グラゼニ 第2話 『習性/友達』 年俸オタクの弊害、そして先発との意識の違い。

| コメント(1) | トラックバック(0)

grzn-2-297.jpg

grzn-2-728.jpg

grzn-2-739.jpg

迫田コーチの慧眼。
凡田の強弱は相手の年俸による。
上り調子だけれど年俸が安い1000万の選手には強い。
見下して思い切り投げ込めるから。
ピークの過ぎたベテランだけれど年俸3000万の選手には弱い。
年俸に萎縮しちゃうから。
いっそ年俸を一億円にすれば殆ど抑えるんじゃないか。
こんな話首脳陣に通じるわけありません。

尚相手の年俸が5000万を超えると打ち取る率が上がっていくそうで。
雲の上の話で想像が付かないから。
極めて中継ぎ向きだが先発は無理(稼げない)と言うのが迫田コーチの評価。
当然凡田はこのままじゃイカンと思うわけです。

こんな相手ならどうなる?
この対決に注目しているのは凡田本人と迫田コーチだけかもしれない。
若手の深津は凡田より50万多い年俸1850万円。
打ちとったかに見えましたが結果はポテンヒット。
凡田そんなに悪く無いと思いますが、年俸に魅せられた運命がそうさせるのか。
次の相手は凡田と全く同じ年俸1800万。
同い年、同じ年俸、打率も.260と良くも悪くもない。
同レベルなら負けたくはありませんよね。

ボテボテのピッチャーゴロと思いきやファーストも飛び出して一塁がガラ空き。
さっきのポテンヒットといい守備陣のミス多くないですか。
もしかして凡田嫌われているのか。
図らずも同じ年俸同士の競争になって結果はほぼ同時。
同時ならセーフというのが野球です。
でも結果はアウト、当然相手の監督が猛抗議します。
協議の結果…判定が一転セーフ。
これダメだろ。
例え間違っていたとしてもコロコロ判定変える審判は信用されないし舐められる。
最終判断がどうなったか、どうでもいいではないか、と凡田。
良くない、知りたいです。

最近同級生と会わなくなりました。
会わないのは合わないのももあるのかも。
凡田プロ野球界では微妙な年俸1800万でも、20代半ばの社会人から見ればとんでもない高給取りです。
加えてTVに出る有名人だから「比較されたくない」「気が引ける」なんて呼ばれなくなるのかも。
自然と付き合いが職場の同僚になっていく。

プロになったら自分以外は敵だ。
今週のヤクザスカウト安田さんのありがたいお言葉。
合計7人居た同期は8年で2人になった。
そんな中でドラフト最下位の凡田が残ってるのが凄いと思います。
今一人が渋谷明、年俸3600万と凡田の倍。
それもそのはず、彼は先発投手だからです。 

気が合うってマジ!?
給料が倍違うし上記の話から仲悪いのかと思ったらそうでもないと。 
ただしこの渋谷、今年は勝ちから見放されている。
3試合先発、3完投、防御率1.00で…0勝3敗。
所謂「ムエンゴ」という奴です。
いくら好投しても点にはならない、ピッチャーの辛いところです。
だからと言って打撃陣に当たれば反発食らってしまう。
今はじっと我慢の子です。

4度めの正直。
渋谷の未勝利は尽く相手のエースとぶつかるという理由もあります。
そして今回も以前投げ負けた殿山と二回目の対戦。
登板日をわざわざ一日繰り上げてきたそうで、渋谷狙い撃ちされていますね。
調子が下がり目なのか、得点こそ許さないものの結構ヒット打たれている渋谷。

投球練習している凡田がの姿に気が散る。
まるで「お前は限界だ」と言われているみたいに感じるから。
しかし遂に味方が先制してくれた。
点を取ってもらうことがこんなに嬉しいなんて!
渋谷曰く、これこそ中継ぎには分からない先発の醍醐味。

責任重大。
ところがその裏で無死満塁。
点が入って渋谷の気が緩んだか。
気合を入れなおして2人を三振に取った所で凡田に交代。
後は任せろと凡田←→完投したかったと渋谷。
両者の意識にズレがありますね。
この後凡田が打たれたら友情にヒビが入りそう。
そう思ったら大飛球打たれましたがライトがファインプレー。
今回のバックは頼れる連中みたいです。

だがしかし。
凡田の後の抑えが打たれて逆転。
この時点で渋谷の勝ちが消えてしまった!
隣りにいる凡田もなんて声かけりゃ良いんだろう。
しかもその後スパイダース逆転サヨナラ。
晴れて勝ち星は抑えの瀬川のものになる。
これ抑えとしてはダメダメですね。
渋谷落ち込んでいるかと思えば結構サバサバ。
勝ち星がつかなくても、自分が投げてチームが勝てば嬉しい。
こんな投手なら、中継ぎや打撃陣も応援したくなりますね。 

次回はグラゼニ 第3話 『県人会』です。

新しい記事: グランクレスト戦記 第14話 『システィナの解放者』 将を射んと欲すればまず馬をグサリ!

古い記事: フルメタル・パニック! Invisible Victory 第1話 『ゼロアワー』 日常生活の終わり...のっけから大ピ ...

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5663

コメント(1)

・凡太の悪い癖


FC時代からあるあの有名なプロ野球ゲームにも使われた凡太の特技……本当にこんな選手いるかどうかは探らない様に(汗つ

・微妙なプレイ


一昔なら揉み合いになっていたなぁ……みのもんたさんのアテレコマダー(おいっ

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net