リトルウィッチアカデミア 第21話 『ワガンディア』 クロワの言の葉?でアッコとアーシュラ先生に亀裂が!

| コメント(2) | トラックバック(6)

lwa-21-713.jpg

lwa-21-771.jpg

lwa-21-799.jpg

lwa-21-970.jpg

まるで某アナキンの様に。
師匠であるアーシュラ先生への不信を募らせるアッコ。
上手な嘘をつくコツは、真実を混ぜること。
・学生時代のアーシュラを覚えていない(だってシャリオだもの)。
・アーシュラ先生は隠し事をしている(正体はシャリオって事)。
クロワが付いた嘘は「まだ花粉は大丈夫」って事だけです。

ダイアナを呼び戻しに言って5つ目の言の葉ゲット。
まさに一石二鳥。
そして第六の言の葉は「リュオーン」短いですね。
はやる気持ちを抑えられないアッコ。
ここでクロワが入れ知恵してきます。
シャリオはワガンディアの木で第六の言の葉をゲット。
当然行ってみようと言う気になりますね。 

行ったらアカン。
しかしアーシュラ先生から待ったがかかった。
この時期ワガンディアの木は花粉を放出。
これが魔女にとって猛毒で、浴びると魔力を失う。
確かに危なすぎますね。
ちなみに放出は数週間から数ヶ月、まれに数年続くことがある。
要するにいつ収まるかまるで分からんと。

普通なら(魔女にとって)致命傷になる花粉なんて御免こうむる。
でもいつ収まるか分からないというのがアッコの焦りを募らせる。
最悪数年待たなければならない。
知ってるでしょ、私の引きの強さ!
ここで言う強さとは最悪のカード=数年を引き当てることです。

アーシュラ先生は慎重に過ぎる。
クロワの見立てでは放出までまだ時間があるとのこと。
これにアッコが飛びついた。
自分にとって都合の良い情報を信じる、良くない傾向です。
クロワがアッコに言の葉を集める理由を尋ねる。
普通に考えれば世界改変魔法グラントリスケルが欲しいから。
でもアッコはシャリオを目指しているだけ。
もうすぐ会える。
最悪のタイミングで会わせようとか思っていそう。 

アーシュラ先生に気をつけて。
麓ではまだ花粉の放出は始まっていなかった。
当然アッコの心はクロワへと傾く。
その上でアーシュラへの不満を不信へと誘導するクロワ。
アッコはそのままワガンディア登頂を始めてしまった。
事情を知って追ってきたアーシュラですが、当然クロワが立ちはだかる。
2人にどんな確執があったのか。
最初はここでクロワが花粉浴びちゃったのかと思いました。
魔力を著しく失い、代わりに現代魔術へシフトしたのかと。

実はこの場所でシャリオとクロワは将来の夢を誓っていた。
パンパカパーン!貴方はクラウ・ソラス(後のシャイニィロッド)に選ばれました。
ウッドワード先生が現れて、言の葉探しの栄冠を得たのはシャリオ。
愕然とするクロワ。
生真面目に魔法探求していた自分じゃなくて、ミーハー?なシャリオが選ばれし者だった。
そんなバカなと手を伸ばすも、ロッドに拒絶されダブルショック! 
増して現在の持ち主はシャリオ以上にダメダメなアッコ。 
クロワの本当の目的はアッコの邪魔をすることじゃありません。
アッコに夢を託したアーシュラ=シャリオの希望を潰すことだと。

lwa-21-985.jpg

lwa-21-1141.jpg

lwa-21-1191.jpg

lwa-21-1315.jpg

反逆のアッコ。
どこまで続くか分からないワガンディアの木を登り続けるアッコ。
アーシュラが戻れと手を伸ばすもののアッコ拒絶。
クロワのささやき戦術が見事に効いています。
私がどんなにシャリオに会いたいか、先生には分からないんだよ!
正体隠していただけに、ココを突かれると痛いですね。

ここにクロワが介入します。
アーシュラ先生は私が説得します!と完全に敵味方が逆転。
一瞬だけシャリオ化して脱出するアーシュラ先生。
しかし魔力切れなのか落ちていく。
ここでクロワが意外な行動。 
追いかけた挙句起きなさい!と必死の呼びかけ。
意外にも友情は残っていた。
挙句アッコは諦めろ、とアーシュラを気遣うようなことを言う。
無論従うアーシュラではなかったですが。 

アーシュラ先生は正しかった。
疲労困憊したアッコが見たのは上空から降り注ぐ大量の花粉。
やがて周囲からも花粉が撒き散らされ、煙ならぬ花粉に巻かれる。
アッコを助けて先生が花粉喰らって魔力喪失。
そんな嫌な予感がしました。
挙句シャリオだって知ったらアッコ最大のトラウマになりそう。
果たして予想通りアーシュラ先生が助けに来た。
花粉は…何とか振り切ったのかな。

酷いこと言ったのに、先生は私を助けてくれた。
ごめんなさいごめんなさい、と泣きじゃくるアッコ。
この言葉にアーシュラは過去を見る。
クロワじゃなくて私が選ばれてごめんなさい。

自分の願いを押し付けていただけかもしれない。
逆に謝るアーシュラ先生ですが、アッコきっぱりと否定。
言の葉探しは自分の意志だと。
そして自然と出てきたのがリュオーン。
意味はいわずもがなの「ありがとう」でした。

さっきのクロワの言動は一時の感傷だったんでしょうか。
シャイニィロッドも七つの言の葉も必要ない。
まさかの自作してましたね。
でも絶対暴走しそう。
今回遂にアッコがシャリオの正体を知るのか?
と思っていたのですが、まだまだお預けみたいです。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#LWA_jp)

新しい記事: ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第9話 『生きる意味』 リィエルの正体よりも驚いたもの。

古い記事: つぐもも 第9話 『手紙』 シリアス展開だって面白いぞ!

関連記事

トラックバック(6)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5188

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - リトルウィッチアカデミア【第21話 ワガンティア】感想 (2017年5月30日 03:29)

☆第21話 ワガンティア  ダイアナを無事に学院に連れ戻すことができたアッコは(良かったのか悪かったのか…ですが)、言の葉も7つのうち5つまで集めること...

ぬる~くまったりと - リトルウィッチアカデミア BS11(5/28)#21 (2017年5月30日 03:30)

第21話 ワガンディア アッコの帽子を返したいが連絡先が不明のアンドリュー。町ではサッカーの試合の結果で苛立つ市民が増えてきた。そんなイライラを回収するE...

アニメガネ - 今日見たアニメ二言三言感想 2017/5/29 (2017年5月30日 07:41)

おしながき ・リトルウィッチアカデミア 第21話 ワガンディア ・タイガーマスクW 第26話 謎のミラクル1 ・クロックワーク・プラネット 第8...

ぐ~たらにっき - リトルウィッチアカデミア #21 (2017年5月30日 22:06)

『ワガンディア』

Wisp-Blog - リトルウィッチアカデミア21話ツイート感想 (2017年5月30日 22:27)

 かつて自分がしてもらったように。

雨男は今日も雨に - リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」 簡略感想 (2017年6月 4日 19:45)

感謝はいつも

コメント(2)

・意外と尾を引く国際試合

まあサッカーの試合がきっかけで“戦争”になった事もあるんですよ。1969年中南米にあるエルサルバトルとホンジュラスで起きた“サッカー戦争”……別名は100時間戦争(1969年7月14日~7月19日までだったので)や1969年戦争とありますが……最も根本的な原因が両国の経済成長モデルと農地問題にあり、それに加えて国境線の問題やホンジュラス国内に居るエルサルバトル移民問題に貿易摩擦もあり不満が高まった所に1970年ワールドカップ予選がスタート、しかも準決勝で両国が激突する事になりますが余波は酷かった……第一戦はホンジュラスが勝利するもエルサルバトル代表が泊るホテルにサポーターが盛大な嫌がらせ(まあこれは中南米ではよくある話らしい)がありまして、エルサルバトルにて熱狂的サッカーファンの女性が拳銃自殺したら国代表から大統領まで弔問来た(しかも葬儀がTV中継された)、第二戦はエルサルバトルでは今度はホンジュラス代表が泊るホテルにエルサルバトルのサポーターが盛大な嫌がらせを……しかもホンジュラスのサポーターを襲撃して二名の死者を出す事態に……でエルサルバトルが勝ったのでプレーオフはメキシコで……当然のことなら制限されました。結局エルサルバトルが延長戦の末に勝利するもこの時点で国家非常事態令が発令して数日後の話……予備役まで招集していたので何れは戦争になる事も辞さなかった訳です。


なおこの戦争は”レシプロ戦闘機が使われた最後の戦争”であり共に米軍がWWⅡの時に活躍したマスタングとコルベアが激突する事になりました。

(アメリカもA-1スカイレーダーを使ってましたから当時は……因みにあのトムキャットの試作機も製造したのこの時期)

・魔女もスマホを使う時代

スマホアプリは怖い……何気にこの作品は現代社会の問題を上手く取り込んでます。

・先生もびっくり

アーシュラ先生もダイアナ呼び戻しに言ったら言の葉が……これには想定外だった

・シャリオとクロワの確執

ウッドワード先生も人が悪い。

サッカーで戦争になったこともありますが、
サッカーで戦争が止まったこともありますね。

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net