ヤマノススメ サードシーズン 第6話 『コーヒーってなんの味?』 何の味と言われても。

| コメント(3) | トラックバック(8)

yama3-6-222.jpg

yama3-6-195b.jpg

yama3-6-330b.jpg

コーヒーはコーヒー味じゃないのか。
「どんな味」じゃなくて不思議だったのですが、何の味=大人の味って事でしょうか。 

ひなたにコーヒー、あおいに紅茶。
ひなたパパは気を遣ったつもりなんですが、あおいの対抗心を煽っちゃったんでしょうか。
山コーヒーは最高。
という話も聞いて、あおいが「山コーヒーやりたい」と言い出した。
道具一式を借してくれる気前の良いひなたパパ。
いざコーヒーに挑戦するも苦い…。
でもあおいママは美味しいそうで、まだ舌が子供みたいですね。 

豆が合っていないのかも。
コーヒー好きは大抵濃い苦い味を好みますからね。
意を決して珈琲屋さんに言ってみるもちんぷんかんぷん。
ここでかえでとゆうかに遭遇。
見栄を張らずに好きな飲み方でいいのではとアドバイス。
実際2人とも何とかラテとか何とかマキアートみたいな甘そうなの飲んでますし。
しかしあおいは初志貫徹、あくまでもコーヒーに拘る様で。
カフェインに慣れないせいか不眠症気味ですね。
寝不足での山登り…富士山の失敗が頭をよぎります。 

関八州見晴台。
ここの高山不動尊は1300年の歴史を誇るそうで。
心配しましたがちゃんと登れて良かった。
いそいそとコーヒーの準備を始まるあおい。
豆を挽く所から始めるのはビックリした。
てっきり粉で持ってきたのかと。 

そして飲んだコーヒーは…やっぱり苦い。
そう思ったらひなたがミルクを取り出した。
ブラックは苦い、せっかく飲むなら美味しい方がいい。
ゆうかと同じような事言ってますね。
おこちゃまってバカにしたのに!
…あおい、それは想像上のひなただ。

新しい記事: ルパン三世 PART5 第18話 『不二子の置きみやげ』 この顔、あの声、不二子七変化。

古い記事: 進撃の巨人 第40話 『昔話』 もう巨人どころじゃないような。

関連記事

トラックバック(8)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5826

ぬるーくまったりと 3rd - ヤマノススメ サードシーズン BS11(8/06)#06 (2018年8月 8日 02:32)

第6話 コーヒーって何の味? ひなたの家で遊んでいると父がアールグレィを入れてくれた。でもひなたは最近、山コーヒーにハマっているという。&nbs...

腐った蜜柑は二次元に沈む - 等身大でひらくモノ、背伸びの先でひらくモノ【ヤマノススメ サードシーズン#6】 (2018年8月 8日 04:10)

アニメ  ヤマノススメ  サードシーズン 第6話 コーヒーってなんの味?

アニメガネ - ヤマノススメ サードシーズン 第6話 コーヒーってなんの味? 無糖感想 (2018年8月 8日 07:24)

そんなんじゃ甘いよ。

日々の記録 - ヤマノススメ サードシーズン #6 (2018年8月 8日 15:28)

ひなたに脳内挑発されて^^;、あおいが山コーヒーに挑戦するお話でした。 あおいは、ひなたの家でお茶しています。いつもは紅茶のはずのひなたが、なぜか今...

Wisp-Blog - 私の味はどんな味――「ヤマノススメ サードシーズン」6話感想 (2018年8月 8日 20:46)

 まだ分からないかもしれないけど。

キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 - ヤマノススメ サードシーズン 第6話「コーヒーってなんの味?」感想 (2018年8月 9日 09:43)

コーヒー登山。

のらりんすけっち - ヤマノススメ サードシーズン 第6話「コーヒーってなんの味?」 (2018年8月 9日 21:40)

山コーヒーがマイブームのひなたパパン。 パッパの影響でひなたもコーヒー派に。 わたしも山コーヒーしたい! あおいちゃん、ひなたに遅れを取リたくないの...

刹那的虹色世界 - その他アニメ短評感想 八月二週目まで (2018年8月14日 20:14)

掲載感想作品 ・One Room セカンドシーズン 第5話(累計6話目) ・ヤマノススメ サードシーズン 第6話 ・異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 ...

コメント(3)

・他の登山マンガの珈琲


まず『岳 みんなの山』の主人公、島崎 三歩も愛用してますね……この方は北アルプス山中でのボランティア救助員であちこちの山中でテントや小屋で寝泊まりしてます。帰国前は数々の名峰への登頂歴があり、ナンカガルパット(世界第九位の標高を誇るヒラヤマ山脈を形成する山)では頂上付近でありながら他のパーティーの救助(=遺体回収)した逸話を持ってます。この方は下山する度に豆を調達しているタイプ。


『山と食欲と私』の主役、日々野 鮎美もあおいと同じやり方とひなたパパから借りた器具を使ってますが、別の山では“マキネッタ”と呼ばれる直火式エスプレッソマシン(とは言っても簡単にいえば薬缶に近くイタリアでの珈琲とはエスプレッソの事、イタリアの各家庭に必ず一台はある)を使ってます。

ただ使用回数が制限されるけど気圧に左右されないし機材がコンパクトにできるペーパードリップ式のほうが無難なのかな?


・かえでさん、山どころじゃない


こうでもしないと大学受験が……本当に捕まえておかないと日本アルプスに行きかねません。


・コーヒー牛乳でもお国違うと……


イタリア語ではラッテは“牛乳”……ラテは造語ですね、ちなみにカフェオレはフランス語でのミルク珈琲です。違いは珈琲と割合でカフェラテはエスプレッソ2にスチームミルクが8、カフェオレはドリップコーヒー5と牛乳5……元ネタはやはりあの店ですね。


例えると中国茶と日本茶の様な感じですね。

・ペーパードリップの発明


きっかけはネルドリップはとにかく使用後が面倒、戦前欧州各家庭に珈琲が普及すると主婦の間では悩みの種。かといってサイフォンもガラスなので危ない。ドイツのある主婦が紙でできないかとして理科の実験で使うろ紙で試してみた……試行錯誤を重ねるうちに成功し彼女は起業することになります。それがメリダの始まりです。

>かえでさん、山どころじゃない
あれだけ勉強嫌いなのに何故進学しようとするのかが不思議です。
プロ登山家になるつもりは無いんでしょうか。

こいさん

返信どうもです


有名な山岳サークルがあると言うよりも親友とかえでさんの両親が結託していると……

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net