Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3 第13話(終) 『照君臨』ラストバトルが熱すぎる!そして次の展開が気になる。

| コメント(0) | トラックバック(1)

tbf3-13-006.jpg

tbf3-13-028.jpg

阿爾貝盧法がよこした魔族VS皇軍&神蝗盟の人類が激突。
そして照君臨の前に萬軍破が立ちふさがると。
取り出したのは魔剣目録。
囚われの殤不患に成り代わり、自身が魔剣聖剣で戦うという訳ですね。
ところが上手く行きません。
神誨魔械は護印師じゃなきゃ扱えない。
殤不患って凄かったんですね。
或いは萬軍破も神蝗盟に組みしていなけりゃ使えたんだろうか。

肝心の殤不患はというと、箱に入ったまま刑亥に尋問されている。
ここに現れたのが凜雪鴉。
魔族でもないのに?逢魔漏(鏡)を完全に使いこなしていますね。
或いは魔族の血も入ってるのかな。
鏡を使って殤不患をサクッと救出、またも刑亥は出し抜かれました。
口では恐ろしいこと言ってるんですが、ドジっ子属性のせいで嫌いになれません。

魔界との戦いで一人の神蝗盟の兵士が瀕死状態。
実はこの男、息子を皇軍に殺された人だった。
その死を看取るのは皇軍、脇役にもドラマがありますね。
魔剣目録の剣を使いこなせない萬軍破、燃える剣を無理やり使っている。
そのままだと自分が焼け死にそうなのが見て取れる。
ここで殤不患登場、そして念白もキタ!
これは勝ちパターンじゃないでしょうか。

殤不患が手にとったのはガード不能剣。
つまり鍔迫り合いではさしもの照君臨も叶いません、全部折られますから。
ならばと魅了の術、これって人間に戻っても使えるんですね。
相手を見られないので今度は殤不患苦戦すると。
ここに割って入ったのが燃える剣持った萬軍破!
彼には魅了の術が利かない…燃える剣のダメージでそれどこじゃないから。
凄いけど命削っている感ありますね。

tbf3-13-035.jpg

tbf3-13-043.jpg

2VS1じゃ分が悪い、すると傍らに逢魔漏を見つける照君臨。
萬軍破と部下で全部壊したんじゃなかったか、これだけ無事だったのは作為を感じる。
ワープして逃げようとする照君臨、しかしここで凜雪鴉登場。
鏡よ鏡、照君臨を一番困らせる男あれ。
呼び出したのは…勿論婁震戒。
時間を超えてストーカー復活です。

出てくるや否や照君臨にまっしぐら、そして剣を突き立てる。
在るべき姿に戻られませ!(人じゃヤダ)
いや今が「あるべき姿」なんだけど…ストーカーにそんな説明通じませんね。
晴れて元の鞘というか、照君臨は七殺天凌に逆戻りしてしまったとさ。
さて婁震戒は七殺天凌と2人っきりで居たくて誰にも邪魔されたくない。
他方殤不患たちは七殺天凌に消えて欲しい。
あれほど争っていた婁震戒との間に取引成立。
逢魔漏で消えることでめでたしめでたしとなる運び。
そして婁震戒と七殺天凌が移動した先は…何と宇宙!
これジョジョ2部のカーズじゃん。
そう思ったのは自分だけじゃないでしょう。

誰も居ないところで七殺天凌と2人っきり。
婁震戒には願ってもない場所です。
でも七殺天凌というか照君臨にとっては冗談じゃない。
帰りたいのに帰れない、しかも婁震戒がどんどん冷たくなっていくではありませんか。
化け物じみた婁震戒もやはり人間、普通に宇宙空間だと死にます。
そして残される七殺天凌1人というか1本。
お気の毒…でもないか、悪行三昧だったし。

ともかく戦いは終わりました。
しかし萬軍破の命も風前の灯。
皇軍と萬軍破に付いた神蝗盟は丹翡の傘下となりました。
弱体化した護印師もこれで勢力盛り返しそうですね。
そして萬軍破は死に場所を求め鳳曦宮へ。
文字通り命を賭して皇帝に直訴する腹です。

ところが皇帝の様子がおかしい。
萬軍破必死の訴えを笑っている…声が変わった!
皇帝の声が禍世螟蝗のそれとなり、ガッツリエンブレムも浮かんでますね。
哀れ萬軍破は殺され、逆賊の汚名まで着せられてしまった。
つまり皇帝=禍世螟蝗?
或いは禍世螟蝗が皇帝に成り代わっているのかどっちだろう。
そもそも体制側と反体制側を同一人物で仕切って一体何をしたいんだろうか。

萬軍破を見送って後、封印を施して崩れる逢魔漏から退散する殤不患たち。
しかし浪巫謠の様子がおかしい…止まった!
そして「済まん」と言い残し一目散に戻っていく。
ああ、魔界に行くつもりなのか。
中には待っていたかの様に刑亥と映像の阿爾貝盧法。
恐らく浪巫謠は阿爾貝盧法を倒すために魔界を目指している。
しかし歓迎する様子の阿爾貝盧法。
そしてうやうやしく使える刑亥、姉が居なくなたのは気にならないのか、知らないのか。
ともあれ刑亥をガイドに魔界に向かう浪巫謠。
その気配は睦天命も察している様で、彼女って護印師なんだろうか。

第3シリーズ終わりましたが、全く飽きのこない展開です。
次は浪巫謠を追って魔界が舞台になるんでしょうか。
いずれにしても第4シリーズが楽しみです。

新しい記事: キングダム3 第13話 『至強』遂に始まった一騎打ち、蒙武VS汗明!

古い記事: 戦闘員、派遣します! 第12話 (終)『最終回です!』奥の手がデ○○○○ヤー!

関連記事

トラックバック(1)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/6510

ucuz takipci satin al - ucuz takipci satin al (2021年11月27日 19:36)

こいさんのアニメーションレビュー(感想)

コメントする

2021年3期のアニメ
(まだレビュー中)

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net