キングダム3 第10話 『窮地の大抜擢』オギコは出来る子だった!

| コメント(0) | トラックバック(2)

kgd3-10-001.jpg

kgd3-10-008.jpg

媧燐が繰り出してきた戦象。
こちら現代の象さんの3倍くらいありますね。
丸太のような鼻で秦軍をなぎ倒し、馬から落ちればトン単位のストンピングで踏み潰される。
しかしこの程度?の相手に怯むような連中はキングダムには居ません。
乗ってる人間がカギだと見抜いた録嗚未、すかさず象によじ登って倒します。
初めて録嗚未のカッコイイシーンを見ました。
これまで引き立て役とかお笑い担当だと思っていましたが、やっぱり強いですね。

象に構わず乗ってる人間を倒す。
弱点を見抜かれた戦象はすごすご退散。
そう思ったら媧燐の陣形が完成していた。
実は象兵は秘密兵器じゃなくて目くらましだったんですね。
そのため騰軍の本陣は守りの一手で、飛び出した録嗚未はムエンゴ状態。
活躍から一転、録嗚未が死んじゃいそう。

左軍に王賁、右軍に蒙恬。
2人が臨時の5千人将に大抜擢、サブタイトルの意味はこれだったんですね。
臨時とは言えライバルの出世に信が嫉妬しそうです。
蒙恬は騎馬隊と歩兵に分けると騎馬を敵の背後に回らせてる。
敵を挟み撃ちにする戦術ですね。
そして王賁はどうかというと、同じ戦法で戦っている。
示し合わせた訳もでも無いのに連携が出来る、或いは同じ結論に達したからでしょうか。

一方の函谷関も猛攻を受けています。
弓で函谷関は落とせないと余裕の秦軍ですが、嫌な予感しかしませんね。
ニヤリと笑う呉鳳明、もしかして井闌車投入かな。
そう思ったら巨大な弓「弩(ど)」をズラズラ並べだした。
元々弓より大きのが弩なんですが、呉鳳明のそれは桁外れの大きさ。
この矢って木を丸ごと使ってるんじゃないの。

そして弩の一斉射撃ですが、函谷関城壁の中腹に刺さりました。
届いていないけれどどうするの、もしかして弩で城壁を崩すつもりなんだろうか。
違いました、打ち込んだ矢にくくりつけた縄を伝って兵隊が上がってくる。
絵面は凄いけれどこれどうなんだろう。
途中までしか登れないし、石とか熱湯ぶっかけられておしまいなんじゃないの。
そう思ったら登りきった跡更に網を投げて登ってくる。

kgd3-10-015.jpg

kgd3-10-025.jpg

これに対する秦軍の将軍・張唐の様子がおかしい。
どうやら以前成恢が打ち込んだのは遅効性の毒だった模様です。
将軍がこれじゃお話にならないので援護を求める部下、しかし張唐が止めると。
どうやら桓騎と一悶着あったらしく、頼りたくない模様。
でも「この国のために生命を駆けられるか」なんて聞いておいてプライドが邪魔しているなんておかしい。
国の為なら喜んで頭を下げられるんじゃないの。

そう思ったら呼ばれもしないのに桓騎来ましたね。
自陣を手薄にしているので、かなり無理をしている筈。
勘違いすんなよ、って桓騎さんツンデレですか。
迫ってきた井闌車にお得意の放火戦法を繰り出している。
しかもこの指揮を取っているのが一見アホの子のオギコ、こいつも出来る奴だったか。
まあ役立たずが桓騎軍に要られる筈が無いですよね。

それにしても間抜けなのは魏軍です。
前に井闌車燃やされたのに、何の対策もしてなかったのかと。
十分に水を吸わせている!
つまり井闌車は燃えない。
実は桓騎の放火はフェイク。
周りに火を付け煙玉を投げ込んで、井闌車の兵士にパニックを起こさせるのが目的。

慌てて飛び出て空っぽになった井闌車。
何かバカラパカラと音がする。
そして現れたのは…馬に乗った桓騎御一行様!?
馬に乗って井闌車降りて、掟破りの逆侵攻かましてきた。
いや馬で井闌車は下れないでしょ…桓騎ならやるって事なのか。
ともかく反撃開始ですね。

次回はキングダム3 第11話 『武将の矜持』です。

新しい記事: 戦闘員、派遣します! 第10話 『キサラギ幹部、配信します!』オープン過ぎる悪の秘密結社。

古い記事: Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3 第10話 『聖剣の秘密』まさかの異世界転移、そして刑亥の大サービス ...

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/6502

奥深くの密林 - キングダム 第3シリーズ 第10話 『窮地の大抜擢』 (2021年7月30日 22:40)

楚軍の媧燐将軍の象を使った戦略により秦軍は大混乱。 騰将軍は、あっさりと引いた象のことを怪しむ。 左軍の指揮を王賁、右軍の指揮を蒙恬に取らせて 劣勢...

Men's leather shoes - Men's leather shoes (2021年11月12日 03:23)

こいさんのアニメーションレビュー(感想)

コメントする

2021年3期のアニメ
(まだレビュー中)

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net