ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第6話 『邪悪なる存在』 展開早すぎて女王がロクでなしに見える。

| コメント(3) | トラックバック(10)

rkak-6-11.jpg

rkak-6-52.jpg

rkak-6-577.jpg

rkak-6-699.jpg

ダイジェストか総集編を見ているようだ。
魔法祭の最中に起きた親衛隊の反乱。
女王の安否は?女王とルミアのすれちがいは?2組は優勝できるのか?
これを全部一気に消化したため、盛り上がりが今ひとつだったと思います。
前回も展開が早いなとは思いましたが、緩急はきっちり付けていた。
だから盛り上がったし、笑いどころで笑えた。
特訓は流してエロ男爵とジャイル君はじっくりとか。
もう1話使っても良かったんじゃないでしょうか。

エレノアはガチで敵だった!
ルミアとの思い出のロケットの代わりに着けたのは条件起動式の呪殺具。
こいつのせいでルミアとの仲も拗れるし、全くもって忌々しい。
正体はというと「天の知恵研究会」ってまたか。
侍女長という側近中の側近にまで入り込むなんて、女王の脇が甘いのか敵が凄いのか。
前はルミアを誘拐しようとしたのに、今回は殺すって何を考えているんだろう。 
王女の命には代えられないと行動した親衛隊はむしろ被害者でした。 

リィエルはお馬鹿一応味方。
グレンを襲ったのは単にバトルジャンキーだったから。
アルベルト居なかったら普通に敵だったかも。
大剣振り回して魔術師らしくないと思ったら、この剣を魔術で作ってたのね。
セリカはケチで意地悪だけど、意味のないことは言わない。
グレンを養ったんだからケチじゃないだろうと。

何もしないのも、来いと言ったのも理由がある。
親衛隊の追手をかいくぐり、女王とセリカの前に行くための策を考えるグレン。
リィエルの提案は当然却下。
私が正面から突っ込む、グレンが正面から突っ込む、アルベルトが正面から突っ込む。
三人でやるとジェットストリームアタックっぽいですね。 

魔法祭は佳境です。
2組と1組の首位争いは一進一退。
グレンはルミア抱えて逃亡中でそれどころじゃない、代わりにアルベルトとリィエルを派遣。
知らない人に来られても困るだろ。
しかしグレン先生大好きな2組は納得した。
いやシスティーナは気づいたみたいですね。
多分リィエルは変身したルミアって事に。 
その後のやり取りを見ているとどうやらアルベルトもグレンの変身っぽい。

ハイライトの筈の魔法対決がさくっと終了し2組優勝。
カッシュの戦いは省略、ギイブルは一瞬で勝利、システィーナはちょっと気圧されたけど反撃して瞬殺。
ここもっと盛り上げ様あったよね。
優勝すると教師と生徒の代表に、女王自ら勲章を授与。
待っていたぜこの時を!
逃げるグレンとルミアはアルベルトたちの変身でした。 

rkak-6-995.jpg

rkak-6-1050.jpg

rkak-6-1128.jpg

rkak-6-1294c.jpg

断絶結界!これで親子水入らず…にならない。
セリカの魔法が発動してここには秘密を知るものだけ。
ようやく女王の本音が聞ける。
勅命です、ルミア・ティンジェルを討ち果たしなさい。
私にとって存在してはならないもの。
居なければ良かった、愛したことなど一度もなかった。
あんまりな暴言の数々に崩れ落ちるルミア。
そしてセリカは他人事のような態度。

ここまで言わなくてもいいじゃないの…いや酷すぎる暴言には意味があった。
試しにネックレスのことを聞くと、大のお気に入りだそうで。
女王は嘘しか言っていない、本当のことが言えない。
グレン確信しましたね。

グレンだけが何とか出来る。
外したら装着者を殺す、一定時間経過しても殺す、呪いの情報を漏らしても殺す呪殺具。
愚者の世界=魔法無効化出来るグレンが来るのを待っていたと。
しかし発動した!って言う前に女王外しましたね。
それだけ信じていたということか。

呪いから開放されると一目散にルミアの元へ。
女王だ母だと顔が頻繁に変わるアリシア七世にはゲンナリ。 
捨てた娘に慕って欲しいという虫の良さが見え隠れします。
まあルミアが幸せならそれで良いんですが。

天の知恵研究会の狙いはアカシックレコード。
ルミアがタイトルの禁忌教典に関係があるのか。
でも殺そうとしたよね。
もしかして殺す、或いは殺そうとすると発動するのか。
気になることを言い残してエレノア逃亡。
逃がしちゃダメだろ宮廷魔導師団。 

三年前にルミアを助けたのはグレン。
ようやくルミアも確信が持てたみたいですね。
命の恩人で、前からの知り合いで、元王女でついでに胸がデカイ。
ルミアのヒロイン力が青天井です。
当初メインヒロインだと思っていたシスティーナに勝ち目はあるのかな。
尚、報奨金と給料3ヶ月分は2組の生徒がさんざん飲み食いして一夜にして消えた。
イイトコロの坊ちゃん嬢ちゃんで、金銭感覚無かったのかな。

次回はロクでなし魔術講師と禁忌教典 第7話 『星降る海』です。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#rokuaka)

Powered by amaprop.net

トラックバック(10)

トラックバックURL:
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5165

ぬる~くまったりと - ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(5/09)#06 (2017年5月12日 23:25)

Lecture VI 邪悪なる存在 突然グレンを襲う宮廷魔導士団のリィエルNo.7戦車。初撃は防ぐが2撃目は難しい、アルベルトNo.17星が狙撃して取り押...

アニメガネ - ロクでなし魔術講師と禁忌教典 Lecture6 邪悪なる存在 信頼感想 (2017年5月12日 23:46)

すり替わっておいたのさ!

ニコパクブログ7号館 - アニメ感想 17/05/09(火) #ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第6話 (2017年5月13日 03:06)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第6話『邪悪なる存在』今回は・・・前回襲ってきた人はやっぱり味方でしたね。作戦は正面突破って、作戦でも何でもない・・・なんと...

二次元美少女の笑顔を守りたい duple - ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第6話「邪悪なる存在」感想 グレンの不在にめげず、生徒たちはよく頑張ったね。 (2017年5月13日 09:36)

約束とルミア、自信とリン、信じる心とシスティの力。 3年前に女王からルミアを助けてと頼まれ、俺がお前を守ってやるとルミアにした約束が再び果た...

ボヘミアンな京都住まい - ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅵ 「邪悪なる存在」 (2017年5月13日 12:49)

今話は原作2巻の締めにあたる部分でしたけど、元の話をそのままなぞってたら、アルベルトとリィエルがセルフイリュージョンでグレンとルミアの姿に変装して逃げなが...

ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版] - ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅵ 「邪悪なる存在」 (2017年5月13日 12:49)

今話は原作2巻の締めにあたる部分でしたけど・・・ ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/...

桜詩〜SAKURAUTA〜 - ロクでなし魔術講師と禁忌教典 #6 (2017年5月13日 18:00)

【邪悪なる存在】 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 Vol.1 [Blu-ray]出演:斉藤壮馬KADOKAWA メディアファクトリー(2017-06-...

悠遊自適 - ロクでなし魔術講師と禁忌教典 Lecture Ⅵ 邪悪なる存在 (2017年5月13日 21:02)

前のエピソードもそうだったが、エピラストの回なのにイマイチ盛り上がらないというか面白味がないというか。黒幕は侍女で、あからさまに怪しかった首飾りがまんまキ...

のらりんすけっち - アニメまとめてプチ感想(サクラクエスト・魔術講師・ねこねこ日本史) (2017年5月14日 18:21)

サクラクエスト 第6話 映画撮影のロケ地に選ばれた間野山町。 これは大チャンスと喜んだのもつかの間。 超低予算でいろいろ手伝うことに。 しかも監督...

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない - ロクでなし魔術講師と禁忌教典 Lecture VI「邪悪なる存在」 (2017年5月14日 22:18)

評価 ★★☆ 私が信じるグレンを信じろ!             

コメント(3)

1クールで区切りのいい原作4巻のエピソードまでやらないといけないので駆け足ですね
まあ、ラノベ原作アニメに割とよくある事ですが

原作では2組の試合なども含めて、かなり丁寧にやってます

ルミアの活躍が印象深かったのに比して、システィがサクッと終わってしまったのが残念でした。
やはりもっと見どころがあったんですね。

・脳筋ヒロイン(リィエル)の扱い方

グレンもアルベルトもすごい扱い方するけどこれくらいしないとだめらしい……案外講師役は適任だった。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ピックアップ

Powered by amaprop.net

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

2017 夏アニメ

Powered by amaprop.net