Infini-T Force 第10話 『Ignition Flame』 パパは過保護過ぎたんだ...。

| コメント(0) | トラックバック(3)

itf-10-289.jpg

itf-10-462.jpg

itf-10-585c.jpg

エミを死なせたくない。
それは父親として当然のこと。
更にあらゆる世界でエミの死を見せられ、
どんなに頑張ってもエミの死が回避できない。
こんな状況見せられれば気が狂いそうになるのも分かります。

しかし父が娘の人生全部プロデュースするってのは間違っている。
あと娘一人のために「世界も人もいくらでも滅ぼす」なんて言われたら普通引く。
死なない世界だけ作ってあとは見守ればよかったのではないか。
心配性が極限まで達したZにそんな事は出来なかったと。

ほら~パパの作ったエミの幸せ人生プランだよ~。
これまでは幼少のエミしか出てこなかった。
10年前に姿を消したから当然です。
しかし今度は結婚や出産のイメージまで出てきた。
父として娘の幸せな将来を想像するのは分かります。
でも実際に娘に押し付けちゃダメだろと。

父の言った通り進学して、就職して、結婚する。
ゆりかごから墓場まで面倒見る気満々の父なんて娘にとってありがた迷惑です。
いやこの世界でエミは死なないのか。
一人ぼっちです不老不死にしてあげると言われるのも困り者。
いやフレンダーはいるけど友達すら居ません。
そんな世界は嫌だろうと。 

決められた未来になんの意味があるのか。
自分の足で歩いて行くと主張するエミ。
可能性を注ぎ続けなければ死んでしまうとZ。
実際その可能性見せられまくった訳で。
私は、私の可能性を信じたい!!
しかしエミの意志は揺るがないと。 
エミを自分の枠に嵌めようとし過ぎましたね。
子離れできない親と親離れしたい子供みたいな構図になっています。 

itf-10-1007c.jpg

itf-10-1159.jpg

itf-10-1175.jpg

お前に可能性を見せるあらゆる世界を消してやる!
思い通りにならない娘にブチギレのZ。
これは娘の自由意志より自分の意志が重要だと認めたようなもの。
親バカここに極まれり。
但しZの力は絶大で、閉じた世界にエミを隔離してしまうと。

これに対し「踏み出せばきっと世界はそこにある」と確信するエミ。
途切れた世界から足を出すと、確かに道はある、そして歩き続ける。
安全じゃなくていい、私は自分で選んだ道を生きたい。
立ちふさがるロボット兵。
前進を止めないエミ、当然ロボット兵に押し返される。

進むのって…痛いな。
ならばと横に逃げようとするエミですがZが金縛り。
あくまで娘を操り人形として扱うと。
私は諦めない、約束したから。
イメージに浮かぶのはケン、一番仲悪かったけれど、一番印象に残っていたか。
流石父親ポジションだけあります。
這うように前進するエミ、たとえ一人でも。

お前は一人なんかじゃない。
そして光の中から現れたガッチャマン=ケン。
続いてテッカマン、ポリマー、キャシャーンも来た。
こうなると分かっていても熱いシーンです。
フレンダーがいるから座標た特定できたのかな。
特にそんなことは無かった模様、理屈じゃないんです。
諦めない意志があるかぎり、俺たちは必ず救いの手を差し伸べる、それがヒーロー!!
終わりにしよう、パパ。
エミがすっかりヒーローの一員みたいですね。

次回はInfini-T Force 第11話 『Independent Flower』です。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#アニメITF)

関連記事

 

Powered by amaprop.net

トラックバック(3)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5447

ぐ~たらにっき - Infini-T Force #10 (2017年12月 5日 23:53)

『IGNITION FLAME』

ぷち丸くんの日常日記 - Infini-T Force 第10話 (2017年12月 6日 09:02)

突然、笑(CV:茅野愛衣)の前から、健(CV:関智一)たちが姿を消します。 彼女の記憶からも、彼らに関する記憶が消去されてしまいました。 でも...

ぬるーくまったりと 3rd - Infini-T Force 日テレ(12/05)#10 (2017年12月 6日 11:34)

第10話 Ignition Flamme健たち4人が消失して記憶も失った笑。この部屋って、こんなに広かったかしら。父親からメールが届き待ち合わせ場所に向か...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net