のんのんびより のんすとっぷ 第9話 『おいしいごはんを作った』小鞠三本立て!

| コメント(0) | トラックバック(2)

non3-9-009.jpg

non3-9-019.jpg

見た目が幼いことを気にしている小鞠。
本当の問題は「中身が更に幼い」事だと思います。

1人でお留守番できまちゅか?

妹である夏海にからかわれてムキになる小鞠。
普通に考えれば中学生の留守番なんて当たり前。
でも小鞠が1人で居たら親のネグレクト疑っちゃいそうですね。
実際メンタルが子供なので、ホントに大丈夫なんだろうか。
蛍を呼んで遊んでもらった方が…いや遊んであげる方なのか?

小鞠が台所で引き出しを空けた時Gが出てくるかと思いました。
幸い居ないようで…そう思ったら気配を感じると。
Gか?やはりGなのか!?
出てきたのはイタチでした。
このアニメの歌に「イタチですよ」って歌詞があるから出て来ちゃったの。

小鞠VSおばけイタチ?

恐る恐る網を持って捕獲に乗り出す小鞠ですが…でもその網小さくない?
ここまでなら野生動物の珍客という話でしたが、ややこしいのはここから。
イタチと対峙している最中に電話、そして出てみると切れてしまった。
実はこのみが歩きながら携帯で電話したら、田舎なんで電波が切れてしまった。
でも事情を知らない小毬は恐怖すると。

更にまた電話。
イタ電かと疑いつつも受話器を取った小毬に「みてるよー」という声が聞こえてくる。
電話をかけようとしたこのみにれんげが話しかけた、それの答えでした。
事情を知らない小鞠はこう考える。
目の前にイタチ→電話で「みてるよ」の声→電話で声を伝えるおばけイタチ!
何でやねん。
そして恐怖のあまり小鞠は…押し入れに閉じこもった。
これが座敷わらしか…夏海、上手い事を言う。

non3-9-021.jpg

non3-9-030.jpg

青い顔して編み物する小鞠。

編み物していると普通は心が落ち着きそうなんだけど、どうした。
実は蛍と編み物をして交換するという約束の日だったと。
ああ、作ってないから必死になってるのね。
そう思ったら足元に作ったのあった。
夏海の宿題みたくサボっていたんじゃ無いんですね。

試しに夏海がセーターを着用…するも頭が通らない、というか穴が空いてない。
モモヒキじゃん!
そんな股間のデカイモモヒキ履く人ってどんな人だろう。
要するに何度もやり直したけれど、全部失敗したと。
ここに蛍がやってきて、満面の笑みで素晴らしい出来のセーターを披露。
小毬は見た目同様ポンコツな一方で、蛍は見た目同様ハイスペック過ぎる。
更に帽子と手袋まで作っちゃったそうで、これが小毬に更なる重圧を掛けると。

夏海…タスケテ。

ドラえもんに泣きつくのび太くん状態の小鞠。
夏海は茶化すんだろうな…そう思ったら意外にもフォロー始めてビックリ。
先程のモモヒキ、もといセーターもどきを「姉が腕によりをかけたレギンズ」と紹介。
モモヒキとレギンズ、言い換えるだけでイメージが全然違う!
しかも蛍は大喜び…まあ蛍は小鞠から何を貰っても喜びそうですが。

何とか誤魔化せた、しかしここで終わらないのが夏海。
調子に乗って更に取り出したら、出てきたのは毛糸で作った珍妙なクリーチャー。
さっきの失敗セーター=レギンズはまだまともだったんだね。
誤魔化しきれなくなった所で小鞠が涙の謝罪。
正直蛍は怒らないと思う、そう思ったらやっぱり優しかった、どころか今度は一緒に作ろうとナイスフォロー。
明らかに蛍がお姉さんですね。

non3-9-042.jpg

non3-9-050.jpg

今日の晩ごはん、私が作ろうか。

何気なく言い出した小毬の一言に夏海が反応。
今日晩ごはん抜き!?
つまり100%失敗すると。
小鞠って料理はどうだったっけ。
グラタン失敗したじゃん!と夏海。
味が無くて表面が炭化(焦げと主張)してるのはアカン。
言い出すくらいだから大丈夫だろうと思ったら、料理もポンコツだった。

夏海は母に毒殺の危機を訴えるも、いいじゃないとスルー。
あれ、母の小鞠評価は高かったりするんだろうか。
今日こそすっごい料理作って目にもの見せてやる。
肩に力が入りすぎている、失敗しそう。
夏海が驚くような創作料理…創作料理!?
料理経験浅い人がが「創作」とか「アレンジ」とか言い出したらもうアカン。

母は偉大だった。

いざ小鞠が料理を作ろうとすると、図ったようにカレールーが置いてある。
そして何故か昨日の残りの肉じゃがが大量に。
肉じゃがをカレーに変身させよう!
…これって母が「カレーしか作れない」様に予め仕込んでおいたんじゃないの。
小毬が料理すると言い出すことも、1人でやると言い張ることも読んでいたと。

料理する小毬のっけから「玉ねぎを切る→涙目」になって不安しか無い。
挙げ句「はちみつが無いいから代わりに砂糖を入れよう」と恐ろしいことを言い出す。
ところが砂糖が見当たらない、母さんこれも読んで隠していたのか?
そう思ったら夏海がアリと遊ぶために持ち出しただけ、予想外ですが夏海グッジョブ。

砂糖が無いことからパニクってしまう小鞠。
終いには「何で料理なんかしてるんだっけ」って自分で言いだしたのに何言ってんの。
ここで母登場。
1人でやるからと追い出すのかと思ったら…教えてと言って来た。
小毬が成長した!
出来たカレーが普通に美味しい事にビックリしている夏海、そりゃ殆ど母の作ったカレーだからね。
半完成品の最後の仕上げをした、自分の料理とは言えない代物です。
それでも親に教えを乞う事が出来たのは大きな成長ですね。

次回はのんのんびより のんすとっぷ 第10話 『寒くなったりあったかくなったりした』です。

新しい記事: ログ・ホライズン 円卓崩壊 第9話 『あこがれ』好き好きシロエ先生Byミノリ。

古い記事: 八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ 第9話『ムリはしにゃあ』自然体ならみんな可愛い。

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/6454

奥深くの密林 - のんのんびより のんすとっぷ 第9話 『おいしいごはんを作った』 (2021年3月13日 04:20)

越谷夏海に一人で留守番できるかと聞かれる越谷小鞠。 怖がりの小鞠は大丈夫だというが、夏海はお化けに 気を付けるようにと言う。お化けといえば、以前登場し...

6pcs Menicon Blue and White Color Contact Lens Cases - 6pcs Menicon Blue and White Color Contact Lens Cases (2021年4月13日 18:44)

こいさんのアニメーションレビュー(感想)

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net