グランクレスト戦記 第7話 『白亜の公子』 テオ=爵位や領地よりも愛を取った男。

| コメント(0) | トラックバック(3)

rgw-7-407b.jpg

ミルザーがボロクソ言ったテオの行動は、意外な人に受けていた。

前回ミルザーが単騎で城を落としました。
これに対しテオはどうするか。
やはり単騎で乗り込んでいって…説得工作。
相手の君主ラドヴァンは住民に慕われている誠実な人物です。
降伏には応じないから、街の外で決着を付けるように提案。
ここまでがシルーカの入れ知恵です。
彼女軍師としては微妙なので、今回も上手く行かないんだろうな。

…上手く行っちゃいましたね。
領民のことを考えて欲しい、というテオの訴えが通じました。
加えてこのラドヴァンもヴィラールやラシックじゃなくてテオに忠誠を誓うと言い出した。
こちらシルーカの予想以上の成果です。
まるでラシック2号、聖印関係なく従属君主を集めていきます。
テオはヴィラールの従属君主なので、サブマリン従属君主といったところか。
後は一騎討ちでラシックがフォービス王を撃破、クロービス王は降伏して戦いは終了。 

同盟の盟主であるアリーネの方はお通夜状態。
そりゃ救援断れば寝返りも起こります。
テオ達との戦いで騎士団がボロ負けしちゃったから余裕が無いからなんですが。
傍目には連合有利、同盟不利に見えますね。
そもそも連合と同盟はイデオロギーで対立しているとか、不倶戴天の敵という感じがしません。
どっちに転ぶかは君主の利益次第に見えるので、寝返りは起こるだろうと。
会議に到着したテオ達は良くも悪くも注目の的。
知りませんでしたが同盟との決戦から30年近く戦争が無かったそうです。

つまり戦っていたのはテオやヴィラールの周辺だけ。
これを評価するものも居れば僻むものも居ると。
そして盟主のファルーシア公アレクシスが登場、サブタイトルの「白亜の公子」はこの人です。
OPでいつもアリーネに振られている男ですが。
ナヨっとしていて頼りないですが、女性人気は絶大。
ヴィラールの新しい魔法師長ラウラもこのアレクシスにご執心。
マルグレットと違い、ヴィラールとのロマンスは無さそうですね。

rgw-7-779b.jpg

盟主と仇敵。
シルーカはこのアレクシスと面識があります。
ここでも知名度はテオ<シルーカ。
そう思ったらアレクシスはテオを知っていた。
貴方とはゆっくり話をしてみたかった。
ありがたいですが、多分社交辞令だろうと言うのがシルーカの見立てでした。

いま一人とヴィラールが挨拶した男こそフェデリコ・ロッシーニ。
テオの故郷システィナの暴君です。
さぞや口と態度が悪いのか、そう思ったら意外と穏やか。
一瞬顔が歪んだテオも握手に応じたのはビックリした。
しかしその手には力が込められるなど、水面下での戦いは始まっている感じです。

テオにお客様、アレクシスって人。
本当に来ましたね、って来るのは分かっていました。
主人公補正いやいやちゃんと理由がありました。
このアレクシス、良く言えば良家のお坊ちゃん、悪く言えば覇気の無い軟弱男。
多分ミルザーが聞いたらぶった斬りたくなるタイプの人物です。

毎回OPで振られていますがこの人のマリーネ愛は本物。
その彼にとって爵位や領地よりもシルーカを選んだテオは理想だったんですね。
叶うなら自分も全てを捨ててマリーネと添い遂げたいと。
良い人間ではあるけれど、君主とか盟主には向いていない。
テオには一応野望もありますしね。
ともあれ協力するのはやぶさかじゃないテオとシルーカ。 

rgw-7-1178b.jpg

襲撃です!
最初お忍びで来たアレクシスを狙ったのかと思いました。
同盟よりマシですが連合も一枚岩ではないのかと。
オメルタ、ロッシーニのフラッグ。
命令すればどんな悪いことも良心の呵責無く出来ちゃうという質の悪いもの。
本来の意味はマフィアの「沈黙の誓い」ですね。
さっき握手したと思ったらもう刺客、敵もどうして動きが早いです。
魔法はともかくシルーカが指揮棒みたいなステッキで戦うのにはビックリしました。
しかし所詮武器じゃないので殺されそう。
無論テオが守る…と思ったらバルギャリー殿下が助けてくれた。
このニャンコいつもシルーカの影に潜んでいたんでしょうか。 

襲撃は退けましたが収穫もありました。
この襲撃はアレクシスも目撃していますし、一緒に襲われた。
ロッシーニを盟主暗殺未遂の罪に問うことが出来ます。
こちらフラッグがあるから誤魔化しようがないという事でしょうか。
ともかくこれでロッシーニは連合を除名される。
除名されれば大手を振って討伐が出来ると。
当初は同盟に寝返って敵対しようとしていましたが、これで大義名分が立ちましたね。

次回はグランクレスト戦記 第8話 『会議は踊る』です。

公式サイトウィキペディア / ニコニコチャンネル / ニコニコ大百科公式Twitter(#グラクレ)

新しい記事: 七つの美徳 第4話 『集中してください』 集中...出来るか!!

古い記事: 恋は雨上がりのように 第6話 『沙雨(さう)』 喜屋武はるか...お前はそうなのか。

関連記事

トラックバック(3)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5569

ぬるーくまったりと 3rd - グランクレスト戦記 BS11(2/16)#07 (2018年2月18日 22:42)

第7話 白亜の公子 フォービスの君主ラドヴァンと交渉するため自ら単騎で赴くテオ。フォービスは美しい街で住民を巻き込む争いは避けたい。最悪でも戦場...

アニメガネ - 今日見たアニメ二言三言感想 2018/2/19 (2018年2月19日 22:07)

おしながき ・伊藤潤二『コレクション』 第6話 隣の窓/緩やかな別れ ・グランクレスト戦記 第7話 白亜の公子 ・タイムボカン 逆襲の三悪人 第...

アニメとマンガの感想と考察 - グランクレスト第7話「白亜の公子」ロッシーニの襲撃 (2018年2月22日 23:51)

グランクレスト第7話「白亜の公子」は、前半がセーヴィスの進軍の後半のエピソード。 後半がロッシーニとの事実上の敵対となる暗殺未遂事件。 アバンはテオがラド...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net