クジラの子らは砂上に歌う 第6話 『明日、人を殺してしまうかもしれない』 手を汚すのは子供。

| コメント(0) | トラックバック(10)

kjsn-6-124.jpg

kjsn-6-370.jpg

kjsn-6-612.jpg

kjsn-6-757.jpg

お前達は自決しか出来なかったじゃないか!
前回怪しい人物だと思ったのは長老会では「若手」のラシャ。
子どもたちは明日人を殺してしまうかもしれない、死んでしまうかもしれない。
それを決めたのはスオウたち市長と幹部連中だと指摘。

クチバは反発しますが別に責めたかった訳ではないでしょう。
子供を矢面に立たせることを自覚しろと言いたかったのではないでしょうか。
ラシャの言い方も不味かったんですが。

サイミアは人に直接作用しない。
つまり敵の心臓を直接止めるなどの攻撃は出来ないと。
襲撃に備えて訓練していますが、付け焼き刃でしょうね。
これまで殺傷することを固く戒められていた連中が戦闘のプロ相手にどこまで戦えるのか。
しかもたった一週間で。
増して向こうは感情を消している。
サイミアが強いのと人を殺せるかというのは別の話です。

ある時居住区の片隅に現れた。
それがオウニだそうです。
この狭いドロクジラで出自が分からないとかあるのかな。
もしかして漂流者だったんじゃないの。
金髪のニビが絡んだ事が切っ掛けで仲間になったと。
不良グループかと思ったら悪ガキレベル、普通に気のいい連中だったんですね。
外の世界を見せてやるといったのもニビだった。 

リコス感情芽生えすぎ。
女子達から新しい服を貰ったリコス。
もじもじしながらチャクロの前に登場。
まるで彼氏にファッションチェックしてもらっている様です。
更に自分で手直しした服をチャクロにプレゼント。
嫌だったら着なくていい。
無感情だったリコスがもうツンデレにレベルアップ。 
チャクロに惚れるの早かったですね。

kjsn-6-903.jpg

kjsn-6-1022.jpg

kjsn-6-1101.jpg

kjsn-6-1309.jpg

砂戻りどころじゃない。
襲撃が迫っているのでそんな行事やっている場合じゃないという雰囲気です。
しかし全体集会当日にチャクロたちがスオウに砂ぶっかけ。
これを切っ掛けに会場が砂かけ祭りに早変わり。
不幸があるとこの手の祭りを自粛しようと言う雰囲気になります。
私は「こんな時だからこそ楽しめ」という考え方の方が好きですね。
だからチャクロ正解じゃないかと。 

増して次の祭りに参加できない=戦闘で死んじゃう人が居るかもしれない。
だったら今日を全力で楽しんだほうが良いじゃないかと。
しかもこの祭り「砂に溶けた魂が戻ってくる」お盆のような意味合いがある。
そりゃやったほうが良いでしょうね。

自警団長は何を考えているのか。
長老会の命令で自身も戦うそうです。
他方で妻には自決の準備をしておけと指示。
優しい言葉や抱擁はありません。
結婚していたのにも驚きですが、この冷たさは何なのか。
生きることを諦めちゃっているんでしょうか。 

ネリじゃないよ、エマだよ。
チャクロの前に現れたネリそっくりな子は自らそう名乗りました。
ネリはママの体内に帰ったと言っています。
ママってあのヌースの事でしょうか。
双子と言っていますが二重人格なんじゃないの?
しかも私の声が聞こえるのねと言って来た。
つまりチャクロにしか見えていないのか。
生き残ることが出来たらファレナの秘密を全部教える。
そしてエマは羽を生やして飛んでいった。
訳が分かりませんが、今は考えている暇ありませんね。

守っているばかりじゃない。
スオウの作戦は二通り。
まずドロクジラの防衛、別に突撃隊を編成して敵地へ潜入しヌースを撃破、船を沈めると。
スオウらしからぬ積極策ですね。
選ばれたのはチャクロ、リコス、オウニなどサイミアの強いメンバー。
突撃隊長のトクサは気さくなお兄さんと言ったキャラクター。
何か死にそう。
そして襲撃当日ですが…生憎の砂嵐。
これ敵も襲撃を延期するんじゃなかろうか。

突撃隊の出発に際しニビが俺も行くと志願してきた。
オウニと離ればなれになるのがイヤなんでしょうね。
でもこういう鼻息荒い奴は連れて行くと死ぬ、或いは庇ってオウニが死にそう。
そして敵がやってきた、砂嵐関係なしですね。 

次回はクジラの子らは砂上に歌う 第7話 『お前たちの未来が見たい』です。

公式サイトウィキペディア / ニコニコ大百科 / 公式Twitter(#kujisuna)

関連記事

 

Powered by amaprop.net

トラックバック(10)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5414

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - クジラの子らは砂上に歌う【第6話 明日、人を殺してしまうかもしれない】感想 (2017年11月13日 12:13)

☆第6話 明日、人を殺してしまうかもしれない  帝国の襲撃を4日後に控え、泥クジラでは戦闘訓練が始まりました。今までサイミアを人を傷つけるために使ったこ...

アニメとマンガの感想と考察 - クジラの子らは砂上に歌う第6話「明日人を殺してしまうかもしれない」帝国との戦いの前夜 (2017年11月13日 16:54)

クジラの子らは砂上に歌う第6話「明日人を殺してしまうかもしれない」は、 帝国との戦争前の不穏な空気が漂う泥クジラで戦いの準備をするエピソード。 冒頭は印の...

ぬるーくまったりと 3rd - クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(11/11)#06 (2017年11月13日 20:18)

第六節  明日、人を殺してしまうかもしれない サイミヤで人を傷つけることは禁止されていた。 直接の攻撃ができなくても、武器を利用すれば攻撃できる。...

ぐ~たらにっき - クジラの子らは砂上に歌う #06 (2017年11月13日 22:58)

『明日、人を殺してしまうかもしれない』

うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 - クジラの子らは砂上に歌う第6話 (2017年11月14日 01:02)

私はいま驚いています。あの団長が何と妻帯者だったからですw だって、あのテのKO

二次元美少女の笑顔を守りたい duple - クジラの子らは砂上に歌う 第6話「明日、人を殺してしまうかもしれない」感想 (2017年11月14日 06:13)

印を持つ子供たちに戦わせる泥クジラ。 そして妻に何の感情も示さない自警団団長のシュアンと、哀しみばかりが増えていくようですね。 弓の練習を...

Wisp-Blog - 拙くとも思いの価値は変わらない――「クジラの子らは砂上に歌う」6話感想 (2017年11月14日 21:13)

 ほんの兆しのようでも。

マイ・シークレット・ガーデン vol.3 - 砂嵐の中で (2017年11月15日 22:39)

あかん~ ハラ痛い~・・ 『クジラの子らは砂上に歌う』 第六節 明日、人を殺してしまうかもしれない 帝国の戦艦スキロスと戦うため、初めて戦う訓練をす...

日々の記録 - クジラの子らは砂上に歌う #6 (2017年11月16日 22:22)

戦いの準備が始まるお話でした。 帝国の戦艦の襲撃まで、あと4日です。チャクロたちは、生き延びるために戦う道を選びました。 これまで人に向けて使って...

Happy☆Lucky - クジラの子らは砂上に歌う 第六節「明日、人を殺してしまうかもしれない」 (2017年11月17日 14:45)

第六節「明日、人を殺してしまうかもしれない」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net