▼記事▼:ガールズ&パンツァー 最終章 第1話が12/9から上映開始。

| コメント(4) | トラックバック(0)

gup-f1pv-40.jpg

gup-f1pv-62.jpg

gup-f1pv-71.jpg

全6話の最終章。
アニメ12話、OVA、劇場版と来てここまで来ましたね。
原作のないオリジナルアニメーションである「ガールズ&パンツァー」。
つまりコケたら次はありませんでした。
尽くヒットしてここに至ったわけです。

どんな話になるのかな?
大ヒットした作品は常に続編を期待されます。
しかし「ガールズ&パンツァー」は劇場版で大団円とも言える見事な結末になりました。
綺麗に終わったんだから無理に次を作らなくても。
そう思わないこともありません。
名作がシリーズ化されて陳腐化する例がままあります。
そんな不安を吹っ飛ばす出来であることを期待します。

どんなストーリーになるんだろうか。
高校で優勝し、大学選抜チームに勝利し…次は世界大会かな?
確か数年後に予定されているんでしたね。
でもその頃大洗の子たちの大半が引退していそう。

こんなストーリーでした。
公式サイト>ストーリー、によると…。

学園存続を懸けた大学選抜チームとの試合にからくも勝利し、
ようやく平穏な冬の日々を過ごしていた大洗女子学園戦車道チームのメンバーたち。
3年生の卒業を控え、生徒会が改選されて新執行部が始動するなど、小さな変化も始まっていた。
そんなある日、彼女たちの上に降って湧いた騒動。
再び現れた難問に立ち向かうため、戦車道チームが再始動する。

よく分からん!
敢えて情報を伏せているかのようなストーリー紹介ですね。
要するにまた大洗女子がピンチなの?

第1話について。
公式サイトや予告によると、
・対戦相手はBC自由学園、モチーフはフランス。
・舞台は冬
・新キャラとしてBC自由学園のマリー、安藤、吉田が登場する。
・他に「謎のキャラクター」なる新キャラが居る。

フランスモチーフだけあってケピ帽が印象的ですね。
果たしてどんな戦術を取るのやら…まったく想像がつきません。
フランスの戦車戦ってピンと来ないので。

公式サイト最終章公式サイト / ウィキペディアニコニコ大百科 / 公式Twitter(#garupan)


新しい記事: クジラの子らは砂上に歌う 第10話 『新しい旅に出るわ』 水着回ならぬ水浴び回!

古い記事: ブレンド・S 第10話 『おしえてあ・げ・る♥』 何を!?と期待せずにはいられない。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5463

コメント(4)

・BC自由学園


モチーフはWWⅡ当時とその後のフランス……WWⅠは塹壕戦で勝利した故に戦車に関してはあんまり関心無くマジノ線を構築……まあアッと言う間にナチスドイツにより突破されました、占領下で協力したウィジー政権を倒す為に祖国解放の為に同胞に銃口を向けたシャルル.ド.ゴールら……その確執を生かしたキャラ設定になってますね。

学園の様子は公式外伝である『ガールス&パンツァー リボンの武者』を見るとその様子がわかります。なんせアンチョビすら知っている程仲が悪い、実はBC学園と自由学園は母体であるマジノ女学園により無理やり統合されてできたので戦車道でも強襲戦車競技(タンカスロン)でもそれが露骨に出る、これで結構他の学園艦に進学する子も出てくる程だけど制服が良いから外部からの転入組も多い。リボンの武者の主役である楯無高校の鶴姫 しずかにコテンパにやられます。無論彼女は戦車道をした事は無いが弓道部のエースで流鏑馬も出来る技量を持つのでよく使います。

余談ですがここではアンチョビとアリサはほぼレギュラー状態です……アリサの場合は解説役になっている事が多いですね。因みに強襲戦車競技は使用戦車が10t以下なら後は何でもOK(常識の範囲内で)なので観客もそれなりに安全確保を図らないといけません。

WWIでは戦車は発明されたばかりですし、
WWIIではナチスドイツに占領されてほぼ出番なし。
戦後のフランスは軍需産業バリバリなんですがね。
ルクレールとか現代戦車しか思いつかないです。

こいさん

返信どうもです。

戦車に関してはナチスドイツと米国が現代戦車の基礎を築いたと言っても過言ではないですね。

>ナチスドイツと米国
加えてロシア(当時はソ連)という気がします。
話が前後しちゃいますが本編見たらフランス戦車もあったと知って驚きました。
てっきり米国あたりの提供品使っているのかと思ってました。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net