斉木楠雄のΨ難 完結編 『十人十色、多Ψな進路/完全Ψ現!楠Ω/勃発!Ψキックバトル/激突!Ψキックバトル/Ψ後の戦い/旅行計画の詳Ψを詰めよう/見どころ満Ψ!忍舞観光旅行!/Ψ悪の天Ψから世界を救Ψせよ!/斉木楠雄の最後(前編)/斉木楠雄の最後(後編)』

| コメント(0) | トラックバック(1)

sks-ed-375b.jpg

sks-ed-1373b.jpg

3期じゃなくて完結編。
これでお別れと言うのは寂しいですね。
大まかに分けて、
・みんなの進路と将来の夢。
・兄・空助とのラストバトル。
・斉木楠雄世界を救う
となっております。

灰呂の教師は天職。
そして窪谷須もまた教師志望。
所謂ヤンキー先生、大学行かないと成れないの知らなかった以外は納得。
燃堂の、
橋本環奈と結婚/茅野愛衣と結婚/でんぱ組の誰かと結婚
にはもう何も言うまい。
希望するなら誰だって自由だ。
斉木は平凡な大学を希望しているみたいですが、目にも留まらぬ早業で同じ大学名に書き換える照橋さんに脱帽。
本当の希望は「斉木君のお嫁さん」というところが堪らなく可愛いですね。
いくら超能力があっても神通力には勝てないので、多分実現するでしょう。

鳥束がキーマン。
兄の空助に目を付けられて、斉木攻略の足がかりにされちゃいます。
超天才なのに、弟楠雄の超能力に敵わない。
まるで諸葛孔明に出会った周瑜の如しです。
幾度と無く勝負を挑んできましたが、今や最終決戦の時。
ここで初めて知ったのが、斉木の頭のアレが左右で役割が違うということ。

左は制御装置、右は自爆装置というか曝露装置。
斉木の事が世界中に知れ渡る代物だったんですね。
今まで外したのって全部左だったっけ?多分そうなんでしょうね。
まあ完全に洗脳されたかに見えた鳥束がそうでなかったり、何だかんだ言っても弟大好きな空助なので大事には至らず。
他方で空助が「超能力を完全に消し去る装置」を作ったことが明らかになる。
付けたら一生超能力とはオサラバというこの作品の根幹を揺るがしかねない装置です。

ループには理由がある。
今までは日本が滅ぶため、斉木がこの世界をループさせていた。
サザエさん時間にちゃんとした理由を付けるのは凄いですね。
これまで何度も失敗しループでお茶を濁していましたが、みんなの将来を作るため今度こそ災害を食い止めようとする斉木。
目指すは忍舞(おしまい)県の御割(おわり)山。

ところが思い出旅行の行き先が将にその場所に決定してしまう、日時も噴火する日と一緒。
必死に反対する斉木ですが、努力も虚しく決定してしまう。
これも照橋さんの力なのか、或いは別の見えざる手によるものか。
旅行に行くと見せかけて、火山の噴火も止めなきゃいけません。
平行してPK学園サイキッカーズの面々(鳥束と相卜)を呼び出す斉木。
鳥束はともかく、相卜が旅行グループに入っていないのは意外ですね。
ヒロインは2人も要らない。
という、照橋さんの力によるものか。

sks-ed-2463.jpg

sks-ed-2237b.jpg

忍舞通天スカイポートテレビタワー塔。
この全部乗せ感溢れる名前は笑うしかない。
あと白金(プラチナ)閣寺とか、何で横文字なんだと。
観光シーンがダイジェストなのはともかく、噴火阻止の経緯がダイジェストなのは尺が足りないからでしょうね。
というか漫画に色塗っただけに見えました。
まあこのアニメだから許せる演出です。
相卜は噴火の予知に必要ですが、鳥束は単に斉木の身代わりとして、
「やれやれ」
って言ってるだけの役割です。

斉木のダブルが必死で噴火を食い止めるのは格好良いシーンのはずですが、
ダブルの顔が可笑しくて、どうにも笑いを誘いますね。
ともあれ無事噴火を食い止めて、みんなの時間も動き出す。
感動のあまり「チューして良い」という相卜を断る斉木。
勿体無い、ああ勿体無い。
直後全員がこの場所にやって来てビックリ。
2人斉木のうち1人は相卜と抱き合ってる、照橋さんにはショックですね。

子供な海藤、大人な燃堂。
全員説明を求めるのですが、何とか誤魔化そうとする斉木。
実は双子だった!これ割と行けるかと思ったんですが、通じませんでしたね。
前に女体化した時はあっさり信じたのに。
挙句ダブルが大量に出てきてもう何を言えば良いのやら。
おそ松くんネタでやり過ごそうとかそれこそお粗末です。

一番追求が激しかったのが海藤というのがちょっとビックリ。
自分は秘密キャラ演じたがるくせに他人の秘密は許せないとかどうなの。
他方で「今話したくないなら良いじゃないか」と燃堂が大人の対応。
普段は何考えているか分からないけれど、家庭的に苦労人だけあって懐が広いんでしょうね。
海藤の説得に一役買ったのが夢原の告白。
好きって言ったら相手を困らせるかもしれない、こうなると海藤は沈黙するしか無いと。

もう一回やり直し、そして…。
タイムリープでみんなを来られなくして、夢原の告白した事実も消してしまいました。
流石に夢原が可哀想。
時が進んで3年生になった斉木。
照橋さんと同じクラスどころか隣の席。
まあ超能力失ったら照橋さんから逃げられる筈もなし。
斉木に呼び出された照橋さんは有頂天…と思ったら告白じゃなくてガックリ。

でも斉木にとっては一大決心。
超能力を消し去った上で、自身が超能力者であったことを告白。
普通信じてもらえないと思いますが、相卜、鳥束に明智と知っている連中が何人か居ますから、何とか信じてもらえそう。
ともあれ遂にカミングアウトと思ったら、ゴキブリに驚いた斉木に呼応したかのようにガラスが割れた!?
超能力…失われて無さそう。
或いは消したのにまた復活したんだろうか。
かくして斉木楠雄のΨ難は続きそう、というところでおしまい。

sks-ed-2671.jpg

遂に…終わった。
綺麗にまとまったとは思いますが、あれ見たかったなあという話があります。
まず斉木が「やらんぞ」と言っていたダブルデート。
斉木と照橋さんと照橋兄と梨歩田依夢という濃すぎる4人でどんな結末を迎えるのやら。
後は斉木を巡る照橋さんと相卜の直接対決。
実はこの2人、面と向かってやり合っていないんですね。

見た目ギャルなのに性格の良すぎる相卜が照橋さんを全く敵視していない、どころかリスペクトしているから。
そして「結局斉木は誰とくっつくの?」という所とか。
相卜出てくるのかなり遅かったけれど、実に魅力的なキャラクターでした。
でもやっぱり照橋さんかな。
やはり神に愛された天使には勝てまい、というか斉木も何だかんだ言って気になって来ているみたいですし。
他方で相卜のことはほぼ意識していない、つまり斉木はおっぱい星人ではないと。
まあ全ては想像にお任せします、なんでしょうが。

新しい記事: ▼記事▼:2019年1期(1~3月)のアニメ一覧&レビュー予定表

古い記事: ゴブリンスレイヤー 第12話(終) 『ある冒険者の結末』 ゴブリンスレイヤーの決意。

関連記事

トラックバック(1)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5948

アマレナ シャネル - http://www.sassychiconmain.com/ (2019年2月27日 18:43)

こいさんの放送中アニメの感想

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net