ダーリン・イン・ザ・フランキス 第2話 『繋がるということ』 恋心なのか?キスを知らないコドモ達!

| コメント(4) | トラックバック(6)

dif-2-244c.jpg

dif-2-310.jpg

dif-2-549.jpg

dif-2-600.jpg

自信を取り戻した?ヒロ。
叫竜に襲われたナオミが生きていた様です。
良かったけれどよく助かったな。
ゴロゴロ転がされた上に潰れた様に見えましたが。
ゼロツーとフランクス「ストレリチア」に登場し、その叫竜を倒したヒロ。
ただ乗っている最中の記憶が無い様です。
一体どういうことなんでしょう。
イチゴは帰還を歓迎し、ゾロメは対抗心をむき出しにしていますね。

ヒロだけじゃなくて何故かゼロツーも一緒に居ます。
肉にはちみつ付けて丸かじり。
ゼロ番コードは存在しない筈、なのにゼロツーは存在する。
因みに「02=オニ」って意味なんでしょうね。 

乗れていた、素敵だったよ、ダーリン。
ナンパしてきたゾロメを軽くあしらい、当然のようにヒロの椅子にニコイチで座るゼロツー。
この行為とダーリン呼ばわりにイチゴ不満そう。
このままヒロと組むのかと思ったら未定。
ヒロとしては記憶が無いので確かめたい、とゼロツーと組むのに前向きです。
しかしチームが違ううえにゼロツーが特別扱いなので簡単には行かなそうです。
そのゼロツーはナナより「パラサイト達との接触は控えて」と警告を受けている。
ゼロツーはパラサイトじゃないのか。

いちおう上層部もコード016=ヒロに注目してますね。
血が汚れるとか輝きがどうのと言っているが、今のところ意味不明。
お前が俺達より先に乗ったなんて認めてねえ。
いちいち突っかかるゾロメ、この手の血気盛んな奴は早死しそうです。

スーツ着用シーンが凄い&操縦方法にたまげた!
女性パイロット=ピスティルのスーツ装着手順。
まずピチピチのアンダースーツを装着します。
その上からボディペインティングみたいにスーツが貼り付けられる。
仕上げにヘッドギア?と脊椎パッドをパチンとセット。
「新世紀エヴァんゲリオン」のプラグスーツ以上にスタイル丸わかり。
「機動武闘伝Gガンダム」のモビルトレースシステムにも似ている。
因みに男性パイロット=ステイメン。

そのステイメンの操縦方法。
まずピスティルが馬乗り状態で前になります。
腰アーマーが変形してステイメン用のコントロールレバーに!
つまり女の子の尻を見ながら腰のレバー握って操縦というトンデモ方式。
加えてヘッドギア後部がモニターになっていると。
気が散って操縦どころじゃないだろう。
あとピスティルが動くと誤操作しちゃいそう。

変な声出すなって!
要するにフランクスとピスティル(女)がシンクロし、これをステイメン(男)が操作する。 
シンクロに成功すると性的興奮?がある様です。
ちゃんと動くかは男女の信頼関係が重要。
俺下手じゃなかった?→いい感じだよ!
何か違うことやっている様に聞こえる。 

フランクスのデザインもみんな違うんですね。
ピスティル=女性パイロットがそのまんまモチーフになっている様です。
一方ヒロは一人用フランクスで練習中。
こちらピスティルの尻まで再現されているのに笑う。

dif-2-768.jpg

dif-2-1081.jpg

dif-2-652c.jpg

dif-2-1289.jpg

イチゴVSゼロツー。
遂に「何故ヒロなのか」と突っかかった。
ゼロツーの「ダーリン」呼びが不快みたいですね。
意味は分からずとも本能的に嫌悪しているんだろうか。
どうせ居なくなるのだから、ヒロに変な期待をさせないで。
期待がなくなるとヒロも居なくなるんじゃないの。
ゼロツーがイチゴの頬をペロリ。
舐めて判断するってどこのブチャラティ(ジョジョ第五部)。

このゼロツー、一人でもフランクスが動かせる特殊体質みたいです。
スタンピードと言っていた四足の形態がそれ。
つまりヒロは乗っていただけだと。
いやヒロの時は人型になっていたんですがね。
このタイミングでヒロに実機を使った模擬戦の話が舞い込んでくる。

パートナーはイチゴ。
当然パートナーはゼロツーかと思ったらイチゴが立候補。
適正を見るなら自分でも良いはずという主張。
むしろ相方をかなり選ぶロボットに見えるんですが。
ゼロツーのストレリチアは使用許可が降りないそうで、選択の余地は無かったんですが。

現パートナーであるゴローよりもヒロを優先するような態度。
ゴローに不満は無いのかな、と思ったら普通に応援している。
成功したらイチゴは「ヒロと組みたい!」と言い出しそうだけどいいのか。
対戦相手に買って出たのは勿論ゾロメです。
パートナーのミクもイチゴに対抗心があるからか賛成。
ある意味似たものコンビです。 

多分動かな…動いた!
これは意外でした。
もしかしてゼロツーが刺激になってヒロに能力戻ったのか。
しかしちょっと歩いたらもう駄目だった。
ちょっとタイム、3分待って!
聞くような相手か、そう思ったら待ってくれて意外。
動け動け、動いてよ!
シンジ君思い出しますね、しかし覚醒はありません。

ゼロツーの時と何が違うのか、ヒロの口から出た言葉がキス。
分かってないのに「そんな事してたんだ」と嫉妬するイチゴ。
私達もやろう、と対抗心をあらわにします。
何かゴローが可哀想になってきた。
躊躇うヒロに強引にキスするイチゴ。
経験無いのにちゃんと出来たことに驚きです。

何も…感じない。
ヒロ流石にそれは酷いwww
ゼロツーなら感じるけれどイチゴには何も感じないって事じゃないか。
悔しさでイチゴ怒髪天、一人で無理やり動かした。
ゼロツーだけかと思ったらイチゴも一人起動出来ちゃうの。
結局収穫ないままダブルノックアウト状態。
ゴメン→あやまんな…下手くそ。
このやりとりが「男が萎えて性交に失敗したカップル」のそれっぽい。
色々と視聴者の想像を掻き立てる回でしたね。

公式サイトウィキペディアニコニコチャンネルニコニコ大百科公式Twitter(#ダリフラ #DARLI_FRA)

新しい記事: 学園ベビーシッターズ 第3話 『その3』 第2のヒロイン?牛丸雪が登場したんだけれど...。

古い記事: グランクレスト戦記 第3話 『戦旗』 周辺諸国は制圧、いよいよセービス主と決戦!って早くない?

関連記事

トラックバック(6)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5515

アニメガネ - ダーリン・イン・ザ・フランキス 第2話 繋がるということ ED感想 (2018年1月22日 07:34)

こんな女じゃ勃たねぇよ。

ぬるーくまったりと 3rd - ダーリン・イン・ザ・フランキス BS11(1/20)#02 (2018年1月22日 07:45)

第2話 繋がるということ 02との搭乗でフランキスが動いたがよく覚えていないヒロ。02と起動して戦ったことが面白くないゾロメ。ヒロを泣き虫と言っ...

Wisp-Blog - 重ならない翼――「ダーリン・イン・ザ・フランキス」2話感想 (2018年1月22日 17:32)

 眼鏡っ娘が息荒くしてるのにパートナーが全く無表情というこのゴーモンぶり。

Moon of Samurai - ダーリン・イン・ザ・フランキス 第02話 「繋がるということ」 (2018年1月22日 21:01)

 主人公ヒロのモノローグからものがたりははじまります。なんでも前回ストレリチアに乗りこんでからの記憶がないけれどほんとうに起きたことで自分はもう雛鳥ではな...

ぐ~たらにっき - ダーリン・イン・ザ・フランキス #02 (2018年1月22日 23:59)

『繋がるということ』

腐った蜜柑は二次元に沈む - タってくれよ―【アニメ ダーリン・イン・ザ・フランキス #2】 (2018年1月23日 03:58)

アニメ ダーリン・イン・ザ・フランキス 第2話 繋がるということ

コメント(4)

・地下都市?ナオミが言う下の意味は?

どうもここに人類が居る模様ですね……”オトナ”達が統治している感もあるし……まさか天井に宇宙戦艦の艦底が見えているって言うパターンは無いですよね?ナオミは生存している模様ですが……無事とは限らない?

・ピスティルでもゼロツーは一人で動かしてOK?イチゴらはNG?


フランクスでもゼロツーが使用するストレリチアは可也特殊な位置付けと思います……もしかすると試作機でも可也危険な品物と言う感も……何故スティメンを要するのか?ここら辺も気になります。何よりもピスティルが操縦コンソールになるのも……下手糞の意味はここからきているのか?

>地下都市?ナオミが言う下の意味は?
エヴァのジオフロント思い出しました、第一話の長いエスカレーターも同様です。
ナオミは五体満足なのかとか怖いこと考えちゃいます。


>ストレリチアは可也特殊な位置付け
これもエヴァの初号機感がありますね。
主人公的にも普通のフランクスは駄目だけれど特殊なのは扱えちゃうという。

こいさん

返信どうもです。


位置付けとしては『宇宙戦艦ヤマト』に登場する地下都市に近いかも……叫竜対策なのか?地下都市がどんな所なのか知っているナオミは……コレ状況次第じゃ薄い本がグロやリョナ成分が多くなりますね。


ヒロが実はゼロツーと同じ存在なら……彼女は何故ヒロを知っているのか……過去に接点があると……

老化がどうのと言ってましたね。
実際ゼロツーの相棒は「コドモ」とは思えない人でした。
しかしヒロには変化なし。
ヒロにも何か秘密がありそうですね。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net