ゴールデンカムイ 第2話 『のっぺら坊』 グルメ&ギャグアニメになった!新キャラも濃いやつばかり!!

| コメント(1) | トラックバック(4)

gdk-2-626b.jpg

gdk-2-813.jpg

アシリパがヒロインがしちゃいけない顔してる!
第七師団の尾形上等兵。
同じく第7師団の鶴見中尉。
脱獄王白石吉竹。
アイヌ殺害&金塊強奪犯の通称:のっぺら坊。
そして元新選組の土方歳三まで。
こいつら出しぬいて金塊ゲット出来るんだろうか。

リスは好きだ(食料として)。
小さくて食べる所あるのかと思うのですが、しっかり食べます。
皮は剥いで道具作りに、身は骨まで砕いて食べちゃう。
肉の生食は…比較的生食に抵抗のない日本人でも躊躇っちゃいますね。
寄生虫とか大丈夫なの?
もしかして「細かいことは気にするな」って方針だったら嫌だなあ。 
脳みそを勧められ閉口する杉本。
どうやらアシリパ的にはごちそうを振舞っている模様。
そして食べないと許されない雰囲気。
可愛いヒロインの筈が顔パンパンにして威圧してきます。

リス罠は人間にも有効。
街で刺青男の聞きこみをし、口封じに現れた男をリス罠で捕獲。
刺青を写しとるアシリパ、絵心があったんですね。
しかし目の前で犯人が撃たれてしまう。
仲間による口封じか?
そう思ったら相手は軍人だった。
その名も知られた第7師団、他方向こうも杉本の名前を知っていた。 
杉本もかなり人間離れしていますがこの男もどっこいどっこい。

殺すなら私は協力しない。
ともすれば殺人マシーンに戻りそうな杉本をギリギリ押しとどめているのがアシリパとの約束。
まあこの時は演技だったみたいですが。 
腕を折られながらも逃げていたんですが、頭に投げた小銃が直撃。
それ銃の使い方違う、結果兵士が川に転落。
マンガやアニメで川に落ちたら死んでないパターン多いけれど、冬の北海道じゃ死にそう。

チタタプ食べてヒンナヒンナ。
脳みそはともかくチタタプとつみれは美味しそう。
変顔したアシリパも食べている所は大変可愛らしい。
杉本の特徴として知らないものを抵抗なく受け入れるというのがありますね。
頭が硬直しがちな軍人には得難い資質です。
アイヌの料理も(嫌々ながら)食べますし、アシリパに対する差別感情もない。
協力者とか恩人だから敬意を払っているのかもしれませんが。 

gdk-2-877b.jpg

脱獄王白石。
元ネタは昭和の脱獄王・白鳥由栄でしょうね。
縛り上げたのに口からカミソリ出して逃亡。
追いかける杉本ですがアシリパは深追いするなと警告。
必ず捕まえる!→早く兎食べたかったのに。
そっちか。

これまでシリアス&容赦無い流血描写だったゴールデンカムイ。
白石とのやり取りから毛色が変わってきましたね。
緒方上等兵と同じく川に転落した2人。
低体温症でヤバイ、もう敵も味方もありません。
早く火を起こさないと死ぬっ…ぞ!
寒くて杉本の口も回らない。 

タイムリミットは10分間(ナレーション)!
よく尾形助かったな。
マッチがしけてる、弾薬は川に落としたと八方塞がりの杉本たち。
手が動かない、頭が働かない。
低体温症の描写がリアル。
死にたくなきゃ川に落ちた銃弾を探せ!
協力するから俺を見逃せ!
分かったから弾を…また口から白石が出した。
お前の胃は四次元ポケットなの?
銃弾を発火させ必死にフーフーする2人は友達みたい。
白石がこのアニメの癒やしなんだろうか。 

脱獄犯は全部で24人。
白石も色々話してくれるようになった。
のっぺら坊について知っているのは脱獄を指揮した囚人の親玉。
30数年前の箱館戦争で戦った敗残兵。
もしかして…。
箱館戦争で戦死したと言われる新選組の鬼の副長。
やっぱり土方歳三か!!
不死身の杉本でも相手が悪そうですね。
そして川に落ちた緒方上等兵は原隊に拾われていた。
上官の鶴見中尉も見た目からしてやばそうです。 

次回はゴールデンカムイ 第3話 『カムイモシㇼ』です。

新しい記事: ルパン三世 PART5 第3話 『殺し屋は荒野に集う』 アミと打ち解けたところで不二子登場。

古い記事: ダーリン・イン・ザ・フランキス 第14話 『罪と告白』 記憶を取り戻して元鞘かと思ったら...。

関連記事

トラックバック(4)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5666

アニメガネ - ゴールデンカムイ 第二話 のっぺら坊 捌き感想 (2018年5月26日 17:47)

解体ショーの始まりや。

マイ・シークレット・ガーデン FC2 - 生き抜く執念 (2018年5月26日 18:54)

取りあえずタイトルだけ++; 原作1話分くらい?Renta!で読みました。 *新番組*『ゴールデンカムイ』 第一話 ウェンカムイ 遼東半...

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - ゴールデンカムイ【第2話 のっぺら坊】感想 (2018年5月27日 00:16)

☆第2話 のっぺら坊  入れ墨の男を探し、杉元とアシㇼパは小樽の街で聞き込みをします。特に情報は何もなかったのですが、杉元たちの他にも同じことを聞いて回...

いま、お茶いれますね - ゴールデンカムイ 第2話「のっぺら坊」 (2018年5月27日 01:02)

第2話「のっぺら坊」 もしかしてアシリパさんはヒロイン枠じゃない?

コメント(1)

・網走に監獄がある理由

広大な土地でなおかつ集落がまばら……今現在も“網走刑務所”がありますし、先代の監獄は今は“博物館網走監獄”として観光施設になってます。五翼放射状平屋舎房は刑務所の施設としては日本最古、木造の刊行建造物としては世界最古です。この刑務所が出来た背景としては明治維新後の政治犯や反乱が多発し本州にある監獄では足りなくなって過剰監獄状態、これじゃあ更生所か最悪の事態が起きかねない、そんな時に広大な未開拓地だった北海道に目を付けた訳です。北海道開拓の思惑も絡んでいる訳ですね……まあ網走刑務所は可也地元民からは好ましくないイメージだったんですが“網走番外地シリーズ”が高倉健主演で公開されると一転して観光地に経済効果が良い意味で齎された訳です、因みに網走番外地シリーズの原作者である伊藤 一氏もそこの刑務所に収監されていた方で更に安部 譲二氏は元暴力団で自伝的小説『堀の中の懲りない面々』にも描かれてます、そして『仁義なき戦い』の原作者も……。


・土方を隠した理由


ここら辺は明治政府に恨みがある方々に利用されたら困りますから……

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net