鬼平-ONIHEI- 第6話 『盗法秘伝』 平蔵、ねずみ小僧になる。そして水戸黄門にもなる。

| コメント(4) | トラックバック(2)

oni-6-58.jpg

oni-6-368.jpg

oni-6-737.jpg

oni-6-782.jpg

忠吾老けてね?
1週間で10年位年取ったように見える、恰幅も良いし。
今回の忠吾は平蔵のお目付け役、久栄の差金です。

一両ポンとくれたぜ。
小判で誘惑…忠吾が賄賂に弱いことが証明されてしまった。
1人になって平蔵何するつもりだろう。
こっちも女遊び…じゃなくて身軽になりたかっただけ。

悪党に襲われている?男女二人。
平蔵、揉め事とは無縁じゃいられない模様。
簡単に打ち伏せると奉行がやってきた。
これで一安心…と思ったら助けたほうが罪人?
余計なお世話しちゃった平蔵に話しかけてくる小柄なおっさん。
洋画の黒人キャラ並によく喋る。

この善八曰く、さっきの盗みの被害者はアコギな商人升屋市五郎。
造り酒屋だけじゃなくて金貸しに女郎屋と多角経営しているそうで。
奉公人をこき使うこと家畜のごとし。
とんだブラック企業だったと。

いやぁ、てえした体だ。
おっさんと老人の入浴シーンとか鬼平以外あり得まい。
平蔵は善八のしつこさに根負けして付き合うことに。
でも「木村平蔵」って偽名名乗ってる。
そして本題を切り出してきた。

盗人のスカウト…よりにもよって火盗改にwww
人殺し、女犯、善人から盗るのはご法度。
正統派の盗賊、というか義賊か。
狙うは当然升屋市五郎、道中奉行の沼田とズブズブ。
悪代官と強欲商人のコンビですね。
なおこの善八、役人が大嫌いだそうですが…目の前に居るんだけどね。

5年前にもお勤め=盗み。
一度成功している、善八腕は良いようです。
でも夜中激痛に苦しんでいる。
何やら重い病でも抱えているのか。
忠吾は街をふらついて…何かトドみたいな女に捕まった。
凄い夜になりそうですね。
他方平蔵は盗人のお手伝い。
その真意や如何に。 

oni-6-874.jpg

oni-6-1013.jpg

oni-6-1211.jpg

oni-6-1294.jpg

夜目も効くし、動きも素早い、錠前破りもお手の物。
おまけに変装の名人って善八すごすぎ。
腕がいいどころじゃない、今まで出てきた中でも最強の盗人じゃないのか。
尚、盗んだ証にウンコする模様。
こんな盗人初めて見た、ってそうそう居てたまるか。
おまけに人手が後2人欲しい→あの男女を助けて協力させる。
関係ないと言いながら、助ける気満々だった模様。

今夜もタップリだと!?
昨日もタップリやったのか、この駆け落ち女と。
そのシーンがバッサリカットとかご無体な。
道中奉行の沼田も別の場所で女としけこみ中。
どいつもこいつも好きだねえ。
でも沼田、騒ぎにはちゃんと反応。
悪党だけどかなり優秀。
それでも奉公人にも匿われながら無事逃亡…と思ったら善八に持病の癪そして落し物発覚。
戻って平蔵の正体知らぬまま死んじゃうパターンかな?

俺は足、お前は目。
平蔵の協力で何とか生還。
そして帳面の正体が明らかになった。
善八の盗人技術の全てが記された将に泥棒の秘伝書。
受け継いだんじゃなくて自分で作ったのか。
北は奥州から南は長門までの目ぼしい商家・武家屋敷を網羅。
ただし江戸だけは無い、鬼平が居るから。
というか目の前に居るんだけどね。
強い相手は避ける、ホントのプロですね。 

こちらにおわすお方こそ!
沼田が乗り込んできたけれど忠吾も来た。
鬼平こと長谷川平蔵様であるぞ!
水戸のご老公様ばりの正体バラしが炸裂!
善八はずっと俺と居た(嘘ではない)。
そう言って切り抜ける。

観念して両手を差し出す善八
お沙汰が下るまで生きているか分かりませんが。
お前は死なないよ。
善八の腹痛は心因性…つまりストレス性胃炎みたいなの。
じゃあ死罪…と思いきや今日の平蔵は木村平蔵。
なのでお縄はなし。
現代の法律じゃ許されないけれど、時代劇らしいお裁きでした。 

次回は鬼平-ONIHEI-  第7話 『瓶割り小僧』です。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#鬼平)

Powered by amaprop.net

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5063

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - 鬼平【第6話 盗法秘伝】感想 (2017年2月15日 00:44)

☆第6話 盗法秘伝  京へ向かう途中の平蔵と忠吾の2人。でも久々に気ままな一人旅がしたいと平蔵は忠吾にお金を渡し、別行動をとることにします。その道中で若...

ぬる~くまったりと - 鬼平 テレ東(2/13)#06 (2017年2月15日 01:04)

第6話 盗法秘伝 うさ忠と駿河に遠出した平蔵。女将さんから言いつけられて平蔵を見張らないといけない。小判をちらつかせて、これだけあれば女は抱き放題だぞ。そ...

コメント(4)

・舞台になった所は

静岡市駿河区宇津ノ谷と藤枝市岡部市岡部坂下の間に峠で平蔵らがいたのが秀吉の小田原討伐の際に構築したルートで旧東海道ですね。蔦の細道と言う平安時代からの道もあったんですが既に忘れ去られてます。所が昭和四十年代にある小学校教師らが整備とかして今でも通れます。

しかもここは日本初の有料トンネルとなった明治のトンネルから昭和五年に昭和三十四年のモノまであり、平成10年には新たな隧道も……国の史跡にもなっているんですよ。

・控えおろう!

うさ忠、うっかり八兵衛化。因み彼も一回だけ印籠を出した事もあるんですよ(7部12話)。

そもそも何故平蔵はあそこに居たんでしょう。
単なる旅行かな。
だとしたら付き合わされる忠吾ちょっと可愛そうです。

こいさん

返信どうもです。


どうも父の墓参りですね……実は父親は京都奉行所に転属になってその後死亡したのであちらの墓地に埋葬されてましたが今現在は改葬されて東京の方に……これもある意味武家社会ならでは。


付き合わされる忠吾にとってはある意味チャンスなんですよ……コレ。まあ剣の腕前は妖しいですがチャンバラを止めた功績はデカイ。

忠吾目をかけられてますね。
本人は気づいているのやら。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ピックアップ

Powered by amaprop.net

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

2017 夏アニメ

Powered by amaprop.net