。
レドに対し終始否定的だった事も含めどうにも人当たりがよくありません。
また必要以上に指図したがる傾向があり、下に立つものとしては非常に仕事がやりにくい相手に思えます。 
トップは神輿、ちょっとバカなくらいが調度良い。
それよりもとにかく人に好かれる性格で優秀なブレーンが集められる事のほうが重要。
アメリカの大統領とか見てるとよく分かります。

彼女はどっちかというと参謀とか官僚向きな気がします。
つまりこれまでの立ち位置がベスト。
それだけに「後釜ってリジッドかよ…」とガルガンティアを見限ってしまう人が出るのも避けられない。
元々ピニオンとフランジが離脱宣言していた為、これ幸いと便乗する人も出ますよね。

gargantia-8-1295b.jpg

エイミーじゃレドを止められない。
ヒディアーズ殲滅に意欲をもやすレド。
これに対しあんなのレドじゃないと言いつつ引き止めることが出来ないエイミー。
そんな事言われてもヒディアーズと戦うために生きてきたんで仕方ない。
レドが何をしたいかを決めるのはあくまでも本人。
エイミーの言う「本来のレド」は彼女の勝手な妄想でしかありません。

せめて分裂騒動以前に二人が離れがたい仲になってれば良かったのですが、曖昧な関係じゃどうしようもない。
ならばいっそ付いて行けば、とサーヤは言ってますがエイミーにもしがらみがある。

病弱なベベルを新船団に連れて行くのは大変。
仮に連れていけたとしても、病気を看てくれるオルダム先生が居ないのは痛い。
流石にベベルを捨てて一人レドに走ることは出来ないと。

gargantia-8-1136.jpg

丸投げはやはり後継者育成だったのか。
手続きに忙殺されてフェアロックの葬儀にも顔を出さないリジッド。
新船団長として手落ちがあってはならない、と自分を追い詰めていますね。
これに対し「頼ることを覚えろ」とベローズがアドバイス。
正直ベローズのほうが船団長向いていると思う。
でも彼女はあくまでアドバイザーに留まるみたいですね。

事ある毎にリジッドに丸投げしている様に見えたフェアロックですが、これが船団長のあるべき姿。
要するに何でもかんでも自分でやるなんてことは船団長に求められてはいないと。
これに気付かされてリジッドも少し軟化しましたね。

喪服を着てフェアロック船団長と最後の別れ。
そして皆に未熟を晒した上でのお願い。
綺麗なお姉さんに頼られたらイヤとは言えない。
そう言った心理も利用していかなくちゃね、というところで次回です。

gargantia-8-625c.jpg

次回から野郎ばっかりの話になっちゃうの。
こうしてレドとエイミーを始め、ガルガンティアは真っ二つに割れてしまった。
聞けば新船団に移るめぼしいヒロインはメルティ一人。
せめてサーヤなら良かったのに。
あまりにも女っ気の無い状態に涙目です、自分なら絶対に残りますね。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-8-874b.jpg

ガハハハハ、総統も相当冗談がお好きなようで。
たった一度の失言で死のボッシュート。
ガミラスに下品な男は不要だ。
総統は冗談は好きだがオヤジギャグは嫌いな模様。
要注意ですね。

余興と言ったからてっきりシュルツの処刑シーンでもやるのかとビクビクでした。
そしたら新兵器「デスラー魚雷」を持たせてリベンジの機会を与えてくれた。
でも恐らく最後のチャンス。
これはシュルツ名誉挽回しなきゃですね。

青い地球…ってあれ?
現在の地球は海が干上がった赤茶けた惑星じゃなかったか。
冥王星を叩いたら瞬く間に復興したのかと思いました。

地球から8.6光年離れた場所で見えるのは8年前の地球。
光にも速度があることを分かりやすく伝えてくれる良いシーンです。
そしてヤマトクルーは「何としてもこの地球を取り戻す」と決意を新たにしたことでしょう。

しかし感慨に耽ってもいられない。
何故ならヤマトの航路はガミラスに筒抜け。
式典の余興として幹部たちに生中継されていたのです。
因みにこの式典にはシュルツの娘ヒルデも出席。
父の現状を知る由もない彼女はひたすらデスラーを賛美している。
この対比が何か泣けますね。

yamato2199-8-1130b.jpg

前門の恒星、後門のガス生物。
シュルツに託された新兵器「デスラー魚雷」は単なる火器ではありませんでした。
中には周囲のエネルギーを取り込んで無限増殖するガス生物。
うかうかしているとヤマトも食われてしまいます。
逃げるヤマトですが目の前には恒星が。
食われるか焼かれるか。
この二者択一しかない状況に沖田艦長の指揮が冴え渡りましたね。 

艦長が選んだのは恒星をかすめるように突破すること。
ガス生物は恒星のエネルギーを食らおうとして逆に取り込まれてしまう。
そんなに喰らいたいなら、より大きなエサを与えてしまえばいい。
とっさにこの判断はお見事です。

一方で恒星からはプロミネンスが間欠泉のように飛び出してきます。
これに対し今まで躊躇していた波動砲を使用。
プロミネンスをぶち抜いて空いた穴を全力で通過する作戦です。 

シュルツと部下の結束も良かった。
ヤマトを追っていたシュルツたちですが、自分たちはプロミネンスを突破することかなわず。
ガミラス二級臣民として植民星の期待を一身に背負った彼らは最後まで闘い抜き、見事な最期を遂げました。
その意気を汲んだからこそ、デスラー総統も二階級特進とザルツ星人の名誉ガミラス臣民昇格を認めたのでしょう。
ここらへん武士道と通じるものがある気がします。

でもヒルデがヤマトの事を知ったらどうするんだろう。
まさか彼女が銃を手に父の仇!
なんて展開があるのかな、というところで次回です。

yamato2199-8-591b.jpg

新見薫の思惑は、そして岬百合亜と星名透がイイ感じ。
立ち消えになった筈のイズモ計画はまだ生きているのか。
前回密命を帯びている感のあった新見薫ですが、惑星調査を申し出ていましたね。
あっさりと艦長に却下されましたが、まだ諦めてなさそう。

そして森雪に対する熱い視線や「百合亜」という名前から百合じゃないかと思われた岬百合亜。
ラジオ放送に足繁く通う星名に対し、満更でもない感じです。
同じ保安部でも伊東より良いアプローチだと思います。
あと森雪は今回も綺麗でしたが、古代との絡みは…ありそうで無かったですね。
彼女は一体何を願ったんでしょうか。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第9話 『時計仕掛けの虜囚』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

ただし笑い泣きです。
前回聖闘士が集結した時言ってました。
時間を止めたパラサイトを倒せばクロノディレイドは解除される。
パラサイトの脅迫に屈する必要は全くありません、拳で解決します。 

瞬は招集かかっても聖域に行かなかった為、知らないのかもしれません。
でも現場に蒼摩達が来てるんです。
当然一番重要な情報として伝えるべきなのに。

因みにこの「倒す」という表現ですが、パラサイトを殺害しなきゃダメという事はありません。
前回光牙と昴はタルヴォスに逃げられたものの、村を救うことに成功しています。
しかし何故か瞬はパラサイトの言いなりです。
駆けつけたユナも「倒せば済む」事を伝えることもなく棒立ち。
これは一体どうしたことか。

どうして何度も騙されるのか。
瞬達を襲った3級パラサイト・トリプルロッドのハリメデ。
この人約束を守る気が全くありません。
もうこの街には手を出さない、と言ったのにクロノディレイド。
アンドロメダのクロストーンを持ってくればレイの兄フィリップを戻すと言って戻さない。

この上瞬の命とフィリップを引き換えだぁ!
って何で信じられるんですか。

二度も騙されたのにまた信じて殴られる瞬がものすごくシュール。
前述の「倒せば済む」話と相まって物凄い茶番にしか見えません。
もしかして脚本家の間で設定の共通認識が出来てないんでしょうか。

結局倒した…って戻らないの!?
更に追い打ちが来ましたね。
結局聖衣を取り返してハリメデを撃退した瞬。
ところが倒せば済むはずのクロノディレイドが解除されません。

前回倒せば戻るって言ってたし、実際戻ったのにこれはどういう事なのか。
ハリメデの能力がタルヴォスとは比べ物にならないほど上だったからか。
見ている方は終始唖然、というところで次回です。

久々にネタ度の高い話でした。
聖闘士星矢に矛盾や超展開は数あれど、
前回作った設定をもう忘れた。
というのはそうそうありません。

兄弟ネタだけにようやっとフェニックス一輝が出てくるんじゃないのか。
そんな淡い期待を云々するどころじゃなかった。
作り手としては兄弟の絆に感動のストーリーだったのかもしれませんが、そんな事微塵も感じる余裕ありませんでした。

次回は聖闘士星矢Ω 第60話 『鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

gargantia-7-25b.jpg

クジライカは神聖な動物⇔ヒディアーズは敵。
遂に両者の価値観が真っ向から対立する時がやってきましたね。
地球にヒディアーズが居ると知ったレドは冷徹な兵士の顔に立ち戻り、これを殲滅すると。
しかしそれは地球ではクジライカと呼ばれ、畏怖及び神聖視される存在だった。

これまで地球人の言うことに割りと素直だったレドですが、クジライカ=ヒディアーズの件だけは譲れない。
兵士の本文に立ち戻り「殲滅しなければ!」と珍しく興奮した様子。
ただこの話が地球人には全く通じないんですね。
こちらが刺激しない限り、クジライカは襲ってこないから。

地球のヒディアーズは専守防衛に徹しているみたいですが。
宇宙のヒディアーズはどうだったんだろう。
あれも実はほっとけば襲ってこない存在だったのか。
そこらへんが現状不明ですね。

レドは地球の文明が低すぎるから無視されているだけと結論づけています。
いずれは襲ってくるようになる。
敵意を向けられてからでは遅いんだ!
でも未知の脅威論で地球人が説得されるはずもありません。

gargantia-7-1276c.jpg

この状況に暗躍するピニオン。
ガルガンティア全体がレドを脅威に思う中、彼を利用しようとするのがピニオン。
でもベローズはじめ誰も同調しない。
当たり前です。
あるかないかわからないお宝を、レドを抱き込む前に吹聴しても誰も聞くものは居ない。
…そう思ったらガルガンティアの中でも大船主であるフランジの説得に成功。
このおっさんバカじゃないのか。

ともかくもレドの攻撃に端を発したガルガンティア分裂の危機です。
止めようとするフェアロック船団長に突然の発作。
毒を盛ったのかと思いましたが、持病の癪みたいです。
こちらピニオンが原因なんですが、何か全部レドのせいにされそう、という所で次回です。 

フェアロック仕事したけど最初で最後じゃないのか。
クジライカは仲間内で連絡を取り合っているのでしょうか。
レドが一体を殺した後大量に出て来ましたね。
まるでハチみたいです。
みんなが動揺する中で冷静に対処したのがこれまでリジッドに丸投げばかりしていたフェアロック船団長。

動力停止&灯火管制を敷いて無事やり過ごすことが出来ました。
これまで置物みたいな感じだったのですが、やる時はやる人物だったんですね。
何でもリジッドにやらせていたのは、自身の体の事もあり後継者を育てるためだったのかもしれません。 

尚、次回タイトルの告知はありません。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-7-359b.jpg

将に対照的な二人。
キリッとした美人だけど胸は控えめな山本玲。
可愛い系でスーツからも分かる巨乳っぷりが眩しい原田真琴。
どっちも魅力的ですね。 

何度も言いますが旧作での女性クルーは森雪だけ。
恋の花も咲きようが無かった。
お祭りとくれば普段秘めた思いをぶっちゃける人も多くなると。

yamato2199-7-222b.jpg

男女関係も大分浮き彫りになって来た模様です。
まず驚いたのが山本玲。
彼女、古代が気になっていたんですね。
てっきり加藤隊長かと思ってました。
その加藤隊長は看護師の原田真琴と良い感じですね。

また真田副長にこれまで熱い視線を送っていた新見薫は保安部の糸目、もとい伊東がセクハラめいたアプローチ。
しかし新見はまったく相手にしていません、こりゃー脈は無いな。
そして残念ながら愛しの副長との接点は無し。
代わりになんか地球との通信している時の表情が不穏。
何か別の密命でも帯びているかの様です。
ちょっと「新世紀エヴァンゲリオン」の赤木リツコっぽい感じがしました。

yamato2199-7-421c.jpg

美人もいるけどぽっちゃり女性にビックリ。
著名なキャラ以外にも女性クルーは居ます。
綺麗どころが多い中で、明らかに太めの女性も居ますね。
全員スタイル抜群の美女ばかりじゃないというのに驚きました。

そんなキャラでもやはりピチピチのスーツ着ています。
これはこれで需要ありそうな気がする。

yamato2199-7-1068b.jpg

船外作業デートVS船内デート。
家族の居ない古代と玲は船外作業にかこつけてお話中。
そんな中で玲が火星生まれ=マーズノイドだという事が明らかになりました。
目が赤いのはアニメだからじゃなくてちゃんと意味があったんですね。
もしかしたら髪が銀色なのもそのせいかな。

そしてそんな二人を見つめる森雪がちょっとさみしそう。
その森雪を探し回っていた南部、やはり心に決めた女性は雪のことだったか。
でも南部はすれ違い、雪は作業を終えた古代の元へ。
段々良い雰囲気になっていますね、この二人。 

南部康雄→森雪→古代進←山本玲。
現在このような関係みたいです。
やはり主人公の周りは華やかですね。

今後古代をめぐる森雪と山本玲の修羅場とかあるんでしょうか。
一方で綺麗な女性を見てるだけ、目も合わせられない藪に妙に共感してしまいます。
というところで次回です。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第8話 『星に願いを』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

seiya-58-493.jpg

何しろ内紛の多い組織なので。
その上アテナは何らかの縛りで身動きが取れなくなっていることが多い。
アテナ以下ゴールド、シルバー、ブロンズの全聖闘士が結集するなんてまずありません。
正直これだけで感動した。
あとM4カービン盛った一般兵士と黄金聖闘士の組み合わせが何ともシュールでしたね。
これ「変な甲冑着た連中に助けられた」とか思っているのかな。

蒼摩の故郷の様に聖闘士が一般で認知されている地域がある一方、世界的にはやはり陰の存在みたいです。
グラード財団が大々的にバトルを催していたハズですが、もう忘れられているんでしょうか。

パラサイト四天王って全員剣使いか。
聖闘士がパラサイトとの全面対決を決める一方で、パラサイトも幹部が集結。
みんな剣使いばかり。
つまり与えられた武器が剣じゃなきゃ一級への昇格は望めないのかな。
槍使いとかもうちょっとバリエーションが欲しかったところです。

しかし聖闘士星矢世界では神様って災いの種でしか無いんですね。
ポセイドン、ハーデス、マルスそしてパラス。
まったく人類はいい迷惑です。

seiya-58-1113b.jpg

意気上がる聖闘士の中で光牙がおかしい。
アテナの命によりパラスの支配地域へ向かうのですが、何かやけっぱちです。
世の為人の為に戦うというより、戦闘で憂さ晴らししてるかの様。
どうも光牙、アテナ=城戸沙織と星矢の関係に嫉妬しているみたいです。

これまで三者が集まる機会は殆どありませんでした。
いざ集まってみるとアテナと星矢の信頼関係に二人だけの世界を感じてしまったようで。
これが恋なのか、はたまた肉親が離れていくことへの恐怖なのかは分かりません。

ともかくそんなわだかまりを抱えては拳も湿ってしまうというもの。
そんな光牙に発破をかけるのが昴という訳です。
最初は口ばっかりの足手まといかと思われたこの少年。
最近では光牙よりまともな言動が多くなっていますね。
どっちが先輩か分かりません。

シャイナが感じた昴の小宇宙。
今でこそ守護星座なしの鋼鉄聖闘士ではありますが、いずれ正式な聖闘士への昇格もあるんだろうか。
黄金聖闘士が7枠も空いていますし、マルス編でシルバーやブロンズも大分減ったでしょう。
十分可能性あると思うんですが。

ともかくも昴のアドバイスで悩みを吹っ切った光牙。
パラサイトをサクッと倒して次の支配地域へ向かう、という所で次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第59話 『兄弟の絆!アンドロメダ瞬、参戦!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-6-19b.jpg

耳かきしたりデートしたり。
ぎこちない感じがたまらん。
クー子の大胆な癖に照れくさそうなアプローチも真尋の男心を擽る様で大変よろしい。
ニャル子に足りないのはこういうトキメキ成分なんでしょうね。

擬似とは言えあまりにも真に迫っている事でニャル子は再三真尋に中止を呼びかけている。
しかし真尋は「クー子涙の嘆願」を聞いちゃっているだけに止める気はなし。
クー音は怪しい怪しい言ってますが、ハナから信じたくないだけじゃないでしょうか。

nyaruko2-6-53b.jpg

涙のニャル子は可愛いけど…。
そもそもニャル子があーだこーだ言うのがおかしい訳で。
彼女は真尋の「顔」が気に入ったという理由だけで地球にやって来た邪神です。
その後真尋に積極的にアプローチをするものの反応は芳しくない訳で。
元々憎からず思っている同士とか、増して彼女でもない。
そんなニャル子が彼女面しているのはストーカー思考以外の何物でもない。

私がこんなに愛しているのだから、貴方も私を愛するべき。
好きでもない人(ですらありませんが)からこんな事言われても困りますよね。
それだけに涙のアプローチも凄い違和感があります。

真尋を押し倒しているニャル子って、ケツ丸出し状態ですよね。
果たしてパンツはいているのかいないのか。
横からのアングルでは知る由もありません。 

nyaruko2-6-1314b.jpg

優柔不断っぽい真尋だけど。
好きじゃないし迷惑している、と邪険にもできませんよね。
一緒に暮らして多少は情も移ってるでしょうし。
嫌いじゃない。
間を取った形ですが満足したニャル子。
そして拡大解釈が始まった。
これがダメなんだと気づかないのがどうにも残念ですね。

結局ゲームやりこんで眠りこけたクー音を異次元に放置ってそれでいいのか。
もう演技する必要なしと真尋にベタベタし始めるニャル子。
これに対しハス太は当然としても、クー子も結構真尋を意識しているみたい。
そこは良かったですね、というところで次回です。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第7話 『プールサイド、血に染めて』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-6-732d.jpg

郵便屋エロすぎ。
もしかしたら祭りだけの特別サービスかもしれませんが、郵便三人娘による肌もあらわな衣装による踊りを披露。
酒出す店に未成年が…って現在の法律が適用されるはずもないか。
エイミーとサーヤメインとは、スタッフ分かってますね。

それにしてもこの衣装のエイミーは乳が増量されている気がする。
実は着痩せするタイプだったのだろうか。
そしてサーヤの腰使いが凄すぎる。
見た目的にも能力的にも女の武器に長けている娘さんですね。

そして夜はその衣装のまま夜景デートに興じる二人。
エイミーと接触したレドがびっくりして手を離す。
その仕草に照れるエイミー。
思春期とはいえ欲望とは無縁だったレドが色気づいている気がする。
ダンスの時もエイミーばかり見ていましたしね。

gargantia-6-1048b.jpg

光虫はナノマシン。
さらっと貴重な情報をくれましたね、チェインバー。
そしてそのチェインバーを使わずに漁師の手伝いをするレド。
どうやら対抗意識から独力で仕事をしようと思ったみたい。
でもレドはサポートシステムの支援なしの操縦を知らない。
更に宇宙生まれ&育ちという事もあって当然泳げない。
あえなく沈没してしまった。

一方のチェインバーも加減がわからずに失敗。
二人で組めば、上手くいく。
他者に頼ること、協力することを覚えたレド。
言葉も上手くなって来ましたし、どんどん成長していますね。 

gargantia-6-674b.jpg

ベローズに色々教えてもらう。
なんて言われると色々想像が働きますが、サルベージの話です。
元々ピニオンとベローズ両者から誘いを受けた訳ですが、綺麗なお姉さんを選ぶのは男なら当然。
それにサルベージ屋が本業のベローズのほうがノウハウ多いですしね。

失った地球の遺産を掘り出すという点で、調査に興味があるレドにはうってつけ。
これまでと違い順調に行くかに思われましたが…突然のアラート。
なんと地球のそれも海中にヒディアーズが居た!

どうやら地球人の言う「クジライカ」らしいのですが、チェインバー調べで組成がヒディアーズと一致。
もしかしてヒディアーズって地球産だったの?
一気に第1話へ引き戻された所で次回です。 

尚、次回タイトルの告知はありません。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-6-287b.jpg

遊星爆弾への怒り、そしてメ号作戦の無念。
恨み重なるガミラス冥王星基地には沖田艦長も憤懣やるかたない。
ヤマト沈没は偽装であり、敵基地が判明すると直ぐ様反撃に転じます。
何処にあるか分からない敵の主砲を目で探せと古代にムチャぶりしたのもその余波でしょうね。
今回の艦長は気合が違いました。

自ら潜望鏡を握ってヤル気まんまん。
帽子をクルッと後ろに回す仕草が格好良い。
また今回は古代が留守という事もあり、砲雷長・南部の活躍も光っていました。
普段は古代に否定的な態度を取る男だってやる時はやりますね。

デスラー総統はじめガミラス首脳陣が登場!!
そして今回は何と言ってもデスラー総統初登場に感動。
いきなりの風呂シーンにまずビックリ。
そしてヒスやミーゼラなどの幹部たちも勢揃い。
そのデスラーですが勝利の報告を当たり前と切って捨てる等、冷徹さが目立ちますね。
実際シュルツもビビり気味。

あとヤマトがワープしたことを知らなかったヒスがデスラーはじめ女官達に笑われている。
何でヒスだけ。
単なる笑い話なのか、ヒスが変な事してたのがバレたのか。

yamato2199-6-1147c.jpg

二等ガミラスは辛いよ。
本来ガミラス人の肌の色は青色です。
なのにシュルツの肌は地球人と変わりない。
これは彼らがガミラスの被征服民だからです。

ヤマトを沈めた後、シュルツは呟く。
自分たちのように降伏していれば生きられたのに。
つまりガミラスに屈した異星人とそうでない異星人同士の戦いだったと。

喜び勇んで上官のゲールを飛ばしてデスラーに直接報告したシュルツですが、これが勇み足。
ヤマトが実は沈んでなかったことで窮地に立たされます。
上官を蔑ろにした挙句戦果が勘違いでしたとなるとシュルツの立場が危ない。
何が何でもヤマトを沈めて既成事実化しなきゃならなくなってしまった。

矢継ぎ早に先手を打つ沖田艦長、這々の体で逃げ出すシュルツ。
慌てて反射衛星砲を発射するシュルツでしたが、仕組みは真田達が解析済み。
件の衛星を撃破されたことでビームが反射せず宇宙に消えて行きました。

そして次弾の発射こそ成功しましたが、直後に砲台を撃破されてしまいます。
無論ヤマトが同じ場所に留まっている筈もなく、これも楽々かわされてしまった。
あとはヤマト釣瓶撃ちで基地撃破。
基地と運命を共にする感じだったシュルツですが、部下に説得されて脱出。
更にヤマトの追撃に際し、別の部下が殿になってシュルツを逃がす。

敵とはいえシュルツ慕われていますね。
でもガミラスは「勝利か死か」という方針。
恐らく敗戦の責任を問われ、処刑されてしまうんでしょう。
或いはそのために敢えて生き恥を晒すことを選んだんだろうか。
部下に類が及ばないために。

こうして太陽系のガミラスの脅威を除いたヤマト。
足取りも軽く本来の航路に復帰した所で次回です。

yamato2199-6-1356b.jpg

森雪が完全に古代にロックオン、あと交代要員の岬が救護班で活躍。
雪は事ある毎に古代を意識する描写が増えましたね。
ラストで無事帰還した彼を見てニッコリ笑ったのは可愛かった。

その雪の部下である岬も今回は救護で目立っていました。
野郎連中が微笑ましそうな表情で見てますが、見てないで手伝えと思ってしまった。
ともかくあんな娘に手当されたら百人力。
弱音なんぞ吐けませんね。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第7話 『太陽圏に別れを告げて』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

撲殺戦士エデンちゃん。
ひとりアリアの墓守をしていたエデンのもとに訪問者が。
例によってパラサイトです。
とうとうエデンにも魔の手が…と思ったら何とスカウト。
時を操るパラサイトなら、死んだアリアも生き返らせる。
将に魔法の一言でエデンが三級パラサイトになってしまった。

曰く、家族や愛する人を光牙に殺されてしまった可哀想なエデン。
違います。

マルスを倒したのは確かに光牙ですが、エデンも一緒になってやっつけました。
最愛の人アリアを殺したのはそのマルスです。
母メディアや叔父アモールを倒したのは光牙ですが、正確にはアプスに乗っ取られた光牙。
これ元々メディアやアモールが光牙に宿らせたもの、いわば自業自得。
そして腹違いの姉ソニアを倒したのは蒼摩です。

そもそも家族と敵対するというイバラの道を選んだのはエデン自身。
光牙を恨むには値しないと思うのですが、どうでしょうか。

ハンマーのテーベは正しく車田正美漫画の雑魚キャラっぽくていいな。
小柄でへちゃむくれ顔。
そして無駄に自信満々とどこからどうみても雑兵。
なのに三級パラサイトです。
しかも結構…というか相当強い。

正直ハンマーはどうでもいいです。
隕石召喚、メテオストライク出来るとか凄すぎるでしょ。
これだけでもテーベ二級パラサイトくらいの実力ありませんか。
下手すりゃ地球を滅ぼすのだって楽勝でしょうし。

パラサイトを調査するために寝返っていたのさ!→何を調べたの?
エデンの裏切りにショックの光牙。
微妙な関係ながら最後は一緒になって戦ったエデン相手じゃ光牙の拳も湿りがち。
そんな光牙を一生懸命叱咤する昴。
あれ?昴今までで一番まとも&役に立っていませんか。

遠慮無く光牙をボコったエデンですが、テーベの土下座要求に対し本性を露わにしました。
やはりスパイだったのか!
その言い方おかしくね?
ヒドラ市などと違い、エデンが自分で売り込んだ訳じゃありません。
わざわざスカウトしたのはパラサイト。
なのに最初から疑ってかかるとかダメだろうと。

変といえばエデンもそう。
裏切ってから本心語るまで殆んど間あいてなかったじゃないか。
その間に何を知ったんだろう。
単に光牙をぶん殴りたかっただけじゃないのか。
そしてテーベにむかついた途端に本音を暴露って意味不明。
いったい何がしたかったんだろう、というところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第58話 『四天王現る!アテナ対パラス全面対決!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-5-1301b.jpg

私達、婚約してます!
降って湧いた真尋とクー子のカップル宣言。
…ニャル子やハス太みたく真尋に愛の押し売りしないし、意外と合っているのかもしれない。
少年は私の子供を産んで。
相変わらず出来ないこと言ってくるんですが。
邪神なので雌雄の概念が曖昧なんだろうか。

こんな話になったのも、クー子の従姉妹クー音からのしつこいアプローチから逃れるため。
従姉妹からの求愛って…邪神の恋愛模様は渾沌としてますね。
つーかとにかく押しの強い肉食系が多いこと。

そう言えばそんな設定あったよね。
ニャル子ラブなんだから断ればいいのに。 
ところがそうは問屋がおろさない。
ニャルラトホテプ星人とクトゥヴァ星人は不倶戴天の敵同士。
そんな二人の恋愛を周囲が認めるはずもありません。
それ以前にニャル子本人が認めていないんですがね。

苦肉の策で出たのが真尋を担ぎ出すこと。
アニメでの擬似恋愛は本気恋愛の布石。
以前は邪魔な真尋を排除しようとしたクー子ですが、今では「三人でもいいかも」なんて思ってる。
何だかんだ言って真尋ハーレムになっていきそうな予感。

帰りたくない…というクー子は可愛い。
ニャル子好きはさておいても、クー子は八坂家がお気に入り。
ご飯も美味しいし、少年とその母も優しいし…。
なんて涙目で訴えられたら断れない。
まったく乙女(邪神ですが)の涙は最終兵器です。

しかしクー音もこのままでは引き下がれない。
思い切ったクー子が「真尋と寝る」宣言まで飛び出して二人は引き返せない方向へ行ってしまうのか?
というところで次回です。

nyaruko2-5-1296c.jpg

ニャル子のSAN値がヤバイ。
本来は人のSAN値を下げる立場にある邪神。
でも度重なる真尋とクー子のラブラブ芝居を見せられて精神が崩壊しそう。
こりゃタダで済むわけありませんね。
従姉妹とは別の意味で収まりがつかなそうです。

前半は一緒にお風呂などニャル子の攻勢が凄かった。
でも後半はクー子の純愛路線にやられた。
冒頭の掃除機(声:若本規夫)など見どころ満載の回でしたね。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第6話 『エンジテミル』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-5-595b.jpg

何という凄まじい色気。
アニメの水着回は盛り上がりますよね。
みんな綺麗なんですけど…何か物足りない。
何というか、モデルとかマネキン体型。
色気やエロスが不足しがちで言ってるほど興奮しなかったりするものです。

でもガルガンティアの女性キャラの水着は一味違った。
特に快楽天ちゃ…もといサーヤ、ベローズ、そしてリジッド。
この巨乳三人組の色気が半端ありません。 

エイミーは水着と合わせ技一本。
総じて布面積の少ない水着が多いヒロイン達ですが、特にエイミーの水着はヤバイ。
正直ボリュームでは前述の三者に及ばない。
しかし水着が所謂「ブラジル水着」というんでしょうか。

トップスは小さめの胸でも覆いきれてない上にアンダーは超ローレグで尻の割れ目が出てる。
更にパンツ部分が股全部隠せてない。
側面から覗く股間に堪らないエロスを感じます。
えらい開放的な娘さんなんですね。

gargantia-5-787b.jpg

仕事クダサイ。
一方でレドは真剣にお悩み中。
お色気ムンムンのヒロイン達が気になるんじゃなくて、仕事が無いから。
戦闘以外では役立たず。
正直用心棒で良いと思うんですが、平時も働いてないと不安なのかな。
引っ張りだこのチェインバーを見る目が凄く羨ましそう。

そんな彼に仕事を持ってきたのが「バラせ、沈めろ」ばかり言っていたリーゼント君もといピニオン。
いつの間にレドと仲良くなっていたんだろう。
彼の指示であるものを取りに行くことになりました。
所謂はじめてのおつかいという奴ですね。

オカマって宇宙には居ないんだろうなあ。
なんかいの一番に「処分」されそうですからね。
レドが目的地に向かう途中でオカマ連中と遭遇、目をつけられてしまう。
そして声が…また三宅健太か。
この人オカマ役がやたら多いですね。

先日の「アザゼルさん。」でもオカマの肛門科医という天職というか危険過ぎるキャラやってました。
他にも「絶チル」「兵部京介」のマッスル大鎌に「ハイスクールD×D」のミルたん。
業界ではオカマ=三宅というのが常識になっているんでしょうか。

出会った途端、一瞬で恐怖するレド。
優秀な兵士の本能が「こいつはヤバイ」と囁きかけているんでしょうか。
お使いは無事果たしたものの、体中…そして口にデカイキスマークが。
レド…得たものより失ったもののほうが大きかった気がする。

gargantia-5-1020b.jpg

ウインドサーフィンかと思ったら。
サーフカイトって飛ぶんですね。
レド待ちの状態で仕事の依頼が入ったエイミー達は競争。
狭い船の街をサーフカイトでビュンビュン飛び回るのは見てて凄く楽しい。
水着の上に安全性低そうですが、楽しそう。

何か宮崎アニメ風というか、見てる方もワクワクするシーンでした。
そして勝ったのはエイミー。
やはり風の申し子というか、飛ぶことに掛けては天性の才能がありそうですね。

すき焼きならぬチェインバー焼き。
チェインバーに肉を焼けといった時、消し炭になるのは予想つきましたね。
次にピニオンが思いついたのがチェインバーの装甲で肉を焼くこと。
車のボンネットで目玉焼きのノリですね。

文字通り身を捨ててレドが持ってきたのは…焼肉のタレでした。
そして慣れない箸を使って美味そうにほうばるレド。
もう死骸食べるのに抵抗ないみたい、というか完全に味わっています。
仕事をして、オカマ初体験して、地球の食事を堪能。
今回レドの経験値はハネ上がったんじゃないでしょうか、という所で次回です。

尚、次回タイトルの告知はありません。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-5-1341b.jpg

あんな所から攻撃が!
どこから狙われているのか分からない、というのが狙撃の恐ろしさ。
必死に弾道解析しても向こうはビームを反射しているので意味が無い。
逃げても逃げても狙い撃ち、挙句ヤマトが冥王星に轟沈してしまう。
直上から攻撃って終わりじゃん。
と言うか太陽系出る前にヤマト沈んじゃったよ!
という絶望感が半端ない回でした。

しかもこの「宇宙戦艦ヤマト2199」では反射衛星砲は別用途からの転用という設定になっている。
これ本来は遊星爆弾の着火装置なんです。
そこを防御兵器に利用する、シュルツ司令中々のアイディアマンです。 

南部どうした。
地球がボロボロになったのは冥王星からの遊星爆弾のせい。
太陽系を出る前にここだけは叩いておきたい。
恨みを晴らすためにも、後顧の憂いを断つためにもごもっともです。
せっかく帰ってきた時に、地球が壊滅していたら元も子も無いですから。

艦長と古代は航空機による攻撃を提案。
そんなの波動砲でぶっ飛ばせ。
とばかりに南部が主砲攻撃を主張。
なんかイメージ的に古代が言いそうな感じだったので意外です。
基地どころか冥王星まで破壊しかねないからという説明に対し。
いいじゃないですか、星の一つや二つ!
…これはいけません。

yamato2199-5-391c.jpg

そして雪もおかしい。
いかなる犠牲も厭わないという考え方は支持されない。
勝った後のことを何も考えていない事になりますから。 
また星の一つや二つというのがエスカレートすれば人の一人や二人って事にもなりかねません。
挙句航空隊の存在意義を問うなど、南部けっこう喧嘩っぱやいですね。

他方の雪は山本と話し込む古代をこっそり様子見。
なんで隠れた。
嫉妬か、嫉妬しているのか。
二人は真面目な話をしていたんですがね。

yamato2199-5-378c.jpg

恋の花咲く宇宙戦艦。
今回女性キャラクターが多いこともあり、色恋とまで行きませんがオッとなるシーンが多いですね。
技術部の新見薫は真田に地道にアプローチしている様に見えます。

古代のとりなしで航空隊に転属した山本玲。
野郎ばっかりの部署だったらしく男連中が騒いでいます。
またみんなの天使・看護師の原田真琴。
見ないで!ってそれスカートだったの!?
てっきり服の一部かと。 

彼女のコスチュームだけ全身スーツじゃなかったけど、パンツが見えるデザインだったのか。
無重力が想定される宇宙戦艦でミニスカートってつくづく謎ですね。
というところで次回です。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第6話 『冥王の落日』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

兄者の墓参りでロックの神様に出会ったんだ。
栄斗は忍者聖闘士という二足のわらじの上バンドまで組んでいたのか。
ところが真相はもっとビックリ。
闘いが終わって、芳臣の墓前でラジオを聞いていたら音楽が流れてきた。
その時栄斗に電流走る。
こうして彼はミュージシャンの道へ…ってなんじゃそりゃ。

以後彼は女神アテナからロックの神様に鞍替え。
俺の闘いは終わったんだ…は良いとしても次にバンドってどういう思考回路してるんだ。
でも短期間でメンバー集めてメジャーデビュー直前まで行くんだから才能はあったんでしょうね。

実際歌は上手いです。
あまりにハマっているので歌の部分だけ声優じゃなくて本職の歌手が歌ってるのかと思った。
丁度「マクロスF」のシェリル・ノームみたいな感じです。
しかしこちら、歌も栄斗役の鈴木達央が担当しています。
まさか50話も経過した後のたった1話のために歌のうまい声優を当てた…なんて事は無いんでしょうね。
それにしても見事な美声っぷりでした。

ほっときゃいいのに。
そんな栄斗の前にも例のごとくパラサイトが現れます。
今回の相手は三級パラサイト・ダガーのハティ。
光牙の説得にも昴の挑発にも耳を貸さなかった栄斗のライブを襲撃して来ます。
いやスルーしろよ。
栄斗は歌に生きる決心をしたんです。
ここで藪をつついて蛇を出す必要はないと思うんですが。

その上栄斗を襲わせまいとした光牙達に阻止されてしまう。
成り行きですがこいつらだけ倒して撤退すれば理想的かも。
でも小宇宙を感じ取った栄斗はやはり駆けつけてしまうんですね。

スピードと聴覚は一級品。
何しろこのハティ、筋肉の音すら聞いてしまい、光牙達の攻撃を全部かわしてしまう。
もう三級パラサイトってレベルじゃねえ。
一見そう思うのですが、彼には弱点がありましたね。
それは攻撃力の低さ。
武器がダガー(短剣)なので、どうしても大ダメージは与えられません。
まるでいたぶるように攻撃してますが、それが全力なんでしょう。
ここが三級の三級たる所以でしょうか。

しかしこれだけ耳が良いと、騒音だらけで気が狂いそう。
その昔ウルトラマンの秘密とかで聴力:1キロ離れた針の落ちる音も聞こえるとかありましたよね。
子供の頃は「すげえ、流石ウルトラマンだ!」と疑うこともなかった。
でも後から考えると五月蝿くて眠れないんじゃないの?と思ってしまうアレです。 

歌で妨害すると思ったらアパッチの雄叫びだった。
耳の良さを封じないとハティには勝てない。
ならば今こそ栄斗の歌で対抗だ!
丁度挿入歌みたくなって雰囲気もバッチリ。

アォォオオオン!!とまさかの狼の鳴きマネ。
シャウトってそっちかよ!
ともかくもハティの聴覚を封じてあとは光牙に料理されてしまった。
まさかのジェロニモ戦術で勝利したところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第57話 『ペガサスを倒せ!孤高の戦士エデン!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-4-1047b.jpg

珠緒ショック!
ニャル子と真尋の仲はそこまで進んで居た。
嫌そうに見えて真尋も満更じゃなかったのか。
まさに「嫌よ嫌よも好きのうち」に見えるわけです。

実際は完全にニャル子の一方通行なんですがね。
まさか愛の押し売り邪神だとは思うまい。
実は全然叶っちゃうと思うんですが、珠緒が知る由もない。
ニャル子が邪神だということで真尋が躊躇しているのを知りませんからね。

このアニメでは珍しい日常回。
(ニャル子達を除く)悪巧みしている邪神も特に出てこずにわりと平穏な日常を送る真尋たち。
尺が余ってるのか?サブキャラにもスポットが当たっていますね。

ボーリングではパーフェクト連発、ビリヤードでも同様。
余市は地味なのに超ハイスペックだというのが分かりました。 
更に女性とのぶつかりスキルまで持っている。
アニメが違えば間違い無く主人公張れる器だと思いました。

そしておめかししたものの、結局普段通りの格好で街をぶらぶらする珠緒。
まあ”若さ”に勝る化粧は無いと言います。
十代で化粧するのは勿体無いですね。

nyaruko2-4-285b.jpg

ツル子無事だったの。
そんでもってメイドカフェの店員ながらアイドルデビューまでこなしていた。
一番人気ってことはかなり可愛い設定なのか。
でも本人は相変わらず真尋に違う熱視線送ってるし。
アイドル志向と腐女子って両立しないと思うけどどうなんだろう。
そしてドジっ娘スキルもある様でまた転ぶ。

たまたま余市に助け起こされたところをファンに目撃されてしまう。
アイドルに熱愛発覚!!
徹頭徹尾AKBネタですね。

親子フォーク神拳。
100円ショップでフォークを買い漁る真尋。
ニャル子はともかくクー子やハス太は怖がらなくても良いのでは。
邪神にとって畏怖の対象になってるんでしょうか。 

そして真尋ママもネットゲームでフォーク使いまくり。
背中の大剣は飾りか。
ちゃんとフォークが武器になるゲームなの。
というところで次回です。

H2Oとは懐かしい。
大人の階段の~ぼる~♪君はまだ~シンデレラっさ~♪
あだち充がタッチの前に連載して、アニメにもなった「みゆき」のエンディング、H2Oの「思い出がいっぱい」ですね。
でもこの漫画&アニメ知ってる人ってかなりいい年じゃないだろうか。

因みにこの歌漫画に逆輸入されたんですよね。
漫画のラスト、エピローグでこの歌詞がBGM代わりに載ってるんです。
イメージが合っているので、学校の卒業式で使われたりしていました。 


次回は這いよれ! ニャル子さんW 第5話 『嘘だと言ってよクー子』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-4-470.jpg

僕が一番チェインバーを(略。
レドが要不要を論じるのは自分の立ち位置に不安を覚えたから。
とりあえずガルガンティア滞在は認められました。
そこで戦闘以外でも役に立とうと張り切って荷物整理をお手伝い。

ところがみんなから見ればチェインバーが居ればレドにやってもらうことはない。
自律稼働できますし、言葉にも不自由しないんですから。
カタコトのレドに通訳してもらうなんて本末転倒。
チェインバーに直接用事を頼んだほうが楽なわけです。
無能は不要。
そんな社会で育ったレドにとってこれは存在意義を失いかねない重大事。
機械がオラ達から仕事さ奪うだ~~~!
産業革命時の工員の嘆き、或いは「GS美神」でマリアが助手になった時の横島の心境でしょうか。

レドの育った環境はひたすら厳格。
銀河同盟発足時から宇宙生物ヒディアーズと戦闘に明け暮れている。
つまりずっと戦時体制。
全ての行動に理由と効率がつきまとい、余暇や自由という概念はないと。

そして生まれてくる子供は完全に管理されている。
家族という概念が無く弟とは何かと言ったのはちょっとビックリですね。
婚姻制度も存在しなさそうです。 
人間の価値は人類に貢献できるか、ぶっちゃけヒディアーズと戦えるかという物差しによって図られる。
心身に障害のあるものは処分、つまり殺されてしまうと。
物凄い管理社会みたいですね。
第一話で貢献度MAXで自由飲食とか生殖とか言ってたのは大マジだったと。 

gargantia-4-1261.jpg

ガルガンティアの日常は非効率・非論理的。
寄り合い所帯みたいな指導部に、病弱なベベルの存在、そして無邪気に遊び呆けている子供。
人間らしい生活に見えるのですが、レドにとっては人としてあるべき姿ではないと映ってしまう。
知恵者を訪ね歩いて件の病弱な弟・ベベルへとたどり着く。 

ベベルは実に賢い少年だったみたいで、レドに分かりやすく考え方の違いを教えています。
特に病弱である自身について、
僕は僕が必要だと思うから生きている。
というのはレドにとって衝撃だったんじゃないでしょうか。
レドの言う有能とか貢献というのは常に他者、社会からの評価です。
そうしたいからそうする、という自らの意思は無いですから。

記憶操作?
レド唯一の無意味な行動。
それはヒディアーズの牙に穴を開けること。
これ元々別の人物がやっていたんですね。
見た目笛に見えますしベベルもそう思った様ですが、レドは何なのかも分からずに作っていた。 

そしてこの人物はある日宇宙に消えてしまった。
先にレドの話にあったとおり無用とみなされ処分された模様です。 
それを思い出した時、レドは無意識に涙を流す。

ベベルの話で失った記憶が蘇ったっぽいですね。
やはり記憶も必要に応じて消去されたりしているのでしょうか。
こうしてレドはどんどん自我に目覚めていくのかも。
というところで次回です。

gargantia-4-1146c.jpg

三人娘揃い踏み!
エイミーと仲の良いサーヤとメルティの出番も多かったですね。
個人的にむちむちのサーヤに大注目。
黒髪ロングの巨乳娘。
キャラクター原案の鳴子ハナハルがエロ漫画雑誌「快楽天」によく描く娘に似ていることで、
快楽天ちゃん。
ネットではそんなアダ名で呼ばれていたりします。

でも台詞が多く、またレドに興味津々なのは貧乳ツインテールのメルティの方。
もっとサーヤの出番が増えると嬉しいのですが。 

尚、次回タイトルの告知はありません。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-4-1324b.jpg

勇姿を見せられた後、寂しそうな後姿を見る。
こりゃー女としてはほっとけなくなるかな。
旧作では「古代君古代君」と古代しか眼中に無かった感のある森雪。
今作では部署が違う上に意見ややり取りの行き違いが多く、二人は必ずしも良好な関係とは言えませんでした。
(古代君の)護衛なんて必要ありません。
とか言っちゃったりする訳で。

他にも後輩にもあんなのを見習っちゃダメと釘を差してましたね。
その後輩の内、岬百合亜が森雪にウットリ…百合か、百合なのか!?
名前が百合亜だし。
因みに古代や島は棚ボタリーダー。
他方で森雪は既定路線の船務長だったんでしょうか。
だとしたら雪は物凄い優秀って事になりますね。 
まあ元々参謀本部付きでしたしエリートコースバリバリって感じはします。

yamato2199-4-715b.jpg

三人+αだけの救護部隊。
しかもそのうち二人は戦術長と船務長ってかなり拙くないでしょうか。
案の定、捕虜を取りたいガミラスの襲撃を受けちゃいます。
仮にこの二人が死亡ないし虜囚となったらヤマト困ることになったでしょうに。
最低でも一個小隊は連れて行くべきだったと思いますね。

また同行した看護師の原田真琴は古代と森雪の関係に熱い視線を送っている。
前述のとおり二人の関係はあまり良好ではありません。
何故そんなに期待しているのか、将来この二人がくっつくという確信でもあるのか。
だったら凄い勘してますね。 

尚、冒頭古代が冥王星攻撃を強行に主張する一方で、土星からの救助要請を黙殺しようとするシーン。
前者は兄の敵であり、後者で救難信号を打っているのはその兄の船。
仮に古代の主張が通り、且つ瀕死の兄が生きていたとしたら…。
兄を見殺しにして兄の仇討ち。
という本末転倒な事になってましたね。 

yamato2199-4-1193d.jpg

兄さんの銃、兄さんの船。
とっさに拾って応戦した銃を見て古代は固まってしまう。
そして見えなかった船名を見て絶句。
冥王星沖で撃沈されたゆきかぜ、兄・古代守の船だったと。

思いっきり爆発したように見えましたが、土星まで来てたんですね。
でもそうなると「兄さんはどこだ!!」とならない筈が無いと思う。
一応生存者は居ないと報告していたので、くまなく捜索はしたかもしれない。
でも兄を探して半狂乱になる古代ってのは必要なシーンだったと思う。
そんな気がした所で次回です。 

yamato2199-4-304d.jpg

女性キャラクター活躍してますね。
今回出番が多かった原田真琴は言うに及ばず、技術部の新見薫は安定しています。
また今回無断出撃した山本玲。

やりそう、やりそうと思わせて遂にやったかという感じでした。
これを期に航宙科へ転科出来るのか、逆に遠ざけられるのかが気になります。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第5話 『死角なき罠』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

歌う聖闘士だったのかよ!?
超人バトルとロックバンド。
何というかうなぎに梅干しとかスイカに天ぷらみたく物凄い相性が悪そうです。
初めて見た時あまりのギャップに固まってしまった。

そりゃ栄斗は長髪ですが、眼鏡に一つ縛りってちょっと方向性違うんじゃなかろうか。
何か21世紀だし、聖闘士とロックバンドもありだよね?という無理矢理感を感じました。 

ドラゴン紫龍役・成田剣。
記憶が定かじゃないんですが、紫龍が喋ったのって今回が初めてじゃないでしょうか。
そんでもって声が成田剣。
オリジナルのドラゴン紫龍を演じた故・鈴置洋孝氏と声質が激似の人です。
「機動戦士ガンダムUC」でブライト、「るろうに剣心」で斎藤一と鈴置氏の持ち役を尽く引き継いでいる。
やはり紫龍もこの人で来たかという感じです。

そして紫龍、今回は喋るだけじゃなく目も開けば歩きもする。
以前はずっと座っているだけという気がしました。
とても五感を失っているとは思えない健在ぶり。
これもマルスやアプスが居なくなった影響でしょうか。
だとしたら龍峰にとってマルスとの戦いは非常に意義があったことになりますね。

すごく元気に見えるのですが、これで紫龍はまだ回復していないっぽいです。
そして龍峰はフヌケモード。
ちょっと前のユナ同様、聖衣を纏うことが出来ない状態だと。

ザコ兵士居たんだ。
パラサイトには正規の戦士のみ、ザコ兵士は居ない。
そう思っていたんですが今回出て来ましたね。
そして例によって三級パラサイトが龍峰に襲いかかると。

毎度おなじみですが、セブンセンシズに目覚めた黄金聖闘士並みの実力を持った青銅聖闘士。
なのに「たかが」三級パラサイトに苦戦しています。
でも母親・春麗のピンチで覚醒。

天駆ける龍まで飛び出して流石に一番の素質を持つだけはあります。
小宇宙が回復し、ニュー聖衣を纏った龍峰には一部の隙もありませんね。
這々の体で逃げ出したパラサイト。
そういえば龍峰の病弱設定って何処行ったんだろう、という所で次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第56話 『心に響け!栄斗の叫び!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-3-719.jpg

そんなに強いならいっそ銀行強盗でもしろ。
だってニャル子やクー子が苦戦するほど強いんですよ。
目的が金ならもっと単純な方法があるだろうと。
まあ一応組織の存続という最終目標があるのかもしれませんが。

ロイガーとツァール、その強さに反してオツムは今ひとつの模様。
そんな連中が創りだした邪神「アラオザル」も頭は足りなかった。
そしてこの邪神、どう見ても月を見たサイヤ人です。
頭空っぽのほうが~♪夢詰め込める~
知能が無いのは約束されていました。

nyaruko2-3-1033b.jpg

ハス太の真の姿、そして声も変わった!
ニャル子の切り札はハス太だった。
背中を何か弄って…って無駄にエロいな。
まるで逆鱗に触れたかのように真の姿が現れましたね。

変身したハス太もといハスターは声も釘宮理恵から関智一へバトンタッチ。
イケメンキャラらしく真尋に感謝を述べる一方で、普段のホモホモしさは消えている。
そして強い、流石ニャル子とクー子の喧嘩を唯一止められる存在だけはありますね。
でもドリムノート邪神様のメモ帳で創られたアラオザルは無限の回復力を誇るらしく、あっという間に元通り。
これじゃいくら強くても簡単には倒せない。

nyaruko2-3-975b.jpg

シャーペンの尻に付いている消しゴムはあまり消えないんだけど。
このペンの消しゴムは中々優秀ですね。
邪神様のメモ帳を消せばアラオザルも消えると。
あれだけ苦戦したのがバカバカしくなってくるようなオチで捏造邪神は消滅。
フォークでロイガー達にダメージを与えたりと、真尋大活躍の回でした。

あとぶっ飛ばされたクー子をナイスキャッチしたりしてましたね。
もうクー子完全に真尋に惚れているだろう。
という所で次回です。

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第4話 『恋愛の才能』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

gargantia-3-381b.jpg

何故敵を殺してはいけないのか。
敵とは共存不可能な相手であり、どちらかが全滅するまで殺しあうしか無い。
レドはそういう教育を受けており、また実行してきた。
彼にとっては人間同士で争うのも、敵であっても殺してはいけないという考えも奇妙に見えるのかもしれない。 

エイミーの依頼で敵を「殲滅」したのに本人に罵倒される。
加えて自分に対する警戒が上昇。
レドにとっては予想外でしょうね。

ここに一石を投じたのがベローズ。
助けられた本人だけあってレドに対してわりと好意的。
例によって食料を持ち寄り、両者の考え方の差を埋めにかかる。
単にきっぷの良いお姉さんかと思ったら、意外と話が出来るようですね。
レドの疑問にも丁寧に答えていく様は学校の先生みたい。

gargantia-3-540c.jpg

知らないことは幸せだね。
レドの攻撃から逃げおおせた海賊って居たんですね。
全滅の報告を聞いて大海賊ラケージは激怒。
敵の新兵器何するものぞと海賊を総結集して襲ってきた。

相手は宇宙から来た超テクノロジーなんですが、多分想像付かないんでしょうね。
∀ガンダムでモビルスーツに複葉機で挑んでいたのを思い出す。
そして赤鼻に太っちょ、ケバい女ボスと来ればドロンジョ一味を思い出さずには居られない。
ラケージにはこれに加えて女奴隷が居るみたいですが。 

まどろっこしい戦いでもきっちりこなします。
多勢に無勢で結局レドの協力が必要。
でも今度は殺さずに戦って欲しい…のは分かりましたが、何故かオトリ役。
そんで自分たちは普通に攻撃してる。
砲弾は命中したら人死にますよ。
自分たちが戦って死傷者が出るのは良いのかな。

レドに死人を出さずに敵を無力化して欲しいと言ったほうが早い気がします。
都合の良いことにここいらの海賊が結集しているじゃありませんか。
一掃のチャンスです。
でも普通に戦って、しかも劣勢。
結局レドはガルガンティアがやられてはたまらんと加勢することになるわけです。

まあ素人の指揮下に入った事による弊害という気がします。
レドは「随分まずい戦い方をしている」と思っているのかもしれない。

gargantia-3-1098c.jpg

特別のレベルが違った。
レドのチェインバーを意識してか、自らもロブスター型ユンボロで出撃するラケージ。
おつきの女奴隷も一緒って、こいつらドレイじゃなくてプレイだったの?
この二人がボヤッキーとトンズラーの代わりみたいですね。
しかし日本人にロブスターは馴染みが浅い。
正直ザリガニにしか見えない。
チェインバーと力比べになるのですがいくらなんでも無理だろう。
そう思ったら海に引きこもうとした。
おお、ちょっとピンチかもしれない。

宇宙で運用するチェインバーだけに海なんて楽勝だろう。
一見そう思えるのですが、宇宙しか知らない連中が作ったロボットだけに海水には弱いかも。
…と思ったら三機がかりでもチェインバー引きずり込めませんでした。
考えてみたら海に沈んでいたチェインバーをベローズが拾ってきたんでしたっけ。
でも全然不具合とか出てませんでした。
仮に引き込めても問題無さそうです。

gargantia-3-723b.jpg

ようやく歓迎…になるのかな。
ガルガンティアの意に沿った形で海賊を撃退出来たレドはエイミーだけじゃなく他の連中からも大歓迎。
完全に英雄扱いされている様に見えます。
でもここがピークで今後も疑われたり排除されそうになる展開はあると思う。
ガルガンティアの首脳陣はレドが本気出したら…と戦々恐々でしょうし、リーゼント君もといピニオンは色々納得していなさそう。
あとレドも死骸食べるのに慣れないとね。
という所で次回です。 

船団長仕事しろ。
レドと交渉→副長リジッドに話させる。
今度のレドの扱い→副長リジッドに一任する。
丸投げwww。
ラケージが迫って来た時に他の連中を逃がそうとしたのは立派ですが、平時の働かないっぷりが半端ないです。
リジッド以外の幹部連中も完全にお飾りという感じがします。
ガルガンディアの行末はリジッドと護衛船団長ウォームに掛かっているみたいです。 

尚、次回タイトルの告知はありません。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-3-1025c.jpg

元の服も凄いですが。
ワープの副作用でその服が透けます。
こちら以前もレビューしたことがありましたね。
▼記事▼:『宇宙戦艦ヤマト2199』 第2章(冒頭9分)公開!ヤマトが透ける、森雪も透ける!! 

今回は以前見た映像より透過率が上がっている気がする。
森雪のブラとパンツ、特に装飾用のリボンがハッキリと確認できます。
旧作より色気が格段にアップした森雪だけにその効果は絶大ですね。

yamato2199-3-785.jpg

ガミラス美少女もキタ!
シュルツの娘ヒルデがビデオメッセージで登場。
敵にも家族があり、単に戦うために来ているのでは無いと。
可愛いですがお付き合いするのは大変そうですね。
ガミラス人の暮らせる環境は地球人にとって過酷。
ちょっと共存するのは無理みたいなので。 

ワープ失敗、この危機を逆用して波動砲テスト。
単に機器の不具合なのか、或いは浮遊大陸の干渉で失敗したのかは不明です。
目標をそれて木星に出てしまったヤマトは浮遊大陸に不時着。
普通に言ってますが木星に大地があってそれも浮いているんだからもっと驚いていい。

どう見ても普通じゃないと思ったら植生がガミラス。
環境テストを目的に大陸を引っぺがして持ってきたみたいです。
何も木星でテストしなくても、重力が地球の倍以上あるのに。
この大陸内では重力調整も行なっているのか。
はたまたガミラス人はこの程度の重力屁でもないのかは不明です。

テロン(地球のこと)の兵器はこちらの装甲を抜けない!
楽観視したガミラスの戦闘艇はあっという間に撃ち落されていく。
この時点で彼らの負けは決まっていた感じがします。

そしてトドメとばかりに波動砲。
因みにこの波動砲は通称で、正式名称は次元波動爆縮放射機という設定になっています。
こちらイスカンダル謹製じゃなくて波動エンジンを研究した地球人がその副産物として作ったもの。
中々どうして地球の技術も捨てたもんじゃありません。
或いは改良が得意な日本人の特性でしょうか。
それだけに思い入れが強かったのか、沖田館長が物凄いヤル気ですね。

yamato2199-3-1257b.jpg

ターゲットスコープオープン!対ショック、対閃光防御!!
このフレーズ懐かしい、テンション上がりますね。
今回のヤマト2199ではスクリーンに自動でスモークがかかる仕様になっています。
でも個人でもゴーグルを装着するのは旧来通り。
やはりこのギミックは欠かせないという事なのか。

元々仕様に無かった波動砲だけに威力は未知数。
正直使い物になるかどうかも分からなかった。
これで威力がショボかったら困りものですね。

そしていざ発射した波動砲は…浮遊大陸をほぼ消滅。
予想外の絶大な威力にびっくりしてしまったヤマト一同。
若いクルーなどはガミラス恐るるに足らずと大興奮。
でも試射を命じた沖田館長は無言。
こいつは強力過ぎる…。
手に余る兵器を手にしてしまったという戦慄を感じているみたい、というところで次回です。

yamato2199-3-1149c.jpg

森雪はやはりイスカンダルと関係があるのか。
火星で個人的にサーシャに献花してましたね。
わざわざヤマトに花束を持ち込むとか普通じゃありません。 

また船外服(宇宙服)を着用する時は髪をアップにするなど芸が細かいです。
今回は多彩な雪が見られて満足でした。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第4話 『氷原の墓標』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

seiya-54-1314.jpg

占星術で独自にアテナの危機を察知。
一足早くジャミールの貴鬼の元で聖衣の修復を行うなど準備万端。
…だったのですが、聖衣が装着できない。
平和にすっかり鈍っていた蒼摩よりも深刻、恐怖から戦うことが出来なくなっていた。
いわゆるPTSD(心的外傷後ストレス障害)に近いものがあるかもしれません。

そんなユナを元気づけようと貴鬼の弟子・羅鬼が花咲き乱れるとっておきの場所へと案内する。
この手の場所を踏み荒らすのが敵の定石。
そうです、ここにもパラサイトが現れます。

全く強さを感じさせませんね。
これまで出てきたパラサイトは多少「強そう」に見えました。
しかしこの姉弟コンビ、自分たちに酔ってるだけで全く強そうに見えません。
戦いを躊躇しているユナに攻撃をかわされている有様です。
クロノテクターの力で羅鬼の動きを封じるのが関の山。

のち現れた光牙の叱咤激励でヤル気を取り戻したユナの敵じゃありません。
更に聖衣修復のため到着が遅れていた蒼摩が来ると数の上でも圧倒してしまった。
ニュー聖衣の実験台としてやられるためだけに来たという印象しかありませんでしたね。

戦いを蒼摩とユナに譲った光牙はもとより、戦いたがりの昴も出番なし。
青銅聖闘士が揃って行くと鋼鉄聖闘士の出番がどんどん無くなりそう。
早くも昴リストラの危機を感じた所で次回です。

でも死んでない。
毎回やってきて「たかが青銅ごときに!」とお約束の台詞を吐いて負けていくパラサイト。 
でも彼らは敗北を悟ると瞬間移動してしまい死ぬことはありません。
パラスはマルスほど人材を使い捨てにはしていないみたいですね。
ザコ闘士を引き連れていない事もあり、ランク分けしている割にメンバー少ないんじゃないでしょうか。
再登場して因縁の対決とかもありそうですね。

次回は聖闘士星矢Ω 第55話 『かけがえのないもの!目覚めよ、龍!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

nyaruko2-2-1265b.jpg

ロイガー星人とツァール星人って仮面ライダーみたいだな。
だから強いのか。
まあ宇宙警備隊(ウルトラマンらしき連中)は内紛で戦うどころじゃなかったらしいですが。
そしてこいつらの本拠地は…何故か地球のミャンマーに存在。

真尋さんが居るとモチベーションが上がるので。
という理由だけで真尋もミャンマーへ行く羽目になります。
いや真尋って保護対象だよね!?
ニャル子趣味まるだしです。

しかし前回の予告ではニャル子さん@がんばらないだった気が。
いつの間にサブタイトル変わったんだろう。

nyaruko2-2-850c.jpg

クー子もう完全に真尋にデレてるよね。
最後の砦となって真尋を守ったハスターに、普段はホモじゃないと及び腰な真尋も感謝。
頭ナデナデするのですが、当然ニャル子が私もと言って来ます。
でもクー子までナデナデ要求には参った。
お陰で腕が二本しか無い真尋の両腕は大忙しです。

ハスターが戦うシーンも珍しいですが、髪を下ろしたのは初めてじゃないでしょうか。
しかもぶきっちょ、髪をとかすのも結ぶのも手際が悪い。
今までどうやって居たんだろう。
ひょっとしてずっと結びっぱなしだったのか。

そして髪を下ろしたハスターは…物凄く可愛い。
ホントにこれ男じゃなけりゃなあ…と思わずに入られない。
まあ邪神なんでこれが本来の姿じゃないんですが。

nyaruko2-2-1022.jpg

ルーヒー、何という才能の無駄遣い。
嘗てのゲームハード開発者も今やすっかりたこ焼き屋のお姉さん。
材料は地球産らしいですが、警戒している真尋は食わない。
せめてノボリに宇宙人描くのやめろ。
あれ見ると不安になるじゃないか。

せっかくの技術をまるで生かせない仕事にしょんぼりかと思ったら本人はそうでもない。
こんな生活もいいかな…とまるで腰落ちつけた主婦みたいになってますね。
意外に家庭向きな人なのかもしれません、人じゃありませんが。
というところで次回です。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第3話 『超邪神黙示録』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

garugantia-2-710.jpg

俺の知ってる地球と違う。
死の星となった地球から脱出したのがレド達の先祖。
その後別な惑星を見つけられずに流浪の生活。
だから「惑星に住む」という考えが無くて1Gとか空気の有無に拘っていた訳ですね。

他方おそらく地球に残った連中の先祖がエイミー達の祖先。
その後地球では氷が溶け、そのせいで地上が水没というウォーターワールド状態。
人類は船に乗ってやはり旅から旅への生活。
宇宙と地球の違いはあれど海を彷徨っているのは一緒。

同じ地球出身の人類なのに技術格差が出ているのは別々の道を歩んだからという∀ガンダムみたいな状況。
別にタイムスリップした訳じゃなくて、距離だけ飛ばされたみたいですね。
レドにとっての地球はもう住めなくなった人類発祥の地なのでビックリというわけです。

異文化コミュニケーションは食事から。
でも差し出された魚の干物にビックリするレド少尉。
死骸って言うな。
どうやら宇宙では合成食が主流みたいで肉や魚とか見たこと無さそうです。
こうしておっかなビックリの交流が始まりました。

元々レドがチェインバー以上に慎重だったのが幸いしましたね。
∀ガンダムのように最初に攻撃を仕掛けて死傷者を出すと、こじれて交渉の余地がなくなります。
レドは帰ることも叶わず、現地民とは揉めたまま、地球で野盗みたいな生活を送るハメになるところでした。

garugantia-2-1292c.jpg

その野盗みたいなのがやって来た!
レド達みたいなお宝をもう一度!
欲をかいて出動したベローズが海賊に襲われてしまう。
多勢に無勢、ならばとレドに援護を求めるエイミー。
レド即了承。
自力で帰還できない以上、ここで自分を売り込んでおきたいという計算が入っています。

そして出撃した殲滅兵器チェインバー。
文字通り殲滅。
大型ビームで艦船を撃沈。
小型ビームで海賊を一人残らず蒸発させて抹殺。

戦いになると容赦無いレドに、エイミー達は喜ぶどころかドン引きしてしまった模様。
というところで次回です。

敵という言葉の重みが違った。
レドは兵士であり、敵とはヒディアーズの様な殲滅の対象。
まさかエイミーもここまでやるとは思わなかったんでしょうね。
大活躍して仲間にしてもらおうというレドの思惑は上手く行かなそう。
やっぱり虚淵玄の脚本は一筋縄では行かなかったですね。 

garugantia-2-477b.jpg

ムチムチが増えた!あとカメラ仕事しろ!!
エイミーの友人サーヤとメルティが登場。
特にサーヤのムチムチ具合が半端ないですね。

そして捕らえたベローズやその友人に海賊のエッチな手が伸びる。
服ビリビリ破かれて見ているこっちも大興奮…いや大ピンチに手に汗握りますね。
でもカメラがそっち向いてくれない。
おっぱい丸出しの筈なのに…。
でも同人誌のネタとしては十分でしょうね。 

尚、次回タイトルの告知はありません。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

yamato2199-2-1176b.jpg

これ誘爆するんじゃないかと思った。
どうやら波動防壁、バリアのお陰で助かったみたいですね。
波動エンジン様様です。
そしてこの波動エンジン、起動には大電力が必要。
しかし日本全土の電力を結集しても足りない。
世界がヤマトに電力を供給してくれるという流れは泣ける。

またヤマトに日本人クルーが多い理由ですが、敵の攻撃で各所が寸断されて人の行き来が出来ない。
それで極東支部のメンバーが中心になったという解釈が取られています。 
また若干20歳で戦術班長に抜擢された古代進はじめブリッジクルーが若者ばかり。
こちらも本来のリーダー候補が戦死したため若手中心になった事になっています。
旧作の矛盾を少しでも軽減しようという訳ですね。

加えてヤマト自体も旧作では戦艦大和を改造したことになっていますが、今作では沈没戦艦に偽装していただけで中身は新規作成になっている。
普通に地下で作れよと言いたくなりますが、元ネタがあるだけにこのぐらいが限界か。

yamato2199-2-441c.jpg

コスモクリーナーの設計図も送ってほしい。
情報漏えいを防ぐためか、最初は「地球脱出」の出雲計画の為に訓練を受けていた古代たち。
いざ集められると実際はヤマト計画、遥か彼方のイスカンダルまで赴いて惑星浄化システム(コスモクリーナー)を受け取る旅だったと明かされます。波動エンジンの設計図送るぐらいならコスモクリーナーの設計図を送ってほしい気がします。
でも波動コアだけ別に持ってきたりしてたので、地球の材料じゃ作れないのかもしれません。

また森雪は金髪であることもあってスターシャ等イスカンダル星人に似てますね。
以前古代たちも初対面でデジャブ感じてます。
もしかして地球に来た妹・ユリーシャなんでしょうか。
来たのが一年前ですから娘というには無理があります。
必ず帰る…。
彼女が謎の機械に向かってそう呟いている訳ですが、それは地球のことかはたまたイスカンダルなのか。

yamato2199-2-858c.jpg

女性クルーの制服がエロス。
男性クルーの制服がかなりゆったりしているのに比べ、女性クルーの制服はまるでプラグスーツ、或いは超ミニのスカート。美人でスタイルの良い女性ばかりだから良いですが、中年太りしたオバサンには厳しそう。
旧作がこうだから変更しようが無いんですが、男女でエライ違いですね。
というところで次回です。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第3話 『木星圏脱出』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

nyaruko2-1-763.jpg

\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!
インパクト絶大のOP効果で一気に人気を博した「這いよれ! ニャル子さん」。
GA文庫初のヒット作と言って良いのでは無いでしょうか。
その第2期がいよいよスタートしました。

ニャル子さんと言えば「クトゥルー神話」に出てくる邪神を萌え化したキャラクター。
そして全編通して展開されるパロディの嵐。
間違い探しの如く元ネタの割り出しに熱中してしまう作品です。

nyaruko2-1-832.jpg

クー子がいつの間にか真尋を好きになってる!
第2期はキャラが揃っているので最初からフルスロットル。
そしてパロディも飛ばしてますね。
タイトルが「進撃の邪神」って進撃の巨人かよ!
同期の作品をネタにするタイムリーぶりに脱帽です。 

相変わらずニャル子とハス太は真尋に熱烈アプローチ。
それは分かるのですが、地味にクー子も真尋好きになってませんか。
ニャル子が一番なのは分かりますが、
・少年(=真尋)は私の子を生め(無理です)
・少年の容姿は宇宙人ウケする、ニャル子一筋の私が迷うほど。
・ニャル子と少年の初めては私のもの。

など言葉の端々に好意が見て取れます。

そして新キャラ登場。
宇宙では地球のサブカルチャー(オタク文化)が大人気。
何と宇宙製同人誌が地球に逆輸入される自体まで発生。
しかも真尋本なんてのが存在する事に当の真尋驚愕。
邪神ウケする自分をこれほど呪いたくなる事って無いでしょうね。 

自分がエロ本のネタにされている、それを身内(邪神ですが)に買われてしまう!
これは怖い。
焚書は文化の否定だと思いますが、これはやむなし。

nyaruko2-1-1080b.jpg

その真尋本の作者ですが、ちゃっかり地球に密入星していた。
ウーツル=ヘーア星人の通称「ツル子」。
見た目「WORKING!!」の松本さんに似てますね。
メイド喫茶で働いていた所真尋と遭遇してテンションMAX。
自分が作った真尋の同人誌にサインしてもらおう!
お前それフォークで刺されるぞ。
さっき燃やしたばかりなんだから。

存在すら知られること無く退場。
無謀にも接触を計るツル子でしたが、ニャル子とクー子のじゃんけん大会に名を借りた真剣勝負に巻き込まれジ・エンド。
任務シカトしてたけど、いつの間にか撃退していた。
私って凄い!!と喜ぶニャル子。
果たしてツル子復活はあるのか。
そしてニャル子にかかって来た本人が「ヤバイ」と呟く電話は何なのか。
というところで次回です。

nyaruko2-1-670c.jpg

電話の主は著作権者でしょうか。
今回のパロティは仮面ライダーとガンダム、特に今回ガンダムUCネタが多かった。
サンライズは著作権に厳しいですから十分あり得ますね。
パロディを封じられるとニャル子さん成立しないのにどうするのかな。

珠緒の出番が多い上可愛い。
第1話という事で作画に力が入っていて全キャラ可愛く描けてます。
中でもサブキャラ的な立ち位置の珠緒が特に可愛い。
今後出番が多くなって真尋との絡みが増えるのか。
遂に地球人のヒロイン誕生か!?というのが気になりますね。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第2話 『セラエノ図書館戦争』です。
っておい、中の人一緒じゃないか。 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

garugantia-1-390b.jpg

だって「銀河英雄伝説」のトリューニヒトでしょ。
アジ演説で人だまくらかしている様にしか聞こえませんね。
その人類ですが、のっけから大ピンチみたいです。
宇宙怪獣らしき敵と一大決戦の真っ最中。
戦闘に先立って市民権を獲得する主人公・レド少尉ですが反応は淡白。
何か「兵士として完成した」という物言いと言い「装甲騎兵ボトムズ」のキリコ・キュービィを思い起こさせます。

MIAで未知の場所に漂着。
戦いは人類側の敗北に終わり、混乱の中で味方のワープに巻き込まれたレド少尉。
気がつくと外では原住民?らしき連中が自分のロボット解体の真っ最中。
冒頭から壮大なスペース・オペラが始まると思ったら何とも牧歌的な雰囲気になってきた。

状況が不明につき「みんなが寝静まった夜」に活動開始。
するのですがロボットに興味津々の少女・エイミーがやって来たことで逃亡劇が始まりました。
サポートコンピュータがかなり優秀らしく、言語解析や状況調査までやってくれます。
しかし「はたらく魔王さま!」といい「ヤマト2199」といい、今期はしょっぱな言葉が通じないアニメが多いですね。

garugantia-1-1173.jpg

母親との生殖、神聖な排泄物って。
マザーファッカー、ホーリーシットって事か。
つまりこいつらの話しているのは英語ってことになりますね。
こうなるといよいよアノ結論がが頭をもたげてくる。
ここはひょっとして…。

俺は帰ってた、帰ってたんだ。
チャールトン・ヘストン主演「猿の惑星」ラストの台詞です。
そう、ここは地球だった。
しかし相当な技術格差がありそう。

レド少尉はタイムスリップでもしてしまったのか。
果たして元の場所に帰れるのか。
気になるところ盛りだくさんの状態で次回です。

garugantia-1-1307b.jpg

キャラクター原案・鳴子ハナハル。
ヒロインと思しきエイミーはじめ、女性キャラのムチムチ度が半端ないですね。
特に姉御キャラ・ベローズのおっぱいとかヤバ過ぎます。
キャラクター原案を務めた「鳴子ハナハル」は主に成人向け漫画で活躍する人物ですが、
あまりの画力の高さになんでエロ漫画描いているのか分からない。
と言われる程の人物です。

一般向けでここまでメジャーな仕事は初じゃないでしょうか。
正直もっと早出てきても良かった気がする。
でも人気が出すぎてエロ漫画描かなくなったらそれはそれで悲しいですが。

脚本・虚淵玄。
そしてこちらは説明の必要ありませんね。
この人が絡んでいるとなるとこの先色んな意味で気になります。
やはり「上げて落とす」衝撃の展開が待ってるのか。
もしかしてヒロインが悲惨な事になったりはしないか。
脚本の出来不出来より「何かやらかすのでは」という意味で凄く気になりますね。

次回は翠星のガルガンティア 第2話 『始まりの惑星』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#gargantia)

遂にTV放送開始!
これまでOVAとして制作され、期間限定で劇場配信。
ガンダムUC方式だった「宇宙戦艦ヤマト2199」が遂にお茶の間で見られる。
親子で楽しむ人も居るんでしょうね。
もしかしたら三世代かもしれない。

感想は以前のレビューを参照願います。
第1話に関しては「冒頭10分配信」時や、「プレミア放送」時に感想を述べています。
▼記事▼:『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章先行配信(冒頭10分)がかなり良かった。
宇宙戦艦ヤマト2199 第01話先行プレミア放送 『イスカンダルの使者』
今回はTV版で気になったところを纏めて行き、本格的なレビューは第2話からとさせて頂きます。
繰り返しになるかもしれませんが今回のリメイクの肝は、

・ヤマトを見て育ったアニメファンによる制作。
・宇宙の知識や、軍編成が現代に即したものに変更。
・ヤマト女性クルーの大幅増員。

となっています。 

女性キャラの服装センスは相変わらず。
例えば大マゼラン星雲は大マゼラン銀河となっています。
惑星から格下げになった冥王星とかの扱いも変わりそうですね。
また日本中心だった軍編成も国連軍がメインになっている。
その中で日本人クルーの階級やセリフ回しが旧日本軍ではなく自衛隊を意識したものに変わっている。
そして女性クルーの増員はごもっとも。
一年も船に乗りっぱなしの状態で女性が一人というのは問題がある。
ゼロならともかく、一人だと集団暴行や彼女を巡って男性クルーの骨肉の争いとかありそうですし。

女性クルーのコスチュームが例外なくピッチリしているのはある意味ヤマトテイストを継承していますね。
裸じゃないのにそこはかとないエロスを感じます。
ヤマトはそんなアニメじゃねーよ、というのは間違いです。
オリジナルで漫画ヤマトの作画を担当した松本零士は所謂「お色気漫画家」のはしりです。
エロスを否定するのはヤマトそのものを否定することです。

OPは合唱…ささきいさおの独唱はあるのかな。
TV放送となるとOP/EDや次回予告が付きます。
今回は第1話故かオープニングはありません。
でもエンディングで「宇宙戦艦ヤマト」のテーマソングが流れました。
やはりヤマトにはこの歌しかありませんね。

気になったのがこちら声優による合唱だということ。
正直ささきいさお一人で歌って欲しかった。
こちらが本来のOPだと思いますが、合唱Ver.しか無いのか。
あるいは独唱もあるのか。
そこらへんに興味がありますね。

予告は沖田艦長によるナレーションが付きます。
こちらは渋くて良い感じです。
地球滅亡まで…あと365日。
やっぱりこの物言いも欠かせませんね。

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第2話 『我が赴くは星の海原』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

seiya-52-211.jpg

パラサイト=寄生ってニートの別名じゃん。
パラス・アテナという称号から来ている訳ですが、どうにも締まらない。
あとパラス・アテナというかパラス・アテネと言われると「機動戦士Zガンダム」のモビルスーツの方が印象強いですね。
全身に武器くっつけた様が確かに戦いの神アテナっぽい感じがします。 

パラス・アテナというのはアテナの異名の一つで友人パラスの名を拝借したもの。
実はアテナ、チャンバラごっこしてて友人パラスを殺してしまう。
それで友人を偲んで自らの名前にパラスを冠したというもの。
考えるまでもなく酷い話、そりゃパラスがアテナを恨むのはごもっとも。
そんな訳で表裏一体、影の存在であるパラスがアテナに成り代わろうと襲ってきた…ってつくづく影とか闇とかの存在が多いですね。

支援メカが支援対象襲ったらダメだろ。
いきなり光牙に戦いを仕掛ける少年・昴。
その正体は鋼鉄(スチール)聖闘士。
まさかの黒歴史復活にビックリ。 

この鋼鉄聖衣、鋼鉄聖闘士というのはアニメ版「聖闘士星矢」に登場したオリジナル聖闘士です。
いわゆる「引き伸ばし対策」或いは聖衣を売りたいという「おもちゃ屋の画策」で生まれたもの。
原作には登場しませんのでストーリーが本道に戻ると齟齬が生じます。
そんなわけでいつの間にかフェードアウトしてしまった存在でした。
当然ながら原作ファンには「無かったこと扱い」されている。
ある意味アニメを愛しているスタッフという感じがしますね。

ヤル気十分なのは分かりますが、選んだ道が間違ってる。
鋼鉄聖闘士は本物の聖闘士を凌ぐことは出来ない。
という事を知った時、昴はどうするんでしょうか。 

たかが青銅(ブロンズ)!ってお前らも言うのか。
しかも言ってるのが「三級」パラサイト。
聖闘士は黄金、白銀、青銅というランク分けがあります。
またマーシアンにもハイマーシアンというワンランク上の存在があると。 

青銅やマーシアンは単体だと上位存在の有無が分かりにくい。
しかし「三級」は上に二級や一級があるのが丸わかり。
名乗った時点でザコだとばれてしまう訳です。
このランク分けはいただけませんね。
お前だってザコじゃんと言いたくなります。

更に黄金聖闘士を襲ったのは三級より上級の…二級パラサイト。
黄金聖闘士相手に二級ぶつけるとか無いんじゃないの!?
パラサイトがどれだけ自惚れているかわかりませんが、せめて一級を当てろよと。
なんかこの敵大丈夫か、と違う意味で心配になって来た所で次回です。 

seiya-52-585.jpg

昴役・水島裕。
元々この「聖闘士星矢Ω」の配役は若手ではなく中堅の声優で構成されています。
主役の光牙に緑川光って配役にも驚いたものです。
そして新たな主人公格のキャラクターを担当するのは水島裕。
緑川光よりも更に古参の声優に少年役させるのにはビックリしました。

元々「愛の戦士レインボーマン」の主題歌で歌手デビュー。
バラエティタレントとして顔出しもしていました。
アニメでは「六神合体ゴッドマーズ」の明神タケル/マーズ役が有名でしょうか。

そして吹き替えでは何と言ってもサモ・ハン・キンポー(現:サモ・ハン)が際立っている。
アニメ「銀魂」でもジャッキー・チェンのパロディ回にサモ・ハンというかデブゴン役で出ていましたね。 
あと「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミルの吹き替えもこの人という印象が強い。 

ザンボット3の浜本。
この人の演技で個人的に印象深かったのは何と言ってもこの役。
無敵超人ザンボット3 第17話「星が輝く時」に出てくる人間爆弾にされて静かに死んでいこうとする少年。
しかし孤独に死んで行く事に耐え切れず逃げ出してしまう。
その時の叫びの演技が凄まじかった。

俺、いやだ…。
父ちゃんも母ちゃんも居ない所で死ぬなんて。
一人で死ぬなんていやだー、いやだー!! 

いやだー、怖い、怖いんだ!
父ちゃーん!
父ちゃーん、母ちゃーん、怖いよー!
母ちゃん、助けて、助けてよー!何でも言うこと聞くからよー!
母ちゃーん、父ちゃーん!! 

その直後に爆発。
あれは本当に鳥肌が立ちました。

次回は聖闘士星矢Ω 第53話 『再会!蒼摩よ、魂の炎を燃やせ!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

achiga-15-1430.jpg

とんでもない修羅場。
灼の奮闘で二位まで上昇した阿知賀女子。
そしていよいよ大将戦。
そこには絶望しか無かった。

白糸台高校・大星淡・・・自分以外をクソ手にする支配能力で全員テンパイが遠い。
新道寺女子高校・鶴田姫子・・・白水哩が上がった場で倍の点数ツモ、約束された勝利の方程式。
千里山女子高校・清水谷竜華・・・何と園城寺怜を召喚orスタンドとして一巡先+理想のアガリを予知。
白糸台高校・大星淡(本気)・・・他家をクソ手にしたままダブリー&暗カン&裏カンドラで跳満以上確定。

achiga-15-539c.jpg

能力大バーゲンです。
特に大星淡がヤバすぎる。
レジェンド赤土晴絵が言います、大星のダブリーに気をつけろ!
そんなのどう気をつけりゃ良いんだよ。
逃げようにもダブリーされたら安牌ありません。
あと逆立ってる髪の毛はどうなってんの。

チート合戦に乱れ飛ぶ点棒。
穏乃何もしていません、というか何もしようが無いでしょう。
大物手に振り込んでいないのが唯一の救いですね。 

もはやヤキトリ(一回もアガれない)なんて気にしている場合じゃない。
カメの様に防御を固めて他の連中が潰し合いでもしてくれるのを期待するしか無い。
そう思っていたら…おや、穏乃の様子が…。

achiga-15-1484b.jpg

お前能力者だったのか!?
何か火がポッポ出てると思ったらいきなり大星淡から当たった。
声が低くていつもの穏乃と違う。
てっきり彼女はド根性だけの無能力者かと思ってました。
実は阿知賀には四人も能力持ちが居たのか。
逆に能力無いのって憧だけだったの。 

さっきまで阿知賀空気じゃん、まーこのメンツじゃ仕方ないかと思っていた。
そしたらいきなり上がるもんだからぶったまげました。
天江衣や宮永咲も注目する穏乃の能力って相当凄いのか。
というところで次回です。 

achiga-15-1554b.jpg

イマジンブレイカー?
大星淡や天江衣のアガリを阻止。
これは俗にいう「異能力キャンセラー」なんでしょうか。
確かにこれがあれば宮永咲にも対抗できるかもしれない。
大星淡の能力があまりにも強すぎた後だけにインパクトは絶大でしたね。

あと穏乃の能力には賽の目が関係しているみたいです。
赤土晴絵がチェック入れていましたね。
無制限に使える能力ではなさそうです。 

次回は咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話 『軌跡』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#saki)

まだ続いたんだ。
新田の携帯は見つかった、コールも来た!
…しかし間に合わず切れてしまった。
俺はまた、チャンスを逃したんだな。
それでこの話は一旦おしまいかと思ったらまだ先があった。 

元々宇宙に入れ込んでいたのは新田弟。
新田はそれに付き合ううちに自身も興味を持ったという感じがしました。
そして弟は引きこもり、兄は宇宙飛行士への道を歩んでいるんだから皮肉なものです。
すっかり六太と打ち解けた新田は、本心どんどんさらけ出していく。

このツンデレさんめ!
実は新田は大の南波兄弟ファン。
お前たちこそ俺の理想だ!
これまで散々挑戦的な事を言っていたのは大好きの裏返し。
多分六太が理想の南波兄弟の兄の姿からほど遠いイメージだった反発が会ったのかもしれない。
しかし今回の六太の判断でそれもうわべだけ、やっぱり南波兄弟は最高だ!
と思ったみたいですね。 

そして六太と日々人への賛辞を惜しまない新田に物凄く居心地が悪そうな六太。
今までが今まででしたし、何より日々人はともかく六太はまだ何もしてないだけにおもはゆいと。
加えて六太には弟の方が優秀な南波兄弟というコンプレックスがあります。

必殺、恥ずかし返し!
六太にとって見れば、兄のほうが優秀な新田兄弟のほうがうらやましい。 
俺はお前みたいな、弟を導く兄貴になりたかったんだ。
…新田は未だ弟を導けてませんが、それは言わぬが花か。

そう思ったら意外なところから話が進みましたね。
結局電話で離せなかった新田兄弟。
しかし弟は引きこもっていても宇宙への情熱は持っていたと。
おもむろに開いた兄・玲二の動画に釘付けになる。

それは弟へのメッセージだったのか。
今居る環境が窮屈に感じることこそ宇宙へ飛び出す原動力。
ただの石ころではなく、生きた石ころです!
こちら嘗て弟が兄に言った言葉だった。
つまり新田兄は弟のことを忘れてはいないという意味が込められている。 

これに気づいた弟はおもむろに窓を開け、久々に外の世界を見ると。
そしてそれを路上で見た新田母がひと目もはばからずに涙ぐむ。
その母親が小さいのに衝撃を受けた。
新田兄弟は大柄であり、母も女性にしては背が高いかと思っていた。
しかしこのシーンに限ってかも知れませんが、母は小柄だった。

いつのまにか小さくなってしまった親の背中。
正直たまりません。
こんな母親に苦労かけんなよ!
頼むから新田弟よ立ち直れと言いたくなります。
ようやく第一歩を踏み出した所ですが、早く第二歩も踏み出して欲しい。
というところで次回です。 

次回は宇宙兄弟 第52話 『兄とは常に』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

seiya-51-1257b.jpg

ヒロインはあくまでアリアなのか。
アプスの攻撃をアリアの杖がガード。
直後に弾け闇を光で満たすと。
これで無限大…もといΩ大にパワーアップした光牙がアプスを倒すという展開でした。

更に闇の世界を漂う光牙を救ったのもアリア。
そして自身は復活せず。
唐突に死んだアリアだけにどっかで復活するのではと思ったのですが死んだままでしたね。

seiya-51-1193b.jpg

ユナ「光牙は?光牙はどうしたの!?」星矢と沙織「……」。
ひとり光牙の心配をするユナに帰還した沙織は無言。
更に星矢が「ここは危険だ!」と全員に退去勧告。

いやちゃんとユナの問いに答えてやれよ。
光牙はきっと大丈夫だ、みんな彼を信じるんだ!
とか言わないとアッサリ見捨てた様に見えるじゃないか。
何か沙織助けだして星矢満足しちゃった気がしないでもない。

seiya-51-1320c.jpg

死んだ人は蘇らない。
最後にアリアの光が降り注いで、エデン達の魔障は消えました。
この光がマルスやソニアにも当たっていますが…無反応。
もしかしてアリアの光で復活するのかと思いましたがそのまんまでしたね。
演出の意図が分かりません。
アリア同様、奇跡がいくらでも起きる聖闘士星矢でも死者は例外みたいです。

そして死んだアリアの力で生きているユナの元に帰還した光牙、というところで締め。
エピローグとか見たかったけど「聖闘士星矢Ω」はまだまだ続くから省略したのかな。
というところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第52話 『新たな聖衣! 翔べ、新生ペガサス!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-12-1074c.jpg

お前には分かるまい、私たちの体を通して出る力が!!
超秘伝忍法書が飛鳥&焔の胸にオッパイルダーオン。
みんなの声を受けて全身からオーラが噴き出し「Z(ガンダム)が…どうしたんだ…」状態。
更に焔は炎髪灼眼にまでなっている。
というか髪が炎そのもの。

あとはそのまま時空を超えて道元をぶった切る。
因みに道元役の小杉十郎太は「機動戦士Zガンダム」のナレーター兼ヘンケン艦長役でもありましたね。
物凄い力技でラスボス倒しちゃいました。

kaguratv-12-80b.jpg

最後の一人・焔のトラウマ。
以前春香から「人を刺した」という話がありましたが、その話がこれみたいですね。
面倒見の良い教師…しかし彼は焔の命を狙っていたと。
でもこれで悪人になるしか無いってどうして。
善忍では正当防衛も許されないの?
自分で自分の身を守ることもダメとなりゃ何のために修行しているのか分からない。 

そんな訳で焔は騙される・利用されることが大嫌い。
だから道元に利用されただけと聞いて憤慨、刺し違えようとする。
これを飛鳥が体を張って止めると。
普段なら「忍びのくせに甘いことを!」と言いそうですが「仲間を信じろ!」という言葉には弱かった。
裏切られるのが嫌いということは、信頼に飢えているという事でもありますからね。

kaguratv-12-1121b.jpg

道元は何の勝算があってカミングアウトしたのか。
入手しただけじゃ無意味と鈴音から散々言われていたのにこれで満足しちゃったのか。
そこの二人、私の元へ来るのだ。
野望を口にした挙句単なるお誘い。
それで応じる訳無いでしょう。

いちおう焔は軛の術をネタに脅迫できるかもしれない。
でも飛鳥を意のままにする材料何も無いじゃないか。
焔にしたって拒否すれば死亡→使い手がいなくなってしまう。
脅しとしてはあまり意味がありません。

kaguratv-12-796c.jpg

悪いのは道元一人。
そんな訳で善忍と悪忍の共闘。
もしかして道元は自分が諸悪の根源になることで、両者の仲立ちをしたのか?
多分違いますね。

ツンデレ気味に斑鳩を助ける詠。
そして相変わらず弱さが目立つ未来ですが、柳生のフォローで持ち直す。
戦闘参加しようとする雲雀を春花が押しとどめる。
あなたは私の元から離れちゃダメ。
という訳ではなく、雲雀には別の仕事があるからという理由でした。 

みんなの祈りを雲雀の感応力で飛鳥・焔に伝えると。
こうやって二人はパワーアップした流れになっています。

kaguratv-12-513b.jpg

石破ラブラブ天驚拳合体秘伝忍法。
この二人を見た時に「機動武闘伝Gガンダム」を思い出したのは自分だけじゃないはず。
しかもイカと兎の合体技って…兎何もしてねぇ!
ただイカに乗っていただけじゃないか。

何か術者の関係に似てなくもない。
戦うのは柳生で、守られるのが雲雀ということか。
敢えて兎の役割を言うなら馬の鞍。
イカの表面はヌルヌルして乗りづらいでしょうからね。 

kaguratv-12-590.jpg

作画も良いし、何よりよく動く。
特に飛鳥と焔の戦いには相当力が入っている様で、殺陣が良かったです。
おっぱいとかお尻ばかりが強調されるこのアニメですが、戦闘シーンもかなりの出来。
そういう意味では「魔乳秘剣帖」に引けを取りません。

惜しむらくは最後がオーラバトルでせっかくのアクションを削られたこと。
そして尺が足りなくて全体的に駆け足だったことでしょうか。

あと1話あれば。
このアニメ全12話でしたが、13話だったらもっと綺麗に纏まったと思います。
エピローグがちょっぴりだったのも残念です。
悪忍のその後や、二期を匂わせる何かも盛り込んで欲しかった。

原作はゲームですが、先日発売されたシリーズ最新版では新キャラが多数登場。
善忍や悪忍のその後や、新キャラをアニメで見てみたい。
なので続編を是非ともお願いしたいところです。

kaguratv-12-1399b.jpg

エピローグの斑鳩と、アイキャッチの大道寺先輩。
ラストで庭を掃除していた斑鳩は某一刻館の管理人みたい。
そしてアイキャッチの金髪女性は大道寺先輩!?
黒髪ボサボサはカツラだったのか。
はたまたあれが彼女の秘伝忍法で実は金髪の見目麗しい美女だったのか。
或いはあの帽子が本体ということもありうる。
あれ脱ぐと髪の色が変わって性格もやたら大人しくなるとかあるのかな。
そこら辺の謎も二期があれば分かるのかが気になりました。 

次回は閃乱カグラ 第12話(終) 『超秘伝忍法』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

新田です。
日本人メンバーの中でも南波日々人のお兄さんとやたら六太に絡んできた男。
しかもこれまでは上を目指そうぜ!と気を吐いて居た訳です。
それが自分だけ戻ると言い出したのだから驚く。
彼が戻りたがった理由は携帯を落としたから。
これまで休憩の度に電話していたアレです。

気になっていた訓練中の携帯の持ち込みですが、基本的にアウト。
しかし新田は「重要な連絡がある」と頼み込んで持っていたみたいですね。
これに対し、六太の判断は…。

NO!
無論ダメです。
リーダーの判断として宇宙を想定した訓練で単独行動などもってのほか。
加えて折り合いの悪い新田相手だけに許可を出すとは思えなかった。
ただいかに相性の悪い相手でも、頼み事をにべもなく突っぱねるとしこりが残りますよね。
限られたメンバーしか居ないという宇宙での状況を想定するとこれも拙い。

但しキャンプ地迄行ったら戻る。
六太の判断は見事なものでした。
野営地まで行ってから、新田と六太で携帯を探しに戻る。
着信すれば携帯は光る、夜のほうが見つけやすいのも後回しにした理由の一つ。
これは上手い。
但しタイミング間違うと二度と見つからないリクスはあります。 

でも出発した後で六太大後悔。
男で一人残ったケンジはせりか、北村、アマンティに囲まれたハーレム状態。
ちくしょー、と愚痴るところがいかにも六太らしい。

新田の皮肉はうらやましさの裏返し。
自分のために骨を折ってくれた六太に対し、新田も事情を話し始める。
アマンティの言う通り、自分には弟がいること。
25歳にもなって引きこもっていること。
新田が待っているのはその弟からの電話。
これまで六太に毒づいていたのは優秀な弟が居る六太への嫉妬から。
何でも出来るクールな男に見えた新田にも苦悩はある。
これで二人の距離が一気に縮まった感じがしますね。 

まあ六太も言ってますが、優秀すぎる弟を持つ兄も辛いわけで。
宇宙飛行士と言えば夢いっぱいで人生は充実しまくり。
という訳でもなく、色んな事情を抱えているのだなあという気にさせられます。 

六太には目算があった。
新田が携帯を落としたとすれば、ガラガラヘビに遭遇した時だろう。
六太がついてきたのはあの時タックルした事が原因と分かっていたからでしょうか。
アテが分かった新田は猛ダッシュ。

そして遂に携帯を見つけるも、すんでのところで切れてしまう。
かけ直しても弟は出ない。
兄が出なかった=裏切りと感じてもう掛けても来ないだろう。

でも新田の努力はいつか報われると信じたい、という所で次回です。 

次回は宇宙兄弟 第51話 『生きた石コロ』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

seiya-50-1151b.jpg

だってタイトルが「聖闘士星矢」だし。
とでも言いたげな星矢の登場。
これまでも突然やってくる事が多かったですが、火星にも出現。
ホントに生きてるのか死んでるのか分からない神出鬼没っぷりです。 

アプスに心を乗っ取られ、止めようとした蒼摩たちも打ち倒す。
無事な青銅聖闘士は今やユナただ一人。
将にヒロインという立ち位置なんですが…止め切れない。

更にやってきた星矢でもアプスは止められない。
ならばと星矢&ユナによる連携攻撃。
そしてユナは光牙に抱きついてその心に訴えると。
これでようやく光牙がアプスの呪縛から開放。

惜しい、誠に惜しい。
ユナはやっている事だけなら間違いなくヒロインぽいのですが、やはりアリアの存在が良くも悪くも影を落としている感じがします。世界の命運を握る少女で、光牙達を救うために命を落としてしまっている。
光牙が守りたかった対象であり、ユナにとっても友人。
そんな人物の死が二人をどうしてもくっつけられない足かせとなる。

安易なラブ展開にしない。 
そんな意図があるのかは分かりませんが、大雑把な展開が多いだけにこのバランスだけは絶妙ですね。

seiya-50-1284.jpg

ペガサスの聖衣に続き射手座の黄金聖衣も継承。
ようやく光牙も正気に戻ってめでたしめでたし…とはなりません。
光牙のもとを離れたアプスが今度はアテナを取り込んでしまった。
喋ってないで早く助ければ良かったのに。
ホントにアテナ第一なのか怪しくなってきますね。

既に星矢はじめ光牙以外の聖闘士はボロボロ。
まあこれ光牙と戦ったせいなんですがね。
唯一無事な光牙に、星矢は自らの黄金聖衣を託すと。
この展開はお約束でも燃える。
光牙ならアプスの闇に耐性があるというメリットもありますね。

こうして闇に飛び込んだ光牙。
そこにはちゃんと人の形をしたアプスが居た。
もっと無形の悪のエネルギー的な存在かと思った。
というところで次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第51話 『輝け光牙! 光と闇の最終決戦!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-11-1252.jpg

凄い猛ダッシュ。
キャラ的に汗にまみれるのは嫌いかと思ったら実は肉体派。
しかもこれ爆弾跳ね返されてズタボロになった後の話です。
むっちりした太ももはこれ全部筋肉かもしれない。

雲雀自体は大したこと無いんですが、秘伝忍法の忍兎が強すぎる。
殆どこいつ一人で春花を倒したようなもんです。

kaguratv-11-596b.jpg

無視されないし、多少は頑張った未来。
これまで柳生にシカトされ続け、気がつけば負けていた。
今回は柳生もちゃんと戦ってくれた。
モチベーションが上がった未来も柳生の服を破る大健闘。

…でも頑張ったのもここまで。
秘伝忍法が発動すると例のごとく星になってしまった。
…彼女の敗北はこれまで握りつぶされてきたんでしょうか。
じゃないと軛の術が発動しちゃいますからね。

その軛の術ですが、勘違いをしていました。
てっきりゾンビみたいな死兵になるのかと思いましたが、単に死ぬだけ。
いわば自爆装置みたいなもの。
そしてその存在を雲雀から知らされた飛鳥達は戦慄します。

kaguratv-11-896.jpg

死して屍拾う者なし。
失敗したら死ぬなんて酷い!
と言ってますが忍者ってそういうものじゃないでしょうか。
例えば葛城の両親は善忍でしたが、任務に失敗して死を命じられています。
これ同じ事だと思うんですが。
そこらへんを当の葛城も忘れてしまったのかな。

あなた達とは戦えない!と宣言するものの、結局普通に倒してしまった。
さっきの発言は何だったんだろう。
まあ道元が知る前に倒してしまえばいいので気にしても仕方ない、という事か。

これまで未来以外の悪忍に手も足もでなかった善忍ですが、今回は圧倒。
這緊虞(ハイキング)効果すげえ!
単なる山登りにしか見えなかったけど、ちゃんとパワーアップしてたんだ。

kaguratv-11-445c.jpg

あなたも私も不幸。
そして今回、悪忍サイドの不幸自慢が一気に出て来ましたね。
といっても実際に不幸なのは詠と未来で、日影と春花はちょっと違う気もしますが。
また詠に斑鳩が養子である事も話しています。

なんでそんな話するのよ!
いや、お前らがペラペラ身の上話するからじゃないの?
だからつられて話しちゃったんだと思うよ。
ともかくも道元倒してハッピーエンドを目指しましょう。
しかしまだ焔が残っている。
果たして飛鳥に勝機はありや?というところで次回です。

kaguratv-11-171.jpg

霧夜を甘く見ないほうがいいわ…。
これまで教官としてポカが多すぎる気がした霧夜。
正直凄さが全く分かりません。 
でも鈴音はそんな霧夜を買っている。
これ聞いた時、やはり「魁!!男塾」を思い出しました。

天挑五輪大武會で男爵ディーノ出陣の折、以前戦った伊達臣人がこう言うんです。
かつてこの俺をてこずらせた程の男だ。
ディーノのおっさんの力をあなどっちゃあいけねぇぜ。

いや散々コケにした挙句あっさり勝ったよね!? 
伊達、もしくは作者の記憶が飛んでしまっているんじゃないかと思いました。

次回は閃乱カグラ 第12話(終) 『超秘伝忍法』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

しょっちゅう電話してるのはモテモテだから。
これが嘘なのは分かってましたが、どうやらややこしい家庭の事情がありそう。
でも休憩時間とはいえ訓練中に電話自由ってのにもビックリですね。

リーダー役は持ち回りでケンジ→せりか→北村と来て現在は新田。
彼は発奮して食料をその場で取らず行軍を続けることを提案。
他のチームはそうやって距離を稼いでいるので最もといえばもっともです。
しかし食料を持って歩くのはかなりの負担になる。
増して疲れているとなればここで胃袋に収めたいというのが人情です。

宇宙に行ける奴と行けない奴の差。
前に紫が話したとおり「宇宙飛行士」として何年も訓練を受けながら一向に宇宙へ行けない連中が居る。
他方で日々人の様にあっという間に行ける者も居るわけで。
その差はやはり訓練での順位が関係しているんじゃないのか。
この話を持ちだされたら誰もがやる気を起こさずにはいられない。

みんな宇宙へ行きたくてここへ来てるんです。
ヒューストンで生殺し、など誰も望んでいないと。
単にガンバレ、先へ行けだけじゃない煽りは上手かったですね。

また弟の話でキレたのか!
但し結びにいつも余計な一言が付くのが新田の新田たる所以か。
弟に負けたくないだろう。
そう言われて六太が新田に飛びかかった。

この訓練、ビリのチームにはペナルティが課されます。
それもリーダー以外の誰かに。
リーダー本人じゃないのは意図的にチームに不和を起こさせるためでしょう。
アイツのせいで俺がこんな目に。
いわば閉所訓練のトラブル指令と一緒。
宇宙飛行士の訓練には常に仲間割れの危機を起こさせようとする要素が含まれている気がします。

そんな訳でいよいよ不満が爆発したのかと思った。
実は食料の近くに猛毒のガラガラヘビが居た。
新田を助けるために飛びかかったというオチでした。
でもそれなら「新田ァ!」じゃなくて危ない!って言ったほうが良かったよね。

口は悪いが成果も出す。
新田の提案で行軍を薦めた一行は4位に浮上。
あれで本当に順位上がったんだ。
ペナルティ無しで足取りも軽くなった日本人+αチーム。
やはりビリ→ペナルティの悪循環から逃れた効果は大きいと。

そしていよいよリーダーを務める六太も、
俺に付いてくれば3位に上げてやるそ!
と調子の良いことを言ってますね。
でもみんなその方が良いに決まってる。
楽観主義者(オプティミスト)はリーダーの重要な資質です。

ところが先日気を吐いた新田の様子がおかしい。
挙句「俺、戻るわ」と言い出してしまった。
戻るってヒューストンに?それともまさか日本!?
この時点では分からなかったのですが、予告で分かりましたね。
彼は重要な連絡待ちだったのに携帯を落っことしてしまった。
果たしてリーダー、六太はどうするのか。
というところで次回です。 

次回は宇宙兄弟 第50話 『ニッタとムッタ』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

アテナには指一本触れさせん!
アプス光牙の前に立ちふさがってこの台詞。
肉親が敵のボスであることも合わせてもの凄い主人公してますね。
アモールを瞬殺し、蒼摩達が束になっても叶わないアプス光牙に一人で善戦しているのも格好良い。
しかし地力の差はいかんともしがたくトドメの一撃が。

気がつくとエデンは地下に居た。
ここあの世?かと思ったら傍らには母・メディアの姿が。
すんでの所でエデンを瞬間移動させたみたいです。

母は意外と強し。
夫マルスばかりか実の弟・アモールすら捨て駒にしたメディア。
それだけにエデンを助けた真意は測りがたいですね。
あなたは火星の王となるのです。
やはりあくまでも傀儡として利用するつもりなのか。
しかし既に反旗を翻したエデンにそんな事言っても無駄でしょう。

必然的に戦いとなるのですがメディア意外と強かった。
てっきり暗躍するだけで戦うのは不得手かと思ってたのに。
セブンセンシズに目覚め、アプスともある程度戦えたエデンの動きを封じてしまったのにビックリです。

あの人も最後は良い人になって死にました?
エデンが小宇宙を爆発させて見事アリアの杖を奪取。
これさえあればアプスを封じられる、と戦いに舞衣戻っていく。
しかし抵抗するアプスは尚もエデンに襲いかかると。

そこで身を投げ出してエデンを救ったのがなんとメディア。
…マルスの時もそうでしがた、改心早すぎ。
そんな簡単に心変わりするぐらいなら、なんで地球を滅ぼそうなんて思ったのか。
この家族はもうちょっと話し合う必要があったんじゃないでしょうか。 

アリアの杖でもダメなのか。
アプスを封じる過程でアリアの杖は折れてしまう。
封じかけられたアプスは再び光牙の肉体に憑依。

もう完全に打つ手なし。
遂にアテナは光牙の手にかかってしまうのか。
冥界に落ちていったアリアの杖の欠片が何らかのカギとなるのか。
というところで次回です。

ヒロインになり切れないユナ。
闇に堕ちかけた光牙をセブンセンシズで救ったり、最後まで光牙の前に立ちはだかったりとヒロインぽく見えるユナ。
でも愛をささやいたりすることもなくぶっ飛ばされてしまう。
やはりヒロインはあくまでアリアであり、親友以上恋人未満という立ち位置なんだろうか。
恋人ならハグやキスなどの思い切った手段が取れそうですが、出来ずに足踏みしている様にも見える。

個人的にはアリアよりユナのほうがヒロインに向いていると思うだけに勿体無い。
でもその態度から見るに、アリア復活→光牙とくっつくのもありえると思ってしまいますね。 

次回は聖闘士星矢Ω 第50話 『星矢に届け! 若き聖闘士達の願い!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-10-608b.jpg

滝の裏からジェット付き凧で出撃。
まさにノリはロボットアニメで凄く派手。
これ、忍者モノだったよね?
何だか自信が無くなって来ました。

鈴音が蛇女子学園の場所を漏らしたことで蛇女では臨戦態勢。
それ以前に春香が雲雀にバラしていたんですがね。
雲雀がこれを伝えれば良かった気もします。

内憂外患蛇女子学園。
善忍による襲撃も脅威ですが、やはり一番困るのは身内の裏切り者。
という訳で断罪される鈴音。
名目上は超秘伝忍法書の伝承者を見つけ出すためですが、本拠地バラしたら壊滅の危機もあり得るわけで。
そりゃ頭目が怒るのは当たり前。

鈴音には別の意図もあった気がしましたが、あっさりと獄に繋がれましたね。
ここから何らかのアクションを起こす気なんでしょうか。 

kaguratv-10-1397.jpg

厳しい訓練、でも飛鳥たちには一蹴。
悪忍の訓練は流血も辞さない激しいもの。
その内容に雲雀も戦慄します。
訓練が厳しいのは、本番で死なないため。
これが本気なのか建前なのか正直分からない。

というのは侵入してきた飛鳥達善忍に対し、数の上でも訓練の厳しさでも勝る悪忍が全然叶わないから。たった4人に雑魚扱いされ纏めて始末されるありさま。
来るもの拒まずだけに能力はピンキリ。
やはり忍の世界にも才能とか素質の壁があるということでしょうか。
それも努力では補い様がない程の差が。

kaguratv-10-1151b.jpg

軛の術。
簡単に言うと本人の意志と関係なく、自由自在に操れる術みたいです。
悪忍は入学時にこの術を施されるんだとか。
まるで洗脳された兵士のごとく死ぬまで戦う忍者が出来るということか。
そしてそれは焔たちも例外ではないと。

忍者の特性を考えると、こういった「首輪」「保険」を掛けるのはもっともかも知れない。
実際に発動したら全員殺人マシンと化すのか。
そこらへんも気になりますね。

結局雲雀もスパイがバレて捕まってしまい、一方で飛鳥たちは天守へ到達。
入れた切っ掛けが「雲雀の匂い」を見つけた柳生というのが流石というか危ないというか。
というところで次回です。

悪忍たちはサービスが良いなあ。
焔たちがメインの回はお風呂シーンがふんだんに盛り込まれるので見応えがありますね。
パンチラどころじゃないサービスてんこ盛りで色んな意味で大満足です。

次回は閃乱カグラ 第11話 『決戦天守閣』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

十二宮ワープも火星への瞬間移動も自由自在。
頂上を目指すも間に合わない!とする牡羊座・貴鬼と牡牛座・ハービンジャーの前に天秤座のツインロッドが出現。
これが何とどこでもドアになっている。
一瞬で十二宮の頂上まで移動する二人。

次に上記二人と乙女座・不動に天秤座・玄武を加えた四人で小宇宙を集中させる。
我らの力で若き聖闘士を火星に送るぞ!
…ちょっと待て、何故そんなことが出来るんだ。
せめて理屈をつけて欲しいのですが、小宇宙万能説って事でしょうか。
あまりにも唐突な展開すぎて呆然としてしまった。

マルス一家ボロボロだろう…。
ソニア倒れる→マルス大してショック受けず。
マルス倒れる→アモールとメディア、マルスとは別の目的があった事を暴露。
アモールピンチ→メディアにとっては拾の弟すら捨て駒だったことが判明。

どうやらマルス一家にとっての理想郷は全員別々。
次から次へと切り捨て→私の野望とやらを露わにしてきます。
家族での意思統一すら怪しい理想で全人類が救えるのか。
明らかに一個人の理想郷しか考えてませんよね。

やっぱり光牙は必要なのね。
メディアにとって重要なのがエデンなのか光牙なのかよく分からなかったのですが、 まず光牙は要る模様。
ところがアモールが闇の小宇宙をぶち込んでも反応なし。
失敗か?
普通敵の作戦が失敗したように見えることって珍しい。
主人公サイドなら一瞬間が開いて成功、はよくあるパターンですが。 

正気を保ったまま無駄にパワーアップした光牙、アモール完全にピエロです。
マルスは夫とは言え目的の為に利用していたフシがあるのでまだ分かります。
ソニアは先妻の子なんであまり重要ではないのも分かる。
血の繋がった弟ですら踏み台にするというは正直ビックリ。
じゃあ実の息子だって碌な扱いにはならんだろう。
エデンも唖然としたんじゃないでしょうか。

時間差で「アプス」に目覚めました。
黄金聖闘士の力で火星へとワープした蒼摩達青銅聖闘士。
しかしそこで見たものは全身から闇の小宇宙を吹き出させ、アモールを瞬殺した光牙。
失敗したかと思った「闇の神アプス」がしっかり宿っていた。
火星へ来た余韻に浸る間もなく大ピンチ、果たしてどうすりゃ光牙は元に戻るのか。
というところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第49話 『闇の支配者! アプスの恐怖!』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

前回までのあらすじがやたら多く、長い。
これに尺を取られ、進行が遅いことがよく言われます。
酷い時にはBパートでAパートのラスト繰り返したりします。
流石に一分前にやってたシーン忘れないって!
そんな訳でスタッフにもサクサクテンポの良い作りをお願いしたいところです。

六太達の最初の訓練はサバイバル。
企業等がオリエンテーションで自衛隊に体験入隊させる事がありますね。
10kgチョイの装備しょって砂漠をひたすら踏破。
7日間で70kmということは一日10km歩くことになります。

まあ一日10kmなら…。
と思いますが、気温40度で10kgの荷物持ち。
軽く考えていると大変なことになりそうです。
因みにこの装備、女性はちょっと少なめになっています。
宇宙飛行士に男女のハンデは不要と同じだけ持たされると思っていたので意外です。 

またサバイバル訓練ということで食料は現地調達、つまり蛇やトカゲを捕まえて食うのかと思ったら違った。
まあ宇宙で食料は現地調達できませんからね。

女性が多いのは実際ハンデだが、そう思ったら負け。
グループは6人なので日本人チーム5人プラス1人になります。
そしてこれに加わったのが先日登場したインドの占い師・アマンティ。

因みに他のチームは女性が一人ずつなのですが、日本人チームは3人。
体力的に不利なのは否めません。
実際日本人中心のEチームは第一チェックポイント到達最下位です。

しかし女性が多いことを重荷だとチームが思ったら負け、とボールドは指摘。
宇宙では人員の補充は効きません。
余剰人員を作る余裕はなく、何かやらせて使い物にしなきゃならない。
そういう事を言ってるのかな。

お前など知らん!
第一チェックポイントで待っていたのは…リーゼントでやたらガラの悪い指導員。
そして六太とは旧知のローリー。
あのフレンドリーな日本かぶれの男です。
でも以前とは態度が全然違う。
挙句六太のことを「お前など知らん!」と言い放ちます。

これは高圧的に接するための芝居だとスグ分かりましたね。
またプライベートで仲が良くても仕事は別というのは日本でも当たり前。
増してそこら辺の区別に厳しいアメリカなら当然でしょう。 

万歩計じゃ一万歩以上測れなさそう。
六太の心の万歩計だと既に二万歩行ってるみたいです。
仮に一歩60cmぐらいだとしたら、120万cm=12000m=12kmって所でしょうか。

そして予想通り女性陣の体力消費が激しい。
六太が大丈夫なのが意外ですが、アマンティ無言。
北村は「足手まといになりたくない」という気力でついてきている状態。
せりかは…何か食料目当てで息吹き返しましたね。
ケンジが食料の話を振ったのも上手いけど、せりかブレないな。
というところで次回です。 

次回は宇宙兄弟 第49話 『リーダー新田』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

先日アニメBD/DVD最終巻が発売された織田信奈の野望。
その原作最新10巻が3/16に発売されます。 
そしてAMAZON限定版にはお値段そのままで16Pの小冊子が付属。
以下AMAZONの紹介文より抜粋。

【アマゾン限定】
書き下ろしショートストーリー
『半兵衛官兵衛の有馬温泉探検記』
16p小冊子付き! 

毛利の水軍を相手に海戦!?
迫る毛利の水軍や本猫寺の政変など各地で問題が勃発する中、
一方で織田の家中でも騒動が巻き起こり……。

天下布武へ向けてひた走る織田信奈。
その側近たる相良良晴は、竹中半兵衛と黒田官兵衛という二大軍師を得て、
さらに活躍の場を広げつつあった。
だが、かつて和睦した本猫寺では政変が起こり、織田家と敵対関係になってしまう事態に!

そして精強無比の水軍を擁する中国地方の毛利家も本格的に動き出した。
一方で織田の家中では、信奈の義妹が登場して、波乱を巻き起こす。
信奈を熱烈に崇拝する美少女の行動に、良晴たちも振り回されるばかりで……。
内外で情勢が激しく動く中、織田家はどう立ち向かうのか。

天下布武ラブコメディ第10弾! 

小冊子の表紙?
AMAZONに掲載されている色塗り前と思しき画像。
どうやらこれが限定版に付属する小冊子の表紙みたいですね。

【Amazon限定小冊子付き】織田信奈の野望 10 (GA文庫)


スク水半兵衛官兵衛(スジ入り)。
相変わらずロリの心を鷲掴みにする絵面です。
更に後ろはもっと凄い事になっている様ですね。 

でも主人公・相良良晴の好みは勝家のようなおっぱいの大きい女性。
むしろ彼女たちは小説を通して我々にアピールしていると見るべきでしょう。
…妄想はこのぐらいにしておきましょうね。 

ちょっと心配。
値段が一緒で小冊子付きならみんなこっち買っちゃう。
この手の特典はむしろ非アマゾンの書店、というかアニメショップのほうが熱心だった気がします。
アニメイトやとらのあななどが店ごとに違った特典を用意して差別化を図っていた。

実店舗を持たず、ラインナップは膨大で、日本全国どこからでも注文できて送料無料。
そんなAMAZONの脅威に対抗する策だと思っていました。
対抗策までもAMAZONに奪われたら…普通の書店はどう生き残ればいいのだろう。
そこがちょっと気になりましたね。
ともかくも3/16の発売が楽しみです。 

原作持ちとしてこれ以上無いアニメ化だった。
こちらアニメ化以前に原作を読んでいた作品です。
原作ファンとしてアニメ化は非常に嬉しい…と言い切れないのが現状。
だってアニメの出来が散々だったら悲しいから。

以前アニメ化したパパのいうことを聞きなさい!も原作持っていたのですが出来は微妙だった。
それだけに放送前には期待と不安が入り交じっていました。

キャラクターは可愛いし、作画も安定していた。
ストーリーの端折りはありますが、演出もよく出来ている。
何より「アニメ=動画」の売りであるアクションが秀逸。

原作付きをアニメにするならこうやって欲しい、というお手本のような出来でした。
それだけに第2期を同じスタッフで!と熱望しているのですが、さてどうなるでしょうか。 


織田信奈の野望シリーズ

公式サイト / 公式サイト(GA文庫) / 公式サイト(ドラマCD) / ウィキペディア / 公式Twitter(#デアルカ)

kaguratv-9-006b.jpg

ミニスカサンタみたいな寝間着との組み合わせは凶悪過ぎる。
一人称がオレで眼帯なのに、やたら女の子している。
そのギャップが堪りませんね。
水着がピンクというのも実は乙女チックな娘という感じがします。

kaguratv-9-195c.jpg

予想通りというか。
鈴音の正体は嘗ての霧夜の優秀な教え子にして、大道寺先輩が一度も勝てなかった凛。
にしても霧夜先生やられすぎじゃないでしょうか。
しびれ薬で眠らされるわ、凛に一太刀浴びせられるわと今回もあまりイイ所がありません。
一応凛の鎧兜をぶった斬ったけど、結局無傷でしたしね。

スーパー忍者を目指していた凛が悪人になった経緯も分かりました。
任務に失敗して瀕死だったのを道元に拾われたと。
但しあくまで利用するためであり、両者の溝は深まるばかりみたいです。
凛が霧夜に接触してきたのも何やら考えがあっての模様。
これは下克上の予感がします。

kaguratv-9-252b.jpg

中途半端な洗脳の意味。
最初は雲雀を操って巻物を蛇女子学園に持ってこさせるのかと思ってました。
ところが洗脳は一時的なものであり、意識を取り戻した彼女は部屋にあった超秘伝忍法書に驚愕。
まさにそのタイミングで春花が半蔵学院にやってきてこれをゲット。
抗争が激化して警備もキツくなっているんじゃないのか。
半蔵学院のセキュリティは相変わらずザルですね。

思うに洗脳を途中で解いたのは雲雀の自由意志で悪忍にするため。
追い詰めはしたが、最後は自分に決めさせる。
あくまで雲雀が自身で選択することだから、という事でしょう。

kaguratv-9-658.jpg

おっぱい大行進だ!!
いざ蛇女子にやってきた雲雀は意外なほどあっさり受け入れられました。
特に春花からは大歓迎。
一緒にお風呂まで入って見ているこっちも大歓喜。
しかしシャワー浴びた直後にお風呂とは…よほど雲雀と入りたかったのでしょうか。
湯気も薄めでかなり露出が多く、まさに大サービスといった感じです。 

血筋や素行を重視しないので、蛇女子の生徒は半蔵学院と比較にならないほど多いですね。
悪は善よりも寛容である、というのがセールスポイントみたいです。
但しふるいに掛けるの前提らしく生き残るのは厳しそう。
雲雀の実力じゃ厳しいんじゃなかろうか…いや未来でも残ってるのだから意外と大丈夫かもしれない。

kaguratv-9-752b.jpg

春花の過去はどうなの?
焔達の過去どころか、鈴音の過去まで暴露してしまう春花。
流石に口が軽すぎやしないか。
雲雀は貴重な情報を沢山ゲットしたことになりますね。

一方で雲雀も「半蔵学院の生徒は5人だけ」と思いっきり情報漏らしてます。
何というか、現代忍者は色々オープンなんですね。
特に蛇女子学園は外人部隊みたいな雰囲気があるだけに、他人の過去は詮索しない感じがしていた。 
しかしそんな春花も自身の過去は語らずじまい。
なんで転身した格好がああもエロいのか等、色々知りたかっただけに残念です。

最初は巻物を取り返す為と嫌々春花のスキンシップを受け入れていた感じの雲雀。
しかし話を聞くにつれ悪忍もそんなに悪い人じゃないかもという認識に変わっている様に見える。
お人好しだけに今後善忍と悪忍の間で板挟みになるのかな、という所で次回です。

kaguratv-9-926c.jpg

無駄に動くし、細かい演出が上手。
蛇女子の訓練シーンは焔達が動きまくっていましたね。
また雲雀を探しに飛び出した柳生を飛鳥が止めるくだり。

何の気なしに制止していた様に見えますが、この時の柳生は理性を失って手加減無用。
そんな柳生を押さえ込んだ飛鳥…実は凄いことをやっていた。
潜在能力の一端を思わせるうまい演出でした。 

またいつも煙玉で消える霧夜が普通に去っていった。
…なんかおかしいと葛城が気づくところも凝ってますね。

次回は閃乱カグラ 第10話 『陰と陽』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

まず驚くことがあるだろう。
火星に空気がある。
そりゃ地球に代わる理想の世界になるんだから、テラフォーミングもしてるでしょう。
しかし別の惑星に来たという驚きが一切ないというのが何とも。
まあ来たくて来たわけじゃないし、地球滅亡が掛かってる状況なんですがね。

そして火星に来たのは光牙とエデンだけであり、蒼摩達は置いてけぼり。
戦力的にかなり心もとない状況です。
アモールも全員転移させてくれれば良かったのですが、そこまでサービスする義理はないか。 

メディアはまだ光牙とエデンを欲するのか。
既にマルスの目的とも違う、メディア姉弟による火星移住計画に変わってしまった。
にも関わらず光牙を闇の小宇宙で染め上げるだの、エデンに王になってもらうだのと言ってる。
自分たちの理想の世界にも二人が居ると楽ということか。

エデンを傀儡の王にして、光牙をその尖兵にしたいって所かな。
自分たちはあくまで黒幕として我が世の春を謳歌すると。
マルスの提案すら蹴った二人が応じるわけもありませんが。 

聞かれもしないのに身の上話→ウソピョンて。
アモール劇場なる人形劇で自身の不幸な生い立ちを説明。
今さらそんな手に…と思ったら光牙もエデンも見入ってる。
この二人結構感情移入しちゃうタチなんですね。

でも直後に「あんな法螺話を信じたのかい?」とウソっぽい物言い。
アモール一体何がしたいんだ、ただのおふざけか。
聖闘士は大抵天涯孤独だの貧困や紛争の中で育ったという不幸持ち。
それだけにあまり話しても意味がなかった気がする。

ともかくも闇の小宇宙を託されたアモールがこれまでに無くパワーアップしたのは事実。
果たして光牙とエデンはこれを倒せるのか、そして蒼摩達は見ているだけしか出来ないのか。
という所で次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第48話 『友よ集え! 光牙のみなぎる小宇宙!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

家族構成をピタリ当てます。
インドからの唯一の参加者、アマンティ・パテル。
いかにも占い師然とした風貌で挨拶代わりに家族当て。
せりかの一人っ子はともかく、北村が五人兄弟なのを当てたのは凄い。
絶対心読んでるだろ。
唯一新田に弟が居ることは外してしまいましたが…表情が曇った。
俺に弟は居ない。
これってもしかして昔は居たが、今は居ないという意味じゃなかったのか。

更に彼は姉との電話で重要な事を話していましたね。
ワザワザ大きい部屋を借りたのは賭けだと。
アイツって…やっぱ恋人かな。
結婚してアメリカに来て欲しい、そのための部屋を準備したという符丁じゃないでしょうか。

インドから一人だけ参加ということで「ぼっち」になることも懸念されたアマンティ。
持ち前の社交性と占いでたちまち人気者になっています。
琴浦さんもこうすりゃ良かったんじゃ…。
なんて思いました。
そういや部長の勧めで占いやったことありましたね、ゲロ吐いたんですが。 

ジェイソン・バトラー室長。
嘗ては自身も宇宙飛行士だった模様です。
この人物が次にどんなミッションをやるか、そして誰を飛行士に選ぶかという権限を握っている。
なんかこう聞くと大学教授とか白い巨塔とか浮かんできますが、基本的には気さくです。
でも彼の考え一つで「本物の宇宙飛行士」になれるかが決まると。
紫はそんな彼を芝居のプロデューサーに例えていますね。 

ケンジが口をつぐんだ話を、大元の紫に尋ねる六太。
それは宇宙飛行士訓練者の中から脱落者が出る。
宇宙へ行くのを諦める連中が必ずといってよいほど居るというもの。
これから宇宙飛行士目指す連中に言うことじゃないですね。

紫も実質的には候補者。
これは訓練がキツイ云々よりも、待ちくたびれてしまうというのが原因みたいです。
つまり何年も宇宙飛行士訓練者として過ごし「いつか宇宙へ」という思いを馳せるわけです。
しかし待てど暮らせどプロデューサーである室長からはお声がかからない。

・自分は室長に嫌われているんだろうか。
・何か宇宙に行けない致命的な欠陥があるのではないか。

そう思いつめた結果折れてしまうと。
先輩である紫だって何年も「宇宙飛行士」なんて名乗っているけど宇宙を飛行したことは皆無。
つまり一度も宇宙に行けていない。
彼自身も舞台に立てない役者の葛藤はあるんでしょうね。 

六太の将来に暗雲が。
家族構成…といっても弟が居るのは衆知の事実。
日々人は有名人なので占うまでもありませんね。
それならばと自身の将来を占ってもらう六太。

止めたほうがいいんじゃないか、何か心配。
…イイ感じよ!?
イイ感じって何が?抽象的な表現でごまかした。
そしてアマンティの動揺を六太見逃しませんでしたね。
もしかして脱落の黄色信号?というところで次回です。

ボールド教官は六太をガン見。
数ある宇宙飛行士候補者の中でやたら六太ばかり見ていますね。
締りのない顔は六太だけじゃないだろう。
みんな浮かれているだろうし。

そして軍隊経験なんて日本人候補者は全員ありません。
外国人でも女性はまず無いでしょう。
なんか六太を妙に目の敵にしているようにも見える。
そしてあんまり見過ぎるとホモと間違われそうです。

次回は宇宙兄弟 第48話 『心にいつも万歩計を』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

kaguratv-8-455.jpg

昔は普通に下着だったのね。
てっきり葛城と斑鳩の過去話かと思ったら、全員の経緯を描いた今回。
やはりというか二人は最初反りが合わなかったですね。
フレンドリーに頑ななと正反対の性格に見えますが、暗い過去を抱えた根っこは一緒。
それを隠す態度が違っただけ。
これが分かった二人は仲良くなったと。

でも上っ面だけでも明るいほうが付き合いやすい。
過去を見ると常に葛城がムードメーカーで仲間の橋渡しをしていたのがよく分かります。
例えば一年後、飛鳥が入ってきた時にも斑鳩の反応は決して良いものではなかった。

kaguratv-8-811c.jpg

恵まれた境遇、甘やかされて育ったと思しきドジっぷり、そして才能の片鱗…。
訓練では足を引っ張りまくりの飛鳥ですが、偶然に忍び転身ができちゃったりする。
血筋とか才能だけで忍者目指している甘ちゃん。
葛城が居なかったら二人はもっとギスギスした関係になっていた気がしますね。

そして今年の春に入学してきた柳生と雲雀もまた対照的。
この頃になると斑鳩もすっかり険が取れて良いお姉さん・委員長キャラという感じになっています。
新入生のうち一年生らしからぬ才能を見せつける柳生。

一方で「忍びは実力が全て」とひたすら無愛想(雲雀相手を除く)。
協調性の無さに腹を立てる斑鳩を見ているのがおかしい。
だって過去の彼女そのものって感じですからね。
苦笑する葛城も恐らく同じ事考えているんだと思います。

kaguratv-8-1000c.jpg

狙いは雲雀。
登場以来一貫して忍者らしくない雲雀。
ピンチは全部柳生が払いのけるので凌げている。
当然霧夜からも指摘されますし、本人も柳生におんぶに抱っこの状況が歯がゆい。
前にも言いましたが、雲雀だけ忍びになった経緯が未だ不明なので、
なんでこの子が忍者目指しているんだろう。
という疑問が絶えませんね。

そして落ちこぼれを自覚し苦悩する雲雀にささやく声が。
春香に渡されたピアスは洗脳装置だったのか。
雲雀は敵に操られて超秘伝忍法書を奪って行く展開か。
というところで次回です。

kaguratv-8-1125b.jpg

鈴の強さは大道寺先輩以上。
年齢は先輩のいっこ上で、大道寺一回も勝てないほどの手練。
実際スーパー忍者に相応しい実力の持ち主だったんですね。
無敗のまま任務中に死亡。
これが心残りで先輩は留年を繰り返すと。
いや卒業して鈴を探したほうが良かったんじゃなかろうか。

蛇女子では半蔵学院対策で上役の対応にズレが出ていますね。
先生は超秘伝忍法書に選ばれた善忍ごと籠絡する事を目論んでいた。
だから倒さない程度に蛇女の生徒をぶつけて故意に経験を積ませていたと。
これに対し黒幕はまどろっこしい&早く結果がほしいと忍法書のみを盗もうとする。
最終的に焔達はどっちに付くのかも気になりますね。 

次回は閃乱カグラ 第9話 『秘立蛇女子学園』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

何故自分がマルスとなり、新世界を作ろうとしたのか。
愛する前妻ミーシャが理不尽に殺されたのに怒ったからです。
じゃあ何故息子のエデンがマルスに歯向かってきたのか。
それはエデンが好きなアリアをマルスが殺したからです。
…ダメじゃん。
マルスの論法で言えば、エデンがマルスに賛同する筈が無いんです。
どんなに思い通りにならなくても、マルスはアリアを決して殺してはいけなかった。
彼女を手に掛けた時、マルスの正義≠エデンの正義となってしまったわけですね。

チャンスは一度だけだ!って何が!?
怒りと憎しみ、そして闇の小宇宙でパワーアップしたマルスには一分の隙もありません。
でもエデンが突然ワンチャンスに賭けると言い出して何じゃそりゃ状態。
増して今のマルスは言うことを聞かないエデンのせいで更に強力になってます。
…まさかの自己犠牲。
自らをマルスに刺し貫かせ、そしてささやき戦術。
アリア、ソニア、そして俺(=エデン)も消える…あなたの新世界には誰も居ない!
精神攻撃は基本と言いますが、それ大抵敵のやることなんですが。

でもどんな攻撃も跳ね返したマルスにこれが効果てきめん。
ペガサス彗星拳であれほど強かったマルスがあっさりと倒せてしまった。
まあ確かに理想の世界で一緒なのは後妻だけ、なんて考えたらショックでしたね。
先の息子が反逆した理由といい、マルスどっか抜けていました。

改心早すぎ!そして役立たず…。
ようやっとマルスを倒せたと思ったらムックリと起き上がりました。
でも顔が元に戻っておりどうやら正気に返った模様。そして、
私が地球を救う。
いともあっさり改心してしまった。

あれだけ絶望が怒りが、と言っていたのは何だったんだろう。
とにかくこの場はマルスが何とかしてくれそう、って元はといえばこいつのせいなんですが。

しかしここでメディアが本性を表してきた。
怪しげな術であっさりと倒れるマルス。
強力な敵が味方になると途端に弱くなるのを見せつけてくれましたね。

そしていよいよ地球崩壊が始まってしまった!
結婚して子供まで作ったのにメディアは結局マルスを利用しただけだったのか。
エデンも何だか不憫になってきたところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第47話 『わずかな希望! 新たなる闘いの地!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

返事が早過ぎるんだよ!
ビンセント・ボールド。
渡米して宇宙飛行士の訓練を受ける六太の担当教官。
非常にせっかちな性格というか、無駄が大嫌い。
移動時間は一番の無駄と、猛スピードで車をかっ飛ばします。
言いたいことが分かっている時は相手が言い終わる前に言葉を被せます。
用件が終わったら即退散、気がついたらもう居ない。

えらく神経質そうなタイプだと思ったら、何と彼は軍隊出身。

軍事作戦なんて思い通りに行かないことが多いだろうに、よく勤まったな。
敵が予想通りに動かない!
なんて怒り出しそうに見えるんですが。

空港にジャンプスーツとはお調子者め!
ワザワザ青いツナギ来て周囲の注目を浴びようとする六太。
目論見通り周囲には黒山の人だかりでご満悦。
…でも現役バリバリの宇宙飛行士じゃないと答えられない質問を振られたりと、早くもボロが出そう。
全く、見栄なんて張らなきゃいいのにと思ったら違った。

集合の際はジャンプスーツ着用のこと。
そうメールをして来たのはなんと紫。
これを真に受けた六太は体の良い晒し者になってしまったという話でした。

実はメールの最後に「ウソピョン」とネタばらしがしてあった。
きちんと最後まで読んだケンジは引っかからなかった。
早くも注意力散漫な所を見せてしまった六太、ただのイタズラでも侮れません。

北村家の食卓。
渡米すれば2年は戻れない。
そんな訳でおのおの肉親や友人と別れの食事を楽しんでいた。
今回注目は何と言っても北村絵名。
彼女の背景は今まで語られてきませんでしたからね。

両親と男三人、女二人の大所帯である以外はごく普通の家庭。
教授だの博士だのというエリート一家という訳ではなさそうです。
絵名だけが突出した存在みたいで、それだけに我が家の星がいよいよ出発とやいのやいのの大騒ぎ。
一人っ子のせりかとは対照的ですね。

小松さん、アメリカまで付いてくのか!
この人って日本にいる僅かな間だけ六太達の世話をするんだと思ってました。
しかし彼女もヒューストン行きに同行。
見た目お好み焼き屋とかやってそうなコテコテの大阪のオバちゃん。
実は英語で交渉もこなす国際派だったのか!

まあJAXAの職員だから只者ではないんですが、見た目と言動ですっかり騙されました。
そんな彼女に率いられて、いよいよ六太もヒューストン入り。
というところで次回です。 

次回は宇宙兄弟 第47話 『最初の約束』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

kaguratv-7-416b.jpg

あのアテ字といい、解説といい。
漫画「魁!!男塾」を彷彿とさせる演出。
何より脚本が男塾名物「魍魎サバイバル」の回を彷彿とさせます。
斑鳩の立ち位置とか「知っているのか雷電?」でしたよね。
個人的には雲雀にな なんか悪い予感がしてきたのう(from松尾)を言って欲しかった。

蛇女との戦いののち、飛鳥たちが修行によって自信を取り戻す回です。
そしてこれを裏で画策したのは大豪院…もとい大道寺先輩。
忍者学校を卒業せずに何年も居る伝説の先輩。
…それは恥ずかしい伝説なんじゃなかろうか。
いつまでも学生やってないで現場に出た方が良くないか。
なんか就職が嫌で留年を繰り返しているようにしか聞こえない。

kaguratv-7-542.jpg

私はヒルに、ピラニアに、大蛇になりたい。
山の頂上にある巻物を手に入れるため飛鳥達が競争。
でも柳生はまず雲雀の捜索ってなんで最初から一緒に行かなかったのか

それはさておき、
・山ビルにまとわりつかれる飛鳥。
・ピラニアに服を破られる柳生。
・大蛇に巻き付かれてあられもない声を上げる斑鳩。

代わってくれ!!
まったくうらやま…もといけしからん生物が次から次へと襲いかかります。

特に柳生はこれまで苦戦した事がないだけに、エロピンチのシーンは貴重です。 
相手が未来だったから。
そして意外にも柳生の危機を救ったのは雲雀。
秘伝忍法「忍兎でぶ~ん」で助けだす。
…それに乗って頂上まで行ったほうが良くないか。 

kaguratv-7-1196.jpg

先輩も一緒に戦おうよ。
山の頂上は五人同着、まあお約束ですね。
しかし巻物を貰えるのは一人と立ち塞がった大道寺先輩。
たった一人で飛鳥達五人を圧倒。
敵の正体にも詳しく、そしてこの戦闘力。
なんで先頭切って戦ってくれないのかが不思議です。
まだ学生である飛鳥が戦わなければならない理由がちゃんと欲しい所。

ここで気を吐いたのが飛鳥。
どうやら焔から「伝説の忍びの孫だなんて認めない!」と言われていたのがかなり悔しかった模様。
でも待って下さい。
伝説の忍・半蔵の孫であるのは単なる血縁上の事実。
別に後継者とか継承者という肩書きではありません。
認めない!なんて言われても困りますよね。

何はともあれ飛鳥の戦いに光るものを感じた大道寺先輩。
彼女に渡した巻物には半蔵の言葉が書かれていた、というところで次回です。 

kaguratv-7-005.jpg

おいおい喋るぞこのシロクマ。
葛城が首を絞めた時「参った」と言ったシロクマ。
実は着ぐるみで中に先輩が入っているのかと思ってた。
男塾でゴリラの着ぐるみ使った江戸川先輩を思い出したから。

しかしいざ襲い掛かると主人公・剣桃太郎が飼い慣らしたライオンに逆に食われそうになってしまう。
何をしている、早く助けんか!俺だ、江戸川だ!!
ゴリラの着ぐるみのまま助けを乞う江戸川。 

とんでもねえゴリラだぜこいつ。
自分が江戸川先輩だなんてぬかしやがる。
立派な先輩を騙った?ゴリラを更にボコボコにしてしまう。
無論全部分かっててやったことでした。

次回は閃乱カグラ 第8話 『追憶の忍教室』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

宇宙飛行士にとって特別な意味を持つ服。
それがNASAのジャンプスーツ、こちらが遂に六太たちにも支給されました。
確かに宇宙飛行士はいつでもどこでもこの格好、まさにアストロノーツの正装。
何しろ公式の場で周りがスーツでも彼らはジャンプスーツですからね。
これで「名実ともに宇宙飛行士の仲間入り」を果たしたという実感が湧きそうです。

シャロンお久しぶり。
考えてみれば彼女が居なければ六太も日々人も宇宙飛行士を目指さなかったかもしれない。
そんな人生を決めたキーマンが久々に登場。
そしてシャロンの夫・金子博士も回想で初登場。
白人の風貌に「金子・シャロン」という名前。
夫が日本人なんだろうとは思っていましたが、やはり天文学者でした。

正直冴えない風貌なんですが、宇宙への情熱は人一倍。
小惑星を発見し「シャロン」と名前をつける。
宇宙に思いを馳せるシャロンにとっては最高の夫だったことが分かります。 

日々人のトラブルは未発表。
シャロンが六太と日々人の記事をスクラップ。
この習慣は金子博士から受け継いだものみたいですね。
兄弟で記事になる、というのはシャロンにとっても特別な意味をもっている模様。
自分の教え子が共に並ぶというのは彼女にとっても感慨深いものがあるんでしょうね。
そんなシャロンの元を久々に訪れる六太。

そして月での経緯に仰天するシャロン。
日々人の酸素切れの件はまだオフレコだった。
全部が終わってから「実は…」と発表するんでしょうね。
そして映画化。
…というのは気が早いか。 

全ての夢は繋がっている。
約束を果たしたものの、金子博士は六太が13歳の時に病気で他界。
六太は金子博士を知っている様ですが、実際に交流があったのかはまだ不明。
照れ屋なイメージがあるので、恥ずかしくてあまり出て来なかったのかもしれない。

金子博士が見つけた小惑星「シャロン」は地球からじゃ点にしか見えない小さいもの。
「ちっさ!」と本音を口に出してしまう日々人、「バカ、やめろ!」と日々人を怒る六太。
シャロンもそれは分かっている様で、彼女の夢は夫が見つけた自分の名前を持つ惑星をもっと間近で見ること。
月面天体望遠鏡。
月に望遠鏡を設置すれば、もっと詳しく自分の星を見ることが出来る。
長年の努力が実り、ようやく設置の目処が立ったとのこと。

月に望遠鏡を作るとして実際にやるのは…そうです、宇宙飛行士である六太と日々人。
・金子博士が小惑星「シャロン」を発見。
金子シャロンが詳細を調べるために月面天体望遠鏡を提唱。
・そして六太と日々人が実際に望遠鏡を設置する。

想いが面々と受け継がれていると分かる、これが歴史なんだ。
この望遠鏡が「宇宙兄弟」全体を流れるカギでもあるみたいですね。
というところで次回です。

次回は宇宙兄弟 第46話 『せっかちやろうナンバーワン』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

てっきり養女とばかり思ってました。
神世界の王たるエデンを支え、場合によっては汚れ仕事にも手を染める。
そんなソニアの正体はマルスことルードヴィグの前妻・ミーシャの実子。
嘗てのマルス=ルードヴィグは多忙な日々を送りながらも優しい妻と可愛い娘に囲まれた幸せな生活を送っていた。
しかし爆弾テロによってミーシャが死亡。
怒りで私刑執行人「パニッシャー」と化すルードヴィグ。

ところがルードヴィグが倒していったテロリストたちはタダの弱い人間。
ミーシャはこんなやつらに無意味に殺された。
その事実で更なる怒りの余りマルスに覚醒。
凄い、人間って怒るとマルスになるんだ。
…あまり深く考えないようにしよう。 

沙織さんの出番も割と多い、そして一輝が登場。
回想シーンで台詞もありませんが、一輝も嘗ての戦いに参加していた。
まったく今どうしているんだか。 

マルスは自分の理想の新世界を作るために邁進。
結果として現在の世界を司るアテナおよび世界を守る聖闘士と対立することになると。
この頃、後妻であるメディアもマルスを支えていた。
マルスと化すほどミーシャを愛していたのに、後妻迎えて子供=エデンまで作っちゃうの。
…あまり深く考えないようにしよう。

そのメディアの画策でどうやら問題の隕石が落下してきたみたいです。
そして闇の小宇宙を浴びたマルスは更にパワーアップ、星矢たちに魔障を与えたと。
怒りでマルスと化すほどです。
隕石からの闇の小宇宙でパワーアップぐらい当然でしょう。
…当然かな。

テロリストと考え方一緒じゃね?
自分の理想の世界を築くためには他者の犠牲も惜しまない。
強いか弱いかの違いこそあれ、マルスのやってる事ってテロリストと大差ありませんよね。
事ある毎にマルスは「弱い=悪い」 みたく言ってますが、
じゃあテロリストに殺されたミーシャも弱い=悪いって事にならないか。
出来れば正しい正しくないで物事を判断して欲しかったのですが、それが出来なかったみたいです。

なんでこんな考えで部下がついてきたのかが不思議です。
強者が弱者を支配する世界に魅力を感じる連中は多いということでしょうか。
結果的に光牙はもとよりエデンにまで背かれてしまうのもごもっとも、というところで次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第46話 『光牙とエデン! 若き小宇宙よ闇を討て!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-6-881.jpg

スタッフ分かってますね。
胸全般が白いことから、普段はさらしでも巻いてるのでしょうか。
因みに彼女の「六刀流」ですが見た目ほど強そうな感じはしませんでした。

三本ずつ束にしてるだけで六本の刀が別々に襲い掛かってくる訳じゃありません。
実際は熊手二刀流と同じじゃないでしょうか。
所謂ハッタリ。
でも地力の違い故か飛鳥は叶わないと。

kaguratv-6-632b.jpg

雲雀もだけど未来の弱さはどういう事?
当初秘伝忍法が使えないという共通点から、飛鳥と雲雀は同じくらいの実力と思っていました。
しかしいざ戦闘になるとわりかし様になっている飛鳥に比べ、雲雀のソレは子供の喧嘩レベル。
むしろ駄々っ子パンチで傀儡や下忍を倒せているのが不思議です。
何で彼女は忍者になろうと思ったんだろう。
彼女だけまだ背景が分からないので謎ですね。

それよりも問題なのは蛇女・未来の弱さ。
相手の柳生がかなりの手だれという事を差し引いても一発でKOは無いだろうと。
死人もいとわぬ厳しい訓練をくぐり抜けてきたとはとても思えませんね。
もしかしたら学科は良く出来るけど実戦は苦手なタイプなのかも。

kaguratv-6-1202c.jpg

超秘伝忍法…一体誰が受け継ぐんだろうか(棒読み)。
必殺技である秘伝忍法が通じない。
初見で破られてしまうという展開は珍しいですね。
柳生のイカアタックは未来を倒せましたが、他はかすり傷がせいぜいとは。

ここで登場した半蔵じいちゃんが秘伝忍法を上回る「超秘伝忍法」の存在を明らかにしました。
しかし伝授されるのはたった一人。
…まあ飛鳥でしょう。
もしこれで雲雀だったら面白いんですが。

例によってトドメを刺さずに帰ってしまった蛇女の面々。
いつまでこんな茶番を続けるのか、と身内でも疑問が出ているみたいですね。
果たして鎧兜サンの真の目的は?というところで次回です。

kaguratv-6-498b.jpg

やはり凛なのか…そして謎の番長が出現。
結界を連動させる技を編み出したのは件の「スーパー忍者」を目指していた凛。
多分鎧兜サンの中身がそれで、結界の技術を蛇女にもたらしたんでしょうね。
死んだはずの彼女が何故生きていて、どうして悪忍になったのかはこの先分かってくるのでしょうか。

更にラストでバンカラ風の人物が登場。
髪が長いので女性みたいです。
飛鳥達にとって頼もしい助っ人になってくれるのかが見ものですね。 

次回は閃乱カグラ 第7話 『恐怖のハイキング』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

お互い言わないのかなと思ったら。
何か変わったことがあったか?
いや、至って順調。
互いを思いやる故の平静を装った会話。
でも相手に何があったか、何をしたかは分かってる。
日本人らしい察しと思いやりの展開かと。

そしたら日々人、俺が助かったのは3人の宇宙飛行士のお陰だと話し始めた。
・ブライアン・ジェイ
・吾妻滝生
・南波六太

全員この場にいない人たちなんですよね。

特に吾妻。
傍目には守護霊みたいなブライアンや、実際に日々人の行動を正確に予測したお兄ちゃん・六太の貢献度が高いように見えます。
しかし提案するだけじゃ絵に描いた餅。
実行した吾妻が日々人生存の鍵だったと思います。

そもそも六太の案では移動した場合の事しか言ってなかった。
仮にそっちへ言って居なかったら「わざわざリスキーな方を選択して失敗した」事になりかねない。
そこで吾妻は、
・救助隊はそのまま落下地点に移動。
・酸素カー「BRIAN-03」は移動したと仮定した地点に向かわせる。

どっちへ行っても大丈夫なアイディアに練り直していた。
この提案を実務レベルで処理する能力は素晴らしい。

またNASAも「六太を通したJAXAからのアイディア」をただ聞いただけなら単なる横槍と却下していた可能性があります。
現場に吾妻が居て、自ら指揮を取ったからこそ実現出来た。
彼の存在こそ最も重要だったのではないでしょうか。

ダミアンも大丈夫。
いざ助かると日々人よりも重症なのはダミアン。
やはりというか熱交換機能の故障で凍傷になりかけてましたね。
切断が危惧されますが医師でもあるカレンの見立てでは切断は不要でした。

しもやけって温めるとピリピリ痛むんですよね。
増して凍傷なら激痛かもしれない。
でも痛いってことは生きてるって証拠。
ダミアンの外傷はいずれ治るでしょう。
あとは日々人が今回の件をトラウマに思っていないか心配、というところで次回です。

次回は宇宙兄弟 第45話 『5人の青レンジャー』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

まあそれが聖闘士星矢なんだよね。
やられても骨が折れても根性さえあれば大丈夫。
奇跡は毎回起こるもの。
ダメージの蓄積とかは無縁で、殴られれば殴られるほど強くなってしまう。
普通ならムチャクチャだろと言いたくなるのですが、それが何度も繰り返されると様式美になる。
まともな理屈を言ってしまったアモールはある意味負けフラグ立ったと言えるかも。

ユナマジヒロイン…というかアテナ化してないか。
遂に闇の小宇宙を開放した光牙。
その力は絶大で、アモールの水の壁をぶっこわしマルス四天王の一人を瞬殺。
しかも光牙、闇の小宇宙に飲まれず意識があった。
これぞセブンセンシズ効果、理性があって闇の小宇宙操れるならそれ最高なんじゃないの。
でもやっぱり無理でした、ちょっとアモールが手を加えれば再び暴走。
ここで鍵となったのがユナでした。

彼女は以前も光牙の闇の小宇宙の暴走を阻止したことがあります。
でもあの時は今ほど闇の小宇宙が大きくなくて物理的に引っ張って直した。
今回はまるでアテナのごとく慈愛の小宇宙?みたいな力で光牙を戻してしまった。
沙織が引退して、アリアが生き返らなかったらもうユナがアテナで良いんじゃないの。
まあ相当無理があったみたいでブッ倒れてしまうんですが。

一輝ポジションの男キター。
光牙をマルスのもとに送り、三人となった四天王には蒼摩達。
アモールの前にはユナが立ちはだかる。
ユナは光牙を戻して出番終了かと思ったらムックリ起き上がってビックリしました。

そこへやってきたのがソニアとの別れを済ませたエデン。
一人余った、誰が光牙を追うのかな。
ユナかと思ったんですがエデンをそのまま行かせましたね。
アモールとは因縁のあるエデンですが、マルスとの親子対決を優先させたみたいです。

三人四天王を倒す蒼摩達ですが直後に相打ち。
残る戦いはマルスと光牙&エデン。
そしてアモールとユナ。
やっぱり聖闘士は基本タイマン勝負なんですね、というところで次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第45話 『荒ぶる軍神!マルスとルートヴィグ!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-5-1435.jpg

最初からクライマックス。
ショックを受けながらも「命駆」で対抗する飛鳥。
それなりに戦えている様に見えましたが焔にとっては小手調べ。
まだまだ本気じゃなかったと。

指の間に六本もの刀を挟むってどんな指の力してるんだろう。
あと剣とか鞘が必要に応じて出たり消えたりするのも忍法なんだろうか。

kaguratv-5-979.jpg

今回は葛城の過去がチラホラ。
彼女の両親も忍者でしたが任務に失敗、責任をとって死ななきゃならなくなった。
…しかしこれを拒否して逃亡、抜け忍となったのでした。

葛城は自分が活躍することで両親の罪を帳消しにするのが目的なんだとか。
任務失敗=死ってショッカー!?
善忍厳しすぎ。
いや忍者だったらそういう事もあるだろうけど、どこが「善」忍なのか分からなくなってきますね。
悪忍のいう悪は善よりも寛容ってこういう意味なのかな。 

kaguratv-5-928.jpg

お前人のこと言えるのか。
訓練中の悪忍候補にダメ出ししていた未来ですが、前回の襲撃で負けそうになってたよね。
リベンジと柳生に挑むのですが…完全無視。

どうやら敵じゃないと思われてるみたい。
或いは柳生の頭は雲雀で一杯なのかもしれないけど、どっちにしろ相手にされてない。
胸も腕もイマイチというなんとも可哀想な位置づけです。

kaguratv-5-1222.jpg

雲雀どうする。
その雲雀に目をつけたのは春花。
見た目から焔に次ぐ実力者という感じがします。
今まで柳生の庇護のもとにあった雲雀にはちょっと荷が重そう。
雲雀も雑魚忍者相手なら結構やるんですが、名のある敵との戦いでどれほどやれるのかは未知数です。
唯一の希望は秘伝忍法でしょうか。 

霧夜先生ェ…。
簡単な囮に引っかかって飛鳥たちと引き離されてしまった。
先生凄腕の忍びなんでしょう?
そんな見え透いた罠にハマるなんて。
更に悪忍どもの張った忍び結界を破れない。
ギャグに走りすぎて戦いを忘れたのか、と心配になった所で次回です。 

次回は閃乱カグラ 第6話 『連動忍結界』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

アモールはユナにご執心。
自分のパートナーにならないか、と口説き始めました。
まあ普通の女聖闘士や女性マーシアンは顔を隠している訳で惚れ様もない訳です。
増してユナは美人さんなんで気持ちはわかります。
でもこの状況じゃ無理がありすぎる、当然拒絶されます。

まあアモールもそれは予測済み、またいざとなったらユナ殺害も厭わずというスタンスみたいです。
彼にとって最大の狙いは光牙ですから。

ホラホラ闇の小宇宙使わないと仲間が死んじゃうよ?
光牙を闇の小宇宙でしか破れない牢獄に入れ、蒼摩達にマルス四天王をぶつける。
自らの意志で闇の小宇宙に目覚めさせようとするイヤラシイ攻撃を繰り出して来ました。

一人残ったユナがアモールを倒そうとしますが、全く叶わないどころか無理やり椅子に座らせられる始末。
マルス四天王を召喚した事といい、確かに聖闘士というより魔法使いに近いかも。

ユナが呪縛を破ったのは地味に凄いんじゃないの。
アモールの肉体操作を小宇宙を爆発させて破ったユナ。
似たような方法で光牙も檻を破れないものか。
しかし時間がない。
キレたアモールがユナを殺そうとする。

つまらない拘りで仲間を見捨てるのかい?
全てがアモールの手の内という感じがします。
これまで沙織が、アリアが、そしてユナが光牙を闇の小宇宙から守ってくれた。
二度と闇の小宇宙には飲まれないつもりだった。
しかし仲間を失うぐらいなら…と遂に闇の小宇宙を開放する光牙。
アモールやメディアの思う壺だけどどうなる?というところで次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第44話 『仲間のために!光牙に秘められし力!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

achiga-14-1519b.jpg

背後に見えるのは…レジェンドのスタンド!?
三年生が大会で普段以上の力を見せる様に、準決勝でその強さを遺憾なく発揮する灼。
準決勝…それはレジェンド赤土晴絵にとっての雪辱の場だからです。
背後に…なにか見える。
データ分析の鬼であるフナQこと船久保の洞察力半端ねぇ。 

これまで殆んど分かっていなかった灼の大活躍。
加えて副将戦は全員にほぼまんべんなく見せ場があった。
試合としてはこれまでになく充実した展開でしたね。

achiga-14-151c.jpg

こらぁ、羊!!
渋谷尭深のハーベストタイムが発動。
11牌が字牌というお前ふざけんなという配牌を予想し慎重に打ち進める憧。
…だったのに羊、もとい新道寺女子の江崎仁美が思いっきり字牌捨てリーチ。
これを渋谷が見逃すはずもなく鳴き→あっさりと大三元達成。
やはり最後に32000点毟られるの前提で打たなきゃダメってことですか。

あと、ひとつ勘違いをしてました。
ハーヴェストタイムは一発屋だと思っていたんですが、効果は永続するみたい。
つまり彼女がラス親になって役満連発もありえると。
未だラス親は無いそうなんですが、ホントに今まで一回も無かったらそれは「ラス親にはなれない」縛りかも。

achiga-14-883c.jpg

二人は赤の他人だよね?
その新道寺女子の副将・白水哩と大将・鶴田姫子が何かヤバイ。
この二人何だか得体のしれない力で繋がっている。
曰く白水哩が上がった飜数の倍を同じ場で鶴田姫子が上がるというコンビ打ち?でした。

一翻上がれば二翻を上がる。
満貫を上がれば倍満を上がる。
倍満を上がれば…役満越しちゃってるよ。

でもこの手のオカルトだと二人は双子とか姉妹じゃないと説得力が薄い。
だって出会わなければ永遠に発揮されない力じゃないですか。
そして姫子のためにと白水哩は上がって上がって上がりまくる。
一応同じ場という縛りがあるので一本場とか決勝で無かったら無効。
でもそんなの関係ないとばかりにロンツモの嵐でした。
流石にこの二人の能力をブロックする対能力者が居ないとこの期の展開がヤバイ。

achiga-14-1271.jpg

フナQの分析力もオカルト級。
データ収集が好きなんでしょう。
というか好き過ぎ。
10年もブランクがあって実戦データの少ない灼の能力や背景を性格に洞察。
もう読心術レベルです。
ついでに白糸台高校・亦野誠子のデータを読みきるとあとは狙い撃ち状態。

基本的に咲世界の雀士では能力持ち有利です。
能力者をボコるID雀士なんて初めて見た。
清澄の染谷と同じタイプみたいですが…色んな意味で次元が違う。
この手の人物はデータ収集に強いけど実戦はいまいちというのがお約束。
そういう意味でも型破りなキャラですね。

achiga-14-480b.jpg

亦野…優勝候補白糸台の副将…。
三フーロ(鳴き)で上がる通称「釣り師」。
流石白糸台、能力者が出てきたぞ!
…と思ったら凄かったのは最初の一局だけ、あとは白水に船久保にと振込マシーンと化していました。
鳴き麻雀は守勢に弱いという欠点があります。
手配が減る分、安牌を抱えられませんからね。

こんなに毟られたことは無いだの二位以下になったことは無いだの言われても、
視聴者はボコられている所しか見ていないので説得力がありません。
まさか優勝候補の副将がカモにされるとは思わなかった。
そしてドベだった筈の新道寺が快進撃と、一位と四位のテンションが完全に逆転していますね。
果たして決勝はどうなるか、というところで次回です。

次回は咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第15話 『激化』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#saki)

kaguratv-4-785.jpg

合法的に脱げるだけじゃない。
彼女たちが常に水着を着ている事に説得力が生まれます。
更にパンチラしている様に見えてもこれは水着なのでOK。
まさに規制を逆手に取った逆転満塁ホームラン。
それが「命駆(いのちがけ)」です。

パワーとスピードがアップする代わりに防御力が大幅に低下する両刃の剣。
ちゃんとデメリットも装備しているのが良いですね。

水着回の意味が薄れる。
但し命駆自体にもデメリットはあります。
常に水着なので、水着回がサービスにならない。
ならばと別の水着をしっかり用意するのが嬉しいですね。
普段着用とよそ行き用。
やっぱ水着もTPOで使い分けなきゃならないと。

kaguratv-4-103.jpg

今回も斑鳩はトバしていました。
私服は一見深窓の令嬢っぽい服装ですが、露出が多すぎます。
掃除している時のほっかむりが妙に似合います。
そして勝負水着ですが…これ胸と股間以外透けてる!?
真面目なのに露出が多いのは偏った教育を受けたからか。
いずれにしても素晴らしいことに変わりはありません。

またこれまで露出が少なめだった柳生と雲雀にも期待が高まります。
雲雀ホントにバスト80cmなの?
10cmどころじゃない過少申告を感じます。

また今時薪で風呂を炊いているのですが、風呂釜をフーフー吹いている様はエロス。
全員やって欲しかったけどやったのは斑鳩と飛鳥。
お色気担当が固定しつつある気がします。

kaguratv-4-1127.jpg

合宿先でも襲撃。
今回はパンクロッカー風のアブないお姉さん「日影」。
ゴスロリキャラでこのアニメでは絶滅危惧種である貧乳キャラ「未来」が出てきます。
更に霧夜の口から敵の正体「秘立蛇女子学園」の存在が明らかになりました。

これまでの戦績は蛇女子学園有利。
圧倒的な実力差を見せつけて去っていくパターンが多かった。
しかし今回は柳生が未来を追い詰めました。
胸も小さいしこいつが穴なのか?
敵にも弱い奴が居るということが分かったのが収穫ですね。

因みに未来は傘に偽装した機関銃に戦闘機(小さいのでラジコン?)など現代兵器を使用。
スライディングに四次元スカートはやはり魔法みたいで忍者っぽくありません。
また傘に眼帯という出で立ちが柳生と被っている様に見えます。
未来は洋風、柳生が和風で分けている感じですね。

kaguratv-4-1324.jpg

スーパー忍者「凛」とは?
半蔵学院の先輩が残したとおぼしきメッセージ。
最初は霧夜の恥ずかしい過去かと思いました。
しかしどうやら別人の書いたものらしい。
そしてそれは霧夜にとって苦い記憶のある人物みたい、というところで次回です。

やはり「凛」なる人物は死んだか蛇女子学園に行ってるのかな。
生きていたら再会するのはお約束ですね。 

次回は閃乱カグラ 第5話 『奇襲!半蔵学院』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

残り一本の信号弾。
これをいつ使うか、どう使うかが気になってました。
順当に行けばガケを昇って表面に出た所で使うのがベスト。
でも当然そうはならない。
ダミアンが寒さの余り口も聞けない状態に陥ってしまう。
ガケを登り切るまで持ちそうにないと。

ここで日々人が考えたのは、焼け石に水ならぬ焼け石でダミアン保温。
信号弾で石を焼いてそれをダミアンの宇宙服に入れる、即席のカイロです。
でも貴重な信号弾を連絡目的には使えずに消費すると。

やっぱ故障しているのね。
ダミアンへの処置が終わりましたが未だ目覚めず。
ともかくもやれることはやったと再び表面を目指す日々人。
死の危険が迫っているのは日々人も一緒ですが、目の前にやるべき事があるので気にならないと。
逆にダミアンが助かった時、一気に恐怖が襲ってきそう。 

そしてとうとう表面に出たのですが、案の定通信機が故障で連絡できない。
しかし信号は送られている様で、ヒューストンもようやく位置を把握。
日本側の指摘したポイントだ…。
まあこれは賭けに近い提案だったので、NASAを責められません。

いよいよダミアンを温めるのですが、やり過ぎると今度は焼け死んでしまう。
慎重に時間を測って再び断熱シートで覆うと。
これでダミアンの処置が完了、残る問題は日々人という事になりますね。

10分足りない!
日々人の酸素残量が残り10分という事実が報告され、凍りつくNASAの面々。
二人が移動したため救助も遠回りすることになり、到着まで20分あまり。
10分…たった10分の差ですが、人間が酸欠で死ぬには十分でしょう。
宇宙では空気も水も貴重だという事実が否が応でものしかかってきますね。

救助が近づいている事実を日々人は知らないだけに自分はもうおしまいだと思ってる。
そんな彼が最後にやろうとしたのは一人での月面散歩。
頼むからじっとしててくれ!或いは救助隊の方に向かってくれ!!
端から見てるとそう言わずにはいられない。
でも「もう死ぬ」状況になってフラフラ歩き出したとして、誰も責められないと思うんです。

宇宙人?或いは…。
どうせ死ぬなら満天の星空を見たい。
事もあろうに再びガケをダイブしようとする日々人。
これやったら宇宙初の飛び降り自殺者になるのか。 
そんなので歴史に名を残すのは嫌過ぎる。

しかしこれまで日々人が気にしていた「謎の光」が再び発光。
これに興味を引かれて飛び降りは中止となりました。
そして光の方向を目指した日々人が見たのは…宇宙飛行士のオモチャ。
ヘルメットの部分が光っていた様で、しかも「ブライアン」と書いてある。
てっきり酸素カーが到着したのかと思ったら人形!?
なんか拍子抜けした状態で次回です。 

次回は宇宙兄弟 第43話 『ブライアン』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

沙織ラブのご老人。
磨羯宮を守るのは嘗てのパライストラ学園長イオニア。
光牙たちにとっても馴染みがあった人物だけにこの裏切りは許しがたいでしょうね。
でも辿り着いた磨羯宮にはアテナ像…というかこれ城戸沙織そのまんま。
語り出したイオニアの話は色んな意味で驚愕でした。

曰く、自分はアテナ=城戸沙織を幼少の頃から知っている。
しかしアテナの運命は過酷であり、その境遇に心を痛めていた。
そこにメディアが現れて、沙織をアテナという重荷から開放するという誘いを受けた。
彼女を苦難の道から開放するためにマルスに手を貸したというお話です。

どう考えても無理がある。
この話によると、イオニアはオリジナルの「聖闘士星矢」時代からアテナ=城戸沙織の側近として存在したことになります。
でも当然ながら影も形もなかった訳で流石にこんな設定は無茶だろうと。

サガが暗躍して、アイオロスが命がけでアテナを救出した時イオニアは何をやってたの?
星矢たちが十二宮を突破している時イオニアは何処に居た?
もしかして辰巳の正体はイオニアだったとか。 

若き聖闘士候補にスパルタ教育を施した挙句大規模な暴動が発生。
死傷者を出した責任をとって自ら獄に入った。
この期間内にサガの反乱が起こって…ならまだ説明も付きます。

しかし幾多の苦難とやらを知っている以上、十二宮編やポセイドン編との戦いの最中にも居たってことになりますよね。
第一山羊座の黄金聖闘士はシュラじゃん。
一体どこらへんでイオニアが黄金聖闘士になったのかも分かりません。
もしかしてジャンプ以降の聖闘士星矢には出てたとか。

全ては妄想だったのでは。
あまりにも前作との繋がりを無視した話しっぷり。
加えて彼は言霊使い。
…ひょっとして妄想語ってないか。
中二病のまま年取ったイタイ老人なんじゃないの。
しかし実力は本物で光牙もユナも同士討ちまでさせられる大苦戦。
強くて頭おかしい人物って難儀ですね。

そもそも彼は自分の想像によるアテナの気持ちを語ってるだけでアテナ=城戸沙織本人の言葉がまるで入ってない。
確かに苦難の道かもしれないけど、本人がどう思ってるかは分からないじゃないか。
沙織自身は困難に立ち向かう事を苦にしてないかもしれない。
それにイオニアの口からは星矢たち伝説の聖闘士の話がまったく出てこない。
ホントに一緒に戦ってたのかが怪しくなってくるわけです。

第一アテナはマルスに光の小宇宙を吸い取られて死にそうになってるじゃないかと。
死=開放なら苦難の道と大差ない気がするのですが。 

結局光牙がセブンセンシズに目覚める為の肥やし。
最後まで自分の妄想に取り付かれたまま逝ってしまった。
「バカは死ななきゃ直らない」 の典型だったという気がしましたね。
ともかくも残る宮はあと1つ…ってあと2つだと勘違いしてました。
イオニア同様勘違いには気をつけよう、というところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第43話 『軍神復活!突入、最後の宮!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-3-001b.jpg

ボウガン、大剣、そして大砲てwww
秘伝忍法は動物召喚ばかりじゃないんですね。
まさかの大砲攻撃で斑鳩の服がビリビリに。
普通は服が破けた程度じゃ済まないダメージですが。 

忍び転身は物理的・精神的ダメージで崩壊する。
つまり負けると服が無くなっちゃうって事。
なんて素晴らし…もといけしからん設定だ。
でも転身解くと制服姿に早変わり。
これはいけません、町中で黒ビキニでどうしようとかやって欲しかったのに。

kaguratv-3-851.jpg

兄貴の忍び込む技術は割と凄い。
詠が襲ってきた理由は斑鳩が「大金持ちのお嬢様」という完全な逆恨み。
そして斑鳩は令嬢とはいえ養女であり心中は複雑です。
忍びの才能がなかった実子に代わり迎えられたとかで、当然義兄との関係は微妙。

その兄が行方不明って…なんか悪忍と結びついて襲ってきそう。
ところがこの兄、単独で半蔵学院の斑鳩の部屋に侵入。
家伝の銘刀をかっぱらおうとした所を御用。

オレは小学生の頃町内鎖鎌大会で6位だったんだぜ!!
町内レベルで6位ってのがもうダメっぽいというか何というか。
当然斑鳩に一蹴されてしまうのですが、悪忍との繋がりは無かった。

kaguratv-3-454.jpg

接触禁止したいなら外出禁止にすればいいのに。
禁を破ったと自らを罰するように願い出る斑鳩。
正当防衛だし、全く接しないのも無茶だろう。
無駄に自分に厳しすぎる気がします。

とりあえず本人が納得すれば的にマッサージの罰を与えると。
お約束だと分かっているのに斑鳩の顔がエロすぎます。
更にその露出の多い服は斑鳩の私服なのか。
同僚に葛城がいるせいかもしれませんが、露出に抵抗無いんでしょうか。

kaguratv-3-1078.jpg

斑鳩の飛鳥カエル克服作戦。
半蔵から飛鳥を託されて妙にやる気が出ちゃったのか、飛鳥の面倒を見る斑鳩。
滝行にカエル攻めとかなりスパルタです。
もっとカエル嫌いになりそうな感じですが、斑鳩は鋭かった。
飛鳥はカエルが苦手だけど、嫌っているわけではない。
一芝居打ってカエルに岩が直撃しそうになったその時…飛鳥はカエルを助けコンプレックスを克服。

遂に秘伝忍法を会得した飛鳥だけど、カエル出ませんね。
エフェクトだけで何だか物足りない気がするけどこれで良いのか。
斑鳩が幸せそうだからまあ良いか、というところで次回です。

kaguratv-3-022.jpg

こんな義妹が出来たら大喜びするしかねえ。
ある日黒髪パッツン巨乳の妹が出来ちゃった!
まるで「それなんてエロゲ」な展開。
これのどこに不満があるというのか。
まったく斑鳩の義兄はアホと言うしかありません。
何歳で養子になったのか分かりませんが、当時から胸がハンパじゃなかったんですね。

次回は閃乱カグラ 第4話 『臨海修行・忍島』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

残り時間が10時間→80分に!
そりゃ普通ならあわてる、下手すりゃ発狂するよ。
動揺のあまり単純な計算もできなくなりそう。
でも宇宙飛行士・南波日々人は違います。
事故死したブライアン・ジェイ同様、メンタルの強い人が選ばれているだけあります。
残り時間いっぱいまでベストを尽くそうと淡々と作業をこなすところが泣ける。
こうしている間にも死は刻一刻と迫っているんです。

月で事故を起こしても簡単に助けは来ない。
そして自身も黙って救助を待つわけに行かない状況。
憧れだけじゃやっていけないと思い知らされますね。

吾妻さんナイスアシスト。
JAXA独自の衛星写真を繋ぎあわせた3Dマップが完成。
こちらの職員も中々優秀ですね。
日々人とダミアンが写ってないか期待したのですが、流石に無理だったか。 

一方NASAでも救助の段取りや状況予測がなされている。
ここで東が「無人探査機をリモートで先行させる」提案をしました。
救助隊が行くまでに道を確認できますし、上手く行けば先に見つけられるかもしれない。
現地着いてから二人は何処だろうでは手遅れになる可能性もありますからね。

六太の提案は合ってそうだけど…採用は出来ない。
主人公なのにえらい久しぶりな気がする六太がようやく登場。
マップを見て「墜落地点より20km先に救助隊を付けてくれ」と提案。
・地形が緩やかで登りやすい。
・何より日々人はじっとしている性分ではない。

という性格を見ぬいた判断です。
でもNASAでは却下されてしまう。

これ仕方がないと思うんです。
通常遭難者はその場に居るものと仮定して救助に向かうのが鉄則。
遭難した側でもそれは十分にわきまえているから普通は動かない。
仮にセオリー通りやって上手く行かなかったならまだ申し分も立つ。
しかしセオリーを外して更に上手く行かなかったら激しい批判にさらされます。

人命救助を「勘」に頼った判断に委ねるのは厳しい。
あとは東が鍵を握っている気がしますがどうなるか、というところで次回です。 

次回は宇宙兄弟 第42話 『日々人の選択』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

アイオロスのメッセージあるんかい。
てっきり新規作成した十二宮だと思ったら流用していたのか。
或いはそっくりコピーしたのか。
ともかくも人馬宮にマルスの用意した黄金聖闘士は居ません。
これで1時間節約できたのか。
オリジナルの「聖闘士星矢」では激戦だろうが素通りだろうがきっかり1時間経過するという謎の時間配分でした。
今回は違うのかが気になります。

時貞負けフラグ。
ブロンズごときというお約束のセリフ。
更に時の果てでパワーアップして調子に乗ったのか「マルスもメディアも凌駕した」と野望を口にする。
加えて先代のウルフの青銅聖闘士・兄者こと芳臣の悪口を言う。
もう勝てる気がしませんね。

お約束通りセブンセンシズに目覚めた栄斗によって一蹴。
まあ時貞が当てにならないのはメディアも想定の範囲内だった様で、可哀想といえば可哀想な男です。

マルス陣営もうボロボロじゃん…。
エデンに背かれ、ソニアは死亡。
前回死んだか分からなかったけど本当に死んでしまった様で残念です。
更にはこの件、メディアの独断でマルスのあずかり知らぬ事だった!

メディアの野望を危険視した獅子座の黄金聖闘士・ミケーネが始末にかかります。
しかし今度は魚座の黄金聖闘士・アモールがこれを妨害。
正体不明の魚座の黄金聖闘士はメディアの弟。
マルスの野望を隠れ蓑にしたメディア姉弟の暗躍。
盟友まで失ったマルスも可哀想な最後を迎えそうなところで次回です。 

次回は聖闘士星矢Ω 第42話 『裏切りの黄金聖闘士!イオニア対光牙!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-2-001.jpg

たかがカエルと言っておきながら。
自分も結構ダメでした。
普段の優等生ぶりからは想像もできないヘタレ具合もイイ。
純和風の容姿も手伝って凄く好みですね。

でも普段は面倒見の良いお姉さん。
召喚が上手く行かなくて凹む飛鳥を励まします。
もっとクールかと思ってたので意外ですね。 

kaguratv-2-015.jpg

イメージを具現化。
という意味ではジョジョの「スタンド」に近いかもしれない秘伝忍法=召喚。
前回の忍び結界といい、やはり忍術とは別系統という気がしないでもない。
斑鳩、葛城、柳生は既に会得している上に今回雲雀までもが体得してしまった。
残された飛鳥は焦ります。

代々忍者の家系では召喚獣は固定されている事が多い。
飛鳥の家はというと…大ガマ。
自来也の家系だったのか。
そして飛鳥はカエルが大の苦手だった。
そりゃ成功するわけないですね。

kaguratv-2-910b.jpg

じいちゃんが太巻きしか作らないわけ。
寿司カウンターまで持ち込んだのに作ったのは太巻き。
カウンターいらねえ。
若い乙女が太巻きを食すのを見るのはいいのお。
これには完全に同意ですが。

勿論孫に差し入れしに来ただけじゃありません。
世間をとりまく不穏な空気を察しており、相手にも心当たりがある模様。
でも飛鳥たちには伝えない。
その理由は特に語られていませんね。
何か勿体ぶっている様にしか見えないです。 

kaguratv-2-041.jpg

連射ボウガンに馬鹿でかい大剣!?
予告でぶんぶん振り回していましたね、某黒い剣士みたいです。
飛鳥の祖父・半蔵を歓迎するために買い物に出た飛鳥と斑鳩。
傍目には仲の良い姉妹っぽく見えますね。

そんな彼女達に話しかけてきたフリフリ・ヒラヒラの娘。
黙って去ろうとしたところにボウガンが炸裂。
これだからお嬢様育ちは嫌いなのですわ。
お前の格好と喋りのほうが余程お嬢様だろ。
というところで次回です。 

次回は閃乱カグラ 第3話 『月下の侵入者』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

自分の命を優先する。
でも実際直面したらどうすれば良いか誰にもわからない。
谷に落ちた日々人をまず襲ったのは猛烈な孤独感。
ダミアンはおらず、ヒューストンとも連絡が繋がらない。
頼りになるのはわずかな照明のみ。
更にこの状況で幾つもの考えを巡らせる。
普段は見られない日々人だけに状況が切迫している事が伝わってくる。

ダミアンを探すか否か。
居るとして自分よりも上か下か。
信号弾を打ち上げてとりあえず居場所を知らせるか、温存して救助隊が来た時に使うか。
救助は最短でどのくらいで来るのか。
空気や電源はどれだけ持つのか。
最悪歩いて帰ることを考えると、崖を登って徒歩で帰る時間も計算しなきゃならないと。

ダミアンは捨石になるつもりだったんだろうな。
迷っていた日々人と違いスグ照明弾を打ち上げたダミアン。
お陰で見つけることが出来ましたが、彼は怪我&宇宙服の故障で動けない。
真っ先に照明弾を打ち上げたのは恐らく日々人だけでも見つけてもらうため。

駆けつけた日々人に「分かるだろう…」と自分を見捨てるように促す。
そうは言ったものの死の恐怖は当然あって家族の写真を見ながら涙を流すダミアン。
やがてブライアンからバッテリーを抜いた日々人が戻ってきてダミアンに応急処置。

そりゃ無理でしょ。
既に死んでいるならまだしも、まだ生きているわけです。
頭の良い人達ですから先々の事まで考えて「助からない」と判断している。
でもここで見捨てたら日々人はその後どうなるのか。
俺は月で相棒を見殺しにした。
ダミアンの家族に合わせる顔が無いでしょうし、多分二度と立ち直れない精神的ダメージを受けると思う。
仮に助からないにしろ行けるところまで言った挙句の話だろうと。

不幸中の幸いで同じ所に落ちていたギブソンの車体にブライアンのバッテリーを載せてGO!
そう思った矢先に今度は日々人が滑落。
元々ダメージを受けていた宇宙服のバックパックが大幅に損傷してしまった。
舞い上がる月の砂。
空気が漏れているんだ!
ダミアンに続いて日々人まで大ピンチの状態で次回です。

JAXAも頑張ってるよ!
NASAを頼ってばかりじゃありません。
JAXAも自分たちの衛星を使って状況を把握しようとしています。
そして日々人遭難の知らせは既に南波家に伝わっているとか。
来週は大変なことになりそうですね。

次回は宇宙兄弟 第41話 『あと80分の命』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

seiya-40-380.jpg

蠍座の黄金聖衣がソニアを認めたというの!?
そういや黄金聖衣には意思がありましたね。
分不相応な者が身につけることは出来ないと。
でも今回急増黄金聖闘士ばかりです。

ソニアと対峙するのはもちろん蒼摩。
事情が分かっている光牙はユナとともに次の宮へと向かいます。 

seiya-40-603b.jpg

蒼摩は出来た男だなあ。
本来なら「親父の敵だ!」と頭に血が上ってしまう所。
なのに必死に説得しようとしてる。
一方でソニアは迷いながらも必死にこれを拒み続けると。

お前の大事なものは何だ。
お前にとって家族って何なんだ。
お前いう「家族」マルス達はお前に優しかったのか。

蒼摩の精神攻撃はかなり効いてるみたいです。
未熟さ故か躊躇いがあるのか、本来雲泥の差である黄金聖闘士と青銅聖闘士の実力は伯仲。
まあ急増ってのもあるかもしれませんが。

seiya-40-1178c.jpg

何か慈愛っぽいセブンセンシズ。
俺達は分かり合えるはずだ、こっちへ来い。
差し出された蒼摩の手をソニアは取ると思ってた。
しかしこれすらも拒んでしまうソニア。
ここに至って遂に蒼摩のセブンセンシズが覚醒。
意外にも強大な攻撃力というより温かく包み込むような小宇宙でしたね。

そしてソニアは正気に…帰ること無く精神崩壊。
まさかのカミーユ化。
蒼摩を父と勘違いして目を閉じてしまった。
結局オリオンと戦うこともなく終わってしまった所で次回です。

生死は不明。
目を閉じたけど結局死んだのか微妙です。
てっきり最後は子供みたいにわあわあ泣き出して蒼摩の手をとると思ってた。
被害者である蒼摩が手を差し伸べているのにあくまでこれを拒否。
頑固さと後悔の板挟みになった挙句の精神崩壊。
何とも哀れな顛末でした。

次回は聖闘士星矢Ω 第41話 『時貞の野望!時間の果ての覇者!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

kaguratv-1-290.jpg

全員コンプリート希望。
まさか教官までやるとは思わなかった。
敵にも太巻き配りまくってぜひやって欲しい。
・主人公たちが忍者。
・登場人物が巨乳ばかり。
・OPが無駄に格好良い。
・お色気アニメなのに戦闘シーンに力が入ってる。

という事で魔乳秘剣帖の二期かと思える「閃乱カグラ」。
お色気枠として見たのですが、予想以上に良かったですね。

kaguratv-1-637b.jpg

とにかく揺れまくり。
お色気のメインは乳揺れです。
キャラがよく動き、そして胸がよく揺れるという感じ。
一応ブラやパンツらしきものも出ますが基本水着っぽいですね。
柳生だけはパンツみたいですが。 
それ以外はまるで「履いてない」かの様なアングルで想像を掻き立てられます。 

あとエンディングはけいおん風。
何故だか分かりませんが、楽器演奏エンディング。
胸おっきい子が多いので、凄く弾きづらそうです。

kaguratv-1-1052b.jpg

転身=コスプレ?
本気モードで服が変わります。
忍者というより魔法少女っぽい。
忍び結界とか明らかに忍術超えてますし。

またコスチュームがバラバラで統一感が全くありません。
これは色違いで揃えて欲しかったかな。
主人公の飛鳥は仲良くなった女の子の人探しに付き合って欠席。
流石に忍者が呼び出しに応じなかったらそりゃ怒られるよね。
この仲良くなった相手の仲間が今回の騒動の原因。
どうやら主人公たちとライバル関係になりそう、というところで次回です。

kaguratv-1-013d.jpg

バスト80cmってマジですか?
ドジっ子雲雀のスリーサイズは80-55-73。
ウソでしょ、あんなにボインボインなのに。
バスト90cmの飛鳥と大差ない様に見えます。
恥ずかしくて過少申告しているんでしょうか。 

次回は閃乱カグラ 第2話 『伝説の忍あらわる』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kaguratv)

そして座学の講師はラリホー使い。
眠くなる話し方する人って居ますよね。
あんな話し方をする方が悪い。
そう自分を許して睡魔に身を委ねる、事が社会人じゃ出来ません。
あれは学生だけの特権なのです。

スベる様なネタからはじめて最後に盛り上げる那須田理事長。
そしてハチャメチャを装いながらもその那須田理事長をフォローするかのような紫さん。
二人の言葉に触発されて六太もやる気モード。
何より再就職おめでとう。

でも現状は「宇宙飛行士候補者」のまま。
これから1ヶ月の研修の後NASAで1~2年の訓練。
その後晴れて「候補者」の肩書きが取れるわけです。
まだまだ先は長い…というか六太が宇宙飛行士になるまであと何話かかるんだろう。 

ここから1時間、という話にギョッとした。
地上で車を運転するなら「ちょっと遠いな」という感じです。
距離にして50~60kmぐらいでしょうか。
でもここは月。
舗装道路は無く道無き道です。
何より空気がありません。
酸素が半分になったら戻ってこないと危険。

途中で車が故障して、徒歩で帰る途中で酸欠になったらどうする。
或いは事故って身動きができなくなったら?
助けに来れるのは仲間の宇宙飛行士だけ、救急車もJAFも来てくれません。 
そして常に酸素の残量=時間との戦いになります。
考えてみると無保険で危険な作業してるって感じがしますね。

いくつもの不幸が重なって…。
日々人たちが感じた違和感は真空そして景色。
空気が無いので見るものが鮮明。
見えるのは灰色の山と地面だけで、比較するものがない。

距離感は狂うし無彩色の景色にどう警戒すれば良いのか分からない状態。
訓練しなかったのか、と思いますがまだ想定外だったんでしょうか。
危うくガケに落ちそうになってしまう。

一度凌いで大丈夫という油断があったのかもしれない。
マニュアルを探そうとしたら箱のレバーが2つ。
聞いていた話と違うし、これが中々開かない。
気を取られた日々人達は今度こそ本当にガケに飛び出してしまう。
飛び越えられないのかな。
そして落ちるにしてもゆっくり落ちていくのか。
逆に怖い気がする、というところで次回です。 

次回は宇宙兄弟 第40話 『天国で地獄』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

敵だと思ってました。
以前廬山に現れて、天秤座の黄金聖衣を半ば強奪していった玄武。
そんな彼が聖衣を纏って光牙や時貞の前に現れる。
黄金聖闘士が二人になってこりゃ大変だ、と思ったら時貞と敵対。
そうです、光牙に味方して一緒に戦ってくれる黄金聖闘士が遂に現れました。

これまでの黄金聖闘士といえば言うまでもなく節穴揃い。
貴鬼の様に好意的な人も居ましたが、あくまでサポート止まりで様子見。
玄武のように共に戦うことを選んでくれる黄金聖闘士は皆無だった。
何かこれだけで泣ける。 

紫龍は黄金聖闘士になってたのか。
戦い始めて龍峰ビックリ。
何と玄武は「廬山」の名前を冠した技を使ってきた!
実は彼、童虎=紫龍の師匠の最後の弟子。
つまり紫龍の弟弟子。

その上玄武から視聴者に向けて衝撃的な一言が。
天秤座の黄金聖衣は代々均衡を司ってきた。
童虎しかり。
紫龍しかり。
何故星矢以外黄金聖闘士になってないのか、と散々指摘してきました。
紫龍は黄金聖闘士に見事昇格していたんですね。

黄金聖闘士に時間攻撃は効かない?
時貞の時間操作を物ともしない玄武。
まったく頼もしい助っ人ですが何でだろうか。
光速の動きを旨とする黄金聖闘士に時間操作は通じないのか。
半分になったらその倍の速さで動けばいい。
まさかの力技だった。

しかし時貞は自分の時間を巻き戻してダメージをチャラにしてしまう。
消耗に対する回復力に歴然の差があります。

ガス欠ならぬ、小宇宙欠、そして…。
回復がもう限界の時貞。
しかしそれは対峙した玄武も同じ…じゃなかった。
聖衣に操られているお前と聖衣に認められた俺とじゃ実力が違うのよ。
半端者と本物の違いと言う事で勝負あり。

頼もしい助っ人を得た光牙ですが…玄武スグ退場。
メディアの攻撃に対処するため居残ってしまった。
ワイルドカードはそう何度も使えないという事でしょうか。
付いて行ったら光牙より大活躍しちゃいそうですしね。

その上時貞の最後っ屁に巻き込まれて龍峰と栄斗が時の彼方へ消滅。
戦力増強どころか減ってしまった、何とも皮肉な結果で次回です。

ソニアと蒼摩の決着クルーー(・∀・)ーー!?
蠍座の黄金聖闘士は仮面を付けた女か…と思ったらこれソニアじゃん。
ハイマーシアンから黄金聖闘士に鞍替えという展開にビックリ。
そして彼女と戦うのは蒼摩みたいです。
こりゃいよいよ因縁に決着が付くんでしょうか。
来週も楽しみですね。

次回は聖闘士星矢Ω 第40話 『ソニアの覚悟!因縁の連鎖を断て!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

鴨川の日常。
TVアニメ第1期と第2期を繋ぐミッシングリンク的な話です。
といっても休戦中なんで派手な戦闘はなし、それどころかいくら実験を繰り返してもウォクスが起動しません。
時系列的には新年が開け、やがてまどかが3年に進級、 更に5月の体育祭とまどかの誕生パーティーまでを追っています。

そりゃ敵同士ですから。
ランとムギナミからの年賀状に喜ぶまどか。
でもどっちの手紙にもまどかの事しか書いていない。
まあ無理でしょ。
両者は敵同士でしかもランは王女だし、ムギナミはヴィラジュリオの側近。
増して今回、ヴィラジュリオがデ・メトリオの王座に付いたらしいじゃないですか。
まどかは気楽に仲良く言ってますが、そんな事簡単に出来る立場じゃないと。 

まどかモテモテ、但し女子に。
バレンタインのチョコを大量ゲットするまどか、これは予想付きました。
多分切符の良さが男気を感じさせるんだろうなあ。
ランやムギナミがまどかに惚れ込んだのもこの性格による所が大きい。

一方でまどかが誰かにチョコを上げたことは無し。
ひろしおじさんにもあげたこと無いのかよ。
何か可哀想になって来た。


宇宙のトレンドは鴨川。
鴨川を模したテーマパークまで出来ていた。
多分外国人が勘違いした日本のごとく珍妙な世界が展開するんだろうなあ。
そう思ったらかなり忠実に再現できていてビックリ。

鴨女の制服が地球で一番流行っている、など間違った情報も一応あります。
あと鴨女の内部は再現できてなかった。
出来ていたらどうやって女子高をくまなく調べたの、と逆に拙いですが。

アステリアが一計を案じ、鴨女体育祭が全国に生中継。
平和とPRを兼ねた思惑はさておき、ランとムギナミには嬉しいプレゼント。
元気なまどかを見ることが出来ましたからね。
ラストはまどかの誕生日で締め。
一気に半年ぐらいの時間をダイジェストでやってしまったところでおしまいです。

これは本当のさんが焼きバーガーじゃないよ。
まるで美味しんぼの山岡みたいな事を行った奴が2人も出た。
ここでランがピンときて捜索の結果、ムギナミ発見。

この「さんが焼きバーガー」はアニメオリジナル料理で、その後コラボ企画として鴨川で再現されました。
・イワシのタタキである「なめろう」。
・上記を焼いた「さんが焼き」。 

までは実際にある名物で、ハンバーガーにした所がアニメオリジナル要素という訳です。
日本でも長距離を引っ越すと魚が変わるといい、食べられる魚類の品目が変わります。
ポリヘドロンで地球の魚が手に入らない以上、再現は難しいかも。 


こっちにも入っている。
本来ゲームと同梱だったこの「鴨川デイズ」。
実は2013年3月22日発売のファンディスク「逃げるな! 攻めろ! ジャージ部魂!」 にも収録されています。
こちらは更にSEASON2 第0話「鴨川メモリア」まで収録。
買うならこっちの方が良いかもしれません。 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kamojo)

achiga-13-160.jpg

元々準決勝から脚本は良くなりましたが。
一回戦終了までとにかく動かなかったレジェンド・赤土春恵が良い意味で異常。
・ドラ切った玄の為に回復マージャン開始。
・白糸台の次鋒・弘世菫の狙い撃ち対策を松実宥に伝授。
・白糸台の中堅・渋谷尭深の能力の法則を解明。

絶対勝てないと言ったのにこの的確なアドバイスと対策。
今までのレジェンドとはまさに別人。
もしかしてレジェンドは双子で入れ替わったんじゃないのか。

achiga-13-519b.jpg

自惚れたらそこで試合終了だよ。
怜の大活躍で2位ながら意気上がる千里山ですが…次鋒の二条泉がよくありません。
咲や和と同じ一年生で去年は和にコテンパンにやられた。
にも関わらず今の自分は一年最強とうそぶく。
あとは面白い様に白糸台・弘世の狙い撃ちの餌食になっています。

奈良県予選でニワカは相手にならんよと言った某人物がどうなったか…知る由もないか。
ともかく咲世界では自惚れて良いのは主役の高校(=清澄、阿知賀女子)だけと相場が決まってます。
一回戦ではまるで千里山編ともいうべき活躍を見せたのですが、完全に噛ませ犬になってしまった。

achiga-13-001.jpg

地味に凄かった新道寺女子・安河内。
白糸台・弘世が誰を狙い打つかは事前に分かる。
一射目を外すと防御力が低下する→逆襲のチャンス。
一発必中出来なかった狙撃兵はリスクが激増するの法則で反撃する宥。
でも個人的に凄いと思ったのは新道寺女子の安河内美子です。

特殊な能力を持っているフシはありません。
それどころか顔が完全にモブ。
なのに安手で上がりまくってこの場を流し切った。

彼女は最初から白糸台に対抗する気が微塵もありません。
とにかくボロ負けせずに次へ繋ぐ事に終始。
所謂大負けしない麻雀に徹してこれを達成してしまった。
すばら、もとい花田煌といい新道寺女子には自分に出来る事を全力でやる良い雀士が揃ってますね。
こうして次鋒戦は終了。

achiga-13-1702.jpg

あれ、白糸台の中堅弱くね?
中堅戦の序盤は再び千里山女子の独壇場。
江口セーラがえらく調子づいてます。
一方の白糸台・渋谷は沈黙。
顔も地味だしひょっとして穴なのかな。
これはチャンス、阿知賀の中堅は憧ですから安定してますしね。
そう思ったら違った。

渋谷は「オーラスで役満を上がる事が多い」という能力持ち。
更にレジェンドの研究により、各局の一打目で捨てた牌がオーラスで手配になる事が判明。

・連チャンが無い場合7局分、つまり7牌を自由に配牌に出来る。
・連チャンや親の移動しない流局があると更に配牌は増える。
・14局以上かかると天和すら可能。

なるべく早回ししようとする憧ですが、こんな時に限って親でツモったり振り込んで貰えたりする。
上がるべきか、上がらざるべきかというジレンマに苦しむ憧。
そりゃ普通上がるよね。
そしていよいよ収穫の時来たれり、というところで次回です。

achiga-13-71b.jpg

満貫持っていかれると想定して打てば良い。
オーラスで役満を上がられる、というのは一見キツそうですがそうでもない。
まず渋谷はラス親じゃないので役満は32,000、そして連チャンはありません。
更に憧もラス親じゃないので親かぶり16,000は無くツモられても被害は8,000で済みます。
咲本編のルールが本大会でも採用されているとすると、ダブルやトリプル役満はありません。
つまり直撃を避け、予め8,000用意しておけば良いのです。
オーラスまでに渋谷から毟れるだけ毟って、最後は安牌抱え込んで防御に徹すれば凌げる気がするんですがどうでしょうか。 

それにしても内容の濃い話でした。
勝負だ!→勝った!
ばかりで辟易していた前半が嘘みたい。
これは第14話も楽しみになってきました。

あと船Qが言っていた1年生の魔物。
一人は無論咲ですが、今一人は咲の姉・照とじゃれていた大星淡(おおほし・あわい)だそうです。
彼女が一体どんな能力を持っているのか、今から楽しみですね。 

次回は咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第14話 『憧憬』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#saki)

まさかこのサイトで文句言ったからじゃないよね。
▼記事▼:『織田信奈の野望』 原作で初の外伝が発売&AMAZONでジャケットが来ない...。
これ書いた後にようやくジャケットが来ました。
やる気を無くしてなかった様で良かったです。

第4巻のジャケットは【アニメ版】十兵衛と半兵衛の両兵衛【原作版】フロイスと梵天丸!

織田信奈の野望 (4) (初回限定特典:48Pブックレット付き) [Blu-ray]


勇ましい両兵衛と妙に艶かしいミニスカサンタ姿のフロイスが何とも対照的。
あと梵天丸のコスチュームはアラビアの踊り子か。
アニメ第7話、第8話が収録されています。 

あらすじ・みどころ。
遂に上洛を果たした信奈。
しかし今川義元を将軍に据えるため、朝廷に大量の寄付を収めなきゃならない。
ここで信奈&義晴が取ったのは堺の商人に新名物を作って売り込むこと。
しかしこれが何故か身内での料理対決に発展してしまう。
新キャラとしてフロイス、梵天丸、そして姫巫女が登場してますます充実の京都編です。 

第5巻のジャケットは【アニメ版】今川義元と松平元康【原作版】前田犬千代とねね!

織田信奈の野望 (5) (初回限定特典:ドラマCD付き) [Blu-ray]


この帯は何ぞ!?
気になるのは原作絵の下部にある青い帯。
しかも幼稚園ルックのねねがスモックをまくってる!!
ロリを露骨に刺激するような構図&帯に危険な香りがプンプンします。
確か前に半兵衛のおっぱい出したことあったよね。
これ以上は買って確認するしかありません、因みに2013年1月9日発売です。
アニメ第9話と第10話が収録されています。

あらすじ・みどころ
京で暗躍する関白・近衛前久を首領とする反信奈連合。
義元が逗留する清水寺を襲撃し、更に朝倉攻めをしている織田軍に浅井突然の裏切り。 
いわゆる「金ヶ崎の退き口」が遂に発生。
絶望的な状況で殿を買って出る良晴。
姫武将ばかりが目立っているこのアニメですが、野郎だって負けちゃいない。
その魅力が存分に発揮されている巻です。

感想はこちらを御覧ください。

公式サイト / 公式サイト(GA文庫) / 公式サイト(ドラマCD) / ウィキペディア / 公式Twitter(#デアルカ)

溝口とC班にスポットが当たる貴重な機会ですが。
栄光の光と影みたいで何とも物悲しい。
幸いなのは落ちた当人たちが割と冷静なこと。
まあショックでかかったら欠席してるよね。

こうして始まった記者会見。
注目の的は何と言っても六太です。
何しろ「南波日々人の兄」 「兄弟で宇宙飛行士」という強力なネタがありますからね。
ここで六太は絶対何かやらかす。
そう思っていました。

マスコミが…。
現実に言いそうなしょうもない質問をぶつけてますね。
今の気持ちを漢字二文字で表して下さい。
そんなクイズみたいなのどうでもいいよ。
それから「今の心境は?」って一番考えなし、相手に丸投げの質問だと思う。

しかし六太は上手に凌ぎます。
気持ちは「感謝」、その相手とは…。
両親、シャロン、そしていま月面に居る弟・日々人。
マスコミ受けの良い回答に那須田会長もご満悦。
てっきりドジると思っていただけに予想外でした。 

後で話しましょう→そんな事は無かった。
溝口とC班の出番は記者会見後の飲み会だろう。
そう思っていました。
実際は六太、元のA班の連中とばかり話している。
先の三次試験で落ちた福田さんもかけつけてもはや出番なし。
オイオイ、ここで落選組の掘り下げやらなくてどうするよ。
わずかにケンジが溝口と会話しているのみ、何とも寂しい限りです。

更に出られないけど雨あられとメールを打ってきたやっさんこと古谷。
殆んどが記者会見に対するキツイ突っ込みです。
そして11件目のメールにまたか…とゲンナリした六太が見たのは、
合格おめでとう。
落として上げる、まったく憎い奴です。

しかも閉鎖ボックスで古谷が推薦するつもりだったのは「新田と南波」だという告白でダメ押し。
これ新田とせりかだと思ってた。
恐らく六太もそう思っていたでしょう、それだけに感慨もひとしお。
これまで実感ねえを繰り返していた六太が初めて宇宙飛行士・南波六太を自覚した所で次回です。 

次回は宇宙兄弟 第39話 『月の錯覚』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

エデンにぶっ飛ばされて処女宮クリア。
前にもハービンジャーにぶっ飛ばされたことありましたが、あくまで黄金聖闘士によるもの。
お前たちとともに戦う気はない!
味方じゃないとはいえ敵でも無くなったエデンにも可能とは思わなかった。
この手使えば十二宮ポンポン突破できるんじゃないの?

エデンの反逆に対しユナは好意的。
一方で光牙は奴は所詮マルスの息子!と斬って捨てる。
まあアリアの件があるだけに、好意的に見られないのは仕方ないですね。

もしかして…カミュ?
黄金聖闘士は十二宮で待っているもの。
その常識を覆すべく階段の途中で現れたのが水瓶座の黄金聖闘士・時貞。
栄斗は彼を知っていた。
何故なら兄者を殺した時計座の白銀聖闘士が彼だったから。
しかし様子がおかしい、何やら変な悪霊みたいな奴の指示に従っている。
どうやら精神が操られているっぽい。

水瓶座の黄金聖衣には自我があり、装着者を認めない限り操られる。
その条件を飲んで黄金聖闘士になった時貞。
もしかしてこれ、先代水瓶座・カミュの怨念か何かなんでしょうか。
何とも変わり果てた姿です。

時間を操るって最強じゃね?
何しろ相手の動きを止めて(or遅らせて)殴りたい放題です。
でもこれ水瓶座の能力というより、元の時計座に関係する力って気がしますね。
時計座としての力を黄金聖衣で限界まで高めたかったのか。
何にせよ厄介なことに変わりはありません。

光速で動く物体は時の流れを遅くする。
SFでいうウラシマ効果という奴です。
つまりセブンセンシズに目覚めれば攻略可能なんじゃないか。
既に目覚めている龍峰とユナの出番なのか、或いは遂に光牙が覚醒するのか。
そう思ったら処女宮で戦っているエデンが目覚めてしまった。
フラっと現れていきなりセブンセンシズ覚醒。
まったく天才って奴は!
というところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第39話 『天秤宮の再会!激突、黄金VS黄金!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

こちらBD/DVD第6巻に収録のTV未放送話になります。
夕子さんの騒動も一段落した後日譚。 

tasogare-13-161b.jpg

私が負けるはずがない!→負けフラグ。
何やら夕子に勝負を挑んできた霧江、そして全敗。
よく分からないけどフォローする貞一。
霧江さんが夕子さんに叶う要素なんてある訳無いじゃないですか。
お前はキラ・ヤマトか。
ひでー追い打ちだった。

その後もいきなり退魔キャラになったりとどうにも迷走気味。
毎度のことく負かされて泣かされて逃げ出しては、
(貞一が)追ってこない!?
という可哀想な娘になっています、いったい何が彼女をそうさせるのか。 
挙句お前なんか死んじまえ!って…。
夕子さんは既に死んでいるので別の意味で酷い、と言うか痛い。

tasogare-13-614b.jpg

真・怪異調査部始動。
夕子が見えていないももえにとって何が「真」か分からないのも道理。
名前が変わってもやることは一緒、と今回もどこからか仕入れてきた怪談ネタを確認して回ると。
そしてその時はやってきた。
まさにTV未放送ならでは。
そう、お風呂回です。

tasogare-13-714b.jpg

女性陣堂々とし過ぎだろ!
三人で入ると大変なことになる風呂。
じゃあ入ってみようと全裸になるヒロインたち。
夕子はともかくももえやカラダにコンプレックス持っている霧江まで平気とは思わなかった。
貞一のほうが恥ずかしがって完全に年下を困らせちゃうお姉さん達といった感じです。

規格外の夕子さんを別にしても、ももえも脱ぐと更にグラマーさんですね。
何せ彼女はまだ中学二年生。
ここから更に成長の余地があるということです。
あと作画のせいか霧江の胸も若干大きくなっている気がする。

そしてここに夕子参戦。
お湯の量が増えた気がする…と怪異現象を疑うももえ。
違います、単なる膨張(By貞一)です。
事もあろうに仕切りの向こう、男湯に入った夕子は例によって貞一とイチャイチャ。
怒った霧江が暴れた途端に風呂が崩壊。
大変なこと=壊れるという単純な話だった。

tasogare-13-1172c.jpg

夜の学校でやりたい放題。
学校探検の後は浴衣に着替えての花火大会。
何かももえが荒ぶっており、霧江がビビりまくっている。
そんな中二人だけの世界作って線香花火を楽しむ夕子と貞一。

これだけ学校を自由に使えるのは、霧江が理事長の孫だからか。
はたまたももえが社長令嬢だからか。
何にせよ楽しそうですね。
怪異の調査は不発でしたが夕子さんは毎日が楽しいと笑顔、というところでおしまい。

tasogare-13-1157.jpg

個人的今年NO.1ヒロイン。
夕子さんの魅力は健在でした。
美しさと可愛らしさが同時に存在するって素晴らしい。
脇を固める霧江とももえもキャラが立っている。
中1でリア充街道まっしぐらの貞一がうらやましいですね。  


原作コミックスも充実…し過ぎ?
11月22日 黄昏乙女×アムネジア(8)
11月22日 黄昏乙女×アムネジア(8.5) 公式ガイドブック
11月22日 黄昏乙女×アムネジア×アンソロジー

先月だけで新刊を三冊も敢行、アニメ終了半年にしてこの充実ぶりは異常ですね。
もしかして第2期をやるつもりでは…?と期待せずにはおれません。 

黄昏乙女×アムネジア(8) (ガンガンコミックスJOKER)
黄昏乙女×アムネジア(8.5) 公式ガイドブック (ガンガンコミックスJOKER)
黄昏乙女×アムネジア×アンソロジー (ガンガンコミックスJOKER)


公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#アムネジア)

その前に溝口。
結構いい家に住んでいるみたいですね。
調度品も豪華です。
更に制服と制帽から彼は元自衛官、おそらく防大出の幹部候補生でしょうか。
吾妻の後輩という事になりそうですね。

これまで説明されて来なかった彼の過去は他のキャラクター以上に重要です。
どうやら子供の頃からリーダー格であった模様。
ただし孤高の。
誰も意見など言わないというのは優秀さもあるでしょうが、人の意見を聞かない性分を見透かされていたのでは。
そんな彼に伝えられたのはやはりというか…不合格。
更に星加が伝えたもっと他人を頼ることという話を聞いて自分に足りない資質に気づいた模様です。

単なる嫌なやつじゃない、本来は優秀な男なだけに察しは良いですね。
自分に足りないものをケンジは持っていた、恐らくあいつは合格だろう。
その見立ては正しかったと。

sb-37-1181.jpg

船外活動or就職活動。
その2つは大違いだと思う。
ひたすら電話を待つ六太。
あれからもう一日ぐらい経ったのかと思いましたが、発表開始からまだ2時間というのが意外です。
そして遂に電話が来た!…と思ったら外への呼び出し。
待たせた挙句、外出要請かよ。
全くJAXAは勿体ぶるのがお好きなようで。
まあここまで来たらどこまでも付き合うしかありませんね。

ただ六太と星加が直接会うことには意味があった。
もっと前から、会っているんだけどな。
ここへ来てようやく星加=子供の頃散々世話になったJAXAのスタッフだと気づく。
そして合格を伝えられた六太は…感極まって変な顔。
ここまで長かった…割に変な場所で妙なタイミングで合格発表。
まあ格好良いリアクション取り様が無いと。

sb-37-1320.jpg

これから帰ってお祝いじゃないの?
更に良かったのは、母がこの様子をこっそり見ていたこと。
これまで六太の試験に対しもう日々人の時に経験済みとばかりに無関心気味だった両親。
両親が応募したのに、二番煎じに興味は無いんだろうか。
そんな事は無かったと。
息子にプレッシャー掛けましと、意図的に無関心ぶっていたみたいですね。
合格したらそんな芝居する必要もないわけで、涙ぐむ母ちゃんが非常に印象的でした。

でもこの後六太そのまま車で連れて行かれちゃう。
合格者の記者会見ですが六太全く知らなかった。
そりゃ拒否はしない、というか出来ないでしょうが事前に通告してあげて。
心の準備が出来てないといきなり大失敗しそう。
実際顔が公園の時より更にヤバい、と言う状態で次回です。

次回は宇宙兄弟 第38話 『11件目のメール』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

前作ではシャカで今回は不動(=不動明王)。
これは乙女座の黄金聖闘士の伝統か。
そして上に行くほど光牙たち青銅聖闘士も数が揃うので多少は有利になるのかな。
無論そんな事はありません。
乙女座の不動は黄金聖闘士最強クラスの小宇宙を持つ人物だとか。
やはりボロボロになってしまいそう。 

人々の未来を願い、見守って来ました=何もしていない。
不動はマルスと昵懇。
ミケーネと言い、星矢の時代に敵対していた筈のマルスは高位の聖闘士と仲が良いですね。
そして不動はよくありがちな「人類に絶望したタイプ」みたいです。

人間は汚いだの救いがたいだの言ってますが、
マルスの考えはそれ以上に悪いんじゃないの?
更にダメなやり方でどうすると。

このアニメのポイントとして、
・力こそ正義というマルスのやり方に全く共感できない。
・そのマルスに心酔する黄金聖闘士が理解できない。

というのがあります。

地球を滅ぼして、火星に強者が弱者を支配する理想郷を作る。
アチラ側のいう事にも一理ある、じゃなくて一理もないんですね。
それだけに黄金聖闘士は小宇宙だけ強大なアホ揃いとの思いが拭えない。

でも強いんだよなあ。
満身創痍とは言え青銅聖闘士は5人、その上龍峰にユナはセブンセンシズに覚醒しています。
でも不動一人に叶わない。
そして全員倒されてしまい、トドメの一撃…を阻止したのは何とエデン。
最高に格好良いタイミングで現れてくれた。
アラがいくらでもあるアニメなんですが、こういう所だけは外しませんね。
遂に父親に反旗を翻したか、というところで次回です。

次回は聖闘士星矢Ω 第38話 『勇敢なる反逆!エデン、決意の闘志!です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#seiya)

sb-36-524.jpg

変なギャグ入れなくて良い回なんで。