グラゼニ 第6話 『倍数』 1800万だけど1億8000万に負けたくない!

| コメント(3) | トラックバック(0)

grzn-6-282.jpg

grzn-6-618.jpg

grzn-6-802.jpg

年俸マニア凡田。
高い低い以外にも気になる要素があるそうで。
自分の年俸のキッチリ何倍、という選手を過剰に意識しちゃう。
同期の渋谷は3600万で1800万の凡田の2倍。
他にも3倍の選手、4倍の選手、果ては10倍の選手等々。
5000万以上は範疇外の筈なのに倍数の選手には反応しちゃうと。
まるで人間としての価値がそれだけ違う様に感じちゃうんでしょうね。

凡田って喫煙者だったんだ…。
スポーツ選手でタバコを吸うなんて論外に思えますが、野球選手には喫煙者多い印象があります。
サッカーやバスケットボールみたいに走りっぱなしじゃないですし、攻撃時に打順が来ない間は座っていられる。
健康管理に煩い今はともかく、昔はかなりの選手がスパスパやっていたんじゃないでしょうか。
同じことは飲酒や食事にも言えると。
同期である渋谷はストイックな選手みたいです。
凡田の喫煙を止めさせたのは彼で、今も食事に注文をつけている…まるでお母さんです。

節制に努めているのですが、それがいつも試合の結果に結びつくとは限らない。
自分たちを負かしたチームの選手が豪快に「飲む、食う、吸う」のを目の当たりにしたらやるせないでしょうね。
こんな奴らには負けられない。
悔しさをバネに是非次回勝ってもらいたい。
他に渋谷の事でで気になるのが調子が段々落ちてきたように見えること。
いくら好投しても勝てないことでやる気が削がれて来たんじゃないかと心配です。

年俸10倍、豪快さも10倍?
凡田と渋谷はプロ野球選手ですから銀座で飲むくらい余裕でしょう。
でもパーカーにジーパンといった学生のような格好は何とかならなかったのか。
これで銀座の高級クラブ入るとか勇気ありますね。
ここで鉢合わせたのが名古屋の関谷選手、年俸が1億8000万と凡田の10倍。

一回に使うお金は軽く100万円。
挙句凡田や渋谷の飲み代まで持つとのたまった。
流石にこれはお断り、敵に奢ってもらう訳には行きません。
しかも関谷は一晩中飲みまくった挙句寝不足のまま凡田の居るスパイダーズとの試合に臨みます。
何か「あぶさん」 こと景浦安武みたいな選手ですね。

負けられない、というか負けたくない。
こんな不真面目な選手に負けるのは嫌でしょう。
でも現実は残酷で、努力を才能で一蹴されたりする事がままあります。
かくして凡田と関谷対戦の時が来ました。
年俸10倍のプレッシャーを感じる凡田。
加えてこの関谷、チャンスに以上に強いんだそうです。
凡田が出てくるのは基本的に味方のピンチ=敵のチャンスです。
地力も地の利も関谷に分がありそう。

対角線投法だ!
ここでオカン、もとい渋谷のアドバイスを思い出す凡田。
迷ったらとにかく端から端へ対角線を描くように投げていく。
左上→右下→右上→左下といった具合です。
ここで凡田の特徴がまた一つ明らかになりました。
左投手にしてはコントロールが良い。
してはって…利き腕がコントロールの良し悪しに関係あるんだろうか。
左投手が少ない&コントロールの良い投手も少ない→結果として左投手でコントロールが良い投手が少ないだけじゃないの。

ともあれ目論見通り関谷を追い込んで行く凡田。
しかし最後の1球で迷います。
対角線投法は単純なためバッターにも読まれやすい。
読まれた上で打てないというのを狙っています。
内角球で体をのけぞらせると、次の外角球に手が届かないという奴です。
その程度の小細工が年俸10倍の関谷に通用するのかと不安になってくる。
逆に考えるんだ…。
凡田がそう思ったのかは分かりませんが、逆を突く内角攻め。
これが功を奏し年俸10倍の関谷を見逃し三振に斬って取りました。
アニメ見ている限りだと、凡田かなり活躍している様に見えますね。
クローザー(抑え)やっても良いと思うのですが。

次回はグラゼニ 第7話 『二軍なのに一軍』です。

新しい記事: ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 『楽園』 ココロ、思春期どころか発情期を迎えちゃったの巻。

古い記事: ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第5話 『沼の名は。』 イオナ...天使の笑みを持つ悪魔。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5712

コメント(3)

・関谷選手はまだよいほう


あぶさんの場合、高校球児の時に二日酔いで公式戦に出てバレた事がありますから……幾ら昭和でも流石にこれは(汗つ……因みにあぶさんは南海ホークスに入団する前は社会人野球チームに所属し南海からダイエー、そしてソフトバンクへと親会社が変遷する中一度も移籍する事も無く2009年に引退するまでホークス一筋、本当に引退セレモニーをヤフードームでやりましたので。


最も水島作品で凄過ぎる投手と来れば『野球狂の詩』の岩田鉄五郎しかないでしょうね……

>高校球児の時に二日酔いで公式戦に出てバレた事がありますから
ホームラン打ってベースランニング中に気持ち悪くなってメットにゲロゲロゲロ。
ありゃインパクトありました。

こいさん

返信どうもです。

あぶさんの場合は高校時代は不遇だったけど、ホークスに入団後は徐々に活躍しましたからねぇ……一時期は投手になった息子との対戦もあったけど(汗つ


私個人的にはvs岩田鉄五郎(『野球狂の詩』バージョン)との対戦が見たかったなぁ。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net