君の名は。ラブストーリーかと思ったらSFだった。

| コメント(0) | トラックバック(3)

一般ウケするアニメ→自分には合わないな。
なんて思っていましたので、今まで見ていませんでした。
実はもう一つ理由があるのですが、後述します。
あとタイトルに聞き覚えがありました。
NHKのラジオドラマや映画になった「君の名は(句点がない)」があったんですね。
むしろこっちが元祖だから句点を入れたと。
このタイトルをもじった「君の縄」ってAVもあったような。

男女入れ替えモノだった。
最初に女主人公の三葉の日常が描かれ、そのうち男主人公の瀧が出てくる。
ここで「ああ、2人が入れ替わっているんだな」と分かる仕掛けになっていますね。
よくある入れ替えモノだと「山田くんと7人の魔女」みたく同じクラスの男女がごっつんこで…というパターン。
しかし三葉と瀧は学校はおろか住んでいる場所も違う男女になります。
人間関係も家も学校も分からない、そりゃ戸惑いますね。
まあ同じ日本人だったのは不幸中の幸い。
相手が外国人だったり国が紛争国だったら洒落になりません。 

そりゃ男が女になったら胸を揉む。
逆もまた然りです。
思春期の男女ならお互いの体に興味津々です。
実際は劇中の描写以上に過激なことしそうだけれど、流石に自重していますね。
「君の縄」じゃないですけれど入れ替えはAVにもありそうなネタなので。
メインキャストが俳優で、脇を固めるのが声優というハイブリッドな配役。
でも酷く下手くそな俳優は居ないですね。
入れ替わっている事に気づいた2人は互いに伝言し合って変なことしないように警告する。
この過程を高速ダイジェストで処理しているのはうまい演出だなと思いました。

他人になるって難しい。
ただ「入れ替わっている」という発想に思い至らないため、周囲から疑われるまでは行きません。
そして入れ替えがランダムなので、対応するのも大変ですね。
特にバイトの代役とかいきなり押し付けられても難しい。
男と女、都会モンと田舎モン、革新と伝統、境遇が真逆の2人。
最初は都会に憧れていたという事で三葉が喜んでいる。
次に田舎と自然に瀧が癒やされていく。

ところが性格や性別の違いから問題が出てきます。
三葉は入れ替わっている間に瀧の憧れの人・奥寺先輩と仲良くなっていく。
中身同性なので話も合うからでしょうね。
しかし三葉が勝手にデートの約束をして、翌日瀧に戻ってしまったからさあ大変。
心の準備も出来ないままデートに行き散々な結果に終わっちゃう。
いきなりだったこともありますが、中の人が違うのが大きいと思います。
奥寺先輩が気になるのは瀧(三葉)なんですから。
唯一の収穫はデート中に行った写真展で三葉になっていた時の景色を見たこと。

唐突に入れ替わり終了。
入れ替わりが起きるたびにさぞや迷惑していたことでしょう。
ある日を境に入れ替わりがぱったりと起きなくなった。
こうなると逆に気になって仕方がない瀧。
何しろ入れ替わっているために互いに顔を合わせたことが無いのですから。
挨拶とか文句も言わずに関係終了じゃ悶々としちゃいますよね。
メールも電話も届かない為、写真展の情報を頼りに瀧が捜索を開始します。
何故かこの旅に司と奥寺先輩まで同行。
気まずいデートした後なのにアッケラカン。
流石大人の女性ですね。

入れ替わり終了の真相。
代わっている間に住所を調べなかったのか。
また神社の娘なら簡単に見つかりそうな気もする。
なんて気もしますが、手探りでの探索は難航。
諦めかけたその時に知ったのは、
隕石で滅んだ町・糸守町。
三年前に彗星の破片が落下し瓦礫の山になっていた。
知っている人も少なくて当然、当事者が殆ど死亡しているから。
加えて地形が変わっていたからです。

ここで場所だけでなく時間も違っていた事が明らかになる。
月日は一緒でも年が違ったんですね。
同い年に見えた三葉は実は年上だったと。
携帯やメールが届かないのも時間の壁があったから。
入れ替わりが起きなくなったのは…相手が、三葉が死んでしまったから。

残酷な真実を知る瀧。
多少なりとも情報を知っていましたが、ここは映像と相まって本当に途方に暮れる。
入れ替わっている時の記憶がおぼろげになっていくと分かったものこの辺り。
時間の修正力というやつでしょうか。
スマホに書かれていた三葉のメモがどんどん文字化けして消えていくのが何とも悲しい。

ここからどうするの?
普通のタイムスリップものならもう一度過去に飛んで警告する所。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でマーティがドクにメモを残したように。
しかし瀧の時間軸ではとうに過去であり、入れ替わりをしていた三葉の時間軸でも事が起こった後。
もうどうしようもないじゃん。
そもそも記憶が消えかけて「アレは夢だったのでは」と思いかけてしまう。
解決の鍵は三葉が巫女の家系であり、組紐を作っていたこと。
ここで瀧が同じような紐を腕に巻いていることが発覚する。
ずっと巻いていたのかもしれないけれど、私が気づいたのは奥寺先輩が指摘したこの時です。
記憶を頼りにご神体の元へと向かい、三葉(中身は瀧)が奉納した口噛み酒を含む。
気が付くと隕石落下の当日の三葉の体の中…奇跡が起こった!

今夜、糸森町に彗星が落ちてみんな死ぬ!
果たしてこの話を何人が信じてくれるんだろうか。
いちおう勅使河原と紗耶香が協力してくれた。
巫女の娘だから特別な力があると思ってくれたんでしょうか。
それでも3人で何が出来るんだろうか。
法螺話でっち上げるのかな?そう思ったら爆弾騒ぎ、しかもガチ。
勅使河原の家が発破工事しているのを使ってホントに爆破。
もしこの時間軸で隕石落ちなかったらテロリスト認定です。

そして三葉に瀧が入るということは、瀧に三葉が入るということでもある。
本来死んでいるはずの三葉も瀧の体に入りましたね。
何故瀧がご神体の場所にいるのか。
その疑問も冷めやらぬ内に崩壊した糸守町に茫然自失です。 

東京行ってくる、理由はデート。
妹がデート云々行っていた話の詳細が明らかになりました。
瀧と奥寺先輩のデート当日。
実は三葉は飛騨から上京していたんですね。
つまりデートと言っても自分のデートじゃない。
橋渡ししたにもかかわらず、自分も瀧が好きになっちゃったという複雑な乙女心か。
急に尋ねたら、驚くかな。
このあたり堪りませんね。
連絡も取れないのに東京で人一人見つけるとか奇跡に近い、まあ奇跡は起きるんですが。
それでも悲劇の予感しかしない。
なにせ時間が3年ずれており、瀧は中学生くらいで、当然三葉を知らない。

誰お前?
思い切って話しかけても帰ってくるのはそっけない返事。
当たり前です、知り合う前なんですから。
三葉は時間のズレを気づいていたのか、或いは瀧に冷たくされたと感じたか。
瀧の見た目が高校時代とあまり変わらないのでどう思ったかが分かりません。
しかしあまりにも三葉が可愛そう。
そう思ったら瀧が「アンタの名前は?」と聞いてきた。
この時三葉が別れ際に組紐を渡したんですね。
これが無いと本当に入れ替わり終了でした。
いきなり話し掛けて来て組紐くれた女、しかもそれ以来肌身離さず身に着けている。
何で忘れちゃったんでしょう、やはり修正力というやつか。 

三葉、居るんだろ!!
時は違えど場所は一緒の2人。
組紐効果か声が聞こえた。
しかし声はすれども姿が見えない、時間軸が違うからなんですがもどかしい。
日暮れの片割れ時、つまり夕暮れ。
遂に2人が同じ時、同じ場所で重なった。
瀧くんが居る…。
よく知っているけれど、ちゃんと会ったのはこれが初めて。
ネットでずっと話していた相手とオフ会で遂に対面とかありますが、もっと劇的にした感じですね。

喜んでばかりも居られない。
この先の悲劇を回避する、その為に瀧は来たんですから。
互いの名前を忘れないように手に書…こうとして夕暮れが終了、相手が消えた。
神様意地悪。
ならばと自分で三葉の名前を書こうとするも、ここで修正力。
瀧が三葉を思い出せない。
神様とっても意地悪。

他方瀧の意志を継いで騒ぎを起こす三葉ですが、当然思い通りには行かない。
落ちてくる前に隕石が落ちると行って誰が信じるのか。
めげそうになる三葉が目にしたのは手に書かれた「すきだ」の文字。
鋤田さん。
なんてカン違いは野暮ですね。
これで発奮する三葉ですが、上手く行ったのか分からないまま隕石が落着。

瀧がスーツだ!
どうやら就職活動中みたいですね。
瀧の時間で5年、三葉の時間で8年が経過したようで。
隕石落下の記憶は薄れ、それ以上に歴史の修正力で互いの記憶があやふやになった2人。
ずっと誰かを、何かを探している。
しかし誰なのか分からないまま。
結婚間近?の奥寺先輩が出てきた。
喫茶店で後ろで話しているの勅使河原と紗耶香か。
町が壊滅して移住したんでしょうね。
橋で三葉っぽい人とすれ違ったぞ!
…互いに立ち止まり、そのまま行っちゃう。
え、アンハッピーエンドなの。

からの大逆転。
すれ違う電車で目が合って、取り憑かれたかの様に探しまわる2人。
ちょうど逆路線なんで、どっちもひと駅歩いてきたんでしょうね。
ここでまた会えないとか勘弁。
そう思ったら遂に階段で再会!やった!!
なのにすれ違っちゃう2人。
お願いだから何か言ってくれ!
そう思ったら…遂に瀧が話しかけた。

一応?ハッピーエンドで良かった。
まずこれが重要です。
特にラブストーリーで意中の相手とくっつかないとか論外です。
柴門ふみの作品とか最近では「セイレン」の常木さんとか個人的にお呼びじゃありません。
何故なら現実にいくらでも転がっているどうでもいい話だからです。

このアニメを中々見なかったもう一つの理由があります。
監督の新海誠はバッドエンドが好きらしい。
つまり上記の心配したラストを描くと聞いて避けていました。
調べたら監督はそうしようとしたらしいですね、これをプロデューサーが止めたそうで。
…英断だったと思います、そうじゃなかったら大ヒットしていない筈。

もっと言えば瀧と三葉がくっついた後の描写をもっと入れて欲しかった。
感動の再会で終わっちゃったので、
ホントにくっついたのか、実は他に恋人居るんじゃないの。
なんて考えちゃいますから。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#君の名は。)


新しい記事: ラーメン大好き小泉さん 第1話 『ヤサイマシニンニクカラメ/まーゆ/こってり』 こっちの方がカロリークイーン。

古い記事: 探偵オペラ ミルキィホームズ 『アルセーヌ 華麗なる欲望』 アルセーヌがバカな子になっていく...だがそれが良い。

トラックバック(3)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5493

アニメとマンガの感想と考察 - 君の名は。あらすじと感想 (2018年1月 6日 10:49)

「君の名は」が話題なので視聴。 首都圏では初のテレビ放送があったらしい。 事前情報は断片的には知ってた。 要は2人の男女の意識入れ替わりネタだった。 ただ...

ぐ~たらにっき - 君の名は。 (2018年1月 7日 22:22)

1月3日に放送されたものを見ました。 2016年に公開された新海誠監督作品。

ぬるーくまったりと 3rd - 君の名は。 テレ朝(1/03) (2018年1月 9日 22:33)

2016年の映画興行成績トップの250億円を売上、歴代でも 4位に入った大ヒット映画。全編を通して視聴した感想は、3年前に糸守が彗星の落下で壊滅していた。...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net