異世界かるてっと 第10話 『参戦!らいばるたち』元の世界に戻れるのは幸か不幸か?

| コメント(2) | トラックバック(2)

isq-10-010b.jpg

isq-10-023.jpg

isq-10-027.jpg

体育祭で優勝したら元の世界に帰れるか~もね。
ロズワール先生の爆弾発言。
だがちょっと待って欲しい。
優勝すると言っても対戦相手が居ないじゃないか。
そう思ったらいつの間にか隣のクラスが出現。
とりあえず分かるのはこのすばのクリスとバニル先生。
当て馬として召喚されたとしたら迷惑この上ない。

ラインハルトがヤバイ。
勝つための算段を練る主人公3人。
カズマは何アクアとくっちゃべってるんだ…理由は後で明らかになったけれど。
赤髪のイケメン、ラインハルトはリゼロ世界最強だそうで。
加護と呼ばれるチートスキルも何個も持っているとか。

  • 初見の攻撃が当たらない。
  • 最初の攻撃が当たらない。
  • 2回目以降の攻撃も当たらない。

要するに攻撃が全然当たらないって事でしょ、分ける必要あるのかそれ。
後「砂糖と塩を間違えない」なんて妙な加護もありますね。

死んだらそれまで。
更にこのすば世界から来たクリスが貴重な情報をもたらした。
この世界で死ぬと生き返らない。
カズマのみならず他の世界から来た連中にも重要な情報ですね。
特に「死に戻り」を持つスバルにとっては超重要。
試しに…ってここで試すところが凄い。
死んで生き返らなかったらヤバかったぞ。
スバルの能力はここでも生きていた。

isq-10-032.jpg

isq-10-036.jpg

そんなにクズかな。
ともあれ勝つための方策を練る2組の面々。
ところがいきなりカズマが反対した。
今まではアクアの役目だったんだけどね。
俺はこの世界に不満はない、だから優勝しなくても良い。
カズマさん@がんばらない。
途端にブーイングの嵐。

これまで調整役っぽかったカズマが孤立無援。
思えば風紀委員やったあたりからそんな傾向ありましたが。
でも冷静に考えてみてください。
元の異世界って今の異世界より酷いのばっかじゃないか?
特に幼女戦記なんて世界中敵に回して血みどろの戦争の真っ最中。
何故そんな所に帰りたがる、帰巣本能なのか。
まあ大人の事情として「帰らないと話が続けられないから」ってのがあるけど。

ターニャズ・ブートキャンプ。
カズマの曲がった根性?を叩き直すべく、地獄の訓練を課すターニャ。
どんなにしごいてもカズマは部下みたく屈強で好戦的にはならないと思う。
そのカズマも言い方が悪かった。
勝ち負けに拘る連中が多いのに「無気力試合で負けよう」みたいな事言っちゃったから。
帰る必要あるのか?ってのを全面に押し出すべきでした。

新しい記事: ぼくたちは勉強ができない 第11話 『威厳ある専任者は時に[X]にかしづく』桐須先生祭りだワッショイ!!

古い記事: どろろ 第22話 『縫の巻』ラストの盛り上がりが凄かった。

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/6060

アニメガネ - 今日見たアニメ二言三言感想 2019/6/12 (2019年6月12日 22:31)

おしながき ・ワンパンマン 第21話 最強の悩み ・キャロル&チューズデイ episode:09 Dancing Queen ・異世界かるてっと 第10...

free online married dating - free online married dating (2019年6月25日 16:20)

こいさんのアニメーションレビュー(感想)

コメント(2)

まず少なくともリゼロ勢は元の世界でエミリアを王にする等の帰る理由があります

このすば勢も、アクアは天界に帰るために魔王を倒したい、めぐみんは中二魂を満足させるために冒険者を続けたい、ダグネスも刺激(ドMとしての)がある生活を送るために冒険者を続けたい、とカズマ以外は帰りたい理由があります

オーバーロード勢はアインズはともかく、他の面々はアインズを覇王にしたいので帰る理由はありますね
アインズにしても自分の領地や一緒にゲームしてた転生前の世界の仲間の事が気になるでしょうし

幼女戦記勢はターニャ以外は愛国心が強いので元の世界に帰りたいと思うのは自然です
で、安全な後方勤務を望んでたはずのターニャですが、彼女はこの状況を存在Xの仕業と疑ってるので、思い通りになるくらいなら元の世界に帰りたいんだと思いますよ

帰りたい勢が多数になっちゃうんですね。
主人公以外はどんなにアレでも故郷というのがあるでしょうし。
気がつけばぼっちになっているカズマがちょっと不憫です。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net