クロムクロ 第23話 『雪に唄う蛙』 決戦前のバカ騒ぎ!ムエッタと赤城がいい感じ?

| コメント(2) | トラックバック(8)

kuro-23-21.jpg

kuro-23-27.jpg

kuro-23-342.jpg

チャンネル間違ったかな?
よく見ると探偵がカルロス、緑髪は美夏。
何か寸劇やってるみたい。
そして時系列はちょっと戻ります。 

降伏したらどうなる。
みんな耳に変なマシン入れられて、ゾンビになるんじゃないの。
・次の星を攻めるための物資を吸い上げる。
・支配された生物に将来はない。
ゲリラ戦だ!人類の底力を見せろ!!
反撃の鍵となるのは水没したムエッタのメデューサ=マナタンです。 

kuro-23-476.jpg

kuro-23-514.jpg

kuro-23-656c.jpg

転校生ムエッタ。
やることもないからか、残った生徒が集まってきた。
由希奈達に連れられてムエッタまで。
征服に来て制服着てる…いや何でもありません。
元エフィドルグなんて来たら騒動に…なりませんね。
カルロスがガーガー言ってますが、基本ノリが軽い人たちばかりなので。
そのムエッタ、まず赤城に挨拶。
そういや命の恩人だった。
赤城に春が来た!
顔が似てるとは言えあくまで由希奈とは別人。
しかし由希奈と剣之介の間には入れそうもない。
ならばこんな救済があったっていいじゃないか。
それにスタイルはこっちの方が上だし。

ムエッタは放っておいて良いのか(汗。
所変わってエフィドルグも本隊が来るまで退屈そう。
ミラーサは自分の悪事がバラされるのがまだ心配なのかな。
ダムのビデオが公開されると楽しいんですが。 
地球人は何も知らないと高をくくっていますが、ムエッタがバラしてます。
あと未だにエフィドルグが存在を知らないゼル情報もある、人類舐めすぎです。

しかしオリジナルのエフィドルグってまだ居るんだろうか。
とっくに絶滅してるのに、目的だけが独り歩きしている気がする。
ちょうど「無敵超人ザンボット3」みたいに。
ミラーサ、ヨルバ、イムサは地球人のクローン、つまりエフィドルグだと思わされている兵隊でしょう。
未だに素顔を晒さないレフィルだけが純粋なエフィドルグ、或いは指揮用ロボットかな。 

kuro-23-807c.jpg

kuro-23-909.jpg

ムエッタの道は嘗て剣之介が通った道。
進路相談に呼ばれる剣之介。
鷲羽家の仇討ちがもはや意味が無いことは分かっている。
鬼だと思っていたゼルは味方だった。
エフィドルグも過去に来たのとは別。
肝心の鷲羽家は無いし、ムエッタは雪姫じゃない。
普通なら目的失って茫然自失。
でも現代でそれなりに過ごして慣れもした。
普通に生きていけそう。
カレー屋になれば良いのでは、と思ったら美夏も言ってますね。

他方初期の剣之介状態なのがムエッタ。
でも剣之介で慣れたのか、周りのフォローが上手いですね。
特に最近存在感の薄かった茉莉奈先生がちゃんとカウンセラーしてる!
そんなムエッタ、カレーじゃなくてオムレツに舌鼓。
好みは違うようですね、それとも最初に食べたものが刷り込まれていくのかな。

kuro-23-514.jpg

kuro-23-1015.jpg

kuro-23-1171.jpg

kuro-23-1093.jpg

忘れた頃にカルロス脚本。
温泉で盛り上がって映画撮ろう!とか言っていたやつ。
みんなの希望全部乗せの奴ですね。
ノリで言っただけだと思うけど、当のカルロスは必死に作ってきた。
野球とかカレーとかホントに入ってるの。
あまりのボリュームに最初はドン引きだったけど暇つぶしなのかみんな乗ってきた。
赤城がムエッタを構ってる。
着々と関係を築いていますね。
そして冒頭のシーンに繋がると。 

ミスターTと言えば特攻野郎Aチーム。
でもここに出てくるのはミスターTomだった。
元からカオスな内容だけど、飛び入りも入って収集つかなそう。
と思ったら飛び蹴りまで入った。
中国人という期待を裏切らないトラックスーツ姿のシェンミィ。
大人が遊んじゃダメだろう、と言ったそばからこれか。
でもいい思い出になるんでしょうね。
但し生き残れば、という訳で何としても勝たねばなりませんね。 

次回はクロムクロ 第24話 『血戦の黒部ダム』です。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#クロムクロ)

新しい記事: Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第10話 『盗賊の矜持』 人を欺き、踊らせ、陥れるのが何より楽しい. ...

古い記事: 魔装学園H×H 第10話 『決戦前夜 -INSTALL-』 シルヴィアがアマテラス入隊!ということは接続改装するの?やっ ...

関連記事

トラックバック(8)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4861

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - クロムクロ【第23話 雪に唄う蛙】感想 (2016年9月 8日 23:38)

☆第23話 雪に唄う蛙  全26話予定ということなので最終回までまだ間があります。 町はシールドに覆われて通信手段もなく外部との接触が一切断たれた状態...

二次元美少女の笑顔を守りたい duple - クロムクロ 第23話「雪に唄う蛙」感想 決戦前だからこそいつもと変わらぬ日常を (2016年9月 9日 09:25)

ムエッタに共に戦って欲しいと頭を下げるケンちゃんが清々しい。 決戦前に今まで描いてきた日常を見事に収束させてきましたね。 破滅と絶対支配を...

ぐ~たらにっき - クロムクロ #23 (2016年9月 9日 12:41)

『雪に唄う蛙』

ぬる~くまったりと - クロムクロ TokyoMX(9/08)#23 (2016年9月 9日 12:52)

第二十三話 雪に唄う蛙 剣之介とは近い状況のムエッタ。二人は共にこの世界の住人ではない。今後の身の振り方を考えていた。学校は緊急の避難所でもあり、整備基地...

空 と 夏 の 間 ... - 【クロムクロ】 第23話『雪に唄う蛙』 キャプ付感想 (2016年9月 9日 23:09)

クロムクロ 第23話『雪に唄う蛙』 感想(画像付) 剣之介もムエッタも別の時代から来た異人。 そう言う共通項もあるので、一緒に戦えそう...

Wisp-Blog - 益体もないこと/クロムクロ23話感想 (2016年9月10日 05:04)

 今回いなかったということは委員長は転校してしまったのか……(´・ω・`)

Moon of Samurai - クロムクロ 第23話 「雪に唄う蛙」 (2016年9月12日 01:01)

 エフィドルグによる人類滅亡の危機をよそに立山高校のボンクラどもは自主映画の製作にいそしんでいました。  決戦まえのバカさわぎが精神衛生上必...

バカとヲタクと妄想獣 - クロムクロ 第二十三話「雪に唄う蛙」 (2016年10月29日 00:43)

大門ダヨ びびった・・・新キャラかとw

コメント(2)

・本当に同一?

ムエッタと由希奈がDNA全く同じなのに胸のサイズが……ここがクローンの妙な所。実はヒトラーのクローンを作ってもクローンが独裁者にならない可能性もあるとも言われます……。つまりそっくりにならない可能性もある訳で……


・小春のコスプレは?

『霊幻道士(日本公開は1986年)』に出て来るキョンシーですね。香港映画の代表格でチャニーズホラーアクションコメディーで19世紀末~20世紀初頭の中国の世を舞台にした作品です。キョンシーとは言ってみればゾンビの一種で風水的に誤った方法で埋葬しちゃうとなるとか……。何と言っても小刻みにジャンプして動くアクションに額にはるお札で封じられるとか……多分住職と所長は若い頃に作品を見ているかも。

>胸のサイズが
DNAが一緒ということは後天的な要因か。
「四角いもの」は味はともかく体には良いのかも。

>小春のコスプレは?
キョンシーにブルース・リー。
多分スタッフが直撃世代なんでしょうね。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net