ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第10話 『静夏応答せよ』作戦の要は芳佳...大丈夫か?

| コメント(4) | トラックバック(4)

sw3-10-033.jpg

sw3-10-045.jpg

sw3-10-074.jpg

南風作戦発動。

ウィッチ達も待っていたが、視聴者も待っていた。
B-17の大編隊がネウロイの巣に気化爆弾をたらふく放り込み、むき出しになったコアをウィッチが破壊する。
1期2期と違って最初からウィッチを充てにしている作戦ですね。
今までは、
ネウロイの技術を使った新兵器にお任せ!→暴走→ウィッチが尻拭い。
ウィッチの活躍を快く思わない上層部が、良いとこ取りをしようとして失敗するパターンが多かったのでまだマシですね。

しかし意外だったのがこの作戦の要が芳佳なこと。
芳佳の巨大シールドに他のウィッチが守られて肉薄する。
機能すれば良い作戦でしょうが、今期の芳佳はどうにも不安定です。
芳佳を含めた攻撃チームと支援チームに分かれるということで静夏はやきもき。
当然攻撃チームに加わりたい。
でも選ばれたのは「芳佳と相性の良い」リーネでした。
まあ付き合いの長さが違うから、仕方ないですね。

その体制疲れない?

ウィッチが爆弾みたいに格納されているのがシュール。
重い機関銃とか手に持ったままで大丈夫なんだろうか。
落ち込む静夏を知ってか知らずか芳佳が励まして、とりあえずやる気は出たみたいです。
B-17からの爆撃で巣を覆う雲をふっ飛ばすとコア発見。
…なんか思っていたのよりちゃっちい。

小型のUFOでしかもコアをぶら下げている、つまり丸見えです。
カールスラントを5年に渡り支配するネウロイの巣。
てっきり巨大なのとかバケモノみたいなのかと想像してました。
しかし小さいだけあって素早くて、逃げ足の速いこと。
当然ウィッチは追いかけるのですがここで異変が起こりました。

親方!空から壁が!!

最初ゼーレのモノリスみたいだと思っていたら、次から次へと落ちてきてぐるりとベルリンを包囲。
これはベルリンの壁って言いたのか。
そしてその真ん中に着地するネウロイ。
何か煽っている様に見えますが、ウィッチが近づくと壁からビームの集中砲火。
ネウロイの位置が十字砲火のど真ん中になっていますね。
更にネウロイは小型のネウロイをイナゴのように放出。
ビームとイナゴネウロイの合わせ技でこれまでと一転、人類側はピンチに急降下しちゃいました。

ここで即撤退の判断を下したのは優秀だと思います。
しかしベルリンを前にして、と歯噛みするのもごもっとも。
ここからウィッチは攻略から撤退援護の任務に付くことになると。
ただし芳佳だけ一緒に後退。
まあこれもごもっともな話です、作戦の要がやられたらお話にならない。
でも当の芳佳は納得行かない、仲間を置いて1人だけ逃げろとは何事かと。

sw3-10-075.jpg

sw3-10-097.jpg

sw3-10-107.jpg

私の力を信じてください!!

芳佳と一緒に後退する様に言われた静夏。
そんな2人の前にイナゴネウロイが合体した爆撃機型の巨大ネウロイが迫る。
最初B-29かB-52かと思ったんですが、旧日本軍の超重爆撃機・富嶽の様ですね。
ペーパープランに終わった6発機です。
戦おうとする芳佳を推し留める、これまでに無く自信に溢れた静夏。

意気を感じて珍しく命令違反せずに後退する芳佳。
その後の静夏はミーナのアドバイスもありましたが、何と単独でこの爆撃機ネウロイを撃墜。
新人とは言え501に配属されるだけあって、才能はあったという事でしょうか。
こりゃ501の他の連中も「坂本美緒の代わりに来ただけある」と認めざるを得ないでしょうね。

静夏一躍時の人。

ベルリン奪還はならなかったが、貴重な敵の情報をゲット!
その際に活躍した静夏という記事が新聞に踊っている。
いやボロボロだったじゃん、ほうほうの体で逃げてきたのと違うのか。
負けた時こそ英雄が必要という言葉をどこかで聞いたことありますね。
要するに「大本営発表」なんですが、静夏が活躍したのは事実です。

悔しがるパットンですが何やら決戦兵器がある模様です。
砲身が二門、ガンダムに出てきた61式戦車かな。
そして震電のストライカーユニットもある。
やっぱり芳佳と言えば震電ですね…今乗りこなせるかは怪しいですが。
芳佳の不調は上層部にも知られていて「最終決戦まで魔法力の使用禁止」を言い渡される。
折しもネウロイが襲撃してきますが、芳佳だけお留守番。
当然命令無視…と思いきやミーナ必死の説得で思いとどまった。

sw3-10-142.jpg

sw3-10-148.jpg

sw3-10-163.jpg

好事魔多し。

やってきたのは静夏が撃墜した富嶽ネウロイ、ただ大きさがダンチみたいですね。
こいつの弱点は知っている!
意見具申した静夏の提案で作戦が展開されていきます、ここまでは静夏の成長に感嘆する美緒と芳佳。
だが敵もさる物。
静夏が倒したネウロイとはコアの位置が違い、あっさりと作戦が崩壊。
そして富嶽ネウロイは高度を下げ始めると。

ガウ特攻状態のネウロイに対し、ミーナが取り付いて踏ん張ると。
たかがネウロイ一つ、ウィッチで押し出してやる!
氷山ネウロイの時みたく「逆襲のシャア」みたいな展開です。
他のウィッチも取り付く様はジェガンかギラ・ドーガと言ったところか。
しかし効果は今ひとつ、キール軍港大ピンチです。

νガンダムもとい芳佳キタ!

やっぱり命令無視して飛び出しちゃいましたね。
そして巨大なシールドでネウロイを食い止めると。
この港やられたら後がないので、今回の芳佳の判断は責められません。
ベルリン奪還作戦の大幅な変更が必要そうですが。

その隙にシャーリーが静夏を救出、ペリーヌがトネールでコアを露出させ、仕上げはサーニャのフリーガーハマーで締め。
見事にネウロイは倒したけれど、芳佳バッタリ。
魔法力が感じられないそうで、もしかして烈風斬撃った後みたくなっちゃった?
負傷していた上ショックを受けた静夏も同じくバッタリ。
まさかのWぶっ倒れでベルリン解放大丈夫なんでしょうか。

次回はストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第11話 『ロード・トゥ・ベルリン』です。

新しい記事: 進撃の巨人 The Final Season 第61話 『闇夜の列車』どこか歪んでいるマーレのエルディア人。

古い記事: ゴールデンカムイ 第34話 『狼においつく』遂に脱獄決行!そして出会うアシリパとソフィア。

関連記事

トラックバック(4)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/6373

徒然きーコラム - ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第10話感想 (2020年12月13日 02:09)

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第10話「静夏応答せよ」 ★★★★☆ 芳佳の魔法力、ちょっと都合が良すぎるなw 感想は「続きを読...

ぬるーくまったりと 3rd - ストライクウィッチーズ Road to Berlin TokyoMX(12/09)#10 (2020年12月13日 07:56)

第10話 静夏応答せよ 遂にオペレーション、サウス・ウインドが実行される。B-17の対ネウロイ気化爆弾でウォルフを蹴散らす。そこに残されたコアを501部隊...

アニメガネ - 今日見たアニメ二言三言感想 2020/12/15 (2020年12月16日 06:53)

おしながき ・ゴールデンカムイ 第三十五話 罪穢れ ・トニカクカワイイ 第11話 友人 ・くまクマ熊ベアー 第10話 クマさん、海へ行く ・ストライクウ...

signage companies in queenstown - signage companies in queenstown (2021年1月20日 16:35)

こいさんのアニメーションレビュー(感想)

コメント(4)

・ベルリンだけに……

まあ冷戦を象徴したのが東西ドイツ、それを分断したのがベルリンの壁。これを崩壊させたのもある方の失言だったと言う……。


・ベルリン奪還どうなる?

こうなるとカールスラントのウィッチ総出も視野に入れるべきでしょうな……ハルプの面々にガランド、ルーデンはケガを押して出てきそうだ。

>ハルプの面々にガランド、ルーデンはケガを押して出てきそうだ。
ゲストウィッチは来てほしいですね。
501単独って規模の作戦じゃなさそうですし。

こいさん

返信どうもです。


そーですね、あの506まで要請する程ですから……ルーデンの場合は坂本少佐同様に飛べなくなるまで戦う方ですから……恐らく最も負傷回数が多いウイッチでしょうな。

506出ましたが飛行機雲だけで残念。
次回作の期待をもたせる意味で顔出しして欲しかった。

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net