アルスラーン戦記 風塵乱舞 第3話 『征馬孤影』 ヒルメス恋物語。

| コメント(2) | トラックバック(6)

als2-3-406.jpg

als2-3-416.jpg

als2-3-482.jpg

als2-3-492.jpg

als2-3-570.jpg

als2-3-575.jpg

復讐鬼かと思ったら。
ヒルメスにも人間味あふれるエピソードが出てきた。
宝剣ルクナバードを横からかっさらった聖堂騎士団を追いかけて野盗に襲われる一団に遭遇。
それどころでない、とほっといても良かったけど気まぐれで助けちゃう。
そこに居たのはゾット族のメルレイン、そしてマルヤム内親王イリーナ。
確かルシタニアに滅ぼされた国の姫か。

え、知り合いなの!?
いきなり「ヒルメス様を知りませんか?」と聞いてきましたね。
知ってます、というか本人です。
もしやヒルメス様ではありませんか?
どうやらイリーナ、目が見えない様ですね。
否定して去っていくヒルメス、なんで感動の再会にならないのか。
王位を回復していないのにどの面下げて会える。
なるほど、しかし唐突な再会でしたね。

似たような境遇のふたり。
パルスを追われたヒルメスはマルヤムのとある領主の館に匿われていた、金で。
あまり良い待遇では無さそうです。
同じように匿われていたのがイリーナ。
こちらは障害持ちということで隠されていた模様。
こうして2人の交流が始まったと。
浜辺で水とたわむるイリーナとそれを見守るヒルメス。
青春しているじゃありませんか。
俺はパルスの王子、王権を回復したらお前は自由だ!
感激したイリーナはつま先立ち…まさかの田中芳樹作品でラブシーンぶちかました。
しかし幸せな日々は長くは続かなかった。 

俺は行く!
マルヤムにルシタニアが侵攻、あろうことか領主が寝返った。
ルシタニアに売り渡されそうになるヒルメスとイリーナ。
しかし今に見ていろ!と鍛えていたヒルメスこれを返り討ち。
時は来た、と去っていったと。
目が見えないのにヒルメスと分かったのは声や匂いからかな。
プライドなんかいいじゃないか、連れて行ってやれば良かったのに。
これが永遠の別れじゃないことを祈ります。

アルスラーンも行く!
というか行かされます。
アンドラゴラス王で権力を奪われたアルスラーン。
事もあろうに一人で5万人の兵を集めて来いと無茶振りされた。
じゃあ我々もと付いていこうとするナルサスやダリューンは残るように言われます。
アンドラゴラス、まるで追い剥ぎです。
いや確かに王が戻れば王子はその下につくもの。
だからってこの仕打ちはオカシイ。

じゃあ俺達も行く!!
半ば軟禁状態のダリューン達。
手駒として欲しいけど忠誠心を疑われているんですね。
まあ無いですし。
しかし部屋でくすぶっている彼らではありません。 
燻ぶるどころか火事を起こしてその混乱に乗じ一斉に逃亡。
城門に立ちふさがるのはこれまで一緒に戦ってきた二刀使いのキシュワード。
口では厳しいこと言ってますが、討ち取ったりする気はないですね。
半ばどうぞと言わんばかりに逃亡を許し、形だけの追手を差し向ける。
そりゃ同士討ちなんて嫌でしょうから。

あと49993人!
脱走した連中を数に加えて良いのか。
一人ぼっちの旅を始める予定だったアルスラーン。
これ下手したら野盗に襲われて殺されかねないです。
王子も強いけど一人じゃ限界がある。
或いはアンドラゴラス王は野垂れ死にを狙っているのかも。

しかしダリューンを始め7人の仲間が合流。
これ作劇としても上手い手だと思います。
仲間が増えすぎるとドラマが描きづらくなるので一旦リセット。
メインキャラだけに再構成した妙手ですね。

次回はアルスラーン戦記 風塵乱舞 第4話 『陸の都と水の都と』です。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#arslan)

新しい記事: アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd 第2話 『果てなき復讐者』 新ユニットオスカー7...装着するのはエミリ ...

古い記事: 境界のRINNE 第40話 『リカバリークリーム/噂/キノコ狩り』 黒猫集合回!...金が絡めばりんねも絡む。

関連記事

トラックバック(6)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4793

悠遊自適 - アルスラーン戦記 風塵乱舞 第三章 征馬孤影 (2016年7月17日 21:39)

相変わらず次回予告のナレが可笑しい。あれってほぼ他人のようなw

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - アルスラーン戦記 風塵乱舞【第3話 征馬孤影】感想 (2016年7月17日 22:07)

☆第3章 征馬孤影  アルスラーン戦記、毎回クオリティ高くてとても楽しみです。 ペシャワール城塞に現れたアンドラゴラス三世がアルスラーンに事実上の追放...

マイ・シークレット・ガーデン vol.2 - 王太子たちは往く (2016年7月17日 23:16)

Gremzキーワード:! 少し体調回復++; 『アルスラーン戦記 風塵乱舞』 第三章 征馬孤影 アルスラーンはひとりきりで放り出されてしまいました。...

日々の記録 - アルスラーン戦記 風塵乱舞 #3 (2016年7月18日 00:08)

前半はヒルメスとマルヤムの内親王イリーナとの淡い恋、後半は単騎でペシャワール城塞から追われたアルスラーンのその後が描かれました。 聖堂騎士団に奪われ...

空 と 夏 の 間 ... - 【アルスラーン戦記 風塵乱舞】 第3話『征馬孤影』 キャプ付感想 (2016年7月18日 23:53)

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第3話『征馬孤影』 感想(画像付) ヒルメスもまた弑逆者・アンドラゴラスの犠牲者。 イリーナと共に静かに暮らせ...

ぐ~たらにっき - アルスラーン戦記 風塵乱舞 #03 (2016年7月20日 22:24)

『征馬孤影』

コメント(2)

ヒルメス王子とイリーナ姫の物語は、ある意味メロドラマですから見ていて切なくも美しい物語ですよね。

原作では去るダリューン達に対して追撃を命じるキシュワード卿に対し、副官が「本当に追ってよろしいのですか?」と聞いて一喝されると言う一幕がありましたね。
もっとも、直後の独白で「この程度の追撃を振り払えぬようでは殿下のお役にたてぬ……」と続いてクスリとしたものですけど……

主人公の「不倶戴天の敵」を慕っている時点で悲劇の予感しかしません。
願わくばアルスラーンに敗北後、イリーナと隠棲するとか心変わりするのを願うのみです。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net