ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第8話 『ザ・フォッグ』いつになく熱いサーニャとエイラが衝突。

| コメント(2) | トラックバック(2)

sw3-8-021.jpg

sw3-8-022.jpg

sw3-8-044.jpg

サトゥルヌス祭

手紙の主であるニパが所属する「ブレイブウィッチーズ」でもやっていたイベントですが、こっちでは初めてじゃないでしょうか。
特に盛り上がっているのがエイラ。
ヒンメリと呼ばれるマッチ棒細工?みたいな飾りを作ったりと張り切っていますね。

キール軍港無差別爆撃!?

港を守る砲台ネウロイを爆撃。
そのはずが霧を出すネウロイのせいで的が絞れない。
結果無差別爆撃するって何でそうなる。
港が欲しいのに、壊しちゃったら本末転倒。
だったら爆撃そのものを止めるべきじゃないのか。

ベルリン解放が遅れる!と例によってトゥルーデがヒートアップ。
しかし彼女と焦っているのは故郷解放に早っているだけじゃない。
春まで伸びたらミーナとトゥルーデは20歳。
自らの手で故郷を取り戻すことが叶わぬままに引退もありうるから。
これを偶然聞いてしまったサーニャが燃え上がると。

作戦立案意見具申。

自分の広域探査なら見えない敵も見つけられる。
ミーナに作戦の許可を求め、目隠し状態での編隊飛行をエイラ、芳佳、静夏に課すサーニャ。
個人や少数での戦いが得意なのかと思ったら、指揮官としての才能がありそうですね。
ただ使えそうなのがエイラしか居ない、芳佳と静夏は正直お荷物にしか思えない。
いっそ2人でやった方が良くないか、芳佳は突然不調になるし。

ところがいざ行ってみると頼みの綱エイラが命令前に発砲し作戦は失敗。
別に「撃つなよ!絶対に撃つなよ!!」が芸人のフリだと思ったわけじゃなく、敵が居たと主張するエイラ。
挙げ句互いに「「私の言うことが信じられないのか」」と2人の仲に亀裂が入ります。
多分どっちも正しいんじゃないのかな。

sw3-8-060.jpg

sw3-8-001.jpg

お悩み相談inサウナ。

残念ながらタオル付き。
ブレイブウィッチーズOVAでは素っ裸だったので残念です。
エイラは当然サーニャと仲直りしたいんですが、
命令無視したから自業自得。
静香はにべもありません。
それにしてもこの物言いが懐かしい。
静夏は劇場版で初登場した時は、頭の固い軍人でした。
最近見られなかったので「501に染まったのか」と思っていた。
因みにエイラの見立てでは静夏は「中の上」だそうです、14歳なら十分以上ありますね。

まさかのエイラ外し。

再出撃を志願するサーニャですが「完璧を期す為」とエイラを連れて行かない。
残ったのは芳佳と静夏な訳で、不安しかありませんね。
居残りのエイラはぶーたれてヒンメリ作りに精を出します。
飾り付けが終わった所でミーナを通し、サーニャが今回の任務に掛ける意気込みを知ると。
自身もネウロイに国土を蹂躙されているサーニャにとって、ミーナ達の境遇は他人事じゃない。
そのせいで親と離れ離れになっていますからね。
そして矢も盾も堪らずエイラは飛び出していくと。

サーニャ一行は首尾よく霧ネウロイを発見、破壊に成功します。
ところが瞬く間に再生。
つまりサーニャが追っていたのは子機、エイラが気配を感じた親機と挟み撃ちになる。
やはりどっちも正しかった。
親機はステルス機能でサーニャの探査を逃れていた…そう思ったら骨組みだけで探査を素通りと意外に原始的。
集中砲火を食らうサーニャ達でしたが、ここでエイラ登場。

sw3-8-094.jpg

sw3-8-100.jpg

sw3-8-103.jpg

エイラがシールド使うのはサーニャ絡み。

未来予知の固有魔法を持っているエイラはすべての攻撃を回避し、シールドを使いません。
私に言わせればシールドを使うのは2流。
シールドのデカさだけが取り柄だった以前の芳佳を全否定するような物言いしてましたね。
それどころかほぼ全てのウィッチを敵に回しかねないんですが。
エイラがシールドを使ったのは2期6話で高高度のネウロイをサーニャと迎撃した時だけ。
サーニャとシールド必須の任務をやりたい。
普段使ってなかったせいで四苦八苦してましたっけ、主な被害者はペリーヌですが。

ホネホネネウロイはコアが高速で移動するタイプでしたが、エイラの未来予知で捕捉が可能。
ネウロイに飛びついて、
明日私に向かって撃て!
探知できないネウロイの代わりに的になるエイラ。
下手するとエイラまで犠牲になってしまうので、躊躇するサーニャ。

私を信じろ!

序盤で不信感に駆られた2人が互いを信じ合う事でネウロイを倒す。
将に「雨降って地固まる」というお話でしたね。
それでも撃破後に不安にかられるサーニャでしたが、エイラが一直線に飛んできてサーニャとハグ。
ここでキスでもすればハッピーエンドなんですが、流石にそこまでは無理だったか。

サーニャが霧ネウロイを撃破したお陰で無傷でキール軍港を奪取、カールスラント組は大喜び。
サトゥルヌス祭も大いに盛り上がりますね。
そしてエイラが飾り付けたヒンメリの隣には、サーニャがエイラのために作ったヒンメリが並んでいると。
スグ用意出来るものじゃないと思うので、喧嘩した後もサーニャがこっそり作っていたんでしょうね。
エイラ万々歳なラストでした。

次回はストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第9話 『ミーナの空』です。
不穏なサブタイトルやめて。

新しい記事: 呪術廻戦 第9話 『幼魚と逆罰』取っ付きにくそうな七海だったけど...。

古い記事: ゴールデンカムイ 第32話 『人斬り』幕末は...まだ終わっていなかった。

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/6364

徒然きーコラム - ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第8話感想 (2020年11月27日 17:25)

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第8話「ザ・フォッグ」 ★★★★★ どうしてこうなった… 感想は「続きを読む」をチェック!

ぬるーくまったりと 3rd - ストライクウィッチーズ Road to Berlin TokyoMX(11/25)#08 (2020年11月27日 17:40)

第8話 ザ・フォッグ 哨戒任務中のサーニャとエイラが霧の中でネウロイと遭遇する。サーニャは広域探査で感知したが逃げられる。季節はサトゥルヌス祭、宮藤的には...

コメント(2)

・B-17 フライングフォートレス


米空軍が第二次世界大戦時に主に欧州戦線にて使用した爆撃機ですね、元々は沿岸防衛用の哨戒と艦爆として設計されるもB-10双発爆撃機(宮崎 駿 作の『雑想ノート』に出ている)の後継機を探していた空軍が採用しました。実は新谷 かおる作品に『RAISE』がB-17と乗務員らの物語があり、彼らは全員軍隊内で犯罪を犯し軍事裁判になれば銃殺刑確定と言う面々、ただ戦争中なので懲罰部隊”プリズンレディ号”としてナチス第三帝国の領土内を爆撃してます。25回爆撃任務を達成すれば除隊か他の部隊に転属出来る……が相手は第三帝国空軍、初回で撃破されたり基地に不時着炎上して全滅って言うのも珍しくない訳です。プリズンレディ号は既に30回以上爆撃任務をしている猛者であり、B-17単独では絶対にしない作戦も請け負う訳です、報酬は外出許可……まあ終盤になると第三帝国空軍のエース部隊も出てきて機体も“NOSとエンジン焼き付き防止にフッ素加工(第二次世界大戦当時は極秘である)”のフォッケウルフとのバトルも……。


きっとこの世界でも無茶な作戦をしている事でしょうね……機長がレイス!(ポーカーの際に掛け金を吊り上げるコール)って……


・霧がポイントだった


エイラもサーニャが嘘をつくはずもない……クリスマスツリーの飾りを見た瞬間に気が付いたわけですね。これは坂本が現役だったら見破ったのですが……


・次回は


ある意味不憫でした……ええ(滝汗&遠目

>B-17 フライングフォートレス
私は「メンフィス・ベル」という映画を思い出します。


>坂本が現役だったら見破ったのですが……
坂本が居なくなったことでコアの特定が困難になりましたね。
雁淵姉妹のどっちかを連れてきた方が良かったかも知れません。
…ひかりじゃ501は無理かな。

コメントする

2020年3期のアニメ
(まだレビュー中)

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net