ハイスコアガール 第1話 『ROUND 1』 アニメ化発表!...から5年後にアニメ放送。

| コメント(3) | トラックバック(1)

hsg-1-312b.jpg

もうそんなに経つんですね。
今回は珍しく原作を読んでいる作品のレビューです。
ネタバレを気にしない方は、
漫画「ハイスコアガール」レビュー(1~5巻まで)
こちらも御覧ください。

アニメ化です、プレジデンテ!
何を言ってるのかと思われるでしょうが、2013年12月25日発売の漫画「ハイスコアガール 第5巻」の帯にこう書いてあります。
つまり5年近く前にアニメ化が発表されていたんですね。
そのため2014年にはアニメ放送すると思っていました。
しかしこれが棚上げ。
その理由は何と「作中に登場するゲームの掲載許可をメーカーに取っていなかった」という初歩的なもの。
出版社が著作権無視してるとか何じゃそりゃ。
そしてアニメ化の話は立ち消え…にならなかったんですね。
裁判で和解して連載を再開し、ついにアニメ化に漕ぎ着けたと。
5年掛かったけれど。

時は1991年…。
もう27年も前ですね。
イラク戦争じゃなくて湾岸戦争覚えている人どれくらい居るんだろう。
アーケードゲーム特に格ゲー(格闘ゲーム)華やかなりし頃のお話です。
勉強もスポーツもダメな主人公矢口ハルオ(小学6年生)の唯一の自慢はゲーム。
小学生だてらにゲーセンに通い、年上のプレーヤーを倒していくと。

ところがそんなハルオを負かしたのが同じクラスの大野晶。
美少女で勉強も出来て家が金持ちと天から2物も3物も与えられたクラスの人気者。
ただし無口。
う~(怒り)とかむふ~(喜び)くらいしか言わないので声優が大変そう。
普通なら、
高嶺の花の美少女とボンクラな俺に意外な接点が!
と喜ぶところですがハルオは違います。
ゲームだけが心の拠り所なハルオは何でも持っている癖にゲームでまで自分を負かした大野に僻みにも似た対抗意識を燃やします。

hsg-1-1073.jpg

hsg-1-1277.jpg

hsg-1-1290.jpg

高嶺の花は凶暴でした。
このアニメを見ると「当時のゲーマーガラ悪過ぎ!」と思わずにはいられません。
負けると台バン(ゲーム台をバンバン叩いて威嚇)は当たりまえ。
ゲームの戦いからリアル戦いに発展する事もちらほら。
晶はそんな連中を華麗にあしらう…なんて事はなく、口は出さないが手が凄い出る。
相手が喧嘩売ってきた場合は無論ですが、ムカつくと先制攻撃してきます。
その一番の被害者がハルオです。
ハルオはリアルではヘタレ&ヘッポコなので殆どサンドバッグですね。

このように最初は敵同士とか思えない関係でしたが晶のゲーム愛は本物。
ハルオのやっているゲームに興味を持って覗きこんだりしてくる。
またある時はハルオに付いてくる晶。
普通なら美少女のストーカーは歓迎したいところですが、絵面がホラーにしか見えません。
実はそれも「ハルオがやっていたゲームが怖くて一人で帰れなかったから」という可愛らしいものと判明。
ハルオの方が段々と軟化してきましたね。
もしかしたら晶もそうなのかもしれませんが、無口で無表情(怒る意外)なので知る術はありません。

雨宿りで板挟み。
美少女と雨宿り、普通なら嬉し恥ずかしなシーンです。
無論このアニメにそんな事はありません。
雨宿り先がゲーム機のある駄菓子屋という所からしてもう違います。
しかもこの駄菓子屋の婆さんが金のない子供は店から容赦なく追い出すという鬼ババでした。
ワンコインで雨が晴れるまで死なずにゲームをする。
図らずも協力プレイをすることになったハルオと晶。

これが初めての共同作業か。
そう思ったのも束の間、ハルオがミスすると容赦なく晶の鉄拳が飛んできます。
そしてゲームが終わってしまえば婆さんに追い出されるという「進むも地獄・引くも地獄」な状況。
楽しいゲームがこんなに辛いなんて。
そう思っていたハルオですが、ゲームクリアで心も晴れた模様。
残った金で飴を2本買い、1本を晶に渡そうとします。
両方共よこせ(目がそう言っている)。
どこまでも容赦無い晶なんですが、飴2本咥えた顔が可愛い過ぎますね。

新しい記事: ぐらんぶる 第1話 『ディープブルー』 新入生は全員20歳以上です!?

古い記事: ルパン三世 PART5 第14話 『王国の盗み方』 ヤク鍋は友情の証!

関連記事

トラックバック(1)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5801

ぬるーくまったりと 3rd - ハイスコアガール BS11(7/13)#01新 (2018年7月14日 21:34)

ROUND11991年。勉強もスポーツも得意じゃない矢口春雄。しかしゲーセンのアーケードゲームは得意だった。 そんな彼を対戦ゲームで打ち負かした...

コメント(3)

・アニメ化発表の矢先に……ゲーム掲載許可取ってない


まさかの事態でしたね、ここら辺は双方で行き違いが生じたと……ただ諸事情から早々と和解に転じた大人の事情には流石ですね。

・ストリートファイターⅡ


ストリートファイターシリーズを不動のモノにした90年代格闘ゲームの一つ……アニメや実写映画化もなりました。そして今回はガイルを担当された方もナレーターとして参加(汗つ。今でもシリーズ化されてます。


『ロックマンX』でもリュウとケンの技が出てましたねぇ……Drライトがこの技を取得した経緯に関しては突っ込まない様に。

私は「バーチャファイター2」から格闘ゲームに嵌った口でした。
負かした対戦相手(知らない人)に中指立てられたことはありますが、流石に殴り合いはありませんでした。
ストリートファイターというと初期のでかいボタンを力任せにブッ叩いて波動拳出すやつを思い出します。

こいさん

返信どうもです。


私は然程興味がなかったのでゲームよりもコミカライズで親しんだ口です(マテつ。


OPを見ると四十代以上辺りは覚えがあるゲーム画面が出ていたのでガチッぷりが窺い知れます。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net