となりの吸血鬼さん 第6話 『インタビューウィズバンパイア』 狼男なんて存在する訳が無い!(吸血鬼談)

| コメント(0) | トラックバック(2)

tnv-6-30.jpg

tnv-6-244b.jpg

tnv-6-312b.jpg

朔夜がソフィーの家にやってきた。
今一人、一番大人っぽい夕が不参加なのが残念ですね。
彼女には妹が居て、こちらもかなりの美少女です。
期待に答えようと吸血鬼らしい服装に着替えるソフィーはサービス精神旺盛ですね。
しかも後ろ姿とは言え全裸シーンまで見せてくれます。
ただロードローラーを持ち上げたがるのはどうなんだろう。
前も思ったけれど、彼女の吸血鬼はDIOが基準なんだろうか。 

サブタイトル通りインタビューもするのですが、意外なことが分かりましたね。
吸血鬼が黒い服なのは血が付いても目立たないから、というのは納得。
他方「狼男は迷信、現実じゃない」と吸血鬼が言うのはツッコミ待ちとしか思えない。

エリーが怒らない!
ソフィーと灯が一緒にクラスきっかけを聞いていますが、
そんなに毎日会うならもう一緒に住んじゃえば、と言ったのは朔夜自身ですよね。
やがて遊びに来たエリーに、
ちっちゃくて可愛い!
禁句を口にしてしまう朔夜ですが、エリー怒らない。
…ひなたと違って背も胸も小さいから許されたと。
実は朔夜、今までオカルトに遭遇した事がなかったそうで。
無い物ねだりが熱中の原動力だったんでしょうね。 

tnv-6-846b.jpg

tnv-6-1131b.jpg

買い物に行こう!
吸血鬼が本来寝ている昼間にやって来たエリーがこんな事言いだした。
ソフィーの服は数世紀前の物があったりで古すぎると。
それは分かるが死ぬぞ。
もしかしてエリーはデイウォーカー、太陽が平気な吸血鬼なんだろうか。
ソフィーと一緒にゾンビみたいにフラフラになった、やっぱダメでした。
電車で優先席に座ろうとするエリーと断固拒否するソフィー。
同じ吸血鬼でも対照的ですね。

やってきたのは某イオンっぽいお店。
室内に入ればエリーはすっかり元気になりました。
数世紀前の服をそのまんま着ているソフィー。
100年寝ていたエリー。
人形マニア=服のセンスが古い灯。
頼りになるのはひなただけかもしれない。

そう思ったら真っ先に目が行ったのは幼稚園ルック。
またエリーが怒るぞ。
そう思ったら確かに怒ったけれど前ほどマジギレしていない。
ソフィーと灯、エリーとひなたの人&吸血鬼コンビが出来上がっています。
最後に灯がソフィーに白いワンピースをオススメ。
「あの花」のめんまっぽいですね。

次回はとなりの吸血鬼さん 第7話 『吸血鬼とすごす夏休み』です。

tnv-6-1208.jpg

anohana-1-143.jpg

新しい記事: グラゼニ シーズン2 第18話 『さびしい季節』 食欲の秋、芸術の秋...解雇の秋。

古い記事: Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第6話 『毒手の誇り』 サブタイが不穏。

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5908

ぬるーくまったりと 3rd - となりの吸血鬼さん TokyoMX(11/10)#06 (2018年11月15日 13:50)

第6話 インタビューウイズヴァンパイア 灯の友人の朔夜はオカルト好きでサークルを立ち上げたが1人だけ。ソフィーのインタビューがしたいと言われて電話で相談、...

のらりんすけっち - アニメまとめてプチ感想(となりの吸血鬼さん・ベルゼブブ・メルクストーリア) (2018年11月17日 11:51)

となりの吸血鬼さん 第6話 オカルト大好き朔夜ちゃん。 ソフィーちゃんにインタビュー。 灯ちゃんと好みが同じ子がいたとは(゚д゚) 朔夜ちゃんもソ...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net