どろろ 第8話 『さるの巻』蜘蛛の次は雲?

| コメント(1) | トラックバック(2)

drr-8-077.jpg

drr-8-069b.jpg

残され雲
何か黒い霧みたいのに覆われて、灰が降ってくると村人騒然。
嫁をこしらえるって要するに生贄ですよね。
これを阻止しようともののけ姫ならぬもののけ小僧が登場。
このさるという少年の姉を助けるために一肌脱ぐ百鬼丸とどろろ。

しかし姉は救助を拒絶。
村人の為に自ら志願したと言ってのける。
こりゃ困ったなと思ったら村人が空へ飛んでった!
宇宙人のアブダクションか!?
そう思ったらバラバラ死体になって落ちてきた。
残され雲って喰い方汚いな。

雲をつかむような話。
というのがあります。
いくら百戦錬磨の百鬼丸でも雲なんて倒せるんだろうか。
そう思ったらそれ以前に問題発生。
百鬼丸の妖怪センサーが真っ赤です。
雲も化け物認定しちゃうので、敵が何処に居るのか分かりません。
百鬼丸は何も出来ないまま、さるを庇ったお姉ちゃんがパックンチョ。
雲の化け物かと思ったら実態は大ムカデでしたね。
大きい以前に空飛ぶ時点でまともじゃないですが。

姉ちゃんの敵討ちだ!
役立たずと罵られるのかと思いきや、さるはどろろ達を責めません。
おまけにあんな化け物相手に復讐戦をヤル気満々です。
実はこの姉弟は実の姉弟じゃなかったそうですが、血の繋がりなんて関係ない絆の強さを感じます。

その意気に感じたのか、どろろも協力を約束。
いつもは百鬼丸のマネージャーみたいなのに、今回は実戦参加するのか。
今回の敵は百鬼丸と相性悪いですしね。
その百鬼丸はふてくされて石を投げているのかと思ったら、黙々と投げ続けている。
これは何かやろうとしているみたいですね。

drr-8-102b.jpg

子供二人が大活躍!!
花嫁に扮したどろろ、大ムカデをおびき寄せ縦横無尽に逃げ回ります。
次にさるが火矢を射ると大ムカデに着火!!
火薬なんてあったかな?と思ったけれど火山のガスを利用したんでしょうか。
しかし大ムカデも黒い雲を出して消火。
これでもダメなのかよ!
何が凄いってこの2人、空飛ぶ人食い大ムカデを微塵も恐れていない。
末恐ろしい子供たちです。

2人だけに格好は付けさせないとばかりにどろろが矢を射って突撃!
やはり昨日の石投げは音で距離を測る訓練だったんですね。
ならばとどろろが大ムカデに飛び乗り「兄貴ここだ!」と体を張って目印になる。
どろろホントに肝が座り過ぎです。

うっかり目印=どろろを刺さないだろうか。
流石にそんな間抜けはしませんでしたね。
大ムカデが後ろの顔で襲いかかるも一刀両断。
今までずっと思ってましたが、どろろの剣はどんな業物なんだ。
斬鉄剣かライトセーバー並みの切れ味ですね。

弱点の日光に当たって大ムカデ消滅。
やった!!って喜んでいるけれど落ちて死ぬ。
そう思ったら下は温泉で一安心。
よく見れば昨日食べられたお姉ちゃんも一緒。
まさか半分消化されてないよね…。
なんて心配しましたが、無事でした。

初めて嗅いだ臭いは硫黄。
どろろが感覚を取り戻すと、大抵碌でもない目に遭っている気がする。
報酬に花もらっても仕方ないって思ったけれど、口直しならぬ鼻直しには良いかも。
…どろろ。
それ以上にどろろが喜んだのが、百鬼丸に名前を呼ばれたことですね。
実は戦っているときも「オ、オ、オ~」とどろろの名前呼んでいたみたいですし。
もう少ししたら会話出来るようになるんでしょうか。

新しい記事: かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第8話 『かぐや様は呼ばせたい/白銀御行は負けられない/そして石上優は目を ...

古い記事: 賭ケグルイ×× 第7話 『裏切りの女』骨喰ミラスローヴァ参戦!...デカイ。

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5971

いま、お茶いれますね - どろろ 第8話「さるの巻」 (2019年3月25日 23:29)

第8話「さるの巻」 くんくん百鬼丸可愛い。

アニメとマンガの感想と考察 - 新どろろ第8話「さるの巻」ムカデと鼻 (2019年4月18日 23:38)

新どろろ第8話「さるの巻」は、巨大なムカデを倒して鼻を取り戻すエピソード。 どうでもいいけど、アバンの降雨シーンの音響が良かった。 パナソニックの耳掛けイ...

コメント(1)

・狼の皮を被った……


手塚 治虫作品でも断トツのシリーズがある『火の鳥』にも居たなぁ……最もこの作品は構想のみが三作品もある程多いので……ええ。“太陽編(野生時代 1986年~1988年 連載)”は7世紀の日本と21世紀(2009年設定)の日本との交互に描かれる作品でしてね……7世紀の主人公は百済(朝鮮半島南西部にあった古代国家)の王族の一人であるハリマ、21世紀の主人公は坂東スグルと言う光の教団によって支配された世界を嫌って地下に住む青年となってます。ハリマは白村江の戦い(663年に発生した日本&百済vs唐&新羅よる戦争)にて敗れ顔の皮を剥がれて狼の頭部の皮を被せられた状態で放置されるも一体化する事に……まあ占いのオババに助けられ日本に渡り、大和王朝に身を寄せやがて壬申の乱(ユリウス歴672年)と言う古代日本史上最大の戦争に巻き込ます。そして2009年のスグルの記憶が夢として出てくる訳で……。


坂東スグルの方も自身が光の教団を打倒する為のテロリストの一員であり物語の途中で捕まってしまい狼の頭部に似せた洗脳ヘルメットを被せられる状態に……とは言えこちらもロマンスが産まれ光の教団を倒す事に……スグルもハリマの記憶が夢として出てくる訳で最後はスグルがハリマ同様になる訳です。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net