グラゼニ シーズン2 第19話 『戦力外通告』 東光さん...。

| コメント(0) | トラックバック(0)

grz-19-378.jpg

grz-19-561.jpg

grz-19-627.jpg

前に東光さんが出てきた話はこちら。

グラゼニ 第7話 『二軍なのに一軍』 凡田以上の崖っぷち!東光選手登場。

32歳の四番手捕手が友達に転職を勧められる話でした。 
好条件なんだしそっちの方が良くないかと思ったけれど蹴っちゃったんですね。
「来年すらおぼつかない」なんて書いたんですが、ホントに首になっちゃったと。

またもいい話、でも蹴る。
スパイダースは東光に球団職員の転職を勧めてきた。
プロ野球選手としての実績が大したこと無い割に高待遇。
こちらひとえに「早稲田卒で主将まで務めた」というプレー以外での実績によるもの。
学歴があるから将来の幹部候補生として目を付けられたんですね。
しかし友人の話に続いてこれも蹴っちゃう東光。
不完全燃焼。
俺はまだ野球をやりきっていないという気持ちがあるんだと思います。
トライアウトなんて出来レース、やる前から取る取らないは決まってる。
嘗ての大学のチームメイト、現在は記者である北村の物言いが生々しいですね。
そして同じ気持ちの選手が今一人いました。 

こっちは切実。
札幌パープルシャドウズの西河内投手38歳。
モデルの球団は勿論北海道日本ハムファイターズでしょうね。
年齢を考えたら戦力外通告もやむなしなんですが、彼には現役引退出来ない理由があった。
金が無い。
散財しちゃった訳じゃありません。
高級マンションも家族のためですし、傾いた兄の工場への援助は立派です。
何より来年の税金があります。
この選手年俸1億5000万と東光とは比べ物にならないのですが、高額年棒の半分は税金で翌年に請求が来る。
来年安月給or無収入で7500万なんて払えない。

そんな西河内には一縷の望みがあった。
スパイダース監督田辺の嘗ての教え子で、監督自身も獲得に乗り気。
しかしスパイダースは外国人投手獲得の真っ最中。
取れれば西河内は不要なんですが、契約交渉が難航。
田辺監督は外国人投手より西河内を欲しがっているみたいですね。

東光VS西河内。
トライアウトでこの両者が鉢合わせ。
夏之介と田辺監督が見に来ていますが、応援しているのは真逆。
東光に頑張ってもらいたい夏之介と、西河内のいい所を見て獲得に説得力を持たせたい田辺監督。
実績から考えると西河内が圧倒的に有利なんですが。
結果は西河内が抑えて東光のバットは湿ったまま。
一応2回めのトライアウトで東光も活躍はしたみたいですね。

こりゃ西河内はスパイダース入りで東光は引退かな。
どっちも獲得ならず。
すんでのところでスパイダースに外国人投手入りが決定し西河内獲得はご破算。
どうにもならなかった、という現実にありそうな結末。
そう思ったら大逆転。
2人とも台湾チームの目に止まり、揃って入団と相成りました。
ハッピーエンドに見えますが、こんな幸運に恵まれる人は少ない。
野球を断念せざるを得なかった人のほうが多い事を忘れちゃいけませんね。

次回はグラゼニ シーズン2 第20話 『ファン感謝デー』です。
ユキちゃん神宮リターンズ!でも何故スパイダースのファン感謝デーに来るのかな。 

grz-19-1397.jpg

新しい記事: ゴブリンスレイヤー 第7話 『死へ進め』 まさに死闘。

古い記事: となりの吸血鬼さん 第7話 『吸血鬼とすごす夏休み』 待ってましたの水着回!しかし...。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5915

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net