ゴールデンカムイ 第3話 『カムイモシㇼ』 祖母の公認キタ!アイヌ語とアイヌ文化も興味深い。

| コメント(1) | トラックバック(5)

gdk-3-83.jpg

gdk-3-9b.jpg

アイヌ語は絶滅危惧種。
日本語と全く言語体系違うんですよね。
そして死語になりつつある何よりの理由はアイヌに文字が無かったから。
北海道の地名はアイヌ語由来のものが多いです。
「ナントカポロ(幌)」とか「ナントカベツ(別)」が多いのはそのせいです。
ポロは「大きい」ベツは「川」を意味します。
そんなアイヌの一端をアニメで紹介してくれるのは嬉しい。

兎のチタタプ鍋。
アシリパが振るまい、杉元が食べる。
凄い夫婦感ありますね。
このままでも美味いけれど…杉元が取り出したのが味噌。
それオソマじゃないか!!
オソマ=うんこ。
味噌見たことなきゃそう思うかも。
うんこ食べてる…アシリパの微妙な表情がイイ。
アシリパのジト目を尻目にヒンナヒンナ言う杉元。
美味しいと喜ぶ顔が確かに変態っぽい。

熊の巣穴。
近づけって…そこは一目散に逃げるところじゃないのか。
いるかも→捕まえるか。
何故そういう発想になるのか。
穴を杭で塞ぎ、顔を出したところを毒矢で撃つ。
良かった、一応対策はあるのね。
でも勇敢だった父は毒矢持って巣穴に入っていった。
ソレを杉元にやれと!?
ヒグマは巣穴に入ってきた人間を決して殺さない(ドヤァ)
絶対ヤダという杉元の判断は正しいと思う。
アシリパ曰く、ヒグマは脳みそに塩かけて食うと美味いそうで。
脳みそってアイヌのご馳走なんだろうか。

なんか光ってる→双眼鏡だ!
狙撃銃のスコープじゃなくてまだ助かった。
でもうかうかしていられませんね。
やって来たのはスキー部隊が4人、こりゃ逃げ切れそうもありません。
別行動を提案する杉元、アシリパ1人なら殺されはしないという配慮です。
…そう思ったら意外な男が敵に居たんですね。
東北マタギの出身・谷垣。
つまり元漁師なので、動物動物の習性は熟知しており、その真似をするアシリパの行動も見抜いていると。

声をかけるもアイヌ語で返すアシリパ。
「一緒に居た男は汁物にウンコを入れて食べる。(アイヌ語)」
言葉が通じないのを良い事に無茶苦茶言ってますね。
でも刺青人皮持っているのがバレて怪しまれると。
その弓を下に置け。
奇襲を見破られた&言葉が分かることも知られた。
このマタギ出来る、アシリパピンチ!
そう思ったら救いの神・レタラが来た。

巣穴にダイブ!
3人に追われた杉元は密猟者を装ってやり過ごそうとする。
でも不死身の杉元ってバレちゃいました。
結構顔が売れています、というか傷があるから覚えやすいのか。 
杉元大ピンチ、しかし都合良く…は無いですがさっきの熊の巣穴がすぐそこに。
前門の第7師団、後門のヒグマ。
選んだのは後者でした。

第7師団はただの穴かと思ったのか銃で追い打ち。
お返しに出てきたのがやっぱり居たヒグマです。
ここ原作だとかなりグロいんですよね。
アニメでは最低限の所は見せつつも、ヤバイ描写は外しています。
流れ弾で死んだ1人はともかく、2人とも戦意旺盛でした。
相打ちとはいえヒグマ倒しちゃうし、第7師団ってバケモノ揃いなの?

gdk-3-748b.jpg

gdk-3-935.jpg

レタラに襲われた谷垣瀕死。
ウェンカムイ(悪い神)になっちゃダメ。
アシリパが止めなければ喉笛噛みちぎられていましたね。
戻って来た杉元が見たのは痛々しい谷垣と…レタラと戯れるアシリパの姿。
ここか、ここがええのんか~。
さっきまでの殺伐とした雰囲気はどこへやら。
でも杉元を見るとレタラ去って行きました。
つかず離れずアシリパを守っている様です。

子熊が見つかって必死に庇う杉元。
俺が面倒見る、母親代わりになるんだ!
何故か母性に目覚める杉元…まあ親熊に命助けられましたから。
す~ぎ~も~と~。
アシリパがやばい顔してる!こりゃ絶対食べると思っちゃう。
でも食べない、子熊はコタンで育てるとアシリパ。
コタン=集落ですね。
図らずもアシリパのお宅訪問です。

フチ、アシリパの母方の祖母。
杉元は遠慮がちですが歓迎してくれている様です。
もっと閉鎖的かと思ったら好奇心旺盛な民族だそうで。
父は以前話した通り金塊強奪犯(のっぺら坊)に殺され、母はアシリパを産んですぐに死亡。
祖父も数年前に無くなり祖母一人孫娘一人だそうです。
因みにフチはアイヌ語しか喋れないので、アシリパが通訳になっている。

その祖母がとんでもない事をのたまった。 
女の仕事が出来ないアシリパは嫁の貰い手がない、杉元に貰ってくれと言っている。 
いくら昔でも早過ぎない?ともあれアシリパこれをどう訳すのか。
うんこ食べちゃダメ。
照れるアシリパに気づかない朴念仁杉元。
アイヌでは病魔除けに幼い子には汚い名前をつけるそうで。
因みにアシリパの幼名は「祖父の尻の穴」
アスホール…外人に大受けしそう。

殺す…んだよね。
子熊はいずれ神々の国へ送る。
アイヌにとっての神聖な儀式「イヨマンテ」。
昔「イヨマンテの夜」って歌ありましたね。 
まあ大きくなると危険というのもあるんでしょう。
あまり仲良くすると情が湧く。
儀式に納得していても、割り切れない部分もあるんですね。 

その考えはアイヌの中でも変わっているのでは、と杉元。
アシリパ=新しい年、未来。
自称未来志向のアイヌなんだそうです。

杉元達に迫る追手。
一方は第7師団の鶴見。
上官の指を食いちぎるクレイジーっぷり、しかし人望はある様です。
我々の戦争は終わっていない。
ランボーみたく戦場が忘れられない口であると。
同じような心境の部下からはカリスマ的に崇められていそうですね。 

他方は前回白石が話していた脱走の首謀者・土方。
同じ脱獄犯の牛山と合流しています。
こちらは杉元の存在を知らず、第7師団を当面の敵だと思っている。
刀で第7師団とやりあうつもりか。
幾つになっても男子は刀を振り回すのが好きだろう?
土方が言うと無茶苦茶説得力ありますね。

次回はゴールデンカムイ 第4話 『死神』です。

新しい記事: ルパン三世 PART5 第4話 『銭形の誇りと砂漠の埃』 呉越同舟の砂漠超え。

古い記事: ダーリン・イン・ザ・フランキス 第15話 『比翼の鳥』 真紅のストレリチア...その強さは天井知らず。

関連記事

トラックバック(5)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5677

ぬるーくまったりと 3rd - ゴールデンカムイ BS11(4/23)#03 (2018年5月29日 05:35)

第三話 カムイモシリ 捕まえたウサギをチチタプにしてつみれの鍋にする。リスよりもアッサリしていて美味い、味噌が合うはず。アイヌは味噌を知らないの...

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - ゴールデンカムイ【第3話 カムイモシリ】感想 (2018年5月29日 06:06)

☆第3話 カムイモシリ  杉元とアシリパの宝探しは続きます。山の中でヒグマの巣穴を見つけた二人。熊は巣穴に入ってきた人間を襲わない、とアシリパはアイヌの...

アニメガネ - ゴールデンカムイ 第三話 カムイモシリ 投入感想 (2018年5月29日 07:16)

なんちゅうもんを。

いま、お茶いれますね - ゴールデンカムイ 第3話「カムイモシリ」 (2018年5月29日 12:07)

第3話「カムイモシリ」 アシリパさんのアイヌ講座おもしろい。

マイ・シークレット・ガーデン FC2 - 新しい時代のアイヌの女 (2018年5月30日 18:01)

なかなか整理しきれん++; 『ゴールデンカムイ』 第三話 カムイモシㇼ ウサギ肉はリスよりあっさりしているのね。 アシㇼパの作ったチタ...

コメント(1)

・第7師団のバケモノぷり


そりゃあ日露戦争の旅順攻略戦は壮絶ですから……鶴見に至っては“よく軍人続けられるな“と言う位ですから、当たり所悪ければあの世行きです。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net