どろろ 第13話 『白面不動の巻』鬼神退治から路線変更?

| コメント(0) | トラックバック(2)

drr-13-143b.jpg

再会した家族からボロクソ言われる。
赤子の時に捨てられたので、家族の実感無いだろうしショックは少ないんじゃないの。
そう思ったら寝る間も惜しんで鬼神退治に耽る百鬼丸、やっぱ辛いのね。
どろろはそんな百鬼丸を励まそうとするんですが、「母」に絡む失言が多いようで上手くいかない。
温泉にも乗り気じゃなかった百鬼丸に「化け物が出る」と付け加えますが、嘘っぽいですね。

顔を奪う(物理)
知人に化けて人をおびき寄せ、文字通り顔を奪う人物が登場。
これ、首落とすよりキツくないか。
結局違うとか言って滝壺に落とされちゃうし。
傍迷惑どころじゃないですね。

ここにやってきたどろろはビックリ。
石像にもビビったけれど、声をかけてきた人物が母そっくりだったから。
このおかかの家に逗留、というか勝手に使ってたのが彼女の家だった。
どろろは百鬼丸の妖怪センサーに掛けますが、結果はシロ。
果たしてどんな術でごまかしているのやら。

大人びていてもやっぱり子供。
母に似たおかかを意識しまくるどろろ。
百鬼丸を気遣う余裕は全く無くなりました。
姉妹には「おっかちゃんって呼んで良い?」なんて甘えだす始末。
おかかってのも「母」って意味じゃなかったか。
これに不貞腐れたのか、早々に寝てしまう百鬼丸。
違いました。
おかかは食事に薬を盛っており、これで百鬼丸寝ちゃったと。

仏師の亡霊?単なる妖怪の寄生?
流行に乗れない仏師は巨大な不動を彫ろうとしたものの、顔が上手くいかない。
試行錯誤するも結局完成せず死んでしまったと。
その亡霊かはよく分からないのですが、ともかく死んだ後も顔を求めてさまよってると。
女性にばかり化けてますが、元は男なんでしょうか。
因みに石像に取り付いた妖かしの力で心を読んで親しい人に化けているみたいです。

drr-13-160b.jpg

兄貴は絶対渡さねえぞ!
顔に興味が無かったからかもしれませんが、どろろは逃がそうとしていたおかか。
しかしどろろは百鬼丸の傍から離れないと。
薬が切れた百鬼丸の心の目で見ると石像が真っ赤っ赤。
あっちが本体だから反応無かったんですね。

今度は百鬼丸の母に化けるおかか。
目が見えないから意味無さそう。
そう思ったらそもそも顔が変わってなかった。
そりゃ見たことないですもんね。

何で立派じゃなきゃならないんだ?
私は立派な顔が欲しいんだ!
これに対しどろろが懸命の説得。
顔を取り上げられたモンの気持ちを考えろ!
うーん、子供とは思えない立派な物言い。
そしてこの言葉に迷ったのか、石像とおかかのコンビネーションが狂いおかかがバッサリ。
その隙に百鬼丸が石像を破壊。
極悪非道だったおかかですが、終始どろろには優しかったですね。
自分を慕ってくれる子供は憎めないって事なのか。

どろろの秘密。
温泉の化物は嘘ですと告白するどろろですが、温泉行くぞ!と百鬼丸。
不器用ながら気を使っている様です。
目が見えないのに「見るなよ!」って言うどろろが微笑ましい。
この温泉でまたしても琵琶丸と再会。
これも縁とか言ってますが、流石にストーキングしてるんじゃと疑ってしまいます。
さらに混ざって来たそこらへんの子供が重大発言。
どろろの背中に入れ墨?地図っぽい?のが描かれていると。
今なら「ゴールデンカムイ」昔なら「コブラ」を思い出すような話ですね。

新しい記事: どろろ 第14話 『鯖目の巻』金ってのはいいもんだよ(至言)。

古い記事: ▼記事▼:2019年2期(4~6月)のアニメ一覧&レビュー予定表

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5990

いま、お茶いれますね - どろろ 第13話「白面不動の巻」 (2019年5月 6日 22:48)

第13話「白面不動の巻」 醍醐の地を出てから無茶をする百鬼丸を心配するどろろ。相変わらず健気です。

Wisp-Blog - 1人では取り戻せない――「どろろ」13話感想 (2019年5月10日 22:06)

 だから、触れてくれる他者が。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net