▼記事▼:『銀河英雄伝説』の新作『銀河英雄伝説 Die Neue These』公式PVが公開...放送は2018年4月から!

| コメント(4) | トラックバック(0)

広大な宇宙へ進出した人類から…戦争の二文字は消えていなかった。
9/20より公開中です。

最高のアニメ。
それは何かと問われれば、迷わず「銀河英雄伝説」を推します。
因みに次点は「学園戦記ムリョウ」です。
理由は以下の通り。
1.素晴らしい原作がある。
2.原作をほぼ忠実に、それも最後までアニメ化(本編)。
3.重厚な声優陣。
4.バブル時代。
この四要素が見事に一体となり生み出されたアニメだからです。

新作発表!…リメイク?
最初外伝でアニメ化していない話をようやっと作るのかと思いました。
どうやらリメイクの様ですね。
そういう時代になったか。
と言うのが正直な感想です。
アニメ本編が最後に発売されたのは1997年、外伝は2000年。
そこから20年余り。
世代が一周してリメイクの意義が生まれたのだと思いました。 

声優は一新。
OVAとも「黄金の翼」とも違うキャスティングですね。
・ラインハルト…宮野真守
・キルヒアイス…梅原裕一郎
・ヤン…鈴村健一
・ナレーション…下山吉光
このうち気になったのはナレーションの人。
かなり平坦に喋っている、もしかして声優畑ではないから演技が苦手なのかな?
違います。
ナレーション担当方は以前「銀河英雄伝説」の朗読を担当。
劇中の複数の人物とナレーションを使い分ける声色の持ち主。
そういう演技をもとめられての事でした。

一番気になること。
アニメの出来や声優が誰かももちろん気になります。
でも一番は…どこまでやるの?
現在のところ12話1クールを2期、ここまでしか決まっていない。
OVA版は本編だけで4期110話ありました。
これに倣うと1期分くらいしか尺がありません、圧倒的に足りないと。
ダイジェストで最後までやるとかは論外です。
やはり取り敢えず2期やって、あとは人気次第なのでしょうか。

一番好きなキャラは?
多数のキャラクターが登場する銀河英雄伝説。
よく話題になるのがこのお話。
私はパウル・フォン・オーベルシュタインです。
冷酷・冷徹を絵に描いたようなマキャベリズムの使徒。
敵はおろか味方にも犠牲を強いる。
劇中でも「正論なのは認めるが、非情過ぎる」などとよく言われています。
尊敬しているから見習おう、と言う人物ではありません。
凄いけど自分には真似出来そうもないから好きなのです。

多数を救うために少数を犠牲にする、を躊躇なく実行。
時には仕えるべき主君にすら辛辣な批判を浴びせる。
周囲から憎悪の目を向けられながら涼しい顔をしていられる。
こんなの絶対無理です。

関連
海外の反応アニメまとめ>銀河英雄伝説 海外の反応・感想 


新しい記事: メイドインアビス 第12話 『呪いの正体』 アビスの秘密とナナチの願い。

古い記事: アクションヒロイン チアフルーツ 第11話 『城ケ根御前の憂鬱』 トラウマ誕生日...叔母さんも働け!

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5332

コメント(4)

・久しぶりの映像作品

旧作はスタジオぬえが両陣営の戦艦デザインを担当してました。PVを見ると基本的には変わってないですが細部までちゃんとしているのはやはり作画に関する技術の格差と言うべきでしょうね。


・本人はやる気無しでも……才能があると人生儘ならない(苦笑


ヤン.ウェンリーが何気に好きですね……事情で仕方なく軍人になってしまい任務先で上官がダメになっても見事に名をあげて……時折帝国陣営に彼が居たらどうなっていたのかぁ?はい話が成り立たないと言うのは分かりますよ。


>ヤン.ウェンリーが何気に好きですね
ラインハルトと違って人気でないから美人の秘書を付けてやろう。
という作者の思惑と違って大人気になりましたね。


同盟だとアッテンボローが好きですね。
ヤンより知勇のバランスが取れていると思います。
あと軍人になったエピソードが笑えました。

こいさん

返信どうもです。


ヤンの場合はデキる上官から見ると“こ奴出来るな”と言うタイプなんでしょうね……本人はやりたくないけど。

ヤンの使い方としては、
・権力じゃ釣れない。
・基本的にやる気が無いのでその気にさせないといけない。
シトレ元帥とかはそこらへん分かっていた感じがしますね。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net